烏 に 単 は 似合わ ない シリーズ。 [考察感想]烏に単は似合わない|びっと|note

第一巻「烏に単は似合わない」感想 ※ネタバレ注意

烏 に 単 は 似合わ ない シリーズ

シリーズ、とても面白かったので紹介する記事を書きたいな~と思ったんですが面白いところを書こうとするとどうしたってネタバレになってしまいます。 何も知らない状態で読みたい人は今すぐ本を開き、どこが面白いのかお前の意見を聞かせろという人はこの先を進んでください。 シリーズとは 阿部智里さんの書くファンタ。 既刊6冊 第一部が完結している と外伝1冊。 烏と人、ふたつの姿をとることができる「」たちが暮らす「山内」という平安風の世界と、山内を統べる者=金烏になるべきは兄宮・若宮のどちらかというお家騒動、そして山内に訪れた危機を描く。 1巻の 『烏に単は似合わない』では、若宮 次の金烏となるべき皇太子的存在 の后を決めるためのバチェラーが繰り広げられる。 しかしバチェラーたる若宮は后候補である女性たちの前にはほとんど姿を現さない。 そして2番 『烏は主を選ばない』では、1巻の裏側で若宮が何をしていたのかを、なりゆきで若宮の側近となってしまった少年・雪哉に寄り添いつつ描く。 3巻 『黄金の烏』では、このシリーズ第一部の盛り上がりを予想させる「猿」が登場する。 ばかりの世界に突如登場し、を襲う猿とは何者なのか。 これ以降 『空棺の烏』も、その秘密を探りながら話が進んでいく。 5巻 『』では話ががらっと変わり、八み咫烏でも猿でもない「人間」の女子高生が登場し、彼女の視点から話が進んでいく。 で、シリーズ第一部の完結作 『弥栄の烏』へと続く。 5巻を側から描いた作品となっていて、とはなんなのかが明かされる。 シリーズのここが面白い ・各巻が色とりどり 基盤となるのはが暮らす山内という世界だ。 テーマや世界観はしっかり軸が通っているが、各巻により何を描くかが大きく異なっている。 1巻『烏に単は似合わない』は、先ほども書いたがバチェラーである。 静かに、ときに激しくと火花を燃やす女たちの戦いが描かれる。 をモチーフとされているような宮中の華やかな様子は、読んでいるだけでも色彩豊かに感じられる。 2巻『烏は主を選ばない』は若宮と従者 なりたかったわけではないがなりゆきで従者になってしまった の雪哉の冒険譚で、1巻の華やかな描写とはがらっと印象が変わる。 3巻『黄金の烏』では地方の様子も描かれる。 1巻が宮中の描写に絞られ、2巻では中央 都的なところ の描写へと広がり、3巻では地方で起きる事件を描いている。 今まで見えなかった「山内」という世界がどういったものなのか、次第にわかってくる巻でもある。 4巻『空棺の烏』は学園もの。 ここにきて学園ものである。 の宗家に仕える山内衆となるための学校にて、雪哉が友達を作ったり頭角をあらわしたりする。 作者がシリーズのファンだと言っていたが、まさしくそれを思わせるような作品である。 5巻『』は人間の視点から描かれていて、今までとは大きく異なる。 6巻『弥栄の烏』では再びの視点に戻るが、今までの比較的平和だった山内とは違い、猿との戦いに備えた臨戦態勢の山内を描いている。 というように、同じシリーズであり同じ時間軸で物語を追いながら、書き方が様々なのだ。 ひとによっては『空棺の烏』の学園設定だけでひとシリーズ書けてしまいそうなものだが、それを贅沢にも1巻分にとどめている。 それを可能としているのは、主人公を固定しない手法だ。 若宮や雪哉は中心人物として描かれているが、視点は彼らにだけ寄り添うわけではない。 必要に応じて別の人物の側につくこともある。 それでも物語が成立するのは、シリーズを貫く軸がしっかりしているからだろう。 ・視点が変われば見えるものも変わる 『烏に単は似合わない』では、若宮はほとんど姿を見せない。 若宮の后候補である4人の姫たちが、それぞれの家を背負った政治的な思惑や個人としての複雑な思いを抱き、我こそ后にとに戦うのである。 話は東家の姫・あせびの君を中心に進んでいくが、最終的には彼女の恐ろしさがあらわとなる。 姉の代わりに入内したあせびは宮中の常識もまだよく知らず、周囲に笑われることも少なくない。 そのなかで若宮の后となるべく努力している姿はとてもかわいらしくて、そんな彼女に寄り添う視点で書かれたら誰だって肩入れしたくなる。 しかし、あせびに寄り添う視点だからこそ覆い隠してきたものが、最後に明らかとなる。 6巻『弥栄の烏』では、5巻『』の人間に寄り添った視点から書かれた物語では見えなかったものが次々に明らかとなる。 名もなき者として倒れていったのが実は誰々であったとか なんとなくそんな気はしていたがめちゃくちゃショックだった。 猿との関係は。 そして、とはなんなのか。 の真実を読んでいると、あまりのやばさに目には見えないなんらかの汁がでろでろに出てくる感じがする。 1巻で、読み手の誰もがあせびの感情と同調するように書かれているのに、あせびがあせび側の視点から描かれてきたような「いい子」ではないとわかったときの恐ろしさ。 もしかしたら今まで読んできた本のなかでも似たことが起こっていたのではないか?という疑問がわいてきてしまう。 否、本のなかだけではない。 現実にもそういうことが起こっているのではないか?今まで考えてこなかっただけで。 そんな疑念を読者の胸に巻き起こすのが、この作者の いい意味で 意地悪なところだと思う。 私の好きな曲、の「カメレオン・レンズ」はこのような歌い出しで始まる。 ありのままの真実など 誰も見ていやしない 視点によって見えないものがある。 単純な「事実」すら、見方によっていくらでも変わる。 「客観的」な事実など存在せず、そこには主観とまた別の主観があるだけなのかもしれない。 そんな主観によるものの見方の差を上手く利用して書くのが、シリーズの特徴ともいえるだろう。 ・人間世界の描き方 このシリーズの注目すべき点は、現実世界 とつながっているという点だ。 でもの人間がの世界に行くという展開になるわけでもない。 人間が入り込むのはたちの山内とのどちらともつながっている山=神域までだ。 それ以上は踏み込まない。 山内という異界とが繋がっているにも関わらず、そのつながりを描かない。 そもそも、最初は側の世界しか言及されておらず、と呼ばれる人にも烏にもなれる存在がいる世界を描いたファンタであると想像される。 というか、読み手には意図的にそう思わせる。 しかし、若宮が遊学していた「外界」についてあまり触れられないことや「」と書いて「にんげん」と読むことなど、疑問に思う部分がだんだんと増えてくる。 そして3巻の猿の出現によりたちの世界に「外側」があることが明らかになる。 なんだか不穏な感じがしてくる。 私が今読んでいるのは、どういう世界なのか?作中のさえも知らないことが、まだまだあるのではないか? 3巻あたりから「人間」の存在が匂わされるものの、明らかとなるのは5巻。 急に人間の視点に切り替わり、山内の外側が描かれることになる。 今まで私が読んできたのは、山の中に築かれた、扉の向こうの異界の話だったと知らされる。 そんなそぶりなんて見せなかったのに!騙される快感というか、視点によって見えないものを上手く隠して面白さを引っ張る手法がとても気持ちいい。 そして猿との関係、彼らの起源も、脳からなんらかの汁が出るくらい面白い。 なにもかもネタバレしちゃつまらないので、そこは自分で読んでほしい。 ひとつの本のなかで完結するくらいの小さな謎については、わかりやすくヒントをちりばめてあるので真相に辿り着く前にある程度把握できる。 言い方を変えれば、先が読めてしまう。 が、それがどうした?という気持ち。 文章についても、洗練された部分とそうではない部分とムラがあるように感じるところもあるが、で?という感じ。 そんなものはこの本の面白さを邪魔しない。 おかげでこちらとしてはキレながら「は!?面白いんだが!?」って気持ちで読み終えることができる。 その本に出会えたことを神に感謝しながら静かに祈るタイプの小説も好きだが、キレ散らかしそうになるほど心を揺さぶる面白い小説も好きだ。 私にとって、シリーズは後者です。 2019年のうちに第二部がスタートすると予告されている。 6巻までは文庫化もされているので、今が読みどきではないだろうか。 ていうか超面白いから紹介したい!という気持ちで書いた記事でした。

次の

大人気「八咫烏シリーズ」外伝最新作最愛の妹をめぐって、男3人が火花を散らす!『ちはやのだんまり』6月22日(月)より電子書籍で配信|Medical Tribune

烏 に 単 は 似合わ ない シリーズ

「烏に単は似合わない」のあらすじ ストーリー シリーズ累計130万部、史上最年少松本清張賞受賞作の超人気和風ファンタジーコミカライズ。 人間の代わりに「八咫烏(やたがらす)」の一族が支配する世界「山内」で始まった世継ぎ・若宮の后選び。 舞台となる桜花宮(おうかぐう)には大貴族から遣わされた四人の姫が住まい、麗しい日々を送っていた。 しかし、一人の女房の不審死や、姫を狙った侵入者の斬首と、血生臭い事件が続いてしまう。 進展しない后選びと、謀略渦巻く桜花宮で、姫達の気持ちにも限界が近づいていた。 そんな時、ついに若宮が姫達の目の前に登場。 そして姫達一人一人に「私の妻になる覚悟があるか」と問い始める。 姫達の本音が詳らかにされる中、驚天動地の真実が語られる。 果たして若宮が選ぶのは誰なのか。 季節は廻り、再びの春へーー。 シリーズ累計130万部、史上最年少松本清張賞受賞作の超人気和風ファンタジーコミカライズ。 人間の代わりに「八咫烏(やたがらす)」の一族が支配する世界「山内」で始まった世継ぎ・若宮の后選び。 舞台となる桜花宮(おうかぐう)には大貴族から遣わされた四人の姫が住まい、麗しい日々を送っていた。 しかし、一人の女房の不審死や、姫を狙った侵入者の斬首と、血生臭い事件が続いてしまう。 進展しない后選びと、謀略渦巻く桜花宮で、姫達の気持ちにも限界が近づいていた。 そんな時、ついに若宮が姫達の目の前に登場。 そして姫達一人一人に「私の妻になる覚悟があるか」と問い始める。 姫達の本音が詳らかにされる中、驚天動地の真実が語られる。 果たして若宮が選ぶのは誰なのか。 季節は廻り、再びの春へーー。

次の

『烏に単は似合わない』コミカライズ特設サイト

烏 に 単 は 似合わ ない シリーズ

本自体も既に購入していたのですが、ずっと読むかどうか迷っていました。 というのも、購入の決め手は最初の数ページを読んで あ、これは間違いなく面白い という確信でしたが、それと同時に宮廷の姫君たちの妃候補としてのドロドロ話がメインだろうからちょっとな…という気持ちも強く二の足を踏んでいたのがずっと読まなかった理由です。 やっぱり読むかとため息をつきながら読み1日で読み切ってしまいました。 以下既にネタバレなんぞ配慮もせずにつらつらと言葉をのせていくので、それを望んでない方はここまで。 まず初めに、面白かったか面白くなかったかと言われれば とてつもなく悔しいですが、面白かったと答えるしかないです。 なぜなら、文体の刻むリズムがものすごく気持ちよいのです。 おそらく和ファンタジーや宮廷もの、女性のどろどろした描写等、この作品にタグ付けをするならば真っ先にあげられるこれらを、敬遠する読書家でさえ始まりの一文を読めば、面白いと思わなくてもこの心地よい音色のような流れる文章をあともう少し、もうちょっと…と読みたいとなるな、と上から目線のような失礼極まりない言い方ではありますが、そういう魅力をもつ書き方なのです。 ではなぜ、私の感想では悔しいけれど面白かったと言うのか。 ですが、 なんというのでしょうか、文章にひっぱられて読み切ったんですね。 この作品の謳い文句が、緻密な世界観、想像を容易く掻き立てられる繊細で美しい描写、そしてミステリーである。 なのですが、 描写に関してはすでに述べた通りです。 緻密な世界観については、正直物語自体よりも世界観が面白いです。 私が面白いと言いきりたくないいじっぱりさがでてしまうのが、ここです。 物語としては好きじゃない。 これは好みの問題です。 ただ、その好きとか嫌いを差し置いての圧倒的な魅惑的な文体の刻むリズムと、わくわくする世界観が強い。 物語としては何度読むのをやめて閉じたいと思ったことかというほどですが、それを度外視して描かれる世界観はその緻密さから話に描かれていない部分でも読み手が心が躍るほどの設定だなぁと。 本題の物語についてですが、帯などにあるように宮廷バトルです。 お妃候補となる姫たちの話です。 多分に漏れず主人公と錯覚させる殆どの作中視点主は、東家より二の姫あせび 結果からいいますと、おそらく誰もがこのあせびが若宮を射止めるだろうという雰囲気をばんばんに出してくる描写が多いです。 が、お前みたいなやつは大嫌いだとばっさり切られて終わる上に、作中で起きる不可解で悲しい出来事を引き起こしていたのは、図らずもあせび本人でしたー!というミステリーというほどではないですが、ミステリーと言われれば確かにというものです。 ここに対して、どんでん返し!まさかの!のような煽りが多いですが、トリックというほどのことはないです。 なのでミステリーとして読むとしたら確実に物足りないと思います。 ではなぜミステリーと思えるのか、それはあせびが一番その立ち位置にくるわけがないという設定や描写の巧みな誘導があるからです。 これはあせびのその朗らかで可愛らしい無垢のような描写がとりわけて眩く美しく描かれているので気づきにくいのですが、ちゃんと気持ち悪くなるように序盤から描かれているのです。 まず、父親から愛娘のようなやりとりから始まり、箱入り娘のようで世間知らずも仕方がない、それを他の姫たちがつついて嫌味をいうなんて可哀そうだというような描写がたびたびあるのですが、本人が勉強嫌いという設定でもないだろうに、箱入りだからってここまで無知に育てるのか?という疑問がすごいです。 また、無知であることや世間知らずなせいであることでたびたび泣くのですが、気づきにくいほどまでに可哀そうな気持ちにさせてくるのですが、本当に可哀そうな気持ちにさせてくる「だけ」です。 そう、本人はそこからそれなら勉強をしようとか、なにもわからないから努力をしようとないんです。 それでも!というようなものがない。 本人なりに心配や杞憂、考え事があって、多少行動してはいるんですが、よく読むとあせびが何か言葉を発したり嫌な出来事に遭遇したのに関わった他の人たちが動くんですね。 そしてそこに明確な指示はあせびからなく、つねに受け身。 周りが悪いことを何も言わないあせびのため、にと動くのです。 でもあせびはそれを意に介していないのです。 相手のその気持ちを汲み取って返すことがない。 返しているようでいてそう見えるだけで本当に動いているところはない。 読んでいて、泣いてばかりでなにもしないし、世間知らずだからと言ってなにもしない。 他の登場する姫たちと違って良くも悪くも醜くいような立ち振る舞いが一切ないのですが、その一方で他の姫たちよりも抜きんでて人情味を感じない。 誰よりもこの子がステキな心根のある人だと思えない。 …いろいろな事件が起きていく中でなにかあせびに転機が訪れて魅力ある部分が、成長を感じさせるものがみれるのかな…と思いつつも、その発起になる地の魅力さが感じられない。 美しくそれを歯牙にもかけない純朴さをもち、素直で朗らかな女性だけど、それだけ。 そしていくら箱入り娘だからと言って名前がないのもやはりおかしいよな…と。 どんどん確信に近づいていく。 終盤に向かうにつれてどう収めるのかわからないけど、あせびが見初められるような結末にはなりはしないだろうし、なったとしたらとんだつまらん終わりだ。 と思い始めました。 あせびに対する気持ち悪さを抱く一方で、他の姫たちはそれぞれの願いや思惑が叶って欲しい、なんとか幸せになってほしいと掻き立てられるシーンがぶち込まれてきます。 この中で、こんな出来事があって、若宮のいくら正論とはいえこんな物言いでそれでも見初められたいという発言をしたあせびのシーンはとりわけ背筋がぞっとしました。 「悪意がなければ全てが許されるのだと知っている者を決して許すことは出来ない。 」 と若宮の台詞がありますが、あせびは本当に知っていたと思いますか? 作中あせびの胸中は描かれていますがどこかうわべだけのように感じますが、本当にうわべしかないようにも感じました。 私は、知っているけど知らないと思います。 自覚していない。 ただ無意識で理解している。 正直、いっそあせびはその出自から白珠なんかよりよほどの執念と意地を持ったうえで誰にも気取られぬよう証拠もなにひとつなく自ら手をくだすことなくそうしていた、という方が好感をもてるなと思いました。 このあせびの人物像が最もおぞましく気持ち悪さが旋律する作品でした。 というのがこの作品の大まかな感想です。 なぜこれを面白いといいたくないかというと、個人的に読後感が気持ちよくないからです。 正直せっかくの世界観や魅力ある人物がものすごく霞むほどに、あせびのような人間性のおぞましさしか感じられない話だというのが私の一番の印象です。 本当に個人の嗜好の問題です。 こういう物語は好きじゃないです。 それに早い段階で気づいていたのに私は読まされました。 本当にすごい作品だなぁと思います。 そして欲を言うなら、ミステリー仕立てにするためにあせびを主人公かのように置いたのであればそうしなければよかったのにと思いました。 王道で言うのなら浜木綿を主軸におけばよかった。 ちょっと変わり種で藤波視点でも面白かったかな。 個人的には真赭の薄を主人公に置くととびきり思い入れの強くなる作品になりそうだなと思いました。 なんせあせびじゃ気持ちが入らない。 応援する気も起きなかった。 そしてちょっと意地悪な言い方をすると、作者はこういうあせびのような人間が心底嫌いで、こういうやつこういう視点で見させられたら絶対許せなくなるよね?大嫌いだよこういう人間は。 こういう人間の本性を教えてやるよ。 と強烈に訴えられたように感じました。 補足をすると私もあせびのような人間は大嫌いです。 笑顔で言いきります。 でもせっかくこんなにも面白い世界を構築して物語が紡げるのに、あせびのような人間を晒し首にするためだけの物語に感じられたのが、むちゃくちゃもったいねぇ!と素直な気持ちです。 若宮や浜白綿もおそらく魅力的な人物であろうに割かれるページ数や描写の数がいかんせん少なくて・・・という感じ。 東家の当主もあせびの本質を見抜いていたのならもう少し面白い動きをして作中に登場して欲しかった。 という欲張りで傲慢な書評です。 面白いか面白くないかといわれれば面白い。 好きか嫌いかと言われれば好きじゃない。 でもこれを読んだとき、私は十二国記、水色勾玉、精霊の守り人を思い出し、これらのようなまた最高の和ファンタジーを創出してくれる作家が世に誕生したと思わずにはいられなかったのは確かです。

次の