エイゴビート。 NHK エイゴビート2 出演者と放送時間〜NHK Eテレ「エイゴビート2(2020年度4月スタート) #エイゴビート2

エイゴビート2/動画/再放送/見逃し配信NHK1話4月2日2020年~最新話無料視聴まとめ|バトルVOD

エイゴビート

わたしはすみれ」。 すみれのあいさつです。 集まったのは、えみり、みひろ、りきまる、そうきの4人。 「これからみんなで楽しい英語動画を作ってみよう! みんなは動画さつえいしたことある?」とすみれが聞くと、「はーい!」とみんな。 ダンスの動画やゲームの動画でした。 「今回は『エイゴであいさつ』をテーマにした動画をとるよ。 みんなは英語であいさつしたことある?」とさらにすみれが聞くと、「ハローとか」、「グッバイとか」とみんな。 「じゃあ、まずはダンス動画からとってみよう!」とすみれが言いました。 「イェーイ!」。 音楽に合わせてダンスしながら、英語であいさつするのです。 「みんな、じゅんびオッケー?」。 「イェーイ!」。 Here we go! まず、すみれがあいさつ。 (こんにちは。 わたしはすみれ。 Very good! (よくできました!)。 (こんにちは。 わたしはすみれ。 Great! (すばらしい!)。 Here we go! すみれのあいさつ。 Fantastic! (すばらしい!)。 See you. すみれがよびかけます。 See you. (グッバイ。 See you. Cool! (カッコいい!)。 次は君の番です。 (じゅんびはいい?) Here we go! すみれが君にあいさつします。 See you. みんなが君にあいさつします。 See you. scene 05 Veggie Life サムがトランプのカードでピラミッドを作っています。 あとひと山で完成(かんせい)。 そーっとさいごの2まいをのせようとしたところで、「サム!」と声をかけられたのでびっくり。 声をかけたのはルーシーでした。 「ルーシー、なんでここにいるんだ?」と聞くと、「ドアが開いていたもの」と言います。 「そうか」とサムがドアのほうを見ると、だれかかくれるように立っています。 ルーシーが「サム、わたしの友だちのアルバート」としょうかいします。 Albert. でも、アルバートは答えません。 それでも何も言わないアルバートですが…。 scene 06 英語でどこから来たのか聞いてみる! えみり、みひろ、りきまる、そうきの4人が浅草(あさくさ)にやってきました。 「今回は、町にいる外国人に、英語で自己(じこ)しょうかいをします」。 「どれだけ外国人と話せるか、やってみる!」。 「イェーイ!」。 もりあがるみんな。 浅草に来ている外国の人に、自己しょうかいしてみよう! そして、どこの国から来たかを聞き、世界地図のその国に星のシールをはってもらいます。 「どうしよう」。 「あっち行ってみようか」。 相談しながら、外国の人をさがします。 「あ、いた!」。 外国人を発見。 Hello. 「通じましたぁ!」とえみり。 「イェーイ!」とみんな大よろこびです。 Good job! (よくやった)。 カナダから来た人でした。 世界地図のカナダに星のシールをはってくれました。 Bye! 「大成功(せいこう)! イェーイ!」。 Great job everyone! (みんな、とてもよくやった!)。 Nice to meet you. えみりとりきまるが、男の人に話しかけます。 その人は、ファンという名前でした。 星のシールをはった場所は、スイスでした。 スイスを英語では、Switzerlandと言うのです。 「スイッツァランド?」。 「日本語とぜんぜんちがうね」とみんな。 Nice to meet you. その人は、クリステルという名前でした。 星のシールをはった場所は、フランスでした。 「フランス!」。 Nice to meet you. 「ユークレイン」と言っているようですが、地図で指してもらってもよくわかりません。 Bye! それからみんなで考えます。 「ユークレインってはじめて聞いたよ」。 すると、「あっ、ウクライナだと思う!」とりきまる。 正解(せいかい)! これも英語と日本語でちがうんですね。 scene 11 10人もの人に聞けた! ここで、何か国の人に聞けたかチェック。 10人の人に聞けました。 みんな、Great job!。 それではさいごに、カメラに向かってひと言。 「今日は、浅草(あさくさ)の外国人に、英語で話しかけてみました。 作戦(さくせん)、大成功(せいこう)!」。 scene 12 エンディングダンス Hi, everybody! Are you ready? Yay! Good morning! Who cares? Who goes first? Really? Go for it. Good luck! Do your best. Yes! I did it! Well done! Good job! Congratulations! How about tag? Rock! Paper! Scissors! Hands up. Hands down. Jump up! Sit down. Did you get it? Yes, of course. Are you sure? Thank you. See you!

次の

NHK エイゴビート2 出演者と放送時間〜NHK Eテレ「エイゴビート2(2020年度4月スタート) #エイゴビート2

エイゴビート

今回のテーマは「Hello!あいさつをしよう」。 出会いのあいさつから自己紹介、さよならまでを英語で言ってみよう。 なぜか英語を話す野菜たちのアニメでは、会話の中で使われるキーフレーズを聞きとってみよう。 後半はキッズたちが街の外国人と英語で会話に挑戦。 小学低学年の英語とのことだが、実際に街に出て外国人と話すとのことで、使える英語のフレーズが凝縮されて出てきそうで、実際の生活に役に立つ英語が勉強できそうだなと思いました。 英語のアニメでリスニングの勉強も一緒に楽しくできるなと思います。 文字を読むことはできますが、自身もリスニングが苦手なので、子供向けの番組ですが、ぜひ挑戦してみたいと思いました。 以前子供が幼稚園の英語の授業で音楽に合わせて単語を勉強した際に、体全身を使って、体の部位の単語などをすらすら話していたので、リズムに合わせて、体を動かし、繰り返すというのは、机に座っての勉強よりも絶対身につくと思いました。 他の出演者の方は知らないですが、すみれさんはネイティブの英語を話すと思うので、生の英語を聞くことができるのもの楽しみです。 なぜか英語を話す野菜、というのも気になります。 キーフレーズが出てくるようなので、続けて見ると、外国人とコミニケーションが子供でも取れるようになれるのかなと思うので、その点に期待します。 どのようなタームでやっている番組なのか不明ですが、家にいる時間ではあるので、続けてみてみたいなと思いました。 日常生活で頻繁に使う挨拶や自己紹介は実際にテレビに合わせて反復することで定着が早そうであり、会話を聞いてキーフレーズを聞きとることで、話す力、聞きとる力、学んだことを繰り返す力がつきそうです。 また出演は主に小さな子供達であるため、元気で活発な様子で英語を使う姿が想像でき、楽しみです。 後半の外国人との英語での会話は一見難易度が上がりそうに見えますが、挨拶や自己紹介で培った英語力を応用してどれだけ力を試せるかも興味深いです。 小学校3、4年生は学校の授業のカリキュラムに英語が取り入れられているところが多いので、学校で学んだことをこの番組で復習することができ、反対にこの番組で学んだことを学校の授業で活かすことが出来ると感じます。 進行は日本人ですが、ネイティブな英語を話す外国人も登場するので、より聞き取る力が上達しそうです。 音楽に合わせてより滑らかな発音やスムーズな会話に子供の頃から慣れておくことで、多言語に対する意識も日本語と同じくらい親しみのあるものになるでしょう。 Eテレで放送されている子供向け英語教育番組の新シリーズだそうです。 ダンスをしながら英語を覚えたり野菜の名前などから英会話のレクチャーをしたり教科書的な教え方でないのがとても斬新に感じます。 出演されるすみれさんはバリバリ英語が話せるタレントさんですがそんなすみれさんがやさしく楽しく子供たちと英語を勉強をしていく姿が目に浮かびます。 大人になってから英語を学ぶこと、特に発音や会話のリズムはとても難しいと世間的には言われており、文法などは入学試験などでも覚えるのが難しくみんな英語はしゃべりたいのに意外とハードルは高いと思います。 子供のころから英語に慣れていって海外の人たちと会話できるようになることや英語そのものの楽しさを学ぶにはとっていいのではないかと思いました。 教育番組をメインとしているEテレならではのプログラムだと思います。 子供だけではなく大人の英語の入門編としても使える番組なのではないでしょうか?できればお子さんがいる家庭では親子一緒に楽しんで学んでいくとより効果があるかもしれません。 番組の情報では小学3、4年生向けと書いてありますのでレベルも高すぎず気軽にみられる番組という印象もあり放送開始が楽しみです。 覚えた英語を実際に活用することはとても大切だと思うし、視聴者の子どもたちも、自分も英語を使ってみたいと思うきっかけになりそうだなと期待しています。 この番組は小学3. 4年生向けの英語番組ということですが、小学校でも英語が始まるし、とてもいい番組だなと思いました。 わたしも子供達が学校でどんな内容を習うのか知りたいし、一緒に勉強できたら良いなと思います。 初回のテーマは、「Hello!あいさつをしよう」ということですが、あいさつだけじゃなく、自己紹介、そして、さよならを言うまでが1段階だということなので結構難しいなと思いました。 かなり実用的だし、どんな流れで話すとスムーズに伝えることができるのか学びたいです。 また、なぜか英語を話す野菜たちのアニメがあるというのも気になりました。 チャンツで学んだ英語を活用する見本のようなストーリーなんだろうけど、会話の中で使われているキーフレーズを実際に聞き取ってみたいなと楽しみにしています。 英語を話す機会がなかなかないので、この番組で楽しみながら習得したいなと思います。 日本語ではなく英語しか使われないというのはすごくいいことだと感じました。 英語しか通じない相手に自分の意思を伝えるためにはどうすればいいのかということを学べるだろうし、コミュニケーション能力を養えそうだなと楽しみです。 また、前作に続き、英語を覚えるために、ノリノリのダンスや歌などリトミックを活用するというところは良いなと思いました。 すみれさんが英語を話すところはまだ見たことがないので、流暢に話す姿にも期待したいなと思います。 さらに、エイゴビート2ではどんな子どもたちに出会えるんだろうかと、子役出演者にも期待しています。 りきまるくんが出演するということは知っていますが、子どもたちの可愛い姿も見たいなと楽しみです。 自分の子供と一緒に英語を楽しく学ぼうと思います。 まとめ 小学生の息子とよく見ていたエイゴビートが、新しくなって戻ってくるようで、とても楽しみです。 この番組は、リズムに合わせて踊ったり歌ったりしながら英語を勉強していくので、自然に歌を覚えるような感じで、簡単なフレーズを覚えることが出来るのが良いです。 全国の小学校でも中学年から英語に触れるようになったので、入門編として親子で見ると、楽しく勉強出来ます。 出演者も前回から変わるようですね。 すみれさんの話す英語を余り聞いたことが無いので、それも楽しみです。 以前の番組では、後半は毎回ゲストを迎えて2組に分かれ、英語ゲームで勝ち負けを競うコーナーでした。 ゲストは芸人さんが多かったので、凄く面白かったのを覚えています。 うちの子供も、テレビの前で参加していました。 新シリーズではキッズが街角で外国人と会話に挑戦するとなると、前回より少しレベルが上がるのかなと思います。 これからは国際化がどんどん進みますし、今は何処に行っても外国人を見かけるので、実用的なフレーズを覚えれば役に立つかもしれません。

次の

エイゴビート2/動画/再放送/見逃し配信NHK1話4月2日2020年~最新話無料視聴まとめ|バトルVOD

エイゴビート

今回のテーマは「Hello!あいさつをしよう」。 出会いのあいさつから自己紹介、さよならまでを英語で言ってみよう。 なぜか英語を話す野菜たちのアニメでは、会話の中で使われるキーフレーズを聞きとってみよう。 後半はキッズたちが街の外国人と英語で会話に挑戦。 『 エイゴビート2』では英会話の難しい発音をリズムとして覚える番組のため、英語嫌いの子も楽しめるのではないでしょうか。 例えば忙しい社会人で英会話教室に通う時間がない人も、『 エイゴビート2』を見ればすぐに活かせる英会話を習得することが可能なので、社会人も注目の番組になると思います。 また、小学生は自宅で出来る勉強として非常におススメの番組のため、多くの子供達に視聴して欲しいと思ってました。 また、親子で一緒に『 エイゴビート2』で英会話を学ぶのも面白いのではないでしょうか。 この番組を見ると英会話を楽しく学ぶことに希望を持つことができ、英会話は難しくないかもと思うことが出来ます。 いかに楽しく学ぶかを研究したかのような番組であり、実際に活かせる英会話だけに注目しているのも評価の高い理由だと思います。 幅広い世代が見ても学べる英会話番組のため、今後もシリーズ化して欲しいと思いました。 また、英会話の発音を音やリズムとして捉えることも斬新で、大人も頭が柔軟になると思いました。 この番組の良いところは、実際に活かせる英会話が学べることです。 学校の教材で学べる英語も大切ですが、一番大事なのは現地で活かせる英会話だと思っています。 英会話が得意な小学生が増えることで、日本の未来は一気に明るくなると思いました。 『 エイゴビート2』では、英語のリズムに着目し、体もリズムに乗って覚えることで、子供が楽しみながら英会話を学ぶことが出来ると思いました。 また、小学生だけでなく、大人も勉強になる英会話の番組だと思っています。 楽しく英会話を学べる工夫が感じられる番組のため、英会話の苦手意識を失くすチャンスだと思っています。 自宅学習に持ってこいの番組でもあり、今後『 エイゴビート2』の注目度は更にアップしていくのではないでしょうか。 そして、番組内で学んだ英会話で、実際に街で外国人に実践英会話してみることが凄いと思いました。 何事も実践が大切であり、『 エイゴビート2』は英会話が上達する工夫を感じます。 そして、どんなキッズ達が番組で英会話を学んでいくのか楽しみにしたいと思いました。 楽しい授業だったので、大人になった今でもよく覚えています。 楽しいだけでなく、とてもためになる授業でした。 その授業を通して、英語はリズムなんだ、ということがわかりました。 いくら英単語を覚えても、発音や文章にした時の英語のリズムを捉えていないと、リスニングもスピーキングもできるようになりません。 逆に、英語のリズムをつかんでいれば、多少英語の発音が悪くても、通じることがあります。 英語には、日本語よりも強いアクセントや、リズムの強弱があると思います。 会話を聞いていても、なんとなくリズミカルで楽しそうに聞こえる言語だと感じます。 『 エイゴビート2』は、そんな英語のリズムに焦点を当てた学習番組で、とても実用的だと思います。 子ども向けですが、大人でも英語に興味がある人であれば楽しめると思います。 英語のリズムを楽しみながら、自然とよく使うフレーズなどが覚えられたら最高ですよね。 春なのでまた英語を勉強したくなってきました。 堅苦しくなく、英語のリズムを楽しめる『 エイゴビート2』を観て、楽しみながら英語に親しんでいきたいと思います。 だいすきなすみれちゃんも出演しているので、はやく観たいです。 まとめ 『 エイゴビート2』は、これまでにない英語講座だと思います。 出演者は、英語をネイティブのように話すことができるすみれさんで、「ビート」というタイトルからわかるように、チャンツダンスで英語表現を音とリズムで身につけるという趣向です。 そしてこうして覚えた英語表現を、歌のように繰り返して磨くということですが、この英語講座の対象は小学3、4年生だということです。 ですからそれほど難しい英語表現を学ぶのではないので、このユニークな方法で視聴者も楽に英語を身につけることができるはずです。 番組では、キーワードを身につけた小学生たちが街に繰り出して、実際に外国人と会話をするということです。 第一回のテーマは「Hello! あいさつをしよう」で、まずはHelloという出会いのあいさつから始めて、自己紹介をして、さよならで締めくくるのです。 しかも、会話のキーフレーズは、英語を話す野菜たちのアニメで聞き取って学ぶということになっていて、小学校低学年でなくても面白く学べるのではないかと思います。 そして街に出かけていく、ということですから、準備と実践がうまく組み合わされています。 URLには、「小学3、4年の英語でどこまでコミュニケーションがとれるか? 」という問題提起がされていますが、その答えは、容易に想像がつきます。 この番組を通じて、英語がもっと身近なものと感じられるようになるでしょう。

次の