ラグビー アイルランド 世界 ランキング。 アイルランドが4位に転落 ラグビー世界ランキング

ラグビー日本代表が世界ランキング2位の超強豪アイルランドに歴史的勝利に感動!

ラグビー アイルランド 世界 ランキング

ラグビー世界ランキング2020年5月最新版! ランク 国 ポイント 1位 南アフリカ 94. 19 2位 NZ 92. 11 3位 イングランド 88. 41 4位 アイルランド 84. 91 5位 フランス 82. 73 6位 ウェールズ 82. 64 7位 オーストラリア 81. 90 8位 スコットランド 80. 68 9位 日本 79. 28 10位 アルゼンチン 78. 31 11位 フィジー 76. 21 12位 ジョージア 72. 70 13位 トンガ 71. 44 14位 イタリア 71. 07 15位 サモア 70. 72 16位 アメリカ 68. 10 17位 ウルグアイ 67. 41 18位 スペイン 67. 14 19位 ルーマニア 65. 36 20位 ロシア 62. 13 21位 ポルトガル 61. 27 22位 香港 61. 23 23位 カナダ 61. 12 24位 ナミビア 61. 01 25位 オランダ 60. 08 26位 ブラジル 58. 89 27位 ベルギー 57. 19 28位 スイス 54. 11 29位 チリ 53. 83 30位 ドイツ 53. 13 31位 韓国 53. 11 32位 ケニア 52. 55 33位 コロンビア 51. 92 34位 ポーランド 51. 11 35位 ジンバブエ 50. 69 36位 ウクライナ 50. 33 37位 チェコ 50. 02 38位 マルタ 49. 12 39位 チュニジア 48. 53 40位 ウガンダ 47. 84 ラグビーの国際統括団体である「ワールドラグビー」は3月に最新の世界ランキングを発表した。 以降、新型コロナウイルスの影響により、各国においてラグビーの試合は開催されておらず、ランキングにも変更なし。 も4試合が延期になった。 W杯で過去最高の6位までランキングがアップした日本は9位につけている。 今後は6月、7月に行われる予定のテストマッチにより順位が変わるが、世界的にウイルスが蔓延していることから、試合の開催はほぼ絶望的。 7月、11月のウインドウマンス(テストマッチ月間)の再編も視野に入れ、秋のテストマッチ開催に期待したい。

次の

【試合詳報】日本、世界2位アイルランド破る…19対12

ラグビー アイルランド 世界 ランキング

「子どもは見習うべき」 7人制ラグビーでフィジー代表を五輪優勝(2016年リオデジャネイロ)に導いたベン・ライアン氏は、「衝撃的な」勝利だったと称賛。 そのうえで、試合に対する日本の取り組み方に感銘を受けたと述べた。 「日本は(ラグビーの)お手本のようなプレーをした。 正しいタックルの仕方を知りたい子供は、この日本チームを見るべきだ」 ラグビーに好影響 一方、元アイルランド代表ウイング、デニス・ヒッキー氏は、大会とラグビーへの好影響を指摘する。 「開催国が世界ランク1位のチームを破り、大会の早い段階で勝利した。 これで大会は大いに盛り上がるだろう」と話した。 「日本は大きな国だが、ラグビーは一番人気のスポーツとは程遠い。 それだけに、この勝利は最高のタイミングだ」 一方、アイルランドのジョウ・シュミット監督は、「日本におめでとうと言いたい。 実にすさまじい、強烈な奮闘ぶりだった。 こうなるかもしれないのは、分かっていた。 日本は素晴らしいチームで、本当にいいプレーをした」と語った。 多くの人がそう考えていた。 ところが日本は2連勝し、A組の首位になり、初の決勝トーナメント進出に大きく近づいた。 ヒッキー氏は、これでA組から抜け出る2チームは「予想できなくなった」と指摘。 元スコットランド代表スクラムハーフのローリー・ローソン氏も同調する。 「初戦の日本には、開催国のプレッシャーがあった。 しかし今夜は、自分たちが本物の強いチームで、この大会は勝ちに来ているのだと、本気を示した」と、ローソン氏はBBCのラジオ番組で語った。 「準々決勝に進むという日本の目標は、単なる思いつきではない。 今日は勝つべくして勝ったし、おかげでA組の展開はまったく予想できなくなった」 世界注目の一戦 だが、日本が宿願のベスト8入りを果たすには、残るサモア(10月5日、豊田スタジアム)とスコットランド(同13日、横浜国際総合競技場)戦での勝利が重要になる。 カギはボーナスポイントが握る可能性がある。 「日本は前回大会で、3勝したのに決勝トーナメントに進めなかった。 日本は今大会の命運を自分たちの手に握っている。 一方でアイルランドは、日本やスコットランドがポイントを伸ばさないことを願うしかない」とヒッキー氏は説明する。 一方、ホーガン氏はこう言う。 「A組最後の日本対スコットランドが本当に大きい。 世界中が注目する一戦になるし、それこそW杯にふさわしい」。 アイルランドは次のロシア戦で盛り返すことが予想される。 ただ、1次リーグで試合を落としてなお、大会を制覇したチームはこれまで1つもない。 (英語記事 ).

次の

ラグビー・アイルランド代表はなぜ合同チームなのか 英国のEU離脱で再燃するかもしれない“歴史的対立”(1/4)

ラグビー アイルランド 世界 ランキング

再びの歴史的大金星をやってのけたラグビー日本代表ですが世界ランキングでも史上最高位となる8位に上昇しました。 世界ランキングで2位だったアイルランドを世界ランキング9位だった日本代表が破りさっそく更新されたようです。 勝った日本代表が8位に上がり、負けたアイルランドは4位に後退しています。 そしてもう一つ、ラグビー日本代表と同じプールAのスコットランドですが、世界ランキングが8位から9位に後退し、なんと日本代表の方がランキング的には1つですが格上になってしまいました。 スコットランド代表はこれまでプールAでもアイルランドに継ぐ格上のチームだったんですが、そのトップにいたアイルランドを日本が破ったことで逆転してしまいました。 前回2015年ラグビーワールドカップでは南アフリカに歴史的勝利を納めたあと、スコットランドには破れています。 そして今大会でもスコットランドとの試合が控えているのですが、プールAで当たるのは一番最後になります。 日本代表が次戦で当たるのは世界ランキング15位に上がったサモアです。 日本代表はアイルランドを破りプール戦二連勝となった勢いのままサモアに勝利し、そしてプール戦最終戦となるスコットランドにも前回大会の雪辱を晴らしプール戦全勝でベスト8に進めるチャンスを手にしています。 今大会での日本代表の目標はまずベスト8に行くことでしたが、それもアイルランドを破ったことで大きく前進しています。 プール戦全勝、ぜひやってのけてほしいですよね。 前回2015年大会では日本代表はプール戦で3勝したもののベスト8には進めませんでした。 プール戦3勝したのにベスト8に進めなかった史上初のチームとなっています。 今大会ではそうならないようにやはり全勝狙えるので狙ってほしいです。 アイルランド対スコットランドの試合はもう終わってますが、スコットランドはアイルランドの防衛網をまったく開けることができませんでした。 その試合を観てアイルランドってすごく強いな〜って日本の誰もが思ったと思うんですが、そのアイルランドを破ったんだから凄いですよね。 ラグビー日本代表の次戦はサモア、そしてその次はスコットランドです。 ぜひとも全勝できるよう全力で応援したいと思います。

次の