あまり 好き では ない 英語。 英語で↓は何ていいますか??●私はそれはあまり好きではない。これを英語...

英語で↓は何ていいますか??●私はそれはあまり好きではない。これを英語...

あまり 好き では ない 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 4• Weblio Email例文集 16• 浜島書店 Catch a Wave 1• Eゲイト英和辞典 3• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 1• 日本語WordNet 1• Tanaka Corpus 15• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 1• 京大-NICT 日英中基本文データ 1• 官公庁発表資料• 特許庁 1• 書籍・作品• Frank Baum『オズの魔法使い』 1• John Stuart Mill『自由について』 1• This applies worldwide. 翻訳: 武田正代 pokeda kcb-net. mit. (「この版権表示を残す」んだから、「禁無断複製」とかいうのはダメだぞ) プロジェクト杉田玄白 正式参加作品。 genpaku. This applies worldwide. Copyright on Japanese Translation C 2004 Ryoichi Nagae 永江良一 本翻訳は、この著作権表示を付すかぎりにおいて、訳者および著者に一切断ることなく、商業利用を含むあらゆる形で自由に利用し複製し配布することを許諾します。 改変を行うことも許諾しますが、その場合は、この著作権表示を付すほか、著作権表示に改変者を付加し改変を行ったことを明示してください。

次の

あまり好きじゃないって英語でなんて言うの?

あまり 好き では ない 英語

はい、実は英語でもこのような曖昧な表現をすることがあるんですね。 すでに他の先生方がたくさんのアドバイスをされていますが同じように使えわれている、より間接的な表現やネイティブならではの慣用句、熟語をもう少し紹介しますね。 まず一つ目の英訳例は、「Not my cup of tea」、直訳すると「私好みのお茶ではない」という訳になりますが、ここで言う「お茶」は実際西洋でいうところの「紅茶」。 それは実に数えきれないたっくさぁ~んの味、種類や飲み方があります。 言うならば、ネイティブ、特に英国人ならでは毎日すごく飲むこの紅茶は自分好みのものではない、つまりこの表現は殆どが「あまり好きではない」というニュアンスで使われます。 もちろん、「嫌い」とは言っていないのでとてもマイルドな表現、使い方によっては曖昧さを表す表現としてもまた使えますね。 しかしもっともっと曖昧さを出すのであればこれもまた定番表現があります。 それは二個目の英訳例の「I've seen better. 」、映画や「見る」という動作を対象にしたものであれば「もっと良いのを見たことがある」、つまり悪くはないけど最高でもない、もっとすごいのを見たことあるさ、という曖昧な評価を表現するときに使いますね。 これが食べ物であれば、「I've eaten better. 」や「I've had better 〇〇〇」、例えば「I've had better pizza than this. 」(これより美味しいピザ食べたことある」、「I've had better steak」(これより美味しいステーキ食べたことあるよ」というように使えちゃいます。 意訳すれば、「そんなに好きなわけではない」という意味の表現としてどれも使えますね。 最後の例では、「I'm not crazy about it」、直訳するならば「それについては気が狂うほどではない」と書いて実際の意訳は「そんなにすごくいいとは思わない」、「大して好みではない」、「あんまり好きな方ではない」という意味でこれもまたネイティブならではの慣用句の一つですね。 どれもまた自然な英語での表現ですので、これらの言い方もまた好みやスタイル、覚えやすい表現を選ぶにあたってご自分の表現の選択肢に加えてみてください。 英語がんばってくださいね~!!!! あんまり好きじゃない、は以下のように英訳できます。 1)It's Okay なじみ深い「OK」を使って表現することもできるんです。 日本語で使われている「OK」はGood(良い)という意味で使われますよね。 英語でももちろんそうですが、何かの感想を聞かれた時の「OK」は「まぁ、いいんじゃない」「まぁまぁかな」にあたり、あんまり好きではない、となります。 それを否定形の文に入れたら、「好きではない」の表現に。 このフレーズは「苦手なんです」という意味でも使えます。 (例:招待された家での食事中)そこで使える「苦手なんです」の一つがこれ、Fan! こんな感じで使えます。 3)I don't really care that much =そこまで気にしない=あまり好きではない ここの「THAT」は強調として使われます。 ですから、この文章を読む時は、Thatにアクセントを置いてI don't really care THAT muchと読みましょう。 この「That」は「そこまで」にあたります。 I hope it helps : 1. If you are 'indifferent' to something, you have no strong feelings or opinion about it. You are sitting at a table and are hungry. You would eat almost anything. When the food is served you realise it is not a dish you would normally eat because you would always choose a different dish in preference. But you eat it. It's not exactly my cup of tea. - This phrase literally means that something is not your favorite type of tea. Though when we use it, we're not always talking about tea. It's an expression used to describe anything that isn't your favorite type of something. I'm impartial to blank - being impartial means that you won't choose a side, so if something is neither good nor bad for you, you can say that you're impartial to it. It's neither here nor there for me. - this means again that you won't choose a side, it's not on your bad or good list, neither here nor there 例文 It's not exactly my cup of tea. - どちらかと言うとあまり好みではない このフレーズの文字通りの意味は、好みの紅茶ではないということですが、このフレーズを使う時は、紅茶の話しをしているわけではありません。 物事が自分の好みではないということを説明する時に使われる表現です。 例文 I'm impartial to blank - …はどちらでもない being impartialは、どちらでもないということで、物事が良くも悪くもない時はimpartial と言うことが出来ます。 例文 It's neither here nor there for me. 私にとってそれは大したことではないよ。 このフレーズもどちらでもなく、物事が良くも悪くもないということです。 If you are trying to tell someone that a particular food isn't your favorite, but you don't hate it we would say something like "I'm not fond of it" or "I don't really like it". This lets the person know that you don't care for the food that they are offering you. "It's not my thing" is a very casual way to say this, and it should only be used around friends. When speaking of certain food you do not particularly like, you can use the sentences above. Some meals are just not our favorite, sometimes the taste does not agree with our tastebuds or we are not culturally exposed much to the type of food. We may not hate the food but we just don't prefer it. I don't particularly fancy that Whenever we say that we are not fancy about something its a way of saying that we have no affection for that thing or person, for example, we can say :- "I don't really fancy her" meaning that you don't really have affection for her OR "I don't really fancy that red dress" meaning that you don't really like that red dress. I'm not too keen about that dish. To be "keen" about something means to have a desire for that thing. The opposite is also true, so to not be "keen" about something means that you do not have a desire for that thing. どちらの表現でも、その食べ物についてのあなたの気持ちを表せます。 I don't particularly fancy that(それほど好きではない) "not fancy"とは「好きではない」という意味です。 例えば以下のように言うことができます。 "I don't really fancy her"(彼女があまり好きではない) "I don't really fancy that red dress"(あの赤いドレスはあまり好きではない) 2. I'm not too keen about that dish. (その料理はあまり好きではない) "keen about something"とは「~が好きで」という意味です。 その反対、"not keen about something"は好きでないことを表します。

次の

「あまり好きじゃない」やんわり断る英語表現

あまり 好き では ない 英語

ぱっと思い付くのはこれくらいなんですが、問題ありませんか?? 特に頻繁に使うのは一番最初の表現です。 ただ「本当にそれが嫌い」っと言っていると勘違いされないかと思うのですが、どうなんてしょうか?? それでここからが本題なんですが、次の表現はどう理解したらよいのでしょうか? He is not quite doing well. フランス語の成績について話していて、彼はフランス語に関しては成績が良くないという内容の文なんですが、若干違和感を感じます。 まずこの文章の訳は「彼はあまりフランス語の成績は良くない」でいいですか?? そうだとすると若干の違和感を感じます。 というのも、not quite wellで「あまり~でない」の意味なんでしょうか? そうだとすると、最初の英文はI don't really like it well. つまりnot really wellでも同じ意味なんでしょうか?? それともHe is doing well. は彼はかなりいい成績である。 と訳して、He is not quite doing well, だとかなりいい成績ではないけど普通だよ。 っという感じになるのでしょうか?? なんか伝えたいことがごちゃごちゃになってすみません、、、、 補足osehte717さん。 では He is not quite doing. だと、彼はあまりできていない。 の訳で良いでしょうか?? ただこの表現だと直接すぎるので He is not quite doing well. として、彼はあまり上手くはできてない。 ニュアンスとしては普通だよ。 くらいに解釈すればいいですか? 英語を話す際は、yes、noははっきり伝えるものの、余裕がある時は相手の気持ちも考えて話すようにしているのですが、wellを付けると印象は変わるのでしょうか? achievethecourseさん まず最初に「 very much」と「 very well」の違いを確認した方が良さそうですね。 「much」は「many」に対応していて「量」の感覚です。 だから「much」は「大いに、たくさん、多量に」といった意味を持ちます。 一方「well」は「good」に対応していて「質」の感覚です。 だから「well」は「よく、うまく、上手に」といった意味を持ちます。 「Thank you very much. 」は「ありがたさ加減(ありがというという気持ちの量)」が多いか少ないかの問題なので「Thank you very well. 」とは言わないわけです。 同じように、「like」を使った場合は、「好きさ加減(好きさの量)」が多いか少ないかの問題なので「much」の方を使います。 だから最初の3つの英文については… I don't really like it. なぜなら「don't=do not」の「not」で否定しているのは次にくる「really」や「very much」を否定しているからです。 つまり「really(本当に)」好きというほどではない。 「very much(とても)」好きというほどではない…ということだから。 もし「本当にそれが嫌い」なら「I really don't like it. 」です。 >He is not quite doing well. >これは「not quite wellで「あまり~でない」の意味なんでしょうか? いいえ、「not quite... 」で「あまり(それほど)... でない」です。 つまり「... 【補足読みました】 「not quite」は「doing well(特にwell)」を否定しています。 つまり、「彼はやってはいるのだが、それがあまり上手にはできていない」という意味です。 「やっているが、それがあまり上手ではない」というのと「やっていない」とでは意味が違ってきます。 もし「やってはいるのだが…」の方なら「He is not quite doing well. 」で、ニュアンスとしては「ダメ」の方に近いですね。 「もっと頑張らないとダメだよ」という感じ。 何をやっているのかにもよりますが「He is not quite doing well, so we have to help him. (彼、あまり上手にできていないから、僕らが助けてやらないと)」のように「普通」よりは下です。

次の