スタバ ノン カフェ イン メニュー。 スタバのノンカフェイン&デカフェドリンクは?カフェインレスなスタバメニュー特集 [ママリ]

ノンカフェインコーヒーはスタバにある?何があるか種類をチェックした

スタバ ノン カフェ イン メニュー

ノンカフェインのデカフェってどういうもの? デカフェという言葉を知っていますか。 デカフェとは通常コーヒーに含まれるカフェインを除去したノンカフェインのコーヒーのことを指します。 ただしノンカフェインとは言っても、メニューや商品によっては完全にカフェインが入っていないというわけではありません。 その場合は除去率98%(カフェイン含有率2%)という表記がなされていて、可能な限りカフェインを少なくしている飲み物ということになります。 スタバにもデカフェメニューが存在する?! 大手コーヒーチェーン店として日本国内にはさまざまなコーヒーショップがありますよね。 中でも若者を中心に人気を博しているのがStarbucks Coffee(スターバックスコーヒー)。 日本法人として独立していて、オリジナルのフラペチーノ商品も定評がありおいしいと人気です。 例えば春には桜の色を模したフラペチーノ、秋には抹茶のフラペチーノなど…。 価格帯もワンコイン程度と気軽に飲みやすいので、「スタバのフラペチーノには目がない!」という人も多いのではないでしょうか。 そんなスタバになんとデカフェメニューが存在します。 メニューブックにもしっかり掲載されていますよ。 2017年からはエスプレッソメニューでもデカフェ注文がOKになったので、かなりのメニューでデカフェが楽しめるようになりました。 カプチーノ以外は全てアイスかホットかを選べるので、気分に合わせてチョイスしてみましょう。 ここからはスタバのデカフェメニューについていくつか紹介します。 スタバの王道ならデカフェのドリップコーヒー シンプルにコーヒーを楽しみたい、という人ならデカフェのドリップコーヒーを頼んでみるのはいかがですか。 紙コップでテイクアウトするもよし、マグカップでイートインを堪能するもよし。 赤ちゃんが産まれる前のゆったりとした今の時間を楽しみましょう。 またスタバでは無料でミルクと無脂肪ミルクを置いています。 ドリップコーヒーを楽しんだ後に少しミルクを足せば即席で自家製カフェラテが完成!好みの分量のカフェラテに調節できるのでおすすめですよ。 ここでリアルなプレママさんの意見を聞いてみましょう。 「スタバメニューの中でもリーズナブルなドリップコーヒーは、妊娠する前から好きだったメニュー。 ただカフェインの量が心配…。 お腹が目立ち始めたころに店内でメニューに悩んでいたら、デカフェメニューがありますよと店員さんにおすすめして頂きました。 それまでデカフェって飲んだことがなかったのですが、意外とカフェインコーヒーと味に大差がなくびっくり!今では私の定番メニューですね」(妊娠6カ月のプレママ) スタバデカフェのキャラメルマキアート 基本的には薄味を推奨されるプレママさんですが、たまには甘いものが飲みたい気分のときってありますよね。 そんなときはスタバのキャラメルマキアートがおすすめ。 これからの秋冬シーズンなら断然ホット!フォームミルクの上にキャラメルソースがのっていて、何とも幸せな気分に…。 こんなおいしいものがノンカフェインで楽しめるなんてうれしですね。 プレママさんの意見をチェック! 「スタバのフラペチーノが大好きな私。 妊娠してからは甘いものを控えていますが、おやつの時間だけは少しの量ならOKにしています。 そんな中キャラメルマキアートでもデカフェが楽しめることをキャッチ!フラペチーノよりはカロリーが少ないし、罪悪感もありません!味もしっかりおいしいし、他のプレママ友だちにもおすすめしています」(臨月のプレママ) 他にもたくさん!スタバのデカフェメニュー スタバの公式ホームページにはさまざまなノンカフェインのデカフェメニューが掲載されています。 例えばモカ・ホワイトモカ・カプチーノ…。 可能な限りカフェインを除去しているのにコーヒーの風味はそのままなんてすごいですよね。 これからはプレママでもコーヒーが飲める時代!ぜひお友だちと、ご主人とコーヒーライフを楽しんでみてくださいね。

次の

家やカフェで飲めるノンカフェイン飲料まとめ!コーヒーが飲めない妊婦さんや胃弱、不眠症の人へ!【スタバ・ドトールなど】

スタバ ノン カフェ イン メニュー

出典元:• 堀産婦人科「妊娠中のカフェイン摂取」堀産婦人科()• 戸田中央産院「妊娠中のお食事Q&A」戸田中央産院() バニラ クリーム フラペチーノ ミルクとバニラシロップ、ホイップクリームでできたシンプルなドリンク。 コーヒーが使われていないので、カフェインが気になる妊婦さんや授乳中のママも選びやすいのではないでしょうか。 チョコレートチップやチョコレートソース追加のカスタムもとてもおいしいですよ。 サイズと価格• トール:470円• グランデ:510円• ベンティ:550円 全て税抜• 要望があればショートサイズの注文も可 マンゴー パッション ティー フラペチーノ パッションフルーツとマンゴーのトロピカルな味わいに、ハイビスカスティーをプラスしたフラペチーノです。 こちらもコーヒー未使用。 夏場にすっきりと飲みたくなりますね。 サイズと価格• トール:450円• グランデ:490円• ベンティ:530円 全て税抜• 要望があればショートサイズの注文も可 カフェ ミスト カフェインを取り除いたコーヒー豆を使う「デカフェ」を使用しての注文が可能なメニュー。 抽出に少し時間がかかりますが、カフェインを気にせずコーヒーを飲みたい方はいかがでしょうか。 カフェミスト自体は「本日のコーヒー」を使用したカフェラテのため、「カフェミストをデカフェでお願いします」と注文するようにしてください。 また、2017年1月よりデカフェ注文の際は通常のデカフェより50円増しになっています。 サイズと価格 デカフェにした場合• ショート:370円• トール:410円• グランデ:450円• ベンティ:490円 全て税抜 キャラメル スチーマー キャラメルの風味が楽しめるホットミルクの上に、ホイップクリームとキャラメルソースがトッピングされています。 ミルキーな味わいでほっこりとした気分に。 温かくて甘い飲み物が欲しいという方、いかがでしょうか。 サイズと価格• ショート:360円• トール:400円• グランデ:440円• ベンティ:480円 全て税抜 出典元一覧• 堀産婦人科「妊娠中のカフェイン摂取」堀産婦人科()• 戸田中央産院「妊娠中のお食事Q&A」戸田中央産院()• 東京都福祉保健局「コーヒーを飲むと胎児に影響があると聞きましたが、本当ですか?」東京都食品安全FAQ()• 日本医療・健康情報研究所/創新社「カフェインの過剰摂取に注意 コーヒーは1日4~5杯までが安全な量」保健指導リソースガイド()• スターバックス コーヒー ジャパン「ビバレッジ メニュー」スターバックス コーヒー ジャパン() 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

妊婦スタバへ行っても大丈夫?妊娠中に飲んでも良いスターバックス7つのメニュー

スタバ ノン カフェ イン メニュー

2011年10月17日 22時00分 「カフェイン抜き」をスターバックスで注文する方法 市街地・郊外問わず全国展開しているコーヒースタンド「 」では「 カフェイン抜き」という注文が可能だという話を聞いたので、店頭で実際に注文してみました。 や 、女性であれば妊娠中、カフェインを避けるように言われています。 そんな状況下で「どうしてもコーヒーが飲みたい」という欲求に駆られた時、スタバに立ち寄ってスマートに「カフェイン抜き」を注文するにはどうしたらいいかという手順を公開。 そしてカフェインの有無でどれくらい味が変わるのか飲み比べも行いました。 スターバックスの店舗に到着。 入店すると目の前にはカウンター。 レジに近づいたら、にこやかな店員がメニューを指し示してくれるはずです。 普通の注文であればそれで問題ないですが、今回は「カフェイン抜き」という通好みの注文なので勝手が異なります。 というのは、 メニューのどこにも「カフェイン抜き」という選択肢が書かれていないからです。 メニューを指し示せば何とかなるだろうなどと甘い考えでカウンターに立ってしまったなら、そこでゲームオーバーです。 カウンターで店員さんと差し向かい、口頭で「カフェイン抜き」の注文を交渉する自信がない人は、カウンターの前を華麗にスルーして店の奥にあるコーヒー豆が並んでいる棚へ行ってください。 「カフェイン抜き」というのは店舗で特殊な方法を行うのではなく、もともとカフェインが抜けている豆を使ってコーヒーを入れることを指します。 このカフェイン抜きの加工行程を と言い、コーヒーのみならずカフェインが含まれる食品全般に使われる手法。 健康意識の高いアメリカを中心に、欧米で広く浸透している加工方法です。 コーヒー豆が並ぶ棚の前に立っていれば、多くの場合1分以内に店員さんが話しかけてきて、おすすめのコーヒーの試飲をさせてくれたり、豆の説明を始めたりします。 そうなったらしめたもので、この写真に映っている青いパッケージの「 」を指さし、「これをお店で飲みたいのですが」と言えばOK。 日本のスターバックスで「カフェイン抜き」が行われているコーヒー豆の銘柄は1種類だけ。 「他の銘柄のカフェイン抜きをください」というのは無理な相談なので気をつけてください。 また、キャラメルマキアートなど、スターバックスの多くのメニューに使われている「エスプレッソ」を「カフェイン抜き」の豆で作ることはできないとのこと。 今回は「どうしても特定の銘柄の豆のコーヒーを飲みたい」という需要を満たすための「プレスサービス」を利用して、カフェインの有無による味の違いを比較してみることに。 豆をすべてこしとってしまうドリップコーヒーと異なり、プレスは豆の破片や豆の油が出て抽出液に残るため、どの豆を使っても味が濃厚になる傾向があります。 下の写真右側に写っている という専用の器具にひいたコーヒー豆とお湯を入れ、上から押すようにして抽出するタイプの入れ方で、1杯ずつ違う豆で出して飲めるというわけです。 ちなみに 「プレスサービス」のことはメニューには書かれていません。 左側がカフェイン抜きの「 」(税込390円)、右がカフェインを含む「 」(税込390円)。 どちらも一番小さいショートサイズ(240cc)です。 まずは「カフェイン抜き」の方から飲んでみます。 香りは薄く、飲み始めはうっすらと感じる程度だった苦みが、口の中を液体が通り抜けるころには舌を包み込んでいきます。 これは「カフェイン抜き」の豆特有の物なのか断言はできませんが、飲みこんだ後、のどの奥にややピリピリとした痛みを感じたのが気になりました。 次に「カフェインあり」の方を飲んでみましたが、同じ銘柄の豆だとは思えないくらい風味が違います。 香りやコク、そして砂糖を入れなくてもナッツのような甘みがあり、非常に豊かな味わい。 ナッツ入りのチョコレートと一緒に食べたらとても合いそうです。 コーヒーは砂糖やミルクを加えることによって味ががらりと変わることもあるので、カフェイン抜きの方に白砂糖をどさどさと入れてみましたが、後に残るピリピリした感じは消えてくれませんでした。 次にレジカウンター横のスタンドに置いてある、セルフサービスの牛乳を入れてカフェオレにしてみました。 しかしやはり両者の味の差は開いたまま一切縮まらず。 「カフェイン抜き」の豆ですが、スターバックスの豆であってもここまで露骨に差が開いてしまうというのは予想外でした。 ここまでの流れをまとめ、入店後にレジカウンターへ直行しても、カフェイン抜きのコーヒーを注文できる方法をまとめてみました。 店頭でカフェイン抜きのコーヒーを飲む場合、今回試したプレスサービスの他に、ドリップコーヒーの機械で入れてもらうことも可能。 コーヒーの味はドリップで入れた方がすっきりとしたものになります。 また、 ドリップコーヒーのショートが1杯300円、プレスサービスのショートが1杯390円と90円の価格差があるので、味の好みと懐具合を天秤にかけて、好きな方を選択してみてください。 編集部にあった「 」も加え、3種類で飲み比べます。 左から「ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス」、カフェイン抜きの「ディカフェ コモド ドラゴン ブレンド」、そしてカフェインありの「コモド ドラゴン ブレンド」。 「ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス」は香りの薄さと酸味が目立ったため、いきなり土俵の外へはじき出される形に。 さすがにインスタントコーヒーとドリップコーヒーを戦わせるのは無理があったようです。 そこでカフェイン抜きの「ディカフェ コモド ドラゴン ブレンド」とカフェインありの「コモド ドラゴン ブレンド」を比較したところ、店頭で飲んだ時よりかなり両者の差は縮まっていました。 コーヒーは普段飲まず特にこだわりもない編集部員は「ほとんど違いが分からない」とコメントするレベルです。 さすがに香りやコクはカフェインありの方が勝っていましたが、カフェインが摂取できない時に飲むのであれば、カフェイン抜きの方でも十分コーヒー欲を満たしてくれます。 店頭で飲み比べをしていたところ、隣の席の男性が試飲のために小さなカップに入ったコーヒーを店員に勧められたものの、「カフェインが取れないので」と断って、自分で注文したノンカフェインの飲み物を飲んでいました。 また、店員に「カフェイン抜き」の注文が多いかどうか聞いたところ、「若い人が集まる地域にある店なので注文数は多いとは言えないが、頼む人は確実にいる」ということでした。 なぜかメニューに掲載されていない「カフェイン抜き」のコーヒーですが、もっと積極的に存在をアピールし、いずれは誰にでも分かるよう、メニューにも頼み方やその存在を掲載してほしいです。 」とありますが、日本国内で販売しているスターバックスのディカフェコーヒーは薬剤を一切使用しておらず、スイスウォータープロセスという独自の方法で水のみ使用し、カフェイン除去しています。 とのことです。

次の