輪廻転生 実例。 みんな何度も生まれ変わっている?【輪廻転生】の意味とは?

輪廻転生と死後の世界

輪廻転生 実例

話を聞いたヒューさんは驚愕、それらは全て事実だったのである。 確かにヒューさんはヘビを仕留めた後、友人であるダラウォン君の父親にも分け合って食べたそうだ。 父親もその事実が確かにダラウォン君が産まれる前の出来事だったと記憶しているという。 そしてダラウォン君はヒューさんの肩に触れ、父親にその箇所はヒューさんがそのヘビに噛まれた所であったと伝えた。 見てみると、正にそこにはヘビに噛まれた傷跡が残っていた。 ダラウォン君は自分を殺害したヒューさんと会ってとても動揺したそうだが、過去は水に流し、彼を許したという。 なぜならダラウォン君はヘビだった頃は辛く惨めであったので、ヒューさんが殺してくれたおかげで転生できたからだそうである。 さらにはダラウォン君は生まれた際、下半身の一部の肌がヘビのウロコのような状態だったというのだが……。 この件は当事、米・バージニア大学精神科の主任教授であったイアン・スティーブンソン博士らにより調査が行われている。 博士は「生まれ変わり」の超常現象の第一人者で、著書『前世を記憶する子どもたち』により世界中から反響を得た。 そして研究を引き継いだ児童精神科医のジム・B・タッカー博士は現在こう語っている。 「一般的に生まれ変わりについて認めたり信じたりするのには抵抗があると思います。 人から人への転生する場合ですら受け入れるのは難しいですし、ましてやこのように動物から人へのケースはあり得ないと思われるでしょう」とコメントしつつも他に、チンパンジーの生まれ変わりであるという米少年の例を挙げ、「ですが、スティーブンソン博士の研究事例の中には少数ながらこういった案件もあるのも事実なのです」と断言している。 当初、少年は自分を殺した相手の名前を覚えてはいなかったが、村を訪ねて前世の自分の家を尋ねたところ記憶が徐々に蘇ってきたようだった。 そこには多くの見物人がいたそうだが、ある男性を見てこう発言したそうだ。 男性はその質問にイエスと答えたそうだが、次の瞬間少年が発した言葉に顔が青ざめたという。 「以前、ぼくはあなたの家の近くに住んでいた。 よく喧嘩をしていて、それであなたに斧で殺されたんだ。 ぼくの体が今どこにあるのかもわかるよ」 そして、証言通りに 遺体や斧も発掘された… 彼が誘導した地点を掘り起こしてみると、そこには地面に埋められ白骨化した遺体があった。 少年は額に母斑を持っているが、頭蓋骨の同じ箇所に大きな損傷があった。 産婦人科医・池川明先生は、日々の臨床現場での多くの経験から、母体内にいる胎児も様々なことを思考し、母親の感情や行動を認識していると考える方が自然であるという考えに至りました。 (映画・胎内記憶「うまれる」より) 現在5歳になったルーク君だが、今もその主張はブレることがない。 両親は専門家による分析を求めたいとして、この話を米Lifetimeチャンネルのリアリティ番組『ザ・ゴースト・インサイド・マイ・チャイルド』に持ち込み、ついにその撮影が始まった。 ただし祖母のリサさんは、「性別や肌の色を超えたこうした不思議な輪廻が存在することを明らかにしたいだけで、出演料が欲しいわけではありません」と話している。 テストではルーク君の前に偽物の写真を含めた何枚もの写真を広げ、「パムは?」と尋ねている。 ルーク君は的確に彼女を指さして「この写真が撮られた時のこと、覚えているよ」と言うのであった。 パメラ・ロビンソンさんの遺族もルーク君については「話を聞けば聞くほどパムにそっくり。 彼女も小さい時にはおもちゃのピアノが大好きで、スティーヴィー・ワンダーが大好きでしたよ」と語っているそうだ。 子供たちへの聞き取り調査を続け、たくさんの事例が集まるうちに、胎内記憶にとどまらない、生まれる前の記憶の存在までも、多数報告されるようになった。 「子供たちの中には、母親のお腹の中に入る前、つまり、前世の終了時から受精までの記憶がある子が多数います。 われわれはこれを『中間生記憶』と呼んでいます」(内池川さん・以下同) この中間生記憶は、細部が異なっていても、大まかな共通点があるという。 いずれの場合も、必ず語られるのは、子供が母親を選んで生まれてきているということです」 アメリカのバージニア州、CBS系列のTV局「WTKR-TV」のインタビューを受けた女性、ミケーレ・ルーカスさんが「4歳になる息子アンドリュー君の様子がおかしくなり、知らない人物の記憶を語っている」と証言し、話題をよんでいる。 なんと、アンドリュー君は「ボクは30年前に死んだ海兵隊員だ」と言い出し、その年齢からはありえないような、戦争に関する知識や、かつて住んでいた場所などの記憶を持っていたのだった。 アンドリュー君の証言からTV番組のプロデューサーが調査を開始。 すると、アンドリュー君の証言が、レバノンのベイルートで1983年10月で起きた「ベイルート・アメリカ海兵隊兵舎爆破事件」で犠牲になったジョージア州出身の海兵隊員、ヴァル・ルイス軍曹の記憶である可能性が高いことがわかった。

次の

仏教では「無我」なのに「輪廻転生」するんですよね?

輪廻転生 実例

「人は死んだ後にどうなるのか」これまで多くの人がこのなぞを解くことを試みてきました。 「死」によって人間の存在は終わってしまうのか。 それとも「死」は永遠という旅路への出発点なのか。 あるいは、つぎの人生への中間点となるものなのか。 ある人たちは輪廻転生というものを信じています。 つまり死んだ後、何か他のものに生まれ変わるという思想です。 統計によるとアメリカ人の25%がこの輪廻転生を信じているのだそうです。 ではなぜ人々はこの輪廻転生という考えに魅了されるのでしょうか。 輪廻転生とは「更正」ためのの機会なのでしょうか 輪廻転生説は多くの人に希望をもたらすようです。 もしもこの世でうまくいかなかったとしても、次の世界ではチャンスがめぐってくると信じるからです。 しかし、この輪廻転生を信じる人たちもほとんどの人が生前、自分が何であったかという記憶がないことを認めざるを得ません。 もし生前の記憶がないとしたら、一体どうやって過去の過ちから学ぶことができるのでしょうか。 何度人生を繰り返してもただ同じ間違いを繰り返すことになってしまうはずです。 過去の歴史を振り返ってみても、将来人類が「完全」に近づくという希望が果たしてあるのでしょうか。 また輪廻転生説は公正をもたらすものだと主張する人たちがいます。 カーマの法則(変わることのない普遍的な法則)によると、私たちは自分のむくいをその人生に体験するのだといいます。 つまり良い行いをしたり、悪を行なうとそれが次の人生に影響を及ぼすというものなのです。 カーマの考えでは、全ての人が自分のした悪の報いを受けているというのです。 足がないまま生まれてきた子ども、また暴行を受けた女性はそれぞれその報いを受けているということになります。 そこには「恵み」とか「赦し」、また「あわれみ」という概念は存在しません。 このことは困難な試練を体験している人たちにとって何の希望も与えないばかりか、苦しみの多くがその本人に由来していないと信じ、その苦しみから救い出そうと努力している人たちとの間に大きな葛藤をもたらします。 輪廻転生説の限界 ほんとうに輪廻転生説はこの病める現代社会に希望と公正をもたらすことができるのでしょうか。 またこの考えは「死」という問題に対して一体どんな答えを提供してくれるのでしょうか。 しかしイエス・キリストは、全く異なったメッセージを語られたのです。 キリストは、不当な苦しみがあることを否定されませんでした。 イエス・キリストはその苦しみを起こした人たちにゆるしを与え、また苦しみを経験している人には癒しを提供したのです。 キリストは完全なものは一人もいないと教えられました。 人の心は汚れで満ちていて、そのため完全で愛の方である神を悲しませる行動や態度を取ったりするのです。 キリストは自らの犠牲をもって支払われた償いのゆえ私達の罪を赦すことがおできになると言われました。 キリストは、わたし達はこの地上でのたった一度の生涯の中で、キリストの罪のゆるしを受けたかどうかによって永遠の命を得るか、それとも永遠の裁きを受けるかのどちらかであることを話されました。 (マタイ25:31-46、ヘブル9:27)キリストはまた「失われている人を探し、また救うため」にこの世に来られたと語られました(ルカ19:10)。 またキリストは「仕えられるためではなく、仕えるために、そして多くの人の身代わりとして」来られたと言われました(マルコ10:45) キリストは十字架にかかられているその時にも私たちに対する愛を示されました。 イエス・キリストの隣に十字架に掛けられた強盗はそのとき自分の罪を告白し、イエス・キリストに自分のことを死後に思い出してくださるようにと願ったのです。 そのときキリストはこう答えられました。 「まことにあなたに告げます。 あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます。 」(ルカ23:43)この強盗が天国に行くためにたった一つ求められたことはイエス・キリストに対する信仰でした。 この世で何度も何度も人生を繰り返しながら良いカーマを得ようと努力する必要などないのです。 キリストはこうも言われました。 「神は実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。 それは、御子を信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つためである。 」(ヨハネ3:16) これこそわたしたちにとって、この世においてもまた後の世においても、本当の良い知らせ(Good News)といえるのではないでしょうか。 イエス・キリストの教えまた生涯についてもっと学んでみたいと思われる方は、新約聖書マタイの福音書をお読み下さい。

次の

死後に生まれ変わる輪廻転生はあるのか?前世の記憶がある子供の実話

輪廻転生 実例

〔photo〕iStock 人は死んだらどうなるのか。 なぜわれわれは死ななければならないのか。 「輪廻転生」という考え方は古来、世界各地にあった。 現在でも、4割以上の日本人が「生まれ変わりはある」と考えている。 海外には「前世の記憶」を検証する大学の研究所もあるし、「前世の記憶」を語る事例も後を絶たない……。 人類と「死」の関係という大テーマに挑んだ話題の新刊『』より、前書きを特別公開します! はじめに 日本人の42. 古代より一度も途切れることなく、再生の観念はつねに人類とともにありました。 しかし何より興味深いことは、この生まれ変わりの物語が現代社会においてもなお、広く世界中の国々で支持され、信奉されているという事実です。 それは生まれ変わりの教義をもつ仏教やヒンドゥー教の国々に限った話ではありません。 たとえば2005年から2013年にかけて米国のハリス社が行った世論調査によると、「神」「奇跡」「天国」といった宗教的観念への信仰率が軒並み減少しているなかで、アメリカ人の「輪廻転生」への信仰率はむしろ増加しています。 あるいは後に見るように、国際社会調査プログラム(ISSP)の2008年のデータによれば、イスラエル在住のユダヤ人のじつに53・8%が「輪廻転生はあると思う」と回答しています(ちなみに日本は42・6%でした)。 一部の人びとにとっては荒唐無稽なファンタジーにしか感じられない輪廻転生という考えが、なぜ現代においてもこれほどまでの支持を得ているのか。 私はこの謎を解明すべく、大学院で生まれ変わりをテーマに据えた修士論文を執筆することにしました。 ところが研究を開始して早々、私は壁に突き当たることになります。 というのも、個別的な思想や信仰を専門的に扱った論文は存在しているものの、生まれ変わりそのものを考察の対象とするような先行研究がほとんど存在していなかったからです。 そもそも輪廻転生とは何なのか、という根本的な疑問に答えてくれる論考は見つかりませんでした。

次の