ディス コード スマホ 画面 共有。 Discordで通知が来ない場合の対処法をご紹介!【PC/スマホ】

【Discord】画面共有のやり方/グループや音声共有方法【PC/スマホ】

ディス コード スマホ 画面 共有

Contents• ビデオ通話の利用方法 Discord のビデオ通話は現在「ダイレクトメッセージ」のみで利用可能です。 ダイレクトメッセージという名前ですがグループを作成可能なので、複数人でビデオ通話する事も可能です。 一対一でビデオ通話する場合は、フレンド一覧に「Start Video Call」というボタンが表示されるのでクリックするだけで開始されます。 もしくは、フレンドとダイレクトメッセージのやり取りを既にしていれば、その画面上部に「Start Video Call」のボタンがあるのでそれをクリックします。 複数人でビデオ通話する場合は「DMにフレンドを追加します」ボタンよりフレンドを追加した状態で「Start Video Call」ボタンを押します。 ビデオ通話をかけられた側は以下のようなダイアログが表示され、ビデオ通話を行うか、音声のみの通話を行うのかを選択できます。 ビデオ通話を開始すると以下のような画面になります。 画面共有方法 Discord のビデオ通話で画面共有を行うには以下の二通りの方法があります。 Discord に実装されている画面共有機能を利用する• ManyCam 等外部ソフトウェアを Web カメラとして認識させる Discord の画面共有機能を利用する 簡単なのは Discord に実装されている画面共有機能を利用する事です。 ビデオ通話中に画面下にある「Turn on Screen Share」を押す事で画面共有を行う事ができます。 その際以下のようにどのウインドウを共有するか、もしくは全画面共有するのかを選択する画面が出ます。 ここでウインドウを選択し右下の「共有」ボタンを押すと画面共有を開始します。 この機能は Web ブラウザ版の Discord から利用するにはブラウザ拡張機能を入れる必要があります。 といっても開始時にインストールを要求されるので自分で探す必要などありません。 ダイアログの指示に添えばインストールできます。 ManyCam 等外部ソフトウェアを Web カメラとして認識させる Web カメラの代わりに ManyCam 等を仮想 Web カメラとして認識させる方法もあります。 ソフトウェアによっては共有画面の設定を細かく指定できるし画面共有機能よりフレームレートが高くなる事が多いのでこちらのほうがオススメです。 そうすると中ほどに「Video Settings」があるので、「Camera」のセレクトボックスから利用したいソフトウェアを指定します。 自分は ManyCam を利用していますが他のソフトウェアでも大丈夫なはずです。 右側にはプレビューもあるのでちゃんと認識しているのかの確認が可能です。 ManyCam の利用方法については以下を参照してください。

次の

Discordの使い方。初心者からすべての人に向けた図解マニュアル

ディス コード スマホ 画面 共有

GoLiveの配信と視聴方法。 ゲームをプレイしながらDiscordの配信ボタンを押すだけ!サーバのチャンネル内の最大10人まで視聴可能 GoLiveの使い方はとても簡単です。 まず配信したいゲームをプレイしながら、同じパソコンでディスコードを起動してください。 ゲーム画面を配信して共有したサーバーをアクティブ(開いている)にしている状態にしましょう。 そうすると、画面左下の方に起動しているゲーム名とその横にモニタのマークがありますので、このマークを押してください。 あとは 配信するチャンネルを指定したら「GoLive」ボタンを押しましょう、これでけで配信がスタートします! 配信をスタートすると自動的にボイスチャンネルに参加となり、 名前の横に「ライブ」と表示が出ています。 これは他のユーザーから見てもこのように見えるので、誰が今配信しているのかがすぐに分かります。 では 配信はどのようにして見るのかというと、見たい人をダブルクリックするだけです。 これで対象者の配信を視聴開始できます。 GoLiveには視聴人数に制限があって、最大10人までとなっています。 こちらは視聴者側の画面ですが、 自分が行っている・見ている配信は、他にどのメンバーが見ているかや視聴者数を把握することができてしまいます。 そのためこっそり見るということはできません。 その場合はDM画面からの画面共有を用いると良いでしょう。 配信をやめる場合は、スタート時と同じく、画面左下のゲームタイトル部分にある「配信を中止」を押してください。 これで視聴している人も強制的に見れなくなります。 ただしボイスチャンネルには残ったままになります。 GoLiveの画質設定方法。 GoLiveでゲーム配信を開始している状態で歯車アイコンの「配信設定」という部分を押してください。 そうするとこのような画面が出てきます。 配信画質設定 480 720 1080 Sorce フレームレート 15 30 60 画質設定はこれらの選択肢から選ぶことができますが、 背景色が付いているものはディスコードの有料サブスクリプション「Discord NITRO」会員でしか選択することができません。 次にGoLiveの配信における「遅延」についてですが、実際にPCを2台用意して試してみたところ、 GoLiveの遅延は1秒未満(0. 5秒程度)と非常に小さいものでとても驚きました。 GoLiveに必要なPCスペックはどのくらい?5年~8年前のPCでも快適に配信できたので配信負荷はかなり低いようだ ディスコードのGoLiveが便利なものなのはわかりましたが、実際これを使うにはどのくらいのパソコン性能が必要となるのでしょうか。 公式にこのくらいのスペックが必要!というのは見当たらなかったのですが、この記事に掲載している動画内にて配信を行っていたPCの性能は以下のとおりです。 筆者PC環境 OS Windows 10(64bit) CPU Core i7 2600K(定格) メモリ DDR3-1333 16GB RAM GPU(グラボ) nVidia GeForce GTX 970 3. 当ブログでもたびたび登場する筆者のゲームPCですが、パソコンに詳しい方が見れば「古っ!」となるはずです。 CPUは今から8年以上前のものですし、グラボも5年前のものとなっています。 今でも現役で頑張ってくれていますが、お世辞にも今時と比べると高スペックとは言えません。 これを使ってFF14のゲームを動かしながらDiscordのGoLiveを使って配信していたわけですが、 実際使っていてカクツキなどもなかったですし、特に重くないことはそれをキャプチャーした動画でも確認できたと思います。 このようにGoLive機能でパソコンにかかる負荷というのはかなり低いといって良いでしょう。 まずは気軽に試してみるのがオススメです! ディスコードのGoLiveはゲーム配信に特化した作り。 デスクトップを映したり画像を重ねるなど加工したりはできないが超簡単に配信可能 さてDiscordには以前から極一部のサーバにはサーバー内画面共有が存在しましたが、先日からすべてのユーザーに解禁されたこの「GoLive」へと完全に統合された形になります。 ただし、 ディスコードのDMから行う画面共有と違うのは、デスクトップを共有できないという点です。 つまりGoLiveは単純に自分の見ているものすべてではなくて、 Discord側が認識したアプリ(ゲームなど)の画面しか配信することができないのです。 ゲームが検出されないという場合は、 厳密には工夫することでデスクトップ画面を映すこともできるのですが、それは別記事にて紹介します。 このあたりは不満だという方も多いようですが、 Discord側の想定している使い方としてはやはり第一にゲーム配信をすることで、チーム内での情報共有であったり技術向上などに役立てて欲しいのかもしれません。 サーバー内のすべての人に向けて配信する意義はそういう部分にあるのではと思います。 GoLive機能はOBSなどの配信ソフトのように画像を重ねたりといった編集は一切できず、ゲーム画面をそのままダイレクトに配信するに留まりますが、その代わりにとても低遅延かつ簡単に配信ができるのが魅力です。 通常、配信はソフトの設定なども必要なことからパソコン知識がある程度ないと難しい部分もありますが、ディスコードのGoLiveならボタンひとつでできるのですからすごいですよね! 少人数でデスクトップを映したいならDMの画面共有、ゲーム画面を垂れ流したり複数人に見せたいならGoLiveを使おう! このように ディスコードにはDMグループから行える画面共有の仕組みと、サーバー内のチャンネル単位で行えるGoLiveの2種類の画面共有システムが搭載されています。 どちらを使うかはその 用途によって使い分けしましょう。 そもそもの仕組みとして、DMグループから行う画面共有では、まず相手に通話をかけてそれに出てもらう必要がありますから、垂れ流し用途などには向きません。 接続人数制限は10名と一緒ですが、その都度DMグループを作る必要もあることから、 デスクトップ画面などを含めて少人数に向けて画面共有をしたいならDMグループ画面共有を使うのが良いでしょう。 ある程度人数がいるDiscordサーバに属していて、 ゲームに限った共有や垂れ流し配信、すばやい情報共有を複数人に向けてしたいならGoLiveを使うのがオススメです。

次の

Discordで通知が来ない場合の対処法をご紹介!【PC/スマホ】

ディス コード スマホ 画面 共有

GoLiveの配信と視聴方法。 ゲームをプレイしながらDiscordの配信ボタンを押すだけ!サーバのチャンネル内の最大10人まで視聴可能 GoLiveの使い方はとても簡単です。 まず配信したいゲームをプレイしながら、同じパソコンでディスコードを起動してください。 ゲーム画面を配信して共有したサーバーをアクティブ(開いている)にしている状態にしましょう。 そうすると、画面左下の方に起動しているゲーム名とその横にモニタのマークがありますので、このマークを押してください。 あとは 配信するチャンネルを指定したら「GoLive」ボタンを押しましょう、これでけで配信がスタートします! 配信をスタートすると自動的にボイスチャンネルに参加となり、 名前の横に「ライブ」と表示が出ています。 これは他のユーザーから見てもこのように見えるので、誰が今配信しているのかがすぐに分かります。 では 配信はどのようにして見るのかというと、見たい人をダブルクリックするだけです。 これで対象者の配信を視聴開始できます。 GoLiveには視聴人数に制限があって、最大10人までとなっています。 こちらは視聴者側の画面ですが、 自分が行っている・見ている配信は、他にどのメンバーが見ているかや視聴者数を把握することができてしまいます。 そのためこっそり見るということはできません。 その場合はDM画面からの画面共有を用いると良いでしょう。 配信をやめる場合は、スタート時と同じく、画面左下のゲームタイトル部分にある「配信を中止」を押してください。 これで視聴している人も強制的に見れなくなります。 ただしボイスチャンネルには残ったままになります。 GoLiveの画質設定方法。 GoLiveでゲーム配信を開始している状態で歯車アイコンの「配信設定」という部分を押してください。 そうするとこのような画面が出てきます。 配信画質設定 480 720 1080 Sorce フレームレート 15 30 60 画質設定はこれらの選択肢から選ぶことができますが、 背景色が付いているものはディスコードの有料サブスクリプション「Discord NITRO」会員でしか選択することができません。 次にGoLiveの配信における「遅延」についてですが、実際にPCを2台用意して試してみたところ、 GoLiveの遅延は1秒未満(0. 5秒程度)と非常に小さいものでとても驚きました。 GoLiveに必要なPCスペックはどのくらい?5年~8年前のPCでも快適に配信できたので配信負荷はかなり低いようだ ディスコードのGoLiveが便利なものなのはわかりましたが、実際これを使うにはどのくらいのパソコン性能が必要となるのでしょうか。 公式にこのくらいのスペックが必要!というのは見当たらなかったのですが、この記事に掲載している動画内にて配信を行っていたPCの性能は以下のとおりです。 筆者PC環境 OS Windows 10(64bit) CPU Core i7 2600K(定格) メモリ DDR3-1333 16GB RAM GPU(グラボ) nVidia GeForce GTX 970 3. 当ブログでもたびたび登場する筆者のゲームPCですが、パソコンに詳しい方が見れば「古っ!」となるはずです。 CPUは今から8年以上前のものですし、グラボも5年前のものとなっています。 今でも現役で頑張ってくれていますが、お世辞にも今時と比べると高スペックとは言えません。 これを使ってFF14のゲームを動かしながらDiscordのGoLiveを使って配信していたわけですが、 実際使っていてカクツキなどもなかったですし、特に重くないことはそれをキャプチャーした動画でも確認できたと思います。 このようにGoLive機能でパソコンにかかる負荷というのはかなり低いといって良いでしょう。 まずは気軽に試してみるのがオススメです! ディスコードのGoLiveはゲーム配信に特化した作り。 デスクトップを映したり画像を重ねるなど加工したりはできないが超簡単に配信可能 さてDiscordには以前から極一部のサーバにはサーバー内画面共有が存在しましたが、先日からすべてのユーザーに解禁されたこの「GoLive」へと完全に統合された形になります。 ただし、 ディスコードのDMから行う画面共有と違うのは、デスクトップを共有できないという点です。 つまりGoLiveは単純に自分の見ているものすべてではなくて、 Discord側が認識したアプリ(ゲームなど)の画面しか配信することができないのです。 ゲームが検出されないという場合は、 厳密には工夫することでデスクトップ画面を映すこともできるのですが、それは別記事にて紹介します。 このあたりは不満だという方も多いようですが、 Discord側の想定している使い方としてはやはり第一にゲーム配信をすることで、チーム内での情報共有であったり技術向上などに役立てて欲しいのかもしれません。 サーバー内のすべての人に向けて配信する意義はそういう部分にあるのではと思います。 GoLive機能はOBSなどの配信ソフトのように画像を重ねたりといった編集は一切できず、ゲーム画面をそのままダイレクトに配信するに留まりますが、その代わりにとても低遅延かつ簡単に配信ができるのが魅力です。 通常、配信はソフトの設定なども必要なことからパソコン知識がある程度ないと難しい部分もありますが、ディスコードのGoLiveならボタンひとつでできるのですからすごいですよね! 少人数でデスクトップを映したいならDMの画面共有、ゲーム画面を垂れ流したり複数人に見せたいならGoLiveを使おう! このように ディスコードにはDMグループから行える画面共有の仕組みと、サーバー内のチャンネル単位で行えるGoLiveの2種類の画面共有システムが搭載されています。 どちらを使うかはその 用途によって使い分けしましょう。 そもそもの仕組みとして、DMグループから行う画面共有では、まず相手に通話をかけてそれに出てもらう必要がありますから、垂れ流し用途などには向きません。 接続人数制限は10名と一緒ですが、その都度DMグループを作る必要もあることから、 デスクトップ画面などを含めて少人数に向けて画面共有をしたいならDMグループ画面共有を使うのが良いでしょう。 ある程度人数がいるDiscordサーバに属していて、 ゲームに限った共有や垂れ流し配信、すばやい情報共有を複数人に向けてしたいならGoLiveを使うのがオススメです。

次の