いい ん だ よ きっと。 #50 エピローグ・きっと小さな好奇心だけでいい|好書好日

きっと明日はいいことあるふぁ!

いい ん だ よ きっと

もくじ• 高橋優「明日はきっといい日になる」とは? 高橋優がメジャーデビュー5周年を迎えた 2015年6月に発売された 高橋優の12枚目のシングル曲です。 ミュージックビデオには高橋優が 自ら監督を務めて制作されています。 高橋優はミュージックビデオについて 「映像制作には以前からとても興味があったので、後悔のないように全力で取り組みたいと思います」 と語っています。 映像制作の監督を務めるのは 高橋優自身で初の試みになりました。 ダイハツ「キャスト」のCMソングに抜擢されたり、秋田駅の発車メロディに使用されるなど、世間に広く知れ渡るようになりました。 こんな人に聴いてほしい 明日はきっといい日になるはアップテンポでほっこりするサウンドから始まります。 失敗して凹んでいる• 思い通りにうまくいかず挫折している• 明日は大事な日だからいい日にしたい 明日はきっといい日になるを聴くと これまで抱えていた不安や憂鬱な気持ちが 噓のように晴れやかになる素敵な一曲だ! 歌詞の意味・解釈と考察 高橋優が歌う「明日はきっといい日になる」とは、いったいどんな曲なんでしょう?この曲の歌詞に秘めた想いに着目します! 電車での出来事 くたびれた顔で 電車の中揺られてる人を見た 勇気振り絞って 席を譲ってみた 「大丈夫です」と 怪訝そうに断られたそのあと 決まり悪そうに 一人分空いたまんまのシート 引用:高橋優「明日はきっといい日になる」 ミュージックビデオでは、 電車の中でサラリーマンの男性が 女性に勇気を出して席を譲ってみたけど 怪訝な表情で断られます。 そのサラリーマンは到着駅に 着くまで立ったまま、 座っていた席だけがぽつんと 空いてしまったというやるせない 気持ちになってしまうシーン。 あなたにも好意を持って声をかけたのに、素直に受け取ってくれず、断られてしまったエピソードありますよね・・・ 助けたという気持ちが大事 まぁいっかと割り切れなければ とっておきの笑い話にしよう 引用:高橋優「明日はきっといい日になる」 これは「せっかく親切に声をかけたんだから感謝してよ」と相手に見返りを求める話ではなく、 たとえ割り切れなくても 「自分よくがんばった!えらい!」って自分を褒めてほろ苦い思い出話にしようよ!と歌っています。 相手に感謝を求める偽善行為ではなく、 相手を心から助けたい・貢献したいと 考えて行動すれば、 この歌詞のように きっと幸福度はアップします! 人助けをすればきっと良いことが返ってきます。 たとえ自分に返ってこなくても、必ず相手には好印象を持たれるので、人助けのメリットは大きいですね! 明日はきっといい日になる 笑いあえたらきっといい日になる いい日になる いい日になるでしょう 引用:高橋優「明日はきっといい日になる」 サビでは、タイトルにもなっている 「明日はきっといい日になる」 のフレーズと軽やかなテンポのままに 繰り返します。 もし、相手が硬い表情していたら、 おそらく自分も堅い表情しています(笑) 楽しく会話がしたい、仲良くなりたい 相手がいるなら今日から笑おう! いつの間にか相手も笑顔になって 距離が縮まっていくでしょう! 思い通りに行かないのが人生 思い通りの人生じゃないとしても それも幸せと選ぶことは出来る 引用:高橋優「明日はきっといい日になる」 誰しもが共感してしまうこの歌詞。 過去を振り返ってみると 楽な人生ではなかったはず。 思いどおりにいかなくて失敗したり 時には挫折を味わうこともあったでしょう。 しかし、失敗や挫折を乗り越えた先は きっと素敵な未来に繋がるものです。 思い通りの人生じゃないからこそ 自分の行動次第で幸せになれると語っています。 今では高橋優の代表曲になり、 たくさん人の憂鬱な気分を晴らしてくれます! ミュージックビデオの映像監督は 高橋優自身が手掛けています。 再生回数は 1900万を超えており 高橋優のミュージックビデオの中で 一番多くなっています。

次の

磯谷大樹 童謡「にじ」きっと明日はいい天気

いい ん だ よ きっと

コロナ騒動にかき消されて、多くの事が誤魔化されてきたわけですが、 昨年の10月に実施された消費税増税が、正しかったのか間違いだったのかの議論が聞かれません。 現在、景気がどん底なのは、コロナのせいにされている雰囲気がありますが、 そもそも消費税を10%にした事での消費の落ち込みは、 GDPを7%落とすほどのインパクトでしたから、相当酷い結果だったのは事実でしょう。 そんな中で消費の落ち込みを軽減しようと、 キャッシュレス決済をすると5%ポイント還元しますという政策が、 今月6月いっぱいで終わるという事で、事実上これも増税の一種です。 カメラやレンズを買おうという人は、どう考えても6月いっぱいがチャンスであって、 7月からその手の製品は、一定レベルで売上が落ちるんでしょう。 個人的にはシグマ 100-400mm F5-6. 3 DG DN OS が気になっているのですが、 考えてみたら、今月中に予約しないと5%還元がなくなるわけで、 価格を考えたら、せいぜい5000円そこそこの損得の話なんですが、 どうせ購入するなら少しでも安く買える方がいいわけで、 ここにきてどうしようか迷ってしまいますな。 シグマのHPで撮影した作例をダウンロードしてチェックしましたけど、 写りの良さはかなりレベルが高い印象です。 純正の100-400も素晴らしいと思っていましたが、 半額以下でこの性能が手に入るなら、破格と言っても過言ではないような・・・ 最近、撮影のモチベーションもダダ落ちなもんで、 改めて持っている機材を見直してみたのですが、 レンズが23本も防湿庫に入っており、これらの数本は処分しようと考え始めています。 多くの人はボディやレンズをあれこれ欲しいと考えると思いますが、 機材はなるべくシンプルにした方がいいと思います。 レンズが欲しいと思った時には、 それが欲しいだけなのか? 本当に必要なのか? そこのところをよく考えた方がいいかもしれません。

次の

明日はきっといい日になる (動画プラス) / 高橋優 ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

いい ん だ よ きっと

50 エピローグ・きっと小さな好奇心だけでいい バックパックを背負う私。 キューバとメキシコに新婚旅行に行ったときの一枚 一人旅をする。 一人だからこそ、気ままに空を見上げ、風に耳を傾ける。 好きな時に歩き、偶然に人と出逢う。 一人だからこそ、投げかけられた一つひとつの言葉の意味を考える余白がある。 心が、変わっていく。 (42ページ) これまでたくさん旅をしてきたけれど、始まる前に説明できた旅なんて、ひとつもない。 多くの意味はあとからついてくる。 「危ないから」「若いから」「女の子だから」。 怖がっていたら、冒険なんてできない。 大事なのは、選んだ道そのものじゃなくて、その道をどう生きるかだ。 小さな好奇心だけで、泣きそうになりながら旅に出た昔の私が、今も私の一歩を応援している。 (43ページ) 14人の女性が「初めて」一人旅に出たときのエピソードをまとめた『女子が旅に出る理由』(いろは出版)という本に、こんな素敵な文章が出てくる。 執筆当時、21歳のフリーター中村舞さんが書いた文である。 そう、私も、いま、「小さな好奇心だけで、旅に出た昔の私が、今も私の一歩を応援している」と感じる。 およそ2年にわたって続けてきた、旅先でのエピソードと、心に残った本の中の文を紹介する連載「BackBookPacker」だが、今回でいったん休載させていただくことにした。 この連載を始めた頃の私は、30歳という年齢を目の前にして、「本当にこのままでいいのか」という漠然とした不安を抱えていた。 その不安から逃れるように、新聞記者の仕事をやめて、フリーライターの仕事をしながら旅に出ることを決めた。 世界一周の旅を含めて、国内外、いろいろなところを漂った。 忘れられない景色があり、数々の思いがけない出会いがあり、心躍る瞬間がたくさんあり。 世界を旅すればするほど、世界の広さと美しさと奥深さを知り、自分という人間をあらゆる角度から見つめ直すことになった。 世界のどこかに正解があると思っていた「私」は結局どこにもなかったのだが、それでも旅に出たことで、私は前よりも自然体でいられるようになって、少しだけ生きやすくなった。 情報や常識などいろいろと背負いすぎていたものを、旅が解放してくれたのだと思う。 旅の中で出会った言葉、旅先で読んだ本の中の一文にも随分と救われた。 本を読むことで、行ったことのない風景や誰かの素晴らしい体験を追体験できたし、言語化ができなかった「あのときの気持ち」をまとめることができたし、私の「旅」をより彩豊かなものにしてくれた。

次の