ペイペイ 機種 変更。 PayPayの引継ぎ方法。機種変更・携帯電話番号の変更時の注意点

PayPayの引継ぎ方法。機種変更・携帯電話番号の変更時の注意点

ペイペイ 機種 変更

機種変更時に悩むポイントの一つに、 それまで使っていた機種をどうするか、という点があると思います。 選択肢としては、買い替えのタイミングでドコモの 下取りを利用する、機種変更応援プログラムを利用して 回収に出す、またはドコモとは関係なくネットオークションやメルカリ、買い取り店などを利用して 転売する、万が一のために 手元に残しておく、家族や知人へ 譲る、というパターンが考えられます。 どのパターンを選ぶかは人それぞれ状況によっても変わってくるとは思いますが、私の場合、下取りや転売をまったく利用していないので、手元にたくさんの機種が残りすぎて、結構邪魔になってきたりもしています。 それはそれでレアなケースかもしれませんが、手元に残したがいいのか、下取りに素直に出したがいいのか、出すなら何に注意するべきかなど、まとめて解説していきます。 手元に予備端末が1台もないなら、残しておくのはあり 機種変更時、元々利用していた旧機種をどうするか考える場合に、まず手元に予備となる旧機種が1台でもあるかどうかで、判断は変わってきます。 個人的には、メイン端末が故障した時のことを考えると、1、2台程度なら手元に予備スマホを置いておくのはありだと考えています。 そしてこの場合、メインで利用している機種と旧機種のSIMカードのサイズが同じであることが大前提です。 SIMカードのサイズが違うと、そのまま差し替えて利用することができないためです。 今なら、新機種のSIMカードのサイズはまず例外なくnano UIM(nano SIM)なので、それ以前のmini UIM(micro SIM)利用の機種であれば、迷わず下取りなり転売なりを考えていいと思います。 何しろ、以前自分自身が使っていた機種ですからね。 もちろん、アプリ等は内容の引継ぎをしないといけなかったりデータのバックアップも同じように実施しなければいけませんが、緊急時の安心度合いが違います。 メイン機種の修理をする場合はドコモショップで 代替機を借りることもできますが、その分手続きにも時間がかかりますし、そもそも緊急でショップに足を運ぶと何時間も待たないといけなくなってしまうこともあります。 だからこそ、緊急時には旧機種にSIM入れ替えをして利用すると、便利なのです。 その後、ケータイ補償で手続きを選ぶこともできますし、タイミングによっては機種変更をすることできますし、場合によっては結局そのまま旧機種を使い続けてしまったりすることもあると思います。 つまりは、色々な選択をしやすくなる、ということですね。 ちなみに、予備の機種が1台手元にあると、自分自身のトラブルの時だけでなく、旧機種のデータを初期化できる状態なのであれば、家族のスマホのトラブル時にも活用できるというメリットがあります。 お勧めです。 手元に2台も3台も予備機があるのにさらに手元に置いておくのはやめたがいい 普通は手元にそんなにたくさんの旧機種が残っていることはあまりないと思います。 ただ、家族でスマホを利用している場合は、そうしたケースがあり得ます。 家族全員で定期的に機種変更をすれば、当然のことながら旧機種はドンドン増えていきますよね。 そうすると、家族全体で旧機種ばかり3台も4台もある、なんてケースも出てきます。 しかしそのような状況は、あまりお勧めではありません。 私もよく人より多めの機種購入をするため、手元に予備機が大量にあったりするのですが、実際のところ、それらが活躍することはまずありません。 せいぜい2、3台あれば十分です。 普通は予備機は1台でも足りると思います。 なので、もし家族全体で予備となるスマホが1台以上あるなら、それ以上残しておいても仕方がありません。 結局取っておいても使うことはなく、ドンドン古くなっていき最終的に下取りも転売もできないくらい、価値が低下してしまい、逆に処分に困るケースすら出てきます。 少しでも高く下取りできるのであれば、できるうちに実施しておきましょう。 参考までに、古くなって価値もなくなって処分に困ったケータイやスマホ、電池、充電器などは、各キャリアショップに持っていけば無料で引き取ってくれます。 下取り・転売のタイミングを逃すとこうなる、という例 上記写真は、我が家に眠る、 旧機種の数々です。 これでもほんの一部です。 どうすることもできず、ただただ、残っています。 もはや今となっては、という思いもあるので、懐かしく記念に残している、という感じですね。 今回こういう場で紹介できた分、多少の役には立ちましたが・・・。 ただし一般的に、こんなに旧機種を残しておいてもはっきり言って何の意味もありません。 正直かなりもったいないので、こんなことになる前に、早めに手を打ちましょう。 ドコモの下取りを活用 ドコモでの機種変更は、もはやショップよりもドコモオンラインショップの方がお得であることは明らかなので、実際の購入手続きはWEBで実施するとします。 その場合、下取りは郵送下取りとなり、後日下取りキットが送付されてきます。 郵送下取りについては以下の記事を参考にどうぞ。 ただ、もし下取りに出すのも微妙、という程度の下取り価格だったり、またはほかの方法も模索してみたい、ということであれば、次の方法を考えてみましょう。 関連記事:「」 ネットオークション、メルカリ、中古機種買取店があるけれど・・・ 今なら個人的に最も簡単なのはやはり中古買取店に持っていくという方法かなと思いますが、よほど状態が良くないと買いたたかれる恐れもあるため、やはり一番はメルカリかな、と思います。 ただ、メルカリだと、スマホを出品している人はかなりの数に上り、なかなか売れにくい、ということも考えられますし、価格設定を間違うといつまでたっても売れない、という可能性もあり得ます。 ネットオークションは、メルカリよりはさばきやすいでしょうが、その分いくらで売れるかは読みにくくなります。 そう考えていくとそれぞれ一長一短で、しかも大した金額でない場合などは、そこまで手間をかけたくない、という気持ちになる人も多いと思います。 だからこそ、ドコモの下取りを活用できるうちに、活用しておきたいというのが本音、というわけです。 機種変更応援プログラム/プラスと下取りどちらがお得かは要確認 もし、機種変更応援プログラムに加入している場合には、下取りに出す方がお得なのか、機種変更応援プログラムを利用するのがお得なのか、しっかり確認しましょう。 ただ、機種変更応援プログラムは、機種変更のタイミングによってお得度合いがかなり変わってくるため、判断がなかなか難しかったりします。 そういう意味では、機種変更応援プログラムはやはり、最初から利用する必要性は薄いと考えてもいいかもしれません。 一方、機種変更応援プログラムプラスについては、対象が現在iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusと限られており、さらにはその該当機種が下取り機種としてまだ設定されていないので、現状選択するとしたら機種変更応援プログラムプラスを利用する、という方法しかありません。 旧iPhoneを回収されても問題なければ、利用価値はあると言えます。 機種変更後の旧機種をどうするかは、事前に考えておく そもそも機種変更手続き後に、下取りプログラムや機種変更応援プログラムを使いたいと言っても遅いので、手続き前に必ずどうするのか考えておく必要があります。 それも含めて、機種変更時の事前準備を、まず全体として確認しておきましょう。 ただ、手元に使わない端末がいくつもあっても仕方がないので、基本は郵送下取りに出す形がお勧めですが、 データバックアップ、アプリの引継ぎ等、やり残しがないように注意しましょう。 上記事前準備の記事を見て、確認しておいてください。

次の

スマホ機種変更でアプリを確実に引き継ぐための2ステップ【iPhone・Android対応】

ペイペイ 機種 変更

スマホを選ぶ• 配送方法を選ぶ• SIM入れ替え• 開通手続き• データ移行 オンラインショップで購入手続きにかかる時間は15分くらい、そこから数日してから受け取って、SIM入れ替えや開通手続きで1時間見ておけば大丈夫です。 受取からの1時間ははじめての人の目安です。 慣れていたり、開通手続き不要だったりするともっと短時間で完了します。 機種変更する手順【画像付き】購入手続き まずはオンラインショップでスマホを購入するところを説明していきます。 機種変更したい機種を選ぶ まずはソフトバンクオンラインショップにアクセスします。 【公式サイト】 公式 好きな機種を選び、購入するボタンを押します。 パスワードを忘れた場合でも、4桁の暗証番号や本人確認でログインできるので手続きを進めてくださいね ログインできれば料金プランを選択。 今までと同じでよければ変更する必要なし。 機種変更手続きが完了すれば、受け取りまですることはありません。 機種変更する手順〜受取から開通まで〜【写真つき】 先ほど、公式サイトで購入手続きするまでの手順を説明しました。 次はソフトバンクから新しい機種を受け取ってからの手順です。 店舗で受け取ることもできますが、今回は 自宅で受け取る場合の手順を中心に解説します。 (ソフトバンクショップで受け取った場合はスタッフさんにほぼやってもらえるので、迷う部分はありませんよ〜) 細々手続きがあるので、自宅で受け取ってから新しいスマホが使えるまで1時間くらい見ておくと安心です。 まず、受け取ったら中身を確認します。 開通手続きの要否が変わってくるので、USIMカードが入っているか確認。 購入した機種の箱の上に白い封筒がついていたらUSIMカードありです。 USIMカードはこんな感じの名刺サイズのカード。 パキパキするとnanoまで対応できる SoftBank マルチUSIM Fらしい — ぶちを Buuuchi408 USIMカードが同封されている場合は、SIMカードが新しくなるので開通手続きが必要です。 新機種にUSIMカードを取り付ける まずは新しいスマホにUSIMカードを取り付けます。 USIMカードという名前ですが、SIMカードのこと。 SIMカードがないと電話も外でネットもできないのでSIMカードの取り付けはかなり大切。 新しい端末に取り付けるUSIMカードは届いた荷物にUSIMカードが入っていたかどうかで違います。 図にしてみました。 SIMカードの向きだけ注意。 切り欠きがをよく見てトレーにおきます。 新しいUSIMカードを使う場合、今の機種に入っているUSIMカードは使いません。 今の機種に入れたままで問題ありません。 今まで使っていたSIMカードから新しいSIMカードが使えるようにする手続きです。 手続きはWEBもしくは電話で行います。 詳細と開通手続きできるページはこちら【公式サイト】 公式 電話なら契約している携帯電話番号と4桁の暗証番号 WEBならさらに生年月日や機種購入手続き時にメールに書かれた受付番号も必要です 電話がつながるなら 電話の方が楽 手続き自体は案内に沿って5分くらいで終了。 30分くらいで新しいSIMカードが使えるようになります。 スマホの初期設定(アクティベーション) SIMカードを入れてSIMカードが使えるようになったら新しいスマホの初期設定です。 と言ってもスマホの電源を入れたら案内に沿って言語を設定(日本語)したり、Wi-Fiを設定したりするだけ。 地味に時間がかかりますが、難しい部分はスキップで問題ありません。 (後でも設定できます) データ移行(必要な場合) 必要な場合はデータ移行を行います。 microSDカードが使える機種ならカードで移行するのが便利です。 携帯ショップはいつも混んでるので、自宅で手続きできちゃうのは便利。 オンラインショップで購入した場合でも、スマホの故障とか、困った時にはソフトバンクショップで助けてもらえます。 待ち時間もなく、頭金もないので機種代もちょっとお得。 オンラインショップで機種変更に挑戦してみてはいかがですか? 公式.

次の

PayPay(ペイペイ)を機種変更で引き継ぐには?手続き方法や注意点を詳しく解説!

ペイペイ 機種 変更

【PayPay】同じ電話番号で機種変更する場合 まず、同じ電話番号で機種変更する場合の操作方法を解説していきます。 一応メールアドレスを登録しておく 同じ電話番号で新しいスマホに変えた場合は、新端末にアプリを落として起動し、旧端末と同じ電話番号とパスワードを入力するだけで簡単にアカウントを移すことができます。 ただ、メールアドレスを登録していない状態でパスワードを失念してしまうと、パスワードの再設定が行えない可能性があります。 そうならないためにも、まだメールアドレスを登録していない方は一応登録しておきましょう。 メールアドレスを登録する時は、以下の手順で操作を進めて下さい。 メールアドレス登録の操作手順 旧端末でログインしたら、画面右下の「アカウント」をタップします。 「アカウント情報」をタップしましょう。 「メールアドレス」をタップして下さい。 メールアドレスを入力したら、「メールアドレスを登録する」をタップします。 すると、先ほど入力したメールアドレス宛にメールが届くので、本文にある「メールアドレスを認証する」をタップしましょう。 これで、メールアドレスを登録する手続きは完了です。 操作手順• 新端末にアプリをインストール• インストールが終わったらアプリを起動して、「すでにアカウントをお持ちの場合 ログイン」をタップ• 旧端末と同じ電話番号とパスワードを入力して、「ログイン」をタップ• すると、新端末に4桁の認証コードが記載されているSMSが届くので、内容を確認して認証コードを入力し、「認証する」をタップ これで、新端末でPayPayを利用できるようになります。 【PayPay】機種変更で電話番号が変わる場合 次に、機種変更で電話番号が変わる場合の操作方法を解説していきます。 引き継ぎが終わるまで旧端末を手放さないこと! 機種変更で電話番号が変わる場合、新端末だけでなく、旧端末でも手続きのために操作を行う必要があります。 アカウントの引き継ぎを終える前に旧端末を売却したり、処分してしまうと、旧アカウントの残高を新端末で使用できなくなります。 そのため、作業が終わるまでは旧端末を手放さないで下さいね。

次の