ネット掲示板 たぬき。 ツイキャスの闇?「雑談たぬき」のメリット/デメリットを解説?

ネットの誹謗中傷では警察は動かない? 警察が動くケースと動かないケース

ネット掲示板 たぬき

その掲示板には、IDなどはなく、匿名で他の人も色々書き込みをしている感じです。 私は携帯から匿名でいつも書き込みをしていました。 お金を払って調べてもらうということは、警察に被害届を出して調べて貰うわけではなく、 専門業者に調べて貰うと思います。 IDなどがなくても、専門業者によって、個人情報を特定するこは可能ですか?(携帯番号や名前まで) また、万が一店長が、この書き込みよって店の利益が下がったと被害届を警察に提出したら、受理される可能性がありますか? とりあえず、今はその掲示板を見ないようにしていますが、不安です 今度の対応も含めて回答いただけれると助かります よろしくお願いします 世の中にはハッキングやクラッキングといった特殊な技術をもちいて、解析その他を行う人達がいますので、技術的には携帯識別番号等から個人情報を特定する事は可能ですが、ハッキングやクラッキングに限らず正当な理由がないのに、そういった行為を行う事は犯罪ですから、例えお金をもらっても質問内容の様な事で犯罪を犯すリスクは背負いません。 また、サイト管理者や携帯会社etc…は犯罪などの捜査の為に捜査機関が個人情報の提出を求めた場合以外は、勝手に第三者に個人情報を提出する事は犯罪ですから、そのお店の店長にそういった関係の知り合いがいたとしても、前述の通りそのような理由で犯罪を犯すリスクは背負いません。 殺人予告など特殊な場合を除けば、ネット上の掲示板に書き込みをする行為は犯罪ではありませんので警察などの公的捜査機関が介入する事は絶対にありえません。 考えてみてください。 自分に関係のない事で、誰がお金の為にそういった犯罪行為を行うでしょうか? また、仮に何らかの手段を用いて店長が質問者様の個人情報を入手したとしてその後はどうするのでしょう? 売り上げが下がった事に対する損害賠償を行うとしても民事裁判には相当の時間と費用がかかります。 また、裁判の場で個人を特定した経緯を明らかにする必要があります。 そこで、犯罪により個人を特定した事を話せるはずもありませんよね? ですから、質問者様が心配されているような事はまずありえませんので安心されて下さい。 今回の件は店長の悔し紛れの脅し文句だと思われます。 したがって今後の対応策は必要ないと思われますが万が一、店長が何らかの手段を用いて質問者様の個人情報を入手した場合に備えて、ありきたりですが、知らない番号からの着信には応答しない。 信用のおける人物以外には自分の住所などを含めた個人情報を話さない。 自分の身の回りで少しでもおかしな出来事や異変等が合った場合はすぐに警察に相談する。 などの事を念頭においておかれてはいかがでしょうか? 安心していいよ。 まあ、誰かに依頼したとしよう。 アクセスした個体識別番号 携帯の はスゲー数の中から特定出来るわ。 それで、その番号は誰のもの?ってのは携帯会社に聞くわけだな。 でもね、携帯会社からその持ち主の個人情報聞くには弁護士とか警察動かさなきゃならないわけだ。 警察は民事レベルの事じゃ動かないし、弁護士に頼んだらそれこそ店の売り上げ減の分より費用かかるわ。 笑 まあ、それでも携帯の持ち主が特定されたとしよう。 そこでだ、その書き込みは誰がしたの?ってどうやって調べられる?特定しようが無いよね? 特定出来なきゃ訴える相手が特定出来ないわけだから、やるだけ無駄ってことよ。 それでも動きだしちゃったら「知りません」の一点張りしてたら大丈夫だから。 下手したら逆に訴えられちゃうから何も出来ないです。 誰がどんな書き込みをしたかは、プロバイダにしか分かりません。 あなたの場合は携帯ですから、その携帯会社に利用者のデータがあるわけです。 プロバイダが情報開示するのは「事件性があって警察から問い合わせがあった場合」に限定されます。 今回の件では事件ではありませんので、プロバイダが情報開示する事がありません。 お金を払って専門業者に頼むも何も、警察と同等の権限を持つ業者なんて妙なものはこの日本に存在しません。 また、一億歩譲って(笑)、そんな業者がどこかに奇跡的に存在したとして、これまたどうしてか奇跡的にあなたにたどり着いたとしても、別にどうって事はありません。 あなたが「知らない」って言ってしまえばそこで終わるからです。 なぜなら、携帯会社がその調査内容を証明する事が絶対にありませんので、誰も何の証明もできないんです。 その店長、マヌケな発言してますね。 そんな専門業者なんか知らないんだろうけど、まるで裏社会を知ってるかのように「痛い」発言をしているわけです。 そもそも犯罪ではないので、警察はタッチしません。 犯罪でなくとも弁護士を通じてプロバイダやサイト管理者に対して開示請求をする事は可能です。 しかし数十万はかかりますし、特定できないこともありますし、特定したところで何の意味があるのか、という話です。 裁判でも起こすつもりなら意味はありますが、こんなので裁判しても勝てないでしょう。 それ以前にこの理由では情報開示されないでしょう。 正式な手続きを踏んで裁判所が認めれば情報開示はされます。 ただし費用が相当掛かるのでよほどのことでないと普通はやりません。 上にも書いた通り、開示するための理由としても権利侵害など民事上の不法行為等が必要です。

次の

【ネットいじめ対策】子どものためにできる予防策

ネット掲示板 たぬき

ネット掲示板を利用することで知見のある人と情報交換をすることができます。 使いようによっては、意外に知らないことを教えてくれるいいメディアかもしれません。 しかし、個人ならともかく、企業にとってはネット掲示板が大きな問題になることがあります。 それは 掲示板内での企業への誹謗中傷です。 同じく掲示板を見る人に風評被害に合わせることを目的としたような悪質なものもあります。 今回はネット掲示板の1つ。 「雑談たぬき」への書き込みを削除する方法について解説していきます。 雑談たぬきとは? 雑談たぬきとは、巷で聞くような有名掲示板の1つです。 その名の通り、雑談がトピックとして多いもの。 つまり、 ジャンル問わずにありとあらゆるテーマが雑談たぬきのなかで語られています。 雑談たぬきの大本は V系たぬきというビジュアル系について語ることを専門にした掲示板です。 それが一般的なトピックでも交流できるように雑談たぬきというものを後から作ったそうです。 それでは雑談たぬきの特徴もみて頂きたいと思います。 若者が多いメディア 雑談たぬきを利用する人はほとんどが若者。 つまりは ユーザーが若年層になるということです。 若年層に対してサービスや商品を提供している企業は要注意ですね。 特にソーシャルメディアに対して、抵抗のないユーザー層ですから、誹謗中傷を真に受けてしまう可能性も高いです。 それに 愉快犯による誹謗中傷が多いのも若年層向けの掲示板によくあることです。 拡散しやすい掲示板 若年層に好かれるメディアということは、更なる拡散も気をつけなければいけません。 つまり、 掲示板の内容がSNSで広まってしまうということですね。 若年層になると SNSの利用などにも長けています。 なので、掲示板の情報を真に受けて、そのまま SNSで発信してしまうという恐れがあります。 掲示板の影響力よりも今では SNSの方が強いので、後々の風評被害を招く種にはなってしまうかもしれません。 悪評が書かれやすい 企業の誹謗中傷文が掲示板では書かれやすいです。 これは雑談たぬきだけではなく、ネット掲示板に起こりがちなシチュエーションです。 ネット掲示板では特に明確なルールがあるわけではないので、好きに投稿してしまいます。 掲示板を見るとわかりますが、特に言葉も選んでいませんよね? なので、 強めの悪評が書かれやすいというのも掲示板であり、企業が注意しなければいけないポイントです。 雑談たぬきの誹謗中傷を削除する方法 それでは雑談たぬきに誹謗中傷が書き込まれたときの対処。 書き込み削除の方法についても詳しく見ていきましょう。 とはいえ、雑談たぬきでは削除する方法は1つしかありません。 それは 運営に連絡をするという手段を使います。 雑談たぬきではお問い合わせ用のメールアドレスに連絡をします。 メールアドレス: admin 2ch2. net そして、担当者がメールを見て対応するという流れで行われます。 雑談たぬきでは削除フォームがあるわけではありません。 書き込みの削除に伴う雛型があるわけではないということです。 気をつけるべきポイントとしては、• メールのタイトル• メールの内容 において削除したい書き込みがあるということをきちんと伝えること。 お問い合わせ用のメールなので、タイトルや内容が伝わりにくいと対応ができません。 メールタイトルは簡潔に、なおかつ削除したいものや理由を詳細に本文で書くことをおすすめいたします。 以下の例文を参考にすると分かりやすいです。 利用規約• 権利侵害 この2つを意識して依頼をすると対応してくれる確率が上がります。 ガイドラインともいいますが、これは 掲示板内のルールです。 見えるところに掲載しているわけではないですが、掲示板にはそれぞれ利用規約が設けられております。 それに違反をすればルール違反の投稿になってしまうというわけです。 雑談たぬきのルールに従わない投稿だというのをアピールするといいでしょう。 雑談たぬきのルールではなく、法に反しているわけですから当然前者よりも思いです。 なので、書き込みを削除するときに権利侵害になっていることを伝えるのも効果的です。 ネットの書き込みでは以下のような権利侵害が考えられます。 これを証明できれば雑談たぬきも削除に応じざるを得ません。 権利侵害に当たると思えば積極的に運営に知らせていきましょう。 雑談たぬきで削除してもらえないときは? 雑談たぬきにメールをしたとしても削除されるとは限りません。 利用規約に反していない• 権利侵害にはならない• 削除に値する書き込みではない• 掲示板が稼働していない など、ネット掲示板ではあらゆる理由で対応してもらえないことがあります。 ただし、書き込みの放置はできないので、そんなときにできる対処もご紹介したいと思います。 雑談たぬきの書き込みをウェブ検索から削除 雑談たぬきの中で書き込みを消すことはできない。 だとすれば、 外部から雑談たぬきの書き込みに行かないようにすればいいんです。 例えば、 Googleのサジェストや関連キーワード。 検索結果等で雑談たぬきの誹謗中傷が出なければ、影響力はかなり落とすことができます。 実際に検索からアクセスする人が多いので、 ウェブシステムから解決するというのは効率的な解決法でもあります。 実際に企業で掲示板の書き込み対策として、専門家に頼み検索結果から非表示にするというのはよくある対策です。 Reputation Guardはそんな専門家が監修しております。 掲示板の誹謗中傷でお困りであればメールにてお問い合わせください。

次の

【ペット】たぬきの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

ネット掲示板 たぬき

ネットの投稿を削除しても、再び投稿が繰り返されるようでは意味がありません。 問題を根本的に解決するには、 加害者を特定して訴訟で対応した方が良いケースも多いです。 もし加害者への 慰謝料請求や 刑事告訴を検討する場合は、以下の法律相談サービス 電話・メール をお気軽にご活用ください。 主な大規模掲示板別|削除依頼の方法と対応 ネット上には、多くの掲示板サービスが存在します。 各サービスはそれぞれ利用規約を設けており、 各サービスにおける削除依頼の方法や削除基準も利用規約ごとに若干異なっています。 そのため、書き込みの削除を依頼する際には、対象となるサービスの利用規約や注意事項を確認する必要があるでしょう。 ここでは、知名度が高いネット匿名掲示板の削除依頼の方法をご紹介します。 まずはご自身での対応を考えている場合は、参考にしていただければ幸いです。 掲示板への削除依頼の方法• 爆サイ• 5ちゃんねる 旧2ch• 雑談たぬき• ホストラブ• Yahoo! 掲示板• teacup• その他の掲示板 <弁護士への掲示板の削除依頼を検討されている方は、下記の『』からご参照ください> 爆サイ スレッドやレスが表示されている一番下に削除依頼フォームがあります。 フォームの内容に従って必要事項を記載しましょう。 【引用】 記入漏れがあると削除依頼に対応してもらえません。 また、削除理由を適切に説明できていないと、削除の対象にならないので注意が必要です。 爆サイへの削除依頼の流れや、手続きの詳細については、以下のページをご参照ください。 【詳細】 5ちゃんねる 旧2ch. net 5ちゃんねるへの削除依頼は、以下の2つの方法があります。 メールでの削除申請・・・メール(meiyokison 5ch. net)での削除要請• 削除要請フォームでの申請・・・『』または『』でのお問い合わせ ただし、削除要請フォームでの申請は、その内容が上記掲示板に公開されてしまいます。 それにより嫌がらせが過激化するリスクも0ではありません。 そのため、 基本的にはメールでの削除申請をおすすめします。 5ちゃんねるへの削除依頼の詳細は、以下のページをご参照ください。 【詳細】 雑談たぬき 雑談たぬきの削除依頼は、メール(admin 2ch2. net)でのみ受け付けています。 以下の情報を記載して、雑談たぬきの管理者へお問い合わせください。 スレッド名• スレッドURL• レス番号• 削除理由 雑談たぬきへの削除依頼の詳細は、以下のページをご参照ください。 【詳細】 ホストラブ ホストラブの削除依頼は、『』から受け付けています。 以下の情報を記載して、ホストラブの管理者へお問い合わせください。 スレッド番号• レス番号• 削除理由 ホストラブへの削除依頼の詳細は、以下のページをご参照ください。 【詳細】 Yahoo! 掲示板 自社の掲示板で削除したいコメントがある場合は、該当コメントの右上の矢印をクリックして、『違反報告する』を選択してください。 【引用】 違反項目と報告内容 削除理由 を報告し、『』に該当すると判断された場合は、削除に応じてもらえます。 Yahoo! 掲示板への削除依頼の詳細は、以下のページをご参照ください。 【詳細】 teacup teacupの削除依頼は、『』より受け付けています。 teacupへの削除依頼の詳細は、以下のページをご参照ください。 【詳細】 その他の掲示板 当サイト、IT弁護士ナビでは上記以外にも、掲示板の削除依頼を解説した記事が複数ございます。 もし以下に該当するサイトがある場合には、削除依頼の際に参考にしていただければ幸いです。 掲示板への削除依頼の例文 ネット掲示板の削除依頼を行う場合、対象となる投稿が利用規約のどの部分にどのように違反しているのかを明確とすることが肝要です。 そのため、削除依頼をする前に利用規約をきちんと確認する必要がありますし、削除依頼にも対象となる投稿のどの部分が、どの規約に違反しているのかを明確にするべきでしょう。 例えば、以下のような削除依頼の方法が考えられます。 投稿の削除対応をお願いいたします。 投稿の削除対応をお願いいたします。 <名誉毀損を報告する場合> この「元犯罪者」という書き込みは、私の社会的地位に悪影響を与える恐れがあり、名誉毀損に該当すると考えられます。 投稿の削除対応をお願いいたします。 <侮辱を報告する場合> 「ブス」「キモい」など、公然の場で他人の容姿をけなすような書き込みは侮辱行為です。 投稿の削除対応をお願いいたします。 <プライバシー侵害を報告する場合> 不特定多数が閲覧できるネット掲示板で、他人の本名と住所を晒され、プライバシー侵害の被害を受けています。 投稿の削除対応をお願いいたします。 複数の削除依頼をする場合でも、費用のことを気にしなくて済みます。 しかし、 正しい手順・内容で削除依頼ができないと、削除に応じてもらえないかもしれません。 また、不慣れであることから、削除依頼の対応に手間と時間がかかってしまうことも考えられます。 削除依頼の申請が通らないケースとは? 運営側は削除依頼があれば必ずこれに対応するというものでもありません。 運営側の判断で削除をしない・対応をしないというケースも多くあります。 ここでは、よくある削除依頼の失敗ケースを紹介しますので、注意項目として参考にしてみてください。 問題のない書き込みの削除依頼• 必要事項が漏れている• 削除依頼の方法を間違えている 問題のない書き込みの削除依頼 投稿内容が法律にも利用規約にも特に違反しないものであれば、当然、削除対象とはなりません。 何となく気に入らないというような身勝手な理由で削除依頼をしても、まず相手にされませんので気をつけましょう。 必要事項が漏れている 名前や住所、メールアドレス、スレッドとレスのURL、レスのナンバーなど利用規約により削除依頼の際に記載するべき必要事項があります。 この記載が漏れている場合、運営側が対応しないということも考えられます。 削除依頼の方法を間違えている 5ちゃんねるのように、掲示板によっては、削除依頼の方法が細かく分けられている場合があります。 削除依頼について規約の求める手順を踏んでいない場合には、やはり運営側が対応しないということが考えられます。 掲示板の削除申請を弁護士へ依頼する場合 自身で掲示板への削除依頼を行うことが難しい、面倒という場合、弁護士に依頼して代行してもらうことも検討するべきでしょう。 メリット・デメリット 弁護士は専門家として、投稿内容の法的問題や規約違反を的確に指摘して、削除依頼を行うことが可能です。 そのため、運営側も弁護士からの依頼であれば、何らかの対応に動いてくれやすいといえます。 また、弁護士に依頼すれば、削除依頼のための手間と時間を自ら費やす必要がなくなります。 その点もメリットといえるでしょう。 他方、弁護士に依頼する場合、当然、依頼費用がかかります。 この点は最大のデメリットといえそうです。 弁護士に依頼した場合の削除にかかる費用 弁護士に依頼した場合にかかる費用は、依頼内容により異なりますが、単に訴外での削除依頼のみであれば 1サイトあたり2万円、または1つの書き込みにつき2万円程度で対応する事務所もあるようです。 また、事前に相談する場合には、相談費用も必要になります。 30分5,000円、1時間1万円など、弁護士によって費用が異なります。 できるだけ費用を抑えたい方は、初回相談が無料の弁護士を選びましょう。 また、最初の30分だけ無料の弁護士もいるので、相談の内容が簡単なものであれば、候補に入れてもよいかもしれません。 (このような対応が、将来的に誹謗中傷が続くことの抑止となることもあります。 ) この場合は、加害者の特定やそれに続く賠償請求等について法的手続きを要する場合が多いため、弁護士に相談して進めるべきでしょう。 【詳細】 まとめ インターネット上の投稿に対する削除申請について簡単に解説しました。 本記事を参考にしながら自らこれを行うこともあり得ますが、もし限界を感じた場合には弁護士への依頼も検討してみてください。 そんなときに役立つのが。 月2,500円の保険料で、 実際にかかった弁護士費用(着手金・報酬金)の補償が受けられます。 ネットの誹謗中傷問題だけでなく、労働問題、自転車事故、刑事事件被害、離婚や相続など様々なトラブルで使うことができます。 弁護士費用保険メルシーは一人の加入で、契約者の配偶者・子供・両親も補償対象となります。 より詳しい補償内容/範囲、対象トラブルなどを記載した資料の請求はWEBから申込できます。

次の