腰椎 コルセット。 腰椎椎間板ヘルニアにコルセットは有効?すべき時としなくてもいい時

腰痛・腰の痛みに腰椎コルセット(ソフト・ハード)【はつらつライフ】

腰椎 コルセット

こんにちわ。 mamotteライターで理学療法士のイワモトです。 圧迫骨折は、コルセットをほぼ用いります。 その中で、コルセットはつらいし、キツイから出来ることなら、外したい!!と感じている人もいることでしょう。 でも、はたして外していいものか・・・・? 不安になりますよね。 ということに気付ける そして、コルセットで辛い思いをしなくても済む場合が多くなる。 といったメリットがあります。 圧迫骨折でにコルセットをつけている人やコルセットを外していいのか悩んでいるあなたの役に立つでしょう。 ぜひ、最後まで読んでください。 私達は国家資格を取得しており、実際の現場で学んできています。 ですので、信憑性や信頼性は間違いありません。 共感する部分は、共感して頂き、納得できる内容は納得して欲しいと思います。 で、一番伝えたい事は、 【この記事の内容が絶対正しい!!】とは思わないでください。 という事です。 記事の内容は自信を持って提供していますが、医療の世界は個人的な意見や見解もあるので、解釈は人それぞれです。 ですので、一つの理学療法士の考えである。 と捉えて欲しいです。 この記事があなたの役に立てばうれしいです。 では、宜しくお願いいたします。 1 圧迫骨折でコルセットは外すべき!その理由を述べる 圧迫骨折の治療は、だいたいコルセットが処方されることが多いです。 実際には、コルセットは着けるべき場合も多くありますが、外すべき場合もあります。 この着ける、外すのバランスが超重要ということを伝えたいのが本質になります。 ということで、これより話していきたいと思います。 【コルセットに依存してしまう】危険性があるのです。 これが圧迫骨折が改善 痛みの緩和 しない原因の一つになります。 というのも、コルセットを着けていると安心感につながります。 さらに、お医者さんに処方されることによって、説得力と安心感が増します。 これによって、『コルセットを着けていた方がいいんだなあ・・・』と思うので、強力な安心につながります。。 この安心感が、コルセットを外してはいけない。 という固定概念につながってしまい、コルセット依存になってしまう。 といった流れです。 で、このコルセット依存が生じてしまうと、コルセットがないと【痛みが出てしまう】といった考えが刷り込んでしまうので。 コルセットを手放せない症候群になってしまう。 といった流れです。 ただ、コルセットを一生し続けて生活する。 という場合であれば、問題ないのですが。 実際には、辛いでしょう。 コルセットへの依存が生じてしまうと、本当なら治る痛みも治りづらい。 といったことを伝えたいなと思うのです。 これが、圧迫骨折のコルセットを外すべき一つの理由です。 柔軟性の低下は、体幹の機能低下の1つです。 例えば、足関節の骨折で、足首をしばらく固定していると、関節が固まってしまうことがあります。 足首が動きづらくなること このような例と同様に、体幹をコルセットで長期間固定していると、体の柔軟性を低下させてしまいます。 背骨の可動性が低下すると、前かがみ、後ろにそらず、捻るなど体の動きが悪くなります。 そして、背骨だけが固くなるのではなく、腹筋や背筋などの大きな筋肉も弱くなり、柔軟性が低下してしまいます。 さらに、体幹を固定していると活動性が制限されるので、股関節をはじめとした下肢の柔軟性も低下していきます。 というのも、股関節と体幹はつながっているので、体幹といった腰回りが固くなると股関節も相関して、固くなってしまうのです。 で、柔軟性の低下は、時間が経てば経つほど改善しづらい傾向があります。 この体幹と股関節の柔軟性の低下によって、圧迫骨折の痛みは改善しづらくなるのです。 つまり、可能な限り早くコルセットを外して、柔軟性の低下を防ぐ必要があるんです。 したがって、コルセットはできれば外す方がよい。 ということを伝えたいのがこの部分の本質になります。 固定力の高いコルセットであればあるほど、この筋力低下が起こりやすくなります。 背筋を伸ばして胸を張って、良い姿勢を取ろうとするとき、筋肉が働いているのが分かると思います。 しかし、コルセットは無理やり固定をするものなので、努力せずに背中がまっすぐになります。 なので、腹筋や背筋などの姿勢を良くする為の筋力を使わなくなります この結果、体幹筋が弱ります。 圧迫骨折なので、コルセットの有無に限らず動作や活動が制限されるため、筋力が低下するのは避けられません。 それでも、やはりコルセットを装着すると、筋力が低下しやすくなると言ってよいでしょう。 筋力低下のスピードは思ったよりも速く、骨折初期の安静期間だけでもかなり落ちてしまう傾向があります。 したがって、コルセットに頼りっきりの生活をしていると、さらに筋力低下を加速させてしまうのです。 もう、これが怖い。 柔軟性の改善と同様、筋力も低下が顕著であれば回復しづらくなります。 筋力・柔軟性の低下は腰の痛みに繋がりやすいので、防がなくてはいけない問題です。 ですので、早い時期からコルセットに頼る生活は辞めなくてはいけません。 ということで、コルセットを外すのも、必要であることを伝えたいと思います。 2 コルセットがないと怖くなってしまう問題 不安になっちゃう これは、コルセットに依存してしまう。 のと意味は似ているのですが。 結論としたら、このコルセットへの依存がなくならないと、良くなる痛みも良くなりません。 なので、コルセットを外す不安は少しづつ減らしていく努力をしましょう。 という中で、しっかりしたコルセットに守られている 支えてもらっている と、それだけで安心感が生まれます。 とてもフィットしていて、装着感も悪くなく、さらに腰痛が改善するようであればなおさらでしょう。 【コルセットを外したら、また腰が痛くなるんじゃないだろうか・・・】とか、【また圧迫骨折を起こしてしまうんじゃないだろうか・・・】と不安になるでしょう。 ほとんどの人がこんな感じで、コルセット依存になる危険性があります。 「依存」とは言っても、そんなに質の悪いものではありませんが。 しかし、長期に及ぶ依存は、柔軟性・筋力の低下を進行させてしまいます。 なので、不安を解消するために、少しずつ外す時間を作って、外す時間を長くしていくなど、段階的に離脱できるようにする必要があります。 また、別手段として、コルセットの締め具合を、少しずつ弱くしていくという方法もあります。 このように、 【コルセットが無くても大丈夫じゃね!?】というような意識付けを少しづつ行っていく必要があると思います。 で、さらに、同時に、積極的な体幹筋トレを行って、体幹の筋肉で自然のコルセットを作り出すという意識を持つことも有効です。 以上、意識してほしいなと思います。 3 【事実】コルセットをしていると辛いっていう人は沢山いる。 圧迫骨折で装着するコルセットがつらい。 っていう人は意外と多いです。 というのも、装着感が良いものではありません。 体に合うように作られてはいますが、やはり窮屈で苦しく感じる人が多いみたいです。 装着が辛いと感じる人がほとんどなのではないでしょうか・・・。 でも、お医者さんから、着けるように指示されてるし、外したら痛みが悪化するのが怖いし・・・ といったことで、コルセットを無理して着けている人が多いのかなあと感じます。 なので、コルセットを着ける時間帯、タイミングとコルセットを外す時間帯やタイミングを理解してもらう事が必要になると思います。 この部分を理解していれば、コルセットの依存も起きないし、コルセットを無理してつけなくてはいけない。 といったことも起きないでしょう。 つまり、コルセットの使用方法を理解する必要があると言えるのです。 正しいコルセットの使い方を身に着けてほしいなと個人的には思います。 しかし、腰痛対策用の軟性コルセットは持っていて、実際に装着していました。 実験的な意味合いもあって装着していたのですが、いつからか装着をやめてしまいました。 いつから装着しなくなったのかなと考えているうちに、夏の暑い時期に外したことを思い出しました。 だって、暑いんです。 夏にコルセットは死ぬほど暑いんです。 笑 まぁ、エアコンつけていれば大丈夫かもですが、つけてなければヤバいです。 また、食事の時も苦しくなります。 私は迷うことなく外せますが、圧迫骨折後、一日中装着と言う状況だと、患者さんは外すことができません。 さぞ苦しいでしょう。 なので、圧迫骨折のコルセットはできれば外したいと思うんです。 個人的にはそのような時は無理してつけている必要はないかなあと思います。 実際に、コルセットをしていないと痛みが、超強くなった。 なんて言うことは少ないのではないでしょうか・・・。 そのあたりの事実を確かめてみてほしいかなあと個人的には思う次第です。 5 まとめ 今回は、圧迫骨折後のコルセットを外すことについてお伝えしました。 圧迫骨折では、コルセットをするのがほとんどですが、必要以上に漠然と使用されている場合もあります。 その結果、• 筋力低下• 柔軟性の低下• コルセット依存 といった状況が生まれます。 コルセットの使用によって、患者の安心感が増すことがありますが、それはやがて依存になり、悪影響を与えます。 長期のコルセット依存は、柔軟性や筋力の低下を引き起こし、体幹の機能を妨げてしまいます。 つまり、コルセットの使用は良いものでもあるが、使い方次第で悪化にもつながる。 といった考えを持つべきであります。 このことを僕らは知ってほしいと思うのです。 なので、コルセットの漫然とした使用を避け、外すことが重要になります。 できるだけ早期に離脱することで、体幹やその他の機能低下を最小限にすることもできます。 コルセットは外しても問題ない。 ということをまとめとして、伝えたいと思います。 今回の内容があなたの役に立てば幸いです。 執筆:mamotteライター 理学療法士 イワモト 追記・編集:運営者 理学療法士 平林 PS:一緒に読んでほしい記事を紹介します。 参考にしてください。 mamotte運営管理者で理学療法士の平林です。 このサイトはPT・OT・STのリハビリテーションの専門家のみが監修しており。 リハビリのプロの視点から【正しい情報や知識を伝える】事をモットーにしています。 医療は、あらゆる情報が飛び交っており、情報過多の状態です。 その中で信憑性があって、信頼できる情報はどれくらいあるのか?甚だ、疑問を感じる事でしょう。 そこで、当サイトは、リハビリのプロの視点からのみで作成した内容にする事で、【正しい情報や知識を伝えてきたい】と願っています。 このサイトを通じて、あなたの体の症状の悩みが解決できたら嬉しい限りです。 少しでもこのサイトがあなたの力になれるように精進していきたいと想っております。 よろしくお願いいたします。

次の

腰痛・腰の痛みに腰椎コルセット(ソフト・ハード)【はつらつライフ】

腰椎 コルセット

腰痛・腰の痛みに腰椎コルセット(ソフト・ハード)【はつらつライフ】 電話注文:072-811-5170 |||| 腰痛・腰の痛みに ソフト腰椎コルセット・ハード腰椎コルセット 2種類の腰椎コルセット 症状・用途に応じて選べます <ソフト腰椎コルセット> 動きやすさ重視 <ソフトタイプ・伸縮型> 3つの機能でしっかりサポート 3つの機能でしっかりサポート 立ち仕事の多い方に、ソフトタイプで使いやすい 1)補助プレート(取り外し可) 2枚の補助プレートがしっかりと腰を支えます。 取りはずし可能。 腰の痛みに合わせて下さい。 2)マジックテープ自在ベルト 体調に応じ、締め具合を調節。 <ハード腰椎コルセット> がっちり固定 <ハードタイプ・固定型> 5つの機能でガッチリ固定 5つの機能でがっちり固定サポート 腰に大きな負担がかかる方に… 1)コイルボーン 2本の幅広コイルボーンが縦、横方向にも、 がっちり腰をサポート。 2)補助プレート(取り外し可) 3枚の補助プレートがしっかりと腰を支え 背筋を矯正。 取りはずし可能。 腰の痛みに合わせて下さい。 3)マジックテープ自在ベルト 体調に応じ、締め具合を調節。 4)遠赤外線加工 冷えから守ります。 3)W固定ゴムベルト 伸縮性のあるゴムベルトで、しっかり腰を固定します。 材質 本体:ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、綿 W固定ゴム:ポリエステル、ポリウレタン 補助プレート:ポリプロピレン 日本製 動きやすさ重視・ソフトタイプ 3220円 対応ウエストサイズ S 55〜64cm M 63〜79cm L 78〜94cm LL 93〜109cm <ご注文方法> ご注文は、電話・ファックスでも承ります。 電 話 072-811-5170 ファックス 072-811-5175 ファックス注文用紙 メモ用紙に品名・住所・氏名・電話番号を記入し ファックスしていただいても結構です。 <送料・お支払い方法> 送料(日本全国共通・含む北海道・沖縄・離島) お買上金額合計 4500円以上・・・送料無料 4500円未満・・・550円 お支払い方法 安心の料金後払い。 商品と到着後に、郵便局・銀行でお支払いください。 (振込手数料はお客様でご負担ください。 ) 代金引換もご利用いただけます。 (代引き手数料無料) <商品発送> 商品発送 80%の商品は3日以内に発送しています。 宅配業者 ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便 サイズ交換・商品返品 万一、不良品やサイズが合わない場合はすぐに交換 いたします。 (使用済み商品にも対応いたします。 ) 商品返品時の送料は、お客様ご負担でお願いいたします。 072-811-5170 Fax:. 072-811-5175 担当:角野(かどの)俊三 メール 激しい腰痛に 生ゴム強力引締め 腰を面で支える 骨盤引締め 楽に座れる.

次の

保険診療…腰椎圧迫骨折時のコルセットは見直すべき【医師が提言】

腰椎 コルセット

私の外来では、高齢の患者さんが多いため、しばしば腰椎圧迫骨折を受傷します。 受傷すると激しい腰痛のため整形外科を受診されます。 基本的な治療は、安静、鎮痛剤処方及びコルセット処方になります。 コルセットは、健康保険を使って、身体を採寸して、オーダーメードで作成します。 オーダーメードというと響きは良いのですが、これがひどいものです。 材質はとても固く、圧迫骨折の 部位によっては首のすぐ下まで固定されます。 この状態では、食事もままなりません。 それ以上に苦痛で、多くの患者さんが継続使用ができないこととなっています。 せっかくのコルセットも、継続使用できなければ意味がありません。 これは、まさに保険診療の弊害といえるものです。 今回の記事では、なぜせっかくオーダーメードしたコルセットがこれほどに不快なのか、そして本当に継続する必要があるのか、もし使用しない場合はどのように対処するかについて解説します。 1.腰椎圧迫骨折とは? 腰椎圧迫骨折は以下のような特徴があります。 1-1.突然発症 腰椎の骨は、一つの塊のような骨が、椎間板をクッションにして重なり合って形成されています。 その、腰椎の骨が突然つぶれることで圧迫骨折は発症します。 きっかけは、身体を動かしたり、尻もちをついたり、時にはくしゃみ程度で突然起こりるものです。 1-2.症状 骨がつぶれるわけですから、痛みは激烈です。 痛みで動けなくなる方さえいらっしゃいます。 但し、同じ圧迫骨折でも、 動けなくなるほどでない軽い痛みの方もいらっしゃいます。 中には、ほとんど無症状で、偶然腰の写真を撮ったときに古い圧迫骨折が見つかる方さえもいます。 1-3.治療法 治療の原則は、 安静と痛みのコントロールです。 できるだけ安静を保ちながら、鎮痛剤等で痛みを抑えるようにします。 多くの患者さんは、このような保存的な治療で症状は改善されます。 腰椎圧迫骨折(画像出典:) 2.コルセットの目的 安静目的のために、整形外科では多くの場合、コルセットをつくります。 コルセットの目的はなんでしょうか? その目的は、概ね以下のようなものです。 変形の予防;圧迫骨折した部位のさらなる変形を予防します。 固定することで、病変部位の安静をはかります。 腹圧の増強:コルセットを使用すると、お腹に力が入ります。 そうすると、腰椎にかかる負担を、一部腹部が支えることで、病変部の負担が軽減します。 このような、コルセットの効果ですが、もちろん使用しなければ意味はありません。 3.コルセットの現状 そうやってコルセットを作った患者さんですが、整形外科の先生には言いにくいのか、逆に内科の主治医である自分達にはコルセットの不満をたくさん教えてくれます。 3-1.保険で作れる コルセットは、健康保険作ることができます。 いったんは、患者さんが自己負担しますが、保険診療の自己負担分を除いた額が、あとで戻ってきます。 おおよそですが、腰椎圧迫骨折の場合は、装具代が31,335円、これに装具の採寸料が2,000円や採型料7,000円が加わります。 つまり、約4万円を支払い、1割負担なら36,000円、3割負担なら28,000円が返金されます。 患者さんにとっては少ない負担でオーダーメードのコルセットを作ることができるのです。 3-2.医師はサインをするだけ 医師が処方するコルセットは、オーダーメードと言いますが、細かい採寸等は、すべて装具屋さんが行います。 実は、医師はサインするだけです。 3-3.商品開発がされていない 保険診療のため受け取る額は一緒、医師からも細かい指示はない。 そのため、装具屋さんも商品開発は全くしていません。 だからこそとても硬い材質で、使い勝手の悪い商品を平気で供給できるのです。 腰椎圧迫骨折時にオーダーメードで作るコルセットの例(画像出典:) 4.嫌がるコルセットを継続使用する必要があるか? 自分の外来では、「こんな苦痛なコルセットはとても使えません」と使っていない継続使用をあきらめた患者さんが多数です。 もしコルセットを使用しなければどうなるのでしょうか。 実は、使用しなくてもいいと考えることもできるのです。 4-1.動ける程度の痛みなら使用しない選択も 整形外科の先生は、「絶対安静」を伝えます。 しかし、圧迫骨折には症状の、軽い重いが結構あります。 ある程度動ければ絶対安静は不要です。 かえって不要な安静で、廃用症候群になることさえあるのです。 もちろんコルセットが使用できるなら、使用を継続なさってください。 *廃用症候群:安静状態が長期に渡って続く事によって起こる、さまざまな心身の機能低下 4-2.腰椎固定帯程度での対応も可能 整形外科によるオーダーメードのコルセットほど頑強ではありませんが、 内科でも保険で腰椎固定帯が処方できます。 腰椎固定帯は、ゴムでできており、柔らかい金属で腰をサポートします。 値段も数千円で、自己負担はそれの1〜3割です。 整形外科の先生に言わせるとと、「完全な安静固定ができていない」と言われますが、 これでも結構腰がサポートされ、腹部を使って腰の負担軽減ができます。 何よりも患者さんにとって不快感が少なく、きちんと使ってくれる点が、オーダーメードコルセットより優れていると私は考えます。 腰椎固定帯のイメージ 4-3.保険外でコルセットを作れないか? 今の時代、優れた素材もたくさんあります。 是非とも、歯科業界のように、多少お金がかかっても自費で、快適なオーダーメードコルセットを作ってもらいたいものです。 そのためにも、整形外科の医師自身が一度でも自身が処方したコルセット使用してみてほしいものです。 5.予防 腰椎圧迫骨折の予防には以下が重要です。 5-1.骨粗鬆症の治療 骨粗しょう症の薬は大きく2つに分類されます。 最近では、従来の治療薬よりも強力に骨密度増加が期待できる薬や、患者さんが継続しやすいように投与間隔や剤型(薬のかたち)に配慮したものもあります。 骨吸収を抑制する薬• 骨の形成を促進する薬 5-2.食事 薬だけでなく食事も重要です。 骨を強くするには、カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨の形成に役立つ栄養素が大事です。 特に、 カルシウムとビタミンDを同時に摂ることで、カルシウム吸収率がよくなります。 また、高齢になると、タンパク質の摂取量が減ります。 タンパク質の摂取量が少ないと骨密度低下がより進行します。 タンパク質も意識して摂取することが重要です。 5-3.適度な運動 骨は負荷をかけると、骨をつくる細胞が活発になり、強くなります。 勾配がついているため、運動効率が高まります。 その場で、3〜5分程度足踏みをすると慣れないうちは息が切れるほどです。 このような運動補助ツールを使用することで、運動へのハードルが少なくなり、短い時間で効率的に体を鍛えることができると思っています。 骨粗しょう症の予防には、以下の記事も参考になさってください。

次の