キノコバエ 幼虫。 キノコバエが部屋にいっぱいいます(´・ω・`) 2ヶ月前くらいにハムスター

キノコバエ

キノコバエ 幼虫

コバエの幼虫は、 専用の駆除剤で駆除できる• コバエの種類のよって発生場所が違う• コバエがいた!すぐにやっつけるには?• コバエの大量発生を防ぐ方法とは?• コバエやコバエの卵を食べてしまったかも!?どうする?• カブトムシの飼育ケースには、コバエが発生する!対策を! などなど、不快な コバエに煩わされないための対策をいろいろお届けしたいと思います。 台所以外にも 風呂場や洗面所などの水回り、見て癒される観葉植物もコバエが発生しやすい場所です。 せっかくきれいな緑をお部屋に置いていても、コバエが飛んでいたら癒しの空間が台無しです。 今回は、 それぞれの場所に合った対策を紹介していますので、コバエに悩まされている皆さんのお役に立てると思います。 毎日のちょっとした注意でコバエはいなくなります。 さあ、始めましょう。 コバエの幼虫が気持ち悪い!すぐにでも駆除できる方法とは? コバエは、一体どこからやって来るのでしょう。 皆さんも知っての通り、 小さなコバエはどこからでも家の中に入ってきて卵を産み、 幼虫が成虫になって大量発生する原因になります。 コバエの大量発生を防ぐには、 成虫になる前の幼虫の段階で駆除してしまえば良いですよね! コバエは、 湿気の多い場所や生ごみなどに卵を産むことが多いです。 そこでまずはコバエが卵を産みそうな場所をチェックしましょう。 もしそこにコバエの幼虫がいたら、駆除のスタートです! コバエの幼虫を退治する方法 コバエの幼虫や卵は、たとえ大量に見つけても動き回ることがないので、 成虫より駆除しやすいです。 コバエの 幼虫は10日ほどで成虫になりますので、見つけたらできるだけ早く、 幼虫や卵のうちにやっつけてしまうことが大切です。 幼虫の駆除にはいくつか方法があります。 専用の殺虫剤を使用する 成虫のコバエに有効なキンチョールやハイター、カビキラー、コバエホイホイは幼虫や卵には聞きません。 幼虫や卵には 専用の殺虫剤「バポナうじ殺し」が効果てきめんなので、幼虫を見つけたらまとめて駆除しましょう。 楽天で購入 幼虫には 塩素系漂白剤も効果があります。 塩素系漂白剤は強アルカリ性ですので、ほとんどの小さな生物は死んでしまいますが、コバエの幼虫も例外ではありません。 幼虫専用の殺虫剤が手元にないときは、塩素系漂白剤を使ってみましょう。 幼虫専用の殺虫剤は、人間への毒性は弱いのですが、魚など水棲生物にとっては毒性が高くなりますので、 排水がそのまま川などに排水されるような地域では使用しないでください。 熱湯をかける 食品の近くや台所など、あまり殺虫剤を使いたくない場合は、 熱湯をかける方法があります。 しっかりと熱湯をかければ排水管の幼虫や卵も駆除することができますが、完全に駆除できない時もありますので、その後の対策も必要です。 (対策については後程紹介します) 掃除機やコロコロテープで駆除 熱湯をかけたり、殺虫剤がすぐに用意できないときは、 コロコロテープで粘着するという方法もあります。 また、 掃除機で吸い取る方法もありますが、中で成虫になってしまうと大変ですので、 掃除機内のごみはできるだけ早くポリ袋などに入れてしっかり封をして捨ててください。 コバエの幼虫は、これで退治できましたが、これからも戦いは続きます。 そこで、敵をやっつけるにはまず敵を知ることが大事!ということで、コバエの種類や特徴について紹介します。 コバエという名前のハエはいない!正しい名称と種類・特徴を知っておこう! 小さくてわずらわしく飛んでいる虫をコバエと呼んでいますが、それは小さなハエの総称であり、 実際にコバエという名前の虫はいません。 実はコバエと呼んでいる虫の種類もいろいろあり、それぞれに特徴があります。 コバエの種類や特徴、発生しやすい場所などをまとめてみました。 ショウジョウバエ• 体長は2~3mm• 眼が赤く、体は黄赤色• 国内には約260種類 果物とアルコール類が好物で、屋外では樹液や果物を餌として動物のフンには寄り付かないので、 病原菌を媒介することはありません。 生ごみを好むので特に果物の皮などはポリ袋に入れてしっかり閉じて処分しましょう。 また、ビールなどの空き缶も水洗いしてポリ袋などに入れて密封しておきましょう。 ノミバエ• 体長は2~3mm• 体がノミのように丸い形をした黄褐色• 国内には約20種類 肉と野菜が好物ですが、動物のフンから発生して、あらゆる食品にたかってくるために 衛生上の問題があります。 小さくて動きが俊敏なため駆除に手を焼くコバエです。 動物のフン以外にも、生ごみ、排水口、観葉植物など あらゆるところでエサをたべます。 クロバネキノコバエ• 体調1~2mm• 黒い蚊のような小さなコバエ• 国内には約150種類 室内をふわふわと浮遊するような飛び方をします。 観葉植物や菜園などの培土や有機たい肥に卵を産んで繁殖します。 幼虫は、観葉植物や菜園などの土の中で育ちます。 クロバネキノコバエは、 植物病原菌は媒介しますが、人体に影響を与えるような伝染病は媒介しません。 チョウバエ• 体長は3~4mm• 全身が毛におおわれて灰黒色で逆ハートの形• 国内には約50種類(正式には蚊の仲間) 発生源は、台所や浴室の排水口、水垢の汚れなどです。 排水管内についているヘドロ状の堆積物に卵を産みます。 屋外でも水の溜まっている雨どいや下水道からも出てきます。 チョウバエは毛におおわれているため、殺虫剤の効き目が弱いので、まずはチョウバエに卵を産ませないように 排水口のヘドロを除去しましょう。 コバエは、病原菌の媒介はしませんが、飛んでいるとあまり気持ちの良いものではありません。 また、腐敗物やフンなどにもたかるので 衛生的によくありません。 食品工場や飲食店などでは最大の注意を払わなければなりません。 一番の対策はコバエを発生させないことですが、そのためにはどのようにすればいいのでしょうか。 また、もしコバエが出てきたら、どのような駆除方法が有効なのか確認しておきましょう! もうコバエを見たくない!大量発生を防ぐ対策とすぐできる駆除方法 コバエは基本的には汚れた水回りや生ごみなどに卵を産みつけます。 つまり、 コバエの大量発生を防ぐには、卵を産む場所をなくせばいいのです。 水回りを中心に見ていきましょう。 台所のコバエ対策 台所でよく見るコバエは、 ノミバエとショウジョウバエです。 生ごみや食べ物が好物のコバエなので、一番の対策は 生ごみをポリ袋に入れて密封して早め早めに処分することです。 三角コーナーも小まめに掃除してきれいにしておきましょう。 しっかり密封した生ごみは、屋外に置いた蓋つきの大型のごみ容器などに入れます。 大型のごみ容器には、 大きめのビニール袋や専用のごみ袋を取り付け、底に乾燥剤や除湿剤を置きます。 コバエは、台所の排水管にも卵を産み付けますので、 排水管の洗浄剤できれいにしておくことが大切です。 夕食後の後片付けが終わったら• シンクと三角コーナーを掃除する• 台所はいつもきれいに保ち、生ごみは小まめに処分すること これらを習慣にして ゴミの臭いを断てば、コバエの発生を防ぐことができます。 風呂場や洗面所、トイレのコバエ対策 風呂場や洗面所、トイレで見かけるコバエは、 チョウバエが多いです。 チョウバエは、 排水口、排水溝や排水管の汚れがたまったところに産卵しますので、その汚れを落としましょう。 排水口は、髪の毛や水垢などがたまりやすいので髪の毛などは小まめに捨てましょう。 排水口と排水管の汚れを取るために、 排水管の洗浄剤で掃除をします。 洗面所の排水管も同じように掃除をしましょう。 排水管の掃除は、1~2週間に1度は行ってください。 お風呂掃除の後や入浴後などに排水口やチョウバエが卵を産みそうな水汚れのあるところ、スポンジや石けん置きなどに 限界まで温度を上げた熱いシャワーをかけておくだけでも十分効果があります。 コバエに限らず虫は湿気が好きですので、お風呂に窓がない場合は特に 換気扇を24時間かけておくことをお勧めします。 観葉植物や植木鉢のコバエ対策 観葉植物などに発生するコバエは、主に クロキノコバエとチョウバエです。 チョウバエは、水垢や汚れた水、植木鉢の受け皿などに産卵しますので、 受け皿の水を放っておかないように、気を付けてください。 クロキノコバエは、 土の中の有機物が好物でそこに卵を産みます。 クロキノコバエは、細くて小さい体なので網戸の網もすり抜けてしまいます。 観葉植物の土の匂いに誘われて外から入ってきて、卵を産み付けてしまうのです。 そこでまずは、もう産み付けられているかもしれない土の中を殺虫しなければなりません。 土の中のコバエ退治には、 オルトラン粒剤やダントツ水溶剤、スミチオン乳剤などの薬剤が有効です。 薬をあまり使いたくないなら、 竹酢液や木酢液を10倍ほどに薄めてスプレーする方法もあります。 これなら植物由来なので、植物の根を傷めることはありません。 ただし、一度に多くスプレーすると土が湿ってクロキノコバエにとって好みの環境になってしまいますので、 一回撒いた後は土が乾燥するのを待って、こまめに撒いてください。 土の中のコバエを退治した後は、二度と発生させないための対策です。 植木鉢の土は腐葉土を使用せず赤玉土を使用する• 有機肥料を置かない• 水やりは土が乾いた時にたっぷりとやる• 観葉植物をハイドロカルチャー(水耕栽培)で育てる 観葉植物には、赤玉土だけで育つ種類も多く、赤玉土がコバエのエサになる成分を含まないのでコバエ対策としておすすめです。 また、土の代わりに ハイドロボールという専用の用土を使ったハイドロカルチャーもコバエが卵を産む可能性がありませんのでおすすめです。 ただ、ハイドロカルチャーに向かない植物もありますので、前もって調べてくださいね。 コバエが出たときすぐに駆除する方法 コバエの成虫は スプレータイプの殺虫剤やハエ取り紙、据え置きのホイホイタイプなどの駆除用品が有効です。 台所など殺虫剤を使いたくないところには、 アルコールスプレーがおすすめです。 コバエだけでなく害虫全般にアルコールスプレーは有効です。 台所でのコバエ退治には「めんつゆトラップ」 ペットボトルを深さ5㎝くらいで切ったものや小さな容器に水:めんつゆを3:1くらいの割合で入れ、台所洗剤を4~5滴入れます。 その容器を生ごみの近くやコバエのいそうなところに置くだけです。 3~5日ほど置いてみてください。 思っているより取れますよ。 もし1週間置いても効果がない場合は、 お酢のトラップに変えてみてください。 作り方は同じで、お酢は穀物酢でも寿司酢、リンゴ酢などでもOKです。 コバエの種類によって好きな匂いが違うので、いろいろと試してみてください。 ビール・日本酒・ワインのトラップ、はちみつ・シロップのトラップなどもいいですよ。 このトラップを放置するのは、長くても1週間にしてください。 それ以上置いていると、コバエが卵を産み付ける可能性が出てきますので、置く期間には気を付けてください。 コバエの嫌いな香りをリビングに コバエは生ごみや果物の匂いは好きですが、嫌いな匂いもあります。 その匂いは、人間にとっては良い香りのものが多いのです。 コバエの嫌う匂いで有名なのは、薄荷の香りがするペパーミントやユーカリ、ゼラニウム、ローズマリー・ラベンダーなどのアロマオイルです これらの香りは蚊も嫌うので、コバエが発生しやすい夏なら一石二鳥ですね。 リビングのリラックス効果も兼ねて アロマオイルを置いてコバエを追っ払いましょう! コバエ退治完了!と安心していたのにちょっと油断していると、台所などにまた現れるコバエです。 もし調理中にコバエが紛れてしまったり、卵や幼虫に気づかずに食べてしまったら…どうします? 間違ってコバエの幼虫を食べたかも!?大丈夫? コバエの卵は小さくてわかりにくいですから、もし食べ物についていても気づかずに食べてしまうかもしれません。 幼虫も同じように気づかず食べてしまうかもしれません。 これって大丈夫なのでしょうか? コバエの幼虫も卵も毒は持っていません。 それに胃酸で溶けてしまいますので 基本的には問題ありません。 ですが、体調が悪い時や免疫力が低下している時に卵を食べてしまったら、胃で消化されずに 腸内で孵化してしまう可能性もあります。 もし腸内で孵化してしまうと、腸内が幼虫によって刺激され、 腹痛や下痢の原因になってしまうことがあるようです。 このような症状を 消化器ハエ症と呼び、その原因となるコバエはノミバエが多いそうです。 腹痛や下痢はしんどいですが、命にかかわる病気ではありません。 幼虫が腸内に棲みついて悪さをし続けるわけでもないので 治療らしい治療はしません。 そのうち便と一緒に排出されれば、症状は治まります。 と言ってもあまり気持ちのいいことではありませんね。 幼虫や卵を食べないようにするには、食べ物の食べ残しを出しっぱなしにしないこと、コバエの撃退対策を怠らないことが一番です。 カブトムシの飼育ケースにコバエが大量発生!慌てないで、まずこうしよう! カブトムシを飼育した経験のある人ならよくわかることですが、 飼育ケースにコバエが大量発生することがあるのです! カブトムシが成虫なら、コバエが悪影響を与える心配はありません。 飼育ケース内のコバエの駆除方法 コバエは飼育内のマットに卵を産み付けていますので、コバエが大量発生した場合は、まず マットを取り替えます。 取り替えるときは、前のマットが残らないように 飼育ケースの中をきれいに水洗いしましょう。 このときに気を付けなくてはならないのは、カブトムシがさなぎになっていないかどうかです。 もし カブトムシがさなぎになっている時はマットを取り替えないでください。 出ないと カブトムシが羽化出来なくなってしまう恐れがあります。 ただ飼育ケースからコバエが出てくると困るので、 ケースとフタの間に新聞紙などでカバーしておくと良いですね。 そこまでやっていても隙間から出てきてしまうのがコバエの嫌なところなので、念のため ケースの外にめんつゆトラップを置いておくといいですよ。 飼育ケースにコバエを大量発生させないための対策 飼育ケースにコバエが発生するのはある程度は仕方のないことですが、あまり大量に発生するのは困ります。 大量発生の予防には、ケース内にコバエが入ってしまわないように注意しましょう! 新聞紙を挟めるだけという方法は手軽で経済的なのですが、ケースの中のカブトムシが見えなくなってしまうというデメリットがあります。 そんなときは、 市販のコバエ対策シートがオススメです。 コバエを防ぐ透明の飼育ケース用のシートが販売されていますのでそちらを使用してみてください。 また、普通の飼育ケースよりは値段が高いのですが、 コバエが侵入しない工夫がされている飼育ケースもあります。 コバエは 生ごみや汚れた水回りに産卵する• コバエの幼虫は10日から15日ほどで成虫になる• コバエの幼虫や卵には 専用の殺虫剤か熱湯が有効• コバエにはいろいろな種類がいる• ショウジョウバエやノミバエは台所に多い• クロキノコバエは観葉植物に多い• チョウバエは浴室や洗面所に多い• コバエ対策は清潔が一番• 生ごみは密封して小まめに捨てる• 排水管は洗浄剤できれいにする• めんつゆトラップはおすすめ• 2週間に一回は排水周りを洗浄する• 観葉植物は、腐葉土や有機肥料を避けて 赤玉土を• コバエの幼虫や卵は間違って食べても一般的には問題ない• 飼育ケースでコバエが大量に発生した時は、まず マットを交換• コバエ対策の飼育ケースがある コバエは、一匹飛んでいるだけでも嫌なのに大量発生なんて、考えたくもありませんよね。 これ以上コバエを見たくない皆さん、 コバエの幼虫をたくさん見かけてしまったら、今回紹介した方法で退治してください。 そして嫌なコバエを見ることがないように、 水回りの清潔を心がけて気持ちよく暮らしましょうね。 私も忙しさにかまけてつい、さぼりがちな水回りの掃除もこれを機会に しっかりと習慣付けしておこうと思います。 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

キノコバエが部屋にいっぱいいます(´・ω・`) 2ヶ月前くらいにハムスター

キノコバエ 幼虫

大量発生の可能性もある「ノミバエ」 ノミバエは体長2ミリ~4ミリメートルと非常に小さく、ぶんぶんと音をたて素早く飛び回るハエです。 ノミバエの特徴は卵からのふ化の早さにあり、気温などの条件が合えば1日も経たずにふ化することも可能です。 2~3日の幼虫期間を経て蛹になり、10日前後で成虫になるため、ふ化からは2週間も経たずに成虫になり、非常に成長スピードは速いです。 そのように成長スピードの速いノミバエは、成虫になると一度に卵を30個~40個ほど繰り返し産みます。 一匹が産卵をすると触発されて他のノミバエも産卵を行うので、繁殖スピードも非常に速いです。 そのため1匹のノミバエを見つけると大量発生の可能性が高くなります。 ノミバエがもたらす健康被害 ノミバエのおそろしさは繁殖スピードだけでなく、ノミバエがもたらす健康被害にもあります。 ノミバエは動植物性の有機物、つまり私たちがいつも口にしている食べ物に卵を産み付けるという習性があり、特に腐敗したものを好みます。 そのノミバエが産卵した食べ物を口にしてしまうと、体内でふ化した幼虫が体内の粘膜を刺激して下痢や腹痛を引き起こします。 これを「ハエ症」といいます。 ノミバエがいっぱいいる!駆除する方法は? ノミバエがもしも大量発生した場合は、すぐに駆除を開始しましょう。 駆除方法としては以下のようなものがあります。 駆除剤や駆除グッズを使う ・アース製薬 限定 コバエがホイホイ 2個 ノミバエの好む色と香りでおびき寄せるグッズです。 ノミバエの習性を利用しているので効果が高いと言われています。 卵や幼虫は熱湯をかける ノミバエの幼虫や卵は熱湯で駆除することができます。 発生源となる場所で幼虫や卵を見つけたら、熱湯をかけましょう。 排水溝近くには洗剤を溶かしたものをバケツに入れておく ノミバエは排水溝近くに多く発生するため、近くに洗剤を溶かしたものをバケツに入れておいて、中に入ったノミバエが溺れるようにしておきましょう。 ノミバエはどんな場所に発生する? ノミバエが発生するのは以下のような場所です。 ・トイレ 特に汲み取り式のトイレの場合は、主な産卵場所になる可能性が高いです。 ・生ごみ 生ごみはノミバエの恰好のターゲットです。 腐敗した食べ物に卵を産み付けます。 ・ネズミの死骸など もし家にネズミが発生している場合、そのネズミの死骸を産卵場所としてノミバエが発生する可能性があります。 ・台所 台所にある食べ物のカスや、生ごみにノミバエが産卵することがあります。 ・お風呂場 排水溝が汚れていると、そこがノミバエの発生源となることがあります。 ノミバエを発生させないためにできること ノミバエを発生させないための対策は以下の通りになります。 ・生ごみはその都度処分する 生ごみを放置していると、家の中にノミバエが発生する原因となるため注意が必要です。 必ず生ごみはその都度処分をするようにしましょう。 ・食べ物は放置しない 特に夏場に肉やフルーツなどの腐りやすい食べ物を放置していると、ノミバエがそこに卵を産み付ける可能性があります。 最近は夜でも夏場は高い気温のため、必ず冷蔵庫に保存するようにしましょう。 ・ペットの糞は処分する 家でペットを飼っている場合、その糞を片付けないで放置しているとノミバエが卵を産み付けることがあります。 ペットシートをこまめに取り換えるなど対策をしましょう。 ・風呂場やトイレは清潔に 風呂場やトイレが不潔だと、ノミバエの発生につながることがあります。 排水溝もこまめに掃除をして清潔にしましょう。 ・枯れた観葉植物は処分する 腐ったり枯れたりした観葉植物を放置していると、そこがノミバエの発生源になることがあります。 観葉植物が腐る・枯れるなどしたらしっかりと処分をしましょう。 まとめ ノミバエは発生するとうっとうしいだけではなく、健康被害も与えることのある厄介なハエです。 もしも発生した場合は駆除剤を使って駆除するだけではなく、発生源となった場所を清潔にする、生ごみを処分するなど対策もしっかりとしましょう。 また、ノミバエが発生した環境は他のコバエやハエも発生することがあるため、環境の改善を行いましょう。 改善をしないと再びノミバエやその他のコバエが発生するおそれがあります。 もしもノミバエやハエが大量に発生しすぎて手に負えないという場合は、衛生害虫駆除のプロに依頼をしましょう。 迅速に対応をしてくれるほか、適切な予防法を教えてくれます。

次の

やっぱり発生しちゃった~クロバネキノコバエ編~|お役立ちコラム

キノコバエ 幼虫

キノコバエは、近年日本各地で大量発生して、問題になっている虫です。 キノコバエの種類は色々ありますが、最近家庭で発生しているキノコバエは「クロバネキノコバエ」と呼ばれる小型のものがほとんどです。 成虫は体長2mmほどの小ささで、小型の黒っぽい色をしたコバエです。 ショウジョウバエのようにうるさくなく、細身で弱々しい身体をしたコバエなので、ハエだと認識していなかった人も多いかもしれません。 盛んに飛び回るのはクロバネキノコバエのオスで、メスは地表付近を飛び、卵を産んだらすぐに死んでしまいます。 湿度と温度が高い環境を好み、梅雨から夏にかけて多く発生します。 また、明るい場所を好み、午前中の早い時間に発生します。 観葉植物にコバエが発生したときの温度・湿度・明るさ、時間帯などを思い出してみてください。 当てはまる箇所があれば、キノコバエが土の中に卵を産みつけたと考えて間違いありません。 キノコバエは完熟していない堆肥などの臭気を好みます。 室内で育てられている観葉植物の用土に腐葉土が混ぜ込まれている場合、その中の有機物もキノコバエのエサになります。 キノコバエの多くは畑の中の堆肥やプランターの中の腐葉土に卵を生みつけ、産卵から2~4週間ほどで成虫になり飛び回ります。 キノコバエの身体は細く小さいので、網戸の網をすり抜けて室内に入ってきてしまいます。 また光や明るい色の壁に向かう習性があります。 土の臭いと室内の光に誘われて家の中に侵入してくるのですね。 室内でキノコバエが大量発生したということは、すでに観葉植物の用土の中にキノコバエの卵が大量に産み付けられていたということを意味します。 室内は温度・湿度共に快適に保たれています。 卵からかえったキノコバエの幼虫は土の中で有機物を食べて蛹になり、2~4週間ほどで成虫になって、ある日大量に発生するというわけです。 すでに大量のキノコバエが観葉植物の周りを飛び回っているとき、どうすれば駆除できるのでしょうか。 キノコバエは、多くの場合、土の中に含まれる有機物に集まります。 有機物が観葉植物の土の中に含まれるときは、土が有機用土の場合か、肥料が有機肥料の場合か、どちらかになります。 有機用土というのは、腐葉土や有機培養土のことです。 有機肥料とは、鶏ふんや油かすなどのことです。 ですから、これらの土や肥料を使用しなければ、キノコバエは集まらないという訳です。 また、キノコバエの発生には温度と湿度も大きく関係しています。 土がいつも湿っている状態で、適度な温度と栄養分がある場合、その土はキノコバエにとって絶好の産卵場所となるでしょう。 土を一度乾かしてから、多目の水をあげるという管理方法もコバエ予防においては大切な点です。 コバエが好む環境は、温度・湿度・栄養分のある場所です。 観葉植物の土がいつも湿っていて、風通しが悪い場所に置かれている場合は要注意! コバエにとっては絶好の産卵場所になります。 どうしたらコバエを発生させずに観葉植物を上手に育てられるかを以下にまとめました。 ・観葉植物を明るく風通しのいい場所におきましょう。 ・水やりは土が乾いたときにたっぷりと。 日ごろのお手入れは霧吹きで葉水をすると良いです。 ・室外に出せる植物は、時々外に出しましょう。 光合成が盛んになって、健康状態が良くなります。 ただし、直射日光が苦手な植物もあるので気をつけて下さい。 ・植物の健康状態をよく見て、清潔に保ちましょう。 ・受け皿や鉢が湿っていたり汚れていたりするときはきれいにしましょう。 ・ハエの侵入を防ぐため、窓を開けるときも必ず網戸を閉めましょう。 網目の細かいものですとさらに効果的です。 ・ハエを室内で見かけたら、放置しないで早めに外へ出すか、駆除しましょう。

次の