ウクレレ パプリカ。 パプリカ (初心者向け簡単コード ver.) (動画プラス) / Foorin ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

おすすめのウクレレ12選と選び方|初心者も始めやすい趣味

ウクレレ パプリカ

ウクレレラバーの皆さんこんにちは。 takaraです。 「なんか良い曲無いかなぁ」と奥さんに相談したところ、「パプリカは?」という回答が返ってきました。 マニアックな曲ばかり紹介して、いまいち世間に貢献していないことで定評のある当ブログですが、こんなブログを運営しているからには、流行りモノにも乗っかろう、ということで今回はFoorinの「パプリカ」です。 で、コード起こしのためにいろいろしらべてたら、本人バージョンめちゃかっこいいじゃないですか。 意外とこっち聞いてない人いるんじゃないの? 今回はせっかくなので本人バージョンと、Foorinバージョンを両方紹介しましょう。 ウクレレでパプリカ。 コード進行とポジショニング例(Foorin編) 子供に大人気みたいですね。 こないだ人間観察モニタリングを見ていたら、「突然この曲がかかるとどんなシチュエーションでも子供は踊りだすのか?」という検証企画をやってました。 結構な割合で踊ってましたね。 言われてみれば先日、友人の一家とキャンプに行った時に、そこの子供(女の子)も歌って踊ってたなぁ…。 女の子はおませさんですから、「初恋は保育園の時の先生です」みたいな男子の母性的な恋と違って、普通にマジの初恋を幼児~児童期に済ませているんだろうなぁ。 初恋の思い出をこの曲と過ごす児童もいるのかもしれません。 ということで、曲をおさらいしましょう。 ところどころ切ない系のコード進行が散りばめられていて、多くの子供たちが「なんかかっこいい」と思うのもわかります。 ウクレレでパプリカ。 コード進行とポジショニング例(米津玄師編) さて、お待ちかねの本人バージョン。 こっちのバージョンを聞くと、子供の頃の淡い恋の思い出を振り返る大人の曲に聞こえるから不思議です。 欲しいところにグッと来るお約束コード進行なんですが、アレンジと音作りが素晴らしく、ありきたりに感じません。 で、コード・ポジショニング紹介です。 全然元ネタと違います。 かっこいいけどベタくない。 すごい。 ちなみに、Youtubeの再生回数は2019年11月5日12:49時点で次の通り。 ・子供バージョン … 136,167,089 回 ・本人バージョン … 51,403,082 回 おかしいだろ! いや、別に子供バージョンがダメってわけじゃないんですよ。 いいんだけど、いいんだけどさぁ…。 こっちだろうよぉ。 ちなみにAメロのコードは、本当に色んな曲によく使われるアダルトな進行です。 1980年代の「Just the two of us」という名曲がありますが、そんな感じの必殺パターンですね。 ためしに「Just the two of us」、「進行」でググってみてください。 おしゃれコード進行を称えるサイトがアホみたいに沢山ヒットします。 まとめ 以上、米津玄師・Foorinの「パプリカ」でした。 子供に教えて音楽を楽しんでもらうもよし、親御さんが弾いて子供に楽しんでもらうもよし、普通に大人が楽しんでもよし。 意外と潰しの効く曲でしたね。 自分で言うのもアレですが、僕は無駄にロマンチックな性格なので、もし小学生の頃にコレ聞いてたら、たぶん夢見る気持ち悪い中年になっていたでしょう。 30年前 に流行んなくてよかったなぁ、と思います。 うくれれのおとでは、コード紹介してほしい曲を常時募集中です。 コメント欄にお気軽にメッセージください。

次の

パプリカ (初心者向け簡単コード ver.) (動画プラス) / Foorin ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

ウクレレ パプリカ

軽やかで陽気なサウンドが魅力的なウクレレは、サイズも小さくお手頃な上に基本的なコードは初心者でも押さえやすくなっている楽器初心者に優しい楽器です。 ウクレレは初心者向けの基本コード【C・F・G7】3つのコードさえ弾けるようになれば、適当に弾いてるだけで十分それっぽく聴こえますが、せっかくなら自分のレパートリーにもなるように知ってる曲で練習したいですよね。 今回は初心者に優しい楽器であるウクレレの練習を更に楽しくするためのオススメの練習曲をご紹介させていただきます! その前に初心者向けのコードについて知りたいという方には、「日曜日よりの使者」など簡単な定番コードのみで演奏可能な練習曲を紹介しています。 是非チェックしてみてください! まずはハワイアンサウンドのド定番曲から 楽譜のダウンロードはこちら ハワイアンサウンドの代表的な曲である「アロハ・オエ」は初心者でも簡単に抑えられる 【C・F・G7・C7】の4つのコードだけで演奏可能!弾くリズムも一定で大丈夫なので初めての曲練習には最適です。 まずはこの曲で基本的なコードの指の位置感覚と指にチカラを入れずに綺麗に鳴らす練習をしましょう。 基本的なコードはどの曲にでも組み込まれていますので、このコードに慣れておけばコード移行もスムーズになると思います。 基本的なコードで弾ける簡単な曲 アロハ・オエ以外にも基本的なコードのみで構成されている曲はあります。 アロハ・オエで基本的なコードが身についたら、続いては一定にしていた弾くリズムを曲に合わせて工夫してみましょう。 リズムの変え方や弾き方をまずチェックしたいという方はこちらの動画で確認してみましょう。 コード移行が少なく落ち着いて演奏できる曲ですが、 G・D・Emと押さえるのがやや難しいコードが構成の大半を占めており、最初は上手く鳴らせない弦が出たりと苦戦するかもしれません。 しかしこの3つのコードは様々な曲で頻繁に出てくるウクレレの定番コードです。 4本の弦がそれぞれしっかり鳴っているか、指にチカラが入り過ぎていないかを確認しつつ、コード移行が少ないこの曲でしっかり練習しておきましょう。 コード移行のタイミングと弾くリズムには工夫が必要です。 弾くリズムに関しては実際の原曲のギターの演奏を聴いて参考にしてみるとイメージしやすいと思います。 慣れてきたらストロークの練習曲として活用しましょう。 コード移行の練習になる曲 曲を通しでうまく演奏するにはコード移行をいかにスムーズに出来るかが大事な要素になってきます。 しかし、移行するコードとコードの指の位置関係が離れていれと移行時に音が途切れやすく、曲の流れが止まってしまいます。 移行時に音が途切れないようにするには残念ながら練習あるのみですが、最初はコード毎に自分が押さえやすいポイントを探っていけるように、ゆっくりとしたリズムの曲で練習するのが良いでしょう。 楽譜のダウンロードはこちら 数々のアーティストがカバーしてきた名曲です。 弾き語りの練習にもおすすめですが、一本の指で複数の弦を纏めて押さえる セーハコード バレーコード の多い曲となっております。 サビ前のD dim・Bmのは押さえるのが難しく、なかなか1弦がしっかり鳴らないコードです。 世代問わず誰もが知っている名曲ですので、レパートリーにしておくと良いかもしれません。 楽譜のダウンロードはこちら 今まで出てきたことのないコードが多く、コード移行も細かいやや難易度の高い曲です。 しかしその分単調でないので弾きごたえは十分、 内容の濃い練習になる一曲です。 特に F 7は4本の指を全部使って押さえるコードですが、非常に綺麗な明るいサウンドを持ったコードです。 その他にも魅力的なコードの多い曲なので是非活用していただければと思います。 ウクレレの音色が良く似合う曲 ウクレレの最大の魅力といえば明るく軽快なサウンドですが、せっかく練習するのであればウクレレのサウンドの良く似合う曲もレパートリーにしたいですよね。 最後にウクレレと相性抜群の島唄からご紹介します。 楽譜のダウンロードはこちら 島唄といえばまさにこの曲! 使用されているコードは全て1~3フレットまでしか使用しないコードなので、落ち着いて丁寧に演奏すれば習得まではそんなに時間はかからないと思われます。 楽譜のダウンロードはこちら こちらも定番ソングですが、セーハコードが構造の中心に入っているのでコード移行をスムーズにおこないつつ、 F dimなども4本の弦をしっかり鳴らせるかが重要になってきます。 この曲は一定のリズムで弾き続けても大丈夫な曲ですので、 セーハコードの練習曲として活用するのがいいでしょう。

次の

パプリカ・かんたんウクレレで! NHK 2020応援ソング【コード&レッスン付】GAZZLELE

ウクレレ パプリカ

ウクレレのチューニングの仕方 続いて演奏において欠かせないチューニングです。 チューニングとはウクレレの4本の弦をそれぞれ決められた音程に合わせていくことです。 それぞれの弦の音程は上図の通りで、チューナーが無い場合は動画を見ながらチューニングをしていきましょう。 チューニング時の注意点 購入したての新しいウクレレ、もしくは弦を張り替えて間もない状態のウクレレは、チューニングをしてピンと張っている状態に弦が馴染んでいません。 そのためそういったウクレレは演奏しているうちに弦のチカラで チューニングが崩れいってしまいやすいです。 使っていくうちに慣れてきますがもしなかなか直らない場合は、ヘッドの裏側にあるそれぞれの弦調整部の ネジを締めてみましょう。 より詳しいについてはこちらの記事で解説しています。 Fコード 人差し指と中指の二本で押さえる落ち着いたサウンドのコードですが、指の間隔が離れているので最初は少し苦戦するかもしれません。 それでも次に紹介するG7コードと指の位置・構えが似ているのでコード移行がしやすく、合わせて練習すると良いかもしれません。 G7コード 3本の指で押さえるため難しそうな印象を受けますが、それぞれの指が近いので比較的押さえやすいコードです。 単体で練習すると苦戦してしまいますが、先程紹介したFコードから移行しやすく、またこのコードから最初のCコードにも移行しやすい曲の中核となるコードです。 C7コード この4つのコードの中では頻出度としては低いですがCコード同様に人差し指一本で押さえられる簡単コードです。 明るくもどこか魅力的な落ち着いたサウンドで小説つなぎに持ってくる抑揚が付けられるコードです。 ウクレレ初心者におすすめのウクレレコードブック・教本 初心者の方が知っておくべきC,F,Gコードをご紹介しましたが、少し練習に煮詰まっている方、映像を見ながら練習したいという方にピッタリのウクレレ教本をご紹介します。 入門編の教本ですが、わかりやすく、ご紹介する教本をマスターすれば『脱・初心者』をすることができますよ。 できる ゼロからはじめるウクレレ超入門 (教則DVD付き) 様々な楽器で作られている『できるシリーズ』のウクレレ版です。 本を読む前に見るDVDがついており、まずウクレレの練習のイメージをつけることができます。 ウクレレは始める方の教本として『はじめの1冊』に適しています。 コードの押さえ方や注意点 初心者向けのコードをご紹介しましたが上手く鳴らすには少しばかりポイントがあります。 主にFコードや・G7コードなど複数の指を使うコードを押さえる上でのポイントとなりますのでチェックしていきましょう。 フレットの近くを押さえる コードが上手く鳴らない原因の一つは 弦を押さえるチカラが弱いため、弦が正しく鳴らせていないという点にあります。 今回は分かりやすくCコードを押さえておりますが、上手くコードが鳴らないときは上図のようにフレットの近くを押さえるようにしましょう。 フレットの近くを押さえることで深く弦を押さえなくてもフレットの出っ張りが弦に触れてくれるので少ないチカラでも綺麗に鳴らすことが出来ます。 Cコードのような複数の指を使わないコードではあまり留意しなくても大丈夫なポイントですので困った時に活用しましょう。 指を立てて弦を押さえる コードを弾くときは右図のように指を立てて弦を押さえる事を意識しましょう。 左図のように指を寝かせてしまうと図でいうところの3弦を押さえている中指が2弦に触れてしまい2弦がしっかり鳴ってくれませんので要注意です。 定番コードだけで弾けるおすすめの簡単な曲 飽きずに楽しく練習を進めるには、 知ってる曲で練習するのが一番だと思います。 早い段階でレパートリーが出来れば自信にも繋がります。 Aloha Oe(アロハ・オエ) 楽譜のダウンロードはこちら ハワイ!アロハ!と言えばこの曲という定番曲。 ゆっくりとしたリズムで初心者にも優しいですね。 慣れてきたらコードの位置感覚とスムーズなコード移行という点も意識しながら練習していきましょう。

次の