ポケモンgo 研究用。 【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」第1弾

『ポケモンGO』ユーザーはどんな人? 利用実態調査をMMD研究所が公開

ポケモンgo 研究用

概要 「少年少女が大人から御三家を受け取る」「ポケモン研究者がポケモン図鑑を少年少女に託す」という共通設定の都合上、1世代に1人は必ず登場するポケモンに必須の存在。 主人公にとっては恩人と言えるし、作品によってはライバルの恩人・上司であることも。 また、ゲームプレイ時に最初に登場し、主人公の名前・姿などを決定するプロセスにたずさわる存在でもある(第8世代ではが担当。 また第2世代はが引き続き担当する形式を採用している)。 トレーナーではない、もしくは引退済みという人物も多く、かつてはバトルはしないのが定番だったが、近年はバトルもできる博士が増えてきている。 歴代の博士 図鑑や御三家をくれる博士• 『』から登場。 ポケモン研究の権威にして第一人者。 そのためポケモン博士の中でもひときわ知名度は高く、昔は凄腕のトレーナーであったらしい。 孫にナナミ、主人公のライバル ゲームなどだとグリーン、アニポケだとシゲル がいる。 『』から登場。 「ポケモンの繁殖とタマゴ」について研究している細身の博士。 をくれるが、図鑑はくれない(その役はオーキド博士が担う)。 ポケモンじいさんのお使いをすませると、彼からポケモンのタマゴを託される。 『』から登場。 「ポケモンの分布と生態」について研究している博士。 研究所にいるよりもフィールドワークをしていることが多い行動派。 主人公のお隣さんになる選ばなかったほうの主人公 ユウキ・ハルカ の父親で、主人公の父親・センリの親友である。 『』から登場。 「ポケモンが遂げる進化」について研究している。 強面な初老の博士で、オーキド博士の大学の先輩にあたる。 選ばなかったほうの主人公 コウキ・ヒカリ が彼の助手をしている。 『』から登場。 「ポケモンという生物の起源」について研究している、ゲーム初の女性博士。 アニポケでは父親も伝説のポケモンに付いての研究をしており、遺跡の調査も行っている。 『B2・W2』では主人公の幼馴染のベルが彼女の手伝いをしている。 『』から登場。 「ポケモンの現象」について研究している。 かつてはと共にナナカマド博士へ師事しており、とも旧知の関係。 ポケモン図鑑と御三家をくれる人だが、最初の町にいないため、ティエルノとトロバを通じて渡した。 『』から登場。 「ポケモンの使うわざ」について研究している。 ポケモン博士でありながらアローラ地方トップクラスのトレーナーであり、覆面レスラーとしての顔も持つ。 『』から登場。 後述のマグノリア博士の兼として登場。 はくれない(その役は彼女の幼馴染であるが担当)が、マグノリア博士の代理として図鑑はくれる。 マグノリア博士の代理として、歴代ポケモン博士の立ち位置で本格的に主人公の旅に同行する。 当初は助手だったが、作中終盤で祖母からと研究所を引き継ぎ、一介のポケモン博士として独り立ちを果たした。 シリーズで初めて、 物語を進めていく過程でポケモン博士となった研究者である。 その他ゲーム本編• 『ポケットモンスターブラック・ホワイト』から登場。 「ポケモンが見る夢」について研究している。 ゲームシンクの開発者で、アララギ博士とは大学時代からの親友。 『』から登場。 「ポケモンが秘めた潜在能力」について研究しているフリーの科学者。 研究のためなら悪に与する事も厭わないマッドサイエンティストだが、その理念自体は純粋。 バーネット博士 後述。 『ポケットモンスターサン・ムーン』から登場。 「ポケモンの」について研究している。 上記のオーキド博士にそっくりなであり、アニメではポケモンスクールの校長をしている。 『』から登場。 「ポケモンの現象」について研究している老婆の博士。 高齢のために研究活動を行うのが難しくなっており、作中で孫娘であるソニアにその座を譲った。 歴代ポケモン博士の立ち位置にいたのはこの人だが、多くの役割をソニアに委ねており、ストーリー上で主人公の旅に本格的に関わるのも孫娘の方である。 オープニングでの導入も担ってはいないが、シリーズ恒例の たいせつなものをしかるべきタイミング以外で使った時のメッセージ(第1世代なら「オーキドのことば~」)はマグノリア博士のものとなっている。 『』で登場。 過去のポケモン を純粋に研究する。 俗に言うネガティヴ履きをしている。 記事名の都合上ここに記すが、劇中でポケモン博士として認められているかは不明である。 『』に登場。 ポケモン総合研究所の所長でリライブ研究を行っている。 ゲーム本編外• 映画『』に登場。 南米のジャングルで発見したの睫毛の化石から抽出した遺伝子を元に、人造ポケモンであるを作り上げるが、ミュウツーに不信を抱かれ、研究所ごと爆破されて死亡する。 原作におけるに相当する人物。 アニメオリジナルの博士で、オレンジ諸島編にて登場。 「ポケモンの亜熱帯における変化」について研究している。 彼女に魅了されたタケシが一時的に助手になっていた。 ダウンロードソフト『』から登場。 「ポケモンと異世界の関係」について研究している。 第7世代にも登場。 スマートフォン用ゲーム『』で登場。 ・・という3人のアシスタントがいる。 オダマキ博士同様「ポケモンの分布と生態」を研究しており(互いに面識があるかは不明)、プレイヤーに協力を依頼する。 アップデートごとに新世代のポケモンが増えているのは、ゲーム中では彼の調査により新たなポケモンの生息場所が見つかったためとされている。 「」ではスペシャルリサーチの依頼人として登場。 また、ここでかつてオーキド博士の指導の下でポケモンの研究を行っていたことを明かしている。 ポケモンGOの世界では割と有名な人物らしく、のリーダー:も彼の素性をある程度知っていた。 スマートフォン用ゲーム『』で登場。 「バディーズわざとバディストーン」の関係について研究している、人工島パシオのポケモン博士。 アニメオリジナルの博士。 第7シリーズの『』にて登場。 カントー地方に研究所を構える。 アン・ローラン博士 実写映画『』に登場した女性の神経生物学者。 ポケモンの洗脳実験を行ったことが発覚して助成金をはく奪され、その後ライムシティーの名士であったハワード・クリフォードに拾われ、研究機関PCNにて密かにミュウツーの遺伝子とそれを利用したの研究を進めていた。 しかし、そのことを探偵であるハリー・グッドマンに突き止められてしまい、薬品のサンプルを持ち出された上に、自身も覚醒したミュウツーの攻撃に巻き込まれて死亡した(この展開は上記のフジ博士のオマージュとなっている)。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-19 12:00:00• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 16:28:26• 2020-07-19 16:28:25• 2020-07-19 16:28:06• 2020-07-19 16:28:06• 2020-07-19 16:27:59 新しく作成された記事• 2020-07-19 16:19:34• 2020-07-19 15:48:58• 2020-07-19 15:47:20• 2020-07-19 15:41:57• 2020-07-19 15:36:18•

次の

GOバトルリーグ用ポケモン厳選、ズルズキンブレークポイント編

ポケモンgo 研究用

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もGOバトルリーグに励んでいるかな? お兄さんはランク9までは意外とアッサリ上がったんだけど、 そこから10戦したら2勝8敗でド凹みしてるところだよ。 みなさん……お強い! それはさておき、現在GOバトルリーグはスーパーリーグのプレシーズン中だが、もう間もなく「ハイパーリーグ」のプレシーズンが2週間に渡り開催される。 今回は来るべき開幕に向けて、トレーナーバトルの鬼オススメの「 ハイパーリーグ用のバトルバーティ」をお知らせしたい。 ズバリ、必見だ。 ・育てないと戦えない まずはお兄さんがGOバトルリーグを体験して感じたことを率直に述べさせていただきたい。 たった一言で表すならば「 勝つためには育てなきゃ話にならない」ということだ。 CP1500近くのポケモンを適当に3体選んでも、1度勝つことはできても勝ち続けることは不可能に近い。 それはハイパーリーグでも当然同じハズ。 現在のところ、お兄さんはハイパーリーグ用のポケモンに一切手を付けていないが「 ちゃんと育てなきゃやべえな……」とはヒシヒシと感じている。 そこで泣きついたのが「」ことAさんだ。 PVPは必ず録画し、 負けたら必ず見返して反省してから次の戦いに挑むというトレーナーバトルの鬼。 ストイックの方向性がおかしいだろ! エース級のピッチャーか!! それはどうでもいいとして、鬼に話を聞いたところ「スーパーリーグ」と「ハイパーリーグ」では、やや雰囲気が違うらしい。 活躍できるポケモンの種類などはさして変わらないとのことだが、簡単に言うと スーパーリーグよりは熱心なトレーナーが少ないという。 「スーパーリーグとハイパーリーグでは トレーナーの熱意が違う気がします。 とりあえずスーパーリーグの流れでプレイしているトレーナーが多いんじゃないでしょうか。 ハイパーリーグの戦いを申し込むと断られることもちょいちょいありますね。 もしかしたらCPが2500まで上がる分、育成コストもかかりますし、 ややハードルが高いのかもしれません。 また、ハイパーリーグで活躍するポケモンには伝説のポケモンが入ってきます。 伝説のポケモンのわざの解放はアメが100個かかりますし、そういう意味では課金しているか無課金かの違いが出てくるかと思います」 なる……ほど。 鬼によれば今回ご紹介するパーティを1つ作って、 とりあえず様子見するのも大アリだとか。 ただハイパーリーグにはハイパーリーグの面白さがあるとのことなので、それに目覚めたら複数のポケモンを育ててみてもいいハズだ。 ・ガチパを紹介 今回ご紹介するパーティはズバリ「ガチパ」である。 鬼は「おそらく勝率が1番高いパーティで、 1つしかパーティ作らないならこれがオススメです。 何が来てもある程度広く受けられる組み合わせにしました」と教えてくれた。 以下でご紹介しよう ・ギラティナ(アナザーフォルム) 「ギラティナは ハイパーリーグ版のマリルリだと思って下さい。 シャドークローはゲージがどんどん貯まるので回転も早いです。 スペシャルアタックそのものの威力は高くないんですが、 とにかくギラティナは回転で勝負。 シャドークローとドラゴンクローでゴリ押しできます。 ステータスの良さを目指すなら(能力の)下げ交換する必要がありますが、わざわざ下げる必要もないほど、そのまま育てても強いです。 元々のCPが1900くらいはあるので、そこまでほしのすなはかかりません。 ハイパーリーグでまず育てるべきポケモンの筆頭格です」 ・レジスチル 「スーパーリーグで強いレジスチルはハイパーリーグでも強いです。 元々のステータスもそうですし、やはり はがねタイプは耐性が多いので使い勝手がいいですね。 これもスーパーリーグと同じです。 難点は CP2500まで育てるのにかなりのアメがかかることですね。 特にスペシャルアタックの解放に必要なアメ100は大きい……。 レジスチルのアメを大量に持っている人っておそらくあまりいないので、そこは難易度が高いですね。 レジスチルの ベスト個体値は100ですが、あまりパーフェクトにこだわる必要はないと思います。 キラ交換したレジスチルを育てるといいのではないでしょうか」 ・カビゴン 「カビゴンはHPがメチャメチャ高く耐久性が抜群です。 ただハイパーリーグでの役割は ギラティナ対策としてですね。 ノーマルタイプのカビゴンはゴーストわざに2重耐性を持っているので、ギラティナのシャドークローを無効化するといっても過言ではありません。 もし自分がギラティナを使っている場合、カビゴンが出てきたらすぐに交代した方がいいでしょう。 ただし、スペシャルアタックはどれも決め手に欠けます。 ハイパーリーグにそこまで興味がない場合でも、報酬のポケモンが欲しいトレーナーは、まずこの3体を育てておくといいハズだ。 下げ交換はあくまで1日200体以上捕まえるガチ勢のやり込み要素にすぎず、 それよりも立ち回りの方が遥かに大切です」と話してくれた。 なので何が何でも下げ交換する必要はないようだ。 もう1つ、鬼から「みなさんにぜひとも伝えたいメッセージ」を預かった。 それは「 負けを恐れないで欲しいです。 負けないと強くなれないので、たくさん負けて、たくさん強くなって、たくさん勝ってください」というものである。 勝つと嬉しいPVPだが、負けると相当悔しいこともまた事実。 だがしかし、負けても別に死にはしないし、ただ悔しいだけである。 負けることを恐れてプレイしないのが1番もったいない。 とにかく負けを恐れずに毎日ガンガンGOバトルリーグに挑もう。 涙の数だけ強くなれるよ……! やや話は逸れたが、今回ご紹介した3体だけでも育成しておけば、ハイパーリーグが開幕しても「手も足も出ない状態」にはならないハズだ。 あとは立ち向かう勇気……! もう1度言おう、 涙の数だけ強くなれるよ……!! それではトレーナー諸君の健闘を祈る! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の

ポケモンGOのプレイが日常歩数に及ぼす影響 −日本人男子大学生を対象とした後ろ向き観察研究−

ポケモンgo 研究用

ワイのタマタマは放っておいてや、百戦錬磨やでw まずは、つべこべ言わず、この動画を観るダス!! この動画は、PVPガチ勢のフレンド「みべを(絶賛、婚活中)」に協力してもらった動画なんだけど、「チルタリスVSマリルリの対戦動画」になってます。 で、この動画でポイントになるのは 「チルタリスの個体値によって、マリルリに与えられるダメージが変わる」という点で、実際に動画を観てみると「左のチルタリスA(理想個体)がマリルリに与えるダメージと、右のチルタリスB(攻撃特化個体)がマリルリに与えるダメージが異なっている」のが分かると思います。 同じポケモンの同じ技でも、個体値によって「相手に与えるダメージ」が変わるんですよ。 じゃ、「なんで同じポケモンの同じ技でもダメージが変わるのか?」というと、それは 「チルタリスの攻撃の個体値がある地点を超えると、マリルリに与える龍の息吹のダメージが1から2に変わるから」なんですね。 まぁ、その与えるダメージが変わるポイントは、ポケゴのPVPガチ勢の間では「ブレイクポイント」と呼ばれているんですが、こういった「ブレイクポイント」は「チルタリスVSマリルリ」以外にもたくさん存在します。 なので、対戦させるポケモンに合わせて 「攻撃(与ダメ)を上げつつ、更に相手からの攻撃(被ダメ)をできるだけ下げない個体を厳選する必要がある」という訳なんですね。 ポケモン毎に表示されているCPというのは「この攻撃、防御、HPを独自の計算式に基づいて算出したモノ」なんですが、そういう難しいお話は、専門的なサイトにお任せして 重要なのは 「ポケモンの3つのステータスのバランスによって、お互いに与えるダメージと受けるダメージが変わる」という点です! なので、この動画の「チルタリスVSマリルリ」のように「対戦させたいポケモン(仮想敵:この場合はマリルリ)に合わせて、一番効率の良い個体値のポケモン(この場合は攻撃特化チルタリス)を用意するのが勝つ可能性を上げるための戦略になる」という訳なんですね。 与ダメ・被ダメが変わるブレイクポイントの調べ方 じゃぁ、具体的に「相手のポケモンに対する与ダメと被ダメが変わるブレイクポイントの調べ方はどうしたら良いのか?」というと、それは を使います。 やり方は、動画を観てもらうと一目瞭然なんですが、シミュレーターに「自分の使いたいポケモンと対戦するポケモンの名前や技などを入れてチェック」します。 そうすると、下の画像のように「対戦結果が表示される」ので、そこで 「与ダメをチェック」します。 そしたら、今度は「そのままPVPシミュレーターを下にスクロールして、 をクリック」します。 で、また「チルタリス」と名前を入れて「絞り込みをクリック」して条件を決めます。 条件は「相手(マリルリ)への与ダメ2」だす! そうすると、結果が出ま~す! マリルリへのチルタリスの龍の息吹のダメージが2以上になる個体は「4096通りの中で268通り」ですね。 なので、この結果をメモるなり、何となく頭に入れておくなりして、チルタリスの巣に「ポケモンGETだぜ~!」をしに行きましょう! 或は、まぁ 「チルタリスの攻撃の高いやつをGETしたら、マリルリへの被ダメが2になるのか?をチェック」しても良いですね~。 動画で実際の戦い方をチェックしよう! さて、「マリルリにダメージを与えやすいチルタリスをGET」したら、それで終わりじゃありません!! 攻撃力が上がっているということは、防御とHPが落ちているということ、なので、 実際に勝つには「どう戦うか?が重要」になります。 尚、動画に出てくる対戦相手の「みべをくん(絶賛、婚活中)」は、エリートトレーナーなので、戦い方を熟知しています。 また、エリートトレーナーなので、倒すとお小遣いをたくさんくれます。 実際には、動画で観てもらいたいのですが、まずは、左の理想個体の「チルタリスA(与ダメ1)は、マリルリにシールド2枚使わないと、マリルリを追い詰めること」ができません。 一方、右の攻撃特化対マリルリ用最終兵器彼女「チルタリスB(与ダメ2)は、マリルリに対してシールド1枚使うだけで、マリルリを追いめること」ができます。 つまり、 「マリルリを追い詰めて、チルタリスが落された時点で、チルタリスAはシールド0枚なのに対し、チルタリスBはシールド1枚残すことができる」という訳なんですね(詳しくは動画参照)。 その結果、後続のポケモンの立ち回りが変わってくるので、出し負けても勝てる、、、かもしれない! ということになります。 まぁ、実際は「冷凍ビームを持っているマリルリ」はキツイんですが、それでも個体値厳選によって、なんやかんやしやすくなります。 ブレイクポイントを持つおススメのポケモン じゃぁ、せっかくなので、最後に他にブレイクポイントがある対面をいくつかご紹介します。 まずは「チルタリスVSマリルリ(スーパーリーグ)」、そして「ギラティナアナザーVSアーマードミュウツー(ハイパーリーグ)」、この2つの対戦は「どちらも各リーグでの要」だと思うので、厳選必須のポケモンですね。 まぁ、ギラティナアナザーの厳選は難しいけど。。。 ピクシーにメリケンサックを持たせ、防弾チョッキを着させたい方は、ぜひぜひ厳選してみてくだされ~。 とまぁ、いろいろ話してきましたが、自分のポケモンの個体値を知って、仮想敵に対して「ブレイクポイントを持っているか否か、逆にブレイクポイントを持たれてしまっているか否か」、それを知っておくことがポケモンGOのGOバトルリーグやフレンドバトルで勝つための重要なポイントです。

次の