東芝 洗濯 槽 クリーナー。 【楽天市場】東芝 洗濯槽クリーナー T

洗濯槽クリーナーおすすめランキング15選!酸素系・塩素系・使い方

東芝 洗濯 槽 クリーナー

もう買い替えるか、業者に洗濯槽クリーニングをお願いするしかないと思っていたわが家の汚洗濯機が、 たった2,000円で生き返りました!!! もうね、ドラム式洗濯機のカビ掃除はこれで間違いなし。 中途半端に市販の洗濯槽クリーナーに何百円か払うくらいなら、2,000円でこれを買うべし。 今回は、そんな専用洗濯槽クリーナーの威力 効果 を画像多めで興奮気味に口コミレポートさせていただきます。 ドラム式洗濯機のゴムパッキンのカビや臭いで悩んでおられる方や、あまりの汚さにドラム式洗濯機の掃除を本気で業者に頼もうかと検討されておられる方の参考になりましたら幸いです。 もちろん、縦型の全自動洗濯機、全自動洗濯乾燥機でも使用可能です。 外見はまだまだキレイなわが家の洗濯機くん。 ところがどっこい、 扉を開いて驚くなかれ! 大きくめくるとそこには地獄絵図。 サイドの上とかもう悪夢。 こうなると、洗濯槽の奥は見えなくても、気絶するほど汚れているであろうことは容易に分かるってもんで、 なるほど、なるほど、どうりで洗濯物にピロピロワカメが、いっぱい付くはずだ! オホホホ!! エアコンの時も同じこと言った気がするけど、 命に関わる汚さです。 これ、ドラム式洗濯機で一番やっちゃイカンやつです。 ドラム式洗濯機を購入したのは、夫の転勤で鹿児島に住んでいた時。 当時、桜島の記録的な噴火で洗濯物が全く外に干せなくなり、購入に至ったわけですが、私は、基本的にはお日様に当てて乾かしたい人間です。 それから転勤で、佐賀、持ち家建てて福岡に住むようになってからは、全く使わなくなってしまったんです。 そんなある時、 これはイカン! 乾燥機をたまには回さんとカビる! と慌てたものの、時すでに遅し。 久しぶりに乾燥をした結果、ものすごいカビ臭が洗濯物に付着し、手遅れになっていることに気付きました。 ドラム式洗濯機のカビ掃除にはこれが効く! 東芝 洗濯槽クリーナー T-W1 そんな汚洗濯機を蘇らすべく、購入したドラム式洗濯機専用洗濯槽クリーナーはこれです。 「東芝 洗濯槽クリーナー」の実力! 使い方はとっても簡単でした。 基本的には、市販の洗濯槽クリーナーと使い方は同じ。 step 1洗濯槽クリーナー1本全てをドラムに入れて「槽洗浄コース クリーン 」をスイッチオン! step 2乾燥までを選んだので、運転終了まで5時間。 一番汚かったゴムパッキンのところにもお湯が行きわたっているのを確認して、眠りにつきました。 ドキドキわくわく。 step 3そして、朝になり、いざ、オープン!!! 扉を開けた瞬間に、その威力におののきました。 めっちゃキレイになっとるやないの!!! 見てください、これを! カビだらけだったゴムパッキンからはカビが消え、 BEFORE AFTER 大きくめくると地獄絵図だったところもこんなにキレイになっていました!!! BEFORE AFTER 悪夢だったサイドもこんなにキレイに! BEFORE AFTER ブラボー!!! そして効果は、もちろん見た目だけじゃありません。 ピロピロワカメが洗濯物に付かなくなり、カビ臭も消えました! そして、私が一番感動したこと! それはこれ! 洗濯物のニオイが爽やかになった! そして、さらに、この洗剤スゴイって思ったのが、これ。 カビが、全く付着していません。 何が言いたいかというと、 この洗剤はカビを溶かして落とす効果があるってこと! 推奨されている時間は、 なんと12時間!!! うちのドラム式洗濯機の場合、槽洗浄コースだと、乾燥までトータルでも5時間で終了してしまう設定だったので、一時停止機能を使って12時間しっかりつけ置きする気満々だったのですが、熟睡してしまい、計画実行ならず。 どうか、みなさまはそんな失敗をされませんように。 十分汚れが落ちたから良かったけど、これがイマイチだったら大後悔していたと思います。 だって2,000円…。 最後に 専用洗濯槽クリーナーのおかげで、ドラム式洗濯機内部やゴムパッキンのカビ、洗濯物にカビが付着するストレスから解放されて、気持ちよく洗濯ができるようになりました。 買い替えか業者にクリーニング依頼か、本気で悩んでいたけど、 さっさとこれを試せばよかったのに、私!!! 初めまして。 ちょっと気になったのでコメントしますね。 まず、塩素系(次亜塩素酸ナトリウム)をお湯で使うと効力が落ちます。 お湯(ぬるま湯)を使った方が良いのは酸素系です。 次に、お風呂の残り湯は垢や雑菌が混じっているため、洗浄には不適当です。 洗濯槽クリーナーの主成分はほぼ漂白剤なので、それ自身に殺菌効果はありますが、真冬でもなければ普通の水道水を使うのが一番です。 ちなみに、内部の汚れがひどい場合は、まず酸素系漂白剤を使って洗剤カスや汚れを浮かせて除去し、その後に塩素系漂白剤で殺菌するのがお勧めです。 なお、ドラム式は乾燥機能を使わないとすぐカビが発生するため、年に2〜3回、定期的に洗濯槽クリーナーを使うか、洗濯後に短時間でも乾燥機能を使って内部乾燥させると安心です。 もちろん電気代が余計にかかりますが、洗濯槽クリーナー代とカビによる健康被害を抑制できるなら決して損ではないでしょうし、特に塩素系は多かれ少なかれ環境負荷を与えますから、使わずに済むならそれに越したことはないでしょうね。

次の

【閲覧注意】すごっ!恐ろしいほど汚れが取れる洗濯槽クリーナーを発見【ラクに楽しく...|ベビーカレンダーのベビーニュース

東芝 洗濯 槽 クリーナー

こんにちは! ドラム式洗濯機を使っています。 「 オキシクリーンがあるから、洗濯槽の掃除をオキシクリーンでしよう!」と思いました。 しかし、オキシクリーンはカビを分解しないんです! オキシクリーンで洗濯槽のカビ掃除をするなら…お湯をためたり、カビ・ホコリをネットですくう必要があります。 しかし、 塩素系の洗濯槽クリーナーならボタン1つ押すだけで洗濯槽のカビを除去できます。 オキシクリーンで掃除しても良いけど、できるなら簡単に洗濯槽をきれいにしたい!と思い、塩素系の洗濯槽クリーナーを選びました。 私がオキシクリーンより洗濯槽クリーナーを選んでいる理由はなぜなのか? オキシクリーンと洗濯槽クリーナーの違い、洗濯槽クリーナーを使った掃除方法についてご紹介します。 【洗濯槽のカビ】酸素系「オキシクリーン」と塩素系「クリーナー」はどちらが良い? 酸素系漂白剤「オキシクリーン」で洗濯槽のカビは消えない!面倒な作業あり オキシクリーンで洗濯槽のカビ掃除をする人が多くいます。 もちろん、オキシクリーンでも洗濯槽の掃除は可能ですがメリット以外にデメリットもあるんです…。 まず、オキシクリーンをつかって洗濯槽の掃除を行うメリットを考えてみます。 <オキシクリーンのメリット>• 発泡で汚れをはがして落とす• 肌や環境にも優しい• お湯を使った方が効果的 肌や環境に優しいのは嬉しいメリットなので、我が家でもしたい!と思いました。 しかし、気になる点(デメリット)もあります。 <オキシクリーンのデメリット>• 塩素系よりも殺菌力が弱い• お湯を入れる必要がある• 汚れを落とすだけなので、落ちた汚れが大量に浮いてくる オキシクリーンは、酸素系漂白剤です。 塩素系とは全く異なる成分で、カビを分解することはできません。 そのため、オキシクリーンで洗濯槽の掃除を行うとカビがワカメ状になって浮いてきます。 オキシクリーンでカビを除去するための方法が面倒すぎます。 <オキシクリーンを使った槽洗浄の方法>• 湯を洗濯槽にため、湯で溶かしたオキシクリーンを入れたら「洗濯」モードで運転。 排水する前に、3時間ほど浸け置きし、浮いてきた汚れをネットで拾う。 「すすぎ」「排水」モードで運転したら完了。 湯を洗濯槽にためる作業が面倒すぎます。 疲れるだろうし、湯をこぼして周囲が濡れるだろうし。 うーん、どう考えても手間がかかりますね。 汚れ・カビがひどくない場合はオキシクリーンでも良さそうです。 カビをネットですくう必要がない程度の汚れ(排水が詰まらない程度)なら、そのまま排水しちゃって大丈夫でしょうし。 塩素系漂白剤「洗濯槽クリーナー」でカビを分解!ボタン1つの簡単作業 オキシクリーンで洗濯槽を掃除するのも良いですが…私は「洗濯槽クリーナー」を使うことをおすすめします! 「洗濯槽クリーナー」は塩素系です。 (市販されているクリーナーのほとんど種類が塩素系) 塩素系漂白剤のメリットを考えていきます。 <塩素系「洗濯槽クリーナー」のメリット>• 非常に強い殺菌力を持っている• 冷たい水でも使える• 見えない菌も分解する 塩素系の洗濯槽クリーナを使う場合は、作業はとても簡単です。 <塩素系の洗濯槽クリーナーを使った槽洗浄の方法>• 洗濯槽にクリーナーを入れて「槽洗浄」コースで運転するだけ。 (槽洗浄コースがない場合は、通常の標準コースで運転しても大丈夫) 塩素系は、カビ・菌を分解するのでネットですくう必要がありません。 また、 冷たい水でも使えるのでオキシクリーンのように湯をためる必要もありません。 洗剤を入れたら、ボタン一つだけで私の作業は完了! …こうして考えると、 塩素系の洗濯槽クリーナーの方がオキシクリーンより優れていると感じます!! しかし、塩素系で気になる点もあります。 <塩素系の洗濯槽クリーナーのデメリット>• ツンとしたニオイ• 衣類・肌への刺激 どうしても酸素系である オキシクリーンに比べると塩素系は刺激が強くなってしまいます。 しかし、 私は実際に塩素系の洗濯槽クリーナーでカビ洗浄をしましたが… ニオイは気になりませんでした! 「槽洗浄」コースを選んだので、きちんとすすぎ・排水してくれたのかもしれませんね。 衣類・肌への刺激も…感じませんでした。 むしろ、洗濯槽の中にあるカビ・菌が分解されたんだろうなーと考えるとスッキリした気持ちになりました。 塩素系を使用した場合のニオイ・刺激は、個人差があるんでしょうね、きっと。 私なんて家事で楽したい&ニオイも刺激も感じないタイプなので…塩素系に何のデメリットも感じない! オキシクリーンと洗濯槽クリーナーは使い分けるべし! オキシクリーンと洗濯槽クリーナーは、使い分けするのが良さそうです。 オキシクリーンを洗剤として使うと洗濯槽だけじゃなく、衣類も漂白&消臭されます。 参考記事>>で詳しく紹介しています。 塩素系の「洗濯槽クリーナー」で洗濯槽のカビ掃除をしてみた! パナソニックのドラム式に塩素系の洗濯槽クリーナーを使用してみました。 クリーナー1本まるごとを洗濯槽に直接入れるだけなので簡単です。 あとは、槽洗浄コースを選ぶだけ! メーカーによって異なりますが、私が使用しているパナソニックでは、5時間以上かかりました。 間違っても、洗剤投入口からクリーナーを入れないように! 洗濯槽に直接、流し込んでください。 洗浄が終わった後、洗濯槽の中・排水フィルターを見てみましたが汚れはありませんでした。 きちんと塩素の力でカビ・菌を分解しているので残らないってことですよね。 とても、すっきりしました! ちなみに、私が使用しているクリーナーはLOHACOで購入しているんですが…安いんです。 アリエールやカビキラーなど有名メーカーの物でも良いんですが、なるべく安くしたくて探し回りました。 普通は1本あたり200円程度ですが、は138円(2018年12月時点)で買えました。 中身はほとんど変わらないはずなので、半年に1回だとしても安い価格が良いなーと思いまして。 参考記事>>でお得な商品を紹介しています。 メーカー専用の洗濯槽クリーナー また、パナソニックや日立など専用の洗濯槽クリーナーも販売されています。 市販の塩素系クリーナーより効果があるようなので、ここぞ!という時に使うと良さそうです。 感想 洗濯槽のカビ・菌を除去するためにオキシクリーンを使うべきか、塩素系クリーナーを使うべきか悩んでいましたが、 私は塩素系クリーナーを使用したいと思います。 オキシクリーンは人・衣類に優しいですが効果も穏やかな効き目です。 また、カビを分解できないのでネットですくったり、お湯を使用する必要があります。 しかし、塩素系クリーナーは水で使用可能、カビを分解するのでボタンを押すだけで洗濯槽の掃除ができます。 ニオイや刺激が強いと感じる場合もあるので、個人の好みで選べば良いと思います。 塩素系クリーナーですっきり洗濯槽をきれいにすることができて良かったです。 半年に1度の習慣として続けていきます。 ありがとうございます。

次の

【閲覧注意】すごっ!恐ろしいほど汚れが取れる洗濯槽クリーナーを発見【ラクに楽しく...|ベビーカレンダーのベビーニュース

東芝 洗濯 槽 クリーナー

もう買い替えるか、業者に洗濯槽クリーニングをお願いするしかないと思っていたわが家の汚洗濯機が、 たった2,000円で生き返りました!!! もうね、ドラム式洗濯機のカビ掃除はこれで間違いなし。 中途半端に市販の洗濯槽クリーナーに何百円か払うくらいなら、2,000円でこれを買うべし。 今回は、そんな専用洗濯槽クリーナーの威力 効果 を画像多めで興奮気味に口コミレポートさせていただきます。 ドラム式洗濯機のゴムパッキンのカビや臭いで悩んでおられる方や、あまりの汚さにドラム式洗濯機の掃除を本気で業者に頼もうかと検討されておられる方の参考になりましたら幸いです。 もちろん、縦型の全自動洗濯機、全自動洗濯乾燥機でも使用可能です。 外見はまだまだキレイなわが家の洗濯機くん。 ところがどっこい、 扉を開いて驚くなかれ! 大きくめくるとそこには地獄絵図。 サイドの上とかもう悪夢。 こうなると、洗濯槽の奥は見えなくても、気絶するほど汚れているであろうことは容易に分かるってもんで、 なるほど、なるほど、どうりで洗濯物にピロピロワカメが、いっぱい付くはずだ! オホホホ!! エアコンの時も同じこと言った気がするけど、 命に関わる汚さです。 これ、ドラム式洗濯機で一番やっちゃイカンやつです。 ドラム式洗濯機を購入したのは、夫の転勤で鹿児島に住んでいた時。 当時、桜島の記録的な噴火で洗濯物が全く外に干せなくなり、購入に至ったわけですが、私は、基本的にはお日様に当てて乾かしたい人間です。 それから転勤で、佐賀、持ち家建てて福岡に住むようになってからは、全く使わなくなってしまったんです。 そんなある時、 これはイカン! 乾燥機をたまには回さんとカビる! と慌てたものの、時すでに遅し。 久しぶりに乾燥をした結果、ものすごいカビ臭が洗濯物に付着し、手遅れになっていることに気付きました。 ドラム式洗濯機のカビ掃除にはこれが効く! 東芝 洗濯槽クリーナー T-W1 そんな汚洗濯機を蘇らすべく、購入したドラム式洗濯機専用洗濯槽クリーナーはこれです。 「東芝 洗濯槽クリーナー」の実力! 使い方はとっても簡単でした。 基本的には、市販の洗濯槽クリーナーと使い方は同じ。 step 1洗濯槽クリーナー1本全てをドラムに入れて「槽洗浄コース クリーン 」をスイッチオン! step 2乾燥までを選んだので、運転終了まで5時間。 一番汚かったゴムパッキンのところにもお湯が行きわたっているのを確認して、眠りにつきました。 ドキドキわくわく。 step 3そして、朝になり、いざ、オープン!!! 扉を開けた瞬間に、その威力におののきました。 めっちゃキレイになっとるやないの!!! 見てください、これを! カビだらけだったゴムパッキンからはカビが消え、 BEFORE AFTER 大きくめくると地獄絵図だったところもこんなにキレイになっていました!!! BEFORE AFTER 悪夢だったサイドもこんなにキレイに! BEFORE AFTER ブラボー!!! そして効果は、もちろん見た目だけじゃありません。 ピロピロワカメが洗濯物に付かなくなり、カビ臭も消えました! そして、私が一番感動したこと! それはこれ! 洗濯物のニオイが爽やかになった! そして、さらに、この洗剤スゴイって思ったのが、これ。 カビが、全く付着していません。 何が言いたいかというと、 この洗剤はカビを溶かして落とす効果があるってこと! 推奨されている時間は、 なんと12時間!!! うちのドラム式洗濯機の場合、槽洗浄コースだと、乾燥までトータルでも5時間で終了してしまう設定だったので、一時停止機能を使って12時間しっかりつけ置きする気満々だったのですが、熟睡してしまい、計画実行ならず。 どうか、みなさまはそんな失敗をされませんように。 十分汚れが落ちたから良かったけど、これがイマイチだったら大後悔していたと思います。 だって2,000円…。 最後に 専用洗濯槽クリーナーのおかげで、ドラム式洗濯機内部やゴムパッキンのカビ、洗濯物にカビが付着するストレスから解放されて、気持ちよく洗濯ができるようになりました。 買い替えか業者にクリーニング依頼か、本気で悩んでいたけど、 さっさとこれを試せばよかったのに、私!!! 初めまして。 ちょっと気になったのでコメントしますね。 まず、塩素系(次亜塩素酸ナトリウム)をお湯で使うと効力が落ちます。 お湯(ぬるま湯)を使った方が良いのは酸素系です。 次に、お風呂の残り湯は垢や雑菌が混じっているため、洗浄には不適当です。 洗濯槽クリーナーの主成分はほぼ漂白剤なので、それ自身に殺菌効果はありますが、真冬でもなければ普通の水道水を使うのが一番です。 ちなみに、内部の汚れがひどい場合は、まず酸素系漂白剤を使って洗剤カスや汚れを浮かせて除去し、その後に塩素系漂白剤で殺菌するのがお勧めです。 なお、ドラム式は乾燥機能を使わないとすぐカビが発生するため、年に2〜3回、定期的に洗濯槽クリーナーを使うか、洗濯後に短時間でも乾燥機能を使って内部乾燥させると安心です。 もちろん電気代が余計にかかりますが、洗濯槽クリーナー代とカビによる健康被害を抑制できるなら決して損ではないでしょうし、特に塩素系は多かれ少なかれ環境負荷を与えますから、使わずに済むならそれに越したことはないでしょうね。

次の