稲城 内科。 稲城市 内科 呼吸器内科 アレルギー科 医療法人社団 秀巧会 稲城わかばクリニック|訪問診察・有床診療所19床

【府中市・内視鏡・プラセンタ療法】 いづみ内科(内科・消化器内科・内視鏡内科・アレルギー科) 日曜日も診療・稲城I.C.降りてすぐ

稲城 内科

インフルエンザ予防接種は10月9日(火)から開始いたします。 当日のお電話によるご予約のみ承ります。 ネットでのご予約はできません。 小学校4年生以上の方が対象となります 妊娠されている方への接種はいたしません。 ご了承のほどよろしくお願いいたします。 当クリニックでは検査や治療を行うにあたって、患者様に丁寧で分かりやすい説明を心がけております。 患者様の身体がどのような状態にあるのか、どのような検査や治療が必要になってくるのかということをきちんとお話しし、理解していただくことが大切だと考えているからです。 身体の状態について、検査や治療について理解していただき、最終的に患者様自身に検査を受けるかどうか治療を受けるかどうかを決めていただきたいと考えております。 また、説明する際や診察を行う際には患者様のお気持ちに寄り添うように心がけており、患者様と二人三脚でお悩みの改善に向けて取り組んでいく姿勢を大切にしております。 患者様と同じ目線で病気や身体のお悩みと向き合い、改善に向けて一緒に取り組んでいくことで信頼関係を築くことができればと思っております。 また、当クリニックはご高齢の方から若い世代の方まで幅広い年齢層の方にご利用いただいております。 どのような方に対しても丁寧で親身な応対を心がけており、診察においても検査や治療の説明においても、患者様のことを優先に考えるようにしております。 当クリニックは、患者様の様々なお悩みに対応するため、技術や知識の習得に精力的に取り組んでおります。 患者様のことを考えて研鑽を積み重ねることで、より多くの方にご納得いただける医療をご提供できればと思っております。 開業医というのは診療時間に多くの時間を割いているため、なかなか学会に参加するのが難しいという現実があります。 しかし、新しい技術や知識を習得するうえで、学会の情報というのは非常に有用なものです。 そのため、当クリニックの院長は学会にも参加するようにしております。 また、昨今ではインターネットが普及したこともあり、学会の情報をネット上で取得しやすい環境になりました。 このようなネットワークの発展も有効的に活用しながら勉強を重ねていきたいと考えております。 向上心を持って医療と向き合っていくことで、より多くの患者様のお悩みを改善するお手伝いができればと考えています。 当クリニックは癒やしの空間をイメージした医院づくりを行っております。 院内に関しては、照明に詳しい方やインテリアコーディネーターの意見を参考に設計しました。 木目を基調とした内装は、癒やしと落ち着きを大切にしております。 また、引き戸を採用したり、トイレを広く設計したりとバリアフリーにも対応しており、車いすやベビーカーをご利用の方でも過ごしやすいかと思います。 待合室も患者様に快適にお待ちいただけるような空間を心がけ、雑誌をご用意したり、テレビ映像を流したりと様々な工夫を行っております。 当クリニックでは糖尿病検査、エックス線検査、内視鏡検査、ピロリ菌検査、エコー検査、動脈硬化の検査、24時間ホルター心電図、睡眠時無呼吸症候群の検査、呼気中一酸化炭素濃度測定など、多様なお悩みや疾患の検査に対応しており、症状や身体の状態を調べるのに有用な検査機器も導入しております。 患者様との信頼関係を築くことをモットーとしています。 そのために、理解していただけるように説明することを大切にしています。 例えば、薬を処方する際には、ただ薬を出すだけでなく、どんな薬なのか、どのタイミングで飲むのか、どれぐらい飲むのかなど、資料をお見せしながらしっかりとご説明いたします。 患者様が何を求めているのか、何を聞きたいのか、どこまで理解しているのかをしっかりとくみ取り、信頼関係を築く努力をすることが大切だと考えています。 座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」です。 人間のできることは限られているけれども、やれるだけのことはやるべき。 神頼みという言葉がありますが、ただ神に頼むのではなく、できる限りの力を尽くすことが大切だと思います。 医師として、力を入れて学んだことは何ですか? その理由も教えてください。 私はもともと循環器の救命救急に携わっていました。 循環器領域の救急の患者様の場合、いかに迅速に診断して対応するかが重要で、常に時間との勝負で治療に取り組んできました。 内科系の中でも循環器内科では、一刻を争う状態であっても適した診断と治療をすることで、数日後には元気になって退院される患者様がいらっしゃいます。 患者様が元気に歩いて帰る姿を見られることは医師としてやりがいを感じていました。 今まで診てきた患者さまの中で、心に残っている印象的なエピソードがあれば教えてください。 70代の患者様が、嘔吐で救急搬送されてきたことがありました。 通常、嘔吐であれば胃の病気を疑うのですが、実は心筋梗塞でも嘔吐することがあるのです。 念のため心電図検査をしてみましたが、明らかな心筋梗塞ではありませんでした。 しかし、違和感があったため、心臓カテーテル検査を行なった結果、心臓の左主幹部が閉塞しており、すぐに手術を開始。 2週間後には、元気になって歩いて帰ることができました。 あの時、心臓の異変に気がついて、すぐに対応できたことが今でも印象に残っています。 初めて来院された患者さまに対して心がけていることがあれば教えてください。 私自身が受けたいと思える対応をすることです。 まずは受付けでスタッフに笑顔で対応してもらうことです。 そして、診察室に患者様が入ってきた時にも笑顔で挨拶。 患者様のお名前を呼んで確認し、自己紹介をすることを心がけています。 病院もサービス業です。 たとえ忙しくても笑顔で対応することが大切だと考えています。 また、スタッフにも同じように対応するよう指導しています。 例えば、体温を測ってもらったら、測り終わるタイミングでこちらから取りに行くなど、受付けとお会計の時以外は、スタッフから動くようにしています。 診療のモットーを教えてください。 患者様との信頼関係を築くことをモットーとしています。 そのために、理解していただけるように説明することを大切にしています。 例えば、薬を処方する際には、ただ薬を出すだけでなく、どんな薬なのか、どのタイミングで飲むのか、どれぐらい飲むのかなど、資料をお見せしながらしっかりとご説明いたします。 患者様が何を求めているのか、何を聞きたいのか、どこまで理解しているのかをしっかりとくみ取り、信頼関係を築く努力をすることが大切だと考えています。 開業当初と今で変わったこと、変わらないことを教えてください。 変わったことは患者様が増えたことです。 患者様が増えても、開業当初と同じように時間をとって丁寧に診療することは、変わらず心がけています。 ご年配の方に配慮していることがあれば教えてください。 脚が悪い方、つえを使っている方、耳が遠い方など様々な方がいらっしゃいますので、スタッフが目を配らせ、サポートをするようにしています。 今後、力を入れていきたいと考えている治療について教えてください。 今行っている診療を、日々精進しながら行っていきたいと考えています。 貴院のスタッフの自慢できる点を教えてください。 患者様に対して優しく対応してくれているところです。 電話の応対を含め、接遇がしっかりできていると思います。 この町で開業に至った経緯を教えてください。 開業するにあたって物件を探していたところ、駅が近くて駐車場のあるこの建物を紹介していただきました。 実は、私は稲城に住んだことはなかったのですが、偶然にも曽祖父の出身地がここ稲城だったんです。 これも何かの縁だと思い、この町に開業することを決めました。 座右の銘とその理由を教えてください。 「人事を尽くして天命を待つ」です。 人間のできることは限られているけれども、やれるだけのことはやるべき。 神頼みという言葉がありますが、ただ神に頼むのではなく、できる限りの力を尽くすことが大切だと思います。 インフルエンザ予防接種は10月9日(火)から開始いたします。 当日のお電話によるご予約のみ承ります。 ネットでのご予約はできません。 小学校4年生以上の方が対象となります 妊娠されている方への接種はいたしません。 ご了承のほどよろしくお願いいたします。 電話番号 042-379-8880 設備• バリアフリー 個室 ベビーカー置き場 駐輪場 駐車場 駐車場 駐車場有り(12台) 専門医 日本循環器学会 循環器専門医 健康診断・検査 特定健診と稲城市健診の同時受診について 特定健診と稲城市健診は、同時にお受けになることが可能です。 また、稲城市健診はどちらの健保組合の方であっても、無料で受けることができます。 料金は料金表をご確認ください。 稲城市健診のみの受診も可能です。 詳しくは当院までお問合わせください。 救急病院 当院は、下記の救急医療機関と連携しております。

次の

稲城市の内科/一般内科の病院・クリニック(東京都) 29件 【病院なび】

稲城 内科

府中市健診のご案内 すでにご存じの方も多いと思いますが、7月1日より実施されております本年度の府中市健診は、コロナウイルス感染症防止の為、 完全予約制での実施となりました。 つきましては、健診希望のかたは事前予約が必要となりますので、来院時、もしくは電話での予約をお願い致します。 電話での予約は、 午前9時30分〜12時まで、午後は15時〜18時30分までとなります。 発熱など感染症の症状がある場合は、健診を受けることはできませんので、日時の変更をお願い申し上げます。 本年度は、実施期間が12月28日までとなりましたが、コロナウイルス感染が拡大した場合は、中止になる可能性も十分ありますので、早めに受けることをお勧めします。 7月、8月の休診のご案内 7月、8月の休診は下記の通りとなります。 大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくご理解のほどお願いいたします。 7月22日 水 通常通りの診療 7月23日 木祝 休診 7月24日 金祝 休診 7月25日 土 休診 7月26日 日 休診 7月27日 月 通常通りの診療 8月9日 日 通常通りの診療 8月10日 月祝 休診 8月11日 火 休診 8月12日 水 休診 8月13日 木 休診 8月14日 金 休診 8月15日 土 通常通りの診療 【重要なお知らせ】 1. 診療受付時間の一部変更について みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。 現在新型コロナウイルス感染症が依然として猛威をふるっております。 つきましては発熱などの感冒症状で来院の患者様と診療時間を分けるため、 当面の間、 水曜日〜土曜日の午前の診療受付終了時間を11時30分とさせていただきます。 日曜日、月曜日は通常通り12時までです。 ご不便おかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 発熱などの感冒症状で来院のみなさまへ 上記の理由から通常の診察の患者様とは時間をずらしての診察となりますので、 必ず事前に電話連絡をお願い申し上げます。 又、来院の際は必ずマスク着用をお願いいたします。 診療科目:内科・消化器内科・内視鏡内科・アレルギー科 当院ではプラセンタ注射を行っております。 日曜日午前診療行っております。 内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)は、緊急を除き予約制です。 お問い合わせはこちらまで 電話:042-490-3031 住所:〒183-0012 東京都府中市押立町4丁目9-10.

次の

稲城市の内科/一般内科の病院・クリニック(東京都) 29件 【病院なび】

稲城 内科

<バスキュラーアクセス(シャント)外来>(2018年4月から開設) 年間約4,000例のシャントPTAを実施している横浜第一病院でスタッフとして働か れている宮本雅仁先生を非常勤医としてお呼びして、原則、第3火曜日以外の火曜日午前にバスキュラーアクセス診察、午後にバスキュラーアクセスPTAを行っています。 予定PTAは基本的には日帰りで施行します。 電話予約(電話受付は平日9:30~12:00、14:00~16:00の間でお願いします。 #当日情報提供書を持参、または受診前に医療連携室にfax頂けたら幸いです。 直近3回分の透析経過記録、感染症含めた採血結果も一緒にお願いいたします。 稲城市立病院 医事課Fax 042-377-1406 なお、今まで通り緊急時のシャントトラブル対応については、地域連携室を通して適宜ご相談いただくか、透析クリニックの紹介状を持参のうえ腎臓内科外来を受診ください。 <血液透析> 血液透析を行うには、透析用のブラッド・アクセスが必要です。 入院後、内シャント造設術によりブラッド・アクセスを作成し、基本的には1回4時間、週3回の維持血液透析療法を開始します。 開始後に状態が安定したら、ご自宅の近隣の透析クリニックにご紹介、または当院の通院透析を続けていただくように手配します。 <腹膜透析> おなかの中の腹膜を使って、血液を浄化します。 自宅や職場など社会生活の中で行う在宅療法です。 腹膜透析には1日に3~4回透析液を交換し、24時間連続した透析で身体に負担が少ないCAPD(連続携行式腹膜透析)と、機械を使って夜間就寝中に自宅で自動的に透析を行うAPD(自動腹膜透析)があります。 いずれの腹膜透析も腹膜カテーテルという管を入れる手術が必要となります。 【入院患者】 平成28年度 平成27年度 平成26年度 <当科> 延べ入院患者数 698名 634名 560名 うち入院血液透析患者総数 158例 147例 130例 うち腹膜透析患者総数 5例 二次性高血圧精査目的入院 6例 4例 慢性腎臓病教育目的入院 5例 9例 11例 糖尿病教育目的入院 22例 腎生検目的入院 14例 22例 22例 <当院> 入院血液透析患者総数 194例 198例 171例 【末期腎不全】 平成28年度 平成27年度 平成26年度 透析導入 21例 14例 33例 うち血液透析 17例 11例 30例 うち腹膜透析 4例 3例 2例 うち血液透析と腹膜透析併用 1例 腹膜透析定期通院患者 9例 5例 3例 生体腎移植紹介患者 (聖マリアンナ医科大学への 紹介) 2例 0例 2例(うち1例は 生体腎移植実施) 献腎移植待機登録紹介患者 3例 【特殊血液浄化療法】 平成28年度 平成27年度 平成26年度 腹水濃縮再静注法(CART) ?例(合計9回) ?例(合計15回) 10例(合計20回) その他血液浄化 二重膜濾過血漿交換法 2回 単純血漿交換 5回 1例 エンドトキシン吸着療法 3回 薬物吸着療法 0例 1例 LDL吸着療法 12回 顆粒球吸着療法 10回 持続的血液濾過透析 2回 【特殊外来】 平成28年度 平成27年度 平成26年度 腎臓病看護外来 (腎代替療法選択外来) 26名に68回 【その他】 平成28年度 平成27年度 平成26年度 院内生活習慣病教室開催 48回 48回 48回 公開市民講座 2回 2回 3回.

次の