音楽 の 風車。 音楽の風車とは

「花の風車」〜沖縄民謡 花ぬカジマヤーの原風景を訪ねる旅〜

音楽 の 風車

OKINAWA GOOD LOCATION PHOTO ESSAY 「チントゥンテントゥン マンチンタン ウネタリ主ヌ前 ウミカキレー」。 老若男女、広く沖縄県民に愛されている民謡のひとつ「花の風車 」。 琉球村で開催されている道ジュネーで9月の週末、カジマヤーのパレードを実施。 沖縄の原風景を音楽旅行しましょう。 photo: ジャン松元 JOHN MATSUMOTO WEB SITE: 97歳のトゥシビーを「カジマヤーヌユーエー」として祝う 沖縄には、12年に1度巡って来る生まれた干支の年を祝う風習がある。 このお祝いを沖縄の言葉で「トゥシビー(生年祝い)」という。 数え年で、13歳ではじめてのトゥシビーを祝い、以後25、37、49、61、73、85、97歳のトゥシビーを体験する。 昔は12年に1度の「トゥシビー」は厄年とされ、無病息災を願って「ウガン(拝み)」をして厄払いをする慣わしがあった。 今日では簡素化され、13歳と61歳以後の長寿を盛大に祝う。 復帰以降は、本土の賀寿の祝いの風習が入ってきて、チャンプルー「トゥシビー」となっている。 古希(70歳)を73歳で、傘寿(80歳)を85歳で、米寿(88歳)を「トーカチ」として、白寿(99歳)を97歳で「カジマヤー」として祝う場合もある。 さて、「カジマヤー」。 97歳のトゥシビーを「カジマヤー」として、旧暦の9月7日に町をあげて盛大に祝う。 「カジマヤー」の由来は二説ある。 現在の沖縄での「カジマヤーヌユーエー」の多くは、彩り豊かに装飾されたオープンカー、その前後を楽器を持った親類縁者や地域の青年達が賑やかに歌い踊りパレードを行う。 その祝いの風景は日本というよりも、まさにアジアのお祭りそのもの。 先輩方を敬う沖縄の風習を象徴するお祝いだ。 「花の風車」 歌詞 花の風車や 風連りて廻る チントゥンテントゥン マンチンタンウネタリ主ヌ前 ウミカキレー 我んや友連りてぃ なまどぅ我ね戻る チントゥンテントゥン マンチンタンウネタリ主ヌ前 ウミカキレー 垣ね葉ぬ露や あがい太陽待ちゅる チントゥンテントゥン マンチンタンウネタリ主ヌ前 ウミカキレー 琉球村: 琉球村でカジマヤーの道ジュネー(パレード)を2014年9月いっぱい開催! photo: ジャン松元 琉球村と沖縄音楽旅行のタイアップ企画! 8月末〜11月の琉球村のテーマ曲は、「花の風車」。 9月いっぱい10時、16時の道ジュネーで、カジマヤーを実施します。 アジアンチックな色鮮やかなパレードをぜひご覧ください。 沖縄音楽のすばらしさは、参加して楽しめるところ! 100年先に伝えたい沖縄の歌と風景を琉球村でご体感ください。 詳細は、琉球村のオフィシャルサイトで。 琉球村カジマヤーの道ジュネー! 日程:2014年9月1日〜30日 時間:10:00〜、16:00〜 場所:園内中央広場 内容:カジマヤー(道ジュネー) 住所:沖縄県恩納村字山田1130 電話:098-965-1234 詳細: 【V. /伝えたいむかしおきなわのうた てぃんさぐぬ花】 『うたぬ美らさ 心を結ぶ沖縄の歌』 ARTIST:美音、琉球村地謡、山内美佐江 ほか CD TITLE:『伝えたいむかしおきなわのうた てぃんさぐぬ花』 RELEASE:13年7月15日 CODE: RKM-002 PRICE: 840円(tax in)期間限定500円で琉球村にて販売中! 琉球村: 内容:伝えたいむかしおきなわのうたのコンセプトのもと、 琉球村がオリジナルオムニバスCD『てぃんさぐぬ花』をリリース。 「ミルクムナリ」の日出克氏をプロデューサーに迎え 「てぃんさぐぬ花」、「ちょんちょんキジムナー」、 「琉球村ものがたり」の3曲を収録した。 CDは、琉球村にて販売、期間限定で500円で販売している。 沖縄の音のお土産にぜひ、琉球村のCDを!! 沖縄音楽旅行をWEBで! バックナンバー入手も可能に!! 詳細は以下のリンクで ・ 沖縄音楽旅行本誌は以下で入手できます! ブックマーク• Twitter• Friday, 06. 20 22:00• 20 22:38• 六人組 『1984-88』 Thursday, 06. 20 22:00• 1 「the you」 Live streaming 2020|6月27日生配信! Thursday, 06. 20 10:03• 宜野湾HUMAN STAGE支援プロジェクト〜NEXT HUMAN Thursday, 06. 20 06:44 Follow 1748 followers.

次の

「花の風車」〜沖縄民謡 花ぬカジマヤーの原風景を訪ねる旅〜

音楽 の 風車

OKINAWA GOOD LOCATION PHOTO ESSAY 「チントゥンテントゥン マンチンタン ウネタリ主ヌ前 ウミカキレー」。 老若男女、広く沖縄県民に愛されている民謡のひとつ「花の風車 」。 琉球村で開催されている道ジュネーで9月の週末、カジマヤーのパレードを実施。 沖縄の原風景を音楽旅行しましょう。 photo: ジャン松元 JOHN MATSUMOTO WEB SITE: 97歳のトゥシビーを「カジマヤーヌユーエー」として祝う 沖縄には、12年に1度巡って来る生まれた干支の年を祝う風習がある。 このお祝いを沖縄の言葉で「トゥシビー(生年祝い)」という。 数え年で、13歳ではじめてのトゥシビーを祝い、以後25、37、49、61、73、85、97歳のトゥシビーを体験する。 昔は12年に1度の「トゥシビー」は厄年とされ、無病息災を願って「ウガン(拝み)」をして厄払いをする慣わしがあった。 今日では簡素化され、13歳と61歳以後の長寿を盛大に祝う。 復帰以降は、本土の賀寿の祝いの風習が入ってきて、チャンプルー「トゥシビー」となっている。 古希(70歳)を73歳で、傘寿(80歳)を85歳で、米寿(88歳)を「トーカチ」として、白寿(99歳)を97歳で「カジマヤー」として祝う場合もある。 さて、「カジマヤー」。 97歳のトゥシビーを「カジマヤー」として、旧暦の9月7日に町をあげて盛大に祝う。 「カジマヤー」の由来は二説ある。 現在の沖縄での「カジマヤーヌユーエー」の多くは、彩り豊かに装飾されたオープンカー、その前後を楽器を持った親類縁者や地域の青年達が賑やかに歌い踊りパレードを行う。 その祝いの風景は日本というよりも、まさにアジアのお祭りそのもの。 先輩方を敬う沖縄の風習を象徴するお祝いだ。 「花の風車」 歌詞 花の風車や 風連りて廻る チントゥンテントゥン マンチンタンウネタリ主ヌ前 ウミカキレー 我んや友連りてぃ なまどぅ我ね戻る チントゥンテントゥン マンチンタンウネタリ主ヌ前 ウミカキレー 垣ね葉ぬ露や あがい太陽待ちゅる チントゥンテントゥン マンチンタンウネタリ主ヌ前 ウミカキレー 琉球村: 琉球村でカジマヤーの道ジュネー(パレード)を2014年9月いっぱい開催! photo: ジャン松元 琉球村と沖縄音楽旅行のタイアップ企画! 8月末〜11月の琉球村のテーマ曲は、「花の風車」。 9月いっぱい10時、16時の道ジュネーで、カジマヤーを実施します。 アジアンチックな色鮮やかなパレードをぜひご覧ください。 沖縄音楽のすばらしさは、参加して楽しめるところ! 100年先に伝えたい沖縄の歌と風景を琉球村でご体感ください。 詳細は、琉球村のオフィシャルサイトで。 琉球村カジマヤーの道ジュネー! 日程:2014年9月1日〜30日 時間:10:00〜、16:00〜 場所:園内中央広場 内容:カジマヤー(道ジュネー) 住所:沖縄県恩納村字山田1130 電話:098-965-1234 詳細: 【V. /伝えたいむかしおきなわのうた てぃんさぐぬ花】 『うたぬ美らさ 心を結ぶ沖縄の歌』 ARTIST:美音、琉球村地謡、山内美佐江 ほか CD TITLE:『伝えたいむかしおきなわのうた てぃんさぐぬ花』 RELEASE:13年7月15日 CODE: RKM-002 PRICE: 840円(tax in)期間限定500円で琉球村にて販売中! 琉球村: 内容:伝えたいむかしおきなわのうたのコンセプトのもと、 琉球村がオリジナルオムニバスCD『てぃんさぐぬ花』をリリース。 「ミルクムナリ」の日出克氏をプロデューサーに迎え 「てぃんさぐぬ花」、「ちょんちょんキジムナー」、 「琉球村ものがたり」の3曲を収録した。 CDは、琉球村にて販売、期間限定で500円で販売している。 沖縄の音のお土産にぜひ、琉球村のCDを!! 沖縄音楽旅行をWEBで! バックナンバー入手も可能に!! 詳細は以下のリンクで ・ 沖縄音楽旅行本誌は以下で入手できます! ブックマーク• Twitter• Friday, 06. 20 22:00• 20 22:38• 六人組 『1984-88』 Thursday, 06. 20 22:00• 1 「the you」 Live streaming 2020|6月27日生配信! Thursday, 06. 20 10:03• 宜野湾HUMAN STAGE支援プロジェクト〜NEXT HUMAN Thursday, 06. 20 06:44 Follow 1748 followers.

次の

音楽の風車/山陰放送

音楽 の 風車

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態の、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 『 音楽の風車』(おんがくのかざぐるま)は、(BSSラジオ)での開局時から放送されているでのである。 がない限りからまで1年中休まず放送されており、の放送で放送回数20000回を突破した。 音楽の風車 ジャンル 放送方式 生放送 (日曜のみ収録放送) 放送期間 - 放送時間 平日・土曜 11:00 - 12:55(115分) 日曜 11:00 - 12:30(90分) 放送回数 20000 放送局 パーソナリティ 本文参照 テーマ曲 「赤いマフラー」 公式サイト 特記事項: 放送回数は2008年12月6日現在。 この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2020年5月)• リスナーから「 ご希望曲(リクエスト曲)」を受け付け放送する番組で、から、からニューリリースまで幅広い楽曲が放送されるが、は『』の範疇となるため洋楽のリクエストは一切受け付けていない。 リクエストはハガキやメールの他、月曜~土曜は生放送のため、11:00~11:30の間はFAXでも受け付けている(かつては同じ時間帯で電話によるリクエストも受け付けていたが、廃止された)。 なお、日曜日にリクエスト指定する場合は、その週の水曜日までに届くように送らなければならないことになっている(日曜日のみ収録のため)。 通常は昼の放送であるが、ごく稀に夜にとして放送されることもある。 また、開局年数が5の倍数にあたる年には開局記念番組という位置づけで、 「音楽の風車スペシャル」と題して、長時間の特別番組を放送することもある。 にで開催された「」の会期中は会場内の特設スタジオから放送していた。 番組中にかかる曲は、原則としてフルコーラス放送される。 番組1回あたり、月曜~土曜は19曲前後、日曜は15曲前後オンエアされ、曲の前後にはCMが入る(入らない場合あり)。 ただし、放送時間終了直前や定時ニュース直前の曲は途中でカットされる傾向がある。 コーナーは特に設けられていないが、天気予報は時間の加減に応じて放送されている。 また、2008年3月まで定時ニュースは放送されなかったが、現在は平日のみ11:55からと気象情報を放送している。 リクエスト曲は、男性歌手の曲と女性歌手の曲が交互にかかるようになっている(男性と女性の両方がメンバーに入っているバンドやグループなどの場合は、主にボーカルの性別を基準としている)。 放送時間は下記の通りだが、該当時間に特別番組のネット受けがある場合は時間を変更させて放送する(「」や「防災の日スペシャル」など)。 2008年10月1日の放送分より、公式サイトにオンエアリストが掲載されるようになった。 2010年4月5日から、平日の22:00から長らくネット受けをしていた制作番組の放送を打ち切り、番組の前日放送分(月曜日は先週金曜放送分)を再放送している(定時ニュースの部分はカットし、23:25までの放送となっている)。 2011年10月9日の日曜日からは、当日(日曜日)分の放送分を22:00~23:30に再放送している。 2015年4月5日の日曜日からは、11:00〜12:30の放送になる。 2016年3月28日の月曜日からは、平日の放送時間が11:00〜12:55の放送になる。 2016年10月1日の土曜日からは、土曜日の放送時間が11:00~12:55の放送となる。 2018年10月から、金曜日分の再放送を日曜日の22:00〜23:35に、日曜日分の再放送を22:30〜24:00に変更。 テーマ曲• 「赤いマフラー」(を使用) 放送開始よりテーマ曲は不変で、やに帰省する地元出身者の多くがこの曲を聴いて故郷を懐かしむ光景がよく見られる。 また山陰地方以外の放送時間中に番組を聴取可能な地域において、番組テーマ曲としての認知度が高いことから、共通の話題とすることができる。 冒頭の挨拶 毎回冒頭には先述のテーマ曲をバックに次のようなコメントが毎日流されている。 「きょうも、きのうも、そしてあす(あした)も。 あの町に、この村に、(吹き過ぎていくそよ風に乗って)クルクルと回る風車のように、人々の口から口へ、次々に歌われていく古い歌、新しい歌。 皆様のご希望曲をお届けする"音楽の風車"のお時間です。 きょうもお昼前のひと時、どうぞごゆっくりお楽しみ下さい…」• ただし()の箇所の 「吹き過ぎていくそよ風に乗って」の箇所は年度下半期(11月から翌年3月)は冬バージョンで 「行き交う七色のメロディーに乗って」に差し替えられている。 本放送• 月曜 - 土曜 11:00 - 12:55• 日曜 11:00 - 12:30• 再放送• 月曜 22:30 - 24:00• 火曜 - 金曜 22:00 - 23:45• 日曜 22:00 - 23:35• なお、2001年10月から日曜日のみ収録放送(擬似生放送)となっている。 2009年4月5日まで日曜日は60分間の放送だったが、4月12日より90分となった。 日曜放送分は水曜日に収録している。 再放送は2018年10月時点で、原則月曜日から金曜日までは本放送より1日遅れ、日曜日は2日遅れで金曜日の本放送分となる。 土曜日本放送分は再放送はされない。

次の