三井住友visaデビューカード。 三井住友カード デビュープラスの申込前に必読!(2020年最新)クレジットカード情報ポータルBENRISTA

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットは?新社会人と学生どっち向け?

三井住友visaデビューカード

25歳まで持てるから、厳密には学生カードとは言えないかな。 どっちかというと新社会人向けの若者向けカードだね 三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット 三井住友VISAデビュープラスカードは、若者にしか持てないターゲットがかなり絞られたクレジットカードです。 デビュープラスカードにはどのようなデメリットがあるのか、順番に確認していきましょう。 18歳~25歳しか持てない 先にも述べているように、三井住友VISAデビュープラスカードは 18歳から25歳までの限られた年齢層しか持てないという条件があります。 年齢から考えると、学生か社会人になって間もない年齢層しか持てないことになります。 三井住友VISAブランドが欲しい、新社会人向けにぴったりです。 そのため、世の中のほとんどの人が条件にあてはまらないことになるうえに、この年齢層の人であっても25歳を過ぎたら所持できないという限定されたカードを敬遠する人も少なくないでしょう。 しかし、逆に言うとこの年齢層のカードをわざわざ作っているということから、 三井住友カードが若年層の顧客を獲得したいという意図が見えます。 そのため、多少収入が少なくてもこの年齢層であれば審査に通る可能性があるとも考えられるのです。 年会費は1,250円必要 三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度の年会費は無料ですが次年度以降は年会費が1,250円かかります。 学生や収入が少ない新社会人には、少しの年会費でも負担に感じるのではないでしょうか。 そうそう! 関連記事: また、プライムゴールドカードをずっと所有していると、30歳になった最初のカード更新時にゴールドカードに切り替わります。 ゴールドカードは誰でも持てるカードではないため、デビュープラスからのルートであれば比較的ゴールドカードを所持しやすい環境を作ることができるというメリットがあります。 国際ブランドはVISAのみ クレジットカードに付帯する国際ブランドは、三井住友VISAクラシックカードなど、ほとんどのカードではVISAとMasterの両方のブランドを発行することが可能です。 しかし、デビュープラスカードではVISAブランドしか選択することができません。 クレジットカードにVISAブランドしかつかないというのは、不便ではないかと考えるかもしれません。 しかし、世界ではVISAブランドが圧倒的なシェアを誇り、 国内でもほとんどのお店で使うことができるため、VISAブランドしかつかないことに大きなデメリットを感じることはほぼないでしょう。 あんまり想像できないかも 旅行保険はない クレジットカードにはたいてい付帯している 旅行傷害保険が、三井住友VISAデビュープラスカードにはついていません。 特に海外旅行などによく行く若者にとっては、旅行保険がないというのは不安に感じることでしょう。 しかし逆に考えると、旅行にはめったに行かないという若者にとっては旅行保険の有無は重要ではないでしょう。 また、本格的に海外旅行に行くというのであれば、かなりしっかりとした保険が付帯した別のカードで代用することをおすすめします。 反対に三井住友VISAデビュープラスのメリットは 三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットを順番に紹介してきましたが、もちろんデビュープラスカードにはメリットもあります。 どのようなメリットがあるのか確認していきましょう。 ポイント還元率は常に2倍!入会後3ヶ月間は5倍! 三井住友VISAカードには、ワールドプレゼントというポイントプログラムがあります。 三井住友VISAデビュープラスカードでは、 いつでもポイントが2倍になるというメリットがあります。 さらに入会後3ヶ月間は5倍になります。 例えば50,000円のカード利用をした場合、通常なら50ポイントのところ、2倍の100ポイント、入会後3ヶ月間は5倍の250ポイント獲得できます。 これはデビュープラスカード限定のサービスとなっているため、ポイントを効率よく貯めたい人にはおすすめです。 年間利用金額に応じてボーナスポイント 三井住友VISAカードでは、前年度の年間利用金額に応じて3つのランクのステージが設定され、ステージランクに応じたボーナスポイントが加算されます。 ボーナスポイントの詳細は下記の表にまとめました。 前年度の買物累計金額 ステージ ボーナスポイント 300万円以上 V3 50万円到達時 150ポイント 以降10万円ごとに 30ポイント 100万円以上300万円未満 V2 50万円到達時 75ポイント 以降10万円ごとに 15ポイント 50万円以上100万円未満 V1 50万円到達時 50ポイント 以降10万円ごとに 10ポイント このボーナスポイントは、クラシックカードやデビュープラスカードなどの一般カードに適用されますが、ゴールドカードやプラチナカードではさらに高いボーナスポイントが用意されています。 インターネット経由の申し込みで最短3営業日で発行 三井住友VISAカードでは、インターネット経由での申し込みに限り最短3営業日でカード発行されます。 ただし自宅に届くのは最短約1週間となっています。 最短でカード発行するためには、インターネットで手続きをすること、またインターネットで支払い口座の設定をすることが条件となります。 ただし、インターネットで支払い口座の設定ができる銀行は限られていて、対応していない銀行の場合は最短日数での発行はできません。 ETCカードは年会費無料 デビュープラスカードの作成と共にETCカードを作成することもできます。 ETCカードも別途年会費が必要ですが、初年度は無料、さらに年1回でもETC利用の請求があれば、翌年度は無料となります。 契約しているクレジットカードの利用枠内で利用可能です。 年間最高100万円のショッピング保険 三井住友VISAデビュープラスカードには旅行傷害保険はついていませんが、 ショッピング保険は付帯しています。 デビュープラスカードでクレジット決済をして購入した商品の破損や盗難による損害を、購入日および購入日の翌日から90日間補償されます。 ただし、海外での利用および、国内でのリボ払い、分割払い 3回以上 のみ対象となります。 審査基準が若者向け デビュープラスは若者向けカードなので、審査基準も三井住友VISAカードより若者にあったものになっています。 代表的な高ブランドカードの三井住友VISAカードと同じ基準で審査されると、若者は ・収入が少なくて ・勤続年数も短い ため厳しい結果になりやすいですが、デビュープラスではこうした若者の事情に配慮した審査をしてくれます。 審査が不安な若者はデビュープラスを申し込んだ方が良いですね。 銀行系クレジットカードを作るチャンスですので。 関連記事: デビュープラスとクラシックはどっちが良い? 三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリットについて見てきましたが、三井住友VISAクラシックカードと比較してどちらが優れているのか、下記の表でまとめてみました。 デビュープラス 三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAクラシックカードA 年会費 1,250円 1,250円 1,500円 年会費無料条件 1度でもカード利用する マイペイすリボ登録+カード利用 マイペイすリボ登録+カード利用 旅行傷害保険 なし 最高2,000万円の海外旅行傷害保険 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険 ショッピング補償 年間100万円まで 年間100万円まで 年間100万円まで 国際ブランド VISA VISA、Master VISA、Master このカードだけの特典 ポイントが常に2倍 当初3ヶ月は5倍 特になし 特になし デビュープラスカードとクラシックカードを比較すると、大きな違いは旅行傷害保険がついているかどうかという点です。 旅行を頻繁にするので保険は外せないという人には、デビュープラスカードは向いていません。 しかし、旅行傷害保険以外の項目では、年会費無料になる条件やポイントが2倍になるという特典を考えると、クラシックカードよりメリットも多いといえます。 そのため、デビュープラスカードに向いているのは、海外旅行や国内旅行に行く余裕はまだない新入社員や入社後1~2年の社会人でしょう。 旅行に行く代わりにショッピング利用をすればポイントが2倍貯まるため、効率よくポイントを獲得できます。 逆に時間に余裕があって旅行に頻繁に行ったり、卒業旅行として海外旅行を考えている学生には、旅行傷害保険がないデビュープラスカードはあまり向いていないと考えられます。

次の

三井住友カードデビュープラスが学生に評判が良い理由

三井住友visaデビューカード

今回は大学生や新社会人に人気の高い、三井住友カード デビュープラス(旧名:三井住友VISAデビュープラスカード)を詳しく解説した記事を書いてみようと思います。 入会条件は何歳までなのか?といった基本的なことから作る上でのデメリットまで、三井住友カード デビュープラスをこれから作る方にとって役立つまとめになるはずなので、是非、興味がある方は参考にしてみてください。 これを読めば三井住友カード デビュープラスがあなたにとって必要なのかどうかがわかりますよ。 三井住友カード デビュープラスの基本: はじめに、初心者の方を対象に三井住友カード デビュープラスの基礎知識を紹介していってみたいと思います。 VISAカードはクレジットカード: まず、三井住友カード デビュープラスはクレジットカードです。 こう書くと、『えっ、三井住友カード デビュープラスってVISAカードなんじゃないの?』と思われる方も多いかもですが、これは正解でもあり不正解でもある感じ。 というのも、VISAカードというのはクレジットカードの中にある1つのジャンルで、MasterCardやJCBカードと並ぶ国際ブランドと呼ばれるものなため。 VISAカードもMastercardもクレジットカード 要するに VISAカードもMasterCardもJCBカードもすべてクレジットカードなので、三井住友カード デビュープラス=クレジットカードなのですね(イメージするなら保険ジャンルの中に生命保険や損害保険があるのと同じ)。 VISAカードにはたくさん種類がある: また、VISAカードはなにも三井住友カードのみが発行できるクレジットカードではありません。 他にもニコスカード、セゾンカード、ライフカード、楽天カードなどなど…と、様々なクレジットカード会社がVISAカードを発行しているため、仮に三井住友カード デビュープラスを入手した場合でも『私はVISAカードを持っています』とまわりに説明しないようにしてください。 正しくは「私は三井住友カード発行のVISAカードを持っています」となります。 間違った認識: 「私はVISAカードを持っています(正解ではあるがどのVISAカードかわからない)」• 正しい認識: 「私は三井住友カードのVISAカードを持っています(私は三井住友カード デビュープラスを持っています)」 三井住友カードのVISAと認識することが大事: 尚、『三井住友カードでも他のVISAカードでも、同じVISAカードである以上は一緒なんじゃ?』と思われるかもしれませんが、発行している会社によってクレジットカードのサービス内容はまったく別物。 それゆえ、これから三井住友カード デビュープラスを作る方は、三井住友カードが発行しているVISAカードを持っている…という認識をすることが重要ですよ。 これさえしっかり理解しておけば困ったときの疑問解決や、誰かに質問する際に役立ちます。 クレジットカードやVISAカードとは何かがわかるようになります。 作るために必要な諸経費: 次に三井住友カード デビュープラスを作るためにはどのような費用がかかるのか、わかりやすく表にまとめておいたので気になる方は参考にしてみてください。 ご覧のとおり入会金、発行費、事務手続き料、解約手数料等はすべて無料です。 手数料費用 費用 解説 入会金 無料 三井住友カード入会にお金は必要ありません。 発行費 無料 発行に関してお金はかかりません。。 事務手続き 無料 事務手続きなどの費用も無料です。 年会費 条件付き無料 1年目の年会費は無料、支払いに使っている方なら翌年からも無料に(年に1度の利用もない方は有料になることも)。 解約手数料 無料 カード解約にかかるお金は不要。 年会費は条件付きで無料: 1つだけ注意して欲しい点としては、三井住友カード デビュープラスの年会費は条件付きで無料になる点。 条件付き…といっても、まったくもって難しいハードルではないので、このカードを作る予定があるならしっかりこの点だけは把握することが大切です。 ではどうすれば年会費無料になるのでしょうか? 気になるその条件は三井住友カード デビュープラスを支払いで使うかどうか。 仮に 年に1度でもこのカードを支払いに使った場合には、翌年の年会費が無料になります。 年に1度でも利用:翌年の年会費も無料• 年に1度も使わない:翌年から年会費が発生 反面、1年の間に1度も支払いで使わなかったとか、机の引き出しに入れっぱなしで存在すらも忘れてしまっていた…という場合には、翌年から年会費がかかることになるので要注意。 まぁよほどのことがない限りは年会費が発生することはないので、三井住友カード デビュープラスを作なら最低でも半年に1度くらいのペースで利用するようにしてください。 これで年会費が発生することはありません。 1回払いで支払いをすれば金利手数料もかからない: あと、初めてクレジットカードを作るという方が勘違いしていることが多いんですが、クレジットカードは1回払いと呼ばれる方法で使う限り、金利手数料がかからない支払手段です。 1回払いで支払いをする:手数料がかからない• 分割払いやリボ払いで支払い:手数料がかかる 1回払いを使う限り手数料は不要となる この辺は説明すると長くなるので、よくわからない方は下記記事を参考にどうぞ。 三井住友カード デビュープラスも同様の仕組みですね。 デビュープラスの入会条件: ここで気になる三井住友カード デビュープラスの入会条件については下記の通り。 満18歳~25歳まで:作成可能• 残念ながら満18歳~25歳までの若い方でなければ作ることが出来ないVISAカードになっているので、26歳以上の方は素直に諦めるしか無い状況です()。 職業別の審査基準について: では18歳~25歳の方の中で、どんな方だとこのVISAカードを入手できるのか。 公式には三井住友カード側より発表されていませんが、審査対象となる職業等を当サイト「」判断でわかりやすくまとめてみました(あくまで当サイトによる推測)。 あとは大学生や短大生、専門学校生も同様に25歳以下なら問題ありません。 反面、高校生や無職の方は作成不可。 加えてこのカードの特性上、専業主婦の方や障害者年金の受給者もちょっと厳しいかもしれませんね。 申請の仕方次第かもしれませんが、楽天カードなどの他のカードを狙ったほうが無難そうです。 他、26歳の大学院生とか、27歳で大学に社会人入学した…といった場合はどうなのかというと、これはやはり作成不可。 とにかく三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳の方ためのクレジットカードなので、年齢はどんな場合であっても必須条件となります。 25歳を過ぎたらカード切替: ここまで三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳にしか作れないクレジットカードと解説してきましたが、それでは26歳以降になったどうなるのでしょうか? こちらについては20代向けのゴールドカードである、三井住友カード プライムゴールドへ切り替わる仕組み。 ただ万人がゴールドカードを持ちたいわけではないと思われるので、仮に『そんなゴールドカードなんて持ちたくない!』という場合には、年会費の安い三井住友カードへの切替を選択してもOKですし、そもそも三井住友カード デビュープラス自体を解約してしまうなんてことも可能です。 通常ルート:プライムゴールドへ(継続ボーナス有り)• 迂回ルート:三井住友カードへ(継続ボーナス無し)• 撤退ルート:三井住友カード デビュープラスを解約 どれを選ぶかはとりあえず26歳以降になった時に考える…で問題ありません。 切り替わるタイミングは? ちなみに。 三井住友カード デビュープラスが三井住友カード プライムゴールドへ切り替わるタイミングは、26歳になったらすぐ…ではなく、26歳以降に訪れる有効期限が切れたタイミングです。 満26歳になったら三井住友カード プライムゴールドへ (中略)満26歳になった後の最初のカード更新時より、三井住友カード ゴールドと同等のサービスを提供する20代限定の三井住友カード プライムゴールドにランクアップ! それゆえ、人によっては28歳や29歳くらいまで三井住友カード デビュープラスを使い続けることができる可能性もありますね。 たとえば26歳になるギリギリのタイミングでの申込か、もしくは20歳の時の時の作成であれば、通常よりも長く三井住友カード デビュープラスを使い続けることができるかもです(5年の有効期限が設定された三井住友カード デビュープラスが届いた場合を想定)。 クレジットカードはいつでも解約できる: 『三井住友カード デビュープラスが欲しいけど、クレジットカードを作るってなんか緊張するなぁ。 どうしようかなぁ。 』と悩んでいる方向けにひとつ。 クレジットカードというのは何も、作ったからといってその後も永遠と使い続けなくてはいけないカードではありません。 そのため、もしこのVISAカードを入手してサービス内容に不満だったり、急に不安になってしまった場合には解約してしまえばそれでOK。 使い勝手に満足:継続して利用• 使ってみて不満:解約すればOK 前述のように解約手数料も不要なカードなので、クレジットカード作成を重く考えすぎずに申し込みをしてもらえればなと思います()。 私も過去、50枚以上のクレジットカードを解約済です。 三井住友カード デビュープラスの長所: 続いて三井住友カード デビュープラス独自のメリットをまとめてみました。 三井住友カード全般の保有メリットについてはのほうを参考にしてみてください。 ポイントが常に2倍になる: 三井住友カード デビュープラス最大の保有メリットは、 どこでどんな支払いをしてもポイントが2倍になること。 通常の三井住友カードを使っている限りには得られない分だけのポイントを、デビュープラスだからという理由だけで獲得することが出来るのは大きなメリットです。 三井住友カード デビュープラス:ポイントいつでも2倍• 他の三井住友カード:ポイントはいつでも1倍 これはまぁ、25歳までの若年層を対象としたクレジットカードだからこそ。 年齢が若いうちに魅力あるクレジットカードを提供することで、より多くの方に三井住友カードを使ってもらうキッカケになれば…という思惑があるのでしょう。 所得が少ない若年層だからこそ可能: 加えて言うなら25歳までの方のクレジットカード年間利用額は、40歳前後の方と比べると少ないというのもありますね。 25歳までにポイント2倍: 若年層は所得が総じて低いため、年間利用額が少ないので痛手が少ない• 25歳以上にポイント2倍: 年齢があがるについて年間利用額が多くなり、ポイント負担が大きい 結果、カード会社がみなさんに付与するポイントも少なく済むので、若年層には太っ腹なポイント制度を適用できるのだと思われます(このあたりの解説がよくわからない方は、)。 入会3ヶ月以内はポイント5倍: 三井住友カード デビュープラスは常にポイントが2倍になるだけのクレジットカードではありません。 なんとカード入手から3ヶ月以内の利用についてはポイント5倍になるという特典付き。 ポイントがずーっと通常カードの2倍貯まります。 三井住友カード デビュープラスは、三井住友カードが発行している通常のクレジットカードと比較すると、ポイントがずーっと2倍貯まります。 さらに、入会後3ヵ月間はポイントが5倍に!三井住友カード デビュープラス限定の特典です。 この期間中は100円あたり2. 5円分のポイントが貯まることになるため、高額家電やパソコン、インテリアなどを買うまたとないチャンスになります。 1万円利用:250円分のポイント• 10万円利用:2,500円分のポイント• 100万円利用:2万5,000円分のポイント ポイント還元率は驚異の2. 5%です。 25歳以下だけの特権とも言える: もちろんこういった特典は、三井住友カードが発行する他のクレジットカードには存在なし。 要は三井住友カード デビュープラスだからこそ得られるポイントとなるので、25歳以下の方であればもう迷うこと無くこのVISAカードを選択すべきだと言えます。 25歳しか受けられないポイント倍増の恩恵 私も25歳以下に戻れるのならこのクレジットカードを作ってみたいものですが、残念ながら年齢制限によって三井住友カードや三井住友カード ゴールドで我慢するしかない状況…。 ほんと今となっては若さが羨ましい限りです(苦笑) 年会費が実質無料: 三井住友カード デビュープラスの保有メリット、3つ目は年会費を実質的に無料にできるということです。 三井住友カードやアミティエでは原則としてリボ払い等の条件を付けないと年会費を無料にすることは出来ませんが、三井住友カード デビュープラスであれば年に1度、コンビニやスーパーなどなどで支払いに使うことで年会費を永久に無料にすることが出来るので、クレジットカード利用頻度が低い方にとっては大きなメリット。 他の三井住友カード:リボ払いにするなどの条件付きで会費無料• 三井住友カード デビュープラス:年1回の利用で会費無料 三井住友カード デビュープラスは、年1回の利用で翌年の年会費が無料になる まぁ年間にして1,000円ちょっとの負担でしかありませんが、家計を考えると負担しないに越したことはない金額ですからね。 これが節約できるだけでも三井住友カード デビュープラスを選ぶ価値があることでしょう。 コンビニやマクドナルドの利用でもお得: 三井住友カードの隠れた保有メリットとしては、セブンイレブン、ファミマ、ローソンといった主要コンビニでポイントが溜まりやすいメリットがある点です。 セブンイレブン:ポイント5倍• ファミマ:ポイント5倍• ローソン:ポイント5倍• マクドナルド:ポイント5倍 しかも三井住友カード デビュープラスは常にポイントが2倍になるクレジットカード。 そのため、コンビニ利用時にはポイント5倍に加えて+1倍される形となるので、合計6倍分のポイント獲得が可能なのも魅力です。 自宅や勤務先近くでコンビニをよく利用する方は活用ください。 三井住友カード デビュープラスの短所: 三井住友カード デビュープラスの長所を一通り解説させていただいた次は、やはりその反対のデメリットについて。 デビュープラス申込前にはこんなデメリットがあるんだよ…ということをしっかり認知した上で、申し込むようにしてもらえればな…と思います。 25歳までという年齢制限がある: 三井住友カード デビュープラスのデメリット1つ目としては年齢制限があること。 これは作る上でのデメリットになるだけでなく、作った後のデメリットにもなりえるものなので、とにかく25歳までしか作れないカードであるということ、そして26歳以降には自動的に他のカードに切り替えられてしまうことはしっかりと認識しておくようにしてください。 18歳~25歳:作成可能• 26歳以降:作成できない そうじゃないといきなり年会費が発生するようになって、不満を抱えることになります。 不要なら解約してしまえば問題なし: ただ前述のように『他のクレジットカードに切り替えられるなんて許せん!』とか、『年会費が発生するなんてありえない!』と思うのであれば、デビュープラスの有効期限到達までに解約してしまえば問題なし。 他のカードに切替なんて嫌だ:解約をすればOK• 他のカードでもいいかな:そのまま継続して利用を これなら三井住友カードや三井住友カード プライムゴールドに切り替えられることがないので安心ですよ(切り替わるタイミングになって考えれば大丈夫です)。 当然、解約費用は不要ですし、後継カードの年会費がかかることもありません。 海外旅行傷害保険がない: 三井住友カード デビュープラスの2つ目のデメリットとしては、三井住友カードや三井住友カード(学生)には付いている海外旅行傷害保険がないという点。 ここくらいですね、他の三井住友カードにあって、三井住友カード デビュープラスにないものというのは。 そのため、卒業旅行や仕事などで海外にいくことがある…という方には、このVISAカードではやや不十分。 海外にいく予定があるのであればデビュープラスに加え、海外旅行傷害保険が付いた他のクレジットカードも持参するようにしてください(詳しくは下記記事などを参照)。 そのほうが安心です。 海外での医療費はすごく高い: ちなみに。 10代や20代の方の中には、「私はまだ若いから、海外保険なんてなくても絶対大丈夫!」なんて根拠もない自信を持って海外にいく方も多いですが、万が一、海外で盲腸などの手術を受けることにでもなった場合には500~800万円ほどの費用がかかることもあるため、人生が終わりかねないほどの借金を背負うことになります。 複雑骨折で入院:1,000万円以上かかることも?• 盲腸になって入院:500~800万円程度かかることも• 心筋梗塞や脳梗塞で入院:とんでもない費用が必要 ほんと、なにかあってからでは遅いので、どんな場合でも海外に行くのであれば海外旅行保険に加入した上で渡航ください。 それが身のためです(海外医療費がどれだけ高いかについては下記記事を参照)。 VISAのタッチ決済が使える: まだまだ日本で普及はしてきていませんが、三井住友カード デビュープラスにはVISAのタッチ決済機能が内蔵。 それゆえ、コンビニ等でクレジットカード払いをする際は、クレジットカードを決済機に挿入する必要性もなければスライドさせる必要性もないので、スムーズに支払いを完了できるメリット有りです。 活用ください。 さぁデビュープラスを作ろう: 三井住友カード デビュープラスの券面画像 ここまで三井住友カード デビュープラスの基礎知識から、そのメリットやデメリットまでを幅広く紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 三井住友カード デビュープラスは25歳以下の方であれば自信をもっておすすめできる1枚なので、若さゆえのメリットを得たいという方は是非、この機会に申込をどうぞ。 Check! 私のように年をとってから作りたいと思っても、手遅れですよ! 以上、専門家が三井住友カード デビュープラスを徹底解説(2020年版)!入会条件や審査難易度から、作る上でのメリットやデメリットとは?…というまとめ記事でした。 参考リンク: 他にももっと、年会費無料のクレジットカードを知りたい…という方は、下記記事もあわせてお読みください。 三井住友カード デビュープラスだけでなく、他にもたくさんの年会費無料カードがありますよ。 cardmics.

次の

専門家が三井住友カード デビュープラスを徹底解説(2020年版)!入会条件や審査難易度から、作る上でのメリットやデメリットとは?

三井住友visaデビューカード

三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳限定 クレジットカードの中には特定の年齢層をターゲットにしたものがあり、一般向けのカードより特典が充実していてお得です。 三井住友カード デビュープラスもそのひとつで、18歳~25歳の方限定となっていますが、ポイント還元率は一般カードである三井住友カードと比較して2倍、入会後3か月間は5倍になります。 年会費も年に一度以上カード利用があれば無料となり維持費もかかりません。 三井住友カードの場合はWEB明細やリボ払いの利用などで年会費を割引または無料にすることが可能ですが、普通にカードを使うだけで年会費が無料となるのは三井住友カード デビュープラスの魅力です。 25歳までの方限定のカードというと26歳以降はどうなるの?と思われるかもしれませんが、26歳以降も三井住友カードを使い続けることはできます。 26歳になると自動的にランクアップ 三井住友カード デビュープラスは、満26歳以降最初の更新時に「プライムゴールドカード」へ自動的にランクアップするのが特徴です。 ステータス性の高い銀行系クレジットカードで若いうちからゴールドカードが持てるというのはメリットでしょう。 プライムゴールドカードになると旅行保険が付き、空港ラウンジサービスが利用できるなど、よりグレードアップした特典を受けることが可能です。 プライムゴールドカードは20代専用のカードなので、満30歳以降最初の更新時にはゴールドカードへと更にランクアップします。 三井住友VISAプライムゴールドの特徴 三井住友カード プライムゴールドとは、20代限定のゴールドカードです。 申し込み条件は本人に安定継続収入があることで、年会費は初年度無料・通常は税抜5,000円ですが、条件によって年会費の割引があります。 以下にコース別の年会費割引額をまとめました。 その他プライムゴールドカードの特徴や特典は以下のようになっています。 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険 プライムゴールドカードにランクアップすると、デビュープラスカードにはない旅行保険が付帯します。 海外・国内の両方が補償の対象となり、ツアー代金や電車代といった旅費を事前にカード決済した場合は最高5,000万円・カード利用がない場合でも最高1,000万円の補償が受けられるので旅行の際にも万が一に備えることが可能です。 家族特約も付いているので、結婚したり子供が生まれた場合もカードの旅行保険でカバーできます。 最高300万円のショッピング補償 カードで購入した商品が破損したり、盗難に遭った際の損害を補償してくれるショッピング補償(動産総合保険)は、プライムゴールドカードになると最高300万円にアップし、デビュープラスカードのような支払い方法の制限もありません。 プライムゴールドカードのショッピング補償は海外・国内利用が対象で、自己負担額3,000円で90日間、300万円まで補償してくれるので安心です。 一流ホテル・旅館が割引価格で予約できる プライムゴールドカード会員なら、上質なホテルや旅館の予約ができる「Relux」というサービスで7%(2回目以降は5%)の割引が受けられます。 一流ホテルともなると宿泊費が高額になるため、5%~7%の割引は大きいでしょう。 その上、Reluxは最低価格保証となっているため、上質なホテルを手頃な価格で予約することができます。 国内主要空港ラウンジが利用できる プライムゴールドカードになると、国内主要空港ラウンジが無料で利用できます。 対象となるのは全国にある28の空港で、主な空港は以下の通りです。 新千歳空港• 仙台国際空港• 中部国際空港• 成田国際空港• 羽田空港• 伊丹空港• 関西国際空港• 福岡空港• 那覇空港 ラウンジの受付でカードと航空券を提示すると、カード会員本人のみラウンジを利用できます。 例えば、成田国際空港にある第1旅客ターミナルのラウンジなら、ソフトドリンク・アルコール類(1点)が無料で提供され、無線LANが利用可能、パソコンの貸出も無料です。 限度額が最高200万円にアップ プライムゴールドカードになると、限度額(総利用枠)が最高200万円にアップします。 三井住友カード デビュープラスの限度額は最高80万円なので、引越しなどで出費がかさむ時期も余裕をもって買い物できるのがメリットです。 三井住友VISAプライムゴールド以外にも切り替え可能 三井住友カード デビュープラスは、26歳以降はプライムゴールドカードに自動切換えとなるのが通常ですが、三井住友カードに切り替えることもできます。 また、プライムゴールドカードへの切り替え時には審査があり、プライムゴールドカードを希望していても審査結果によっては三井住友カードへの切り替えとなる場合もあります。 三井住友カードへ切り替えを希望する場合は、カードの有効期限2か月前までにカード裏面に記載されている電話番号に電話をして三井住友カードへの切り替え希望の旨を伝えてください。 その際はカードの名義人本人が電話をする必要があるので注意しましょう。 三井住友カードの特徴 三井住友カードは、三井住友カードの一般カードに位置するカードです。 初年度年会費無料・翌年度以降は通常税抜1,250円ですが、WEB明細やリボ払いの利用といった条件付きで割引または無料となります。 海外旅行保険が付き、ポイント還元率は0. 5%、国際ブランドはVISAの他にMasterCardも選べるのがデビュープラスカードとは異なる点ですが、年会費を無料にするにはリボ払いの利用が条件です。 デビュープラスカードから三井住友カードにランクアップした場合は、ポイント還元率が半分に減ってしまうのであまりメリットを感じないかも知れません。 年会費を払うのは嫌!という方は解約を プライムゴールドカードを選んでも三井住友カードを選んでも、26歳以降は年会費のかかるカードになるため、年会費が無駄だと感じるなら解約するしかありません。 三井住友カードの解約は電話のみの受付で、インターネットでは手続きができないので注意しましょう。 三井住友カードの解約方法 カードの解約は名義人本人が行います。 手元にカードを準備して、三井住友カードのFORYOUデスクに電話をして解約したいという旨を伝えてください。 電話番号は以下の通りです。 ・ 0570-004-980 電話は東京または大阪につながり、通話料は自己負担です。 FORYOUデスクの受付時間は年末年始(12月30日~1月3日)を除く9時~17時で年中無休となっています。 すでに年会費が引き落とされている場合は返金できません。 解約するとカードのポイントも無効になるので、ポイントが貯まっている場合は解約する前に使い切ってください。 ETCカードなどの追加カードも使えなくなるので注意しましょう。 三井住友カード デビュープラスの特徴 三井住友カード デビュープラスは、18歳~25歳限定のクレジットカードです。 初年度年会費無料・翌年度以降もカード利用があれば無料で持て、ポイント還元率はいつでも一般カードの2倍となる1. 0%・入会後3か月間は2. 5倍の2. 5%にアップします。 一般向け三井住友カードのポイント還元率と比べると5倍の還元率になるのでぜひ有効活用してくださいね。 ETCカードや家族カード・WAONなど追加カードも充実していてApple Payにも対応。 Amazonや楽天市場も参加するポイントサイト経由のネットショッピングなら2~20倍のポイントが貯まり、街のお店で還元率アップまたはキャッシュバックがもらえる「ココイコ!」というサービスもあります。 26歳以降はプライムゴールドカードに自動更新、継続時にはサンクスポイントがもらえて若いうちからゴールドカードを持ちたい方にもおすすめです。

次の