アワの歌。 アワワっなアワの歌

浦島坂田船 アワ・ダンサー 歌詞

アワの歌

1.アワ歌に秘められた8と6の謎 『 ワカウタのアヤ』に次にような一節があります。 アワウタハ (アワ歌は) ヤツノカタチニ (八つの形に) ムツノリノ (六つのりの) ツネニサトシオ (常に諭しを) クリカヱシテヨ (繰り返してよ) アワ歌は、のように、ヲシテ48文字をすべて1度ずつ用いてつくられています。 「ヤツノカタチ」と「ムツノリ」。 8と6で48。 この文章は、アワ歌(ヲシテ)がなぜ48音なのか、その手がかりとなりそうです。 「ヤツノカタチ」とは何でしょうか? そして、「ムツノリ」とは何でしょうか? 2.池田満先生の解釈 ヲシテ研究の第一人者、池田満先生は上の文章をつぎのように解釈されています。 「ネ(音韻)」の48音の、つまり、アワウタの位置する所は、「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」の宇宙の中心からもたらされるナミ(成りゆく生じる)の下に、カタチが形成されて、「アミヤ・シナウ」の、アモトからのもたらしの及ぼしの「ア・ミ・ヤ」と、地表上での「シ・ナ・ウ」の為しゆき動かしてゆく動きの相互作用によって、世界が形成されます。 これが「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」を意味する「ヤツのカタチ」に、「アミヤ・シナウ」の「ムツノリ」、つまりアモトからの地表上にての形成の流れです。 この成り行きを常に啓(さと)すこと、「アワウタ」をよくよく唱えると良いということの持つ意味です。 「ヤツのカタチ」は「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」を意味するとのことです。 図をよく見ると分かるのですが、「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」の順番に文字をたどると、八芒星の形になります。 一方、「ムツノリ」が「ア・ミ・ヤ・シ・ナ・ウ」の6文字(6神)を意味するということですが、これは私の理解力が不足していて、よく分かりません。 大筋の意味は分かるのですが、「ムツノリ」の「ノリ」がどういう意味なのか…。 「ヤツノカタチ」とは何か、「ムツノリ」とは何かを考えているうちに、ある神聖の図形が頭に思い浮かびました。 そこで、ドランヴァロ著『第1巻』を引っ張り出して、改めて読み直してみました。 3.シード・オブ・ライフ ドランヴァロがいうには、の神秘学派の人たちは、この宇宙を創造するプロセスをもっとも深いレベルまで理解するために、以下のようなイメージングによって伝え学んだそうです。 以下、本からの引用です。 真っ暗で、どこまでも果てしなく続く、全方向に広がる無限の虚空を想像してみてください。 そこには何もありません。 何も存在しない無限の闇がただ広がるのみです。 あなた自身をイメージしてみてください。 あなたの肉体ではなく、あなたの意識がただ中にあると思い描いてください。 何一つ存在しないところに、あなたはただ浮かんでいるのです。 どこかへ落ちることもありません。 どっちに向かって落ちていくべきかも分からないのですから。 落ちているのか、昇っているのか、あるいは横に滑っているのか、それさえあなたにはわかりません。 実際にこれでは何をしようと、動きを体験することは全然できません。 (中略)虚空の中に宙ぶらりんなまま長い時を過ごした後、たぶんあなたは飽きるか好奇心がわくか孤独になるかして、自分の人生に新しい冒険を求めて何か新しいことを試したくなるでしょう。 というわけで、神のスピリットが最初にしたことは、空間を作ることでした。 虚無の中では運動は絶対に起こり得ません。 何らかの動きが起きるためには、空間がなければならないからです。 そこで、神のスピリットは虚空の中で、前後、左右、上下に意識のビームを発します。 6方向に同じ距離だけ意識のビームを投射して、まず空間を定義するのです。 つぎに6つのビームの先端をつなぎ合わせて、空間を閉じます。 そうすると、2つのピラミッドを上下さかさまにしてくっつけた形、「 正八面体(オクタヒドロン)」ができます。 そして、正八面体が3つ重なっているとイメージして、前後・左右・上下の3つの軸に沿ってそれぞれ回転させると、 球体が生まれます。 このように形を生み出すことで、神のスピリットは動きを獲得しました。 球の中心にいるスピリットは球の表面へと移動し、最初と同じ要領で、まず正八面体を創造し、それを回転させてもうひとつの球を創りました。 これを繰り返し、最初の球のまわりに6つの球を創りだしたとき、的奇跡が起こり、6つの花弁を持った花を完成させます。 これが「 シート・オブ・ライフ(生命の種子)」と呼ばれる図形です。 シード・オブ・ライフは宇宙の青写真(種)と言われています。 ちなみにドランヴァロは、このシード・オブ・ライフが完成する過程は、聖書の「創世記」に書かれた創造の6日間と正確に符合すると言い、「(創世記)パターン」と呼んでいます。 4.アワ歌とシード・オブ・ライフ 以上のことから、私と共同研究者である妻の見解を述べたいと思います。 スピリットが虚空の中でまず最初に生み出す正八面体、これが「ヤツノカタチ」です。 つぎに、正八面体を回転させてできた球体、これがアワ歌の最初の文字である「ア」のヲシテ文字の形です。 また、最初の球体のまわりを囲む6つの球体、シート・オブ・ライフが「ムツノリ」です。 「ムツノリ」とは、6つの球の配列規則(パターン)を指しており、漢字で表すと「六つ則(のり)」というわけです。 これがアワ歌(ヲシテ)の48音に相当しています。 シート・オブ・ライフは別名「(創世記)パターン」と呼ばれます。 の創世記1章1節には「初めに神は天地を創造された」とあります。 アワ歌の「ア」は「天」を、「ワ」は地を意味し、前回のブログ記事でも書いたように、アワ歌もまた無から有の創造を示しています。 ちなみに、「による」第1章には「はじめに言葉ありき」とありますが、これもまた、アワ歌1音1音の響きによって無から物質が生み出されることと類似しています。 以上が私たちの現時点での見解です。 100%確信に至っていませんので、今後新たな知見を得た際には再考し、真実に近づいていければと考えています。 また、私の稚拙な文章のため、お伝えしたいことをうまく説明できていません。 そのため動画を作成しましたので、ご覧いただけると幸いです。 <追記> 私は、「ムツノリ」はシード・オブ・ライフのことを指しているのか、あるいは、もうひとつの考え方として、スピリットが虚空の中で前後・左右・上下の6方向に空間を定義することを指しているのではないかと考えていました。 後者の場合の「ムツノリ」の「ノリ」は、道のりの「のり」と同じで距離を意味するのではないかと。 漢字で表すと「矩(のり)」です。 しかし、妻から「それだと、ムツノリのあとにヤツノカタチが来る。 原文の順序と違うのでは」と指摘を受けました。 なるほどその通りですが、それでは「ムツノリ」の「ノリ」は何か。 私は法律の「法(のり)」だと思って何かしっくりこなかったのですが、妻が「ノリとはルールとかパターンのことでは」の一言に、「それだ! 規則やパターンの則(のり)だ」と得心しました。 文責:与左衛門、協力:角大師 ご意見・ご感想をコメントいただけると幸甚です。 お待ちしております。 niyatsuku2.

次の

アワワっなアワの歌

アワの歌

「アワのうた」の誕生 天神6代目のオモタル(男神)とカシコネ(女神)の時に、両神(ふたかみ)は全国を巡って農業開発に努力しました。 民の糧も豊かに、政事も行き届いた平和な国です。 残念ながら世嗣子に恵まれず、死後国は再び乱れ無秩序な状態になっていました。 そんな時、高天原(たかまがはら)から指名を受けた、タカヒト君(きみ)とイサコ姫はツクバのイサ宮で愛でたく結婚され、イサナギとイサナミとして即位し7代目の皇位を継承します。 両神は先ず、葦原中国(アシハラナカクニ・滋賀)で、天神から引き継いだ矛(ほこ)をシンボルに生産力の落ちた農業を復活させます。 同時に、国民の言葉が大層なまってお互い通じなくなったのを心配し正そうとされます。 男神・女神は声を合わせ、カダガキ(楽器)をかき鳴らしながら、上 二十四音をイサナギが歌い、下 二十四音をイサナミが歌って音声の標準化を図り、農業普及と共に国の再建をしていきました。 ア カ ハ ナ マ イ キ ヒ ニ ミ ウ ク フ ヌ ム エ ケ ヘ ネ メ オ コ ホ ノ モ ト ロ ソ ヨ ヲ テ レ セ ヱ ツ ル ス ユ ン チ リ シ ヰ タ ラ サ ヤ ワ このサイトはが運営・管理を行っております。 このサイトの転載及び掲載は自由ですが、コンテンツを販売するといったような直接の商用利用はご遠慮ください。 転載・掲載をする場合、までご連絡ください。 また、 出典 株式会社 日本翻訳センター URL: URL: を必ず明記してください。

次の

アワ歌とシード・オブ・ライフ

アワの歌

以前、このメルマガの読者の方からアワの歌のCDをいただいたことが あったのですが、当時は、まだ神々からの許可が下りず、誰でも勝手に 歌ってはいけないものでしたが、地球のこの大いなる変化のときを 前にして、今は誰もが歌えるものとなりました。 象形文字レベルを超えて宇宙の森羅万象の法則性を内在するともいわれる 日本固有の文字のルーツであるヲシテ文字(ホツマ文字)で書かれた アワの歌の歌詞と、その由来はで。 全文五七調の短歌と長歌からなる全四十章の一大叙事詩で、 前半は「おおものぬしくしみかたま」が、後半はその子孫の 「おおたたねこ」が担当し、前半は神武天皇時代に、 後半は景行天皇時代に編集されたといわれるホツマツタヱ。 その古代文ホツマツタヱの中にヲシテ文字で記されていたというアワの歌。 「アワの歌は音の響きの集まり。 1音1音が全部引き受けると音が言っている。 いらないものがなくなって、どんどん軽くなっていく。 いらないものは出さないとなくならない。 当日、聞く会に参加されていた木内さんによると、天皇家のまわり祝詞と、 アワの歌は、よく似ているそうで、中山さんの個別うたおろしを体験 された木内さんは、中山さんにおりてくる声の主が、神か守護の存在かは わからないが、体の悪いところが熱くなり、治療されるためか、 もうもどらないといわれていた肝硬変の肝臓の具合がいま普通になって きていて、とても体の調子もいいそうです。 この日は、希望した6名が、皆さんの前で中山さんの個別うたおろしを 体験させていただき、私も幸運にもトリを務めさせていただいたのですが、 他の人のを聞いていた時と違って、自分の番のときは、確かに違っていて、 頭にヘルメットを被せられたようなハッキリとした体感がありました。 私、きっと頭が悪かったのかも?(笑) でも、もうよくなったはず(笑) 20数名が見守る中、中山さんが私のためにアワの歌を3回うたった後 に続いて、すぐに、私の内なるもの?からのメッセージを受けとって、 うたってくださった歌がこれです。 うたいながら同時に、毛筆の美しい字で書き留めてくださいました。 しかも、今このタイミングというのが何かあるなと思いました。 」 と感想を寄せてくださいました。 さらに、その方からは、貴重な追加情報もいただきました。 「いつも楽しく読ませていただいております。 みおさん独自の視点から書かれた文章、いつも刺激に満ちていて わくわくします! 先日の中山さんのアワの歌のことを考えていたら、知っとうや?の ブログに、ちょうど木内さんと中山さんのDVDの件が書かれていました。 タイムリーでしたので、お知らせいたします。 『』 『』」 この『近未来検証』でリンク紹介されていた「自分で自分を自分する」 サイトにあった2010年12月4日の木内鶴彦さんと中山博さんの 対談の模様を読んで、またまた、アワワッて感じでした。 『』より 『あわの歌を歌うことで色々な隠された、悪いことが明らかに なってきます。 科学とバランスを取って行くことです。 電磁波の悪影響、鬱などドーパミンの滞りを、あわの歌を歌うことで 生じるハーモニー、振動でコントールが出来ますし、生体に安心を 与えることが出来ます。 あわの歌を皆さんで歌い、活用して行きましょう。 』 この噂の毒出し大作戦2月号、3月号を読まれている方なら、 なぜ、私が、最後の6人目にぎりぎりセーフで、個別うたおろしを 体験することになり、このメルマガで皆さんに、アワの歌のことを ご紹介する流れになったのか、すぐにおわかりいただけると思います。 2月号『』 3月号『』 木内さんが臨死体験中に見てきた過去の世界、特に意識と振動との 関係についてや、あわの歌についての木内鶴彦さんと中山博さんの 興味深い対談のDVDは、こちらで注文できます。 『』 塾長の大久保直政さんは、3月11日の被災からもすぐに立ち直って 活動を再開されていらっしゃいます。 塾長さんが、ブログ「自分で自分を自分する」に、こう書かれていました。 『』より 『あわの歌の中山博さんに始めてお会いした当時に頂いたお言葉です。 「大事な事をお伝えいたす。 この地にありしは古き霊なり。 篩いて篩いて多くが新しきと成りたり。 これより起こるこの地の変化に、古くは多くの芥を受ける。 新しきと成ること、早きに分かりて頂きたし。 この事を告げる御役をお願い申す。 」 20年6月25日 「この地、東の日高見となりて、これより大きなる力 持たれまする。 皆々共々、新しき嬉しき宮となりて、進みゆかれますよう、共にお願い申しまする。 我ら一同力となりましょうぞ。 」 20年8月2日 「生まれ出でるは大きな力ぞ。 これより日出ずる地の大艱難に向かいて大きな力なしませ。 この日高見中心につながりて、その地を新しきへ導かれたし。 これより力与えます。 」 20年9月27日』 3年も前に、すでに東北の地に、メッセージは届いていたのですね。 日出ずる地として、先に気づいた者として、この日本を導いていってください。 日出ずる国が、やがて、世界を導くことになるように・・・ 木内さんの臨死体験のお話はこの本で。 以下、ムーの記事から一部転載します。 『世界の至るところで戦争が勃発するが、木内氏はそれを「三つ巴の争い」 と呼ぶ。 大きくわけて、3つの地域で戦いが繰り広げられることになるからだ。 まずはヨーロッパと中東の間に戦端が開かれる。 『中東の石油は枯渇し、最悪の場合、核兵器が使用されることになるかも しれない。 そして内部分裂を起こした中国も、インドやロシアを巻き込んで、 これに参戦していく。 一方アメリカは、防戦という名目の下、各地の戦争に介入していくことに なるという。 これが「三つ巴の争い」の構図なのだ。 ならば、日本はどうなるのか。 木内氏によれば、幸か不幸か日本は「ほとんど相手にされない」らしい。 なぜならこのころには日本は経済破綻が極限に達しており、戦争に加わって いくほどの体力は残されていないというのだ。 とはいうものの、もちろん無事ではすまない。 食料や資源の不足から、暴動、略奪などが日常的に起こるようになるだろうし、 政治は現在以上に破綻し、無力化してしまうに違いない。 木内氏によれば、このような地獄絵図が「今後10年以内」に必ず起こると いうのである。 』 最初にこれを読んだときは、どのようにしてそうなるのかイメージできません でしたが、これほどの原発事故が実際に起きたことで、納得できました。 地震や津波の被災だけなら、ある程度の時間とともに復興も可能ですが、 先の見えない原発事故は、長期にわたって、あらゆる産業に大きなダメージを 与え続けて、あと、もうひとつも、巨大地震・津波か火山の噴火でもあれば、 日本は経済破綻が極限に達することは、容易に想像ができます。 もはや、放射能汚染列島は、侵略して手に入れるほどの価値もなく、 当然、他国の戦争に加わっていくほどの体力など有りようがありません。 『まさに、暗澹たる気分にならざるを得ない未来像だ。 しかし、だからといって「絶望するには及ばない」と木内氏はいう。 というのも、これらは結局のところ、生態系を破壊することによって成立 してきた文明から脱却し、新たな、そして持続可能な文明に至るための 「生みの苦しみ」でもあるからだ。 このような苦しみ、滅びの過程のなかで、人間は新しい価値観を理解して いくようになる。 悲しいもので、自分自身が痛い目に遭わなければわからないことが あまりにも多いのである。 「結局、われわれが壊したものは、われわれが直していくしかないんですよ」 木内氏の提唱する新たな文明とは、経済でなく、生態系の保全という価値を 最優先とする「循環型社会」である。 これを実現するためには、何世代もかけて人間全体の意識を変えていくことが 必要となる。 そして今後、そうした新たな価値観を発信していく拠点となるのが日本 だというのだ。 』 (以上「ムー11月号」より転載) 「癒しの郷」建設請負人こと中野仁慶さんが、メルマガで紹介していた、 『神々からのメッセージ2 予言編』のことば、「気づけ、世界の建て直しの 順番伝える。 日本、中国、そうまずアジアから、アメリカ最後だぞ」 というのも、まさに日本が新たな価値観を発信していく拠点となるために、 まず最初に、「生みの苦しみ」を体験させてもらえるということなのでしょう。 私たちにとっては苦しいと思える体験ですが、これこそが神の慈愛なのでしょう。 本当は、被災されて大切な何かに早く気が付いた方のほうが、まだ何事もなく、 今まで通りに、惰性でのほほんと暮らしている私なんかよりも、霊的な見地では、 何倍も幸せなのかもしれません。 だから、これさえ腑に落とせば、すぐにも、安らぎが得られます。 誰も責める必要もなくなりますし、自分自身も責める対象ではなくなります。 すべては、学び、気づき、宇宙の進化に乗り遅れないための壮大な夢舞台。 神典研究家で画家の岡本天明氏が自動書記で記したという「日月神示」にも、 『どこに逃げても逃げ所ないと申してあろがな、高い所から水流れるように 時に従いて居れよ、いざという時には神が知らして一時は天界へ釣り上げる 臣民もあるのざぞ、人間の戦や獣のケンカ位では何も出来んぞ、くどう気 つけておくぞ、何よりも改心が第一ぞ 地震、雷、火の雨降らして大洗濯するぞ、よほどシッカリせねば生きて 行けんぞ、カミかかりが沢山出来てきて、わけの分からんことになるから、 早くこの道をひらいてくれよ、神界ではもう戦の見通しついているなれど、 今はまだ臣民には申されんのぞ、改心すれば分かりてくるぞ、改心第一ぞ、 早く改心第一ざ』と書かれているそうです。 『日月神示 完全ガイド&ナビゲーション』 皆が宇宙や自然とのつながりを忘れて傲慢になりすぎて、アカが溜まり すぎたので、ここらで、きれいに大洗濯してあげようという親心ですよね。 ただただ、感謝です。 改心とはこれまで自分を縛り付けていた固定観念からも自由になること。 用事があるとき以外は、ほぼ毎日、午後5時55分からの5分間の祈りで、 ツインソウル・アワラーのみお&ゆきが、アワの歌をうたってますので、 よかったら皆さまもフリースタイルで一緒にご参加ください。

次の