鋭いガキは嫌いだよ。 君のような勘のいいガキは嫌いだよとは (キミノヨウナカンノイイガキハキライダヨとは) [単語記事]

#1 【ショタ峰君と】だからガキは嫌いなんだよ【スレ瀬君】

鋭いガキは嫌いだよ

それ以外の話には興味ない人はすみません。 それまでは別の青黄を投下予定です。 色んな青黄を書きたいです。 次回も来週を予定しておりますが、間に合わなかった場合は再来週になります。 わざわざこうして書くのは尻叩きみたいなもんなので、私のキャプションは別に読まなくても問題ないです。 因みに続きは です。 これも前作と同じように毎回完結していますが、もし続きが思いついたら書くかもしれない作品の一つです。 因みに【】がないタイトル作品は一応その回限りの短編のつもりです。 まあ、まだ一つも【】のない作品上げてないですけど…。 あとショタは7、8歳までしか認めないとか、そういうこだわりを持ってる方にとってはごめんなさいとしか…。 小6でギリギリランドセル背負ってるのでショタに分類させてください。 すみません。 あと黄瀬君がバスケしてなかったり、青峰君や桃井さんを下の名前で呼んでいます。 原作と関係性と呼び方が違いますので注意してください。 スレ瀬君も好きですよという主張です。 黄瀬君がやたら大輝君に口が悪いのはある意味、打ち解けているからです。 さつきちゃんにはもっと優しい口調で話しかけています。 年上峰君が多いといいなと願いつつ、書いたのは何故かショタ峰君でした。 しかし私は年上峰君が好きです。 書く予定はありませんが、ずっと伝わらないアタックを続けていた青峰君が、高1になった時に強引に試合を見に来るようにお願いし、しぶしぶ来た大人になってる黄瀬君が、青峰君のプレーを見て見惚れて、晴れてお付き合いが始まるという設定です。 つまりこの二人がくっつくのは四年後です。 書きたかったのはショタ峰君なので書かないですが。 それに四年後はただの年下峰や。 副題『プリン物語』 追記:ブクマや評価、タグ付けして下さった方達がもう一度このページを開いてくれるかはわかりませんので見ないままかもしれませんが、どれもとても嬉しかったです。 読んで下さった全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです!• [chapter:だからガキは嫌いなんだよ] 「キセー。 おーい、まてよーキセー」 ランドセルを背負い、さらに大きなバッグを肩から下げた男の子が、オレ目指して駆けてくる。 まーた大輝君か。 オレはため息をついた。 土地の区画整理とかいうやつで家を立ち退くことになって半年前に引っ越してきたオレは、何の因果か隣の家になった青峰さん家の子供につきまとわれるハメになってしまった。 特に好かれることも嫌われることもしてないはずなのに、何なんだ一体。 やっぱりあれか。 思い当たる節は一つだけあった。 大輝君の幼なじみのさつきちゃんだ。 因みにオレの家の向かいに住んでいる。 まだ子供だけど小さなレディといった感じで、モデルをやってるオレから見てもなかなかかわいい女の子だと思う。 どうもお年頃のようで、本人曰く「大ちゃんに聞いてもムダなんだもん」とのことで、やたらとオレに髪に飾ったリボンやら、買ってもらったばかりの服を着ては感想を聞いて来るようになった。 どうやら意中のクラスメイトに自分のことを好きになってもらいたくて、必死にアピールしてるようだった。 女の子のそういう健気なところは純粋にかわいいなと思う。 おかげで大輝君にからまれるハメになったけど。 さつきちゃんはかわいいから大輝君が好きになるのはわかる。 だけど、そのことでオレに嫉妬して嫌がらせをしてくるのはどうにかしてほしい。 嫉妬も嫌がらせもしたきゃ勝手にすりゃいいけど、する相手が間違ってるだろ。 どうせやるんなら、さつきちゃんの好きな男の子にしろよ。 えーっと、確かテツ君とかいう名前の子。 その子にしとけ。 まあ大輝君から見れば、テツ君とやらもオレもどっちも気に入らない存在なのかもしんないけど。 「……大輝君。 オレ、呼び捨てにすんなって何度も言ったよね?」 「おう、何度も聞いた!けどオレ、よびすてにしないなんて一度も言ってないぞ」 「……ったく、これだからガキは嫌いなんだよ」 「うそつけ、お前オレと同い年のさつきにはやさしーじゃねーか」 「さつきちゃんはいい子でかわいいから特別なの。 大輝君は生意気でかわいくないガキだから、お兄ちゃんどうしても好きになれないなー」 「……なんだよ。 ガキガキって言うけど、キセだってガキだろ」 「あっれー。 大輝君、知らないの?『名探偵コンナン』のコンナン君がよくナレーションで言ってるでしょ。 見た目は子供、頭脳は大人って。 あれはつまり、高校生は大人ってことなの。 わかる?」 「キセは高校生だけど、まだ18になってないからアダルトビデオ見れねーじゃん。 子供だろ」 「……って、判断基準がAVかよ。 せめて自動車の運転免許とかなら、まだかわいげもあったのに」 っとにかわいくねーの。 ちったーさつきちゃんを見習えよ。 ……いやでも、さつきちゃんみたいにいつも笑顔をふりまいてる大輝君って想像するだけで不気味だから、やっぱり見習わなくていいわ。 「だいたい、キセはコンナンとちがって見た目は大人、ズノウは子供だし。 オレ知ってんだぞ、いつも赤点スレスレだってこと」 「だからって先生に言われるならともかく、オレよりバカにバカって言われたくねーんだけど」 「まだバカって言ってないだろ。 ズノウが子供だっつったんだよ、バーカ」 「今バカっつった!つーか、黄瀬さんか黄瀬君って呼べよ。 もしくはお兄ちゃんでも可」 「やだよ、気持ちワリー」 「ああ!?」 「キセって姉弟で一番下だもんな。 もしかしてお兄ちゃんってよばれるのにあこがれてたりすんのか?」 ……こいつ、バカのくせに鋭いな。 別に弟や妹がほしいってわけじゃないんだけど、ちょっと呼んでもらいたい願望ならあったりする。 誰にも言ったことねーけど。 「そっ…んなことないもんね!大体それ言ったらキミだって、一人っ子だからお兄ちゃんって呼ばれたことないくせに」 「まーな。 でもオレは、キセからお兄ちゃんってよばれたいと思ったことなんて一度もないぞ?」 「当たり前だ!とにかく、呼び捨て禁止だから」 「えー。 キセって短くてよびやすいのに」 「ダーメ!これから黄瀬って呼んだら、こっちも大輝君じゃなくて大輝って呼んじゃうぞ。 いいのかなー?」 オレはわざと意地悪な言い方をしてみせたというのに、大輝君にはこの攻撃はまったく効かなかったみたいだ。 だって何でかわからないけど、腹立たしいほど嬉しそうな顔してやがる。 何だこの顔。 例えるなら給食にプリンが出た日、欠席の子の分のプリンを賭けた争奪戦で勝ち抜いたような顔だ。 まあオレ、大輝君がプリンを好きかどうか知らねーけど。 「……いいな、それ」 「は?」 「オレ、これからもキセってよぶわ!」 「何でだよ!」 「またあとでなー」 あーもう、ほんっとかわいくねー。 大輝君が通う小学校は、オレが通ってる高校のすぐ近くにある。 目と鼻の先とまではいかないけど、ちょうど今オレが立っている曲がり角の右へ五十歩進んだ所が小学校で、左へ百歩進んだ所がオレの高校だった。 こういうのも五十歩百歩というんだろうか。 いや、言わないな。 どんどん小さくなっていく大輝君の後ろ姿を見ながら、オレは本日二度目のため息をついた。 しかし……またあとで、か。 あーあ、どうせ大輝君の言ったとおりになるんだろうな。 単純に学校が近いっていうのもあるけど、部活をしてないオレと大輝君が帰る時間帯は大体同じだった。 おかげで学校が違う(どうでもいいけど、小学校と高校の場合でも他校ってひとくくりにしちゃっていいものなんだろうか)にもかかわらず、オレと大輝君はいつも一緒に登下校してる仲良しさんだと周囲に思われていた。 大変不本意ながら。 つーか、行きはまだわからないでもないけど、さすがに帰りまで一緒なのは不自然だろ。 何でこう出くわすんだ。 まあモデルの仕事が入った時は、そのまま事務所に寄って帰るから当然別々になるけど。 そんな時は決まって大輝君ががっかりするもんだから、妙な罪悪感がわいたりもする。 普段は生意気で腹が立つけど、そういうしおらしい態度の時限定でかわいく見えないこともない。 絶対に言わねーけど。 だって大輝君はオレに嫌がらせしたいだけだし。 今は冬になったからいいものの、夏の嫌がらせは本当に最悪だった。 やたら自分が捕まえたセミとかザリガニを見せびらかしてきたけど、オレ虫とか好きじゃねーし。 その上、やたらと「やる」って押しつけてきたけど、高校生にもなってセミの抜け殻なんかいるかっつーの。 ったく、今思い出しても腹が立つ嫌がらせの数々だ。 冬は昆虫が大人しくて助かったわ。 放課後になれば、そんな嫌がらせをしてくる大輝君とオレはまた二人きりにならないといけないのかと思うとげんなりした。 だがオレの予想は見事外れた。 帰る気満々だったオレは、運悪く下駄箱の前で呼び止められてしまったからだ。 「黄瀬君、ちょっといいかな」 オレは「何?」と笑顔で振り返ったものの、内心では面倒だなという気持ちでいっぱいだった。 目の前にいるのはオレが何度も断ったにもかかわらず、めげずに告白してくる同じ一年の女の子だったからだ。 世間ではこういうのを健気と言うんだろう。 わかる。 わかるよ。 オレも傍からさつきちゃん見てる分にはかわいいと思うから。 だけど、特に興味も持てない女の子からしつこくアプローチを受け続ける当事者ともなれば話は別だ。 はっきり言って面倒以外の何物でもない。 「あの……黄瀬君が誰ともつきあう気がないんなら仕方ないもんね。 私、あきらめることにする」 よっし!オレは心の中だけでガッツポーズをした。 「その代わり、最後にお願いがあるの」 「いいよ、何?」 オレは彼女のお願いとやらを聞く前に了承した。 もちろん内容にもよるけど、たった一回何かしてあげるだけでしつこくまとわりつかれなくなるのなら、オレにとっても願ったり叶ったりってやつだったからだ。 念のために言っておくと、別にオレは彼女のことが嫌いというわけではなかった。 ただオレは昔からソクバクされるのが大嫌いで、彼女は典型的ソクバクしてくるタイプだったのだ。 つまりオレにとって相性が悪すぎた。 彼女のお願いは「キスしてほしい」だった。 それを大切な思い出にするとかなんとか。 正直なところ、オレには理解できない発想だ。 だってあきらめようとする相手にキスをねだってどうすんだ。 それって、忘れられなくなって余計にあきらめられなくなるんじゃねーの。 まあ思ってても言わねーけど。 キス一回であきらめてくれるもんなら安いもんだし。 そんなわけで、いつもオレと一緒に帰る大輝君の位置(列車じゃないから指定席って言い方だとおかしいんだろうな)に今日は同い年の女の子が並んだ。 野口さんだか樋口さんだか福沢さんだか彼女の名前は覚えてないけど、これからも覚える必要はない。 姉ちゃんには「アンタ最低ね」と言われたことがあるが、フった相手の名前をいつまでも覚えている方がオレからすれば最低なわけで。 忘れてあげた方(もっと言えば最初から覚えもしない方)が、彼女達も次の男に乗り換えやすくていいんじゃないかと思ってる。 だから、これからも今のスタンスを変えるつもりはない。 「ねぇ、腕を組んでもいいかな」 オレはいいとも悪いとも言ってないのに、彼女は勝手にオレの腕に自分の腕をからめてきた。 まあいいけど。 オレは彼女に腕を組まれながら、今日は大輝君先に帰ってればいいなと思った。 だって明日からかわれそうだし新しい嫌がらせのネタができたと喜びそうだ。 それとも、さつきちゃんにオレには彼女がいるって喜んで報告するんだろうか。 どっちにしろ、喜びそうだな。 まあいいけど。 別にからかわれるぐらいなら慣れてるし。 でも、できればいないでほしいなとオレは思った。 しかし大輝君はいた。 あの曲がり角に、ちょうど今来たばかりみたいだ。 しかもオレの予想に反して、何とも言えない複雑そうな顔をしていた。 何だその顔は。 欠席の子のプリンをゲットしたと喜んでたら、その子は本当は休みではなく病院に寄ったから遅刻してきただけで、よりにもよって給食の時間に教室に入ってきて「そのプリン、私食べるから」と言われてしまった時のような絶望感漂う顔しやがって。 そんな絶望のどん底にいるような顔をした大輝君に、オレはただ「またね」と声をかけただけで通り過ぎた。 彼女さえいなければ何があったのか聞いているところだが、オレは部外者の前で大輝君の深刻(かもしれない)話を聞くのは嫌だった。 だから敢えて聞かなかった。 大輝君は何も言わなかった。 言わなかったけど、恨めしそうな目でオレを見てきた。 オレはそれを見て見ぬフリをした。 きっと今頃、オレを冷たい人間だとでも思ってるんだろう。 まあいいけど。 オレ、人にやさしくとかできないし。 姉ちゃん曰く、「アンタ最低ね」だし。 彼女が「知り合い?」と聞いてきたので、オレは「近所の子」とだけ答えておいた。 「もしかしてあの子が黄瀬君と登下校一緒にしてる男の子?」 「まあ、そんな感じ」 オレが望んでそうなったわけではないので否定したい気持ちもあったが、実際いつも登校していたのは事実だったので曖昧に肯定しておいた。 オレは恋人でもない女の子に家を知られるのが嫌だったので(まあ彼女が知ろうとしたら、簡単に調べられることくらいわかってるけど)、ここからすぐ近くにある公園に彼女を誘った。 この公園は不審者が出ることが多いとかで、近寄る人はあまりいなかったからだ。 まあ単純に不審者が出る出ない関係なしに、つい最近近くにできた遊具が充実した新しい公園に客層を奪われたんだろう。 古くなった公園の近くに公園を作るなんて、むごいことをするもんだ。 まあオレがガキだったとしても、迷わず新しい公園を選ぶけど。 つーわけで普段ならばオレも近寄らない公園だったが、人に目撃されて困るようなことをするには格好の場だった。 公園の奥にあるトイレの入り口あたりにでも隠れてするか……いや、女の子だからもっとムードがある方がいいのか。 なら、あの目の前の木がたくさん生えてる所でもいいかな。 公園の中に足を進めようとしたら、さっきまで軽く彼女から掴まれていた腕に力が込められたことがわかった。 オレは足を止めて無言で見下ろすと、彼女はもうする気満々だった。 俗に言うキス待ち顔でいたからだ。 なるほど、ここでしろってことか。 まあいいけど。 幸い、あたりに人はいないし。 とっとと終わらせて、とっとと帰ろう。 彼女の肩に手を置いて少し屈んだところで、邪魔が入った。 すごいスピードでボールが飛んできたのだ。 オレは持ち前の運動神経で、ギリギリかわすことに成功した。 ボールはそのまま勢いよく木にぶつかって、跳ね返っていた。 結構な衝撃だったのは音からしてもわかったが、視界に入った枝が何本か木の下に落ちていたのが目に見える証拠のようだった。 おいコレ、バスケットボールじゃねーか。 こんなの思いっきり投げるとか何考えてんだと、オレはボールが飛んできた方向に振り返ると、そこにはさっき別れたはずの大輝君がいた。 他に誰もいなかった。 つまり、このボールは大輝君が投げたんだ。 オレめがけて。 この野郎。 その肩から下げた大きなバッグの中身は、教科書じゃなくてバスケットボールだったのかよ!つーか、オレの顔はゴールリングじゃねーぞ。 「おいこらクソガキ!この顔は商売道具なんだ。 傷つけたらタダじゃおかねーからな!!」 オレは凄んで見せたが、驚いて逃げだしたのは何故か大輝君でなく、キスをする約束をしてた彼女の方だった。 そういやオレ、女の子の前では一度も怒った顔を見せないで笑顔だけふりまいてきたんだっけ。 「こんな人とは思わなかった」って、幻滅させちゃったかもな。 そんで明日には今日のことが噂になってたりして。 まあいいけど。 そうなったとしても、噂の真偽を確かめに来る女子がいたら、いつもの満点スマイルで「オレがそんなことするわけないじゃん」とか言えば、どうせみんな簡単にオレの方を信じてくれるだろうから問題なしだ。 問題は目の前にいるガキだ。 前々からオレのことが嫌いだとは思っていたが、まさか本気で投げたボールで顔面を狙われるほど嫌われてるとは思わなかった。 オレの反射神経があればこそ避けられたのであって、普通の人なら顔面強打して鼻の骨がへし折れたか、前歯をへし折られたかのレベルだ。 バスケットボールでドッジボールをするなって話だよ。 というか、こいつまさか体育の授業でも殺人ドッジボールやってるんじゃねーだろーな。 こんな剛速球、小学生が取れるわけないだろ。 確実に致命傷与えちゃうだろ。 なんちゅー恐ろしいガキだ。 「おい、黙ってないで何とか言えよ。 何でボールで顔を狙った?モデルできなくなったらどーしてくれんだ」 「……何でキスしようとしてたんだよ」 「あ?」 「……だから、キスだよ」 ボールの勢いはどこやら、投げた本人は何を言ってるか聞き取るのが困難なぐらい元気がなかった。 「キス……」 ああ、そういやキスしないといけないんだった。 でも、もうその彼女はいないし、しなくてすんだかも。 あんまり気乗りしなかったし、このまま有耶無耶にしちゃうかな。 彼女もオレを怖がってたみたいだから、約束をなかったことにしても文句はないだろう。 「……カノジョなのか」 「え?いや違うけど」 「お前、カノジョじゃねーのにキスしようとしてたのか!?信じらんねー!!」 今度は急にテンションが上がった。 アレか、もしかして情緒不安定なのかこの子。 「だってキスしてくれって言うから、仕方ないだろ」 「……してくれって言ったら、キセは誰とでもすんのか」 いや、そんな遅刻してきた子がプリンを食べるところを見ながら、「本当なら争奪戦に勝ち抜いたオレが、そのプリンを食べていたはずなのに」みたいな顔されても。 調子狂うなー、もう。 「別にそういうわけでもねーけど。 でもあの子、つきあってくれってしつこかったし。 キスしたらあきらめてくれるって言うから」 「……サイテーだ」 「どっちが?」 「……どっちも」 「まあ確かにオレって最低かも。 人間関係は楽な方をすぐ選ぶし。 面倒ごとは昔から嫌いだし。 そんなに冷たくした覚えのない家族の姉ちゃんにすら『アンタ最低ね』って言われたくらいだから、まっとうな人間から見たらオレの言動なんてクズかもね」 「……別にオレはそこまでは」 「いいよ、今更フォローとか……つーか大輝君さ、オレのこと嫌いなんでしょ」 「はあ!?」 「だから、いつも嫌がらせしてくんだよね?オレを怒らせてそんなに楽しい?」 「キセ、オレは……」 「オレはね、全然楽しくないよ。 こんな風にボールまで投げつけられてさ。 キミ、当たったらどうなるか考えなかっただろ」 「それは悪かったけど……オレは別にお前のこと」 「へー、悪かったですむと思ってんだ?だからガキは嫌いなんだよ。 いつもいつも嫌がらせしてきてさ。 大輝君は一方的にオレを嫌ってるつもりかもしれないけど、オレだってキミのことなんか大っ嫌いだから」 「……」 何だその顔。 仕方がないから自分のプリンだけでガマンしようとフタを開けたまではいいけど、うっかり手が滑って床に中身をぶちまけてしまい、絶望の真っただ中って顔は。 まあ本来二つ食べれたはずのプリンが、一つも食べられなくなったら辛いのはわかるけど。 しかし、さすがというべきか。 子供は立ち直りが早い生き物らしく、今はもう顔を上げてオレの制服のネクタイを掴もうとしてる。 いやいや、ネクタイなんて掴んでどうすんだよ。 と思った瞬間には、力いっぱい引っ張られて思わず体勢を崩してしまった。 あっぶね、こけるかと思った。 文句を言おうと顔を上げたところで、ネクタイを引っ張ったままの大輝君に唇を押しつけられた。 そして、すぐにそれは離れた。 「……は?」 オレはその行為の意図がわからず、大輝君の唇が当たった右頬を押さえながら茫然としてると、「い、いやがらせだ。 バカヤロー!」と大声で言い切られた後にあっかんべーまでされてしまった。 別に虫なんて飼ってないけど、さっきのボールのおかげですっかり虫の居所が悪くなっていたオレは、冷静な判断ができる状態ではなかった。 わかりやすく言うとプッツンきた。 怒ってんのはどっちだと思ってんだ。 オレのネクタイを掴んでる大輝君の手を上から掴んでしゃがんだオレは、今度は自分から唇を押しつけた。 大輝君のように頬ではなく、唇にだ。 もちろんすぐに離したが、お返しは忘れない。 「嫌がらせっつーんなら、こんくらいしてみろ。 クソガキ!」 ふふんと勝ち誇って大輝君の顔を見たら、いっそかわいそうになるぐらい動揺していた。 おいおい。 さっきまで腹が立って仕方がなかったのに、そんな慌てふためいた様子を見せられたら、怒りなんてどこかに吹き飛んじゃっただろ。 オレも単純だな。 オタオタするのをやめたかと思った次の瞬間には全力で駆け出して行った大輝君の後ろ姿を見て、オレはようやく自分がしでかしたことが、いかにやばいかということに思い至った。 やってしまった。 オレは、ガキ相手になんつー大人気ないマネを……でもまあ相手が男の子でよかったかも。 女の子なら、責任取ってなんて言い出す子が出て来るかもしれないが、男の子でそれはまずないはずだ。 あと調子に乗って舌まで入れなくてよかった。 それから三日経ったが、大輝君はオレの前に姿を現さなかった。 偶然鉢合わせたこともあったが、オレに気づいた途端慌てて逃げるようにどこかへ走っていくようになった。 さすがに嫌われたらしい。 いや、それは最初からだったな。 おかげで登下校を一人でするようになったが、別に寂しいなんて思っていない。 オレは元々、男友達なんていなかったし。 いつもの日常に戻っただけだ。 そうだ。 引っ越してくる前のオレの生活に戻っただけ。 やはり小学生と高校生が、行き帰り一緒なのは不自然だったんだ。 よく出くわすと思っていたが、気づいてしまえばなんてことはない。 大輝君がいつもオレに合わせてくれてたんだ。 行きはオレが家の門を開ける音を聞いてから家を出て、帰りはオレが来るまであの曲がり角で待ってたんだ。 しかも待っているとオレに気づかせないために、ちょうど来たばかりに見えるようにいつも装っていたんじゃないだろうか。 まあ、これは全部ただのオレの憶測だから正解かどうかなんてわかんねーけど。 でも毎日嫌と言うほど何度も会っていたのに、ここ三日間の異常な遭遇率の低さを考えるとそうとしか思えなかった。 今は避けられてるから、そりゃ会わないわけだ。 何でいつもオレと登下校の時間を合わせてきたのかはわからない。 昨日までは、そこまでしてオレに嫌がらせをしたいなんてご苦労なことだと思っていた。 だけど何故か今日になったら、本当はオレと友達になりたかったんじゃないか、なんて気がしてきたから不思議なもんだ。 でもアイツ、オレと違って男友達多いらしいからそれはないか。 男友達に困ってなさそうだもんな。 さつきちゃんから聞いた話だと、どうやらオレと大輝君の人間関係は正反対らしい。 いつも女の子に囲まれて男友達ができないオレと、いつも男の子に囲まれて女友達はできないらしい大輝君。 だけど、そのことを教えてくれたさつきちゃんは大輝君と仲がいいわけで。 いるじゃん、女友達。 オレは男友達いねーけど。 つーか、まあいくら考えたって、実際はどういうつもりだったかなんて大輝君にしかわかんないし、オレも聞くつもりはないから、ずっと知らないままだ。 だから家を出る時に姿を見せなかったことと、帰りにあの曲がり角で待ち伏せてなかったことだけがオレにとっての事実だ。 そして今日でそれは三日目だ。 きっと明日になってもいないんだろう。 そう思っていた。 だが、オレの予想に反して大輝君はいた。 オレの家の前でうずくまっていたのだ。 オレは自分の予感的中率の低さにげんなりした。 そりゃテストのヤマも外れるわけだ。 オレはため息を一つついて、うずくまっている大輝君の横を通り過ぎた。 いや、通り過ぎるはずだった。 だが、目の前のうずくまる存在に呼び止められてしまったため、それは叶わなかった。 「おい、何でムシすんだよ!」 いや、何でと言われても。 「ずっとオレのこと避けてたから、次からオレを見かけても話しかけてくんなアピールしてたのかと思って」 「ちげーよ!!……気まずかったんだよ。 わかれよ、そんくらい」 「わかんねーよ。 オレ、エスパーじゃないし」 「……だいたい、もしそーだったら、家の前にいるわけないだろ」 まあ、それもそうか。 話しかけてほしかったの?」 「ばっ……!」 「違うの?」 「……わかれよ」 いや、そんな唇尖らせて、いかにも拗ねてますってポーズを取られても。 だから、わかんねーよ。 さっきから大輝君はやたらオレにわかれわかれと強要してくるが、今までの言動でわかることなんて限られてるだろ。 「何度も言うけど、言われたことしかわかんねーよ。 だからオレがわかってるのは、大輝君が嫌がらせでオレの頬にキスしたことだけだって」 「ちげーよ!!キセはオレの気持ちの何一つわかっちゃいねー!」 「だってキミが言ったんだろ。 嫌がらせだって。 オレにわかってもらいたきゃ、嘘つくなよ」 「……じゃー、キセは何でオレにキスしたんだ」 「んなの、嫌がらせに決まってんだろ」 「……お前、ほんっとサイテーだな!」 「キミに言われたくはないけどね」 つーか、何で今オレがキスのことで責められてんだ。 先にしたのはキミだろーが。 あれ、でも嫌がらせじゃないんだっけ。 さっき怒ってたし。 結局、大輝君が何のつもりでキスしたのか、何故今怒っているのかがさっぱりわかんねー。 「いやがらせで誰とでもするとか……」 「いや、誰にでもはしねーよ。 さすがに」 「……しねーのか」 「当たり前だろ。 まず女の子にしたら嫌がらせになんないだろ、オレの場合」 「……んじゃー、おっさんだったら」 「……それはオレのHPが削れるから、やんねーよ」 「じゃ、それじゃー」 「キミだけに決まってんだろ」 「お、オレだけなのか……」 「そもそもキミしかいないだろ。 嫌がらせでオレにキスしてくる奴なんて。 あ、そういや嫌がらせ以外の意味があるんだっけ?」 「イミ……」 「つーか、家の前で積極的にしたくない会話なんだけど、もう帰ってもいい?」 「い、イミならある!」 「何?」 「……もっとこっち来てくんねーと、言えねー」 さっきまで何度も大声出してた奴がよく言うよ。 今更恥ずかしくなったってか。 「へーへー。 これでいい?」 ヒソヒソ話でもするのかと思ったオレは、耳が大輝君の口の前にくるように屈んだ。 するとオレが予想していたヒソヒソ声ではなく、何故かリップ音が聞こえた。 「……は?」 今、キスされたよな。 右頬に。 え、何で? オレが目をパチクリしてると、眩しいくらいの笑顔の大輝君と目が合った。 「オレにしかしないんだよな、キス」 おい、何だその誤解を招く言い方は。 オレはあくまで嫌がらせのキスはって意味で言ったんであって、大輝君としかキスしないとは言ってないぞ。 つーか、前にキスしてきた時に、オレに返り討ちにあって懲りたんじゃなかったのか。 「なあ、オレはいやがらせしたんだから、キセも早くいやがらせしろよ」 嫌がらせってキスのことだよな……しかもこの流れだと、口にする方のキスだよな。 いやいや、嫌がらせって相手が嫌がることをするもんだろ。 何だ、キミのその嬉しそうな顔は。 まるでプリンを落として絶望してたら、一部始終を見てた先生に「大輝君、私のプリンあげるから元気出して」と同情して譲ってもらい、地獄から一転、天国に浮上したみたいな顔は。 オレ、そんなにテクニシャンだった?いたいけな少年がキスに病みつきになるレベルで気持ちよかった? もしかして、うっかり変な方向に目覚めさせちゃったのか。 どうしよう、この子がキス魔になっちゃったら原因を作ったオレが責任取らないといけないのか。 「なあ、いやがらせはー?」 やめろ。 そんなプレゼント待ちみたいな顔したって、オレはお前にやるプリンなんて持ってねーから! 冗談じゃない。 大体、楽しみに待ってる(ように見える)相手にキスしたって、それはもう嫌がらせになんないだろ。 むしろオレ自身への嫌がらせになっちゃうだろ。 しねーよ!だから、そんな期待の込めた目でオレを見んな。 こうなったらオレが取るべき行動は一つしかない。 とりあえず全力ダッシュしてここから逃げることだ。 オレは自宅の前まで帰って来ていながら、後にするという間抜けな行為をするハメになってしまった。 「あっ、おいまて。 キセ逃げんな!」 逃げるに決まってんだろ、バカ。 「まてってばー」 って、こいつ追いかけて来るのかよ!どんだけオレに嫌がらせという名のキスされたいんだよ。 「つーか、呼び捨て禁止って言ったろ。 オレも呼び捨てにすんぞコラ!」 「いいからはやくよべって。 ずっとまってんだから」 「まってたの!?」 どうなってんだ。 まってたってことは呼んでほしかったってことか。 なら呼ばねーよ!喜ばしてたまるかよ。 つーか、何なんだこのガキ。 キスも呼び捨ても嫌がらせにならないって、一体何したら嫌がるってんだ。 意味わかんねーよ! 「キセー!」 「呼ばねーよ!!お母さんにでも呼んでもらえっ」 つーか、このガキ足はえー!このオレのリーチと速さを持ってしても、すぐにまけないってどうなってんだ。 「さつきと同じで大ちゃんよびしかしてくんねーよ」 「小6にもなって、まだ大ちゃん呼びなんだ!?ならオレがキミのお母さんに、呼び捨てしてくれるようお願いしてあげるから!」 「いいからキセがよべって」 「呼ばねーってば。 つか、ついてくんな!」 「じゃー、せめていやがらせしろよー」 だから楽しみにしてる奴にしても、嫌がらせになんねーだろーが。 「あんな諸刃の剣、二度とすっか!」 これがまさか四年後には二度どころか何度もするようになる関係になっているとは、この時のオレには知る由もなかった。

次の

子供が嫌いで何が悪い!

鋭いガキは嫌いだよ

君のような勘のいいガキは嫌いだよとは、が勘の鋭いに対してぶつけるである。 エド「この記事の概要ができたのはいつだっけ?」タッカー「2年前だね」 元は「」で登場した。 単行本2巻(第5話)でが口にした。 のを集めるため、である「命の士」を訪ねるエドとォンス。 タッは人を解する合成の研究でのを取得したが、2年前に妻にられ、の、大のと共に暮らしていた。 のに必要な研究成果として、再び合成に成功した「人を解する合成」を披露するタッに、合成の正体に感づいたエドが会話する場面である。 「タッさん。 人を理解する合成の研究が認められてとったのいつだっけ?」 「ええと…2年前だね」 「さんがいなくなったのは?」 「……2年前だね」 「もひとつ質問いいかな」 「と どこに行った?」 「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 作数の胸であり、変したタッには少なからぬ衝撃を受けた。 強な印を植えつけた本は連載から10年以上経った今もの記憶に残り続けている。 変しやすく汎用性の高いであり、近年では上のやで小話やきの最後のとして用いられる機会が増加し、一時期となった。 する際は、1つと2つの質問の返答が結果的に同じになり、3つで核心に迫るものが度が高いとされる。 返答内容が同じでも、相対的か絶対的かを統一する必要がある。 用法 大体は、隠し事を見抜いてきた相手に対して不快感を露にしつつ応答したり、隠し事に関する相手の推測が当たっていることを暗に認めたりするときに用いられる。 または、質問をぶつけてきた相手に対して直接答える代わりに得体の知れない恐怖を漂わせながら返答するのにも適する。 以下に、などで用いられた用法をいくつか紹介。 用法1 親戚の集まりで「もいい歳だしいるだろ」ってになった。 は見栄をって「いる」と答えたら「名前は?」と聞かれたので咄嗟に「みくです」と返した。 するといとこののが「!!!」って叫んでて微笑ましかった。 君のような勘のいいガキは嫌いだよ• 用法2 「今年はのが何人くらい減ったんだっけ?」 「え~と、三万人だね」 「の年間者数って何人だっけ?」 「…三万人だね」 「もひとつ質問いいかな… 減ったはどこへ行った?」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」• 用法3 「さん、は何時開場だっけ?」 「え~と、からだね」 「まであと何時間?」 「約間だね」 「もう一つ質問いいかな? ここにいた人をえる…どこに行った」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 「やりやがったな!でを錬成しやがったな!」• 用法4 「さん、イ級9番艦"ヌ"が失ったのってどの部分だっけ?」 「ええと、だね」 「同12番艦""が失ったのは?」 「艦尾だね」 「もひとつ質問いいかな このイ級" "とかいうの…どうやって建造した?」 「…君のような勘のいいガキは嫌いだよ」 エド「イラストがニコニコ静画に投稿されたのは?」タッカー「2年前だね」 エド「もひとつ質問いいかな あの商品どこで買った?」 タッカー「君のような勘のいい関連項目は嫌いだよ」• 「タッさん。 それ以上喋ったら今度はが切れる」.

次の

君のような勘のいいガキ

鋭いガキは嫌いだよ

君のような勘のいいガキは嫌いだよとは、大人が勘の鋭い子供に対してぶつける台詞である。 エド「この記事の概要ができたのはいつだっけ?」タッカー「2年前だね」 元は漫画「鋼の錬金術師」で登場し 君のような勘のいいガキは嫌いだよがイラスト付きでわかる! 漫画『鋼の錬金術師』の登場人物ショウ・タッカーの台詞。 ネット上ではその汎用性から様々な場面でたびたび引用されている。 概要 『鋼の錬金術師』に登場するショウ・タッカーが作中で発した台詞。 これは自分の家族を材料にキメラを錬成したショウ・タッカーがエドに言ったセリフです。 そこでこのセリフが登場するエピソードの疑問について考察しました。 「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」コレって元ネタ有るんですか?? 気がついたらよく使われているし知人が言っているのを見たことが有るので.. 元ネタは「鋼の錬 Read: 4025 Twitterで拡散されていたコピペ、『君のような勘のいいガキは嫌いだよ』を集めてみました。 元ネタ:『鋼の錬金術師』のキャラクター、ショウ・タッカーのセリフ。 『鋼の錬金術師』の第5話(単行本2巻)に登場。 ショウ・タッカー しょうたっかー 【読み方】:キミノヨウナカンノイイガキハキライダヨ 「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」とは勘の鋭い子供に対して苦言を呈する言葉である。 元ネタはマンガ「鋼の錬金術師」におけるショウ・タッカーのセリフ。 勘のミホ — 診断メーカー. マイページにおいて新メニュー『作成した診断の「国・地域別の利用ユーザー」』をリリース 「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」動画 95本 君のような勘のいいガキは嫌いだよとは、大人が勘の鋭い子供に対してぶつける台詞である。 エド「この記事の概要ができたのはいつだっけ?」タッカー「2年前だね」元は漫画「鋼の錬金術師」で登場した台詞。 君のような勘のいいガキは嫌いだよ. キミノヨウナカンノイイガキハキライダヨ 「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」とは勘の鋭い子供に対して苦言を呈する言葉である。 元ネタはマンガ「鋼の錬金術師」におけるショウ・タッカーのセリフ。 大喜利の美味しいところをつまんでみました。 大泉洋が登場!君のような勘の良いガキは、、 山田涼介が好きじゃない私にとっては残酷過ぎる通告なんだけど。 え?ハガレン実写化とか何それ?????もう主人公チームはどうでもいいから、タッカーさん役は矢柴さん以外認めないからな。 pic. 73 ID pixiv Japan 君のような勘のいいガキは嫌いだよ — 150 drawings found. You can add location information to your Tweets, such as your city or precise location, from the web and via third-party applications. ポケモン好きの編集部による、ポケモン好きのためのブログ。 新ポケモン、おもしろネタ・ポケモンの懐かしネタなどを紹介しています!このページは「【サンムーン】君のような勘のいいガキは嫌いだよ 君のような勘のいいガキは嫌いだよ」が、一種のテンプレネタとしてよく使われている。 #「三菱自動車・燃費偽装の謎を解く、名探偵ゴーンさん」ってな感じです。 もういいよ ワキゲどうのこうのより 傷口広げるようで悪いけど、やはり知ってる人でした。 妄想ではなく現実世界で羽ばたいて欲しいです! 36 競技人口 774 君ような勘のいいガキは嫌いだよ. これは本来居ない筈のペンドラゴン家の次男のお話し。 少年は旅立つ。 過ごした故郷を離れて。 少年は出会う。 多くの友と主人と呼べる人物に。 少年は闘う。 大切なものを守る為に。 平山君の仕草にも余裕がうかがえる。 三人とも半そでに下は黒の学生ズボンと言う格好だが、それぞれにひざがしらか尻には、大小の継ぎ接ぎ(つぎはぎ)が当たっている。 悪ガキの勲章みたいな物で、まるで元気だけを象徴しているとも見える格好である。 困った三角君は、以前に使っていた、牛乳瓶の底のような眼鏡をかけました。 3人「三角君、居たの?」 田中三角君「いいかげん、プレーンな状態の僕のことも覚えて欲しいな。 ; ̄ー ̄ 」 そして三角君は、眼鏡を外して床に置きます。 よう考えたらそうなるな 皆ゆうたや皆のはちみつは皆のもの. 水曜日はまたまたスケ~ 先週に引き続き きよ君・こう君も一緒~ かぁちゃん大好きなトムも来たぁ~髪型 *g スケ* rikukiraのブログ ホーム ピグ アメブロ 牛のTシャツ屋 cowlovesmusic が作った君のような勘のいい親は嫌いだよ。 のベイビーロンパースが購入できる商品ページ。 色やサイズも選択可能。 オリジナルグッズを手軽に作成・販売できるサイト、SUZURI(スズリ)。 自分だけの Tシャツやスマホケースなどを簡単につくることができます。 海の潮騒を聞いて育ちました。 かなりワルガキで、近所の畑を荒らし廻ったりして。 翌日、昨日どこかで畑荒らしがでたらしいなんて聞いても一切黙秘(笑)でも畑ってねぇ、きれいに耕してある上を歩くのって気持ちいいもんですよ 笑、ごめんなさい。 割とCP色強めだから好きな人だけ見て真っ昼間に上げる内容じゃないんですけどこれから実家行くからすまんな Wordでは、横書きで入力したものを縦書きにすることができます。 アルファベットを縦書きで表示したい場合は、全角文字で入力して(ひらがなモードで入力して[F9]キー)縦書きにするといいです。 動画はYoutube,Openload,ニコニコ,Streamango,FC2動画,Dailymotion等で視聴できます。 楽しい釣りとひとりごと. 上司から昼飯のご招待がありましたが、『鮎竿を握ってないので禁断症状が出る寸前』と釣友とのお約束があるとかなんとかで、、、 このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています 族なんて基本的にチーム戦なんだから一人を十人で拉致してもいいんだよ。 ンよ 戦争なんだから殺られるなら殺ってしまえ奇襲も当然言いたい事は解るが十代のガキの喧嘩にそこまでは必要ないと思うよ 二之江のかん〇君、しん〇君、よう〇ち君 「リクオ君!?」 「よう、カナちゃん。 以外と製作困難なグニャリなマフラーはアピールポイント高し!合わせてシフトレバーも曲げ曲げで!ハンドルは交換がやりやすいように、ライザー幅が狭くなる根元のトップティーに交換してあります。 【食育】50代教諭 「君たちは事故にあえばいい」自分のデザートが配られていないのに児童が先に食べ激おこ、問題に を守らないと、事故にあうこともあるという趣旨で言ったつもりだが、カッとしてこのよう でもこれは実際、ガキ共が悪いだろw 「相変わらず口の減らないガキだまあいい、どうせここでくたばるのだからな最後に遺言をゆっくり聞いてやる」 「遺言?それはお前の方が先なんじゃないか?あんたはもう死んでいるんだから、今も喋っている言葉は全部遺言と受け止めておくよ」 ジャニーズのガキはジャニ爺に食われてる ようこそ勧野君。 その上質な書き込みを読んで、俺様に少しでも近づけるように精進しろ。 いいか、カスども。 このラットロッド君を社長が運転し、オオガキはバイク2台とともに出動です。 社長は窓なし隙間だらけ車両でしたので、相当寒かったはずです。 ある意味風の抵抗がおかしな感じになる点はバイクより悪いかもしれません。。。 悪人なのかな? Extremely brutal consequence of machete attack, total gore: bloody bubble bath aftermath, mutilated, agonal snores and.

次の