岡山 県 知事。 知事のプロフィール

ようこそ知事室へ

岡山 県 知事

目次(クリックすると各項目へジャンプします) 1 ・ ・ ・ 2 3 4 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 5 6 7 8 ・ ・ 更新情報 (令和2年6月22日更新) 「」において、新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)の案内を掲載しました。 (令和2年6月17日更新) 「」を掲載しました。 「」を掲載しました。 (令和2年6月16日更新) 「」を掲載しました。 (令和2年6月12日更新) 「」を掲載しました。 ライブ配信した動画は、同チャンネルでいつでもご覧いただけます。 県主催イベントの開催に係る考え方と、イベント・県有施設の状況 県主催イベントの開催に係る考え方や、県主催イベントの中止等及び県立施設の対応状況等については、次のとおりです。 設置要綱、概要はしてください。 詳しくはしてください。 支援策・相談窓口 個人向け、企業向けの支援策等をまとめました。 詳しくは次のページからご覧ください。 また、県広報紙「晴れの国おかやま 特別号」でも、各種支援、相談窓口などを幅広く紹介しています。 次の画像をクリックすると広報紙のページへジャンプします。 県民の皆様へ 支援策・相談窓口については 新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)がリリースされました。 自分をまもり、大切な人をまもり、地域と社会をまもるために、接触確認アプリをインストールしましょう。 アプリについて、詳しくはをご確認ください。 これまでの中国地方知事会からのメッセージ等はしてください。 また、新型コロナウイルスに関するリーフレットを作成しました。 日本語、中国語、韓国語、英語で作成していますので、必要な言語のリーフレットをご覧ください。 人権への配慮について 感染した人やその家族、医療機関の関係者、特定の国の人に対する誹謗中傷や根拠のない差別的な書き込み等がSNS等で見られます。 県民の皆様には、国や地方公共団体等が発表する正しい情報に基づいた行動をお願いします。 医療機関の受診について 新型コロナウイルス受診相談センター 以下のいずれかに該当する場合には、すぐに「新型コロナウイルス受診相談センター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) センターでのご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「新型コロナウイルス外来 」をご紹介します。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について 当医師が電話や情報通信機器を用いた診療により診断や処方が医学的に可能と判断した範囲内で実施されます。 (詳しくはしてください。 ) まずはかかりつけ医やにご相談ください。 国民健康保険にご加入の方へ 新型コロナウイルス感染症の発症の疑いがある場合には、新型コロナウイルス受診相談センターに相談の上、新型コロナウイルス外来の受診を行うことになります。 国民健康保険の被保険者資格証明書の交付を受けられている被保険者が、新型コロナウイルス外来を設置している医療機関や当該外来において交付された処方せんに基づき療養の給付を行う保険薬局を受診する際には、当該月の療養について、被保険者資格証明書を被保険者証とみなして取り扱われます。 詳しくは、お住まいの市町村の国民健康保険の窓口へご相談ください。 LINE公式アカウント LINE公式アカウント「岡山県-新型コロナ対策パーソナルサポート」と友だちになり、あなたの状態を入力いただくことで、あなたの状態に合わせた、新型コロナウイルスに関する情報をお知らせします。 から「友だち追加」を行えます。 電話番号 086-226-7877 (電話による相談が出来ない方については、Faxでの相談も受付けていますので、によりご相談ください。 よくあるお問い合わせ よくあるお問い合わせとその回答をまとめました。 次のリンク先からご覧ください。 がん患者とそのご家族のみなさまへ がん治療等に関する情報は、こちらのサイトをご覧ください。 状況に応じた支援メニューがありますので、ご活用ください。 状況に応じた支援メニューがありますので、ご活用ください。 県内医療機関の皆様へ• 「おかやま助け合い寄付金」のお願い 感染が拡大する中、様々な方が影響を受け、大変厳しい状況となっており、多くの対策にしっかり取り組んでいく必要があります。 いただいた寄附金は、感染拡大防止策や医療提供体制の整備、地域経済の維持等のために有効に活用させていただきます。 みんなの力を合わせて、一日も早く新型コロナウイルスを乗り越えていきましょう。 皆さまの温かいご支援をお願いいたします。 その他 関連情報 日本赤十字社が動画を作成しています。 以下のページからご覧いただけます。 (厚生労働省)新型コロナウイルス感染症情報のLINE公式アカウントを開設しています。 次のQRコードから友達追加することで利用できます。

次の

岡山県

岡山 県 知事

来歴 [ ] 、の地元百貨店・の創業家に生まれる。 、、を卒業。 、(ビジネススクール)にてを取得した。 、父・伊原木一衛の後任として、に就任した。 以後14年にわたり同社社長を務める。 5月、天満屋代表取締役社長を退任。 同年6月、10月に実施されるに出馬する意向を表明した。 伊原木の出馬表明の直後、現職のは5期目の不出馬を表明した。 伊原木は・・の推薦を受けたほか、天満屋時代の人脈を生かし地元岡山県の経済団体、約2000の企業・団体、の支持も受け、約36万票を集め、元県議会議員の候補者、推薦の候補者など3人の対立候補を破り、初当選した。 戦後の公選の歴代岡山県知事(、、、、)はいずれも官僚経験者であったことから、伊原木が初の民間出身の岡山県知事となった。 略歴 [ ]• (41年)7月 - に生まれる。 (昭和57年)3月 - を卒業。 (昭和60年)3月- を卒業。 (2年)3月 - を卒業。 (平成2年)4月 - 外資系経営コンサルティング会社に入社。 (平成5年)6月 - 外資系経営コンサルティング会社を退職。 (平成7年)6月 - を修了。 (平成10年) - 実父の伊原木一衛の後任として、代表取締役社長に就任。 (平成24年)6月 - 天満屋代表取締役社長を退任(後任はおじの伊原木省五)。 2012年(平成24年)10月 - 岡山県知事選挙にて初当選。 岡山県知事に就任。 理事長に就任。 (平成28年)10月 - 岡山県知事選挙にて再選 政策・主張 [ ] 岡山県知事就任後のインタビューで、前知事のによるを、先々代の県政で発生した大規模公共事業による負債を現役職員に負担を強いるものであるとして、職員に同情を示しつつも、行財政改革を引き続き推進する方針を表明している。 そのうえで、新たな財政指針を策定することを表明し、「明確に無駄と言えるのは受益者自身がコストを払うつもりのないサービス」であると発言、無料化に代表される無料の・サービスに対し「基本的に無料のものは無駄遣いされる」と述べ、「層やにはで対応するべきだ」との見解を示した。 2016年に、政策は知恵と工夫で効果を生むとともに、10年、20年後を見据えた長期的視点で投資するのが私のやり方であってこのスタイルこそが「伊原木カラー」だと思っている。 との発言があった。 県知事としての主な取り組み [ ] 2013年2月からは、知事と県民の対話機会として「知事と一緒に生き活きトーク」を年間8回程度実施している。 最重要課題のひとつの産業振興は、それまでの県行政にはやや乏しかった具体実現方向へのアプローチでより結果を出す舵取りが行われている。 2014年9月に、都内アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」開業を円滑に成功させた。 1000平方メートル近い売り場面積の大型店を鳥取県(旧店舗を新店舗に統合)と岡山県(初出店)が共同運営することとなった。 2016年3月には、2008年から途絶えていた香港-岡山を結ぶ国際定期線の就航関係を成功させた。 2016年4月に明らかとなった三菱自動車の燃費試験の不正事件では、知事として雇用確保の調整に追われた。 2016年7月には、2015年から途絶えていた台北(桃園)-岡山を結ぶ国際定期線の就航関係も成功させた。 2016年7月に、県が1988年から運営管理する岡山空港の利用者数を28年での3000万人達成を成功させた。 県内全域の少子化対策へは、第3子以降の保育料を無償化する施策や、具体応援策を執った。 県内のあたらしい救護体制構築や、防災指針の見直しにも取り組んだ。 、の期間、の感染拡大を阻止するためにで県外者らを対象に検温を実施すること発表。 その際、「岡山に来たことを後悔するようになればいい」と発言したこと が挑発的と受け取られ、岡山県には検温を行う職員に危害を加えるという脅迫電話が相次いだ。 同年4月28日には検温の中止を発表した上で「多くの方に不快な思いをさせたことをおわびしたい。 」と謝罪した。 人物 [ ]• 妻、娘2人の4人家族。 好きな食べ物は、、、。 は演奏と。 アルト・サックスは天満屋社長時代に自らに扮して来客に披露しており、岡山県知事就任後もパフォーマンスをしている。 好きでもあり、岡山県内でなど将棋のタイトル戦が行われる際には、自ら控室を訪れ棋士たちと検討を行うのが恒例。 のとはスタンフォード大学時代の同窓生である。 脚注 [ ]• (山陽新聞、2012年10月28日)• (岡山県秘書課)• (流通ニュース、2016年9月25日)• (毎日新聞、2016年3月28日)• (日本経済新聞、2016年5月11日)• (山陽新聞、2016年6月6日)• (毎日新聞、2016年7月1日)• (山陽新聞、2016年11月12日)• (山陽新聞、2017年5月17日)• (産経新聞、2016年9月1日)• 産経新聞 2020年4月27日. 2020年4月28日閲覧。 中国新聞 2020年4月20日. 2020年4月28日閲覧。 (岡山県秘書課)8月1日分を参照• - 女流名人戦中継ブログ・2015年2月8日• - 女流名人戦中継ブログ・2017年2月5日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 岡山県総合政策局秘書課 14-17代: 18・19代:2012 - 現職 次代: -.

次の

岡山県知事が無能?評判はどうなの?コロナ発言で炎上!(伊原木隆太)

岡山 県 知事

概要 [ ] の気候と地勢を背景により独自のとしての歴史を有し、現代でもの交通網の要衝として発展を続けている。 県庁所在地の岡山市は(21年)、全国で18番目のに移行した。 古代、沿岸域から内陸地域にかけては「」として、現在の広島県東部に位置する地方や香川県島嶼部などと併せてに並ぶほどの勢力を持っていた。 初期にはに、にが外様大名として入封し、城下町を形成した。 特にはのを造成し、を開くなど、文化・教育面に多大な功績を残した。 、はの従兄弟で有力の氏の領地となり及び灌漑事業、産業育成により地勢が大きく変貌した。 には19年()に代官所が置かれ、江戸幕府直轄の物資集積地として船舶輸送中継も担うとして発展した。 県内を南北に流れる3つの一級河川(・・)による潤沢な水源、温暖で長い日照時間、から昭和期にかけての大規模なで広い農地 が形成された事を背景として、水稲や麦、果樹の生産が盛んである。 特に、マスカット、ピオーネなどは生産量日本一であり、品質の高さから国内外に向けて高値で出荷されている。 また、県北の標高1,200メートルに位置する蒜山高原では、ジャージー牛の大規模な放牧が行われており、チーズやヨーグルトやアイスクリームなどに加工されている。 倉敷市にある水島港は国際コンテナターミナルを備え、鉄鋼(製鉄)石油化学などの基礎素材型、自動車等の加工組立型の企業群が立地し、臨海工業地帯を形成している。 (昭和63年)に開通した、(平成9年)に全線開通した山陽自動車道をはじめとして、鉄道網、高速道路網が東西南北に整備されている。 県南西部の井笠地方(井原市、笠岡市など)は県境を越えたのであり、多くの通学通勤が見られるとともに日常的な買い物や通院による越境が見られるなど、県域を越えた結びつきが非常に強い。 なお、井笠地方は岡山県内にありながら広島県東部と一体的なを構成する。 また、笠岡市は旧備後工業整備特別地域に含まれ、の敷地は広島県との県境を跨いで笠岡市へも広がっている。 近年では瀬戸内市で2019年4月運転開始予定の「瀬戸内 Kirei 太陽光発電所建設プロジェクト」や、真庭市の木質バイオマス発電事業や日本最大の257. 7メガワットの太陽光発電所となる作東メガソーラー発電所(運転開始は2019年9月予定)など、有望地として自然エネルギーを最大限活用させる再生可能エネルギー推進が県下全域で進められている。 県庁所在地における快晴日数の多さや降水量1ミリ未満の日数が全国最多であることから、(平成元年)から「 晴れの国 おかやま」を県のキャッチフレーズとしている。 地理・地域 [ ] 概略 [ ] 県北部には、三本の一級河川(・・)の県内源流ともなっているのがそびえている。 標高500 - 1,000メートルの中央部にはなどのが見られるのが連続的に広がり、南部には三大河川によって形成された裾野の広いが広がっている。 岡山平野にはかつてに浮かんでいた小さな島が丘陵地として残り、でにつながったが県の南端部にある。 おもな山地としては(1,122メートル)や(標高1,345メートル)などがあり、おもな湖沼としては、奥津湖、恩原湖、湯原湖、奥の締切堤防化によって人工的に造られたなどがある。 なお、兵庫県とは山地およびので、鳥取県とはで、広島県とは山地および市街地で、香川県とは海上およびの(石島)で隣接している。 広袤(こうぼう) [ ] - - - によると岡山県の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは104. 87キロ、南北の長さは116. 98キロである。 一方、北部の中国山地沿いはに属し、に指定されている。 県北部山間域には4か所のスキー場がある。 中国山地と瀬戸内海の中間に位置するは両者を折衷した気候を呈し、南部より多少冷涼で雨量も多く 、冬季の寒さは厳しい。 に来襲するやその影響による風雨は中国山地・によって弱められることが多く、それに加えて夏には瀬戸内海で発生する「」や山地越えのの影響もあって、都市部や内陸の盆地を中心にになる日も少なくない。 県庁所在地の岡山市は、吉備高原に属する旧建部町・御津町地域を除いてが年間約2,000時間と長く、年間降水量は1,100ミリ程度であり、日本有数の降水の少ない土地である。 降水量1ミリ以上の日数が日本で最少であることが岡山県のキャッチフレーズでもある「晴れの国おかやま」の根拠となっている。 岡山県内各地の平年値(統計期間:1981年(日応寺は2003年) - 2010年、出典:) 平年値 (月単位) 南部(瀬戸内海沿岸部) 中部(瀬戸内海側内陸部) 北部(中国山地・吉備高原) 虫明 千屋 上長田 今岡 平均 最暖月 28. 3 (8月) 27. 5 (8月) 27. 8 (8月) 27. 9 (8月) 27. 0 (8月) 26. 1 (8月) 26. 7 (8月) 26. 2 (8月) 26. 2 (8月) 24. 2 (8月) 22. 8 (8月) 26. 1 (8月) 23. 4 (8月) 26. 0 (8月) 25. 5 (8月) 25. 3 (8月) 最寒月 4. 9 (1月) 4. 3 (1月) 5. 4 (1月) 4. 3 (1月) 4. 0 (1月) 2. 6 (1月) 2. 7 (1月) 2. 3 (1月) 2. 9 (1月) 0. 4 (1月) 2. 0 (1月) 0. 1 (1月) 2. 2 (1月) 1. 7 (1月) 1. 4 (1月) 最多月 171. 5 (6月) 153. 2 (6月) 145. 1 (6月) 158. 6 (6月) 155. 8 (6月) 179. 1 (7月) 190. 0 (7月) 191. 5 (7月) 216. 3 (7月) 234. 8 (7月) 261. 9 (7月) 248. 2 (7月) 270. 1 (7月) 247. 3 (7月) 264. 3 (7月) 265. 1 (7月) 最少月 31. 0 (12月) 30. 5 (12月) 30. 8 (12月) 29. 4 (12月) 32. 7 (12月) 34. 9 (12月) 36. 1 (12月) 36. 0 (12月) 27. 8 (1月) 42. 9 (12月) 91. 1 (12月) 52. 8 (1月) 140. 9 (12月) 46. 3 (12月) 53. 4 (12月) 66. 5 (12月) 自然公園 [ ] 瀬戸内海国立公園• 高梁川上流県立自然公園、吉備史跡県立自然公園、湯原奥津県立自然公園、吉備路風土記の丘県立自然公園、備作山地県立自然公園、吉備清流県立自然公園、吉井川中流県立自然公園 県域の変化() [ ]• 吉野郡讃甘村の一部(中山)が兵庫県佐用郡江川村に編入。 (昭和38年) - 岡山県の大字福浦の一部および大字福浦地先海面のうち、真尾鼻突端から綱崎突端まで引いた線以内の区域がに移行。 境界変更によるもの [ ]• (昭和41年) - 、境界変更により広島県福山市大門町野々浜字カチヤ坂の区域の一部を岡山県笠岡市へ編入、笠岡市茂平字堂面及び坂里の区域の各一部を福山市へ分離。 実行されなかったもの• (昭和38年) - 岡山県旧茂平村地区がとの越県合併を模索する。 に合併嘆願書を提出するも岡山県などの反対により実行されなかった()。 自治体 [ ] 「」も参照 (平成16年)以降、岡山県内でもが進められ、(平成23年)現在、以下の15・10・10・2がある。 町はすべて「ちょう」、村はすべて「そん」と読む。 県庁所在地の岡山市は(平成21年)4月に政令指定都市に移行し、 ・・・の各4行政区が設置された。 地域圏 [ ] 広域行政圏 [ ] 岡山県の広域行政圏は旧地方振興局単位で分けられる。 備前地方• 岡山圏 - 、、(旧)• 東備圏 - 、、、• 備中地方• 倉敷圏 - 、、• 井笠圏 - 、、、、• 高梁圏 - 、真庭市(旧)、加賀郡吉備中央町(旧上房郡)• 阿新圏 -• 美作地方• 津山圏 - (旧勝田郡勝北町を除く)、、、久米郡• 真庭圏 - (旧上房郡北房町を除く)、• 勝英圏 - 、津山市(旧勝田郡)、、、 商工会連合会地区 [ ]• 岡山地区 - 岡山市• 備南地区 - 総社市、玉野市、倉敷市(真備、庄、茶屋町)、岡山市(灘崎)• 備西地区 - 倉敷市、笠岡市、浅口市、井原市、矢掛町、• 御津・東備地区 - 備前市、瀬戸内市、赤磐市、岡山市(御津、上道)、和気町、吉備中央町(加茂川)• 備北・阿哲地区 - 新見市、高梁市、吉備中央町(賀陽)• 真庭地区 - 真庭市、新庄村• 苫田・久米地区 - 津山市、鏡野町、美咲町、久米南町• 勝英地区 - 津山市(勝北)、美作市、奈義町、勝央町、西粟倉村 広域市町村圏 [ ] 都道府県知事が関係市町村との協議を経たうえ、およそ10万人以上の人口を有し、一定の要件を具備する日常生活圏を形成すると認められる地域について設定する圏域である。 津山広域市町村圏 - 津山市、鏡野町、美咲町、久米南町、勝央町、奈義町• 真庭広域市町村圏 - 真庭市、新庄村• 井笠広域市町村圏 - 井原市、笠岡市、浅口市、矢掛町、里庄町• 英田広域市町村圏 - 美作市、西粟倉村• 新見市(広域的市)- 新見市• 高梁市(広域的市)- 高梁市 なお岡山市など大都市周辺地域については、1978年からこれとは別に大都市周辺地域広域行政圏が設定されている。 連携中枢都市圏 [ ] 2014年12月に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生総合戦略」において地域の広域連携に関し、一定要件を満たす都市が「連携中枢都市」となり、周辺市町村と連携協約(地方自治法252条の2第1項)を締結することで、「連携中枢都市圏」を形成するものである。 倉敷市・高梁川流域圏(連携中枢都市:倉敷市)- 笠岡市・井原市・総社市・高梁市・新見市・浅口市・早島町・里庄町・矢掛町• 福山市・備後圏域(連携中枢都市:広島県福山市)- 笠岡市・井原市・[広島県]三原市・尾道市・府中市・世羅町・神石高原町 経済的に笠岡市・井原市は広島県を中心としたに含まれる。 歴史 [ ] 県名の由来 [ ] 県名は県庁所在地のに由来する。 「岡山」とは、もともと現在ののある場所に存在した小高い丘のことを指して呼んだものであったが、にが「岡山」に城を築き、その後形成されたを含めて岡山と呼ぶようになったことに由来する。 なお、秀家の書状から「岡山」が城下町の地名として呼ばれ始めたのは3年()ごろからであると推測される。 原始・先史 [ ] 旧石器時代 現在の岡山県の地域には、()などの原始からのが存在しており、から人々が居住していたことがうかがえる。 県の最北端上斎原村(現・鏡野町)に旧石器時代の恩原遺跡がある。 その遺跡の下層(約2万5000年前の)からが出土しており、その上層から約1万年前のも出土している。 恩原遺跡では2基の跡が検出されている。 うち1基は10個ほどの小石を半円形に並べており、焚き口幅40センチ、奥行35センチの小規模な炉で、石組みの中に塊があり、炉の周辺に灰土が広がっていて、2万2000年前の旧石器時代人の生活痕跡を示す珍しい遺構である。 縄文時代 地球のによる海面上昇で瀬戸内海が出現した。 そのことを示すのが牛窓町の黄島貝塚である。 その後は、人々は狩猟・採集・漁労の自然からの贈りもので生活し、豊かになっていった。 も後期になり、で170体以上の人骨が発掘されている。 晩期には岡山市北区の津島江道遺跡では遺構そのものが検出されている。 縄文時代の終わりごろには、狩猟・採集活動をしながらも行われた。 弥生時代 また、彦崎(岡山市)では前期のからのが大量に出土し、朝寝鼻遺跡(岡山市)でも同様の発見があり、縄文時代前期には畑作によるの栽培が始まっていたとみられる。 古墳時代 古代にはといわれ、地域や地域、地域などとともに、の中心地のひとつとして栄えていた地域である。 は勢力と同盟関係を築いて日本列島の統一期()に影響を与えた。 優れた鉄製技術を持ち、その支配地域は現在の岡山県・中東部・香川県島嶼部・兵庫県地方に及び、を境界とし、さらにはやにも至っていたと推定されている。 また、大きさが全国の古墳の中で第4位、一般人でも立ち入れる古墳としては全国第1位の規模を持つ(岡山市北区)や全国第9位の()、()などの大型が岡山県内に残されている。 古代 [ ] 前半に大和朝廷への臣従したのち、吉備国は勢力抑圧のために、、の3国に分割され、さらには備前国からが分国された。 国府は現在の岡山市(備前国)、総社市(備中国)、(美作国)にそれぞれ置かれた。 旧吉備国からはに中央政権で権勢を振るったやの位簒奪を阻んだらの優れた人材を輩出した。 には備前・備中はにとって実入りの多い「上国」のひとつとされており、農業生産力が高かった。 またこの時代に各地に荘園が拓かれた。 特には藤原氏の氏の長者が受け継ぐ4つの荘園()のひとつであった。 その他に大安寺荘(岡山市北区)など。 平安時代末期にはの勢力圏に置かれ、2年()には県の南東部、倉敷市地区で、翌年には藤戸地区でが繰り広げられた(・)。 中世 [ ] に入ると元来東国を拠点としていた・・・・などの有力御家人が職などを得て移住・土着した(東国から西国に移ったという意味で西遷御家人と呼ばれる)。 、が隠岐に流される際の通り道になったことで、など宮方に与同する武士が現れ、隠岐脱出後は最初に拠点を構えた伯耆船上山が近隣であったため多くの武士が宮方として活動した。 でが分裂すると山陰に勢力を持つが侵攻し、北部美作を中心に山名氏の勢力下に置かれる。 しかし、山名氏はで衰退した。 には倒幕に活躍した播磨の豪族・(円心)が・・3国の守護職に任ぜられ、以後が代々三国のを受け継ぎ、この三国はほぼ連動した歴史を展開する。 がで時の将軍を討ったため、赤松氏は一時衰亡し、その後は赤松氏と地域の覇権を争っていたが三国を領有した。 紆余曲折の末、復活した赤松氏はで東軍に組みし、管領より三国守護職を約束され、が西軍の山名氏の勢力を追い払うことで再び三国守護職に返り咲く。 しかし、にであった三石城城主・浦上村宗によって政則の子が殺され赤松氏は衰退の一途を辿る。 赤松氏に取って代わり備前を中心に勢力を伸ばしたであったが、宗景の代に家臣であったの下剋上によって滅ぼされ、備前と美作ではが勢力を伸ばした。 では室町期は守護が、戦国時代は出雲から侵攻したがら有力国人を従えていた。 その後、毛利氏の支援を得たが備中の大部分を統一し、美作・備前の一部も勢力下に治め三国を制する勢いであったが、9年()三村家親が籾村の佛頂山興善寺に在陣中の手の者により暗殺され、さらに後を継いだが翌年宇喜多氏とのに敗退した。 その後、の誘いを受けて毛利氏と争うに至り、三村氏は滅亡した()。 一方で、備中の南西笠岡などは 能島村上氏 の支配地となり村上隆重により笠岡城が築かれた。 このように現在の岡山県域では多数の戦国武将が群雄割拠の様相を呈し、戦国期を通じ、現在の岡山県域を統一する一大勢力はついに出なかった。 これは、岡山県が戦国前期には尼子氏・大内氏らの草刈場と化し、後期においてはの水攻めで有名なに代表されるように東の織田氏と西の毛利氏の衝突地点となったためである。 備前の宇喜多氏や備中の三村氏などを除き、戦国期の在地勢力に顕著な活躍は見られなかった。 しかし、その宇喜多氏・三村氏にしても東西勢力の代理戦争を演じていた面がないわけではない。 秀吉との縁を得て後述のように戦国末期(近世初期)まで家を保持・成長させた宇喜多氏は在地勢力の例外といえる。 近世 [ ] 倉敷美観地区 現在の岡山の地は「岡山」「石山」「天神山(天満山)」と呼ばれていた3つの小高い丘のある備前国西部の農村地帯の一角に過ぎなかったが、岡山の地の利に目をつけた直家は「石山」に小規模な城を築いていたの当主・を謀略によりさせて開城ののち、岡山の地に入封した。 直家の子は備前・備中・美作3国守護の座に就き、秀吉の許しを得て「岡山」に築城し、商人を備前福岡から呼び寄せるなど、城下町が形成されていった。 秀家はその後、5年()、で西軍が敗れ、豊臣家五大老のひとつの地位を占めていた宇喜多氏は所領没収のうえにに流された。 戦勝側であるが3国51万石を領有したが2年で後継ぎなく死去、断絶となり、慶長8年()、西国将軍と称された藩主・の次男、が分家として備前38万石に入った。 忠継・忠雄のあとに池田本家のから領地の交換で岡山に31万5,000石で入封した(輝政の孫)が備前の基礎を築き、以後、明治維新を迎えるまで光政の家系が藩政を担った。 また、領内には池田家ののが各地に所在し、3万3,000石の虫明陣屋を筆頭に、池田家3万2,000石の天城陣屋、池田家2万2,000石の周匝(すさい)陣屋、日置(へき)家1万6,000石の金川陣屋、池田家1万4,000石の建部陣屋、土倉家1万1,000石の佐伯陣屋があった。 城下町・岡山は発展を続け、第4代池田綱政の治世の4年()には町方人口が3万635人(武家・寺社方を含めた総人口は推定4万人から5万人)に達し、国内でも十指に入る経済力を持つ城下町となった。 現在では日本三名園のひとつに数えられる御後園()が造成されたのもこの時期である。 19世紀に入り岡山藩の財政状況が悪化すると藩は被差別部落への差別を強化した。 その結果、3年()に備前一国を巻き込む強訴()が発生した。 備中には改易のあと、一国を管轄する藩が置かれず幕領と大名領・旗本領が錯綜した。 を筆頭に、・・、、・岡山藩の支藩であるおよびが成立した。 現井笠地域の大部分は領であり備後と一体的に扱われ、福山藩主導の新田開発により干拓が進められる。 また、の山崎家の成羽陣屋(にとなる)、交代寄合ののが置かれ、戸川家はとしても・帯江・妹尾・中島(中庄)にそれぞれ陣屋を構えた。 は(幕府の直轄)となり、備中のみならず、など周辺諸国の幕領を管轄統治する幕府陣屋が置かれ、その繁栄は岡山以上とも言われた。 美作にはが18万6,000石で入封。 4代で断絶ののち、の宗家筋の10万石、三浦家の2万3,000石が成立した。 幕末期になりやによる倒幕の動きが広がると、であった岡山藩はに、・であった津山藩・備中松山藩はに分かれ、元年()に勃発したの際には当時の藩主であるが老中職にあった備中松山藩をとして岡山藩などが攻撃を加えた。 近代 - 太平洋戦争期 [ ] 岡山県成立の変遷 4年()、明治新政府によるによりを受け継いで、岡山県がを範囲として設けられた。 当初、現在の岡山県域には14県が設置されたが、同年12月には岡山県、、の3県に再編された。 その後、(明治8年)12月10日にとにあたる小田県(旧深津県)を編入し、(明治9年)4月18日には、備後国6郡をに移管、にあたる北条県を併せた。 岡山県の境域はこれ以後(明治29年)にをへ編入、同郡大字中山を兵庫県佐用郡へ編入。 戦後には(昭和38年)、(現・)東部の(寺山を除く)を兵庫県へ編入、後にで広島県側への編入の動きも出るが阻止されその後現在まで特に大きな変更はない。 県の政庁は岡山市に置かれ、鉄道網の整備や旧制・旧制(岡山藩医学館を文部省が引き継ぐ)などの教育機関の設立なども相まっての拠点として発展を見せた。 また、政財界に優れた人材を輩出し、特にではやのちにとなるやをはじめとして多くの運動家・政治家を、経済界では創業者のらを世に送り出した。 戦前の産業はが主であり、南部では干拓によって稲作面積を拡大して生産性を向上させ、・栽培やでの栽培が行われる一方、北部ではが盛んに行われた。 瀬戸内海に面した地区(倉敷市)では開発が江戸末期から明治にかけて盛んになり、地元の名家である野崎家が財をなした。 1870年代以降になると近代工業として製糸工場が県内に次々と立地した。 (略称:クラボウ)は全国有数の製糸企業に成長し、また倉敷紡績のによって倉敷絹織(現在の)、紡績を支える中国水力電気会社(現在の)なども設立された。 この時代の繊維産業の発展が現在のの、の隆盛の元になっている。 大原は実業のかたわら、、、農業や社会問題の研究所などを設立したり、の孤児養育事業を支援するなど、現在でいう事業を行った。 (明治24年)に(現在のJR山陽線)が岡山を経由して広島県まで開通し、その後もいくつかの私鉄路線が開通した(鉄道の項参照)。 これらのうち主要なものはのちにに組み入れられた。 後にはが発達し、ではが開かれ、では業が活況を呈するようになった。 経済の発展で中間市民層が厚みを増したことから、その求めにより中等教育・高等教育の充実が図られた。 特に公立・私立の女学校が次々に設立され、全国的に見ても女子の中等教育の盛んな県となった。 こうした地勢より、分野においても先見性が高い人材を数多く輩出しており、上において近代福祉事業発祥の地とされることもある。 特に(6年)に自県にて発足したはのと並んでのちの制度につながるものとされ、先述の片山潜も貧困層のために日本最初のを設立している。 他にもにおいて廃運動を繰り広げ、女性の権利と生活の向上に足跡を残したや、の先駆けとなったを設立した、を設立し地域医療に寄与した、日本最初の孤児院()を作り上げたなどが岡山県にてその活動の発起を行った。 そのため山室、留岡、アダムス、石井の4名は社会福祉の歴史上に多大なる功績を遺したことにより「岡山四聖人」と称される。 しかしながらが勃発し、戦争末期の(20年)には航空機工場のあった倉敷市地区と岡山市がによる大規模なを受けた。 岡山市では空襲により中心部がほとんど壊滅し、1,700人以上の市民が犠牲となった。 戦後 [ ] 戦後は児島湾、笠岡湾など大規模の干拓事業が引き続いて行われ、臨海部に巨大な農業地、工業地が出現する。 また時代の1960年代、に合わせて水島地区に大型船が入港可能な港湾と石油を造成して、およびなどの工場を誘致された。 また同時期に笠岡市は備後工業整備特別地域に指定され、をはじめとした製鉄関連産業が発展する。 このように県南部の臨海地帯を中心に重工業化が進み、農業中心の県から工業中心の県へと変貌を遂げた。 他方では、には大気汚染、瀬戸内海への、、児島湖の水質悪化などに悩まされた。 1970年代以降はの開業やの開通による・鉄道網の整備、県が管理する空港としては全国で唯一3,000メートル滑走路を持つの開港による航空網の整備が行われ、としての地位を高めた。 南部では人口の増加が見られ、岡山市や倉敷市などが150万を形成している()。 岡山インターチェンジから車で2時間圏の範囲の人口は約1,640万人で、東京都の人口よりも多い。 その範囲の総生産額は約97兆円でカナダを上回る規模ともなっている。 2000年代には紡績工場跡地などを転用したイオンモール倉敷などの郊外・準郊外型のショッピングモールが大小含め県内各地に建設された。 一方で商店街がシャッター通りとなり、ダイエー岡山店・三越倉敷店といった市街地中心部の大型店が相次いで撤退したことに象徴される中心市街地の空洞化(ドーナツ化)が深刻な問題となっている。 人口 [ ] 岡山県の人口は戦後の165万人から一貫して増加を続け、(17年)には約195万人に達した。 に次いで中国地方第2の都市である岡山市(約75万人)や第3都市の倉敷市(約50万人)を擁している南部は岡山都市圏を中心に人口増加が堅調だが、吉備高原や中国山地の山々に囲まれた地域では高齢化が進行し、人口の減少が顕著になってきている。 そのため、県全体では(平成2年)ごろから人口はほぼ横ばいであったが、以降から移住者の増加でに転じ 、NPOが毎年発表している「田舎暮らし希望地域ランキング」にて岡山県が2012年度に2位 、2013年度に3位にもランクインしている。 これは、男女の初婚年齢がとともに全国屈指の早さとなっている。 岡山県内に備前・美作・備中の各県民局が置かれ、その下部組織として各地域事務所が設置されている。 かつては地方振興局が設置されていたが統合・再編されて現在に至る。 財政 [ ] (平成20年)6月2日の定例記者会見で2011年度にも、2009年度から新たに施行された自治体財政健全化法に基づいて起債制限など国に管理されるに転落する可能性があるとして、財政危機宣言を発した。 このため、構造的に見込まれる400億円規模の財源不足を解消するため、(平成20年)8月に「岡山県財政構造改革プラン(素案)」 を公表した。 その際に、歳出削減や県有施設の統廃合について、市町村、県民からさまざまな意見が表明されたことを踏まえ、同年11月に「岡山県行財政構造改革大綱2008」が策定された。 この行革大綱の具体的な枠組みは、(1)職員数の削減、(2)組織体制の再構築、(3)職員の意識改革と人事制度、(4)事務事業の削減、(5)の削減、(6)歳入確保、(7)公の施設の閉鎖・譲渡・集約化、(8)市町村の事務・権限移譲、(9)外郭団体等の抜本的な見直し、(10)効果的な行政評価システムの構築の10分野に及び、これらの取組を2012年度(職員数は2013年度)までに実施することにより、一般財源で396億円の収支不足を解消し、歳入と歳出のバランスが取れた持続可能な財政構造を確立することを目標としている。 また、今後の財政運営の目標として、「収入にあわせた予算を組みます」「県債残高をこれ以上増やしません(の黒字化)」「同規模県と比較してもっともスリムな体制を目指します」「行革推進債などの緊急避難的な対策による財政運営と決別します」「今後4年間で改革の総仕上げを行います」との5つの目標を掲げ、この目標に沿った財政運営に取り組むこととされている。 2007年度(平成19年度) [ ]• Iグループ(財政力指数0. 5以上、1. 04未満)17自治体中15位 2006年度(平成18年度) [ ]• 標準財政規模 3,978億円• 一般会計歳入 6,975億円• 一般会計歳出 6,951億円• 財政力指数 0. IIグループ(財政力指数0. 4以上、0. 5未満)9自治体中1位• 経常収支比率 97. 実質収支比率 0. 人口一人当たり人件費・物件費等決算額 13万379円 (都道府県平均:12万4,759円)• 実質公債費比率 17. 人口100,000人当たり職員数 1,237. 10人(都道府県平均:1,173. 11人)• 2005年度(平成17年度)に対して2010年度(平成22年度)の総定員数を1,400人程度削減予定• 2 (都道府県平均:99. 6) 地方債残高• 普通会計分の地方債現在高 1兆2,170億円• 上記以外の特別会計分の地方債現在高 1,092億円• 上記以外に第3セクターなど(財団法人含む)に対する債務保証にかかわる債務残高がある。 2005年度(平成17年度) [ ]• 財政力指数 0. IIグループ(財政力指数0. 4以上、0. 5未満)8自治体中8位 2004年度(平成16年度) [ ]• 財政力指数 0. IIグループ(財政力指数0. 4以上、0. 5未満)10自治体中10位 他県との関係 [ ] はを挟んで対岸に位置する。 で結ばれ快速マリンライナーが約60分で頻発し相互に通勤通学圏となっており、地上波放送が相互乗り入れるなど結びつきが大きい。 とは特に井笠地方(・)は広島県東部の結びつきが強く福山都市圏を構成し、井笠地方は広島県福山市のベッドタウンとなっている。 また井原市、笠岡市は広島県と市街地が連続している部分がある。 は隣接するものの間にはがあり、交通や物流の障壁となっている。 東に隣接している兵庫県との県境にかけてはの便数は非常に少ないことからみるように、地域間の交流は少ない。 県内には、、、などの交通のが東西に貫通し、人や物の往来は多い。 姉妹都市 [ ]• (平成4年)友好交流協定締結• (平成5年)友好交流協定締結• (平成18年)友好交流協定締結• マハーラーシュトラ州 (平成18年)友好交流協定締結• (平成21年)友好交流協定締結 経済・産業 [ ] 都市化が進み工業の発展する県南部の大部分の市町村は井原市、笠岡市、里庄町を除き岡山市を中心とするに属する。 県北部は山地が広がり人口は比較的まばらである。 県南西部の井笠地方(ただし矢掛町と浅口市は含まれず、岡山都市圏に属する)は広島県福山市を中心とするである。 第一次産業 [ ] 農業 農業生産額の割合では、(鶏卵・ブロイラー)が全生産額の23. 蒜山高原で飼育されているジャージー牛 岡山県南部に広がる地を中心としたや北部のなどでは、古来よりの栽培が盛んで、現在に至るまで農産物の中心をコメが占めており、や、などの品種が栽培されている。 また、南部では地区のや連島地区のをはじめ大都市向けに出荷される、全国的にも珍しい黄などが、北部やではやなどが盛んに生産されている。 国内産のマスカットの約9割は岡山県で生産されており、以降は岡山市・栢谷地区などの丘陵地においてブドウやモモの栽培が行われるようになった。 全都道府県における出荷量で見れば、ブドウは4位(西日本1位)、モモは6位(に次ぐ西日本2位)で全体シェアの5パーセントにも満たないものの 、一部の品種に限れば、ブドウの、やの作州黒の生産量は全国トップクラスであり 、現在では岡山県の主要な名産品となっている。 県内では他にもでお歳暮シーズンの(あたご梨)や(ヤーリー)などの果物が全国シェアトップで栽培されており、高い生産技術と穏やかな気候に恵まれ、高品質な商品を生産している。 近年、これらの農産物をやなど海外に輸出し、販売する試みがなされている。 畜産においては沿いを中心に行われ、特に千屋地区で肉牛の「千屋牛」などのが飼育されている。 酪農においては蒜山高原()でジャージー牛の放牧が行われ、脂肪分を多く含んだ濃厚な乳を用いたやなどの製品が生産されている。 かつてはや、の生産も盛んであったが、戦後の産業構造の転換により次第に生産量を減らしている。 北部を中心とする中山間地域では全国的な傾向に漏れず若者の都市部への流出やによるが進行しており、農業の担い手不足が課題となっている。 おもな品種 ブドウ• 瀬戸ジャイアンツ(桃太郎ぶどう)• (あたご梨)• (ヤーリー) 黒大豆• 水産業 に面する岡山県では児島湾などで、浅瀬を利用したが行われており、かつてはやの中型魚がおもに獲れていたが、明治からにかけての干拓事業による漁場の縮小と都市化の影響による瀬戸内海のが発生し、以前ほどの豊かな漁場は失われてしまった。 しかしながら、現在でも倉敷市下津井港をはじめとしてや、などの好漁場となっており、また、・などでは複雑に入り組んだ海岸を利用したやのが盛んに行われている。 カキの生産量は全国第2位である。 瀬戸内海で獲れる海の幸を用いた郷土料理として、ばら寿司(まつり寿司として駅弁販売)や、たこめし、ママカリ()の酢漬けなどがある。 また、などでは蛎をに入れた「」を新たな名物として岡山県内や他県にPRしており、水産資源を町おこしの契機につなげる新しい取り組みも見られる。 第二次産業 [ ] 水島コンビナート 以前、農業県で大規模な港湾がなかった岡山県のは製糸・業などの軽工業がその中心であったが、戦後は県によって、それまでの他県に後れを取っていた工業化に重点を置いた政策がとられ、(倉敷市)の埋め立て造成と精製所・大手所・工場などの誘致が行われ、工業的に急速な発展を遂げた。 県内にはJFEスチールの倉敷地区、福山地区(笠岡市域を含むため)二つの銑鋼一貫製鉄所が立地する。 またなどの内陸部にも工業団地が次々と立地し、自動車の関連部品の製造や電子機器の工場が誕生した。 そのほか、岡山市では食品や印刷など市場指向型、軽工業系の工場が地区や地区などに所在し、倉敷市では地区にやなど縫製業が立地している。 学生服の出荷額は岡山県が全国第1位となっている。 県西部の笠岡市へは広島県の福山製鉄所の関連企業など広島県からの企業の進出が多く見られる。 またJFEスチール福山製鉄所の敷地自体も笠岡市域にまたがっている。 1980年代以降は吉備高原等の内陸地域を新たな産業ゾーンとするためにの整備やの郊外移転などの開発が行われ、IT関連企業やICなどの工場の誘致が県によって進められた。 しかし、開発から数十年が経過した現在でも立地した工場は多くなく、当初の見込み通りには事業が進んでいない。 こうした県主導の工業化のためのハード面での積極的な整備によって工業県への変貌に成功したものの、反面、これらの事業によって増大した借金が昨今、県の財政を圧迫している。 第三次産業 [ ] 近年の岡山県のは、バイオテクノロジーを活用した医薬品や、IT情報通信などの産業などの特色を持つ。 独自の精密加工生産を支える技術企業や、食品・健康・医療・環境・福祉やバイオ関連の企業・研究機関などが産学官連携で新たな雇用産業づくりに取り組み続けている。 平成15年度には全国に先駆け、高速大容量の基幹光ファィバ網を県内全域を8の字型に結び、全国ギガビットネットワークとも接続された岡山情報ハイウェイが整備された。 や小売業、等は本社や事業所をおもに岡山市を中心とした県南部に構えている。 1960年代までは伝統的な個人経営の小売店舗が多数を占めていたが、1970年代以降、都市化やの進行、大量消費社会の浸透により、全国や中国・四国地方規模で展開するや、電器店などのが郊外の幹線道路沿いに多数開店し、生活するうえでの利便性が増した一方、のを招いた。 の崩壊後はこれまで都市部のの下落が進んでいた。 近年は中心市街地への高層の建設が相次いでいる。 また、小売店舗の中心市街地への新規出店や事業が活発に展開されている。 の増加 も見られており、現在では再び地価が上昇している。 岡山市では、のに由来する地区と、(昭和47年)の開業後に発展した周辺地区が2大商業地区となっている。 は現在人口150万人を擁し、地方都市としては数少ない成長が見込まれている都市圏のひとつであるため、岡山市の移行を契機として、今後も再開発などの活性化が期待されている。 県南西部の井原市・笠岡市は江戸時代に領であったなど歴史的にも広島県東部との商業的な一体感が大きく、相対的に県内他市町村(岡山市など)とのつながりが小さい。 これらの地域は現在でも完全に福山都市圏に属し、多くの住民が日常的な買い物などを福山市に依存している。 一方で、その他の地域では人口の流出・現象を伴った過疎化によって商業施設の撤退・閉鎖、大型商業施設の郊外出店によるスポンジ化現象が見られ、地域活性化が大きな課題となっている。 岡山県に本社を置く主要企業 [ ] 上場企業 [ ]• 非上場企業 [ ] 金融機関• 電力・ガス• 金属製品製造• 各種産業機械製造• 飲食料品製造• 衣料品製造• 機械部品製造• プラスチック製品製造• ゴム製品製造• その他製造• 出版・広告・放送・印刷他• バス・タクシー他• 建築・土木• 職域工事• 設計・測量・調査• 不動産売買・賃貸• 飲食・ホテル・レジャー他• 飲食料品販売• 衣料品販売• 日用品・雑貨販売• 百貨店・スーパー• 自動車他耐久消費財販売• 書籍・新聞販売• その他販売• ソフトウエア開発• その他• 岡山県で創業し拠点事業所を置く主要企業 [ ]• - 倉敷市で創業。 現在の本社は東京(ただし登記上の本店は現在も倉敷市)。 現在も倉敷事業所、岡山事業所を置いている。 (クラボウ) - 倉敷市で創業。 現在の本社は大阪(ただし登記上の本店は現在も倉敷市)。 現在も岡山工場を置いている。 工場跡地のホテルやを設立し、現在でも倉敷とつながりの深い企業である。 () - 玉野市で創業。 現在の本社は東京。 現在でも創業の地である玉野市に玉野事業所を置いている。 岡山県に拠点事業所を置く主要企業 [ ]• (旧・)• (岡山村田製作所)• (パナソニック エレクトロニックデバイス津山)• (シャープタカヤ電子工業)• 岡山県が発祥とされる商品・サービス [ ]• 生活・交通 [ ] 警察 [ ] 本部の管轄にあり、以下の22警察署が置かれている。 ここ数年のにともない、(平成18年)に警察署管轄地域の見直しが行われた。 また、(平成21年)4月1日からは、岡山市の政令指定都市移行にともない岡山東警察署が岡山中央警察署に、西大寺警察署が岡山東警察署にそれぞれ名称変更された。 (岡山市中区): 北区の東部と中区• (岡山市北区): 岡山市北区北西部と南区の一部• (岡山市南区): 岡山市南区の大半と北区の一部• (岡山市北区): 岡山市北区の北部(旧御津町・建部町域)・• (岡山市東区): 岡山市東区・上道地区• (岡山市東区): 岡山市東区瀬戸地区・• (備前市): ・• (瀬戸内市):• (玉野市):• (倉敷市): (倉敷地区)・岡山市北区の一部・• (倉敷市): 倉敷市(地区)• (倉敷市): 倉敷市(・船穂・真備地区)・・• (倉敷市): 倉敷市(地区)• (笠岡市):• (井原市): ・• (総社市):• (高梁市):• (新見市):• (真庭市): ・• (津山市): ・• (美作市): ・・・• (美咲町): ・ 交通 [ ] 鉄道 [ ] 鉄道は(明治24年)に(現在のJR山陽本線)が三石駅から岡山駅まで開通したのを皮切りに、・・・などが次々と開通した。 戦後にはモータリゼーションの進行や利用者の減少により多くの私鉄路線が廃止された。 (昭和47年)には山陽新幹線・岡山間が、2年後には岡山・間が開業し、(昭和63年)には瀬戸大橋開通にともないJR瀬戸大橋線が開業。 以来、JR岡山駅はと、およびとを結ぶ一大となっている。 現在、以下の路線が存在しており、岡山市では全国的に数少なくなったも運行されている。 JR岡山駅(東口) (JR西日本)• - (岡山市)・(倉敷市)• S W - (備前市) - (笠岡市)• U - 岡山駅 - (総社市)• T - 岡山駅 - (津山市)• M L - 岡山駅 - (玉野市)• K - (美作市) - 新見駅• B - (津山市) - 津山駅 (JR四国)• (高速自動車国道・高規格幹線道路)• ( - 、 - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ( - )• ・ -• 岡山市 -• - 鳥取県• 岡山市 -• 岡山県 - 鳥取県• 岡山県 -• 兵庫県 - 岡山県岡山市• 広島県福山市 - 鳥取県東伯郡• 兵庫県 - 鳥取県鳥取市• 岡山県 - 岡山県津山市• 岡山県 -• 岡山県倉敷市 - 岡山県• 京都府 - 鳥取県米子市• 岡山県備前市 - 岡山県• 岡山県総社市 - 広島県 「」を参照 バス [ ] 岡山県は隣接する広島県とともにバス事業者の多い県である。 岡山市内では多数の会社が乗り入れ、一時期は事業者間での激しい競合が発生する問題も起きていたが、調整が進むなど改善している。 高速バスは京阪神、山陰、広島、東京、福岡、四国各県などに伸びる。 都市圏が県境を跨ぐ県西部では井笠バスカンパニー、北振バスが地方部では非常に稀な路線バスが県境を越える越境路線を運行している。 岡山市・倉敷市周辺• (両備バス、岡山市内・倉敷市内および玉野市など)• (岡山市西大寺地区・瀬戸内市、両備ホールディングスの分社子会社)• (岡電バス、岡山市内中心。 両備グループ)• (岡山市内および総社市など)• 子会社数社が県北部に路線網を持つ(下記記載)• (下電バス、岡山市内・倉敷市内など)• (岡山市内および、赤磐市、瀬戸内市など)• (現在は高速バスのみ)• (岡山市内)• 県西部• (旧、笠岡市、井原市および広島県福山市など、両備グループ)• (矢掛町、井原市、高梁市および広島県福山市など)• 県北部• (高梁市、真庭市、新見市など)• (津山市など、中鉄バスの子会社)• (真庭市など、中鉄バスの子会社) 航空 [ ] 県内の主要空港は岡山空港である。 岡山市北区日応寺に所在し、県が管理する、準国際空港である。 国内線では・・の3都市へ、国際線では、がデイリー運行、・へ定期便が就航する。 もとより東京行きの便が距離的・料金的に航空機と新幹線との間で競争が激しい地区であり、また、空港内の駐車場が無料(一部は有料)であることから、同じ中国地方でのには大きく水を空けられているものの、近年利用者が増大しており、他の地方第三種空港が経営に苦しんでいる中で高い収益を上げている。 なお広島空港は広島県の中央に立地しているため、県西部の井笠地方は広島空港と岡山空港のほぼ中間にある。 また、(昭和63年)の岡山空港開港まで主要空港であった岡南飛行場()は現在セスナ機などの小型機の飛行場として運営されている。 笠岡ふれあい空港は全国初の農道空港として開港したが利用が振るわず旅客便が就航したことはなく、現在では定期便の運航はない。 (旧岡山空港) -• 港湾・船舶 [ ] はへ向かうが発着しへの玄関口として機能していたが2019年に宇高連絡船は廃止された。 現在は瀬戸内海の島嶼を結ぶ航路のみが運航されている。 へのフェリー()• への()• - 岡山市南区• 小豆島へのフェリー(、)• 小豆島へのフェリー()• (さらに笠岡諸島から香川県多度津)への航路(、など) 医療・福祉 [ ] 旧閑谷学校講堂(国宝) にを治めたはの代である(9年)に全国初のである花畠教場を、続いて世界最古の庶民学校であるを開くなど、教育の面では古くから先進的な取り組みがなされてきた。 特に閑谷学校は領民だけでなく他藩の藩士にも入学を許可し、さらには藩主のやなどの不測の事態でも学校を存続できるように学校領を設けて藩財政から独立させており、岡山藩が教育を重視していたことがうかがえる。 また、幕府の薦めるではなく(陽明学)を学ばせ、ら著名人も来訪したことで知られている。 江戸時代の岡山県内の数は、に次ぐ第3位(1,031校)で、私塾数は第1位(144か所)であった。 になると(明治3年)に岡山藩医学館が設置され、(明治33年)にはが、(大正11年)には岡山藩医学館を継承した官立が開校するなどが活発に行われ、当時の就学率は全国トップクラスであった。 (順正女学校跡。 ) ただしについては明治の初めまで、ほとんどの地域において(いわゆる市井のや)以上の教育はなされなかった。 上記の各学校においても以上は男子教育の場でしかなく、中等以上の女子教育を行っていたわけではない。 そのため岡山における女子の中等教育においては日本全国の他地域と同様、明治以降に系の信徒・思想者によって、その先駆と分野開拓が行われている。 岡山県内において、その嚆矢となったのが(明治18年)に高梁向町(現在の向町)においてが開いた とされている。 さらに、その源流においては福西の幼少期の師として、私塾である牛麓舎において彼女に男女の別を問わず惜しむことなく漢学を授けたの存在を指摘する声もある。 そして順正女学校の設立を皮切りとして、翌(明治19年)に岡山市内で山陽英和女学校 および岡山女学校 などのが開校していくこととなった。 大学 現在、岡山県には3つの、15のが設置されている。 (平成19年)現在、人口10万人当たりの大学・短大設置数は全国第6位となっている。 (平成18年)度からは、岡山県と岡山経済同友会を中心に、県内15の4年制大学が参加する 大学コンソーシアム岡山が開始され、産・学・官の連携による地域社会の活性化や時代に合った高等教育の創造を目指している。 詳細は「」を参照 テレビ局 [ ] 岡山県では県域放送のNHKおよびによる5つの民放テレビ局が視聴可能となっている。 民放5局のうち3局は岡山県に、2局は香川県に本社を置いており、1970年代から相互乗り入れを実施している。 岡山県では(平成18年)12月1日よりが本格的に開始された。 岡山・玉野市境のを親局とし、県内に78か所の中継局が整備されている。 リモコン番号はの記事の岡山県部分を参照。 独立UHF局がないことを除けば関東広域圏と同じとなっている。 テレビ放送 チャンネル番号 放送局名 放送系列 略称 備考 1・2 NHK 6 RSK 傘下 7 TSC 山陽新聞傘下 中継局が少ない関係で、山間部等では受信できない地域がある(地上デジタル放送で視聴できない世帯は約14,000世帯) 8 OHK 次の2社は香川県高松市に本社を置くが、放送対象地域を相互補完する目的から、送信所(親局)を金甲山送信所(岡山市南区・玉野市両市境)に設置している。 なおかつ事業所の拠点性が高いことから、2社ともに岡山市にも本社(事実上の支社)を置いている。 4 RNC 四国新聞傘下 5 KSB 兵庫県のであるが一部受信できる地域があり、一部のケーブルテレビによって再送信されている。 3 SUN 放送対象は (KSB)岡山本社 (岡山市北区) ラジオ局 [ ] 県域放送• NHK岡山放送局-AMラジオ第一放送・第二放送・NHK-FM• RSK山陽放送(RSK、・系列)• (FM岡山、系列) コミュニティFM• (岡山市、配信・インターネット放送実施局)• (倉敷市、、ミュージックバード配信・インターネット放送実施局)• (笠岡市・里庄町・浅口市、ミュージックバード配信)• (津山市、インターネット放送実施局)• また、西部ではに本社および送信所を置く(RCC)、(HFM)とに本社がおよび送信所を置く(RNB)が受信できる地域がある。 この他、やが受信できる地域もある。 なお、エフエムくらしきやエフエム津山は、通常の番組の配信は行われず、特別番組などの単発的な配信のみ行っている。 県域民放局が実施しているにはRSK山陽放送と岡山エフエム放送(FM岡山)共に参加している。 ケーブルテレビ局 [ ] 「」を参照 新聞 [ ] 岡山県では県紙で(明治22年)創刊の山陽新聞を中心に購読されている。 また、では各紙が大阪本社の管轄下にあり、県内に支局を設置している。 読売・毎日・日経・産経の各紙は県内に印刷工場を設け、朝日新聞は香川県内の印刷工場から輸送する体制をとっている。 夕刊紙のも存在したが、(平成23年)をもって廃刊した。 地方紙• (本社:)-中国地方唯一のブロック紙 全国紙• スポーツ紙• 暴力団 [ ] 指定暴力団 [ ] 五代目(本拠地:岡山県笠岡市笠岡615-11) 事故・事件など [ ]• 1938年(昭和13年)5月21日未明に岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾・坂元両集落で発生した大量殺人事件。 多くの小説などの題材とされた。 2000年、少年が母親を金属バットで撲殺した事件。 用水路への転落事故 江戸時代以降、干拓などによる新田開発で平地を開拓してきた岡山県南部では平地に用水路が張り巡らされており多くの転落事故が発生している。 県内で平成25(2013)~28年の4年間に、用水路、側溝、小川、田畑への転落事故での死亡者は108人に上り、死者数は25年、27年でそれぞれ全国のワースト1位である。 特に27年は交通死亡事故における転落死亡事故の割合が13・8%に達し、全国平均の6倍となった。 文化・スポーツ [ ] 概略 [ ] 岡山市を中心とする地域(旧備前)はの儒教尊重が家風となり、近代以後も教育熱心な地域と言われる。 古今和歌集において「真金吹く 吉備の中山 帯にせる 細谷川の音のさやけさ」と謳われ、吉備を表す枕詞が「真金吹く」であるように、古くから岡山(旧国名は吉備)は古代から連綿と受け継いできた優れた鉄製技術を持っていた。 そのためのに端を発し、(現在の瀬戸内市長船町)ではや、そして、派、また備中国の青江貞次らのなどといった有力なの一派が数々生まれて栄えた。 さらに、備前・美濃・相模・山城・大和の5か国の作刀方式を「五箇伝」と呼び、その五箇伝のうち備前伝と美濃伝の刀が傑出して大量に生産されるに至った。 また質の面では備前刀があらゆる流派の中でもっとも多く、国宝に指定されている。 現在でも備前では刀匠によって刀が生産されている。 一方で陶器のはのひとつであり、古墳時代の須恵器から発展したもので釉薬をまったくつけずに焼かれる。 また何も塗られることもない素朴さと力強さ、炎と火の粉、薪の灰から生じる窯変の味わい、そのを体現した風貌からやなどといった茶人に愛された。 1250度の高温で約2週間焼き締めるため「投げても割れない」と言われ、茶人や公家、武家以外の一般庶民にも広く流通した。 初期までの作品は「古備前」と呼ばれ特に珍重される。 といったなどの活躍もあり、また戦後にも再び脚光を浴びて一躍全国的に有名となった。 を中心とする地域では、江戸後期から幕末にかけて、などのの人材を輩出した。 方言 [ ] 主にのが用いられるが、旧国ごとに「備前弁」「備中弁」「美作弁(作州弁・津山弁)」の3種に分類されることもある。 笠岡市・井原市などは、旧備中国であるが備後福山藩領であったなど歴史的な背景から倉敷市などの備中弁とは差異があり、福山弁との共通点が多い。 笠岡市の真鍋島などでは特有のアクセントが用いられる。 食文化 [ ] 詳細は「」を参照 スポーツ [ ] 岡山県は、との球団の両方が本拠を構えているとに挟まれ、地元に拠点を置くスポーツに対する関心が低く、(平成7年)にはを本拠としていた(現・)がJリーグ誘致を目指していたに本拠を移すなど長年にわたって本県に本拠を置くプロスポーツチームができず、「プロスポーツ不毛の地」と揶揄されることもあった。 しかし、(平成13年)11月に女子・に所属するがに本拠を移転し 、(現・)に女子サッカークラブ・が設立された。 その後、(平成17年)にはが開催され、県全体としてスポーツに対する関心が高まった。 国体開催の機運に乗じてJリーグを目指すサッカークラブとしてが設立され、好成績を収め続けたファジアーノは岡山県リーグから中国リーグ、と次々と昇格し、(平成21年)シーズンからはJ2に昇格した。 こうした市民クラブに対するスポンサーやなどの支援の輪が広がっており、プロスポーツが県民にとって身近な存在になりつつある。 その他、に関しては岡山市に本店があるの女子陸上競技部から(平成12年)にが、(平成16年)に、さらに(平成20年)のでもが出場している。 さらに、(平成4年)の、(平成8年)のの2大会でメダルを獲得したは岡山県出身であり、に5大会連続で岡山県の関係者が出場している。 においては(昭和40年)ので優勝し、やらを輩出した、らを輩出したやをはじめとした古豪があるほか、近年では(平成11年)ので準優勝した、などのが台頭している。 津山城跡(鶴山公園) 有形文化財建造物 [ ] 国宝• ()- 本殿および拝殿• ()- 講堂 重要伝統的建造物群保存地区• (倉敷美観地区) () 史跡・旧跡 [ ]• 跡(岡山市北区)• (岡山市北区)• (岡山市中区)• (岡山市東区)• (倉敷川畔)(倉敷市)• (倉敷市)• (岡山市北区)• (岡山市北区)• (岡山市北区)• (総社市)• (総社市)• 跡(鶴山公園)(津山市)• (津山市)• (総社市)• (総社市)• (高梁市)• (赤磐市)• (矢掛町)• (久米南町)• (新見市)• (和気郡)• (岡山市東区)-東征時に、水先案内を行ったが乗る大亀を祀る。 その他の名所 [ ] 湯原温泉• 地区(岡山市北区)• (岡山市東区)• (倉敷市)• (倉敷市)• 町並み保存地区(倉敷市)• (津山市)• (玉野市)• (玉野市)• (玉野市)• (総社市)• (新見市)• (備前市)• (瀬戸内市)• (瀬戸内市)• (高梁市)• 並み保存地区(真庭市)• (真庭市)• (真庭市)• 美作三湯• (真庭市)• (美作市)• (鏡野町)• (鏡野町)• (吉備中央町) 公園・テーマパーク等 [ ]• (岡山市北区)• (岡山市北区)• (岡山市北区)• (岡山市北区)• (岡山市北区)• (岡山市東区)• (岡山市南区)• (倉敷市)• (倉敷市)• (玉野市)• (玉野市)• (赤磐市)• (真庭市)• (勝央町)• (美咲町)• (瀬戸内市)• (和気郡和気町)• 蒜山ジョイフルパーク(真庭市) 祭事・イベント [ ] 国の重要無形民俗文化財• (笠岡市)• (井原市・総社市・高梁市・新見市)• (真庭市) 県指定重要無形民俗文化財• (岡山市北区)• (岡山市東区)• (倉敷市)• (瀬戸内市)• (奈義町)• (久米南町)• (美咲町)• (吉備中央町) 祭事・イベント• (岡山市北区・中区)• ・うらじゃ(岡山市北区)• (岡山市)• (倉敷市)• (津山市)• (津山市)• (高梁市)• (瀬戸内市)• (新見市上熊谷)• (和気郡和気町) 文化施設 [ ] 詳細は「」を参照 岡山県名誉県民 [ ] 岡山県名誉県民の称号は、1981年(昭和56年)3月25日に制定された岡山県名誉県民条例(岡山県条例第24号)に基づき、「岡山県の発展に功績があり、県民の誇りとしてひとしく敬愛を受ける者」へ贈られる(条例第1条)。 対象者は「本県に居住し、又は居住していた者で、社会福祉の向上、経済の発展又は学術文化の振興に卓絶した功績があり、もつて県民福祉の増進に貢献し、又は本県の名声を著しく高め、県民が郷土の誇りとしてひとしく敬愛するもの」であり(条例第2条)、岡山県知事が岡山県議会の同意を得て選定することが定められる(条例第2条第2項)。 名誉県民に選定された者には、顕彰状や徽章、記念品も併せて贈られるほか(条例第3条)、知事が定める礼遇や特典を受けられる(条例第4条)。 贈呈番号 受賞者氏名 職業 選定年月日 備考 出典 1 高畑浅次郎 1981年9月29日 岡山県教育長・の父 2 1981年9月29日 長 3 1981年9月29日 4 実業家 1985年 社長 5 1985年 創設者 6 2001年1月15日 学長 7 医師 2015年11月10日追贈 理事長 脚注 [ ] []• 近代の児島湾干拓計画を策定したムルデル:農林水産省• 蒜山酪農農業協同組合• 岡山県産業振興財団 Facebook• 「おかやま新エネルギービジョン」の策定について - 岡山県• 岡山県総合政策局公聴公報課. 2011年7月14日閲覧。 岡山県総合政策局統計分析課 2011年5月26日. 2016年1月30日閲覧。 - 気象庁• を玉野市・倉敷市といった吉備高原を含まない自治体と比較。 「昔から吉備高原と呼ばれている一角にあり、気候はやや内陸性で県南部と比較して冷涼な地域です。 岡山県兵庫県境界変更並福岡県大分県境界変更法律(明治29年3月30日法律第56号). 明治29年3月30日. 昭和41年10月28日 自治省告示第158号. 昭和41年10月28日. 狩野久「吉備の国づくり」 藤井学・狩野久・竹林栄一・倉地克直・前田昌義『岡山県の歴史』山川出版社 (平成12年) 10 - 11ページ• 2020年4月20日閲覧。 平成25年 農林水産統計より• 分類は、『岡山企業年報』の掲載業種別。 岡山の医療健康ガイド MEDICA. 2020年5月31日閲覧。 現・家政科。 女学校の前身となるにおいては(明治14年)設立。 高梁高校では裁縫所の設立年を創立年としている。 なお同地に在するを筆頭とする学校法人順正学園の運営各校は福西死後の新設校であるため直接の繋がりは無い事に注意。 (設立時における間接的な繋がりはあるため、順正学園は福西を準学祖として扱っているが、それに関しては各校の項目を参照)• 2006年。 現在の• 現在の• 笠岡市 昭和57年4月1日. 福山市と笠岡市との間の事務の委託に関する規約. ただし、一部地域では、のがケーブルテレビで再送信されているため、事実上とを除く関東広域圏と全く同じになっている。 INC, SANKEI DIGITAL 2019年8月2日. 産経ニュース. 2020年6月1日閲覧。 山陽新聞 2009年2月15日• 日本バレーボールリーグ機構. 2014年6月17日閲覧。 古くは、((昭和3年))の、((昭和39年))のなどがいる。 - 岡崎嘉平太記念館、2020年4月17日閲覧。 - 川崎医科大学、2020年4月17日閲覧。 - 岡山大学教育学部、2020年4月17日閲覧。 - 岡山県、2020年4月17日閲覧。 関連項目 [ ] に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 岡山県に関連する および があります。 に関連の辞書項目があります。

次の