お盆 迎え火 いつ。 盆の迎え火とは何?いつやる?道具・やりかた・意味・由来などについて紹介

お盆の迎え火はいつ?地域で日付が違ったり提灯で代用するって本当?

お盆 迎え火 いつ

お盆の迎え火・送り火とは? お盆は、亡くなった方の霊が お里帰りをする期間です。 祖先の霊が、 迷うことなく自分の家に帰ることができるようにと焚くのが 迎え火• お里帰りをしていた霊が、 迷わずに天国へと帰ることができるようにと焚くのが 送り火 になります。 お盆の迎え火や送り火はいつ焚くの? 迎え火は、 お盆の入りの日の夕方に玄関先で焚き、きちんと火を消してから家に入って夜のお供えをします。 特に何時という決まりはありませんが、暗くならないうち(闇が迫りくる前)にお迎えします。 そして 送り火は、 お盆の最後の日に、迎え火と同じように焚きます。 お盆の行事を行う日は、地域によって違いがあります。 一般的なところをお伝えすると、 迎え火は 8月13日、 送り火は 8月16日で、 時間帯は 17:00~19:00となっています。 迎え火・送り火の材料とやり方は? また!?と思われるかもしれませんが、迎え火や送り火の 材料も やり方も、地域によってさまざまです。 一般的には、• おがら(麻の茎)• カンバ(白樺の皮などの天然素材を乾燥させたもの) を材料として用い、 焙烙 ほうろくと呼ばれる素焼きの皿に材料を乗せて、玄関先などで火を焚きます。 材料のなかで、「おがら」が手に入り難くなっているため、代わりに「松」を利用する地域が増えてきているようです。 もし、材料を手に入れるのが困難な場合は、ネット通販を利用してはいかがでしょうか。 また、マンションなどにお住まいで、迎え火や送り火を玄関先で焚くのはちょっと・・・という場合は、玄関先に 盆提灯を飾るようにします。 ろうそくの火が心配という方は、電池灯の盆提灯を飾っていただければと思います。 伝統的な送り火の行事 今では、ある種お祭りに近いような存在になっていても、本を正せば 送り火の行事というものが、日本各地に存在しています。 その中から代表的な行事を2つご紹介して、この記事を閉じたいと思います。 京都府「五山の送り火」 もしかしたら「大文字焼き」と言えばピンとくるかもしれませんが、正式名称ではありません。 「五山の送り火」とは、• 東山如意ヶ嶽の「大文字」• 松ヶ崎西山・東山の「妙・法」• 西賀茂船山の「船形」• 金閣寺付近大北山 大文字山 の「左大文字」• 嵯峨仙翁寺山 万灯籠山・曼荼羅山 の「鳥居形」 この五つを指します。 中でも、東山如意ヶ嶽の 「大文字」が最もよく知られています。 長崎県「精霊流し」 写真は、 長崎県島原市のものです。 切子灯ろうの淡い光に包まれた精霊船が夜の有明海を流れていく様子は、 美しく情緒的です。 同じ長崎県でも、 長崎市内の精霊流しは、爆竹と鐘の音が鳴り止まないハデで騒がしく お祭りのようなものです。 ところ変われば・・・とはよく言ったもので、お盆の期間がさまざまであるように、お盆の行事もそれぞれの地域に形を変えて根ざしています。

次の

盆の迎え火とは何?いつやる?道具・やりかた・意味・由来などについて紹介

お盆 迎え火 いつ

Menu• お盆になると今は亡きご先祖様が帰って来られます。 お盆は、迎え火 むかえび や迎え鐘で入りを迎え、ご先祖様を自宅にお迎えし、ご馳走や盆踊りでおもてなしをして、送り火 おくりび で、再びあの世へとご先祖様が帰って行かれ、明けに終わるという一連の風習のことです。 ご先祖様を精一杯の真心をこめて、おもてなしをして束の間の限られた時間の出会いを楽しむのがお盆の風習です。 ここでは、一般的にお盆を行う時期が多い、お盆の入りを7月もしくは8月の13日から、お盆の明けを同じく16日として焦点を合わせた記事にしますね。 迎え火とは、『迎え日』とも言い、ご先祖様の霊をお迎えするのに、道に迷わないように目印として火を炊く風習です。 お墓でお坊さんに経を唱えてもらい、起こした火を盆提灯に移して消さないように自宅へ持ち帰り、仏壇に移します。 7月13日か8月13日の夕方に行いますが、お住まいの地域によって前日の12日になることもありますし、御招霊会などを催して大がかりに行う地域もあるようです。 この迎え火が移ろい、盆提灯の風習が生まれたとも言われます。 盆提灯も同じく、ご先祖の霊を迎え入れる目印であり、先祖の霊が滞在している印とされています。 また同様に送り火とは、『送り日』とも言い、ご先祖様の霊をあの世へと送り出すために火を炊く風習です。 7月16日か8月16日、1日早く15日に行う地域もあります。 送り火には山の送り火と海の送り火があります。 山の送り火として、京都の五山送り火である『 大文字焼き 』 、奈良の高円山大文字送り火が有名です。 海の送り火として盆棚の飾りなどを乗せた小舟を流して先祖の霊を送り出す灯篭流しや精霊流しを行う地域もあります。 長崎県の精霊流しや福井県のとうろう流しなどが有名です。 山頂高く煙が昇るのに合わせてご先祖様が帰っていくという思いから、海は母なる海へ帰るという意味と昔は海の先があの世に繋がるという信仰から生まれたとも言われます。 スポンサーリンク お盆の迎え火や送り火の丁寧なやり方は? お盆の迎え火のやり方はいろいろ…。 どなど…。 地域差や諸説があるものです。 お盆の送り火のやり方もいろいろ…。 正式なところですと…。 お盆の眼目は、死者の冥福を祈り、お盆の期間に来訪されたご先祖様をおもてなしして共に過ごす至福の一時を楽しみ、無事にお帰りいただくのが目的です。 現実的には迎え火や送り火の日付を決めることが難しかったり、遠方で困るとか、マンションで火が焚けないなどの事態も多くあるものです。 目印として大切な盆提灯でご先祖様へお願いすることが一般的な簡略化になっています。 盆棚の用意やお仏壇やお墓の掃除、お参りなど、先祖を思う気持ちや心を大事にして、他の親族と相談して仲良くお盆の行事に取り組まれることが大事だと言えるでしょう。 スポンサーリンク お盆の迎え火や送り火の宗派による違いは? 浄土真宗では迎え火や送り火の風習がないとされています。 はじめから、しないものと定められているのだとか…。 とはいえ、お経を上げるなどのご先祖様を大切にするこころがないわけではありません。 同時にお盆を丁寧に行うのに、住職様は丁寧に教えてもくださいますので…。 105• 100• 323• 102• - 12,052 ビュー• - 11,459 ビュー• - 10,713 ビュー• - 9,568 ビュー• - 8,239 ビュー• - 7,772 ビュー• - 7,487 ビュー• - 7,111 ビュー• - 6,986 ビュー• - 6,411 ビュー• - 5,565 ビュー• - 5,468 ビュー• - 5,385 ビュー• - 5,338 ビュー• - 5,300 ビュー• - 5,178 ビュー• - 5,172 ビュー• - 5,170 ビュー• - 4,966 ビュー• - 4,850 ビュー.

次の

盆の迎え火とは何?いつやる?道具・やりかた・意味・由来などについて紹介

お盆 迎え火 いつ

お盆の迎え火・送り火とは? お盆は、亡くなった方の霊が お里帰りをする期間です。 祖先の霊が、 迷うことなく自分の家に帰ることができるようにと焚くのが 迎え火• お里帰りをしていた霊が、 迷わずに天国へと帰ることができるようにと焚くのが 送り火 になります。 お盆の迎え火や送り火はいつ焚くの? 迎え火は、 お盆の入りの日の夕方に玄関先で焚き、きちんと火を消してから家に入って夜のお供えをします。 特に何時という決まりはありませんが、暗くならないうち(闇が迫りくる前)にお迎えします。 そして 送り火は、 お盆の最後の日に、迎え火と同じように焚きます。 お盆の行事を行う日は、地域によって違いがあります。 一般的なところをお伝えすると、 迎え火は 8月13日、 送り火は 8月16日で、 時間帯は 17:00~19:00となっています。 迎え火・送り火の材料とやり方は? また!?と思われるかもしれませんが、迎え火や送り火の 材料も やり方も、地域によってさまざまです。 一般的には、• おがら(麻の茎)• カンバ(白樺の皮などの天然素材を乾燥させたもの) を材料として用い、 焙烙 ほうろくと呼ばれる素焼きの皿に材料を乗せて、玄関先などで火を焚きます。 材料のなかで、「おがら」が手に入り難くなっているため、代わりに「松」を利用する地域が増えてきているようです。 もし、材料を手に入れるのが困難な場合は、ネット通販を利用してはいかがでしょうか。 また、マンションなどにお住まいで、迎え火や送り火を玄関先で焚くのはちょっと・・・という場合は、玄関先に 盆提灯を飾るようにします。 ろうそくの火が心配という方は、電池灯の盆提灯を飾っていただければと思います。 伝統的な送り火の行事 今では、ある種お祭りに近いような存在になっていても、本を正せば 送り火の行事というものが、日本各地に存在しています。 その中から代表的な行事を2つご紹介して、この記事を閉じたいと思います。 京都府「五山の送り火」 もしかしたら「大文字焼き」と言えばピンとくるかもしれませんが、正式名称ではありません。 「五山の送り火」とは、• 東山如意ヶ嶽の「大文字」• 松ヶ崎西山・東山の「妙・法」• 西賀茂船山の「船形」• 金閣寺付近大北山 大文字山 の「左大文字」• 嵯峨仙翁寺山 万灯籠山・曼荼羅山 の「鳥居形」 この五つを指します。 中でも、東山如意ヶ嶽の 「大文字」が最もよく知られています。 長崎県「精霊流し」 写真は、 長崎県島原市のものです。 切子灯ろうの淡い光に包まれた精霊船が夜の有明海を流れていく様子は、 美しく情緒的です。 同じ長崎県でも、 長崎市内の精霊流しは、爆竹と鐘の音が鳴り止まないハデで騒がしく お祭りのようなものです。 ところ変われば・・・とはよく言ったもので、お盆の期間がさまざまであるように、お盆の行事もそれぞれの地域に形を変えて根ざしています。

次の