ミャンマー へ の 投資 が 減っ て いる 原因 は。 ミャンマーの今、そしてこれから 2018年05月01日

日本はミャンマーという国に投資しているのですか?

ミャンマー へ の 投資 が 減っ て いる 原因 は

『ザ・ノンフィクション 「それでも、日本で生きる」』概要は? 11月18日の『ザ・ノンフィクション 』では、 平成30年度文化庁芸術祭参加作品である 「それでも、日本で生きる ~あるミャンマー難民家族の苦悩~」 が放送されます。 今回の主人公は、 8年前、内戦が続いていた ミャンマーから命からがら逃れてきた 5人家族の長男、ソー・ベントゥくん。 mynavi. 一方、 定時制高校2年のカンナちゃんは17歳。 メイクアップアーティストになりたい という夢を持ち、 専門学校に行きたいと考えているものの、 お金がなく悩む日々。 さらに、自分の両親は、日本人の同級生の親と 違うということに嫌気がさし、家出してしまう。 17歳の女の子といえば、 国は違えど、多感な頃・・・。 自分の家庭の金銭的な事情も 何となく察知出来てきますし、 他の家族、他人との比較をして悩む年ころでしょう。 父・ネイミンさんは52歳。 まだ若いのですが、 病と闘いながら清掃の仕事を続ける日々。 病があるために、清掃のお仕事なのか、 難民ということで、清掃のお仕事を されているのかは不明ですが、 いずれにしても、 職業的には、高給になることは難しいのが 現状でしょう。 母親のマリアさんは54歳。 日本語の壁にぶちあたり引きこもりがちとのこと。 家族一人ひとりが何かしら悩みを抱えているという 状態なんですね。 悩みのない人間はいないといいますが、 難民として日本に住んでいるという 根底があることで、 それぞれに抱えている問題がより深くなり、 亀裂として表面化してしまったのでしょうか・・・? 5人家族ということで、 もう一人子供がいると思われますが、 母親のマリアさんが54歳ということで、 主人公、ソー・ベントゥ君よりも年上のお子さんでも おかしくないですし、 17歳のカンナちゃんより年下の可能性も 少ないながらもあります。 家族の問題とともに、 ミャンマーの難民問題についても 描かれた今回のノンフィクション。 ミャンマーの難民問題について 少し調べてみました。 ミャンマー難民問題とは? 「ミャンマー難民」で調べると、 軍事政権下にあったミャンマー連邦内の 民族紛争を原因とし、 国外に流出し難民化した人々のこと。 とありました。 要するに、ミャンマー国内での 民族争いからミャンマー国民が国外に 流出したということですね。 1949年より、 ミャンマー(ビルマ)国内の 少数民族の反政府勢力 と ミャンマー(ビルマ)軍事政権 とによる対立が始まり、 1975年以降、戦闘や人権侵害を逃れて人々が タイ側へ流出しました。 在日ミャンマー人の多くは、旧軍事政権による 厳しい弾圧を逃れて日本にたどりついた難民 なんですね。 1984年に正式に難民キャンプが設立されてから 30年以上経った今も、 難民キャンプで暮らす難民は約10万人にも上ります。 受入国であるタイ政府は、 難民たちの自国社会への統合政策には消極的です。 近年進んでいるミャンマー(ビルマ)政府の 急速な民主化政策により、 ミャンマーに帰ろうとする人も 増えてきているようですが、それも一部。 日本政府が2015年度以降も本格事業として 難民受け入れを継続している一方で、 大量受入国だった米国は2013年から 受け入れを収束させました。 未だ10万人以上が難民キャンプで暮らしており、 近年、食料支援を行ってきたNGOの撤退が相次ぎ、 難民の暮らしはますます厳しくなっています。 ミャンマー難民の中で、注目されているのが、 「ロヒンギャ問題」。 ロヒンギャの人々は、 ミャンマー西部のラカイン州に暮らす 約100万人のイスラム系少数民族。 一般の市民からの激しい暴力や性的暴行を受け、 家族を殺されたり家屋を焼かれるなど 残虐な行為を受けていたそうです。 言葉が違う、宗教が違う、考え方が違う。 と言った理由で、 残虐行為がされているというのは、 日本ではまず考えられませんが、 世界では多いのでしょうね。 宗教的迫害や強制労働を理由として ミャンマーから流出したロヒンギャの 難民は、 一日数千人、 日によっては一万人以上にものぼり、 70万人を超えているようです。 その多くは女性や子供で、 弱い立場の人を守るために では 寄付を募っています。 ミャンマー難民を日本で受け入れ! 日本では、 第三国定住事業を展開し、ミャンマー難民を 受け入れています。 mofa. html 2010年より始まったこの事業は、 タイやマレーシアの難民キャンプに 滞在するミャンマー難民などを対象に 一年に約30人(家族単位)で受け入れを 行っています。 yahoo. 「朝早くから夜遅くまで仕事で 家族との時間も取れない。 子どもを病院に行かせる時間もない」 「戦争がなく自由な生活ができると 思って日本に来たのに、とても残念」 との声も上がっているようですが、 日本人もおなじような悩みはありますので、 雇用者と就労者の摩擦が起きないように 調整することが課題になっているようです。 ともすれば、 日本人が主張しにくいことを 指摘したということで、 難民問題を機に、 日本の労働者の働き方やなんかも変えていく きっかけになったり・・・しないでしょうか? ミャンマー難民の人数は? 現在日本には、難民条約に基づく難民として、 政府が認定した条約難民が、 平成28年末の時点で688名いるほか、 1975年のベトナム戦争終結後、 インドシナ三国 (ベトナム、カンボジア、ラオス)で 発生した政変に伴い祖国から逃れてきた インドシナ難民 (昭和53年~平成17年までの間で11,319人受入)、 さらには前述した2010年から日本政府が 受入れを開始した第三国定住ミャンマー難民 (平成29年までにパイロットケースと あわせて合計39家族152名)が 日本で定住しています。 難民事業本部は、 日本で生活するこれらの難民に対して、 日本語教育や日本社会の制度、 生活習慣に関する指導、 就職のあっせんを行っているほか、 日本での自立定住に向けた各種の支援を行っています。 このようなミャンマー難民の人生を追った映画 として、土井敏邦監督による 「異国に生きる」という作品をご紹介します。 14 年間にわたる取材に基づき、 日本に暮らす難民の姿を丹念に描き出した ドキュメンタリー映画です。 難民を知るというだけでなく、 人としての生き方や日本社会の あり方についても深く考えさせられる 内容になっています。 また、 新宿区の高田馬場では、 ミャンマーの空気に触れることができます。 というもの、 駅周辺にはミャンマー料理店をはじめ、 食材・雑貨店などミャンマー人の店が約 20 店あり、 リトル・ヤンゴンと呼ばれるほどです。 映画の主人公が営むレストラン 「ルビー」もここにあるそうですよ^^ 日本のミャンマー難民の今後は? ミャンマーでは多くの投資家や国からの支援により、 経済的発展とともに、 ミャンマーの民主化が進んでいます。 順調に進んでいけば、 難民認定制度を通して在留を認められる ミャンマー人は減っていくものと思われますが、 しかし、まだ安心できないという人は多く、 難民認定申請の結果を待っている人たちも大勢います。 というのも、経済的な発展とともに、 貧富の差も大きくなっているとのこと。 民主化が進んだから一刻も早く帰りたいと 考える人もいれば、 まだ不安だから日本に滞在しながらもう少し 様子を見たいと思う人もいるんですね。 彼らが安心して暮らせる社会になるために、 自分ができること・・・・。 考える必要がありそうです。

次の

ミャンマーへの投資を検討する日本の製造業が減少。強みは、市場への期待、賃金の安さ。弱みは、物流、インフラ、人材。

ミャンマー へ の 投資 が 減っ て いる 原因 は

2011年以降、軍事政権の民政移管により、「アジア最後のフロンティア」として大きな注目を浴びたミャンマー。 テレビや新聞で、連日のように報道されたこともあり、多くの人が、ビジネスチャンスを求めミャンマーに殺到した。 その当時、飛行機の便やホテルの部屋を予約ができずに出張を断念せざるを得ないケースも稀ではなかった。 しかし、現在は、こうしたミャンマー熱は覚めた感は否めない。 テレビや新聞でのミャンマー関連の報道頻度は、めっきり減っている。 時たま報道されたかと思うと、ロヒンギャの人権問題のニュースばかりで、経済の話は少なくなった。 大きな可能性を秘めた国として経済の報道が多かった以前と比較すると、隔世の感を禁じ得ない。 こうした状況になった背景には、ビジネスチャンスがあると思っていたが、エネルギー不足が想定以上に深刻で企業活動がままならないとか、基礎的インフラや法的整備が遅れており本格的な経済成長までには、まだ、時間が必要との判断を下し、一旦、進出を見合わせた企業が多く存在したことで、ミャンマーへの関心が薄れたことがあるだろう。 宴の後とも言えるミャンマーは、今、どうなっているのか。 外国からの投資が一段落していること、2016年3月に発足した国民民主連盟による政策運営が適切でないこと等により、経済成長率は2013年の約8. 5%をピークに低下してきており、最近では7%程度となっている。 一時懸念された貿易赤字拡大やインフレ率上昇は、成長率が低下したこともあり更なる悪化は回避されている。 しかし赤字体質及びインフレ体質は、経済の脆弱性に起因する現象であり、構造改革による抜本改革がなければ解決には至らないため、まだ油断はできない。 最近の目立った動きの一つとしては、オフィス、レジデンス、ショッピングセンター、ホテルの建設ラッシュである。 2~3年前に計画されたものが次々に具体化してきており、ヤンゴン市内の景観を大きく変えている。 特に象徴的な建物は、地元財閥であるシュエタングループが手掛けたジャンクションシティという大型複合施設である。 ダウンタウンの市場跡地を利用して建設され、オフィス、ホテル、ショッピングセンター、レジデンスがある。 ショッピングセンターは、日本のイオンモールと同程度かそれ以上の規模感で、多くの人が買い物を楽しんでいる。 また、ホテルは洗練されたデザインに加え、ミャンマー仏教の総本山であるシュエダゴンパゴダを一番近くで眺められるロケーションにあることで人気がでている。 ジャンクションシティは、ヤンゴンを訪問する機会があれば、是非、チェックすべき場所の一つである。 変わりゆくミャンマーの一端を感じることができるであろう。 建設ラッシュによる供給量増加で、以前のような需給逼迫感は薄れ、不動産価値は減価してきている。 オフィスやレジデンスの賃料はピークアウトし、低下方向へと動きだしている。 また、ホテルの宿泊料についても、パンパシフィック、ロッテ等の大型5つ星ホテルが次々と開業、今後も、ケンピンスキー、プルマンが開業を控えているという状況で、低下圧力を受けている。 不動産関係者やホテル関係者としては、当初見込みが外れた感があり、悩ましい問題となっている。 新興国のわりには成長率が低い状況や、一時外国からの注目を浴びたことによる家賃高騰等の影響で、ミャンマーの不動産市況は、当面、弱含みが続く可能性が高い。 しかし今後、エネルギー不足や基礎的インフラ不足(これが、かなり難題ではあるが)が解決に向かえば、将来的に、耐久消費財ブームなどをきっかけに成長が加速する局面も期待できるであろう。 そうした状況になれば、不動産需給は改善し、価格もリーズナブルな方向へと落ち着いていくであろう。 筆者としては、一人当たりGDPが2,000ドルを超えてくる2020年代前半あたりから、再度、ミャンマーが注目されてくるのではないかと思っている。 あと5年くらいの辛抱だろうか。 このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。 著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。 大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。 著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。 また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

次の

ミャンマーへの投資を検討する日本の製造業が減少。強みは、市場への期待、賃金の安さ。弱みは、物流、インフラ、人材。

ミャンマー へ の 投資 が 減っ て いる 原因 は

日本で新興国投資がブームになったのは、もう5年以上も前の話になります。 ゴールドマンサックス証券に所属するアナリストが2003年10月に書いた「Dreaming with BRICs: The Path to 2050」(BRICsとともに見る夢:2050年への道)というレポートがきっかけで、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)への投資が日本でも流行りました。 そして、投資家はフロンティア地域への投資ということで、更なる発展途上の国への投資機会を求めました。 なかでも、ミャンマーは「アジア最後のフロンティア」とも呼ばれましたが、気づけば日本国内での新興国への投資熱は下がっていきました。 今回は、ミャンマーの現状を見ていきます。 ミャンマー経済の基礎的情報 ミャンマーがどこにあるかご存知でしょうか?インド、バングラデシュ、中国、ラオス、タイと国境を接していますが、一番イメージしやすいのは日本から見るとタイの左側にある国というと一番場所がイメージしやすいかと思います。 最近のニュースではロヒンギャ問題で同国の名前を聞くことがあると思いますが、それ以外ではあまり同国の名前を耳にすることはないかもしれません。 アジア圏を見渡すと、韓国や台湾は日本からも近く料理も美味しいですし、インドネシアにはバリ、タイにはプーケットなどのリゾート地があるため、投資だけではなく旅行や観光という観点でも同国への印象はないかもしれません。 しかし、ミャンマー中央統計局の『Monthly Economic Indicators』によれば、ヤンゴン、マンダレー、ネピドー国際空港への観光ビザベースでの入国者数は、2016年度は日本から43,106人が同国へ訪れており、同国から見ると日本は3番目に観光客として訪れる人が多い国なのです。 IMFの『World Economic Outlook Database, April 2018』によれば、同国の人口は5,225万人とASEAN(東南アジア諸国連合)加盟10か国の中で5番目に人口の多い国になります。 しかし、一方で1人あたりGDPを見てみると1,340ドルと加盟10か国の中で最下位となっています。 同国の平均年齢は29歳と非常に若い国です。 人口が多く、平均年齢が若い。 そして、依然として1人あたりのGDPは低い。 一方でIMFの予測によれば2018年のGDP成長率の予測値は6. 4%と高成長を期待されています。 この情報だけ見れば、依然として投資の魅力はあるように思えます。 証券取引所ができて2年半 さて、投資の魅力があるとなると、株式投資をしたいと思うかもしれませんが、そもそも同国に証券取引所はあるのでしょうか。 ミャンマーの首都はネピドーですが、証券取引所はヤンゴンにあります。 ヤンゴン証券取引所は2016年3月に株式取引が開始されました。 日本とも縁が深く、金融庁、日本取引所グループ、大和証券グループなども同取引所を支援しています。 日本株や米国株への投資しかしたことがない個人投資家には意外に思われるかもしれませんが、新興国で証券取引所が出来ると最初の頃は非常に不便なことが多く、徐々に改善されていく傾向にあります。 同取引所も2017年12月にオンライン取引が開始されました。 また、取引もリアルタイム取引ではなく、当初は午前11時と午後1時の1日2回だけ売買注文のマッチングをしていました。 現在は午前10時と正午にも取引するようになり、1日の内に計4回取引のタイミングがあります。 証券取引所ができてから2年半が経ちましたが、現在はまだ5銘柄しか上場企業がなく、当初は順調な滑り出しだったものの、現在は時価総額、売買代金、株価指数などいずれも低調になっています。 そもそも、まだ日本人投資家が投資できる状況ではありませんが、いずれは先行するアジア新興国の株式市場の様な展開になると考えられるため、今の時点から注目しておいてもよいでしょう。 これから期待されること 筆者は過去にアジア圏のストラテジスト業務や、ASEAN株式をメインとした外国株式事業の立ち上げも経験しており、アジア各国の株式市場の歴史についてはそれなりに理解があると自認していますが、その他の先行しているアジア各国の株式市場の歴史を振り返ると、今後同国の証券市場で起こっていくイベントも想像はつきます。 現在はまだ5銘柄だけしか上場していませんが、今後は政府主導で国営企業が公営化・民営化されて株式市場に上場し、それと合わせて外国人投資家への規制も緩和されていくでしょう。 先進国の株式しか投資したことない個人投資家の方は馴染みがないかもしれませんが、新興国市場では外国人に対する投資制限は非常に多いのです。 同国は前述の様に成長するには十分な条件がそろっているため、どこかのタイミングで改めてミャンマー株式への投資ブームが来るでしょう。 そして、時期を同じくして国内機関投資家による取引も活性化していくでしょう。 個人投資家のスタンスは? これまでミャンマーについて、投資という観点から大まかに書いてきましたが、今から投資したいという場合はどうすればよいのでしょうか。 現時点では直接ミャンマーの株式を購入できないため、手段は2つかと思います。 1つ目はミャンマー関連株式と呼んでも問題ない企業の銘柄を買うことです。 例えば、シンガポール証券取引所に上場しているヨマ・ストラテジック・ホールディングスや、インタレ・リソーシズなど、ミャンマーにおける売上高比率の高い企業に投資するのは事実上、ミャンマーへ投資するのに等しい投資行動になるといえるでしょう。 2つ目はアジア圏のフロンティア地域にも投資資金の一部を振り分けることを明示している投資信託を購入することです。 数は少ないですが、日本国内にもそのような投資信託はあります。 資産運用として投資を考えた時、中長期の視点を持ちながら、単一市場だけでなくグローバルに分散することが基本となりますが、投資資産の一部をフロンティア市場に割り振るのは良い考えだと思っています。 集中投資の対象とするには不安が多い市場かもしれませんが、将来性を考えればポートフォリオの一部がミャンマー市場への投資に振り分けられているのもよいでしょう。 しかし、当然ながらフロンティア市場は先進国だけでなく、新興国と比べても更にリスクが高いということは十分に認識しておく必要があります。 例えば、世界的なネガティブイベントが起きた場合、最初に資金が逃げていく市場である為、短期間のうちに大きく下落することはしばしば起こります。 あくまで、ポートフォリオの一部の投資先として検討してみるというスタンスが望ましいでしょう。 (文:Finatextグループ アジア事業担当 森永康平 写真:代表撮影/ロイター/アフロ).

次の