阪神 競馬 場 グルメ。 阪神競馬場付近のグルメスポット一覧

阪神競馬場のイベントやアクセス方法の紹介!グルメや駐車場の情報も

阪神 競馬 場 グルメ

ファーストフードコートやレストラン等が充実しているのは、他のJRAの競馬場と同様です。 その中で名物と目されるのは、東ウイング1Fフードプラザの「宝塚カレー」でしょうか。 宝塚カレーは、いかにも「外で食べるカレー」といった感じの本格的な味わいで、「大盛」と銘打って結構な量のご飯を盛ってくれるのが好印象。 ただ、ご飯の量に対して若干ルーが少なく感じられます。 もう少しバランスが取れていればさらにいいのですが。。。 パドックから馬場へと向かう途中の中央コンコース1階には、「アサヒビール西宮工場直送」の生ビールを販売している売店があります。 工場直送の新鮮な生ビールは、特に暑い季節にはオススメです。 宝塚カレーと生ビール(大サイズ) 宝塚カレーとアサヒビール西宮工場直送の生ビール(大サイズ)。 ヒレカツカレー 宝塚カレーのヒレカツカレーは豚ヒレのひとくちカツが3つ乗って700円。 つまりはひとくちカツ部分が200円ということになるでしょうか。 お好み焼き風の何か 競馬場では各地の物産展を開催していることがあり、ご当地グルメの販売などが行われます。 こちらはそんなご当地グルメその一、なのですが詳細を覚えておりません。 回転焼の機械でお好み焼き風のものを焼いているという発想が面白くて購入したのですが、味はイマイチだった記憶があります。 妻地鶏炭火焼 ご当地グルメその二。 宮崎県観光物産展で購入した「妻地鶏炭火焼(500円)」です。 炭火焼の香ばしい風味と歯ごたえが特徴の、いかにもビールのお供な一品でした。 かに汁 ご当地グルメその三、境港物産展のかに汁(400円)です。 寒さとかにが半身入っているという見栄えの良さも手伝ってか、長い行列ができていました。 高砂にくてん ご当地グルメその四。 兵庫県高砂の「高砂にくてん(450円)です。 具にすじこんとじゃがいもを使用しているのが特徴の一品。 名前的にすじこんがもう少し入っていれば嬉しかったかなあ、と思います。 浜松餃子 ご当地グルメその五、浜松餃子です。 餃子といえば宇都宮のイメージがありますが、浜松も売り込みに必死のようで、もやしが添えられているのが特徴となっています。 もやしの食感が新鮮で、味も良かったのですが、6個400円という価格は、馬券でも当たってないと手を出しづらいかも。 釜玉うどん スタンド二階の西側にあるファーストフードプラザの「讃岐家」で購入した釜玉うどん(330円)。 店名から想像されるようなコシの強い麺ではありませんが、黄身の色の濃さが目にも鮮やかで、醤油だれ・柚子胡椒と共にかき混ぜて一気にいただけます。 チャーシューワンタンメン 東側ファーストフードプラザにある翠松楼のチャーシューワンタンメン(600円)は、その名の通りチャーシュー、ワンタン全乗っけの気分的に満足できる一品。 その二種の具の味はともかく、ラーメン本体のほうの味は自分好みで中々のものでした。 エビフライ定食 Sラウンジ内レストラン「フローラ」のエビフライ定食。 有頭海老のフライというだけで何となく贅沢な気分に浸れます。

次の

【競馬場はおいしい】なぜ大盛だけ? 阪神競馬場の名物グルメ『宝塚カレー』。

阪神 競馬 場 グルメ

第5位 宝塚カレー 阪神競馬場名物カレーである 宝塚カレーが5位にランクイン! ここのカレーの特徴は何と言っても盛りが素晴らしいところ。 実は全て大盛サイズで提供してくれます。 予想に頭を使い過ぎて腹が減ってしまったおっちゃん達の胃袋を満たしてくれます。 パークウインズ時でも営業している点も嬉しいところ。 東ウイング1階のフードプラザにお店があるので是非お試しを! 第4位 TWO DAYS ちょっと小腹がすいたら東ウイング1階の 「TWO DAYS」のクレミアがオススメです。 値段は 500円とちょっとお高いのですが、牛乳の濃厚さがあってとてもクリーミーなので私は好んで食べています。 競馬でちょい勝ちしたら是非寄って食べてみてくださいね! ちなみにパークウインズ時は営業していないのでご注意を…。 しっかりとコシのあるうどんと丼ものにも定評があるお店です。 オススメは画像のこちら! カツ丼+うどんのセットです! お値段もそこそこの 1030円。 こちらもパークウインズ時は営業していませんのでご注意ください。 スポンサードリンク お値段もほとんどのメニューが英世様(1000円札)を握りしめていけばOKです。 西ウイング4階にありますので是非是非。 こちらもパークウインズ時は閉店していますのでご注意を…。 かく言う私も楓林のからあげ+ビールで完全にノックダウンな感じです(笑) 味もそれ程しつこくなく、ばくばく食べられる美味しいから揚げです。 お値段はこれだけ詰め込んで 580円! うーんコスパ最高!! 場所は西ウイング3階のフードプラザにあります。 こちらもパークウインズ時は営業していませんので阪神競馬開催中に是非お試しください! 今回のまとめ ここまでお読みいただきありがとうございました。 最後に阪神競馬場のグルメのまとめをご覧くださいませ。 人気記事一覧• 84件のビュー June 18, 2018 に投稿された• 48件のビュー August 31, 2019 に投稿された• 45件のビュー December 3, 2018 に投稿された• 21件のビュー May 8, 2018 に投稿された• 13件のビュー September 4, 2019 に投稿された• 11件のビュー May 1, 2019 に投稿された• 9件のビュー April 4, 2019 に投稿された• 9件のビュー February 23, 2019 に投稿された• 6件のビュー July 15, 2019 に投稿された• 5件のビュー September 19, 2018 に投稿された.

次の

関西に冠する情熱の戦場「阪神競馬場」のレース&施設特徴を紹介

阪神 競馬 場 グルメ

初めからお読みになる方はからどうぞ。 さてさて、今回も、阪神競馬場レポートの続きでございます。 今回も阪神競馬場グルメの話をしてます。 ここまでフードプラザを中心としたフードコート、テイクアウト系のグルメたちを紹介し、前回からはレストランの話をはじめて、まずは鮨舞台というお店をご紹介いたしました。 その流れで今回もレストランの話を続けてまいります。 さて、阪神競馬場にある9か所のレストランのうち、本場開催、パークウインズ時ともに営業しているのは、鮨舞台、ミュンヘン、シルヴァー、グルメ杵屋の4店舗である。 先述のとおり、前回のレポートで、そのうちのひとつ鮨舞台をご紹介しましたので、今回は残りの3軒である、ミュンヘン、シルヴァー、グルメ杵屋の3軒を見て行くことにいたしましょう。 再三の注釈ではありますが、阪神競馬場グルメに関しては数が多いので複数回に分けてレポートをしております。 一応順を追ってみたいという方はを先に読んでいただけると話が早くてありがたいのでよろしくお願いいたします... さて、というわけで、ミュンヘンである。 阪神競馬場のミュンヘンは西ウイングの4階に存在している。 指定席のフロアではあるが、指定席入口より手前に存在しているので、指定席券を持っていなくとも誰でも入ることができるレストランである。 人通りがある一画でもなく、あまりいい立地とも言えないのだが、ミュンヘンという看板で商売できる分、何とかなっている部分はあるだろう。 園田競馬場でも説明をしたのだが、関西には「ニューミュンヘン」という屋号のビアレストランチェーンがあって、大阪、神戸に10店舗ほどが存在している。 関西のオッサンのほとんどはこのニューミュンヘンに行ったことがあるであろうけっこうな人気店なのである。 このミュンヘンもそこの系列かと思うのが普通なのだが、ところがどっこい、ここにあるミュンヘンは「阪神ローレルフーズ」という名前の会社が運営しているビアレストランである。 ここ以外にも大阪市内の淀屋橋と、園田競馬場にも店舗がある。 *園田競馬場のミュンヘンの様子はからどうぞ。 このミュンヘンは特にニューミュンヘンとの関係性が謳われているわけでもなく、きわどいミュンヘンである可能性は否定できないが、まあ、551蓬莱と蓬莱本館、京都王将と大阪王将、自由軒とせんば自由軒など、関西ではこの手合いの話よくある話なので(それぞれ経緯や事情は異なるからマジメに突き詰めないように!)、あまり目くじらを立てるようなものでもなかろう。 ともかく、関西のオッサンたちは「ミュンヘン」と耳にすると「お、ウマいビールが飲めそうやな!」と否が応でも想起してしまう、何だかんだブランド力があるレストランということが言いたかったわけでございます。 店内は意外に広く、わりとくつろぐことができる。 無味乾燥な店舗が多いJRAの競馬場のレストランにしてはそれっぽい雰囲気が出ているぞ。 テレビが見やすい席をゲットするようお忘れなく。 ちなみに、入り口でオーダーするシステムなので、メニュー決めずに入るとオタオタするのでご注意を。 メニューは本家ニューミュンヘンよろしく、洋食系のアテと、本格的なビールという趣である。 阪神競馬場ではほとんどのビール売店にて黒ビールやハーフ&ハーフを揃えているのだが、これはこのミュンヘンを意識してというのは少なからずあるだろう。 生ビールは中で580円。 まあ、同じような値段で売店のビールを飲むのであれば、ここで飲むのもアリだ。 この店には馬券の師匠と仰ぐお方が出入りしていたこともあり、荷桁も何度となくビールを飲んだのだが、やはりフツーにうまい。 アテは500~1000円くらいの幅でいろいろあり、食事も800~1200円くらいの幅でいろいろある。 園田のミュンヘンよろしく、揚げ物系(特にカツ)の食事はボリュームがあり、お得感もある。 まあ、腹は膨れること間違いないので、皆さんも好きなものを頼んでビールと一緒に楽しむべしである。 写真は阪神ランチ(980円)。 コロッケとハンバーグのランチである。 まあ無難な感じだが、やや迫力に欠けるので、やはりカツ系メニューを食べておくのをおススメします。 さて、お次に紹介するのはシルヴァーである。 こちらは東ウイングの2階に存在している。 西ウイング3階のフードプラザにある「シルヴァー」と同じ系列の阪急産業がやっているレストランだが、おにぎりや焼きそばをメインで売っていたフードプラザのシルヴァーとは中身ががらっと変わるのでご注意。 メニューはこんな感じである。 カレーやハヤシライス、定食などが800円から1200円くらいの幅であり、500円前後のつまみメニューも存在している。 先にご紹介したミュンヘンに比較的近いメニュー構成だ。 ミュンヘンとの違いは飲み物の価格がやや安いこと。 焼酎は280円(ミュンヘンは410円)、ワインもハーフボトルで930円(ミュンヘンは1260円)となっている。 この差はおそらく銘柄の違いという解釈でいいと思うのだが、まあ銘柄よりもワイワイ飲めればいいんだという人々はこちらのお店を選んでいただくのがいいのであろう。 (*価格は訪問時) 特にこれといった特徴的なメニューがないのが残念なので、今後そうした部分が出てくるとバランスのとれたいい店と言えるかもしれない。 ちなみに夏競馬期間中の場外に行くと、冷麺やざるそばなどの冷やしメニューもあったりする。 あまりボリューム系ではないので、食欲がないときなどにどうでしょうか。 ほかの食事ものに比べると、わりと単価も安いですし・・・。 さて、続いてはグルメ杵屋である。 これも大阪に本社がある外食チェーンの株式会社グルメ杵屋の運営するお店である。 杵屋、麦まる、そじ坊などの屋号で首都圏にも出店しているのでご存知の方ももしかしたら多いかもしれない。 写真のとおり、うどん・そばのお店である。 荷桁は行動圏内に、杵屋やそじ坊がちょいちょいあって日常的に使っているお店なので、わざわざ競馬場まで行って食べる気にもならず、競馬場のこのお店は利用したことがない。 価格は市中の杵屋より若干割高なイメージはあるが、麺類に関して言えば杵屋と言えば、まあ間違いないので、おそらくその辺の場内のレストランで食べるよりは質のいいものが食べられると思われる。 暑いときなんかは冷たいうどんやそばでさらっと済ませるのもよい。 このラインナップの中で、安定感という意味では杵屋が入っているのはなかなかいいチョイスだと思う。 チェーンだと侮るなかれ、そばもうどんもしっかりしているので未体験の方は是非。 さて、ここまで阪神競馬場の中でも、本場開催・場外発売時ともに開いているレストランをご紹介しました。 小出しでの紹介で恐縮ではありますが、もうしばらく阪神競馬場グルメの話をつづけてまいります・・・。 *この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。 *阪神競馬場に関する記事は以下にもあります。 *テーマが近い記事はこちらから。

次の