エージェント 契約 と は。 スポーツエージェントの仕事内容・なり方・給料・資格など

【裏事情を大暴露】元転職エージェントが明かす本当は知られたくない裏側

エージェント 契約 と は

吉本興業の経営アドバイザリー委員会で座長を務める川上和久氏。 撮影:小島寛明 芸人の闇営業など一連の問題を受け、吉本興業は、芸人・タレント自身が一定のマネジメントを担う「エージェント契約」を導入する。 雨上がり決死隊の宮迫博之さんが反社会的勢力との関わりがあったとされる問題をきっかけに、約6000人いる芸人の多くと書面による契約を交わしていないなど、さまざまな問題が明るみに出た。 吉本興業はまず、全芸人を対象に「反社会的勢力との関係を断つ」「差別中傷を排除」といった内容を含む、共同確認書を交わす。 さらに、マネージャーが営業やスケジュール管理などを一貫して担う従来の「マネジメント契約」や、新たな「エージェント契約」を導入し、仕事量など各芸人の事情に応じた契約を交わすという。 契約をめぐる吉本興業の方針は、2019年8月8日に開かれた経営アドバイザリー委員会の初会合で議題になった。 座長を務める川上和久・国際医療福祉大学教授は会合後の記者会見で、「エージェント契約は日本の芸能界ではほとんどなかったことだが、こういった形を進めていく。 日本有数のコンテンツ産業として、これからはきちんとした契約が必要だ」と述べた。 8月8日に開かれた経営アドバイザリー委員会の初会合。 提供:吉本興業 吉本興業が用意した契約の形態は、3種類ある。 まず、全芸人と、「共同確認書」を交わす。 確認書には次のような内容が含まれる。 反社会的勢力との関係を断絶する• 教育を徹底する• 営業先の確認を徹底する• 守秘義務を守る• 差別中傷を排除する• あらゆる権利を尊重してマネジメントを行う• この宣言を周知徹底する 6000人の中には、テレビのレギュラー番組を多数抱えている売れっ子もいれば、アルバイトなどで生計を立て、ほとんど舞台に立っていない芸人もいる。 川上氏は「署名をすることで、あなたは吉本興業のタレントですという形にする。 NSC(吉本興業の芸人養成校)の卒業生を含めて、自分は吉本であると意識しておられる方を含めて、全員と共同確認書という形で契約を交わす」と説明する。 マネジメントかエージェントか芸人が選択 吉本興業は全芸人と共同確認書を結ぶと発表した。 撮影:今村拓馬 現在はほとんどの芸人と契約書を交わしていないが、吉本興業側は口頭で「専属マネジメント契約」を芸人と結んでいると主張している。 川上氏の説明によれば、このマネジメント契約は、会社側が次のような業務を担う。 芸能活動の仕事の獲得• 報酬を含む契約交渉• 報酬の請求・受領• スケジュール調整や管理• マネジメント方針の立案• 現場への同行• 著作権などの管理 こうした業務の内容について、契約書で明文化したうえで、順次、書面を取り交わすという。 「いままでどおりのマネジメント契約を書面で交わす」(川上氏)との位置づけだ。 さらに、いままでになかった形の契約として「専属エージェント契約」も導入する。 プロ野球選手やサッカー選手がアメリカやヨーロッパに移籍する際に、「代理人」と呼ばれる人たちが関わる。 この場合、代理人が選手とチームの間に立って、年俸や条件など契約の細部を交渉する。 吉本興業が設けるエージェント契約の場合は、吉本興業側がテレビ局などから芸人の仕事を取り、報酬を含む契約内容を交渉し、芸人に代わって報酬を受け取る、といったイメージだ。 ハリウッドなど海外の芸能界でもエージェント契約が主流だという。 芸人のギャラ、増える? 個別の契約の内容次第だが、スケジュール調整や広報などについては芸人自身が担い、スタイリストなども芸人が個別に契約するといった形態も想定される。 エージェント契約の場合、芸人側の自主性が重視されるため、芸人側が担う仕事が増える一方で、事務所側の仕事は減る可能性がある。 「個々の契約の内容次第だが、芸人のギャラの取り分が増える可能性は十分にある」(吉本興業関係者)という。 駆け出しの芸人を含むほとんどの芸人とは共同確認書のみを交わし、一定の仕事量がある芸人とは、それぞれの活動方針に応じて、マネジメント契約かエージェント契約のいずれかを交わすことになる。

次の

芸人のギャラ、取り分増える? 吉本興業「エージェント契約」を導入へ

エージェント 契約 と は

まず俳優やミュージシャンは、マネージャーと契約する。 このマネージャーというのは、大概は個人だったり、マネージメント会社に所属していたりとケースバイケースだが、キャスティング・オーディションや舞台・ライブ活動をしているうちに発掘やスカウト、紹介されたりすることでタレントと契約する。 ここまでは日本と似ているが、日本だと映画会社やテレビ局などからマネージャーが仕事を取ってくる!となるが、アメリカで仕事を取ってくるのはマネージャーではない。 エージェントだ。 マネージャーは確かにタレントの売り込みやスケージュール管理から、一切合切のマネージメントはするが、仕事をブッキングするのはエージェント。 ハリウッドでタレント事務所に当たるのは、「タレント・エージェンシー」だ。 日本の芸能界よりも、むしろメジャーリーグで活躍する野球選手におけるエージェントの役割を思い起こしてもらったほうがいいかもしれない。 選手に代わって年俸などを球団と交渉するのがエージェントであり、 タレント・エージェントもクライアント(映画会社、テレビ制作会社、その他企業など)と仕事の契約代理交渉をする。 しかしこれができるのはエージェントだけで、特にハリウッドのあるカリフォルニア州ではエージェントのライセンスを持っていなければならない。 エージェントはタレント活動には欠かせないパワー・プレイヤーで、このエージェントを擁するのがタレント・エージェンシー会社だ。 最も歴史が古く音楽業界に強かったウィリアム・モリス社(WM)と、映画・ドラマに強かったエンデバー社が2009年に合併してWMEになってからはWMEの一強、もしくはCAAとのビッグ2の声さえ上がっていた。 現在は、大きい順にスポーツ業界も含めオールマイティな最強WME、 、、、、といった俳優たちを中心にクライアント数では最大の5000人を抱えるCAA、やサミュエル・L・ジャクソンと契約しているICM、、ハリソン・フォードのエージェンシーでありライブ系に強くセリーヌ・ディオンも担当するUTAの4社が4大エージェンシーと呼ばれている。 そしてインディ映画や最近ではEDMにも強くとも契約しているパラディアム、やアダム・ドライバーを抱える老舗のガーシュやらが契約するAPAと続き、SNSインフルエンサーやモデルなどに特化した新興のCKなども台頭している。 ちなみにアマゾンのジェフ・ベソスCEOに離婚を決断させ、380億ドル(約4兆円)の財産分与が行われるに至ったW不倫相手の元ローカルTVのレポーターだったローレン・サンチェスの元夫はWMEの共同CEOであり、人気ドラマ「アントラージュ」のモデルとなったアリ・エマニュエルと並んでハリウッドで最もパワーのあるエージェントのパトリック・ホワイトセルだ。 彼はもともとは映画担当のエージェントだった。 、、、デンゼル・ワシントンといった過去に担当した映画スターの名をあげればきりがない。 約30年前、まだ駆け出しの新人俳優だったの演技に感銘したホワイトセルは、当時ハーバード大学の学生だったマットの住む学生寮の番号を電話帳で調べ、自ら電話をかけてエージェントにして欲しいと懇願したという逸話がある。 2015年には大手エージェンシーCAAの敏腕エージェントで、お笑い担当の5人が自分のクライアントだったザック・ガリフィアナキスやウィル・フェレルらを引き連れてUTAに移籍し、CAAがUTAを告訴した。 ようやく和解したのは4年後の今年2月だが、興味深いのはコメディドラマで頭角を現したは、今回の移籍でエージェントとともにUTAに移籍したが、CAA時代はお笑い枠のタレントだったということ。 他に裁判沙汰といえば、の放蕩生活が赤裸々になった裁判も、長年のマネージャーとのコミッションをめぐる争いだったし、キム・カーダシアン・ファミリーは2009年からAPAとエージェンシー契約し、APAは数々の企業タイアップや広告をブッキングしてきたが、カーダシアン側からエージェンシー・コミッションが支払われていないと2016年に告訴、賠償金は数億円に上るとみられている。 またWGA(全米脚本家協会)は、エージェンシーが受け取っているパッケージ料が違法だとして今年4月に4大エージェンシーを告訴、その一週間後には全メンバー8800人のうち7000人が自分のエージェントを解雇すると通知した。 パッケージ料というのは、エージェンシー・コミッションとは別にクライアント(制作側)からエージェンシーに支払われている料金。 例えば、ある人気ドラマ1話につき75000ドルがパッケージ料としてエージェンシーに支払われているが、制作費がカットされてもこのパッケージ料は値下げしないと譲らないので、制作費を抑えられる脚本にするように制作側からリクエストがあり、脚本家のギャラにも影響を及ぼす可能性もあるし、何よりドラマの質を損ねてしまう、という訴えだ。 ちなみにの版権を巡ってバトルとなったのマネージャーでもあるスクーター・ブラウンは、もともと大学時代にイベント・プロモーターをしていて、の地方公演のアフターパーティーを何度か任されたことで業界入りし、その後ジャスティンを発掘してマネージャーとして大成功を収めた。 今では彼のSBプロジェクト社は、、カーリー・レイ・ジェプセン、、DJのマーティン・ギャリックスやデヴィッド・ゲッタ、モデルのやアシュリー・グラハムら30人弱のタレントをマネージメントするまでに成長。 彼自身がアメリカン・ドリームのような存在となった。 Metooのきっかけにもなったセクハラ・スキャンダルで失脚したハーヴェイ・ウェインスタインは、ハリウッドで一二を争う敏腕映画プロデューサーだったが、彼もまたコンサート・プロモーター出身だ。 しかし、一番の成功例はだろう。 2011年に結婚したジム・トスは長年CAAの映画部門のトップ・エージェントで、クライアントはや、といった錚々たる面々だった。 だが、ドリーム・ワークスを監督らとともに創設したジェフリー・カッツェンバーグが、今年3月に立ち上げた新しい動画ストリーミングサービスのQuibiにコンテンツ&タレント・アクイジションのトップとして引き抜かれている。 2年前に亡くなったマネージャーのルネ・アンジェリルとが交際を始めたのは、セリーヌが19歳の時だったのは有名な話。 元デスティニーズ・チャイルドのケリー・ローランドの夫はマネージャーだったし、ボビー・ブラウンがホイットニー・ヒューストンとの離婚後、交際して結婚した女性もマネージャーだったし、の2番目の妻もマネージャーだった。 ALL RIGHTS RESERVED. vogue. vogue. jp","requestIp":"193. 203. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. vogue. analytics. analytics. analytics. analytics. relatedSites. relatedSites. relatedSites. relatedSites. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. socialNetworks. naver. socialNetworks. youtube. socialNetworks. socialNetworks. instagram. socialNetworks. facebook. socialNetworks. pinterest. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. vogue. また、サイトの使用に関する情報を、ソーシャルメディア、広告パートナー、分析パートナーと共有しています。 locale. locale. newsletter. newsletter. relatedSites. vogue. relatedSites. wired. relatedSites. voguegirl. relatedSites. gqjapan. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. secondary. secondary. secondary. secondary. secondary. secondary. commercial. commercial. social. social. social. social. social. social. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. secondary. secondary. secondary. secondary. secondary. secondary. commercial. commercial. social. naver. social. youtube. social. social. instagram. social. facebook. social. pinterest. vogue. vogue. vogue. com. vogue. com. globo. globo. vogue. vogue. vogue. com. vogue. com. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. voguehk. voguehk. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. vogue. com. vogue. com. vogue. vogue. com. com. vogue. vogue. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. vogue. vogue. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. adInsertionIntervals. ads. ads. article. ads. まず俳優やミュージシャンは、マネージャーと契約する。 このマネージャーというのは、大概は個人だったり、マネージメント会社に所属していたりとケースバイケースだが、キャスティング・オーディションや舞台・ライブ活動をしているうちに発掘やスカウト、紹介されたりすることでタレントと契約する。 ここまでは日本と似ているが、日本だと映画会社やテレビ局などからマネージャーが仕事を取ってくる!となるが、アメリカで仕事を取ってくるのはマネージャーではない。 エージェントだ。 マネージャーは確かにタレントの売り込みやスケージュール管理から、一切合切のマネージメントはするが、仕事をブッキングするのはエージェント。 ハリウッドでタレント事務所に当たるのは、「タレント・エージェンシー」だ。 日本の芸能界よりも、むしろメジャーリーグで活躍する野球選手におけるエージェントの役割を思い起こしてもらったほうがいいかもしれない。 選手に代わって年俸などを球団と交渉するのがエージェントであり、 タレント・エージェントもクライアント(映画会社、テレビ制作会社、その他企業など)と仕事の契約代理交渉をする。 しかしこれができるのはエージェントだけで、特にハリウッドのあるカリフォルニア州ではエージェントのライセンスを持っていなければならない。 エージェントはタレント活動には欠かせないパワー・プレイヤーで、このエージェントを擁するのがタレント・エージェンシー会社だ。 最も歴史が古く音楽業界に強かったウィリアム・モリス社(WM)と、映画・ドラマに強かったエンデバー社が2009年に合併してWMEになってからはWMEの一強、もしくはCAAとのビッグ2の声さえ上がっていた。 現在は、大きい順にスポーツ業界も含めオールマイティな最強WME、ロバート・ダウニー・Jr 、トム・ハンクス、トム・クルーズ、クリス・ヘムズワース、ジェニファー・ローレンスといった俳優たちを中心にクライアント数では最大の5000人を抱えるCAA、ビヨンセやサミュエル・L・ジャクソンと契約しているICM、アンジェリーナ・ジョリー、ハリソン・フォードのエージェンシーでありライブ系に強くセリーヌ・ディオンも担当するUTAの4社が4大エージェンシーと呼ばれている。 そしてインディ映画や最近ではEDMにも強くエド・シーランとも契約しているパラディアム、クリステン・スチュワートやアダム・ドライバーを抱える老舗のガーシュやゲイリー・オールドマンらが契約するAPAと続き、SNSインフルエンサーやモデルなどに特化した新興のCKなども台頭している。 タレントが各分野のプロを雇い、報酬を支払う。 要はアメリカでタレントは事務所に所属するのではなく、あくまでもマネージャーやエージェントと契約し、タレント、エージェント、マネージャー(法務・経理を主に扱うビジネス・マネージャーも含め)が三位一体となって活動している。 タレントはその業種によって、それぞれのユニオン(労働組合)に所属していて、業界もユニオンの規定に従った雇用条件での仕事を提示するし、例えば俳優ならSAG(全米俳優組合)に加入し保険もSAGで契約する。 また俳優やミュージシャンのみならず、監督、脚本家にもエージェントは欠かせない。 こういった形態に伴ってお金の流れも違う。 日本ならクライアントから支払われたギャラは、事務所を通してタレントに支払われる。 さらにパブリシストやPAにもタレントから報酬(年契約やプロジェクト単位が多い)が支払われる、という形だ。 ミュージシャンになるとまた話はちょっと変わり、エージェンシー契約よりも先にレコード会社との契約、さらにライブでツアーをするとなれば、プロモーターとの交渉が必要になる。 地域密着型のプロモーターもいれば、ライブ・ネイションのように世界的な興行エンタメ企業もあるが、プロモーターをハンドリングするのもマネージャーの業務の一つだ。 またマネージャーは、特に子役出身だと親が務めるケースも多い。 古くはマイケル・ジャクソンやビヨンセからセレーナ・ゴメスやアリアナ・グランデまで、かつてそうだった。 エージェントの年収は大物セレブに匹敵するほど高額。 エージェント業務に関して言えば映画部門、音楽部門、テレビ部門、イベント・広告部門etcと分かれているので、本業以外の仕事の場合、一人のタレントに対して複数のエージェントが担当する。 ただしエージェント個人でも数人から数十人のタレントを担当し、年収も数千万円から10億円以上稼ぐエージェントもいるのが、アメリカらしいところ。 最もパワーのあるエージェントは、ギャラが莫大な映画担当だ。 ちなみにアマゾンのジェフ・ベソスCEOに離婚を決断させ、380億ドル(約4兆円)の財産分与が行われるに至ったW不倫相手の元ローカルTVのレポーターだったローレン・サンチェスの元夫はWMEの共同CEOであり、人気ドラマ「アントラージュ」のモデルとなったアリ・エマニュエルと並んでハリウッドで最もパワーのあるエージェントのパトリック・ホワイトセルだ。 彼はもともとは映画担当のエージェントだった。 ヒュー・ジャックマン、ベン・アフレック、ジュード・ロウ、ライアン・レイノルズ、デンゼル・ワシントンといった過去に担当した映画スターの名をあげればきりがない。

次の

スポーツエージェントの仕事内容・なり方・給料・資格など

エージェント 契約 と は

吉本「専属エージェント契約」とは 専属エージェント契約についてはさらっと行きます。 吉本の闇営業騒動から極楽とんぼ加藤さんの「加藤の乱」を経て出来た、 新たな契約形態です。 従来までの契約は 「専属マネージメント契約」、 新しく生まれたのが「専属エージェント契約」ですね。 エージェント契約になると、もともと事務所が行っていた、 スケジュール管理や送迎などのマネージメント業務を全て自分で行わなければなりません。 その代わり、 自身の裁量で仕事を決められるので「自由度」と「ギャラの取り分」が増えるという感じでしょうか。 あと事務所との関係性も従来よりも「対等な関係」となりますね。 吉本としては「専属マネージメント契約」の方が取り分が多いので、当然そちらの営業を優先しますよね。 なので当然、 営業活動の必要性も出てくるでしょうし、元々の実績がないと厳しいと言えます。 専属エージェント契約した芸人 実際に専属エージェント契約をしている吉本芸人は誰でしょうか。 2020年1月時点で挙げてみました。 極楽とんぼ 加藤浩次さん• ロンドンブーツ 田村淳さん、田村亮さん• (現在交渉中)たむらけんじ 2020年1月の現時点では2組ですね。 極楽とんぼ 加藤浩次 極楽とんぼの加藤さんはこのエージェント契約を吉本に持ち込んだ本人なので当然ですね。 「有限会社加藤タクシー」という個人事務所を設立し、 吉本とエージェント契約を結びました。 加藤浩次、個人事務所「加藤タクシー」設立 吉本とは「エージェントとして仕事の契約を結ぶ」 — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon なので 加藤さんは「吉本興業の加藤」ではなく「加藤タクシー所属の加藤」という事です。 ちなみに事務所の代表取締役は奥様の「カオリ」さんで、 加藤さん自身は取締役兼タレントという形になります。 あまり知られていないですが、極楽とんぼ 相方の山本さんは現在も吉本興業所属です。 会社に迷惑を掛けて、ようやく復帰したばかりというこれまでの流れからして現実的には難しいでしょうね。 「極楽とんぼ」は 実はコンビで所属事務所が違うという異色コンビになっているのです。 ロンドンブーツ 事の発端となった田村亮さんの相方の田村淳さんが設立した 「株式会LONDONBOOTS」と吉本興行のエージェント契約です。 コンビの2人で話合い、芸能活動を続けたいという相方田村亮さんの意思を受けて、淳さんが作った会社です。 淳さん自ら代表取締役も務めています。 『報告』 株式会社LONDONBOOTS を設立しました。 テレビで復帰できない場合の活動の場所としてYoutubeチャンネルも開設しました。 これは亮さんの謹慎で迷惑を掛けたにも関わらず、応援してくれており、復帰を待ってくれている番組スタッフやテレビ局の方達に筋を通したい為ですね。 Youtubeで先に復帰してしまうと話題も新鮮さもなくなってしまうので、 このあたりはさすが淳さんという所ではないでしょうか。 たむけん(たむらけんじ) 2019年12月にこのようなコメントをしました。 吉本興業様とエージェント契約の話し合いをしてまいりました。 吉本興業に入って27年、まさか会社とこんな対等な話し合いをさせてもらえるなんて夢のようでした。 ギャラの開示もしてくれたし、とても丁寧に穏やかに僕の話をしっかりと聞いてくれました。 今年色んな事があって会社も必死に変わろうとしてるのが感じれた。 交渉を終えての感想は「スッキリもしてないけどモヤモヤもしてない。 」って感じかな。 でも、ほんまに希望が持てる話し合いでした。 大阪所属ではおそらく僕しかエージェント契約はせんと思うので、いい見本になる契約目指して頑張ります。 たむらけんじ インスタグラムより エージェント契約を目指して 前向きに交渉中と取れますね。 しかし、2回目の交渉では 1回目と様子が変わってきたようです。 マジか。。。 交渉でもなんでもないやん。。。 マジか。。。 何にも変わってへん。。。 のか??? — たむらけんじ tamukenchaaaaa 吉本という会社が変わっていないのか、たむけんさんがギャラの取り分について主張し過ぎるであるとか色々な憶測がありますが、今後も注目したいですね。 個人事務所とは?? 今回専属エージェント契約を結んだ加藤さんとロンドンブーツは個人事務所と吉本との専属エージェント契約という形になっています。 でも以前から個人事務所ってあったのでは?と思う方が多いかもしれません。 最近、脱税で話題になった チュートリアルの徳井さんの「チューリップ」や、 明石家さんまさんの「オフィス事務所」という名前は聞いた事があるのではないでしょうか。 これらの 個人事務所の目的はズバリ「節税」です。 契約自体は吉本との専属マネージメント契約ですが、 給与の支払い先が個人か、個人事務所かという違いだけですね。 芸人以外にも別会社を経営したり、一定以上の大きな収入がある場合は個人よりも経費に計上できる範囲が多いので、 個人事務所を持つ芸人さんは実はたくさんいます。 島田紳助さん、キンコンの西野さん、千原ジュニアさん、ココリコの田中さんなどもそうですね。 なので、 「個人事務所=専属マネージメント契約」ではないという事を混同しない為に付け加えておきます。 専属エージェント契約の今後は? いままでの内容を考えれば、 専属エージェント契約は 「実力」と 「実績」を持っていないとと厳しいという事がわかりますね。 なので、NSCを卒業したばかりの若手芸人が会社の対応に納得行かないので、 専属エージェント契約にするという事はほぼないと言えるでしょう。 逆に、キングコングの西野さんのような抜きん出た能力のある人は、金銭的にも吉本との契約にこだわる必要もないでしょうし、今後増える事はあまりないのかもしれません。 当面は 不祥事によって契約解除や謹慎処分になった芸人の受け皿的な役割になるのかもしれません。 しかし今後、 専属エージェント契約になった人たちの活動や発信によって、状況は大きく変わる可能性はありますね! そういう意味では たむけんさんの吉本興行との交渉は専属エージェント契約の今後を占う注目のトピックだと睨んでいます。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の