ディープ フェイク 動画。 【アイコラ動画】ディープフェイクとは?【作り方が簡単で怖すぎ】

ディープフェイクとは?偽動画の例や仕組み・作り方・危険性などをまとめて紹介

ディープ フェイク 動画

ページコンテンツ• iPhoneアプリ「 Xpression」で、どんなことができるの? できないことは? こちらの紹介動画にあるように、スマホアプリで、簡単に顔を乗っ取りできちゃいます。 できるのは、元画像に対して、口や表情の動きを与える操作。 動画でも、静止でも、自分の好きなように喋らせることができます。 逆に出来ないのは、顔を入れ替えること。 有名人の顔を別人の動画の顔とすげかえることはできません。 世間で騒がれているようなフェイク動画をつくることはできません。 フェイク動画というよりは、おもしろ動画、という感じですね。 iPhoneアプリ「 Xpression」の使い方は? 超簡単!? 「Xpression」の使い方は超簡単! iPhoneなどiOSのスマホ、タブレットにアプリをインストール。 操作も3ステップで簡単にできちゃいます。 いや~、これは凄い! 技術的にはかなり高度なことをやっているのですが、ここまで簡単にできるとは、めっちゃ優秀なアプリ。 超ビックリです! Step1 元になる画像かビデオを選ぶ(有名人の動画や静止画など) 元になる画像は、動画でも静止画でもOKです 有名人の動画も、個人的に遊ぶ程度なら問題ないでしょう youtubeからダウンロードした動画などを用意します Step2 カメラに向かって、口を大きく開けて大げさに話す 動かしたいように、カメラに向かってしゃべります 少し大げさに、口を大きく動かすと、わかりやすいですね リアルタイムに生成される画像を確認しながら、口の動かし方や表情を工夫してみましょう オーバーに表現することがポイントです。 この姿を人に見られると、かなりヤバい感じです。 見つからないように、一人でやるか、いっそ、みんなで盛り上がっちゃいましょう! Step3 リアルタイムに生成されるディープフェイク動画を録画する 元画像がリアルタイムに変換されて動くので、そのまま録画すれば、ディープフェイク動画のできあがりです。 悪用は心配ないの!? 現在のところ、入れ替える顔画像は、カメラで撮ったものだけのようです。 さらに生成される画像には「Xpression」のロゴが入るので、オリジナル画像ではないことがわかるようになっています。 将来的には、電子透かしを入れることを検討しているそうです。 電子透かしとは、目に見えないマークを入れることで、編集してもオリジナル画像でないことがバレる仕組み。 あくまでも遊びで使ってね、ということ。 メディアでも取り上げられる「Xpression」アプリ 日本テレビの世界まるみえテレビで取り上げられる「Xpression」 昨日の世界まるみえ!テレビ特捜部で、Xpressionが大きく取り上げられました! スタジオで松本潤さん、王林さんにアプリを使っていただいた他、松村邦洋さんが、ビートたけしさんをモノマネしている映像も放送されました。 おかげさまで、AppStoreランキングも総合70位ぐらいに入ることができました。 — Issay Yoshida issay たけしさんの顔をモノマネ芸人の演技で、さらに顔をゆがめるフェイク動画。 デフォルメには最適ですね。 自然すぎて、ホンモノと見分けがつかない~~ 日本テレビのサタデーネクスト「テクってあそぼ!」でも紹介されています 日テレの「テクってあそぼ」という番組で、Xpressionを取り上げていただきました! ゆきぽよさんが、女子大生に本人の顔でお悩み相談をするドッキリを仕掛けたり、霜降り明星のせいやさんが坂田師匠を乗っ取ってモノマネしたりと、充実な内容でした。 — Issay Yoshida issay こうやって、色々テレビで取り上げられることで、ダウンロード数も伸びてるようです。 日テレに大人気ですね、Xpressionアプリ。 ntv. html EmbodyMe、約2. 3億円をベンチャーキャピタルから資金調達(2019年9月12日発表) そんなこんなで、アピールした結果、資金調達にも成功しています。 期待の新星ですね。 株式会社EmbodyMeは、DEEPCORE、インキュベイトファンド、Deep30、Techstars、SMBCベンチャーキャピタル、漆原茂氏を引受先とする第三者割当増資および、NEDOの研究開発型ベンチャー支援事業への採択による助成金と合わせて、約2. 3億円の資金調達を実施しました。 embodyme. 悪用されないように、気を付けながら、話題になることを狙っています。 今後、話題になり、さらに面白いアプリが登場する筈です! 日々進化するディープフェイク動画の世界。 目が離せませんね。 ではでは!!.

次の

【NHKスペシャル4/5出演】ディープフェイク動画サイト運営してたらNHKに出ることになった話|ベナオBlog|note

ディープ フェイク 動画

もくじ• 芸能人ディープフェイク動画サイトまとめ【DEEPFAKE】 DFIDOL 2019年春に新たに誕生したフェイクポルノ動画サイト「」 こちらは動画配信ではなく、動画ダウンロードサイトです。 アップされている動画のメインは韓国のアイドルや女優などですが、橋本環奈、石原さとみ、新垣結衣、など日本のアイドルや女優モデルなども少しアップされています。 名前で検索する場合はアルファベットで。 サムネイルをクリックすると詳細画像がずらりと現れ、ダウンロードのリンクが表示されます。 以前は無料でもダウンロード可能でしたが、現在は有料会員にならないとダウンロードできないようです。 詳細はこちらの記事でご確認ください。 FAKEY 日本人フェイクポルノ動画共有サイト「FAKEY」 橋本環奈、石原さとみ、吉岡里帆、新垣結衣、広瀬すずなど日本のアイドルや女優モデルなどのディープフェイクがアップされています。 2019年2月時点で390本の動画を確認。 ディープフェイクVR ディープフェイクでは珍しい、石原さとみのVR動画が1本だけ公開されています。 画質が荒いですが、とても自然な動画に仕上がってます。 ただ、プレイヤーがVR対応していないので、視界を動かすことができません。 FAKEYの詳しい情報 追記 2019年2月9日 注意現在 FAKEYがアクセスできない状態のようです。 復旧するのか、はたまた閉鎖したのか定かではありません。 KPOPDEEPFAKES. NET KPOPアイドル中心のサイト「」 ディープフェイクでは珍しいVR動画も多数投稿されています。 ここはとにかく広告がうざいサイトです。 スマホで閲覧すると再生前の広告を閉じることができず動画を再生できませんでした。 PCブラウザなら問題ないです。 ディープフェイクが投稿されている KPOPアイドル一覧• AOA• APINK• Brackpink• EXID• G-IDLE• Grind• Gugudan• IOI• Lorna• Lobelyz• Mamamoo• Miss A• Momolrand• OMG• Red Velvet• Secret• SNSD• Soloist• T-ara• Twice ディープフェイクチュートリアル フォーラムでは、フェイクポルノ制作に必要なソフトや作りかたのチュートリアルが掲載されています。 Mr DeepFakes 海外セレブ中心のフェイクポルノ動画サイト「」 フェイクポルノVRもいくつか投稿されています。 海外ドラマ「ゲーム オブ スローンズ」のデナーリス(エミリア・クラーク)のフェイクポルノVR動画がありました。 ただ、プレイヤーがVR対応していないので、視界を動かすことができません。 ADULT DEEPFAKES. com こちらも海外セレブ中心のフェイクポルノ動画サイト「」 900本ほどのフェイクポルノ動画がアップされています。 スマホ画面でスクロールして一番下のフッターに「Celebtites」をタップすると、Angelina Jolie 、Chloe 、GraceAvril Lavigne、Britney Spearsなどセレブのサムネイルがすらりと現れます。 サムネイルをタップすればそのセレブのフェイクポルノ動画一覧が表示されます。 その他 有名な動画共有サイト• 上記のポルノ動画共有サイトでも「Deepfake」で検索するとでてきます。 自分でフェイクポルノ作りたい人はこちら 関連記事.

次の

【NHKスペシャル4/5出演】ディープフェイク動画サイト運営してたらNHKに出ることになった話|ベナオBlog|note

ディープ フェイク 動画

ディープフェイクと呼ばれるこうした映像は、激化するデジタルのフェイク情報競争のなかで最も新しい、そしておそらく最も厄介なものだ。 画像の加工はずっと前から行われてきたし、音声を操作する方法も向上している。 しかしつい最近まで、動画の操作や偽造は大変な作業であり、専門技術と気の遠くなるような根気を必要とした。 だが、機械学習によってこのプロセスがますます容易になり、加速している。 すべての始まりは偽ポルノ動画 17年の終りころ、新しいタイプのポルノ動画が「Reddit」に登場し始めた。 「deepfakes」という名前の、あるRedditユーザーによるものだ。 機械学習を使用してポルノスターの顔と有名人の顔を入れ替える方法を考案したdeepfakesは、ちょっとした騒ぎを引き起こした。 その後、このアルゴリズム「DeepFake」は、ソフトウェア開発プラットフォームの「GitHub」で公表された。 その結果、十分なノウハウと、そこそこのコンピューターをもっている人なら、かなりの質のフェイク映像をつくれるようになった。 それ以来、同じようなフェイク映像や関連ソフトがネットのあちこちで登場している。 そのなかには比較的無害なものもある。 deepfakesによるオリジナルのアルゴリズムから着想を得たあるツールは主に、ニコラス・ケイジの顔を、彼が出演していない映画に挿入することに使用されている。 だが、明らかに有害になりうるものもある。 本物にしか見えないフェイク動画が地政学的緊張を高めたり、動揺を招いたり、犯罪を激化させたり、といった事態につながることは十分に考えられる。 さまざまな組織やメディアで、あるいは政治システムでさえ、信頼は一瞬にして崩れ去る可能性がある。 技術的進化に適切な政策が追いついていないという懸念は、今後も拡大していくはずだ。 フェイクを検知するアルゴリズム 幸いなことに、科学界は対応に乗り出している。 ニューヨーク州立大学オールバニ校の呂思偉(ルー・シウェイ)が率いるチームが、フェイク動画の欠陥を見つけたのだ。 DeepFakeアルゴリズムは、入力された画像から動画をつくり出す。 それなりに正確ではあるが、AIは、人間が自然に発する生理学的信号すべてを完璧に再現することはできない。 そこでこのチームが特に注目したのは「まばたき」だった。 人は通常、2~3秒に1回、自然にまばたきをする。 だが、写真に写っている人は通常、目を閉じていない。 瞬きについてアルゴリズムに学習させたとしても、動画の人物は滅多に瞬きしないことになる。 そこで研究チームは、フェイク動画のなかで瞬きがない箇所を検出するAIアルゴリズムを設計した。 このアルゴリズムは、2つのニューラルネットワークを組み合わせている。 まずは顔を検出し、次に動画の連続画像すべてを並べて、それぞれの目の領域を解析する。 ひとつのネットワークが、その顔の目が閉じているかどうかを判断する。 もう一方は、記憶システムとして機能する。 フレームごとの判断を記憶して、その時間のなかで瞬きが行われたかどうかを見極めるという仕組みだ。 まずはAIに、目が開いている画像と閉じた画像のラベル付きデータセットを学習させた。 学習後のAIをテストするために、独自のDeepFake動画を作成し、わずかな後処理を行って、偽造レヴェルをさらにアップさせた。 結果は素晴らしいものだった。 呂によると、学習させたAIはフェイク動画をすべて特定したという。 後処理として手動で瞬きを追加することは、大した手間ではないと呂は説明する。 BuzzFeedの動画もそうだが、一部のフェイク動画には、実際に瞬きが含まれている。 それでもこの種の戦略は、フェイク動画の作成プロセスを邪魔し、遅らせる方向で働くだろう。 少なくともこのアルゴリズムには、その効果がある。 「いまは、防御の最前線を構築しているところです。 結局これは、フェイク動画をつくる人間と、それを検出する人間との、今後も続く戦いなのです」とリューは言う。 AIとAIが闘う日 広範囲の取り組みに応用できるこの研究は、米国防総省高等研究計画局(DARPA)の支援を受けている。 16年から20年まで続くDARPAの「Media Forensics」プログラムの一環だ。 このプログラムの目標は、音声や動画など、デジタル生成された情報の信憑性と正確性をチェックできるツールを開発することだ。 「フェイクメディアやフェイクニュースの波に反撃できるテクノロジーがあるということを、一般の人々に保証したいと考えています」と呂は述べる。 ニューヨーク市立大学の教授でコンピューターサイエンスを教えているレヴ・マノヴィッチによれば、これはAI同士の競争が激化しているひとつの例でもある。 「コンピューターによるデータ解析で、人には見えないパターンを検出できることはよく知られていますが、ほかのAIが残したパターンはどうなのでしょうか。

次の