キャッツ 映画 怖い。 実写映画「キャッツ」のあらすじネタバレがこちら!前売り券情報と怖いと言われる理由も│Kisei

実写映画『キャッツ』キャスト&ビジュアル【まとめ】

キャッツ 映画 怖い

気持ち悪いので見たくない方は、再生ボタンを押さないで下さい! (また、この動画はすぐに削除される可能性があります) 猫人間が笑顔でゴキブリを食べて、残りのコキブリは笑顔でダンスして… そもそも野生の猫がネズミを食べるシーンでさせ、気持ち悪いと思ってしまうのに… 超ハイテク技術を使って猫のコスプレをした人間がゴキブリを食べるなんてありえないです。 あの噂の 悪い意味で CATSを観てきました。 完全に怖いもの観たさで。 仕事の合間を縫って。 私は2時間何を観させられたのでしょう。 気持ち悪さと違和感が凄かった。 内容もつまらなかった。 ゴキブリ人間も出てくるよ。 もしかしたら新感覚ホラーなのかもしれない。 一見の価値はあるものだった。 酷評の理由はわかる。 それやっちゃダメだろって表現が随所にある。 一例を挙げるならゴキブリも人間が演じていてそれを食べたりとか。 — ウルフガー wolfger20 生々しいのとゴキブリのシーンが強く印象に残りすぎて、「気持ち悪い映画」とインプットされてしまいました… 子供だとショックを受けると思います。 たぶん…。 数字はMojo調べ。 1回みたらもう2度みない系の映画だと思うので… 映画キャッツのメインキャスト テイラー・スウィフト(ボンバルリーナ役) 名前は分からなくてもナイトミュージアム3のこのシーンを見れば「あ〜」となると思います! 今後は「ゴキブリを食べた女優だ!」と言われそうですけど…。 ジェイソン・デルーロ(ラム・タム・タガー) 'CATS' star Jason Derulo in talks with Universal in rebooting the 'PITCH PERFECT' franchise from a male perspective. It is unclear if Derulo will star as of yet. Source: — Discussing Film DicsuccingFilm.

次の

【キャッツ】映画が怖いと酷評!ゴキブリ・ネズミがキモイ?感想口コミも!|はぴかみん

キャッツ 映画 怖い

「猫の皮を被った狂った人間のカルト集団」 映画キャッツが気持ち悪いと酷評。 予想以上に怖い映像、みんなの詩的な感想評価まとめ 私は予告編でギブアップしましたが 本当に私以上に吐き気を催す人が多く 実際に映画では本編の修正版が再度配布されたり 海外の評価が詩的に美しい言葉を並べながらめちゃくちゃ酷評しているなど話題になったりと。 凄いですよね。 気になって仕方がない映画キャットの気持ち悪い点と みんなの感想評価を紹介します。 先に映画キャッツが気持ち悪いと言われる理由を画像で紹介 まぁ画像を見てわかると思いますが、上記の画像は全て映画版キャッツです。 人間が猫の演技をする世界中で愛されているミュージカルです。 しかし映画キャッツは 猫の皮を被った人間が猫の真似をして生きている物語になっており変なことに。 ミュージカルの中ではお約束的に違和感があっても センスが光る演出で「素晴らしい」舞台に。 が、猫でもない 人間でもない だけどメスにはムネの膨らみがあったり、くびれとお尻を強調した人間好みな女らしさを残すなど 私たちにどんな特殊性癖を擦り込もうとしてんの? といいたくなるような謎の出来栄えに。 だから全てに違和感があり 違和感が吐き気に 気持ち悪い映画になるのだ。 だったら初めから全てを捨てて「実写版キャッツ」は擬人化などせずにライオンキングのように写実的に魅せるだけで良かったのでは?と思いました。 ちなみに 予告で「気持ち悪い」と言われて急遽本編全体に渡って主役のソニックの修正を行った例もあるからもしかしたら。 いやもう全米公開しているし遅いか。 人間の歯がキラリと気持ち悪かった。 よりゲームのキャラに近くなった。 さて、どうなるんでしょうかね? PR 海外の映画キャッツの批評が詩的で素晴らしい「キャッツとはゴミである」 Vulture記者: 「キャッツを善と悪のベクトルで判断するのは間違いだと思う。 愛情を込めて言うと、あれは怪物だ」ジャーナリストDavid Farrier氏: 「13歳の頃、両親がネコの繁殖を始めた。 鳴き声を上げあさり歩き、とめどなく交尾するネコたちの光景が今も目に焼き付いている。 25歳になると自分はケモナーの友人とつるむようになった。 彼らは毛皮のスーツを着込み発情。 鳴き声を上げながら性交渉を続けていた。 そして37歳になった自分は『キャッツ』を観た。 13歳と25歳の自分を追体験しているようだった。 これは映画ではなくカオスである」 Polygon記者: 「キャッツとは、第三の目が開きアストラル界を覗き込むことができるようになるような幻覚体験である」 ロサンゼルスタイムズ記者: 「キャストが『幸せって何かを思い出した』と歌っていたが、劇場の出口の光を見たときにも同じことを思い出せるはずだ」 The Beat記者: 「キャッツはゴミ映画である。 犬の生誕以来、猫にとって最悪の出来事だ」 ニューヨークタイムズ記者: 「これまで知られていなかった不浄なポルノのジャンルにうっかり遭遇したような体験だ。 発情した毛皮のバケモノたちが舌を使ってミルクを飲み、いやらしい声をあげるたびに、FBIが劇場に乗り込んで来るのではないかと思った」 ハリウッドリポーター記者: 「キャッツは今年見た中で一番酷い映画だ。 あまりに醜い映画だったので、記憶から消せないかと願うほどだ」 映画評論家Robbie Collin氏: 「自分の脳みそが寄生虫に蝕まれているのでは?と感じるほどだった。 キャッツの映画体験はストレスが多すぎて偏頭痛を伴った」 io9記者: 「絶対に見てはいけないものを、絶対に見られてはいけないものを、観客は目撃することになる。 畏怖の念を抱くはずだ」 SlashFilm記者: 「バカと天才は紙一重というが、キャッツとはその紙の上に毛球を吐き捨て、それをケツでなすりつけてくるような映画だ」 より引用 とんでもない酷評で凄いですね。 名作ミュージカルを昇華させ全米一位を獲得した「レ・ミゼラブル」の監督作品とは思えない評価です。 それではみなさんの映画キャッツの評価を紹介します PR 映画キャッツみんなの感想と評価は?「猫の皮を被った狂ったカルト集団」 やばすぎる……………………… 最初から最後まで幻覚を見ていたのかなと思うくらい意味がわからなかった。 良いところを必死で探そうとしてるけど 猫の皮を被った狂った人間のカルト集団にしか見えなくて辛かった………… ある意味で今まで観たことない映像で人生変わる。 — DIZ DIZfilms 私は映画『キャッツ』をすでに鑑賞済みなので、ネタバレなしで忠告しておきます。 「酷評されているけど案外と普通なのでは?」 「猫好きだったら楽しめるよね?」 それは油断です。 いいですか、ケモナーすらもドン引きする映像が飛び込んできますよ。 誰が猫だけだと… 絶対に観てください。 — シネマンドレイク cinemandrake LSDやマリファナなどの違法薬物を服用しながら『キャッツ』を観た人々の感想 「人生最高の映画体験」「4回ほど吐いたが、より深いレベルで完全に内容を理解できた」「登場人物が振り返って私の目を見つめてきた。 そのときに、犬は猫ではないのだと分かって、恐ろしくなった」 — Tom ttt106106 そもそもミュージカルのキャッツだってストーリーは無く、猫の動きやパフォーマンスを楽しむ作品。 猫の自己紹介が延々と続くだけの作品なので、ストーリーを求めたり何かカタルシスを求めるものじゃにゃい。 猫らしきものを見に行く、くらいの気持ちで観るのが吉。 — はちぽち 婚活中 hotchpotch1000 海外の酷評は大げさだろうなと思ってたし、割とどんな映画でも好きなところを見つけられるんだけどキャッツはやばい。 オープニングからずっと鳥肌立ってた。 ホラー映画だと思った。 ジャパンプレミアで鑑賞させて頂いたのにこんなレビューで本当に申し訳ないです… — DIZ DIZfilms 但し、実写版はビジュアルがマジでクソ。 何で中途半端に人の顔を残したんや?と肩を揺さぶりたくなる程の気味悪さ。 舞台版に合わせればまだマシだったと思われる。 致命的ミス。 — はちぽち 婚活中 hotchpotch1000 ボロクソです。 まとめ:映画キャッツが気持ち悪い?と酷評。 みんなの詩的な感想評価まとめ いかがでしたか? 「人生最高の映画体験」 「4回ほど吐いたが、より深いレベルで完全に内容を理解できた」 「登場人物が振り返って私の目を見つめてきた。 そのときに、犬は猫ではないのだと分かって、恐ろしくなった」 が一番最高のコメントですね。 うーん。 これ以上調べるのは 悪夢になりそうなのでやめます。 それでは素晴らしい映画ライフを!.

次の

「キャッツ」が全米で異例の本編差し替え VFXを修正して提供 : 映画ニュース

キャッツ 映画 怖い

「グロテスクなデザインと慌ただしい編集で、不気味の谷へと転落していく。 ほとんどホラー」(Los Angeles Times) 「すべての関係者にとって最も低レベルのキャリアになってしまった」(The Guardian) 2019年の末、北米など各国で公開された『』は、数々の酷評を浴びてしまった。 1981年にロンドンのウエストエンドで開幕した「キャッツ」は、その後、ブロードウェイで当時のロングラン記録を樹立。 日本でも1983年、劇団四季が新宿に専用の「キャッツ・シアター」を作って公演し、大きな話題を集めた。 そして7000回以上という日本国内のミュージカル上演で最多記録を更新したのである。 まさに ミュージカルの金字塔。 当然、ハリウッドが放っておくわけはなく、1990年代には、スティーヴン・スピルバーグの製作会社、アンブリンのアニメーション部門のスタジオ(アンブリメーション)がアニメで映画化するプロジェクトなどもあった。 これだけ世界的な人気の題材なら、当然、大ヒットを期待できる。 ようやく2013年くらいに、「キャッツ」の生みの親でもある作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバーがユニバーサルと本格的な映画化をスタート。 2019年のクリスマスシーズンに、満を持して完成させた。 舞台版に比べても、信じられないレベルでの人間と猫の一体化が実現。 監督は『 レ・ミゼラブル』でも人気ミュージカルの映画化を成功させた、 トム・フーパー。 北米公開を年末に設定したということは、もちろん『キャッツ』はアカデミー賞も狙える作品という位置付けだった。 しかし夏に公開された予告編での、人間の俳優と猫キャラが合体した映像が軽い炎上案件となり、その後、ユニバーサルは賞レースに対して『 1917 命をかけた伝令』に力を入れる。 『1917』は見事にアカデミー賞の中心的一作となった。 最新技術に頼らざるをえない葛藤 しかし、この「キャッツ」、現在のハリウッドで実写化するなら、このパターンの映像以外に考えられなかっただろう。 実際に目にした瞬間は、たしかに変な意味で心をざわめかせる。 ではたとえば、俳優をパフォーマンスキャプチャーして本物の猫に近づけた方がよかったのか? 『ジャングル・ブック』や『ライオン・キング』ならそれはアリだが、リアルな猫にしてしまうと、「キャッツ」の世界ではなくなるだろう。 はたまた、舞台版と同じく猫風の衣装とヘアメイクでの「着ぐるみ」的キャラにすべきだったのか? CGが一般的ではなかった1980~90年代なら、そうしていたかもしれない。 たとえば『オズの魔法使』を基にした1978年のミュージカル『ウィズ』では、 マイケル・ジャクソンらがこのとおり、非人間キャラに衣装とメイクのみで変身。 舞台ミュージカルの映画化は、これくらいのアナログ感がちょうどいい気も……。 しかし21世紀の実写映画として『キャッツ』を作るとなれば、CGを駆使したくなるのも理解できる。 これはオリジナル作品を知っていれば、やや「無謀」な賭けだったと思う。 今回の酷評に対して「 期待が大きすぎたから」という論調も出ているが、それも違うのではないか? もともと実写化には「不安」が大きい作品だったのだから。 しかし映像がもたらす違和感こそ、「キャッツ」のひとつの魅力でもあるだろう。 そもそも舞台版の「キャッツ」からして、「違和感」を武器に変えた作品である。 1981年の初演時、人間以外のキャラクターしか登場しないミュージカルは、あまりに革新的だった。 人間が猫の姿で歌い、踊る。 ストーリーは、あってないようなもの。 さまざまな猫キャラが、人間の苦悩を代弁して共感させる……なんて評価する人もいたが、多くの観客はパフォーマーの歌とダンス、舞台装置に魅了された。 メインのキャラクターに1曲ずつが割り当てられ、ドラマというより、レビューの側面が大きい作品だ。 まさに、ステージ向き。 それぞれの猫が自らの特徴や悩みを歌うナンバーは、一度耳にしたら忘れられなくなるような名曲ぞろい。 映画版は、オリジナルでは脇役だったヴィクトリアという猫を「案内役」の主人公としてアレンジしているものの、もっとオリジナルからの飛躍があった方が映画らしくなったかもしれない。 とはいえ、飛躍しすぎると舞台版のファンの期待に応えられない。 トム・フーパー監督ら作り手の葛藤はよくわかる。 その結果、「 一キャラ一曲」という基本スタイルには忠実となり、全体の流れも映画というより、レビュー調となった。 異世界を受け入れやすいのは映画? 舞台? 今回の映画版『キャッツ』を観て、改めて感じるのは、「舞台」と「映画」、それぞれへの観客の向き合い方の違いである。 舞台では、猫の衣装をつけた俳優が歌って踊っても、それを「非日常」と受け入れやすい。 生身の人間が目の前で演じていることで、むしろ異世界だと割り切らせるスイッチが、脳に働くのだろうか。 一方の映画は、あくまでもスクリーンの中で展開し、そこは非日常のファンタジー世界でもありながら、観客は無意識にリアリティのセンサーを動かしてしまう。 だからこそ、実写とCGの微妙な境界、いわゆる「不気味の谷」も感知してしまう。 『キャッツ』は、その危険を覚悟せざるをえない作品なのだ。 基本的にミュージカルというジャンルは、舞台でも映画でも「非日常」の要素が大きい。 その非日常的演出が、夢の世界、あるいはドラマチックな展開を導いていく。 近年、舞台・映画の両方で成功を収めたミュージカル作品は『シカゴ』、『オペラ座の怪人』、『レ・ミゼラブル』などドラマ要素が大きい作品が目立つ。 対して『キャッツ』は、T. エリオットの詩を原作にしたこともあって、曲以外の部分は「つなぎ」の役割が強い作品。 だからこそ、「メモリー」などアンドリュー・ロイド=ウェバーの書いた曲の魅力が際立っているわけだが、舞台では俳優の生の歌が観客を本能的レベルで感動させる。 映画でも、もちろん本人が歌ってはいるが、ライブ的な迫力や感動はどうしても薄くなってしまう。 昨年末の紅白歌合戦で口パクの出場者から、明らかに「歌」が伝わってこなかったのと同じで、映画版のミュージカルがハンデを背負うのは事実である。 しかし映画版の『キャッツ』は、「聴きごたえ」という点では申し分がない。 予想以上の仕上がりだったのは日本語吹替版だ。 グリザベラを演じるのは、やはりミュージカルの『ドリームガールズ』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソン 実写になった違和感に、さらに日本語になる違和感が作用し、一周回って受け入れやすくなった感じもある。 とくに抜きん出てすばらしい歌唱力を披露するのが、グリザベラ役の 高橋あず美で、「メモリー」という曲がストーリーに説得力を与えるという、作品の核心部分を成功させた。 日本で劇団四季版を観てきたファンにとっては、吹替版の方がなじみやすいはずである。 世界で2カ国のみに許された吹替だが、日本では必須であったと納得してしまうはず。 NYアポロシアターでも喝采を浴びた高橋が、この『キャッツ』をきっかけに大ブレイクすることに期待したい。 非日常のミュージカル映画を受け止めるためには、どこかで脳にスイッチが入ることが肝心で、映画版『キャッツ』の場合、オープニングのロンドンの夜景をバックにした猫たちの群舞でスイッチが入れば、冒頭で書いた酷評はほとんど気にならない。 徹底的に非日常の世界で、表現自体もミュージカルという極端に非日常のジャンル。 しかも舞台以上に、どこかにリアリティを要求される映画。 これほどハードルの高い今回のチャレンジは、成功とは言えなくても、そして素直にエンタメとしては楽しめなくても、さまざまに考えが広がるという意味で、この『キャッツ』を体験する価値があるのではないか。 『キャッツ』 1月24日(金)より、全国ロードショー 配給:東宝東和 画像すべて: C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の