マッチャー プロフィール。 M・クーチャープロフィール

書評「GIVE & TAKE」テイカーの特徴と見分け方やギバーの成功条件とは?

マッチャー プロフィール

こんにちは、最近パパブロガーになったKENです。 コロナウイルスの影響で、学生の就活にも大きな影響が出てますね。 少し前までは売り手市場で、就活生にとっても有利な環境でしたが、やっぱりこの手の状況は長く続かないものですね(汗) 内定を取り消す企業や、採用を控える企業も出てきているので、新卒・転職を中心に人材市場は一気に冷え込んでいくでしょう。 そんな就活生が苦境に立たされる中、僕は「マッチャー(Matcher)」というアプリに登録しました。 今回の記事では、このサービスについて実際に使った感想も交え紹介していきます! Contents• OB訪問アプリマッチャーって何? 学生は登録をすれば、マッチャーに参加している社会人に対しコンタクトをとり、OBOG訪問を行うことができます! 出身大学とかは全く関係なく、自分が会いたいと思った人がいれば、気軽にメッセージを送り、面談の申請ができます。 訪問を受ける社会人は、画像のように「就活相談乗るから、〇〇させて!」と有形無形問わず、学生の方に簡単な報酬を求めることができます。 大学や学年に関係なく気になる企業の気になる人にOB訪問ができるので、積極性さえあればたくさんの社会人に話を聞きに行くことができます。 従来のOB訪問では、見ず知らずのOB・OGにメール・電話をしなければならずどこか申し訳なさを感じるものでしたが、Matcherではその必要がありません。 登録してくださっている社会人はどの方もOB訪問を受け入れることを前提で登録してくださっています。 メールや電話も必要なく、チャット機能でカジュアルに日程調整や場所決めをすることができます。 最初このサービスを就活中の弟から聞いた時、すごい時代になったと思いました(笑) 昔だったら、OB訪問や自分が気になる会社の話を聞こうと思った時、方法と言えば知り合いの伝手を辿るか、会社説明会に行ってみるかとか、Facebookですよ。 将来を背負う学生の背中を押せる これに尽きます(笑) 僕も実際マッチングして就活生の人と面談しましたが、アドバイスをしたり相談に乗るのはとても楽しいですし、充実感があります。 何より、初々しい学生さんと話すのは新鮮です。 同時に自分が歳をとったと実感させられますが・・・(笑) 人の役に立つ事の素晴らしさもダイレクトに感じられ、まさにプライスレス!! 2. 自社の採用活動へ接続できる 就活相談と合わせ、 自社の説明会や選考会を紹介することもできます。 もちろんそれがメインではないですが、相談にのる過程で学生の特徴や人柄もわかりますし、全く自社と接点がない層にリーチできる可能性もあります。 なにより、自社に興味をもった不特定多数の就活生と接点を持てるのは最大のメリットだと思います。 学生が持つ視点、情報を収集できる 就活相談にのる代わりに「学生向け企画のアイデアがほしい」「最近の学生の傾向や興味を教えて」といった交換条件を書いている人もいます。 学生向けのサービスやマーケティングをやっている企業の人にとっては、手軽に学生の声を聞け、有益な情報を得るきかっけになります。 面談を始めた一つ驚いたのは言葉でした。 学生さんから「【ガクチカ】についてもまとめて送るので、見てください」と言われました。 マッチャーのデメリット マッチャー自体には、基本的にデメリットはありません! ただ、強いて挙げるなら就活生の方のスタンスです。 「面談申請を受け付けてメッセージを送ったのに、音沙汰がない!」という就活生もちらほら・・・。 こればかりは仕方ない部分もありつつ、ちょっと残念でした(涙) マッチャーは実際にマッチングするのか? マッチャーはそのシステム上、社会人の方から学生に申請することはできません。 また、マッチャーにどんな学生がいるかを「検索」することもできないようになっています。 そのため、プロフィールを登録したら後は寝て待ちましょう(笑) どのくらい声がかかるかと言うと、僕の場合で週に4名ほどの申請があります。 もちろん、 全て面談するわけではない(社会人は申請を受けるか選べる)ので、実際の面談は週に1回〜2回程度です。 今はコロナも影響しているので、時期や人によって違いはあると思います。 もし、多くの学生と面談をしたいと思ったら少し工夫が必要です。 マッチャーでのマッチング数を増やす方法(社会人) 社会人から学生へのアプローチは出来ませんが、面談数を増やすには以下のような方法が考えられます。 僕も試行錯誤している最中なので、より良い方法が見つかれば追記します。 オフラインで出会った学生さんに、マッチャー経由で面談を申し込んでもらうのも方法です。 マッチャーでは面談数のカウントはありませんが、面談をを終えた後、就活生が社会人の評価・口コミ投稿が可能です。 その人がどの程度マッチャーで学生と面談をしているかを知る唯一の指標なので、多い人ほど信頼感が高まり、学生も面談を申請しやすくなります。 OB訪問の希望があったらマッチャーを通して評価を投稿してもらい、評価数をアップさせてみましょう。 KENの話を聞きたいという方は、是非マッチャーで! このブログを見てKENに興味をもった方は是非マッチャーで面談申請をください! 「就活の目的がつかめない、見えない…」 「自己分析が苦手、自分に自信がない」 「大手とベンチャーの違いを知りたい」 「とにかく不安!どうしたらいいか分からない…」 そんな思いをもった方へ、自己分析のお手伝いなどをしています。 マッチャーはばりばり実名で登録しているので、KENではない点にご注意ください!.

次の

【Matcher(マッチャー)】OB訪問アプリを使ってみた(社会人側)

マッチャー プロフィール

「ギバー・テイカー・マッチャー」とは! そもそも、ギバー・テイカー・マッチャーって何? と言う方も多いのかもしれませんね。 まずは3つのタイプを簡単のご説明したい思います。 ギバー・・・相手のことを常に考え、自分の利益のこと以上に相手の利益につながることを与える人。 テイカー・・・自分の利益を常に考え、相手の利益ではなく自分の利益を優先して受け取る人。 マッチャー・・・自分の利益と相手の利益を同じように考える人。 成功している方は「ギバー」が多いとよく言われていますが、最も成功に遠い方も「ギバー」が多いということもデータで出ています。 もちろん、成功の定義は人それぞれですが、ここではブログで「相手(お客様)が喜びながら、自分も幸せで自然と売上もあげている成功」という定義でご説明したいと思います。 ブログで収益化に成功している方を見ても、やはり「ギバー」が多いと私も考えています。 しかし、与えても売上が上がって来ない方も事実です。 クライアントさんの中には 与えても与えても売上があがらないです・・・(泣) という方も多いです。 (すでにその時点でギバーではなく、テイカーもしくはマッチャーになっている可能性も・・・) では、一体どんな「ギバー」が無条件で与えていても売上につながるブログになっているのか?次のステップで見ていきましょう。 「2種類のギバー」の特徴! 「ギバー(与える)タイプ」にも2つのタイプがいると私は考えています。 1「私が」知っている知識をみんなに与える人! 2「誰が」求めているのか?その相手の利益の最大化を目的で与える人! では、実際にブログから売上をあげているギバーはどちらなのか?結論からですが「2」です。 なぜ「2」なのか??いくら自分がいい情報、役に立った情報だと思っていても、「相手が求めていない・欲してない」ケースが多いからです。 少し厳しことを言えば、 無料(タダ)でも要らないものは要らない! ということです。 その部分も含めて、「利益を最大化する相手も考えて与えること!」が特に重要になっているのかもしれませんね。 ブログで収益化を最大にする「トップギバー」! では、一体どうすればブログで「トップギバー」になれるのか?このステップでは、多くのクライアントさんやブログを見てきた経験の中で「トップギバー」の特徴をお話しします。 成功しているギバーは「トップギバー」とも呼ばれる。 では、具体的に私はどうすればいいのーー?? と言う方も多いのかもしれませんね。 まずはあなたのブログ発信で「誰の利益・価値が最大化することができるのか?」考えることです。 ぜひ、参考程度に。 まとめ 【「ギバー・テイカー・マッチャー」ブログの収益化で考える3つのタイプ】はいかがでしたか?無条件で与えるということも大切ですが、その情報や知識、経験をブログから配信することで「誰が?」「どんな時に役に立つのか?」「どんな効果があるのか?」 相手の利益・価値の最大化を考える! ことが「ギバーマインド」では大切なのかもしれません。 もちろん、ビジネスは利益が出てこそ続けることができます。 そう考えるとマッチャーの要素は誰しも持っているのかもしれません。 ただ、それでもギバーを意識して自然体で、地味にやっているギバーがブログでも収益を上げているようにクライアントさんを見ても感じます。 今回はブログにフォーカスして書きましたが、メルマガやその他のSNSはもちろん、リアルの繋がりでもギバーの大切さは同じです! この記事が「ブログで与えて与えて自分がすり減っているギバー」の方へ、一歩前に進む一つのキッカケになると嬉しいです。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

銀行員が出世するためには?出世する人の特徴を解説します。|銀行員が社畜を脱出する資格ブログ

マッチャー プロフィール

こんにちは! ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。 原田千彰と申します。 NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。 今回はアメリカで人気の癒しプレーヤー、マットクーチャーのスイング解析をしていきます。 クーチャーは19歳で全米アマチュア選手権に勝利し、翌年のマスターズと、全米オープンで活躍し、一躍アメリカのゴルフの次世代スター誕生だと誰もが期待していた。 がマットクーチャーは大学進学の道を選び、社会を学ぶ為に証券会社に就職。 そして2000年にプロデビューし、2002年に初優勝! そしてシード落ちを味わい、いばらのみちながら、2009年に2勝目を達成それから花開き、今では、メジャー優勝が待たれる実力のある遅咲きのゴルフプレーヤーになりました。 可愛い笑顔で、頬を赤らめてプレーする姿にはとても癒され応援したくなる選手です。 1978年6月21日 39歳 アメリカ出身 193cm 88kg PGAツアー7勝 それではマットクーチャー選手のスイング解析スタートです。 数あるゴルフブログのなかであなたがここに辿り着き、そしてこの企画を最後まで読んでくださったご縁!これを大事にしたいです! 私もこの企画に全力を出し尽くす覚悟でサポートいたします! 今あるあなたのゴルフを私が100%変えてみせます! 何卒よろしくお願い申し上げます! こちらにメールどしどしお待ちしております。 そこにクラブを合わせているので必然的に、若干体が開いている。 その為に出球が左の、そこから右に曲がっていくフェードが打ちやすい構えとなる。 テークバック アドレスでできたシャフトの角度通りにテークバックしている。 ハーフウェイバック 【両脇を一気に締めインサイドにハーフウェイバック】 ハーフウェイバックで一気に両脇を締めてインサイドにクラブを持ってきている 少し、クラブを立てる要素があるのは、インサイドにあげて、クラブも寝かしてしまうと、クラブの重みを感じられなくなり、どこにクラブがあるのかスイング中、把握できなくなる為少し立ててあげている。 バックスイング 【インサイドに低いバックスイング】 通常のオンプレーンスイングだと、後方から見て右肩の横に手元がきてもう少し高いポジションに来るがそれに比べてMクーチャーはかなり低いバックスイングだ。 低いバックスイングだと高い位置から振り下ろす落下エネルギーが使えないので飛ばない。 低いところから振り下ろす分、飛ばない為、積極的にしなりを使って飛ばそうという意図が伺える。 ハーフウェイダウン 強烈なタメをキープしシャフトの性能をMAXに生かす! インパクト 【「タメ」を一気に解放】 強烈なタメを溜めたままでは振り遅れてしまうので、 手首を器用に使って強烈なタメを一気にリリースし、シャフトのしなりを十分使って飛ばしている。 フォロースルー 【パワーフェード】 手首を巧みに使い、捕まったパワーフェードを持ち球とする! フィニッシュ フェードヒッター特有のフィニッシュ! まとめ マットクーチャーはかなりの大柄な身長で(193cm)で飛距離重視のスイングであるのかと思ったら、正確性重視の手首を巧みに使った技巧派プレーヤーでした。 両脇をスイング中、ずっと締めて体に巻きつけるようにクラブを使い、それを柔軟な手関節で巧みにクラブコントロールしている。 動画で見ると、いとも簡単に打っていますが、インサイドにあげすぎると、スイング中、クラブの重みがわからずに、自分のクラブがどこにあるのかわかりません。 もちろんクーチャーはクラブの位置は把握してるでしょうがww、アマチュアがクーチャーのスイングを取り入れようとするとスイングがぐちゃぐちゃになる恐れがあるので注意しましょう。 Mクーチャーのスイングを取り入れる場合はテークバックでの、少しクラブを立てている点。 ここでクラブの重さを感じることでスイング中のクラブのポジションを把握していると思います。 参考にして見てください。 【過去】 中学生より、野球からゴルフに転向! 高校卒業後、ツアープロを目指しニュージーランド、オーストラリア、アメリカの3ヶ国を6年渡り歩く! ニュージーランドでは、ダニーリー選手、オーストラリアではジェイソンデイ選手、アメリカではミケルソン選手の元コーチに師事していました。 またUSPGAツアー公認のPGAの選手達の総合フィジカルコーチにもフィジカルの重要性を指導していただき、ゴルフスイングで使う筋肉や、関節にも詳しいです。 ゴルフコーチの資格を取得し、オーストラリアにて20歳からゴルフ指導を開始! オーストラリアでは、人気月刊誌「バグース」にて3年間コラムを書いていました! 日本に戻ってからは、ゴルフコーチ、整体師として活動しています! 【ゴルフコーチとしてあなたに伝えていきたい事】 僕がゴルファーに伝えていきたいのは、自分自身も様々なゴルフメソッドを学んできて実感したのは、人それぞれのスイングタイプがあり、その人なりの理論があるということです。 YouTubeや雑誌でも話題のコーチがたくさんいるじゃないですか、あの方たちの理論も「Aゴルフコーチ とBゴルフコーチ言ってること全く違うっ!」って言うところ多々ありますよね。 ただ、ゴルフコーチが違えど彼らの言ってることは、ほとんどが正しい事実です。 じゃあどうやって理論の違うゴルフコーチ達を選びその人のメソッドを習得していくのか? ゴルフは、無数にある情報の中で、あなた自身が自分で見極めて取捨選択しながら上達していかなければならない自己力が試されるスポーツなんです。 私はこれをやれ!と命令的なスタンスでレッスンしていくのではなく、このYouTubeを見てくださってるあなたと一緒にあなたのゴルフを成長させるアドバイザーとして情報発信して、あなたのお役にたてれば幸いです。 ですのでどしどし、質問お待ちしております。 その悩みの解決策を一緒に模索していきましょう! ゴルフはコーチと自分自身でリメイクしていくをモットーにゴルフコーチ「はらちん」が伝えていきますのでよろしくお願いいたします! 情報発信の実績としてはオーストラリアで、日本人向けの人気月間ゴルフ情報誌「バグース」にて、3年間連載をさせていただきました。 ・・今でこそここまでこれましたが、海外に渡った当初は英語も喋れない、ホームステイ先では家を追い出され、3ヶ月キャンプ場の端を貸してもらい、生死の境をさまようテント生活なんてのもしてました(笑) 現在は、ゴルフレッスンと整体師を中心に活動。 数あるゴルフブログのなかであなたがここに辿り着き、そしてこの企画を最後まで読んでくださったご縁!これを大事にしたいです! 私もこの企画に全力を出し尽くす覚悟でサポートいたします! 今あるあなたのゴルフを私が100%変えてみせます! 何卒よろしくお願い申し上げます! こちらにメールどしどしお待ちしております。

次の