部屋 を きれいに する。 きれいな女性は、部屋もきれい? 『掃除』と『モノ減らし』をしたほうがいい理由5つ

綺麗な家の共通点 片付いて見える3つの法則 [シンプルライフ] All About

部屋 を きれいに する

1.部屋をきれいに片付けるコツ 掃除や片付けをしてもすぐに部屋が散らかる…とお悩みの人は少なくありません。 そんな人には共通の原因があります。 持っているモノが多過ぎる。 モノをなかなか捨てられない。 片付けるのが面倒。 時間に余裕がなくて片付けや整理整頓は後回し。 不用品の捨て方がわからない。 実は、部屋をきれいに片付けるにはコツがあるのです。 1-1.いらないモノを捨てる 整理整頓や掃除をして部屋をきれいにしても、モノが多過ぎるとすぐに散らかります。 きれいな部屋を保つには、まず、できるだけ不用品を処分してモノを減らすことから始めしょう。 1-2.片付けるスケジュールを決める 部屋が散らかりがちな人は、基本的に片付けが苦手な人が多いものです。 そこで、「片付けのスケジュール」を決めましょう。 片付けるのがイヤになってしまわないように無理のないスケジュールにしてください。 1〜2日で一気に片付けようとしないで、今週はキッチン、来週は寝室…というように1か所ずつ片付けましょう。 1-3.理想の部屋のイメージを決める なんとなく片付けや掃除をしているだけでは、部屋をきれいにしようとするモチベーションも下がりがちです。 そこで、自分の理想とする部屋のイメージを決めましょう。 海外のインテリア雑誌や、インテリア・DIYのホームページなどにはセンスのいい部屋がたくさんのっています。 「こういう部屋にしたい!」というイメージをはっきり持つと、部屋を片付けるのも楽しくなるものです。 1-4.収納計画を立てる クローゼットや押し入れの中に無計画にモノを詰め込むと取り出すのが大変です。 また、モノの置き場所をきちんと決めておかないとすぐにゴチャゴチャになってしまいます。 1-1のステップでいらないモノを処分すると収納スペースにも空きができるでしょう。 そこで、どこに何を片付けるか計画を立ててください。 片付けやすく、取り出しやすい収納にすることが大切なのです。 関連記事 2.きれいな部屋を維持するポイント 整理整頓して掃除もしたのにすぐに元の散らかった状態に戻ってしまう…とお悩みの人は多いものです。 きれいな状態を維持するにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。 ポイントをご紹介しましょう。 2-1.衝動買いをやめる きれいな部屋を維持するには、余分なモノを増やさないことが大切です。 つい衝動買いをしてしまう・無料だともらってしまう・格安と聞くと買ってしまう・もらいモノは何でももらう…などが習慣になっている人は改めましょう。 モノが増えるということは、その分空間が減ることです。 なるべく必要以外のモノを増やさないようにしてください。 2-2.まとめて片付けようとしない 整理整頓や掃除は、連休の日などに一気にまとめてやろうと思っていませんか。 「来週やるからいいや」と思うとちょっとした日々の片付けも面倒になってしまいどんどん散らかってしまいます。 また、片付け予定日に出かけてしまい次の休みの日に延期することも多いでしょう。 そうすると、さらに部屋が散らかってだんだん片付けることがイヤになってしまいます。 きれいな部屋を維持するコツは「毎日少しでも片付けること」です。 使ったモノは元に戻す・食事をしたらすぐに食器を洗う・読んだ本は本棚に戻す…など、こまめに片付けることを心がければ散らかる度合いも少なくなります。 2-3.モノを収納する場所を決める モノを収納する場所を決めましょう。 収納場所を決めることで、モノをあちこちに置いて散らかすことが防げるのです。 このルールを守るように心がければ、自然にこまめにモノを片付ける習性が身に付きます。 また、収納ケースの引き出しやフタには中身を書いたメモを貼っておけばモノが探しやすくなるのでおすすめです。 2-4.モノを1つ買ったら1つ捨てる モノの全体量を増やさないことが部屋をきれいに保つコツです。 そこで、「本当に必要なモノ以外は買わない」と心に決めましょう。 けれども、どうしても欲しくて買ってしまうこともあるでしょう。 そこで、「モノを1つ買ったら1つ捨てる」ルールを決めてください。 欲しい洋服を購入したら、クローゼットの中の古い洋服や着ていない洋服を1枚捨てる…などのように、1つ増えたら1つ処分しましょう。 2-5.収納用品を増やさない 部屋の片付けをしよう!と思い立つと新しい収納家具や収納ケースなどを買うことから始める人がいます。 けれども、余計にモノが増えてしまうだけなのです。 部屋をきれいにするコツの中で大切なのは「不用品を処分してモノを減らすこと」と前項でご紹介しました。 今ある収納スペースにすべて片付けられるまでモノを減らすことが大切なのです。 余分な収納家具やスペースを増やすと、「まだ、モノを入れるスペースがある!」と思ってしまうので無駄なモノが増えてしまいます。 2-6.いろいろな場所にゴミ箱を置く 玄関・洗面所・リビング・寝室…など、いろいろな場所にゴミ箱を置きましょう。 玄関…帰宅後家に入る前に、不必要なチラシ・DM・出前のメニューなどを捨てる。 洗面所…化粧品や歯磨き粉の箱などは、開けたらすぐ空箱を捨てる。 リビング…お菓子や食べ物のケースや包装紙などは開けたらすぐに捨てる。 寝室…寝室にクローゼットがある場合、破れた靴下や古くなった下着などが目に付いたらすぐに捨てる。 上記のように、毎日こまめに不要なモノを捨てればモノも増えずきれいな状態をたもてます。 2-7.定期的に「断捨離」を行う 2か月に1度、半年に1度など、定期的に本格的な断捨離を行いましょう。 1年以上着ていない洋服やはいていない靴、1度も使っていないプレゼントなどは思いきって処分してください。 また、「仮保管箱」をダンボールなどで作り、捨てようか保管しておこうか迷ったモノはそこに入れましょう。 そして、1週間時間を空けてから見直す のです。 改めて見直すと「やっぱり捨てよう!」という決心が付きやすくなります。 不用品がたくさんあって捨てるのに困る場合は、不用品回収業者に依頼するのもおすすめです。 燃えるゴミ・燃えないゴミ・粗大ゴミに関係なく何でも1度に回収してもらえます。 あっという間に部屋が片付くのでその後の掃除や整理整頓も効率よくできるでしょう。 2-8.定期的に人を呼ぶ せっかくきれいにした部屋は、誰かに見てもらいたくなるものです。 そこで、定期的に友人や知人、恋人などをお招きする日を作りましょう。 「ステキな部屋ね」「きれいに片付いているね」とほめられるとうれしくなります。 また、人に見せることで掃除をするモチベーションもあがるのできれいな部屋を維持できるでしょう。

次の

部屋を片付けるやる気が出ない…万年汚部屋を脱出する方法

部屋 を きれいに する

もくじ• 部屋を綺麗にすると運気が上がる4つの理由 たしかに掃除をすれば気持ちが良いということはわかりますが、それで運気まで上がるというのは何故なのでしょうか。 疲れがいやされるから 仕事から帰ってきた時に部屋が綺麗に片付いていると、それだけで 気持ちが安らぎます。 逆に、部屋がごちゃごちゃで汚かったらどうでしょう。 疲れが倍増しませんか。 ちょっとした違いかもしれませんが、それが毎日のこととなったら、帰ってくるたびにさらに疲れるか、気分が良くなるかの違いは大きな差となります。 しっかりと疲れを取れる部屋作りは、明日への活力も増してくれますし、何よりも 家の中でストレスなく過ごせることが運気のアップにつながります。 参考 いいエネルギーが入ってくるから 部屋が散らかっていたりホコリがたまっていると、それだけで空気がよどんできます。 よどんだ空気の部屋にいい運気が入ってくるはずがありませんよね。 余計なものを片付けて空気の通り道をしっかり作ることで、 いいエネルギーが入ってくるようになります。 スポンサーリンク ものへの執着を捨てられるから 部屋が片付かない人は、• もったいない• まだ使うかも という思いから、ものが捨てられなくなっています。 しかし、実際にそれを使うことはあまりないはず。 捨てられない本当の理由は、いつか役に立つからではなく、 ものがたくさんあることに安心できるからではないでしょうか。 思い切ってものを捨てることで、これらの 執着を断ち切ることができます。 そうすると気持ちもスッキリして、精神的にもいい状態を保つことが出来ます。 心が綺麗になるから 部屋は自分の心を映す鏡だといわれます。 何か仕事がうまくいかない時、人間関係でトラブルが続くときなどは、部屋が散らかっていることが多いものです。 自分が日々暮らす場所を綺麗にするだけで、まずは自分自身の 心が綺麗になっていく。 そうすると、人間関係や恋愛、お金、仕事の問題なども段々片付いていきます。 参考 運気が上がるお掃除のコツ では具体的にどうやって部屋を綺麗にすればいいのか、お掃除のコツを紹介します。 玄関を綺麗にする 風水を考える上で、玄関はとても大事な場所です。 玄関は運気の通り道であり、 ここが散らかっているといい運気が入って来なくなります。 そのため、まずは 玄関の片付けから始めましょう。 普段、履いていない靴は靴箱にしまいます。 そして、出してある靴は綺麗に揃えておく。 それだけでも玄関はスッキリしますよね。 靴箱の中に靴が入りきらないという時は、収納グッズがおススメです。 靴を縦に収納できるグッズなどがありますから、そういったものを利用すると収納数が倍になりますよ。 水回りを綺麗にする 水回りも運気が停滞しやすいところなので、トイレや洗面所、キッチンなどを綺麗にすることで悪い気をためないようにすることができます。 トイレ 特にトイレを綺麗に保つことは大切です。 汚れやすい場所ですから、 余計なものを置かないように気をつけて、常に綺麗に保つようにしましょう。 便器を掃除するだけでなく、手ふきタオルや便座カバーを綺麗に保つことも大切です。 参考 キッチン キッチンですが、ここはゴミがたまりやすいところです。 生ゴミなどはこまめに片付けるようにして、悪い運気がたまらないようにしましょう。 寝室の掃除、換気 寝室は寝ている間にエネルギーをためる場所なので、綺麗に保つ必要があります。 シーツや枕などの布製品は悪い気を溜め込みやすいため、こまめに洗濯をして清潔に保ちます。 またいい空気を保ちたいので、仕事に出掛ける前の少しの時間などを使って、窓を開けて換気をしてみましょう。 使っていないものを捨てる 部屋が片付かない最大の理由は、 ものが多いからです。 勇気を持って、どんどん捨てましょう。 捨てるときのポイントを自分で作ってみてください。 いらないものを捨てる 自分にとって何が一番大切なのかを考える という、取捨選択です。 溜め込むことと大事にすることは違います。 買ったときは必要だったかもしれないけれど、時が過ぎれば必要でなくなることもあります。 その「判断」をすることとが、ものを捨てるということです。 掃除、片付けはただ部屋を綺麗にするだけでなく、自分の人生を取捨選択し、不要なものを捨て、必要なものを残していくという行動につながります。 部屋が綺麗になると運気が上がる理由・まとめ 成功者は綺麗好きな人が多いといわれますが、それはきれいな部屋にいい運気が入ってくることを知っているからなのでしょう。 収入と床面積は比例するなんてこともいわれます。 勇気を持ってものを捨て、部屋を綺麗に保つことを心がけたら、人生がどんどん好転していくかもしれませんよ。

次の

【脱汚部屋】部屋がきれいな人の3の特徴と5の掃除のコツ!なぜきれいに保てるのかを解説!

部屋 を きれいに する

もくじ• 部屋を綺麗にすると運気が上がる4つの理由 たしかに掃除をすれば気持ちが良いということはわかりますが、それで運気まで上がるというのは何故なのでしょうか。 疲れがいやされるから 仕事から帰ってきた時に部屋が綺麗に片付いていると、それだけで 気持ちが安らぎます。 逆に、部屋がごちゃごちゃで汚かったらどうでしょう。 疲れが倍増しませんか。 ちょっとした違いかもしれませんが、それが毎日のこととなったら、帰ってくるたびにさらに疲れるか、気分が良くなるかの違いは大きな差となります。 しっかりと疲れを取れる部屋作りは、明日への活力も増してくれますし、何よりも 家の中でストレスなく過ごせることが運気のアップにつながります。 参考 いいエネルギーが入ってくるから 部屋が散らかっていたりホコリがたまっていると、それだけで空気がよどんできます。 よどんだ空気の部屋にいい運気が入ってくるはずがありませんよね。 余計なものを片付けて空気の通り道をしっかり作ることで、 いいエネルギーが入ってくるようになります。 スポンサーリンク ものへの執着を捨てられるから 部屋が片付かない人は、• もったいない• まだ使うかも という思いから、ものが捨てられなくなっています。 しかし、実際にそれを使うことはあまりないはず。 捨てられない本当の理由は、いつか役に立つからではなく、 ものがたくさんあることに安心できるからではないでしょうか。 思い切ってものを捨てることで、これらの 執着を断ち切ることができます。 そうすると気持ちもスッキリして、精神的にもいい状態を保つことが出来ます。 心が綺麗になるから 部屋は自分の心を映す鏡だといわれます。 何か仕事がうまくいかない時、人間関係でトラブルが続くときなどは、部屋が散らかっていることが多いものです。 自分が日々暮らす場所を綺麗にするだけで、まずは自分自身の 心が綺麗になっていく。 そうすると、人間関係や恋愛、お金、仕事の問題なども段々片付いていきます。 参考 運気が上がるお掃除のコツ では具体的にどうやって部屋を綺麗にすればいいのか、お掃除のコツを紹介します。 玄関を綺麗にする 風水を考える上で、玄関はとても大事な場所です。 玄関は運気の通り道であり、 ここが散らかっているといい運気が入って来なくなります。 そのため、まずは 玄関の片付けから始めましょう。 普段、履いていない靴は靴箱にしまいます。 そして、出してある靴は綺麗に揃えておく。 それだけでも玄関はスッキリしますよね。 靴箱の中に靴が入りきらないという時は、収納グッズがおススメです。 靴を縦に収納できるグッズなどがありますから、そういったものを利用すると収納数が倍になりますよ。 水回りを綺麗にする 水回りも運気が停滞しやすいところなので、トイレや洗面所、キッチンなどを綺麗にすることで悪い気をためないようにすることができます。 トイレ 特にトイレを綺麗に保つことは大切です。 汚れやすい場所ですから、 余計なものを置かないように気をつけて、常に綺麗に保つようにしましょう。 便器を掃除するだけでなく、手ふきタオルや便座カバーを綺麗に保つことも大切です。 参考 キッチン キッチンですが、ここはゴミがたまりやすいところです。 生ゴミなどはこまめに片付けるようにして、悪い運気がたまらないようにしましょう。 寝室の掃除、換気 寝室は寝ている間にエネルギーをためる場所なので、綺麗に保つ必要があります。 シーツや枕などの布製品は悪い気を溜め込みやすいため、こまめに洗濯をして清潔に保ちます。 またいい空気を保ちたいので、仕事に出掛ける前の少しの時間などを使って、窓を開けて換気をしてみましょう。 使っていないものを捨てる 部屋が片付かない最大の理由は、 ものが多いからです。 勇気を持って、どんどん捨てましょう。 捨てるときのポイントを自分で作ってみてください。 いらないものを捨てる 自分にとって何が一番大切なのかを考える という、取捨選択です。 溜め込むことと大事にすることは違います。 買ったときは必要だったかもしれないけれど、時が過ぎれば必要でなくなることもあります。 その「判断」をすることとが、ものを捨てるということです。 掃除、片付けはただ部屋を綺麗にするだけでなく、自分の人生を取捨選択し、不要なものを捨て、必要なものを残していくという行動につながります。 部屋が綺麗になると運気が上がる理由・まとめ 成功者は綺麗好きな人が多いといわれますが、それはきれいな部屋にいい運気が入ってくることを知っているからなのでしょう。 収入と床面積は比例するなんてこともいわれます。 勇気を持ってものを捨て、部屋を綺麗に保つことを心がけたら、人生がどんどん好転していくかもしれませんよ。

次の