細い竹 食べる。 食べられる筍と食べられない筍

食用たけのこの種類は?生筍を美味しく食べるあく抜きの方法とレシピ

細い竹 食べる

姫竹(根曲がり竹)とは 姫竹とは「竹」と書きますが、竹ではないので筍でもありません。 姫竹はチシマザサ(千島笹)という 笹の若芽です。 イネ科ササ属の山菜で、学名はSasa kurilensisと表記されます。 地表の近くで稈(かん・イネ科植物の茎 に見られる節と節の間が中空の茎)が弓上に曲がっていることで「根曲がり竹」とも呼ばれています。 昔から手軽に採取できる美味しい山菜として親しまれています。 春の味覚として楽しむゴロンとした厚みのある孟宗竹の筍と比べると、1~2cmくらいの太さの細くて小さいものですが、香りがよく、アクも少なく、食感がよいと好まれています。 チシマザサは大型の笹ですが、笹と言っても笹自体、竹と近い種であることや、味も筍に近いことから筍の一種として扱われていることがほとんどです。 皮は緑で根の方は薄い赤紫色をしています。 皮を剥くと黄緑色をしています。 細長い形状の筍であるハチク(淡竹)とよく似ていて、食べ方もハチクと同じような食べ方で料理されます。 姫竹を根曲がり竹と呼ぶわけ 姫竹とは山陰地方でよく呼ばれている呼び名ですが、信州から東北地方に行くと根曲がり竹とよばれます。 そう呼ばれるわけは、根曲がり竹と呼ぶ地方は、冬に雪が多く、チシマザサの若芽が芽を出し始める頃は、まだ雪が積もっていることがあり、雪の中から出てきた芽は、雪の重みで根元が曲がっているものが多いことから、この地方の人たちは姫竹のことを根曲がり竹と呼ばれるようになったそうです。 姫竹(根曲がり竹)の旬 姫竹(根曲がり竹)の美味しい旬の時期は5~6月です。 主な産地は、山陰や上信越地方、東北地方、北海道などです。 地方によって芽を出す時期や採取できる時期が違いますが、おおよそ5月初旬か収穫され始め、遅くても6月の初旬には収穫されます。 収穫される期間は短く、また芽を出すと成長が早くて1~2日でかなり大きくなってしまうので、美味しい時期を逃してしまうこともあります。 笹やぶの根元にはえるので、姫竹狩りをするのなら笹の葉を探し根元をよく探りましょう。 大きく成長したものは硬くて食べられません。 食べられるのは、まだ葉が開いていない新葉です。 青みを増さない白味かかったものが柔らかい姫竹(根曲がり竹)です。 姫竹(根曲がり竹)の保存方法 姫竹(根曲がり竹)は筍と同じで、収穫後時間が経過するごとに、どんどん風味が薄れ、アクも強くなってしまいます。 ですから収穫もしくは購入後はその日のうちに調理してしまうことがおすすめです。 すぐに食べない場合はできるだけ早く下茹でしましょう。 姫竹(根曲がり竹)は茹でずに保存することはできません。 姫竹(根曲がり竹)の下茹では筍とちがい簡単 姫竹(根曲がり竹)を保存する場合は下茹でしますが、アクがあると言っても筍のような強いアクではないので、糠や米をといだ水などを使わなくてかまいません。 普通に茹でるだけで大丈夫です。 茹でたら皮を剥き、水に浸した状態で蓋をして冷蔵庫で保存します。 水はこまめに変えるようにしてください。 この状態で3日くらいは保存可能です。 もう少し長く保存させたい場合は水煮の状態で密封できる瓶などの容器に移し、電子レンジで沸騰させるか、あるいは沸騰した湯に瓶を首まで浸して煮沸した状態にすると、過熱殺菌処理をした状態になり、長く保存することができます。 それでも保存時間は2週間くらいです。 冷蔵にしても、過熱殺菌処理をした状態で保存したものにしても、保存期間はあくまでも目安ですので、記載の期間でも味や香りに変化のある時は破棄してください。 冷凍保存をする場合 冷凍保存する場合は、筍と同じように一度茹でてから冷凍します。 ただし、冷凍したものは風味も食感もかなり落ちてしまいます。 できないことはありませんがおすすめはできません。 姫竹(根曲がり竹)の食べ方 姫竹(根曲がり竹)の収穫したての新鮮なものは、筍と違いアクが少ないので、茹でずに生のまま揚げ物や天ぷらにして食べるのがおすすめです。 天ぷらにする場合は縦に反割りにして使います。 そうしないと油の中で破裂してしまう場合があるからです。 そのほか味噌汁や煮物、炊き込みご飯などはポピュラーな食べ方です。 基本的には筍の料理と同じように料理して食べます。 信州や東北地方では缶詰のサバの水煮を使い、姫竹(根曲がり竹)をみそ仕立てにした汁物が郷土料理として紹介されています。 姫竹(根曲がり竹)の炭火焼き 収穫したての新鮮なものは、筍と違いアクも少ないので、皮つきのままで七輪やグリルで素焼きして食べます。 素焼きした姫竹(根曲がり竹)は皮を剥き味噌や醤油で食べますが、香りがたち、柔らかくて甘みがありとても美味しいです。 姫竹(根曲がり竹)のホイル焼き 姫竹(根曲がり竹)は細いのでホイルにくるんで焼くと、その分水分を閉じ込めることができ、ぱさぱさにならずに焼くことができます。 新鮮な生の姫竹(根曲がり竹)のホイル焼きは、とうもろこしを焼いたような味がするそうです。 ホイルの中に水とお酒を少々加えて焼くと酒蒸しになります。 どちらも焼きあがったものに、塩を振って食べると甘味が増し美味しいです。 姫竹(根曲がり竹)の栄養について 笹の種類の中でも葉を美味しく食べることができるチシマザサの若芽である姫竹(根曲がり竹)の栄養成分は、食物繊維ビタミンB、C、K、葉酸などのビタミン類、カルシウムやカリウムなどのミネラル類、多糖類が含まれています。 笹は胃腸を整え、傷の治りを高める効果があるので、野生の様々な動物も笹をよく食べ効果にあやかろうとします。 スタミナをつけるのにも効果的な栄養成分が含まれているようです。 春が旬の姫竹 根曲がり竹 には、タラの芽のように春に季節の山菜が持ち合わす苦味があります。 これは体をデトックスしてくれる効果があるのです。 山菜として楽しむ姫竹(根曲がり竹)には、その季に必要な栄養成分をたくさん含んでおり効果に期待されます。 笹でも筍と同様に成分表示されることもある 日本では竹と笹の区別を一般的には、「大きく成長するのが竹、小さいのは笹」とか、「茎を利用するのが竹、葉を利用するのが笹」というように、竹と笹をはっきり線引きして区別しないことがほとんどです。 たとえば竹は北海道などの寒冷地には生えません。 それゆえ孟宗竹のような筍は生えません。 北海道でいうタケノコ狩りとは、チシマザサの若芽である姫竹(根曲がり竹)のことをいいます。 竹と笹の大きな線引きがないので、書物によっては筍の栄養成分が姫竹(根曲がり竹)として記載されている場合もあります。 姫竹(根曲がり竹)! 新鮮のうちに美味しく食べよう 笹の葉である姫竹(根曲がり竹)は生での貯蔵が難しいため、採ったらすぐに調理するのがおすすめです。 筍よりアクが少ない分、茹でずに生のまま調理できます。 若芽はすぐに大きくなってしまいます。 美味しく食べられる期間の短いので、旬の時期を見逃さず、春の味を存分に楽しんでください。

次の

簡単な細いタケノコのゆで方!風味を損なわないためには?

細い竹 食べる

美味しいハチクの選び方• 出来るだけ太く、根元の黒いぶつぶつがついているものを選ぶ• 根元があまり緑色になっていないもの• 穂先の芽があまり伸びていないもの 細いと、皮を剥いた時にほとんど食べるところがなくなってしまうので、出来るだけ太いものを選ぶようにするといいでしょう。 また、根元が緑色になっていると、竹化していることが考えられるので、竹化する前に食べきってしまいましょう。 スポンサードリンク ハチクの下処理の仕方 皮を剥いて網焼きにすると絶品のハチク。 絶品のハチクを食べるには、 アク抜きは必要不可欠です。 お鍋に入るくらいの大きさに筍を切り、根元の汚れた部分や傷んだ部分は切り落としましょう。 お米のとぎ汁は最低2合分は必要です。 お米のとぎ汁をお鍋に張って、たけのこを投入するのですが、ここでポイントは水から煮ていくのがポイントです。 中火で沸騰後、約15分程煮ます。 噴きこぼれに注意をしながら煮ていきましょうね。 茹で終わったたけのこをザルにとって、白く固まったものがついていないかを確認して、きれいに落としましょう。 お米のとぎ汁が用意できない場合は、大さじ1杯ほどの生米を水を張った鍋に入れてたけのこの下茹でをしましょう。 とぎ汁を使ってあく抜きを行ったのと似たような出来になります。 まとめ ハチクは炊き込みご飯やおすましに入れると美味しく食べることが出来ます。 歯ごたえのある部分は、メンマにすると美味しく食べることが出来ますよ。 ハチクは、普通のたけのこに比べると、あまり見ることがないと思います。 見かけた際には思い切って手に入れてみてはいかがでしょうか。 ハチクのシャキシャキとした歯ごたえをより実感していただきたいです。

次の

姫竹(根曲がり竹)の食べ方、栄養について

細い竹 食べる

竹を食べる(・) タケはが温暖で湿潤な地域に分布し、の・地域に多い。 ササは寒冷地にも自生する。 タケ、ササの分布は北はから南はの北部、西は亜大陸から、または中部にも及ぶ。 、、の大部分には見られない。 稈の丈は代表種であるなどで20mを超える。 稈はとても強く大きくしなっても簡単には折れない。 通常、を広げることによって生息域を広げる。 が咲くことは極めてまれで、花が咲くときは4月から5月にかけてである。 一部のタケ類は周期的に開花し一斉に枯れることが知られている。 その周期は極めて長く、 、マダケの場合は約120年周期であると推定されている。 竹の種類によって開花周期に幅が見られるが、一般にはおおよそ60年から120年周期であると考えられている。 タケ類は成長力が強く、ピークの時は1日で1メートル以上成長する。 の近くにある民家の中に竹が侵入する(が生える)被害もある。 地下茎が地面を広く覆うことからには強いが、逆に強風、、病気などには弱く、放置された竹林で地滑りの発生が多いという研究もある。 事実、放置竹林による地滑りの事例がいくつも報告されており、問題が指摘されている。 また放置竹林によって山地が覆われ、元々植生していたやのが妨げられ、結果として森林の減少を招くという問題も起こっており、各地で対策が講じられている。 乾燥が十分なされたものは硬さと柔軟さを備えており、様々な用途に古来使われてきた(詳細は「」参照)。 の材料、建材などのほか、を利用しても作られている。 やとしても利用される。 前述した放置竹林の問題においても、これらの素材としての活用を求め、様々な研究、試行錯誤が行われている。 タケの芽をと呼び、食用とする。 葉を食料として利用する動物もおり、はこれを主食としている。 を除く種の多くは、限られた地域でしか生育しないことが多い。 その理由は不明である。 分類 [ ] 草本(草)と木本(木)との区別上の位置づけ [ ] タケがか木本かは意見が分かれている。 多くの草本類と同じく茎にあたる稈には見られないが、一方で木本類のように堅くなる性質がある。 また、通常の木本と異なり二次はせず、開花後は枯死することが多い。 分類上も、タケはである植物で、イネ科をはじめとする単子葉植物は大半が草本として扱われている。 このようにタケには草本の特徴が多く見られるため、タケをの1種として扱う学説が多い。 「」も参照。 タケ亜科内の位置づけ [ ] タケ類はイネ科タケ亜科に属する。 熱帯性木本タケ類と温帯性木本タケ類の2つの系統を合わせてタケ連として扱うこともある。 タケ亜科にはタケ連のほかに Olyreae 連が属するが、 Olyreae 連は典型的な草本であり、タケ連のような木質の茎を作らない。 Sungkaew et al. (2009 の分子系統学的解析によると、タケ連は単系統ではなく、熱帯性木本タケ類と温帯性木本タケ類の2つの系統に分かれる。 熱帯性木本タケ類が Olyreae ととなり、温帯性木本タケ類はそれら全体と姉妹群である。 彼らはこの結果から、温帯性木本タケ類を Arundinarieae 連に分割すべきとしている。 狭義のタケ連 (熱帯性木本タケ類) 旧大陸熱帯・オーストラリアのタケ連 新大陸熱帯のタケ連 Olyreae(草本タケ類) Arundinarieae(温帯性木本タケ類) : 日本に分布 タケ類の分類 [ ] 熱帯性木本タケ類と温帯性木本タケ類 [ ] タケ類は熱帯性木本タケ類と温帯性木本タケ類の2つの系統に分かれ生育型が大きく異なる。 このことから、分類学的には従来、 タケ連( Bambuseae)にまとめられていた。 しかし、その後の研究によってではないことが判明し、分割が提案されている。 温帯性木本タケ類は地下茎で生育繁殖するが、熱帯性木本タケ類は(株分かれ)によって立ち状になる。 バンブーは、熱帯地方に産する地下茎が横に這わず株立ちになるもののことを指す場合がある。 パルプ業界にはタケとバンブーの区別がある。 タケとササ [ ] タケは狭義にはと区別され、稈が成長するとともにそれを包む葉鞘(竹皮)が早く脱落してしまうものをタケといい、枯れるまで稈に葉鞘が残るものをササという。 一般的には丈の低いものが笹竹の略とされる。 しかし、のように膝丈ほどのタケや、のような背の高いササもある。 ちなみに、日本に見られるタケの多くはと考えられ、一部種類には日本野生説もあるが、ほとんどは原産である。 ササは日本産のものが多くあり、地方変異も数多い。 竹皮の着生 タケは生育後落下するが、ササは生育後も着生している。 葉の形態 タケは格子目があるが、ササにはそれがなく縦に伸びる平行脈である。 開花 タケは約120年周期、ササは40年から60年周期でどちらも開花後には枯死する。 分布 日本ではタケは(北端)からの広い範囲で見られるが、ほとんどは帰化植物と考えられる。 ササはや高山地帯にも自生する。 主な種 [ ] 荒廃した竹林 タケ類の種は、世界で600種とも1,200種とも言われる。 日本には150種、あるいは600種があるといわれる(いずれも学説によって異なる)。 日本に生育するタケ類のうち、代表的なものを以下に挙げる。 Phyllostachys bambusoides• Phyllostachys heterocycla f. pubescence• Phyllostachys nigra• Phyllostachys aurea• Phyllostachys heterocycla f. heterocycla• Bambusa multiplex• Semiarundinaria fastuosa• (ネマガリダケ) Sasa kurilensis• Sinobambusa tootsik• Chimonobambusa quadrangularis• Chimonobambusa marmorea• Pseudosasa japonica• Pleioblastus simonii 利用 [ ] 概説 [ ] ある程度大きく育った竹から、を通さない硬い節で複数に仕切られた稈(かん)と呼ばれる茎などが得られる。 伐採後に乾燥させた竹の稈は強靭であり、細工が容易で、にはないに富んでいる。 そのため、やなど、性の必要な製品の素材として古来広く利用されてきた。 竹竿は内部が空洞なので、としての性質を強く持つ。 つまり、しなやかで強い素材である。 しかもそれを構成するのが細長い繊維細胞であり、これも管である。 したがって、特に引っ張りには強い。 しかし、横からの力には管が壊れる形での破壊が起こりやすい。 また、加重を支えるのには向かない。 状況に応じ、そのまま、また、割って細い板状にして使用される。 横からつぶしたものはのようにも使用される。 さらに細い棒状にしたものはと呼ばれる。 伐採したままの竹を 青竹(実際には緑色)と呼ぶ。 火で焙ったり(乾式)、で煮沸したり(湿式)して油抜きをした 晒し竹、ある程度させた 炭化竹、伐採後に数カ月から数年間自然に枯らしたもの、ので数十年間やので燻された と、種々の素材が得られる。 これらは弾力性、硬さ、耐久性などが異なり、利用目的によって使い分けられる。 青竹は容易に入手できるが、耐久性に問題があり、晒し竹や炭化竹に加工することでその問題点は改善する。 煤竹は独特の色()をしており、硬く、耐久性に富むが、入手は困難である。 桿はほぼ円柱状で中空であり、軽量、丈夫でよくしなる。 そのためやの竿などの特殊な使用例がある。 伐採の時期により耐久性に違いがあることが知られる。 一般的に、水を上げている活動期に伐採されたものは耐久期間が短く、晩秋から冬の休眠期に伐採されたものは耐久期間が長い。 建材・内装材 [ ]• 竹小舞:和風建築のの素地• :鉄が不足していた時期にの代用として竹の骨組を配したコンクリート工法。 建築外部:日本ではあまり見ないが、香港や台湾、中国、では、比較的高いビルの建築現場でも足場材として使われる。 の材料• :小さく切った竹片に隙間を設けながらつづり合わせてシート状にしたもの。 暑い時期に体を冷やしてくれる冷却寝具として使用されている。 パイプ・容器 [ ] ある程度の長さに切り、途中の仕切りを突き抜けば、ができる。 大きいものは直径10センチメートルくらいから細いものまである。 また、これを縦に半分に切り、水を流すことにも用いられる。 調理器具: の、、などでは、竹にとを詰めて火にかけ炊き上げたものが飯として供されることがある。 火吹き竹: かまどの火に空気を送るために使う、沸かしやにも使う。 : 半分に割って、節をそぎ落とした状態で利用する。 軒に渡すことでにしたり、の流路、水飲み場の導水、の湯冷まし路などにしたりして利用される。 : 日本では、、、、、などの竹製が伝統的。 の上に保存し数十年にわたって燻して炭化したものを材料として使用した。 現在の日本では囲炉裏の習慣はないので、人為的に処理を行う。 外国には竹製のやがある。 竹製楽器のみのオーケストラ団がある。 のなどがある。 かつてはがをボディに使用したを発売していた(現在は生産終了)。 が竹集成材を使用した"Bamboo"シリーズを発売している。 の羅宇(筒)。 名称はに由来する。 : 一方の節を1つ残し、他方を余裕を持って切ることで、口の大きい容器となる。 水をくんだり、花を生けたりするのにも使える。 上下に節を残して切れば、密閉された部屋が手に入る。 片方に小さな穴を開ければなどに使える。 また、これに米を詰め、火にかける調理法がある。 竹を切らない、あるいは一つの節をそのままにした場合、密閉された容器となり、これを火中に投入すると派手な音を立てて破裂する。 これがの由来である。 結束材・ロープ [ ]• を締める箍(たが)。 :やぐらを組んで大きい車を仕掛け、これに割り竹を長くつないだものを巻いておき、その竹の先端に取り付けた掘鉄管で掘り抜くの代表的な工法。 人力のみで500メートル以上の掘削が可能であることから、開発途上国への技術指導が行われている。 工芸品・日用品 [ ] 犬矢来(・先斗町) 手に入りやすく、削る・曲げるなどの加工がしやすい。 繊維の方向がはっきりしており、それに沿った方向には細かく割りやすい。 節の部分で割れが止まるため、同質で同じ長さの棒状のものを量産しやすい。 細く薄く削れば、その厚さ次第で適度な弾力の先端を得られる。 さらに、無加工の状態でも比較的腐食しにくく保存が容易である。 やによく使われ、のやのなど各地のの材料としても多く用いられる。 子供のおもちゃなどにもよく利用される。 工芸品としては、伐採前の自然な変化や伐採後の経年変化により表面に様々な模様の入ったものが珍重される。 による侵食を利用したものもある。 花入・花籠・花生け• :の串などに利用されている。 : 食器等の洗浄器具• などの籃胎漆器• 竹:材にを多く含むため、切り口を鋭くすることによりとして利用できる。 竹皮:竹の最外層を覆っている薄い皮で、成長とともに自然に剥がれ落ちる。 竹皮にはやなどが含まれており防腐作用や殺菌作用がある。 そのため、、、肉、羊羹などの食品の包装材として用いられる。 また、などの材料としても利用される。 : そのまま使用したり、を巻いたものがある。 最近は鉄、アルミなどを使用したものが主流となっている。 自動車の内装装飾:実例を挙げると、4代目の一部グレードに竹製の内装装飾パーツが使用されている。 公式サイトによると、美しさと生育の早さによる環境イメージによって採用している模様。 ・の骨• ・の骨• 鉄道の• :、模型飛行機などの素材として使われる。 の:が白熱電球を改良した際、日本()の竹をこれに使い、実用レベルの白熱電球を開発した。 針 - 用• のブラシ: 路面電車の線路上の雪を、竹でできたブラシを回転させて除雪する車両。 枝条架:竹の枝を束ね棚状に幾層にも積み上げたもので、や別府ので見られる温泉冷却装置に用いられる。 :温度変化による伸縮が少ない性質を利用。 かつてはの素材としても用いられた。 :には、「竹」というシリーズがある。 煤竹を使用した高級品もある。 玩具 穂先メンマ• : 新撰六帖題和歌に「たけむまをつゑにもけふはたのむかなわらはあそびをおもひいでつつ」がみえ、古くから子供用の玩具として竹を使用していたことがうかがえる。 : 牌の背の部分に竹を使用したものがある。 最近は「ガン牌」の防止や全自動卓の普及により、竹を使用したものはほとんどない。 (竹かごの上に紙や造花を貼り合わせる) 漁業用具• 武具・スポーツ用品• : の訓練や、それを競技化したで用いられる。 と: どちらも竹から作られた。 矢の方はから作る。 現在は弓は(GFRP)や CFRP)を用いた複合材料製、矢は製や炭素繊維強化プラスチック製が主流。 の棒: 現在はガラス繊維強化プラスチックが使用されている。 : かつては百姓一揆などに際して利用された。 中、政府は「」の精神を婦人に植えつける目的で竹槍の訓練を行ったが、これに対して評論家のが非難したことから、後にと呼ばれる事件にも発展した。 (ほろ): 背後からの矢を防ぐために担ぐ盾の一種。 竹籠に布をかぶせたもの。 ・道具の材料としてかつて使われていた。 スキーのストックには特に加工されていない竹竿をそのまま利用していた。 その他• の竹棹• 、 - 一部メーカーが、記念品として竹素材のコンピュータを発売している。 食材 [ ]• (たけのこ)• (麺麻)- シナチク(支那竹)とも呼ばれる。 実の栄養価は小麦に匹敵するともいわれ、として飢饉を救った逸話もあるが、むしろ(野鼠)の大発生によるを招いた例が多い(開花を凶事とする根拠)。 の代わりに竹を使った葉が作られている。 は生薬や健康食品、茶葉、原料などに使われる。 詳細は「」を参照 やなどの一部工場は竹を原料としたを製造し、にまで加工している。 バイオ燃料 [ ] 他の植物と同様に、させるとを得られ、として利用できる。 研究チームの試算では、国内には約9,300万トンの竹があり、年間330万トンまでなら採り続けても生態系への影響はない。 除菌・消臭・防虫・土壌改良 [ ] は除菌・殺菌や、として使われる。 大阪府吹田市には、竹関連製品を開発するタケックス・ラボという会社があり、モウソウチク表皮抽出物から除菌剤やハンドソープなどを製造している。 粉末にした竹(竹粉)はに使われる。 などとともに農地にすき込むことで、土中に空気の層ができて農作物の根の張りが良くなるほか、竹粉に付着しているがやを抑える効果がある。 文化 [ ] 文学作品 [ ]• 、 - 作者不詳の日本の おとぎ話。 -(2008年8月22日発売、単行本、光文社)の虚実取り混ぜたエッセイ。 知人の所有する竹林の管理を任された作者の苦闘を書く。 パニック - 習俗・慣習 [ ] 「」も参照• 竹の花がつける実はの餌となる。 非常に稀な出来事であるため、平時のではあり得ない野鼠の大量発生を引き起こし、急増した野鼠が他の植物などを食害することが知られている。 この現象はで(bamboo death)と呼ばれ、壊滅的な農業被害が発生している。 このことから「竹の花は不吉の前兆」とする民間伝承が生まれた。 - 笹を飾る。 、竹、3つをあわせて (しょうちくばい)と呼び、が良いものとされる。 元は と呼ばれ画での画題が日本に伝わったもので、としても使われる。 他にも竹・・・を合わせた などもある。 竹の都 - に仕えたの古称、別称 - 「おもへただ竹の都はかすみつつしめの外なる御代のけしきを」。 ことわざ、慣用句など [ ]• 竹を割ったよう• 破竹の勢い - による言葉。 竹馬(ちくば)の友• 竹箆(しっぺ)返し• 木に竹を接ぐ• 松竹梅• 竹植うる日 - 5月13日。 夏ので、のは「降らずとも竹植うる日は蓑(みの)と笠(かさ)」と詠んだ。 この日に竹を植えると枯れないという中国の俗信がある。 竹酔日 ちくすいじつ。 竹に油を塗る - 1. 若くて美しいこと 2. 弁舌の達者なこと。 竹の子の親まさり• 竹八月に木六月 - 伐採に適した時期、陰暦。 竹屋の火事 - ポンポンと怒るようす。 竹藪に矢を射るよう - 無益なことの譬え。 名を竹帛(ちくはく)に垂る• 竹藪焼けた(たけやぶやけた)- の一つ。 家紋 [ ] 竹紋(たけもん)は、竹を図案化したである。 笹紋も含む。 『大要抄』に記された車文の「篠の丸(ささのまる)」が所見とされる。 とその一門、関係する武家を通じて分布した。 図案は、竹の幹、葉を描いたもの、それにや、を添えることがある。 雀を添えたものは多数図案があるがまとめて「竹に雀」と呼ばれる。 ほかにを図案化したものもある。 仙台笹 脚注 [ ] []• 2017年6月4日. 2017年6月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年6月4日閲覧。 Sungkaew, Sarawood; et al. 2009 , , Journal of Plant Research 122 1 , : ,• 国立研究開発法人 森林総合研究所 関西支所(2018年3月20日閲覧)• 2015年9月11日閲覧。 2015年9月11日閲覧。 2015年9月11日閲覧。 竹平商店(2018年3月20日閲覧)• 落合敏監修 『食べ物と健康おもしろ雑学』 p. 142 梧桐書院 1991年• (2018年3月20日閲覧)• ニュースサイト(2017年3月9日)2018年3月20日閲覧• タケックス・ラボ(2018年3月20日閲覧)• 【若者】()竹で土壌改良 を再生『』2019年9月2日(14面)。 「」 (、)• 三重県ホームページ(2018年3月20日閲覧) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 に関連の辞書項目があります。

次の