鳥 の 唐 揚げ 作り方。 【唐揚げのレシピ】人気で美味しい作り方を20選まとめ:下味のつけ方からアレンジまで!

自宅でKFC!ケンタッキーフライドチキン風唐揚げの作り方

鳥 の 唐 揚げ 作り方

ダマ片栗粉で唐揚げがサクサクに! この方法は実際にお店で行われている方法で、秘伝のタレに漬け込んだお肉を片栗粉にしっかりとまぶし、揚げ油で揚げるだけという一見簡単そうに見えるレシピです。 何が特別なのかと言うと、実は片栗粉に一工夫するだけでサクサク感がアップするんです。 ポイントは「 水と混ぜる」こと。 分量は 「 片栗粉:水 =2:1(100gと50ml)」 で片栗粉に水を加えて手で混ぜます。 なるべく細かいダマが出来るように、空気と水を含ませるようにもみほぐすのがポイントです。 2~3㎜ほどのダマになればOKです。 下味をつけた唐揚げにこのダマ片栗粉をまんべんなくまぶし、180度で4~5分揚げます。 ひと手間くわえるだけでサクサクになるなんて不思議ですよね。 2、片栗粉に水を加えて混ぜ合わせる。 できる限り細かいだまができるように空気と水を含ませるように2~3㎜のだまを作る。 3、1からお肉を取り出し、たれを切ったら片栗粉をまんべんなくまぶす。 4、揚げ油を180度に熱し、4~5分揚げる。 5、油を切り、完成です。 どうして水と混ぜるとサクサクになるの? でんぷんの粒子をダマにすると、中に空気が含まれます。 この状態で揚げると中の空気がそのまま残るため、食感がサクサクになるというわけなんです。 とっても簡単なので是非やってみてくださいね。 以上『 片栗粉唐揚げ』の作り方のご紹介でした。 ぜひ作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にも美味しい唐揚げのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

ソレダメ!唐揚げレシピ・作り方!名店が教える新常識はこちら!8月30日放送

鳥 の 唐 揚げ 作り方

Photo by c Tomo. yunphoto. net) 宇佐の唐揚げはご飯のおかずとして鶏の唐揚げを食べることが多いので、すずやさんの味付けもご飯のマッチングを重視した味と食感のインパクトを重視しているそうです。 いいですね、ビバ濃い味!恋の味。 かかって濃い!! パンチの効いた味で脳にガツンッと味の記憶が深く深く刷り込まれるので『唐揚げが食べたい!!』というよりも『あの店の唐揚げが食べたい』と脳が覚えちゃうんですよ。 これ、大事。 こういう味を再現できるようになると胃袋をガッチリ掴むことができるんですねー 笑 異性のハートをガッチリキャッチするのに最適とも言えます。 ポイントはタレの漬け込みと衣付けが別パートだということ Photo by c Tomo. yunphoto. net) これポイントですね。 唐揚げ作るときって普通味を20分程馴染ませてから衣をつけてすぐに揚げるというのがスタンダードですが、ここすずやさんは違います。 鶏に下味を付けた後1日冷蔵庫で休ませてしっかり味を中まで浸透させます。 そして、2日目に衣を多めにつけたあと更に3時間。 ここまでして初めて唐揚げを揚げることができます。 素晴らしい仕込みと手間。 こういう手間暇を惜しまないというのはホント大事な部分なので私も忘れないようにしないといけないです。 唐揚げに最適な鶏肉の大きさ 鶏の唐揚げに最適な大きさは指でOKサインを作ってみてその穴の大きさがスタンダードです。 が、私は食べ応えのあるビッグなチキンが好きなのでスタンダードよりも1回りほど大きいです。 大きければ大きいほど揚げるのが難しくなるので、先にスタンダードで慣れてから自分の好みの大きさを探して見るのがベストです。 鶏モモ肉の下ごしらえの仕方 家庭ではなかなかここの下ごしらえをしないかとおもいますが、どうしても鶏肉は機械を使った流れ作業で捌かれているので骨やナンコツが結構な確率で残っています。 鶏の骨は割れる時に縦に裂けるので口の中に刺さることがあり大変デンジャーです。 安全に美味しく唐揚げをためにも残った骨とナンコツを綺麗に取り除いておきましょ。 鶏の下ごしらえの仕方 下ごしらえといっても簡単です。 指で触ってみて指先に固いものが当たった時にその異物を取り除けばいいだけ。 まず市販で売られている鶏モモ肉がコチラ。 ちょっと分かり難いかもしれませんが、こんな感じ。 これはモモ肉の骨を外して展開したらあんな形になるんです。 こうなってたものの骨を取り除くと・・・・ こんな感じで骨が入ってます。 こんな感じですね。 青い線が骨があった場所。 青い〇で囲っている部分にナンコツと骨が残りやすいです。 残りやすい場所、そう関節ですね。 骨の頭にあたる部分は骨が柔らかいので、ナンコツとともに骨が残っていることが多いです。 そして、矢印でココと書いてある場所。 あそこには 緋骨と言って太い骨を支える細い骨が残っている事が多いです。 その骨が尖っていて非常に危ない。 必ず指先で触って確認してください。 ここまでできた鶏モモ肉の下ごしらえが完了です。 あとは包丁で好みの大きさに切ればOKってことです。 すずやさんのが公開されているレシピ やはり味のキモである部分は予想通りブラックボックス。 公表されているのは しょうゆ、ニンニク、しょうがの分量のみ。 結局好みで作るのが良さそうです 笑 合わせダレを作って鶏に程よく絡む程度の量を入れるので合わせダレは少し多めの分量です。 ということで私の好みの分量に落ち着きました 笑 材料(2人分)• 白醤油(無ければ濃口or淡口好みで) ・・・100ml• すりおろしニンニク ・・・50g• すりおろししょうが ・・・15g• みりん ・・・大さじ2• 酒 ・・・大さじ2• 一味唐辛子 ・・・小さじ1/2• ごま油 ・・・小さじ1• パプリカパウダー ・・・小さじ1/2• 切ったら水分を良く切っておく。 2.合わせダレの材料を全て合わせる。 1の鶏モモに丁度絡む量(タレで鶏肉が泳がない程度)を入れ、優しく揉み込むようにタレを絡め、フタをし、冷蔵庫で1時間寝かせて味を馴染ませる。 この合わせダレは鶏に漬け込む1日前に作っておくのがベストです。 すずやさんの場合は1日冷蔵庫で寝かせます。 これは作りたてに近い合わせダレだと味が尖っているため慣れさせるためにも1日寝かせてるんだと思われます。 3.2の鶏に片栗粉を満遍なくまぶした後、冷蔵庫で更に3時間寝かせる。 寝かせること粉が鶏肉の旨みとタレを吸って肉をコーティングし、揚げた時に旨みが逃げ出すのを防ぐ効果もあります。 寝かせたらこんな感じになります。 2度揚げも空気に触れさせることもしないのがすずやさん流。 中心まで火が入ったら出来上がり。 お皿に盛り付けてアツアツをいただきましょう。 今日のくくり 唐揚げはやっぱ正義です。 唐揚げの美味しさにも個性がありそれぞれの良さがありますね。 このレシピを基にしてスパイスの配合をもっと研究してみるのも面白いかもしれません。

次の

冷めても美味しい唐揚げの作り方。サクサクジューシーでお弁当にも!

鳥 の 唐 揚げ 作り方

食卓にお弁当にとみんな大好きな唐揚げ。 サクサクな食感とジューシーな肉汁でいくらでも唐揚げを食べられちゃう! なんて大人から子供まで大人気な唐揚げですが、意外美味しい唐揚げの作り方が難しいんです。 焦げてしまったり生焼けだったり、油を吸った衣がベチャベチャになってしまったかと思うと中の肉はパサパサ…なんて事も珍しくありません。 でも、ほんの少しの手間や工夫でとても美味しい唐揚げを作る事ができるのです。 これから美味しい唐揚げの作り方を紹介していきたいと思います。 【1】肉の下処理でこんなに違う! 唐揚げ用と書いているお肉にそのまま唐揚げ粉をまぶして揚げるだけ…なのに美味しい所かなんだか硬いしパサパサでガッカリ…なんて人はいませんか? 唐揚げに使われる鶏肉は火が意外と通りにくく硬くパサパサになりやすい食材です。 ちゃんと下処理をする事で柔らかジューシーになり美味しく作る事ができます。 作り方としては、普通の鶏肉はもちろん、唐揚げ用のちゃんと唐揚げサイズに切ってあるようなお肉でもまず、1cm程の細かい切れ込みを肉に入れ均等に伸ばす事と皮の部分を中心にフォークで穴を空ける事。 鶏肉は繊維が多くいわゆる「筋」と呼ばれる筋繊維が加熱された結果硬くなったり縮んだりしやすくなります。 均等に伸ばす事で火の通り加減を統一させ揚げムラを無くすのと同時に、穴を開ける事で火が通りやすくなるだけではなく、繊維をうまく破壊し柔らかジューシーな美味しい唐揚げを作る事ができます。 【2】漬け込みはもう必要ない?タレの新常識 唐揚げの作り方なんてわざわざ見なくてもそんな事は常識でしょ? という料理自慢の貴方。 漬け込みダレも自作して漬け込むけれども実際揚げてみたら焦げやすいし美味しい唐揚げができない…とお悩みになった事はありませんか? むしろ漬け込みは鶏肉から水分を奪ってしまい美味しい唐揚げ作りには逆効果。 パサパサになりやすいんです。 実はタレを作って軽く鶏肉に全体的にまぶすだけでも充分しっかりと味が付くんです。 実際にそのタレの作り方は簡単です。 ニンニクとショウガを擦りおろし、焼酎とみりんと薄口醤油とゴマ油を併せ火にかけアルコールを飛ばし、しばらく放置して粗熱を取るだけ。 大切な隠し味が焼酎です。 焼酎の強い風味が鶏肉の臭みを上手に取ってくれる上にジューシーな水分を与えてくれるのです。 もし焼酎の風味が苦手な場合は日本酒でもかまいません。 ここで作り方としての大切なコツはタレはあくまで揉み込まずに全体的に絡ませる程度にまぶす事。 揉み込んだ方が柔らかくなるし味が染みこむのでは…?と思いがちですが、実は揉み込む事で鶏肉からジューシー食感を作る為に大切な水分が出ていってしまい結果美味しい唐揚げには程遠いデキになってしまいます。 あくまで下から撫でるように混ぜ、全体に行き渡らせるという意識が大切なのです。 【3】粉と揚げ方のコツはこれ!美味しいと言わせるの唐揚げの極意 タレをまぶした後は粉を付けて唐揚げを揚げるだけ。 ここでもいくつかの美味しい唐揚げの作り方のコツがあります。 まず粉のチョイス。 小麦粉と片栗粉どっちが美味しいんだろう…なんて悩んだ事はありませんか? サクサクカリッとした唐揚げを作りたいならば片栗粉のみがオススメです。 タレをまぶした時と同じく少量の片栗粉を少しづつ量を増やしながら全体に行き渡るようにまぶします。 ここで大切なのは粉が多すぎない事。 一度に入れすぎるとカリッとした食感にはなりません。 余分な粉はボウルの縁ではたきくのがコツです。 そしてしっとりフワフワ食感が好きな場合は片栗粉に小麦粉を混ぜると良いでしょう。 片栗粉のみの粉っぽい衣の質感と違って違って少し水分多めのもったりとした衣になるでしょう。 そして肝心の唐揚げの作り方ですが衣をつけたらすぐに油に入れる事が大切です。 放置しておくと鶏の水分が出てしまいカリカリの場合もフワフワの場合も美味しい唐揚げにはなりません。 そして一度に沢山の唐揚げを揚げようとせず、火がちゃんと通る程よい量を入れる事が大切です。 そして油に入れたら15~20秒程鶏肉には触らずに放置して置くことが肝心です。 ここで触ってしまうと衣が剥がれてしまい美味しい唐揚げにはなりません。 そして衣が固まったら定期的に菜箸などで鶏肉を持ち上げ、空気に触れさせることで二度揚げと同じ効果が得られ鶏肉が締まりカリッとした食感になりまた色味も綺麗な茶色になります。 そして引き上げるタイミングは菜箸で一端沈めてからすぐに油の表面にスッと上がってくると揚げ上がりです。 後はそのままでもレモンをかけてでも美味しく頂けます。 簡単そうでいて意外と作り方が難しい唐揚げ。 でも作り方次第では手間もそれほどかけずに美味しい唐揚げを作る事ができます。 今回は鶏肉で作る唐揚げの作り方をお教えしましたが、さっぱりとした胸肉やジューシーなもも肉でも味わいが変わりますし、この作り方を応用すれば豚肉だったり白身魚やイカやタコといった魚介類でも美味しい唐揚げを作ることができます。 是非今晩にでも美味しい唐揚げの作り方を試してみて下さいね。

次の