里芋 下 処理。 里芋の冷凍の保存方法!生でもできるか、下処理の仕方や皮は剥くか、期間も

里芋の下処理! 簡単にできてかゆくならない皮むき方法3つ

里芋 下 処理

スポンサードリンク 里芋をおいしく食べるための下ごしらえと処理方法とは?料理初心者の方必見! 9月から12月ごろに旬を迎える 里芋は、初めに親芋が誕生し、その周辺に子芋、孫芋、ひ孫芋が実り、1つの種芋からたくさんの里芋が収穫できます。 私たちがスーパーやデパートの青果コーナーで見かける里芋たちは、主に子芋と孫芋ですが、品種によっては親芋のみを食べるものや親芋も子芋も食べられるものなど様々です。 里芋と言えば、親・子・孫・ひ孫と続いてゆくことから子孫繁栄の縁起物とされており、お正月料理にもよく用いられています。 里芋の旬は、9月から12月ごろですが、非常に優れた貯蔵性を有しているため、通年を通して市場に出回っています。 そんな里芋ですが、実はとっても下ごしらえが大変な野菜のひとつでもあり、素手で皮を剥くと手がかゆくなったり、独特なえぐみを持つことから上級者向けの食材となっています。 ですが、今が旬の里芋を使って、絶品里芋料理に挑戦しようという方もいらっしゃるかと思います。 そこで、今回は料理初心者さんにオススメの里芋をおいしく食べるための下ごしらえと処理方法をご紹介します。 里芋を調理する際、なぜ下ごしらえや処理が重要になるかと言いますと、里芋の 「ぬめり」を落とすためです。 里芋独特のぬめりの正体は、 ムチン・マンナン・ガラクタンなどといった成分であり、それぞれ身体を健やかに保つための栄養素ではあるのですが、 この粘液質を落とさずに調理を行ってしまうと、熱伝導率が妨げられ、味の浸透が落ち、煮汁に濁りや粘りが出てしまうため、あまり良いものではありません。 また、ムチンやガラクタンなどは渋みやえぐみの成分でもありますので、これらの成分をしっかりと取り除くため、里芋の下ごしらえや処理は入念に行う必要があるのです。 ですが、里芋の下ごしらえには様々な方法があり、ご家庭によって異なるかと思います。 そこで、今回は 最もポピュラーな里芋の下ごしらえと処理方法をご紹介したいと思います。 里芋の下処理方法 その1 では、基本中の基本と言われる里芋の下処理方法をご説明します。 この下処理方法は、主にお味噌汁や煮っ転がしなどを作る際に用いられる方法になります。 里芋の下処理方法 その2 炊き出しなどを作る際に、煮汁を濁らせたくないという方にオススメの下処理方法はこちらをご参照ください。 里芋の下処理方法 その3 お米のとぎ汁を活用した里芋の下処理方法をご紹介します。 お米のとぎ汁が無いという場合は、とぎ汁を鍋に注ぎ入れる行程の場面で、生米もしくは米ぬかを入れてください。 下茹でのコツは 「沸騰したお湯に里芋を入れること」です。 お芋を茹でてから水に入れると、柔らかくなったデンプン質が元の状態に戻ってしまうため固くなります。 茹でたあとは、熱湯を用いてお米のとぎ汁の臭いを取り除くようにしてください。 ちなみに、 お芋が崩れないように水分をしっかり飛ばしてから、煮るようにすると、味がよく浸み込み、おいしい里芋料理を作ることができますので、合わせて覚えておきましょう。 ですが、里芋の皮むきは、手が痒くなったり、ぬるぬる滑って意外と難しいですよね。 では、里芋の皮むきをスムーズに行う方法をご紹介します。 里芋の切り方には、 六方むき・四つ割り・輪切りなど様々な方法がありますが、六方むきはお正月料理や煮物、四つ割りは煮っ転がしや筑前煮、煮物など、輪切りはグラタンやオーブン料理などでよく用いられていますので、調理法によって切り方を変えるのがポイントです。 では、里芋の切り方に関する手順をご説明します。 『手が痒くなったときの対処法』 里芋を素手で触ると手が痒くなるという方もいらっしゃるかと思います。 手の痒みを押さえるためには、 里芋を事前に食塩水もしくは酢水に浸けて置くのがオススメです。 水を張ったボウルに食塩もしくはお酢を加え、皮を剥く前の里芋を入れます。 その際、同時に手も軽く食塩水 酢水 に浸けるのがポイントです。 こうすることで、里芋に含まれるシュウ酸カルシウムが分解され、手の痒みを緩和させることができます。 まとめ 今回は里芋の下ごしらえや下処理方法をご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 里芋は、熱帯アジアで古くから食されている食べ物です。 日本でも縄文時代の頃から食べられていたと言われており、実はお米よりも長い付き合いとなっています。 里で栽培されていたことから「里芋」と呼ばれるようになり、今ではお正月の縁起物としてたいへん重宝されています。 是非、今年のお正月は手作りの里芋料理で新たな年をお迎えしてみてはいかがでしょうか。 スポンサードリンク.

次の

【今さら聞けない里芋の下処理】どうすればいい? 皮むきやぬめりをとる方法とは

里芋 下 処理

もくじ• 繊細な作物である里芋は水に触れたり、低温になると保存があまり効きません。 しかし、冷凍する事で里芋が冬眠しているのと同じ状態になるので、長期間保存する事ができます。 長くても3ヶ月 1ヶ月を過ぎても食べられますが、それでも 3ヶ月以内には食べ切って下さい。 冷凍すると壊れた細胞壁から水分が染み出て、乾燥の原因になります。 更に冷凍焼けも起こしやすくなります。 長く保存はできても、味や食感は時間が経つに連れて落ちてきますので、遅くても3ヶ月以内には食べ切って下さい。 里芋の冷凍の保存方法 長期間の保存が効く冷凍保存ですが、どのように冷凍すれば悪くする事なく保存ができるのでしょうか? 今回は皮を剥いた後と皮付きの2つの方法を紹介していきます。 里芋の冷凍の保存方法1:皮を剥いて保存する 里芋の土を洗い流す 洗ってから 両端を切るか、真ん中にぐるっと数㎜程、皮に切れ目を入れると実から皮が剥がれやすくなります。 鍋に里芋と水を入れる 里芋が被るくらいの量を入れます。 鍋でなく、フライパンを使っても大丈夫です。 里芋を茹でる 強火で沸騰させてから、中火か弱火にして茹でます。 竹串がすっと刺さる位まで茹でます。 茹で過ぎると煮崩れの原因になります。 10~15分を目安に茹でて下さい。 冷やす 茹でたらザルなどに上げてから、すぐに 冷水か氷水で冷やします。 急冷する事で、実と皮の間に隙間ができて、皮が剥きやすくなります。 皮を剥く 指を滑らせて皮を剥きます。 切る 好みの大きさに切ります。 料理に応じて切っておくと、すぐに使えますね。 ビニール袋に入れる できるだけ 空気を抜き、ギュッと上を結んで平らにしておくと、使う時に小分けできるので便利です。 里芋の冷凍の保存方法2:皮付きで保存する 里芋の土を洗い流す 茹でる 急冷する 水気を切る 濡れたまま入れると 里芋同士がくっついてしまうので、キッチンペーパーなどでよく水気を切って下さい。 電子レンジで加熱しても大丈夫です もっと簡単に加熱したい時は、 電子レンジで加熱するのがおすすめです。 お好みの耐熱容器に入れてラップを張って加熱します。 小さいサイズや普通のサイズは3分くらい、大きめのは6分を目安に加熱して下さい。 メーカーや電力によっても多少前後するので、様子を見ながら時間は調節して下さい。 あまり加熱すると水分が飛んでしまうので、注意して下さい。 茹でる際に下味を付ける 皮を剥いていない場合、茹でる時に 下味を付けると調理時間が短縮できる上、味が染み込み美味しくできます。 味付けは昆布や鰹節など、旨味が強い食材で付けるのがおすすめです。 また、酢や塩を一緒に入れる事で、 色落ちを防ぎ、皮も剥きやすくなります。 水分は拭き取る 里芋を茹でた際、キッチンペーパーなどで 水分はしっかり拭き取って下さい。 里芋は湿度に弱いので、水分が多いと冷凍してもあまり長くは保存できなくなります。 google. rakuten. 皮付きでの保存はおすすめしません 生で皮付きだと、買ってきてそのまま冷凍する事になりますね。 それは不可能ではありませんが、おすすめできる方法ではありません。 特に泥が付いている場合、そのまま冷凍すると 泥の臭いが実に移ってしまいます。 365market. blog. fc2. html? sp 洗ってからザルか新聞紙などの上に広げ、天日干しにして乾燥させます。 半日から1日くらい天日干しにします。 冷凍する時も、これらの下処理が必要になってきます。 ぬめり取りもあく抜きも幾つか方法があるので紹介していきます。 下処理の方法1:ぬめり取り 里芋のぬめりには、ガラクタンという体に良い栄養素が含まれていますが、ぬめりは里芋をコーティングしている状態なので、 味が染み込みにくくなります。 そのため、下処理をしてある程度取り除く必要があります。 下処理の方法2: 塩揉みする 皮を剥いた里芋に軽く塩を振り、揉み込みんで、塩と一緒に洗い流します。 この時、里芋同士が擦れ合って、ぬめりが落とせます。 200gの里芋に塩を大さじ1くらい入れて下さい。 下処理の方法3: 乾燥させる 生のままで冷凍する方法でも紹介しましたが、半日から1日天日干しにして乾燥させると、ぬめりが取れます。 天日干しが難しい場合はザルなどに入れ、ラップをしないまま、時々上下をひっくり返しながら冷蔵庫で乾燥させて下さい。 下処理の方法4: 拭き取る 皮を剥いた里芋をさっと拭き取るだけでも、ぬめりは充分落とせます。 乾いた布巾やキッチンペーパーなどで拭き取って下さい。 煮物のように、ぬめりも美味しく感じられる料理におすすめです。 下処理の方法4:アク抜き 里芋のぬめりの中には えぐみや渋味の原因になる、アクが含まれています。 アクが含まれたままだと、味が悪くなったり黒く変色したりします。 その上、里芋の痒み成分であるシュウ酸も残ってしまい、手だけでなく口の中も刺して痒くします。 加熱する 加熱する事でアクに付ているタンパク質が、変成するため取り除く事ができます。 加熱する際は、茹でても電子レンジでも可能です。 茹でる際は中火で2~3分、電子レンジは3分を目安にして下さい。 電子レンジで加熱する場合、茹でるよりアクが残ってしまうので、サラダなどのように里芋本来の味を楽しむ料理には向かないです。 米の磨ぎ汁を使う 茹でる際に、米の磨ぎ汁を入れて一緒に茹でて下さい。 茹でた後は磨ぎ汁の臭いを落とすため、再度熱湯で茹でて下さい。

次の

里芋をおいしく食べるための下ごしらえと処理方法とは?料理初心者の方必見!

里芋 下 処理

水けをきり、時間があれば、ざるや新聞紙などに広げ、しっかりと乾かす。 小ぶりな里芋は切らずにそのまま煮ても。 工程3 水けをきってボウルに入れ、塩適量をふって手でもむ。 流水でぬめりを洗い流し、ざるに上げる。 豚肉としょうがを焼く 工程4 しょうがは薄切りにする。 豚肉は2. 5センチ幅、1センチ厚さほどの大きさに切る。 工程5 鍋にサラダ油少々をひいて強めの中火で熱し、4を入れる。 豚肉を返しながら全体に焼き色をつけ、 脂が多く出たら紙タオルに吸わせて除く。 煮汁と里芋を加えて煮る 工程6 Aを加え、煮立ったら里芋を加える。 時々アクを取って混ぜながら、中火で約30分間、煮汁が少なくなるまで煮る。 絹さやは筋を除き、サッと塩ゆでして湯をきる。 照りを出して仕上げる 工程7 里芋に竹串がスッと入るくらい柔らかくなったら、みりん少々を回しかける。 工程8 鍋を前後に揺すり、材料を底から返して汁けをとばし、照りを出す。 器に盛り、絹さやを斜め半分に切ってあしらって完成。 工程2 同様に、1の対面の皮をむく。 工程3 残った部分をそれぞれ2回に分けて均等にむくと、側面が六面 上から見ると六角形 になる。 色が変わらないように、むいたそばから水に放す。 下ゆでする 工程4 3の水けをきって鍋に入れ、かぶるくらいの水と塩少々を加え、中火にかける。 煮立って泡がたくさん出てきたら、ざるに上げて流水でぬめりを洗い、水けをきる。 煮含める 工程5 鍋にAを合わせて中火で煮立て、4を加える。 再び煮立ったら弱火にし、紙タオル 不織布タイプ などで落としぶたをして、30分間ほど煮る。 竹串がスッと入るくらい柔らかくなったら火を止める。 えびあんをつくる 工程6 えびは殻をむいて背ワタを除く。 洗って水けを拭き取り、粗く刻む。 かたくり粉大さじ1を倍量の水で溶いておく。 工程7 5の鍋を再び中火にかけ、煮立ったらえびを加える。 えびの色が変わったら里芋を取り出し、 器に盛る。 とろみがついたら里芋にかけ、柚子の皮を添えて完成。

次の