メンタル 弱い 性格 を 変える 10 の 介入 行動。 弱いメンタルを変えるために行うべき10の行動(性格が変わる)

【メンタル改善】メンタルが弱い性格を変え、メンタルを強くする行動10選|すばるの雑談

メンタル 弱い 性格 を 変える 10 の 介入 行動

性格改造の話の続きです。 メンタルの弱い性格を変えて感情を安定させるにはどうすればいいのかということを紹介します。 前回と同様南メソジスト大学が行なった15週間の介入実験で判明した内容です。 全員のを調べて、その中から自分の変えたい性格を選んでもらいました。 神経症的傾向をなおしたいと思った人に特定のある行動をとらせたところ15週間で参加者の性格が本人たちが変わりたいと思っている望ましい方向に変わったというものです。 メンタルの強さとは? 神経症的傾向、つまりメンタルの弱さというものは色々な意味合いがありますが、例えば、緊張や不安に弱いとか感情が不安定になりやすいひとです。 経営者の人でもいつも自信満々なのにちょっとしたことですぐ怒ったり激昂する人がいますが、この人たちも神経症的傾向が高くメンタルが弱いと言えます。 態度が大きいのとメンタルが強いというのは違います。 メンタルが強いというのは動じないということですから、態度の大きい人になるということではなく感情を安定させることができてそれによりパフォーマンスが安定し生産性も安定するということです。 成功するためには欠かせない性格特性のひとつと言えます。 誰でもいろんな人と会っていくと必ずその中には嫌な人もいます。 その時にいちいちそんな人に注意力や時間や労力を持って行かれては損でしかありません。 そのためにできることとしてはメンタルを強くして 我慢するとかではなく気にすることなく動じないようになることが大事です。 実験では被験者を2つのグループに分けます。 片方のグループはコントロール群なので何もしません。 もう一方のグループは自分の性格を変えてくれそうな10のアクティビティの中から毎週4つずつ選んでもらい実践してもらいました。 残りはニコニコのチャンネルでお願いします。 メンタルを強くしてくれるアクティビティを紹介します。 僕もテレビに出始めた頃メンタルがやばくなったこともあり今回ご紹介する内容と同じようなこともしました。 多くの人は、自分のメンタルがもっと強かったら挑戦するのに、自分がもっと外交的だったら人の輪の中に入って話もできるのにというようなことを考えがちですが、性格で行動が決まるというだけではなく 行動から変えると性格も変わるということです。 メンタルを強くするアクティビティ ひとつ目です。 朝目が覚めた時に「今日は楽しい行動を選ぶように心がけよう」と自分に言い聞かせてください。 これだけです。 スピリチュアルっぽいと思うかもしれませんが文面が大事なんです。 「今日は楽しい行動を選ぶように心がけよう」 です。 これを自分に言い聞かせる時には、普段は楽しい行動も選択肢の中にあるのに自分はメンタルの弱さがあり楽しくない行動を選んでしまっている。 つまり、 自分の前に常に選択肢はあり、その中から自分がより楽しいと思える選択肢を人の目を気にすることなく自分で選択しようということを言っているわけです。 例えば、会社の仲間で飲み会に行ったとして最初のオーダーのとりあえずビールのような感じで「ビールの人?」と言われビールが飲みたいわけではなかったけれどついつい手をあげてしまったということがありませんか? ランチの後のコーヒーか紅茶のどちらにするかと聞かれた時に他のみんながコーヒーだったから自分も合わせてコーヒーにしたということがありませんか? これがメンタルの弱い人たちの特徴です。 目の前に自分にとって楽しい選択肢があるにも関わらず他人の目を見たり他人を気遣ってしまったがゆえにわざわざ無駄に譲っているわけです。 このような、 つまらないとか無駄だと自分でわかっているのにその選択肢をとるということをやめましょうということです。 それを朝決意しましょうということです。 これはもうひとつポイントがあって、メンタルの弱い人が朝に決してしてはいけないことがあります。 朝起きた時に今日は何か嫌なことが起こりそうだとか何かしんどいことが起きそうだなというようなネガティブなことを考えてしまうと人間の IQ は下がります。 「辛いことがあった時には深呼吸をしましょう」 ふたつ目です。 何か辛いことがあった場合には何度か深呼吸をしましょう。 これも当たり前のような気がするかと思います。 ところが、 多くの人はこれをしていません。 人間は呼吸によってメンタルをコントロールしています。 僕たちは心臓の動きや血液の動きや体温といったものをコントロールすることはできません。 基本的には僕達の体は無意識にコントロールされていますが、 意識でも無意識でもコントロールされているものが呼吸です。 ですから、呼吸をコントロールすることによって人間のメンタルは変えることができるのではないかという説が数多くあります。 この行動は 自分のメンタルを変えたいという時にも非常に重要だということが分かっています。 スポンサーリンク 何か辛いことがあったら何度か深呼吸をしましょうという非常にシンプルな行動ですが、ストレスを感じたら2〜3分でいいので少し落ち着いてゆっくり深呼吸をするだけでストレスは半減するということが分かっています。 呼吸は大事なものであり深呼吸もいいということはわかっていても多くの人は意識してこの深呼吸をなかなかしていないものです。 ちなみに、 緊張している時には深呼吸を吐くことから始めてください。 まずはゆっくりと力を出し切ってください。 そうすると自然に吸うことはできます。 人間は息を吸っているときは交感神経が働くので緊張しますが、息を吐いている時には副交感神経が優位になるのでリラックスできます。 吸う時間と吐く時間の比率も大事です。 リラックスする時は吐く時間を長くしてください。 逆に朝起きた時や気合を入れたい時には吸う時間を長くしてください。 そうすると活力が湧いてきます。 自分のメンタルをコントロールするために呼吸をうまく使ってください。 今回大事なのは、呼吸が大事だということは分かっているとは思いますが、これを 心がけて行動を変えていくだけでメンタルの弱さという性格まで変わっていくということです。 人間は、自分の行動にどのような意味があるのか、どのような効果があるのかということを分かっていないとそこから十分な効果を得ることができません。 そこを意識して実践していただけたらと思います。

次の

メンタルを強くする10の方法!精神が強い人の特徴とは?

メンタル 弱い 性格 を 変える 10 の 介入 行動

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 「 強いメンタルが欲しい 」 社会人なら誰しもこう思ったことはありませんか? ちょっとしたことで 情緒不安定になったり、 周りのことが気になって 自分にとってベストな選択ができなかったり メンタルが弱いと仕事をする上でも、得になることはほとんどないんですよね・・・ 僕は昔、ブラック企業に勤めていたことと、メンタルが弱かったことで、 精神がズタボロになり、しょっちゅう情緒不安定になっていました。 何をするにも周りばかり気にしてしまい 、勇気が出ずに 自分にとってベストな選択ができずにいました。 また、ちょっとしたことで ネガティブなことばかり想像してしまい 、何をやるにも 不安に感じてしまい自信が持てませんでした。 メンタルは鍛えようにも、 いきなり強くなってくれるものではありません。 しかし 「正しい方法」を 「習慣化」 さえしてしまえば、 メンタルは鍛えられ必ず強くなります! 実際に、今では ちょっとやそっとのことでは、動じることがなくなり、 自分にとってベストな選択ができるようになりました。 また、メンタルが強くなると、仕事にしても パフォーマンスが上がり、生産性が劇的に上がります。 日々の生活を安定させて、成功させるためにも メンタルを強くすることは、必要不可欠な要素ではないかと思います。 そこで今回は、僕が今まで実践してきて、 効果が感じられた 「 メンタルを強くするために鍛える方法」を 10個 紹介していきます。 さすがに10個も全て実践しようとすると大変なので、 自分がやりやすそうだと感じたものを実践してみて下さい。 「普段の行動を変える」 ことによって、 性格が変わり、メンタルが強くなっていくんです。 それでは、 メンタルを強くするための行動を10個紹介していきます。 「えっこれだけ??」 そう思うかもしれませんが、これだけです。 しかし、文面に注目してみて下さい。 「今日はいっぱい楽しい行動をしよう」ではなく「楽しい行動を 選ぶように心がける」です。 この、 「選択する」という行動が重要なんです。 普段生活していると、いろんな選択肢があると思います。 そんな中、メンタルが弱いことで、 楽しくない行動ばかり選択していることがあったりするんです。 例えば 「 飲み会の席で、乾杯は周りが生ビールを飲むからと言って、あまり好きではないけど自分も生ビールを飲む」 など、 本当に自分がしたい選択をしないことが多かったりします。 つまり何が言いたいかというと 周りに気を遣って 「つまらないと分かっている行動を取るのをやめよう」 ということです。 なので、日頃の生活でいくつかの選択を迫られたときは なるべく自分の楽しいと思える行動を取るように心がけましょう。 ちなみに、朝起きた時に今日は嫌なことが起きると思い込んでしまうとIQが落ちて、認知能力が低下することが分かっています。 なので、 朝一番でネガティな発想は絶対にNGです。 人間は 「呼吸によってメンタルをコントロールしている」と言っても過言ではないくらい、呼吸は大事です。 心臓の動きや血液の流れはコントロールできませんが、 意識的にコントロールできるのが呼吸なんです。 具体的な呼吸のやり方ですが 辛いことがあって落ち着きたい時は 吸う時間を短く して、 吐く時間を長く行う と効果的です。 息を吸う時は 交感神経が動くので緊張しやすく、 息を吐く時はリラックスするので、落ち着きたい時は、 吐く時間を長くとってやって下さい。 時間は 2,3分くらいでかまいません。 これは、 寝る前に行うのが重要です! 寝る前というのは、その後の情報がシャットアウトされて、 ポジティブな記憶が定着しやすいためです。 ちなみに余談ですが、何か勉強したあとは、記憶を定着させるために、 情報をシャットアウトする時間を一定にとったほうがいいです。 寝る前にポジティブな記憶を復習することで、 脳に刻み込まれて、前向きに行動できるようになります。 もしできないのなら紙に書き出してみるとかでもかまいません。 実は「 他人に感謝の気持ちを表現する」というのは、 共感能力が高まったり、 人生の満足度が上がるといった行為なんです。 ブログとかツイッターに書いたりしてみてもいいです。 大事なのは 「 感謝の言葉を作り出す 」 ということです。 感謝した時を思い出すという行動は 「嬉しかった感情、 ポジティブな感情を引っ張り出す」ということなので、 前向きな感情にさせてくれるんです。 こちらは、その日の出来事を書き出すだけなので、そんなに難しくないかと思います。 そのかわり、 出来事と同時に、その時どう感じたのかをなるべく細かく書くようにして下さい。 例えば、「 〜さんにこういう風に言われたけど、デリカシーがないと感じた」など 自分の感情を細かく言語化すると、自分の感情がコントロールしやすくなり、メンタルが鍛えられます。 さまざまな感情を表現するときに、同じ感情でも、 違った言葉や言い回しを知っていることはとても重要なんです。 心理学的にも、 ボキャブラリーを増やすことは精神を安定させるのに非常に効果的 だということが分かっています。 僕も昔は、ボキャブラリーが全然少なかったですが、少しずつ身につけることで、自分に自信が付いていきました。 でもどうやってボキャブラリーを増やせばいいかの? 手っ取り早いのは、 書籍から知識を増やすことです。 僕がおすすめする書籍は、アンジェラアッカーマン著書の「 感情類語辞典」です。 これは内容が分かりやすく、読んでいて非常に面白かったです。 もしよかったら読んでみて下さい。 「過去に同じような感情を抱いたことはなかったか」 を思い出してみて下さい。 そしてその時に、 「 どうやったら上手くいったのか?」を頑張って思い出してみて下さい。 忘れやすい人は、 結果オーライだった体験を自分の中にストックしておくといいですよ。 例えば、自分の飼っている 「犬や猫の写真」や、 「子供の写真」でもいいです。 大切なのは 「 自分を幸せにしてくれる物に注意を集めよう」 ということです。 普段、ほとんどの人は 「自分を幸せにしてくれるもの」を探せていないんです。 ちなみに、最近流行っている インスタ映えとは違います。 あれは、 「自分を良く見せてくれるもの、他人の評価を得るためのもの」を撮ることなので、また意味が違ってきます。 自分が幸せになるものを見つけようと言うことです。 個人的には、スマホの写真に自分を幸せにしてくれそうなものフォルダを作っておいて、 そこに毎日保存していくというやり方がオススメです。 大事なのは、自分のネガティブ思考を一度ちゃんと受け入れることです。 しかし、この 「許す」という、 慈悲の精神はメンタルがものすごく鍛えられるんです。 過去ブラック企業に勤めていたことから、社畜を脱出するため3回の転職を経験。 現在は、『 精神的』『 経済的』『 時間的』これら3つの自由を手に入れることができました。 転職のおかげで、以前とは比べ物にならないくらい余裕ができたおかげで、その分、子供と過ごす時間に費やすことができるようになり、充実した毎日を過ごしています。 【ブログの主な内容】 ・ 社畜を乗り切るためのマインド・テクニック ・ 転職に関するノウハウ 仕事に対して不安に感じてる人を、1人でも多く解消できればという趣旨のもと情報を発信中しています。

次の

弱いメンタルを変えるために行うべき10の行動(性格が変わる)

メンタル 弱い 性格 を 変える 10 の 介入 行動

先日、自分なりに考え抜いた答えが衝撃を受けたので書き記します。 とあるデザイナーさんと話をしていて、「メンタルが弱く、ストレスを感じるとすぐに体調を崩してしまう」という話題になりました。 以前から私メンタル弱いな〜、何とかしなきゃだなぁなんて思っていたのですが、特にそれ以外考えておらず対策も考えもない状態でした。 そこで、「弱いけど、どう対策したらいいの?」という話にもなり、対策方法を説いている動画まで教えて頂きました。 動画はこちら。 ニコニコ動画で メンタリスト Daigo という方の メンタル弱い性格を変える10の介入行動という動画です。 nicovideo. ・メンタル弱いのを「ゆーても、そうでもないでしょwww」と思ってた まずは心理テストたくさんしてみた 私は心理テストや占いが好きで、SNSとかで人がやっているのを見るとすぐに実践したくなります。 その中でいくつも「豆腐メンタル」という項目が出てきて、「メンタル弱いと思ってたけど、そんなに?まあ、普通の人よりかは弱いかもしれないけど、そんな特性っていうほどじゃないでしょwww」って思ってました。 (弱いって出てるのにね。 ) 以下の3つの心理テストをやってみたのですが、 全てにつきました。 え?wwそんなにメンタル弱いのか…。 もはや常人より2倍くらい弱い。 バグかな?レベル。 でも、いくつかの思い当たる節があるのです。 ・人と話終わった時に一人反省会してクヨクヨする。 ・すぐ泣く。 (感動するときも、悲しい時も) ・他人の感情に敏感。 私は私と割り切れない。 ・体育会系気質の怒鳴ってくるやつとか無理。 ・すぐ空気読む。 ・ストレスを感じるとすぐに体調を崩す。 ここでやっと「 私は自分が思っている以上にメンタル弱い。 ストレスに超絶弱い人間」ということに気づきます。 じゃあメンタル弱いって、どういう特性? じゃあメンタル弱いって、どういう特性なんだろう?と疑問を持ち、特性について調べ始めます。 よく 感受性豊かとか鋭いっていうワードが出てくるなぁ。 その 感受性豊かって何なん?感受性が豊かだと「 芸術方面に向いている!」とかよく書かれているけど、その芸術方面に向いているって実際に どういうこと?というさらなる疑問が湧いてきます。 感受性が豊かって何で創作に向いてるって言われるの? さらに深掘りしていきます。 感受性が豊かだとなぜ芸術方面というか、創作に向いていると言われるのでしょうか? 以下のサイトが参考になったので、貼っておきます。 以下、抜粋 芸術に向いている理由のひとつめは、まず何よりも、その繊細さ、つまり感性がこまやかなところです。 芸術というのは、形にならないものをうまく捉えて表現するセンスが求められます。 美しさや悲しさ、懐かしさ、親しみやすさ。 芸術家には、そんなとらえどころのない雰囲気を読み取って、作品という形にまとめて表現するスキルが必要です。 例えば、「可愛い」「かっこいい」とかってものすごいあやふやですよね。 何をもってして「可愛いなの?」「かっこいいなの?」という答えが「雰囲気・何となく」ですよね。 そのあやふやなものを文章や絵などを用いて創作をすることによって、自己表現しているんですね。 ここで少し戻って。 私はWebデザイナーになりたい、と思って昨年からデザインの勉強をしています。 元々のきっかけは、何か向いている(適職)ないかな〜とインターネット検索していた時に「デザイナー」という職業を知って、やりたい!と思って実際に勉強を続けてきて、現在に至ります。 きっかけは検索かもしれないけど、 やってみたかったのって何かを表現したかったんじゃないか、とここで気づきました。 デザインと強みと弱み ここまでで、自分のメンタルの弱さが デザインという技術を身につけたら武器になるかもしれない、と思いました。 デザインはあくまで目的を達成するための手段・方法というのは理解しています。 でも、それが仕事になったら? 例えば、「商品の売り上げを上げたい!」とお客さんが思い、パッケージデザインを変えたら売り上げが良くなるかもしれない。 そういう問題解決のお手伝いが 自分の特性を使ってできる!ということに気づきました。 結論:自分の弱みって強みじゃん。 先ほど書いた 自分のメンタルの弱さがデザインという技術を身につけたら武器になるかもしれないということはなかなか衝撃でした。 メンタルを強くする対策とかテクニックはあっても、自分の性格は変えよう!と思ってても、なかなか変えられないです。 元々持っている自分の本質から変えようなんて、大変なことですよね。 だったら、 今自分の得意なことを武器にできるものを探したほうが良い、という結論になりました。 (でもメンタルは強い方がいいので、メンタル強くなる対策法は実行してます笑) ここまで気づくのに遅っ!とか思いましたが(笑)、「どうしてデザイナーになりたいの?」という問いに 自分の中で決着が付けられたような気がします。 もし、自己分析がうまくいかない〜という方が居たら参考にして頂ければ嬉しいです。 自分の弱みが、強みに絶対なりますよ! ここまで読んで頂き、ありがとうございました!.

次の