医療事務 本 おすすめ。 調剤薬局事務なら読んでおくべき書籍

医療事務になるためにはどんな勉強が必要? 独学で資格は取れる?

医療事務 本 おすすめ

新米医療事務ハナコ 「先輩わたし、コンピュータの入力がいまだに遅くて自己嫌悪になります・・・。 もっと受付の仕事に合った勉強をして、実践的な資格を取っておけばよかったなー・・・」 ベテラン医療事務カオルコ先輩 「やれやれ、まあ、医療事務は資格がたくさんあるからねー。 実際職場に飛び込んでみると、勉強してきたことと現実が違って自信をなくしちゃうことはありがちだけど」 ハナコ 「早く就職したいと思って簡単そうな試験に飛びついたのがダメだったのかなー?」 カオルコ先輩 「うーん、まあ、そうとも限らないよ。 はっきり言って、ハナちゃんみたいに一度ひととおりの勉強をして試験にも合格している人が、改めて別の試験を受けなおすまでのことは、そんなにないと思うなー」 ハナコ 「そ、そうですか・・・?」 カオルコ先輩 「うん。 高すぎる目標を定めてしまうと途中で心が折れてしまうかもしれず、低すぎる難易度の試験だと現場で役立たないのではないか・・・。 2人が話題にしているとおり医療事務の最難関といわれる試験です。 <診療報酬請求事務能力認定試験 基本データ> 実施 年2回(7月・12月) 合格率 30%前後 出題内容 学科試験20問 実技試験2問(外来・入院) 制限時間 3時間 カオルコ先輩 「まず、30%前後の合格率っていうのは、やっぱり難易度が高いって言える。 医療事務の試験の中には、50~70%くらいの合格率のものも多いからね」 ハナコ 「年に2回しかないのも、『難関資格』! って感じがします」 カオルコ先輩 「学科試験と実技試験があって、どちらも資料から必要な情報を素早く見つける力が問われる試験。 なれないうちは、3時間の制限時間もシビアに感じるはずだよ」 ハナコ 「合格までどのくらい学習すればいいんだろう?」 カオルコ先輩 「個人差はあると思うけど、3~6か月くらいが一般的かなー。 まず、将来的に受付・会計だけでなく診療報酬請求業務(レセプト業務)をこなせるようになりたいのであれば、そういった知識を問う試験を受験するのがよいでしょう。 このため、人が担うべきは提出前の点検を行う「目」ということになり、その能力を問う試験が存在します。 ただ、チェックするためには正しいレセプトを作るスキルが必要。 それが備わったあとで点検のためのいくつかのポイントを押さえると楽だと思うよ」 ハナコ 「最初から点検のポイントだけ身につけずに、レセプト全般の知識をベースにするといいわけですね!」 カオルコ先輩 「最後に大事なことを言っておきたいんだけど、最初に言ったとおり、ハナちゃんみたいにすでに学習して資格を持っている人は、特別な動機がない限り試験を選んで受けなおす必要はないと思うよ」 ハナコ 「それはどうしてですか?」 カオルコ先輩 「うん、医療事務の資格は、就職のためのライセンスという意味合いが強いからね。 実際に現場に入ってしまえば、机の上で学ぶことより現場でダイレクトに学ぶことのほうが尊いし、現場はひとつひとつ違うので、お仕事に就いたあとはその医療機関でがんばることを第一に考えたらいいよ!」 ハナコ 「な、なるほどー、わかりました。 このため、難易度よりは自分の就きたい業務や、採用のときにアピールしたいポイントに合った試験を選ぶのがよいでしょう。 各試験の難易度は、弊社が独自に判断したものです。 あくまで目安として参考にしてください。

次の

【おすすめ】医療事務の資格を独学で合格するために必要なテキストと本

医療事務 本 おすすめ

2年に一回、改定される診療報酬に合わせて問題内容も改変されているため、問題の新旧も気にしないで済むのでありがいです。 本試験では、 とにかく実践が大事で、問題をいかに多く解いて覚えるかが合格へのポイントになってきます。 精神論ですけど、ホントに繰り返し書いて覚えるのが合格への近道です。 特に、実技試験の方では、実際にレセプトを手書きで作成していくので、 その都度、早見表をめくって探していては時間が絶対に足りません。 そこで役に立つのが、算定とレセプト作成の要点を総まとめした、試験持込み資料として画期的に便利な 「別冊付録・レセプト作成マニュアル」です。 この別冊付録のおかけで、実技の手書きレセプト作成の時間をだいぶショートカットできます。 具体的な内容は 未経験者には結構ハードルが高いテキストです 診療報酬請求事務能力認定試験受験対策と予想問題集ですが、正直、全くの未経験もしくは未学者の方にはかなりハードルが高く感じられるかもしれません。 なので、勉強する方法としては、何度も繰り返し覚えるしかありません。 勉強方法は、こちらの記事で詳しく流れを書いてありますので、ぜひ参考にしていってください。 診療点数早見表• 診療報酬請求事務能力認定試験受験対策と予想問題集 このふたつがあれば十分に合格できるでしょう。 あなたのやる気にもよりますが、未経験でも半年ぐらい勉強すれば十分に合格は狙えます。 一つだけデメリットを挙げるとすると、 どんなに良い参考書でも独学ではどうしても学習に時間がかかってしまうという事があります。 もし、時間もかけたくないという方はこちらの記事も参考にしてください。 独学はそれなりに大変ですが、一度、自分ひとりでなにかを成しえたときには、大きな成功体験になります。 医療事務として働くようになってからも、大きな自信につながると思います。 是非、頑張ってみてください。 あわせて読みたい•

次の

医療事務を独学で勉強するには?お薦めの本や過去問を総まとめ!

医療事務 本 おすすめ

レセプトシーズンになりました。 皆様忙しく業務に携わっている頃かと思います。 10月はインフルエンザワクチン接種も始まり、大忙しの毎日。 その合間に業務を遂行していると、どうしても他のことがおろそかになったりするもの。 今日も院長から、「今月のレセプト、病名が抜けてるの結構あるよね~。 」などと嫌味を言われてしまいました。 (ちなみに当院ではレセプト点検は院長と事務との共同作業です)当院の院長は完璧主義者。 見つかった病名漏れは、数件。 しかし、数件のミスも顔で笑って心で許してはくれません。 病名が抜けた返戻など、もってのほか。 事務の怠慢と不機嫌な態度を取られます。 今日も「給料下げるぞ!」とまでは言われませんでしたが、その勢いで嫌味を言われてしまいました。 wa・・さん。 お久しぶりです。 こんばんは。 アルファロールの査定ですか。 病名もあっての返戻。 全く???の返戻ですね。 残念ながら私は骨粗しょう症系の薬での返戻は経験がないので、一般的なことしか言えませんが、薬の返戻、減点は、多くは病名が抜けている場合で、次に多いのが投与量や投薬日数の過剰、多剤との併用禁忌等が考えられます。 ちなみにアルファロールの適応病名は骨粗しょう症の他にも慢性腎不全、副甲状腺機能低下症などもあります。 特に気を付けたいのは、3㎍では骨粗しょう症は適応にはなっていません。 その他にビタミンD3製剤が他にも併用されていたり、必要以上に処方日数が過剰なんてこともありませんかね。 一回の処方日数があまりにも長期化しているってこともないですかね。 減点で戻ってきた場合は、その理由が細かくは記載されていませんが、ABCDの記号で大方の理由が区別されていますよね。 これでは確かに分かりにくいものです。 基金に問い合わせをしても理由を教えてくれないとのことですが、基金には説明責任があると思うのですが・・・。 しかしながら既に再請求もしたとのこと。 もちろん病名抜けがないのが前提で、投与量や多剤との併用禁忌かどうかも十分考慮して、ドクターと相談の上、再請求されたものとお見受けするので、頭が痛いことと思います。 もう一度、こういうパターンがどうして起こったのか、単純ミスなのか医学的根拠の相違なのか。 今後同じ減点をしないように、関係者全員で考える必要がありそうですね。 2018-11-05 22:52 :• なつこ URL :• 管理人のみ閲覧できます.

次の