キャッス レス ポイント 還元。 キャッシュレス・消費者還元制度のご案内 |イオンカード 暮らしのマネーサイト

キャッシュレス決済で5%還元!還元方法と対象のクレジットカードとは?

キャッス レス ポイント 還元

1.ポイント還元制度の仕訳 1-1.ポイント還元制度の仕組み まず始めに、「ポイント還元制度」の仕組みについておさらいしましょう。 「ポイント還元」とは、消費者が物品を購入した際に、その物品の種類や金額によって一定の金額がポイントとして還元される制度です。 2019年10月からの消費税増税に伴う消費の冷え込みを避けるために、政府が2020年6月末まで行う政策です。 1-2.ポイントの使用に関する原則的な取り扱いは? 結論から言います。 ポイントの使用に関する会計処理は定められた基準があるわけではありません。 法人税法では「金品引換券付販売」という規定がありますが、発行者側についての規定があるのみで、使用者側については触れられていません。 そのため、今回は一般的に行われている会計処理をご紹介します。 一般的には、ポイントを使用した時点で、ポイントという現金同等物の権利を行使したため「 収入」として捉える考え方と、ポイントの使用により物品が「 値引き」されるという考え方があります。 どちらの考え方も間違いではありません。 しかし、考え方次第で会計処理が異なります。 1-3.ポイント還元の一連の会計処理を確認しよう! ポイントを使用した際に「収入」として捉えるか、「値引き」として捉えるかにより会計処理が異なります。 ここでは、ポイント還元についての一連の会計処理を確認します。 <ポイント取得時> クレジットカードを使用して10,000円の冷蔵庫を購入。 この取引により3,000円分のポイントが付与された場合の会計処理 借方科目 金額 貸方科目 金額 消耗品費 10,000円 未払金 10,000円 物品を購入してポイントが付与された場合、必要な会計処理は「物品の購入」にかかる仕訳のみで、 「ポイント付与」についての会計処理は不要です。 理由は、ポイントが付与された時点では、値引きが行われたわけでもなく、一定期間経過後に使用期限切れをむかえてポイントが失効する可能性があるためです。 <ポイント使用時> クレジットカードを使用して30,000円のデスクを購入し、前回付与された3,000円分のポイントを使用し、27,000円の支払いを行った場合。 しかし、この取引で使用されたポイントは、前回の「冷蔵庫を購入した際に付与されたポイント」であるため、今回購入したデスクの値引きとして計上した場合、 デスクの価値を適正に表示されなくなってしまうため、少し違和感があります。 2.販売者側のポイント還元時の消費税の処理 2-1.「売上値引き」として捉えた場合の誤った記帳方法 「販売者側」では、 ポイントの付与を「売上値引き」として取り扱った場合、消費税法上、誤った記帳を行う可能性があります。 「販売者側」のポイントの会計処理を行う場合は、そのポイント制度が次のどちらのポイント制度なのか判断する必要があります。 自社がポイント発行して、ポイントの付与、割引を行う「自己完結型」• 他社がポイント発行して、ポイントを付与、割引を行う「提携型」 1. の「自己完結型」と2. の「提携型」では消費税の取扱いが異なると一般的に言われています。 今回の政府主導で行われる「ポイント還元制度」については、キャッシュレス事業者がポイントの還元などを行う制度なので、今回は2. の 「連携型」についてご紹介します。 例 顧客が1,000円(税抜)の消耗品をクレジットカードにより購入。 代金は消費税の10%を合わせて1,100円。 お店は、総額の5%にあたる55円分のポイント付与した。 顧客がポイントの即時利用を選択したため、1,100円から55円分のポイントを差引き、1,045円の支払いを受けた。 後日、キャッシュレス事業者よりポイント使用分の55円が入金された。 また、クレジットカード会社から決済手数料20円を支払金額1,045円から差し引かれ、1,025円の入金があった。 <商品の売上時> 借方科目 金額 貸方科目 金額 未収入金 1,045円 売上 950円 仮受消費税 95円 <ポイント使用分の入金(キャッシュレス事業者より)> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 55円 雑収入 55円 <クレジット会社からの入金> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 1,025円 未収入金 1,045円 支払手数料(非課税) 20円 以上の仕訳は、 ポイント使用後の金額で消費税を計算しているため誤っています。 2-2. 「売上値引き」として捉えた場合の正しい会計処理 上記の例における正しい仕訳は以下のようになります。 <商品の売上時> 借方科目 金額 貸方科目 金額 未収入金 1,100円 売上 1,000円 仮受消費税 100円 <ポイント使用分の入金(キャッシュレス事業者より)> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 55円 未収入金 55円 <クレジット会社からの入金> 借方科目 金額 貸方科目 金額 預金 1,025円 未収入金 1,045円 支払手数料(非課税) 20円 「提携型」のポイント付与を利用する場合は、キャッシュレス事業者からのポイント使用分の入金とクレジット会社からの販売代金(クレジット利用手数料を差引後)の入金があります。 (キャッシュレス事業者が全て取りまとめるケースもあります。 ) そのため、会計処理が複雑になります。 また、キャッシュレス販売の利用料にかかる消費税は、 クレジットカード会社から直接請求された場合は「非課税取引」、カード決済代行会社からの請求の場合は「課税取引」になります。 電子マネーはプラットフォームにより「非課税取引」になる場合と、「課税取引」になる場合があります。 契約相手によって消費税の取扱いが変わるため、 請求書をよく確認する必要があります。 3.購入者側のポイント還元の消費税の処理 前章では「 販売者側」の会計処理をご紹介しましたが、次はポイントを発行する「 購入者側」の会計処理についてご紹介します。 「例外的」な会計処理方法を採用する場合は、 「継続」して同じ会計処理を行っている場合に認められます。 消費税の10%を合わせて1,100円になり、代金の5%にあたる55円分のポイントが付与された。 ポイントを即時利用し、1,100円から55円分のポイントを差引き、1,045円の支払いを行った場合。 借方科目 金額 貸方科目 金額 消耗品費 1,000円 未払金 1,100円 仮払消費税 100円 未払金 55円 雑収入 ( 仕入の対価の返還等) 55円 「雑収入」については、消費税法上、 「仕入の対価の返還等」に該当します。 消費税の計算では 課税仕入のマイナスとして取り扱われます。 借方科目 金額 貸方科目 金額 消耗品費 950円 未払金 1,045円 仮払消費税 95円 「原則的」な会計処理に比べて、「例外的」な会計処理の方がポイントを差引いた金額で処理するため、 シンプルで分かりやすい仕訳になっており、 どちらの会計処理を用いても消費税の計算は同じ結果になります。 しかし、「例外的」な会計処理については、 継続適用が要件になっています。 社内での会計処理を統一する必要があるでしょう。 「購入者側」と「販売者側」を比べてみると、「購入者側」は「雑収入」(仕入の対価の返還等)を計上するため、実質的に消費税は ポイント使用後の金額に課税されています。 しかし、「販売者側」の消費税は ポイント使用前の金額に課税されています。 消費税の性格上、1つの取引で非対称な状態が起こることは公平ではなくなってしまいますし、将来インボイス方式が採用された場合に問題が生じます。 そこで、国税庁よりポイント使用時の具体的な会計処理方法についての見解が示されました。 3-3.国税庁の見解 キャッシュレス・消費者還元により、即時ポイント充当が行われた場合でも、商品対価の合計額が変わるものではないとしています。 一方で、売主が自社でポイントを付与して「値引き」となる場合には、値引き後の金額を、商品対価の合計額と判断するとしています。 しかし、購入者側からすると、即時充当ポイントが、キャッシュレス・消費者還元によるものなのか、自社ポイントによるものなのかは区別がつきませんので、 レシートの表記から判断して良いとしています。 【引用】 4.ポイントを利用して高額な固定資産を購入した場合 少額の備品の購入の場合(10万円未満)は一括で経費となるため問題になりませんが、 高額な備品を購入した場合は、資産計上することになります。 備品の取得価額が会計処理によって異なることで、 減価償却費の金額も異なってきます。 まとめ 今回は、ポイントを使用した場合の会計処理方法をご紹介しました。 会計処理方法には「収入」として処理する方法と、「値引き」として処理をする方法があります。 「値引き」として会計処理を行う方法がシンプルで経理担当者の負担を減らすことができますが、同じ会計処理を継続して行わなければなりません。

次の

キャッシュレスポイント還元の経理処理|ポイントを利用したら課税されるのか?

キャッス レス ポイント 還元

対象店舗での1か月間のご利用金額に対して5%または2%のICOCAポイントを付与いたします。 付与されるポイントは小数点以下切捨てとなります。 なお、3か月に1回の頻度でポイント付与をさせていただきます。 付与されるICOCAポイントは、JR西日本の駅に設置された自動券売機等でポイントチャージをすることにより、列車やお買い物でご利用いただけます。 (例)• ・2019年10月1日~2019年12月31日の期間にご利用いただいた場合、ポイント付与タイミングは、2020年1月中旬を予定• ・2020年1月1日~2020年3月31日の期間にご利用いただいた場合、ポイント付与タイミングは、2020年4月中旬を予定• 他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 架空の売買や、直接又は間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引等、客観的事情に照らして取引の実態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 商品若しくは権利の売買又は役務の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャッシュレス決済を行い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない取引を対象であるかのように取り扱い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象取引が取消、解除その他の事由により存在しなくなった、又は現金若しくは本事業の対象外取引である金券等による反対給付が行われたにも関わらず、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない加盟店が対象であると申告することで、他者に本事業における消費者還元に基づく利益を得させること• その他補助金事務局が、補助金制度の趣旨に照らして不当であると判断する取引.

次の

ICOCAのご利用で最大5%のポイント還元!:JRおでかけネット

キャッス レス ポイント 還元

ちょっとわかりにくいですが、簡単に言えば 中小・小規模事業者でキャッシュレス決済を使うと5%の還元。 中小・小規模事業者でもフランチャイズ加盟店で使うと2%の還元ってことです。 政府は直営店のフランチャイズ店に対しては自社持ち出しで還元をやるように促していますので、コンビニ等の大手フランチャイズ店では全店で基本的に還元がありそうです。 そうじゃないとどこがフランチャイズでどこが直営店なのかは消費者側からはわかりませんからね・・・ 対象となる決済手段 対象となるキャッシュレスの決済手段はまだ具体的にはでていません。 基本的には クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど電子的に繰り返し利用できる決済手段とされています。 後述する決済事業者が提供するサービスに限定はされるでしょうから自分が使っているキャッシュレス決済が対象かどうかは確認しておきたいところです。 中小・小規模事業者の定義 今回の還元は中小・小規模事業者が対象となります。 では具体的にどこからどこまでが中小・小規模事業者なのでしょうか。 中小・小規模事業者の定義を見ておきましょう。 業種 定義 製造業その他 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人事業主 卸売業 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人事業主 小売業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人事業主 サービス業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人事業主 基本的には上記のルールとなります。 基本的に資本金と従業員の数で判別します。 しかし、今回新たなルールが制定されました。 過小資本企業というルールです。 過小資本企業 「中小・小規模事業者の定義に該当する場合であっても、登録申請時点において、確定している(申告済 みの)直近過去3年分の各年又は各事業年度の 課税所得の年平均額が15億円を超える中小・小 規模事業者は補助の対象外とする。 」とされているのです。 簡単に言えば実は大手のくせに資本金が低い企業だけこの「キャッシュレス消費者還元事業」使えてずるいという声が多かったんですね。 それを新たなルールを定めて出来なくしたってことです。 これは話によるとヨドバシカメラが問題視されたようです。 ヨドバシカメラは中小・小規模事業者の定義だと中小・小規模事業者にあたるんですよ。 ヨドバシカメラで買えば5%還元。 ビックカメラで買えば還元なしだと不公平だろってことでしょう・・・ 個人的に気になる点・・・ 個人的に気になるのは消費者側からするとどこが対象でどこが対象外かわかりにくいという点です。 お店の資本金や従業員数なんて知るわけがありません。 そうなるとどこが「キャッシュレス消費者還元事業」の対象でどこが対象外かそとからではわからないですよね。 PayPay加盟店などが旗を掲げているようにそんな感じで対応するのでしょうかね? 消費者還元の方法 消費者還元の方法は以下のとおりです。 本事業において補助の対象となる消費者還元の方法は、原則として決済事業者(イシュアー)が、決済 額に応じたポイント又は前払式支払手段を消費者に付与する方法により行うこととする。 出典:経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」より こちらもちょっとわかりにくいですが、簡単に言うと ポイントで還元するかチャージ分で還元しなさいってことです。 ただし、こちらも例外が設けられています。 やむを得ず原則によることができない場合には、その理由を申告し事務局の承認を得られた場合に限り、以 下の方法をポイント等による消費者還元の類型として実施することができる。 出典:経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」より こちらもちょっとわかりにくいですね(笑)簡単に言えば以下のとおりです。 1は即時利用可能なポイント・クーポン等を発行することで代替えする方法。 2はお金を銀行口座から引き落としの際にポイント還元分差し引いてくれる方法 3はまとめて決済時に充当する方法 となっています。 2あたりは使い勝手も良さそうですから採用するところが多そうですね。 消費者還元の上限 現在PayPayなどのキャッシュレス決済はいろいろな還元を行っていますが、どこも上限がついてます。 PayPayが前回100億円キャンペーンを実施した時に不正が横行したのでそれもあってのことでしょう。 それでは今回の「キャッシュレス消費者還元事業」の上限はどうなっているのでしょうか? こちらは結論から言えば一 律の上限を設けることはしないとされています。 ただし、不正防止対策として 各社で適切な上限設定を行うとされています。 つまり、事業者ごとに上限額を設定することになります。 このあたりは各社の発表まちですね。 対象外となる取引 それでは 「キャッシュレス消費者還元事業 」で対象となる商品やサービスはどういうものがあるのでしょうか。 基本的には多くのものが対象となります。 ちなみに消費税増税時に 軽減税率対象となっているものもキャッシュバックの対象となります。 主な対象外は以下のとおりです 〇有価証券等、郵便切手類、印紙、証紙、物品切手 等(商品券、プリペイドカード等) 〇自動車(新車・中古車)の販売 〇新築住宅の販売 〇当せん金付証票(宝くじ)等の公営ギャンブル 〇収納代行サービス、代金引換サービスに対する支払い 〇給与、賃金、寄付金等 〇その他、本事業の目的・趣旨から適切でないと経済産業省及び補助金事務局が判断するもの 最後のその他にどういうものが当てはまるのかで範囲がだいぶ変わりそうですね。 このあたりは現在もクレジットカードで買えないものがほとんどですからそう大きくは変わりはないかもしれません。 切手やはがきも今回の消費税で値上がりしますがキャッシュレス還元では対象外となりますね。 ってところが並んでいます。 がついていますが、さらに 「キャッシュレス消費者還元事業」で5%のキャッシュバックはなさそうです。 できたら本当にすごかったんですけどね(笑) 決済事業者 決済事業者は届出制ですでにリストが発表されています。 楽天カードの楽天、SuiCaの東日本旅客鉄道会社などめぼしいところはたいてい登録されていますね。 あまり聞いたことない会社もかなり含まれていますが・・・ 興味のある方はこちらからどうぞ >> まとめ 今回は「キャッシュレス決済を使うと5%還ってくるキャッシュレス消費者還元事業の概要を解説」と題して国が実施るするキャッシュレス決済による還元制度についてみてきました。 今回実施されるのは5%のキャッシュバックですが、他にも事業者が提供するキャッシュバックも合わせて実施されるでしょう。 そうなれば実際の還元率はかなりすごいことになりそうです。 この波に乗り遅れないように消費者側はキャッシュレス決済を使えるようにしておく、企業側はキャッシュレス決済を導入しておく必要があるでしょうね。 そもそもキャッシュレス決済って種類が多くてよくわからないって方は下記記事も合わせて御覧ください。

次の