でも嫌いになんてなれなかったよ 歌詞。 りぶ リア 歌詞

ちゃんと「もう恋なんてしない」を考える

でも嫌いになんてなれなかったよ 歌詞

歌詞の世界 私が好きな曲の歌詞を私の独断と偏見で語っていく記事となります。 今回はさんの 「この世に二人だけ」です。 繰り返しますが、私の独断と偏見を書き連ねていくことになりますので、 内容が皆様の考えている内容や作詞者本人のものとは異なる可能性が 大いにあるかと思いますが、ご了承いただければ幸いです。 この曲は以下の歌詞から始まります。 あなたの彼女が描いた 絵の載った本をみつけた やわらかなルの色はそのままに あなたの好みの色 (「この世に二人だけ」より) 本屋さんでふと本を見つけてしまったのでしょう。 「彼女」が描いた絵を。 絵を描いた人の名前ではなく、色の具合から「彼女」が描いた絵を 見つけてしまったのでしょう。 あなたは教えてくれない 私もたずねたくはない 夕暮れの本屋は風任せ つらい名前のページをめくる (「この世に二人だけ」より) 「あなた」から「彼女」の存在を教えてくれなかったのでしょう。 「私」も自らたずねたくはない、怖さとプライドと悲しさと さまざまな感情から「たずねたくはない」と「あなた」から聞くことを やめたのではないかと思われます。 二人だけこの世に残し 死に絶えてしまえばいいと 心ならずも願ってしまうけど それでもあなたは私を選ばない (「この世に二人だけ」より) この曲のサビの部分です。 なんとも言葉にしにくいような複雑な感情です。 誰も彼も死に絶えて「あなた」と「私」だけの二人の世界が来たとしても 「あなた」は「私」を「それでも」選んでくれない、と「私」は考えます。 そんな考えを持っているにも関わらず、そんな世界になればと 心のどこかで願ってしまう。 非常に辛い気持ちです。 ここのサビの部分も含めてこの歌は非常に淡々と歌っているように聴こえます。 感情を露わにして声を震わせて、という部分は特別にありません。 それが逆に私の気持ちを揺さぶります。 なぜならこの曲のサビの強い感情を、一所懸命に抑え付けつつも それでいて強い感情を言葉にしてしまう。 それくらい「あなた」への気持ちが非常に強く、脆く、儚い。 曲はまだ続きます。 クションが怒鳴っている つまづいて私は転ぶ 放り出された本を拾いよせ 私はひとりひざをはらう (「この世に二人だけ」より) 本屋から出た「私」、クションが鳴ったから転んだのか 転んだからクションを鳴らされたのかはわかりませんが、 手にしていた、そう購入した「彼女」が描いた絵の載った本を 落とし拾いよせています。 この本は他でもなく、 きっと本屋でみつけた本だと思われます。 そう、「私」は「彼女」が描いた絵の載った本を買ったのです。 ここで注目したいのはもう1点。 二箇所「私」が出てきます。 「つまづいて私は転ぶ」「私はひとりひざをはらう」 そう、「私 は転」び、「私 はひとりひざをはらう」のです。 少し飛躍なのかもしれませんが、「あなた」と「彼女」は 転ぶこともないでしょうし、もし転んだとしても ひとりでひざをはらうこともないのでしょう。 たとえ「あなた」が転んでも「彼女」がひざをはらい たとえ「彼女」が転んでも「あなた」がひざをはらう。 それに対して「私」は転んでも「ひとりひざをはらう」しかないのです。 だって「あなた」は「私」とは一緒にいないから。 「あなた」は「彼女」と一緒だから。 嫌いになどなれるはずない あなたの愛した女(ひと)だもの 夕暮れの木枯らしにあおられて あなたと同じ苗字が滲む (「この世に二人だけ」より) 「彼女」のことを嫌いになんてなれないのです。 だって「あなた」が愛した人なんですから。 「あなた」が愛した人を嫌うなんて「あなた」に対して出来るはずがない。 のです。 本心はどうであれ、嫌いになどなれるはずがないのです。 最後の最後に「彼女」の苗字が「あなた」と同じであることがわかりました。 本屋で本を見つけたのは「あなた」の好みの色で描かれていたからでしょうか。 「彼女」の苗字が「あなた」と一緒だったからでしょうか。 きっと「私」は絵の色が「あなた」と一緒であったから目に留まり、 その後に「彼女」の苗字が「あなた」と一緒であったことに気づいたのではないか と思います。 本が出版されていることもきっと知らなかったのだと思います。 それでもルで描かれた「あなた」の好みの色に気づいてしまった。 「私」の「あなた」への思いは恋と愛なんて言葉では言い表せない もっと内面からのさまざまな感情の集合体ではないかな、と。 心の奥底からの深い感情で「あなた」のことを愛していたのではないでしょうか。 だからこそ「あなた」が愛した「彼女」を嫌うことなんてできないし、 二人だけ残して死に絶えてしまえばいい、なんて考えてしまう。 淡々と「私」の日常のような風景を歌い上げているだけなのですが、 その裏に見え隠れする強い「私」の感情が恐ろしくもありそれでいて儚く思えます。 良かったら一度聞いてみてもらえたら幸いです。

次の

ザ・コインロッカーズ 桜なんか嫌いだ

でも嫌いになんてなれなかったよ 歌詞

私は前に書いたように音楽が嫌いだ。 勝手な判断をしたくんが嫌いだ。 もちろんそんなことを所謂「eighter垢」で言えるわけもない。 だから当然のように毎日すばるくんの事がTLに流れてくる。 昔の映像から最近のメンバーとのいちゃいちゃ、会見。 今日は大倉の発言とスバラジの最初の言葉も流れて来た。 、もうわかったから。 すばるくんが何を思って何を言ったのか、充分わかったから。 あんたらがそれを聞いてどう思ったのかもわかったから、もういいから。 そんな言葉が頭を、心臓を埋め尽くす感覚がして気持ち悪かった。 「すばるくんも6人を応援して欲しいって言ってるから応援しよう」? そんなの当たり前に言うに決まってる、なんなら1番は自分を見ていて欲しいって思ってるよ 「いつかは戻ってくるに決まってる」? そんなのわかんないでしょ。 もしかしたらどこか遠い国で、誰かと結婚して帰ってこないかもしれないのに 「応援できないなんて本当のファンじゃない」? そうかもね、本当のファンって何か知らないけど、捻くれた私は本当にのファンじゃないのかもね 「7人は不滅」? ねえ、内くんはいいの?同じ『脱退』、なんならすばるくんは『退所』するのに、一緒にいた年数が短いだけで内くんは外れるんだ。 同じ『脱退』なのに やだやだ、すばるくんのせいで嫌な私が出てくる。 だから嫌いなんだよ、すばるくん。 泣きたくなるくらい大嫌いで、あなたが好きな音楽も嫌いになった。 どうしてくれるんですか。 あなたのおかげで少しだけ音楽を好きになれたのに、あなたのせいで音楽が嫌いになってしまって。 それから、夢を見るのが嫌で眠るのも嫌いになった。 眠ってしまったらあなたが本当に楽しそうにメンバーと話していたり、幸せそうに、命を削るかのように歌っていたり。 心臓が、頭が耐えられなくなるじゃないか。 そんなことまで考えて、ふと気がつく。 そうか、私の『嫌い』は皆の言う『嫌い』じゃなかったのか。 大倉くんの言う通り、皆の言う『嫌い』になれば楽なのだろう。 でも私は、その『嫌い』にはなれなくて。 でも私は絶対に認めたくないから、すばるくんを『嫌い』と言う。 認めてしまったらきっと、心が持たなくなる。 本当は皆のように純粋に応援したかった、送り出したかった、なんて絶対に認めない。 私は私のために、すばるくんが、音楽が嫌いと叫ぶ。 すばるくん、音楽が嫌いだった私に音楽を出会わせてくれてありがとう。 今は、いや。 当分は絶対好きになれないと思う、むしろ大嫌いかなあ。 やっぱり歌詞は綺麗事しか書いていないし、歌詞の主人公にどうしても妬んでしまう。 それでも、いつかまた、あなたのことも音楽のことも、心から大好きだと叫べたらいいな。 ccenti.

次の

ちゃんと「もう恋なんてしない」を考える

でも嫌いになんてなれなかったよ 歌詞

いや、何も聞きたくない。 所詮この世は嘘だらけで、一歩町に出れば偽善者がゴミ拾いをしている。 政治家の公約が耳をつんざく。 「当選した暁には…」ってそれって政治家にならないできない事? やりたい事ならどんな立場でもやってほしいもんだ。 所詮は当選したいが為の嘘だろう。 目の前ではサラリーマンがキセルをして、ホームでは学生が列に割り込む。 電車では女子高生が痴漢され、スーツのおっさんはスポーツ新聞のゴシップ記事に夢中だ。 この人たちは欲望に正直だ。 悪い事だけど、もったいないから、座りたいから、触りたいから、見たいからやるのだ。 でも、その正直さを悪いという。 偽善者のゴミ拾いや、政治家の綺麗ごとの方がよっぽど良い事だとされる。 そんなくそったれ世の中ってなんだろう。 そんな欺瞞に満ちた声ならば、聞きたくない。 何からか逃げるようにあいてる席に座り込んだ。 そして、イヤホンを耳に押しこむ。 何も聞こえない。 何も聞きたくない。 右隣の若者は、ゲームをしている。 左隣りのOLは携帯に夢中だ。 僕はi-podの停止ボタンを押した。 電車の音。 遠くのサラリーマンの咳払い。 女子高生の恋愛トーク。 全てが鮮明に聞こえた気がした。 僕は小さな声で「どうぞ」と言って席をたった。 僕は本当は座っていたかった。 それでも何故か席をたった。 駅前でゴミ拾いをしていた偽善者を思い出して、 少し恥ずかしくなって、老婆のお礼の言葉は流すようにしか聞けなかった。 僕は気付いた。 何も聞こえないんじゃなくて、何も聞こうとしていなかったんだ。 僕の決め付けで嘘だとか、偽善だとか欺瞞だとか言って、本当の声を聞こうとしていなかったんだ。 そうやって僕はいつの間にか僕自身の本当の声も何も聞こえなくなっていたのかもしれない。 電車の扉が開く。 僕は僕自身の心の扉をあけて本当の声を探した。 そうして僕はもう一度イヤホンを耳にあてた。

次の