にゃんこ大戦争 ねこくま。 にゃんことくま 愛しすぎて大好きすぎる。カフェ 3.1より埼玉追加開催!!

【FF14】海外公式でLoVMのミニオン紹介動画を公開中!レターモーグリたちの性能や戦う姿をアピール

にゃんこ大戦争 ねこくま

二十代後半、女性です。 ずっと考えているのですが、解決しません。 思ったこと、経験談、何でもレスくださればうれしいです。 妊娠・出産に関して、実際に生まれてくる子供の意志は無関係ですよね? である以上、親のエゴで勝手に「存在させられている」のではないでしょうか? 年齢的に子供をもつ友人が増え、彼女たちが全てエゴイスティックに見えてしまいもやもやします。 なぜ子供を作るのか?という質問をしても、特に何も考えていない、当たり前のこと、といった返事です。 我が子と言えど他人です。 他人の人生を勝手に決めてしまうことに対し罪悪感はないものなんでしょうか。 親というのはそんなに偉い存在ですか? 自分は自分自身のエゴで子供を作ったのだ、と全ての「親」に認めさせれば満足なのかもしれません。 でも実際はそうではなく違う理由があるのかもしれません。 あるとしたらそれを理解したいのです。 くだらない内容ですが、切実です。 皆さん、よろしくお願いします。 ユーザーID: 3820827119 …なんだろう?意味不明だなぁ。 「他人の人生を勝手に決めてしまう」って…。 勝手に決めないよ。 子供は子供の意志を持って生きるよ。 あなたは全部を親に決められてきたの? だからそう思うの? だれも子供を産まなかったら、人類は滅びるよ。 それがいいの? 今の科学では、受精前の精子と卵子に 「あなた、私たち夫婦の元に生まれたいですか? この卵子(精子)と受精するのでいいですか?」 って聞く技術もないしね。 生物として、繁殖して子孫を残すことは当たり前のことなんだけど。 何を疑問に思ってるのか、良く意味が分からない。 無責任が親が多いとか思ってるのかも知れないけど、 親が子供の全人生に責任を持つなんて不可能だから。 それこそ、子供がお人形みたいになっちゃうよ。 子供は生まれればたくましく生きていくんだよ。 (確かに毒親もいるけどね。 それが大半じゃない。 ) ユーザーID: 3550081492• 子孫を残したい本能 エゴで正解だと思います。 そもそも人間も動物もエゴな生き物なんですよ。 弱肉強食の三角の図を見ればわかります。 エゴで連鎖が回っているのですよ。 で、人間が子作りをするのはご存知の通り子孫を残したい本能から=当然エゴです。 エゴだと知りながら子孫を残すということは、やはり強烈な本能のほうが理性に勝るからだと思います。 でも主さんのような考えの方々が増えているので、今後も人口は減る一方でしょうね。 それも自然なことでしょう。 人類が進化して理論を追及するようになった産物ですから。 答えになっていないかもしれませんが、わたしも常々考えていたことなのでレスしました。 ユーザーID: 9853089369• わかりますけどね 30代女性、ただ今第二子妊娠中です。 トピ主さんから見たらエゴの塊ですかね。 とは言え、私も同じように考えたことはあります。 それは、結婚とか妊娠・出産がまだ自分には程遠い時期でした。 また、いろいろなことが上手くいかなかった時でもありました。 でも、縁あって今の夫と出会い すんなり「この人との子どもが欲しいなあ」と思うようになったんです。 本能、だと思います。 理屈じゃない。 あんまり突き詰めて考えると、自分が生きていることさえ悪いことのような気がしませんか? トピ主さん、 今までの人生、楽しいことがなかったのかな? ご両親はなにかとエゴを押し付ける方々だったのかしら。 トピ主さんの考え、 間違っているとかそういうことではないですよ。 実際、そのような考えで子どもを持たないご夫婦もいるでしょう。 ただ、それが多数意見になったら、ヒトという種として終わりの時なのでしょうね。 答えにならないレスですが… トピ主さんの心にしっくりくるレスがあるといいですね。 ユーザーID: 2551135868• ホント 今、11か月になる娘がいます。 でも、子供を「作った」という意識はありません。 結婚して、普通に夫婦として生活していたら、妊娠しました。 妊娠中は、母親である私の方が死んでしまうのではないかと思うくらい、体調が悪かったです。 しかし、お腹の中の娘は、いつ検査しても、「元気な赤ちゃんですね」。 食事も満足に取れないくらいの母親なのに、お腹の子供はどんどん成長していく。 不思議でした。 産まれる時も、予定日の1週間前に破水したのですが、高い位置からの破水なので「赤ちゃんがお腹から強く蹴った」からではないかと言われました。 だから、私は娘に関しては、親のエゴなど感じません。 娘自身の意思で産まれたいと願い、産まれてきたのだと感じています。 こんなダメ親でごめんねと思うことはあります。 でも、娘はいつでも生きているのが楽しそうです。 ユーザーID: 0979824006• 最近母になったものです エゴではないと思います 人間は「自称知的生命体」ですが、所詮只の哺乳類。 自分の子を残そうということを行為としても結果としてもするのに理由がいるのでしょうか。 現実問題、度を超えた子沢山だとかは「生活大変そう…」とはたから見て思っても、それをエゴだと断罪する権利は誰にもないと思います。 不謹慎な例えかもしれませんが、食糧難の地域で子沢山の家庭があっても同じように「食べるモノも無いのに子作りするなんて、それに罪悪感を感じないのか??」と思いますか?人間の営みってそういうことではないと思うのですが…。 ちなみに私は「子供を作った」とは思っていません。 そこから立ち位置が違います。 行為をしても授からないかもしれませんよ、実際うちは長かった。 だからこそ「子供は授かった」と思うし、エゴだなんて思いません。 ユーザーID: 3360295784• そうですね 子供を産むのは親のエゴでしょうが、子供も成長すればエゴ(自我)をもつようになりますから、子供自身が自分の人生を生きるようになります。 子供がエゴをもつようになるまで、親は子供の正しいエゴが育つように、子供を教育しているのです。 子供はいつまでも親の所有物ではありません。 子供はいずれ独立します それから親子は他人ではありません。 決して。 似たような人です。 遺伝子的に思想的に。 他人は人生に口を出す必要はありません。 しかし親子は他人ではないので、人生に口を出すのです。 子供は、自分に似ているので、自分の死後も次の時代を生きる、自分に似た人なのです。 自分に似た人が、次の時代をうまく生きられるように、子供が独立できるようになるまでアドバイスをするから、親は子供に口出しするのです。 他人ならば口出ししません。 ユーザーID: 4206580483• 産まぬもエゴ 私の場合はね。 エゴですよ。 自分のエゴで産めて幸せです。 欲しくなったから、作ってうみました。 あなたのように悩んで作らなかった時期も長かったですよ。 作らないのも当然私のエゴでしたよ。 エゴで人間を存在させることに、 嫌悪感があるのかな? エゴで欲しがっても授からない人もいるんだから、 授かる神秘に感謝の念を抱けば? そしたらね、嫌悪感なんか要らないとわかります。 自分のエゴなんか無力でちっぽけなものだと悟ります。 どうせ自分の意思なんか、 宇宙の力の足元にもおよばないんだから、 心に湧くエゴには従い、叶えるべし。 親はエゴで子を産むと同時に、 我が子にエゴを叶えて生きる権利を与えます。 そこが偉い。 健康な子供じゃないかもとか、 容姿や能力が酷いかもとか、性別とか、 出産で自分が死ぬかもしれないとか、 そんな不安を全て自然に委ねて、 お母さんはあなたを生んだんですよ。 ですから産むと決めるエゴなんて、 たいした権限じゃないんです。 続く ユーザーID: 2883981789• 続き 子供が欲しい、とゆう気持は動物としての「本能」だと思います。 もっと綺麗な言葉に変換すれば「自然な気持ち」です。 ご飯が食べたい・トイレに行きたい・寝たい、とゆう気持と基本同じです。 確かにエゴといわれればエゴですね。 ただ人間には理性がありますから、色々考える訳ですよ 貯金してからとか…、自分とパートナーは親としてやっていける? 私の場合は理性が強かったのか色々考えてるうちに高齢になりなかなか妊娠出来ず妊娠しても流産。 正直もっと本能を優先させればよかったと後悔しました。 今は二歳の息子がいますがホント可愛いです。 例えエゴで産んだ、としてもこの幸せは本物です。 ユーザーID: 9843970126• いらないと思っていました 24歳で結婚し、翌年妊娠が判明しました。 大好きで尊敬できる夫で、結婚してからも幸せで、子供を特にほしいと思わなかったし、面倒くさいとか、本当に育てられるのか等々思っていたし、夫婦2人でもいいねと話していたのですが、ハプニング?で妊娠し、産むか本当に悩みました。 子供が産まれ、育てていくうちに、自分の命をかけても守りたいと本気で思えるほど、深い愛情も知りました。 何一つできない赤ん坊でも、自分の意思もちゃんとあり、一生懸命親を欲してくれ、少しづついろいろな事ができるようになり、その成長が本当にうれしく、また、言葉を話すようになり、いろんなルール等教えたりするうち、親としても多くの事を考えさせられ、成長させてもらっていると感じます。 現在結婚10年で、子供は8歳と3歳がいます。 夫の愛情も子供が産まれる事で不安がありましたが、一人目が産まれ幸せ度が3倍になり、二人目が産まれ6倍になったような気がし、家族の絆も確実に深まり、自分の人生においても深いものになったと思います。 ユーザーID: 8494431975• 人生楽しくないんですね すごい分かります。 子孫反映のためとか、本能で当たり前だと言われる事に違和感あります。 子供のいる人はそこまで深く考えてるのかな?性行為の結果か親の「子供が欲しい」という気持ちでの結果だけのように思います。 人がこの世の中に生み出され、強制的に人生がスタートするんですよね。 望む、望まないに関わらず。 私はエゴだと思います。 私の親が毒親なので、得にそう感じるのかもしれません。 じゃあ、生まれなきゃよかったかと聞かれたらなんとも言えません。 スタートしてしまったのでいろいろあるけど、必死に生きてます。 「暖かい家庭」を作って、「幸せになりたい」と子供を「幸せになるための道具」的に使ってる親も多いように見えるし(子どもは女の子じゃなきゃ嫌だという最近の人は子どもを着せ替え人形にしか思ってないように見える)、子どものいる人がいない人に偉そうに説教したり、「我が子我が子」になって、周りが見えなくなるのを見ると人間のエゴがむきだしになってるように見えます。 もちろん子供の人生は子供次第で生きて行くものだと思いますが、きっかけは親のエゴだし、「産んでやった、育ててやった」というのは違うと思います。 ユーザーID: 3550557019• 僕も トピ主さんと同じようなことを、もう何十年も考えてきました。 だから、現在の彼と「子供を作る、作らない」でものすごくもめてます。 今まで、友達や姉妹、彼にトピ主さんと同じ疑問を投げかけてきました。 だけど、こういう考え方って根本的に理解すらしてもらえません。 「言っている意味がわかんない」「なぜそう思うのか理解できない」「??大丈夫だよ??」みんなそうです。 的外れな答えが返ってくるのもしょっちゅうです。 まともにとりあってくれたのは彼だけでしたが、その彼ですら「幸せにするから、子供を産んでくれ」の一点張りで結局私の妥協待ちです。 このトピをたてられて、いろんな方から心無い言葉を投げかけられるかもしれません…心配です。 だけど、私もその答えを知りたいです。 よろしくお願いします。 ユーザーID: 5512363935• 子供を作る? 子供って、作るものなんでしょうか。 私、子供は「授かる」ものだと思っています。 自分のところに来てくれたちいさな命。 どんな性格になるのかな、お父さんとお母さん、どっちに似るかな。 どんな風に育っていくのかな。 「他人の人生を勝手に決めてしまうことに対し罪悪感はないものなんでしょうか。 親というのはそんなに偉い存在ですか?」 このあたりに貴方のコンプレックスがあるのでは? 私、自分の親に勝手に決められたことなんて何一つありません。 私がしたいと思ったことを、全力で応援して、精一杯育てて貰いました。 教えてもらったのは、自分のことは自分でできるようになること、社会人になったら自立して、親元を離れて生活すること。 私の子供は今、2歳ですが、反抗したり「嫌だ!」ということ、すべて彼なりの理由があるんだと思っています。 頭ごなしに押さえつけたり、なにがなんでも親の言うことを聞かせたりはしません。 「作る」とか「勝手に決める」という感覚がないので、貴方の嫌悪感が良く判りません。 続きます。 ユーザーID: 9628031256• たぶん 私の母は冷蔵庫に食料を入れず、 家にお金を置かず、 朝の6時から20時まで働いていました。 いつも卵と牛乳はありましたが、 全て腐っていた日もありました。 小学1年生でお茶漬けを作り、 小学2年生で卵かけご飯を覚えました。 そんな食生活でしたけど、 成長して大人になるまで寝泊りする所は 与えられ、私達も高校生になればアルバイトを してなんとか食いつないでいけるようになりました。 こんな親ですが、生まれて来た事に感謝してます。 そして、殺さず自立するまで生かせてくれていた 事にも感謝しています。 出来る事なら別の親の方が良かったと思いますけど、 そうもいかなかったのなら仕方ありません。 親を選んで生まれずにいるより、良かったと 思っていますよ。 なので、トピさん。 子供は自立するまでの学費と寝泊りする家と食事。 光熱費を出してくれていたらそれで十分なんですよ。 後は自分次第ですから。 だから出産した事にケチをつけないであげて。 お腹を痛めて産んでおられるんです。 私は不妊だから・・・産めないけど。 ユーザーID: 0973782103• 本能だもんねぇ・・・ 人間に限らず、動物だって植物だって、生きているものはみんな子孫を残そうとしますからねぇ。 「当たり前のこと」といえばそうなんですよね。 では、なぜ子孫を残したいか・・・もう、哲学の分野とかになるんじゃないかな?分かりません。 前提を変えて、「生物は子孫を残すものだ」とするなら、あえて子孫を残さないのもエゴだといえるかもしれませんが、それはどう考えますか? ただ、現代の日本で、子供の進路を親が決定して子供の意思は無視するとか、経済的な問題(食うや食わずだったり義務教育までしか受けさせられないとか)も顧みず、性欲のままにキャパシティ以上の子供をもうけるとかだと、エゴかな、と思います。 トピ主さんは、親子関係でなにか苦労とか葛藤などがあるのでしょうか? ユーザーID: 9800809688• エゴだとして って子供に言われた時なんて答えよう、って考えたことがあります。 そうは言っても子供が生まれる時期や親を選ぶのは無理なことです。 逆に親も子供を選べません。 生き物ってそういうものだと思います。 人間は他の動物と違いバースコントロールということを知っていますが それとて、生物として絶滅しないよう子孫を残すことが前提であり・・・。 それを親のエゴと呼んでも呼ばなくてもかまいませんが 別に親が偉いわけではないと思います。 命がそうやってつながってゆくものだというだけです。 それでも、自分が産んだわが子はひときわいとしく、かけがえのない存在です。 いつかは一人でも生きていける力がつくようにと、育てています。 親になるまで知らなかったたくさんの感情や経験に、感謝もしています。 なんと言えばいいのでしょうね。 確かに子供の意思とは関係なく、私が産んだのです。 だからこそ責任を持って愛情を伝え、育てていきます。 ユーザーID: 9357227705• 子を産んでから はっきり言ってしまえばエゴですね。 私自身親を尊敬していないし、感謝もしていません。 愛されてこなかったので。 私は自分のためにこどもを産みました。 そしてそれは思いがけない喜びでした。 毎日こどもから笑顔や幸せをもらいっぱなしです。 エゴイスティックな私はもらうだけもらってお返しできてません。 なので毎日こどもにありがとうを伝えています。 ありがとう。 たくさんの幸せをありがとう。 生まれてきてくれてありがとう。 エゴで産んだ私にできるのは、こどもに感謝することぐらいです。 将来恨まれても憎まれても、生まれてこなければ良かった!と言われても。 私はあんたを産んで良かったよ。 あんたがこどもで最高に幸せだよ。 と言える親になりたい。 感謝されようなんて思ってもいません。 憎まれるのも承知の上。 笑顔と感謝が、エゴな親のせめてもの償いです。 ユーザーID: 3609124786• 二児の母です 生まれるというのは自然のことです。 地球に酸素があったり花が咲いたりするのと同じ、自然の摂理です。 ただその後、自分の人生を親のエゴだと思ってしまうかどうかが決まるんだと思います。 私は自分が幸せなんだなとこのトピを見て思いました。 今までいやなことやつらいこともありましたが、基本幸せだったなと思います。 私の意志で生きてきたし、そのサポートも十分してくれたし、何かしたいと思える教育も与えてもらいました。 親に素直に感謝しています。 子供には自分よりさらに色々と楽しんで生きてもらいたいと思っています。 子供は毎日笑っています。 兄弟喧嘩もしていますが、二人でいて幸せそうです。 まだ幼稚園に入る前ですので取り繕うこともできない年齢ですが。 この先、生かされているのがエゴだ、という考えをずっと持っていかれるのか、自分の存在に自分で意義を見出されるのかで、色々変わってこられると思います。 トピ主さんの幸せを祈っております。 ユーザーID: 2882732867• まずは 「自我」が存在する=「エゴ」です。 子供を作るも資本主義社会も民主主義も絶滅種族保護も「エゴ」か「エゴの集合体」です。 今ある暮らしは「エゴの産物」です。 人間=エゴなのは疑問を持つまでもなく当たり前のこと 例えば他の生物、 牛=食肉、犬=ペット、人に害する生き物=排除、等 エゴイストとして20年以上生きているのに、 今更、「自分と同じ種のことだけ」を考えるのも、 さらにたちの悪いエゴだともおもいませんか。 >自分自身のエゴで子供を作ったのだ、と全ての「親」に認めさせれば満足 人間=エゴイストです。 満足できましたかな?やっぱ無理かなぁ? ユーザーID: 0616352723• 子供を授かってなんでエゴだと思うの?? トピ主さんの気持ちはわかります。 子供の頃はなんとも思わなかったのですが、 私も自分が子供を産める年齢になってエゴなのではないかと思いはじめました。 「人間」を育てる環境が社会として全くなっていないのに、 また「人間」を育てることについて全く無知で深い洞察もないのに、 「親」になることについて覚悟もないのに、ただ産んで育てること=善とされている気がして、何となく周りが産むから、結婚したから産むということにとても不思議を感じます。 また、子供にお金をかけたり、お受験でいい学校に入り、いい教育を受けさせることが親業と思っている人もいるし、子供を産んで育てることってエゴなんだなぁと思います。 でもエゴと愛情の境は難しいですね。 今の世の中、子供を産み育てることは自己責任です。 子供が成長過程で感じるであろうこと、学歴偏重社会、環境の悪化、いじめや引き篭もりになるかもしれない、生まれてきて良かったと思ってもらえる要素が少ない現代社会に「是非生まれておいで」ととても迎えられないと思ってしまいます。 ひとついえることは頭で考え始めると子供は産みづらくなるということです。 ユーザーID: 3686462797• 子供を作った訳ではありません 子供が生きがいという親がうっとうしかった。 勝手に産んで、勝手な事、言いやがって、自分のエゴを押し付けるなと思っていました。 でも、自分が大人になって、考えると、親に人生を決められたのかと思うと否です。 今、私がいる場所は自分が選択してきた場所。 私の人生は私のもの。 産んでくれてありがとうと普通に思います。 産むのも産まぬのもエゴです。 でも、エゴで産んでもいいのではないかと思います。 子供を生むのに理由が必要なのでしょうか? 子供を授かったら産む。 それだけではダメですか?。 私は訳あって、子供を授かれないのですが、 それも運命というか、天の決める事というか、人間が考えても答えがでない事と思ってしまいます。 ユーザーID: 7657350780• エゴは悪か。 私の生い立ちはあまり恵まれていません。 このため、十代の頃は生まれてくるんじゃなかったと思っていました。 子供なんて産むものかと思っていました。 でも親のエゴだの子供の意思だのいってみたところで、所詮我々も生き物なんですよね。 虫やお魚とやることは一緒。 子供が苦しもうがどうでもいいんですよ。 苦しもうが楽しもうが、産まれてきてしばらくしたら死ぬのです。 みんな同じです。 生まれて死ぬ。 優秀でも出来損ないでも、美しくても醜くても、そんなのは些細なことなんです。 トピ主さんが子を産まぬ選択をしたところで、人類は滅びないだろうし、一定数はそう言う人がいるものでしょう。 あなたが満足するために、世の中の人にエゴで子供を産みましたと認めさせる必要がわかりません。 どんな理由で子供を産もうが、トピ主さんに関係があるのでしょうか。 生まれてくる子供を守るためですか? はて?何からでしょう? 不景気とか戦争とか放射能でしょうか? 完璧な人格でもないのに子供をもった親からですか? まるで神のようですね。 ユーザーID: 0234897845• 自分の親に聞いてみたら? 哺乳類としての欲求をエゴとよぶなら、全てエゴです。 生きたい、食べたい、寝たい、セックスしたい、繁殖したい。 全て本能です。 私は二人子供がいます。 教育環境まで考えたら、これがベストな人数です。 でも、時々三人目がほしくなります。 でもそれはエゴすぎるなぁと考え、理性で諦めました。 二人を産んだことに対する罪悪感を感じることはありません。 育てられる人数ですから。 産んだことに対する責務を果たせないなら、エゴは悪ですが、 本能自体を否定するなら、生きていけませんから、それはそれで生物として不完全だと思います。 主さんはなにかの宗教を勉強したら、すっきりするかもしれませんね。 人間はそもそも生きているだけで大変罪深い存在ですよ。 ユーザーID: 3012648737• エゴです 生むとか作るという考え方がエゴなのです。 生む・作る、というのは自分の力で、と言う事ですね。 しかし、命というものは、自分の力でどうにかするものではない。 どうにかしていいものではない。 だから、昔は子供を「授かる」と言ったのです。 自分が生んだものではない、自分が作ったものではない、 あくまで、天から与えられたもの、世間様から預かったもの。 故に、与えられない場合もあるし、預かる事ができない場合もある 子供というものが、本質的に自分たちのものではない預かり物だからこそ 親には、大事に育てる、曲がってしまわないようまっすぐ育てる責任があるのです。 子供も、子供を育てるという責任も、天から与えられたもの。 その責任を自分の意思とは関係なく実行している。 だから、親という存在が偉いのです。 生む権利や生まない権利、また男女での出産に関する負担のような論争もありますが 結局、それらは命や子供を思い通りにできる、思い通りにしたいという 驕り高ぶった態度であるとしか思えません。 命というものは「授かる」もの。 「作る」ものではないということを忘れてはいけないと思います。 ユーザーID: 9945653802• エゴです 本能などと言う言葉で誤魔化しても、突き詰めればエゴです。 人間なんて、滅んだ所で何の影響もない。 ただ種が代替わりするだけの事象に過ぎません。 人間が人間として、種を繁栄させたいがばかりに、そのエゴを突き通して、数を増やし、食い潰して居るわけで。 そんな中、存続させる意義って何ですか? 因みに、当方26歳既婚者。 親に愛された自信もあります。 しかし、これから、子供を作って良いものかは、悩みます。 こんな不安定であやふやな社会に、子供を送り出すのは躊躇われます。 また、今災害関係で「子供を守れるのは親だけ」と言う名目を振りかざしている「親」を見ると、親になるという事が、どれほどエゴイストな事かと、実感する思いです。 ユーザーID: 4221838468• エゴは本能に近いと思う。 子供が親を選ぶという考え方もありますし、生まれてくる以上、子供は存在したいと思っているのではないでしょうか。 親がこの世界はいい所だと示せば子供も安心して存在したいと思うそうです。 また、子供は作るというより授かるものでしょう。 知っての通り、子孫繁栄は本能です。 人間が持っている大脳新皮質で考えても答えはでませんし、エゴがなければ生きられないと思います。 生に関して親がそんなに偉いのかという質問ですが、答えは真逆です。 アホ(本能に従順という意味で)なんです。 本能に従わなければ、子供は授かりません。 なので、お使いのエゴという言葉が本能という意味ならば、すべての親にあなたの意見を認めさせることは可能だと思います。 ユーザーID: 3227416968• エゴですね 自分自身も、生を受けたその瞬間からお医者さんや看護師さんや助産師さんなどのお世話になり、その後もさまざまな人のお世話になって今まで生きてきたんだよね。 そしてある年齢になり子供が欲しくなって、たくさんの人の手を借りて子供を産む・・・ 死ぬときもさまざまな人のお世話になるんだろうな・・・ あなた自身誰かの役に立ってるのでは? 欲しくて産んだその子も、いつかは誰かの役に立っていくのでは? 人間社会ってそうやって成り立っていくんじゃないのかな? 子供が親にとって可愛いだけの、あたかもペットのように感じるときはトピのように考えちゃうのかもしれないけど、もっと長期的な視点で考えてみたらいかがでしょう。 ユーザーID: 2438467782• 勝手な推測 <自分は自分自身のエゴで子供を作ったのだ、と全ての「親」に認めさせれば満足なのかもしれません。 でも実際はそうではなく違う理由があるのかもしれません。 あるとしたらそれを理解したいのです。 上記の主さんの文章、「全ての親」という言葉が出てきますが、もしかして「私の親」と置き換えるのが正解ですか? それと、子を作るエゴについて論じるなら、子を作らないエゴについても同等に論じるべきと考えます。 生まれた子が大変幸せな人生を送れるかもしれないのに、なぜその命を作らないのか?と。 もし主さんが「そんなことない、私は生まれてきてとてもつらかった、いいことなんてなかった」と思うなら、その内容を書くほうがよほど有意義な回答が寄せられると思います。 ユーザーID: 2606532414• エゴで何が悪いの? 〉妊娠・出産に関して、実際に生まれてくる子供の意志は無関係ですよね? である以上、親のエゴで勝手に「存在させられている」のではないでしょうか? どうして意思がないと言い切れますか? 卵子に向かっていったから存在する者に、意思がないとは言い切れないのではないでしょうか。 「である以上」というのも、「エゴ」というのも、定義自体グラグラ基礎が危ういものだと私は思いますけどね。 トピ主さんがそういう風に思うのは勝手だと思いますが、よその夫婦に対してエゴだと決め付けるのは失礼かなと思いました。 命がけですからね、お腹で育てるのも産むのも。 もちろん育てていくのも。 なんと言われようとも産み育てた子どもは宝物だし、かけがえのない存在です。 全力で守り育てます。 他人の人生を勝手に決めるのよくありませんが、そもそも無事に産まれなければ人生自体始まりませんからね。 お忘れなきよう…。 ユーザーID: 2539290175• 考え過ぎです。 ネットで調べると、エゴとは利己的、自分勝手という悪い意味で出てきます。 そして利己的 をさらに調べると、自分の利益だけを追求するさま、だそうで… で、子供を作ることが自分の利益だけを追求するさま、に当てはまるんでしょうか。 じゃあ 子供を作らないというのは、自分の利益だけを追求するさま、に当てはまらないのでしょうか。 自分が子育てを嫌だから、自分が我慢するのが嫌だから子供を産まない、というのは 利己的じゃないんですか? もし、それはその人の自由であり勝手、他人に非難される筋合いがないと言うのだったら、 子供を産むことだってエゴと悪く言われる必要はないですよね。 特に妊娠出産を本能でというと、本能=エゴ=悪のように言うのが最近の風潮ですが、極端な ことを言えば自分と他人が崖から落ちかかっていて、どちらかしか助けられないとなったときに、 自分が助かりたいと思うことだって本能です。 じゃあそれもエゴであり悪なんですか?特に 子供を産まない人が、そうやって非難するのを聞くと、自分たちはエゴじゃない利己的 じゃないって言いたいのかなぁと思います。 ユーザーID: 7393868763• エゴに善悪ってあるんでしょうか? 現1歳の息子に将来トピさんのような疑問を持たれたらショックです。 母親失格の烙印ですね。 「産んで欲しくなかった」=「生きていたくない」ですよね。 生きていることが楽しくない。 何も意義を見出せない。 私を含む家族の愛情も友達の友情も意味がないってことですよね。 「子供を産んで、子供も自分も幸せに生きたい。 自分も子供も幸せであるために全身全霊かけて努力しようと思う。 」という姿勢で息子を産みました。 Egoismだろうが本能だろうがどっちでもいいです。 将来私の描く「息子の幸せ」と彼の描く「幸せ」が異なる日が来るのは承知しています。 でもそれは彼の自我 ego 確立の証拠ですから、親としては喜ぶべきことだと思います。 きっと複雑な心境でしょうけど、彼が生きたいように生きるしか彼が幸せにたどり着く方法はありません。 紆余曲折はあるけれど、総合的に見て「ま、いっかな」と思える日々を送って欲しいです。 「生まれてきてよかった。 大変だけど頑張ろう」と息子に将来思ってもらえるようにがんばります。 ユーザーID: 3120520661• エゴですよ? だから何??? 子どもが欲しいから産む。 これはエゴです。 エゴ以外の何者でもありません。 でもそれがどうしたんですか? 子どもを生むことと、子どもの人生を勝手に決める事は別物です。 子供は生まれてから人生が始まります。 親のエゴで生んだのですから、親が責任をもって子供を育てているんです。 子どもがおくりたい人生をサポートするんです。 勝手に決めても殆どの子どもが親の言うとおりの人生なんか歩みませんよ。 トピ主さんは、親の言うなりに人生を歩んできたのでしょうか。 でもね、大人になれば考える力も出るはずです。 親の言うなりに、親に勝手に人生を決められたとは言え、結局自分が決めたんですよ。 その道も。 子どもが可愛い、欲しい。 突き詰めればエゴです。 それが受け入れられないのなら子どもを持たなければいいんですよ。 そして親御さんに思い切り自分の意見を言ってぶつかってみては? 何となく幼少期の愛情が足りずに育った感じがしますねー。 ユーザーID: 0961506956• そもそもエゴというものは、種の存続のためにあるしくみです 生物の本とか読んでると、普通に出てくる概念なんですが…。 そもそも、本能とか、人間が思わずしてしまう心理とかってものは、何らかの理由があってそういうしくみになっています。 トピ主さんはエゴは悪いと決め付けていますが、エゴという心の動きがある以上、なんらかの理由があるはずです。 で、よく言われるのが、エゴは自分の遺伝子を残すために生まれたしくみであるという説明。 親が子を作るのは、エゴなんでしょうね。 でも、だから人類は存続する。 だから、エゴの存在価値はあるわけです。 動物も同じ。 例えば猫なんか見てても、子猫が生まれたばかりの母猫って、普段に比べてワガママいっぱいになりますが、あれは子育てに必要だからそうなるんです。 ただ、ピヨピヨママさんのおっしゃるように、そのエゴを子どもに押し付けちゃうと、悲劇が生まれます。 人間は、本能やエゴだけで生きているわけじゃないので、ある程度のセーブは必要です。 たとえエゴでもほどほどに使えば、メリットはあるということです。 ユーザーID: 0298864054• エゴなんじゃない? 哲学的なことはよく分かりませんけども、子供作るのも出来たから産むのも、避妊するのも堕胎するのも産まないのもエゴなんじゃないですか? 子供が「産まれさせてよ〜」と頼んで産んでもらうんじゃないですしねぇ。 授かりものと言ってもどうやったら出来るか分かってるんだし、だから避妊もするんでしょう。 避妊しなきゃ作る気でいたってことでしょうしね…。 まさか処女懐妊みたいにいきなり降ってわいたわけでもないでしょう。 でもそれを自分のエゴであると分かって育てるものなんでは。 自分が望んで子供を産んだんだから不自由させないようにしなくては。 とか幸せにしてあげなくては…などという気持ちも湧くのかも。 本能的なものももちろんあるんでしょうが、もっと幸せにとかさらに満足させてあげたいなんてのは本能以上のものが働いてるんじゃないでしょうか。 あんた(子供)が望んで勝手に産まれてきたんだから産んでやっただけで感謝しなさいよ!なんて人はめったにいないでしょう。 人間である以上、エゴからは逃れられないと思うし別にエゴでも良いんじゃないかしら。 私は子供産みませんがそれもエゴですよ。 だめ? ユーザーID: 3651414376• 若いな〜中学生みたい 周りの人のことを考えて自分自身が身動きとれなくなって苦しみませんか? でも何だか好感もてます。 私はピヨピヨママさん,アサギさんの意見にほぼ共感します。 親の「搾取」「支配」の対象,また,「親自身が見栄を張るための道具」などとするような動機で子どもを「作る」のがエゴだと思います。 他の動機を考えてみました。 先日某テレビ番組である宗教学者の方が「人間は自分のためだけに生きるのは苦しいことなんですよ」とおっしゃっていました・・・お子さんがいてもいなくても,人と関わりながら,また関わるときには「相手の役に立ちたい」と思って行動していれば,人はきっと自分の人生に満足できるのだと思います。 子どもの世話やしつけ,教育ではあらゆる制約や不自由も出てくるはず。 それらを受けきる覚悟を整え,その向こうにある「役に立てて幸せ」という喜びに思いをはせて子どもを生む人,いるのではないでしょうか。 また,人一人,生まれて死ぬまでの時間や関わりの重み(冠婚葬祭の場面など思い起こします)を知り,遠い時代から現代の自分にまで命をつないでくれたご先祖様への共感・責任感から,という要素もあると思いますよ。 ユーザーID: 1094019946• やっぱり・・・ 子供は、作ろうと思って作れるものだと、思ってません。 また、私は子供をほしいと思ったことはありませんが、妊娠・出産しました。 最初の妊娠は、初期流産でした。 予想外の妊娠で、とてもうろたえました。 2度目の妊娠は、無事に生まれてきました。 が、流産の記憶はいつまでも、いまも、私のうちにあります。 受胎も、妊娠の継続も、出産も、多くの幸運の積み重ねです。 決して「子供を作るエゴ」と一言では、言えません。 子供を望まない私が子供を持ったことに、望む人への罪悪感を覚えることはありますが、 子供に対しては「会えてうれしい」という思いです。 人に心を開くことのなかった私が、主人に会えて、 愛し愛されて、新たな命に出会えた。 とても幸せです。 いつか子供に「親のエゴだ」と言われても「それでも、あなたに会えてうれしい。 生まれてくれて、生きていて、とてもうれしい。 この思いを、いつか知ってほしい」と言うでしょう。 ・・・やっぱりエゴなんだなぁ。 ユーザーID: 9283747193• ほんとは子供がほしいのでは? 子供だって選んで生まれてきてるんです。 確実に生きようとし存在しようと思って生まれて来るんです。 あなたはあなたの意志で生きるのをやめることもできたのにしてこなかった。 その理由は? まぎれもなくエゴではありませんか? あなたは本当は子供が欲しいのでしょう。 子供でなくても確実に愛し愛され文字通り分身で絶対に裏切られない関係がほしいのに得られないのがわかっているから理屈をこねているのでは? あなたの言うとおり親子でも他人。 あなたを完全に理解し受け入れ愛しいつくしんでくれる相手がいないように誰にもそんな人は存在しません。 永遠に変わらず最大の信頼関係を築くのは無理でもわずかな一瞬でも相手がいてこその幸せは得られます。 子供の場合それは最大級に大きいです。 そして幸せは親だけではないのです。 子供も幸せを感じているはずです。 貰うばかりでなく与えられる幸せの可能性をもっと見つめてください。 ユーザーID: 6755945559• そういう人もいると思う。 自分の人生が空虚でむなしいから、少なくとも自分は意味のあることをしているんだと実感するために妊娠出産をのぞむ人は多いと思います。 もちろん、そうでない人もいらっしゃるとは思いますが。。 人間は生きることに意味を求める生き物ですから。 以前、別トピのレスで子供が大きくなってどんどん自分の世界を広げていくのが淋しくてたまらず、ママ、ママと自分を頼ってくれる存在が欲しいがために次々と子供を産むという人がいて驚きでしたが、これなんかエゴ以外の何ものでもないですよね。 あと、これは私の周囲だけなのかもしれませんが、子供ができた途端に子供服をつくって売りはじめたり、子供たちに伝えたいことをテーマにした雑誌をつくってみたり、挙げ句の果てにそれまでの人生をリセットして農業をはじめてみたり、という人もいましたよ。 何か自己実現と育児をごっちゃにしてる感じで、違和感をおぼえます。 自分自身の充実した人生をしっかりと生きていて、子供だけが生き甲斐ではない親ならそこまでエゴイスティックな印象は受けないのではないか?とも思うのですが、そんな人はなかなかいませんね。 ユーザーID: 8184294070• エゴは「問題」あるの? エゴだなんて それだけ幸せだったのかな? 私の両親は決して自慢できるような人ではないけれど 自分をこの世に生んでくれてありがたいと思っているよ。 学生時代は辛い事も多くて居なくなってしまいたいって思ったりも したけどね トピ主さんにはご両親がいますか? 頼んでも無いのに産んでくれて迷惑していますか? 生まれて来たく無かったですか? 子供を産んで一人前の成人になるまで育てても、やっぱり 親のエゴだと思いますか? 私は、虐待とか育児放棄とかする親は自分勝手だって思うけれど 子供をつくる親みんながみんな自分勝手だとは思わないです。 トピ主さんはちょっと寂しい人だと思いました。 ユーザーID: 8134049561• エゴだと思います 私が信じてる話です。 産んだり、産まれたりするのは修行のためです。 みんなそれぞれの修行課題があり その中で、親と子という関係を通して修行する必要がある人は、望んでも望まなくても、産む動機は何であっても、子供を産むことになっています。 この世にいる人は、どんな人でもこの世で修業する必要のある魂です。 だから、もし産まれたくなくても産まれなければいけないから産まれたんです。 修行のためには、体と成長するまで育ててくれる人が必要です。 体や環境を親となる人に提供してもらうのです。 その親の役目をする人は、修行を必要とする魂の目的に合った人でなければいけないんです。 (必ずしも良い親とは限りません) 体を提供してくれる親と育ててくれる親が同じではないこともあります。 親と子は、それぞれの修行内容に会った候補同士が親子の契約を結ぶんです。 (結ばなければいけないのです) そして親になるほうも、その魂に子供として生まれてきてもらい、自分も修行をさせてもらうんです。 子供のほうが 親に何か教える役目を持つこともあります。 子供のいない人は、その理由は何であれ、他の修行があります。 ユーザーID: 5698687012• ありきたりにいえば まあ、生存本能における欲望をエゴと言ってしまえばそれまでなんでしょうが。 少なくとも、どういう結果の産物であれ、私は今ここに存在しているわけで…で、たくさんの命が散っていったり、人生においての決断や選択を自分1人で行い、私は生きている。 それで十分。 とりあえず、ここまでそれなりに育ててくれたことに関しては、親やその周りの人に感謝しています。 で、夫と呼べる戦友を持ち、子供も自然に2人ほどやってきた。 私は彼らに、私が持ちうるかぎりの生きていく術は教えるつもりですが、それ以上のことはできないでしょう。 だって、私と同じく、彼らにもそれなりの意志はあるし、巣立てば自分で考えて行動していくでしょうから。 ところで、主様は親によって人生を決められてしまったんですかね?それで、子を持つ親である人が嫌なのかなと思ったりして。 嫌なら嫌っていう機会はいくらでもあるはずなのにね。 ユーザーID: 4752853999• エゴですが。 エゴという表現にいい気がしてない方が否定 してるのだと思いますが、表現変えて、子供を持つ 選択を自分の主体として行ったことを否定したがる方 は、別の意味でのエゴ=身勝手にはなりませんか。 他のご意見にもあるように、子供を持たない選択を することもエゴでしょう。 自分の意思で決定 した以上、どっちもエゴであることには変わらない わけであって、何がエゴだのという議論はナンセンス だと思います。 しかし、エゴでの選択をしたことの、何が悪いですか? エゴで選択したことをまっとうする以上、腹をくくって 産んだ子供と自分を本当の意味でいい生き方に導くのが おとしまえでしょう。 それはエゴで子供を作らなかった人にも言えることであって、 それで得られる生き方を自分で導いていくべきでは ないかと思うのです。 ちなみに私は、子供を持たないことを選択した人間です。 ユーザーID: 8930349510• 切ない気持ちになりました とぴ主さん、こんにちは。 私はトピ主さんの疑問に思う気持ちがよくわかりますよ。 自分もそう思うからです。 でもそんなこと意識することなく、好きな人との子供がほしいという人が普通だということも理解してます。 そしてそういう人は、私やトピ主さんのような、そこで立ち止まって考えてしまうということがわからないし、何も考えてないからって何?と反発したくなる人もいるでしょう。 私が子供を生むことがエゴだと思うのは、やっぱり自分がなんで生まれてきたのだろうと思わされるつらい子供時代を経ているからだと思っています。 自分の生まれてきたことを長い間苦しんできたから、自分の子供が同じように苦しまないとは限らないと思うし、苦しまないように育てられるかまったく自信が持てません。 経験のないことですからね。 だからエゴだと思ってしまうのです。 普通は自分が育ってきたことが自然なことだから、自分が子供を持ち、彼らが育っていくのも自然なことと思うのでしょう。 それがエゴかどうかというより、はじめからエゴなんて意識はないのですよ。 なのでなかなかトピ主さんが納得のいく答えは出てこないと思います。 ユーザーID: 1687473077• 授かることも生きることも理屈じゃない。 単純に、人工的に作ったならエゴです。 (不快に思われた方、すみません。 ) 自然妊娠なら「授かった」わけですからエゴじゃないですよね。 生きとし生けるもの全て、種を残して受け継いでいくわけで、その行為がエゴならば、生きることそのものがエゴになるのでは? 産まれてきた赤ちゃんは親によって存在させられてなんていません。 はっきりと強い意志をもって自分で必死に生きようとして生きてます。 その強い生命力には感動せずにはいられません。 子供を産むため人には性欲が備わっていたり、特に女性は身体の準備だってある。 エゴだなんて精神論じゃなく自然の摂理と本能です。 諸事情で子供をもたないのもまた人生。 産んでおいてきちんと育てないことこそ悪い意味でエゴだと思います。 >親というのはそんなに偉い存在ですか? 親は親だというだけで、別に偉くなんか無いですよ。 子供を産み慈しみ育てるという行為は尊いですが。 >我が子と言えど他人です。 我が子は我が子です。 一人の人格を持った人間ではありますが、他人ではない。 「育てる過程で親のエゴを押し付けるのが気に入らない」という内容なら理解できますが。 ユーザーID: 2842756597• 逆だよ トピ主です。 まとめてのお返事になりますが、ご容赦ください。 たくさんのレス、本当にありがとうございます。 また、トピ内容を簡潔にしようとしたため乱暴な書き方になってしまったかもしれません。 不快に思われた方がたくさんいらしたようで、申し訳ありませんでした。 ただ、気持ちがわかると仰ってくださった方も何人かいらして、とてもうれしく思います。 くだらない悩みだとは思います。 「正しい答え」など出ないだろうとも思っていますが、自分自身の性格なのか考え始めたら何かしらの結論が出るまでは終われません。 ここにトピを立てることで自分一人であれこれ考え込むよりずっと多くの考え方に触れることができ、おかしな表現かもしれませんがとても勉強になります。 以下、質問をいくつか頂いていますのでできるだけ回答します。 長くなりますがよろしくお願いします。 ・エゴは悪なのか? エゴ=悪とは思っていません。 なんであれ欲望は必要だと思っています。 また、産む選択も産まない選択もエゴというご意見、それは本当にその通りですね。 ただ、産む選択=善、という風潮が自分の中で腑に落ちないのだと思います。 ユーザーID: 3820827119• ありがとうございます2 トピ主です。 続きです。 ・人生を親に決めつけられてきたのでは? 私の場合は自分で決めてきました。 もういい年齢ですし、自分の人生は自己責任だと思っています。 ただ、産まれたことだけは自分ではどうにもなりませんでした。 子供は自分で生きることを選んで産まれてきた、というご意見もありましたがそれならば私は選択ミスだったのかな、とは思います。 ・トピ主自身の親はどう言っているのか? アバタさんから以下のようにレスを頂いていますが、同じ様な考え方だと思います。 結婚したら次は子供、そういう時代だったと。 計画した上での妊娠でもありましたので、「授かった」というよりはまさに「作った」に該当するかと思います。 ・どうしてこのような考えに至ったのか?親子関係はどうなっているのか? 多くの方が指摘されているとおり親には恵まれなかったと思います。 自分の中に親=加害者であり子=被害者、という構図があるために、仲のいい友人がそういう存在になろうとすることに嫌悪があるのでしょうね。 長くてすみません、続きます。 ユーザーID: 3820827119• この世界に トピ主です。 続きです。 皆さんのご意見を読んで少しずつ考えがまとまってきました。 中でもはっとした言葉がいくつかありましたので、個々にお礼・お詫びをさせてください。 肯定的、という表現はぴったりですね。 ありがとうございます。 分かりにくい上に不快にさせてしまい、申し訳ありません。 可哀相。 エゴの産物です。 それは否定しません。 が、理屈無しに考え事はできるものなのでしょうか?思ったよりずっと多くの方がレス下さっているので、理屈っぽい人は意外に存在しているのだな、と思いました。 ありがとうございます。 続きます。 ユーザーID: 3820827119• ありがとうございます4 トピ主です。 続きです。 エゴですよ。 これ位言いきってくださるとなんだかほっとします(笑)。 レスありがとうございます。 お二人のように考えてらっしゃる方もたくさんいらっしゃるんでしょうね。 一生懸命育児をされている方に対して、失礼なトピだったかもしれません。 申し訳ありませんでした。 素敵な言葉をありがとうございます。 私もまったく同じように考えています。 レスを全て引用したいほどです。 分かります、と言ってくださり本当にうれしいです。 ありがとうございます。 続きます。 ユーザーID: 3820827119• 返事になってないけれども トピ主です。 続きです。 だけど、私もその答えを知りたいです。 ご心配くださり、ありがとうございます。 ぜひまたトピを見にいらしてください。 トメタさんにも何かの回答が見つかることをお祈りします。 現在のライフスタイルが一変するきっかけになるかもしれない。 そんな風に考えると楽しくなります。 なるほどな、と思いました。 私もこれ以上人口を増やす必要はあるのか?と思っていましたがそういう考え方は確かに楽しいですね。 ありがとうございます。 そうかもしれませんね。 自分でもいい歳をしていまだにこんなことを、と思います。 辛いお気持ちの中、こんなトピに温かいレスをありがとうございます。 続きます。 ユーザーID: 3820827119• ありがとうございます6 トピ主です。 長くなり、申し訳ありません。 最後です。 本当にそう思います。 逆にいえば、子供を作った人たちは能力に自信があったからなのでしょうか?これはさすがに面と向かって聞けませんが…。 レスありがとうございます。 産みづらいですね。 もちろん先のことは分かりませんが、ここまで考えてしまっては私はもう産めないと思います。 自分に親になる資格があるとも思えませんし。 どうして考えずに産めるのだろう?と思っていましたが考えたほうが産めないのですね。 深く納得しました。 鋭いレスありがとうございます。 お一人ずつに返信できず、また読んでいるうちに返信がひたすら長くなってしまい、申し訳ありませんでした。 引き続きご意見お待ちしています。 ユーザーID: 3820827119• エゴっていうか 今はお腹の中にいるこの子に いつか 「産んで欲しくなかったのに。 」 って言われたら何て答えようかなぁ。 「ごめん。 だって産みたかったんだもん。 あんたに産まれてきてほしかったんだもん。 」 としか言えないかなあ。 お空がきれいなこと 草をなでる風のにおい 水が流れる涼しい音 この世界には素晴らしいものがいっぱいあるよって教えてあげたくて産むつもりなのですが 産まれてきたらもちろん辛いこともいっぱいあると思うし。 私自身は、エゴでもなんでも、産んでくれてサンキュ〜〜!と、親に感謝しとります。 夫と出会えた幸せも、 待望の赤ちゃんが私のお腹に宿ってくれた幸せも、 生まれてきて生きてきたからこそ味わえたこと。 「あー生まれてきて良かった!」って本当に思います。 ユーザーID: 4730985572• 確かに、人間が子供が欲しいというのは本能というかエゴかもしれません。 ただ、子供の誕生において親のエゴが関与できるのは、子作りや不妊治療ぐらいしかありません。 誕生という出来事そのものは親のエゴだけでは成立しないものと言ってよいでしょう。 具体的には、子作りや不妊治療をしたからといって必ず子供ができるわけではありません。 「他人の人生を勝手に決めてしまうこと」といいますが、実際には子供が生まれてくるかどうかを勝手に決めることはできないのです。 子供が生まれる場合でも、生まれてくる「その子」は無数にあった可能性のうちの1人に過ぎず、親の意志とは関係ありません。 そして「その子」になる前の「それ」には、人間で言えば「生まれたい」という明確な意思に翻訳できるような衝動(本能)があったと、私は思っています。 そんな原始的な本能を子供の意志とすることには異論もあるかもしれませんが、人間も所詮は生き物ですからね。 ユーザーID: 9725882174• 想像で勝手な事を書きますが トピ主さんは、なぜそう感じるのですか? 生命として自然なはずの営みに疑問を持つ時、人はたいてい自分の心に問題を抱えています。 親が子供の人生を左右するという考えはあながち間違っていないと思います。 ですが親の意志だけで命は生み出せません。 生命の誕生は人間の意志で自由にできる事ではありません。 子供の人生は親に大きく影響されますが、子供は自分で選択しながら生きて行きます。 親にとらわれたまま生きるのも、気付かぬうちに選んでいる自分の生き方です。 トピ主さんは、親に人生を左右されたと思っていますか? もしそう感じているなら、しがらみから自分で離れましょう。 生きている事を親のせいにせず自分の人生に責任を持って生きる事が大切です。 子供を作るのは親のエゴ、その感覚は子供の目線です。 それも親に否定的な感情を持つ子供の心です。 そう感じるうちは、自分が親になる時ではないです。 複雑な家庭環境から心を病み、20年治療し、現在ようやく妊娠8ヶ月です。 ここまで来るのに私も怖かったです。 深く考え疑問に思う事は、人間の素晴らしい所であり、贅沢な事であり、悲劇的な事でもありますね。 ユーザーID: 9522583641• もちろんエゴです。 どこかの医師がそういうテーマで映画を作ったらしいです。 実際小さな子供が時々母親のお腹の中にいた時のことを話すらしいですけどお母さんとお父さんのところに来たくて来たって言う子もいるとか。 そういう子供はお母さんが忘れてるような妊娠中の出来事も話すそうです 生殖能力が備わっている以上種の保存という役割を果たすことのなにがエゴでしょうか。 子供がいなければ国は立ち行かず、トピ主が御老体になった時に優しくしてくれる看護師さんだっていない。 エゴだろうとなんだろうと親に幸せになるチャンスを貰ったことに感謝してますよ。 トピ主は生まれたことを幸せだと思えないのかな? ユーザーID: 8292710772• わたしもずっとそう思ってました! びっくりです、同じ思想の方がいらしてうれしいです。 いま、3ヵ月の息子が一人いますが、寝顔見ながら時たま『ヒトをつくってしまったんだなぁ、えらい 大変な ことをしたんだなぁ』と思うことがあります。 きっかけはまぎれもなく100%自分たち親の都合。 だから時々、どこまでこの子の人生を管理 指導 すればいいのか考えてしまいます。 泣いてると、"自分の意志で生まれてきた訳じゃないのに不快にさせてゴメン"とまで思ってしまいます・・・。 トピ主さんの環境は分かりませんが、私は他のレスにあるような"親に拘束されてきた人生"は送ってきていません。 お金はそんなないのにいろいろ自由にやらせてくれました。 だから、この疑問が出たからってそんな風に言うのは、そう言ってる方の方が寂しい人たちだなと思いました、考えが硬い。 気にしないでいいですよ!! この手の質問は哲学になっちゃいますよね。 正解なんてない! それに、"本能"という言葉で片付けてしまえばそれまでですよね、掘り下げようがない、思考を停止している。 私は、"本能"で済ませないで、全ての人がもっと考えるべきだと思います・・・。 ユーザーID: 4012861718• たしかにね 産むのはエゴでいいと思う。 ただ 育てるのはエゴじゃいけない。 育てたことについて見返りを求めたりするのは最悪で ましてや 自分の思い通りに育たないからと 罵倒したり育児放棄したりするのは絶対にいけない事 産むのは 正直体の機能が整っていれば難しい事じゃないと思います でも 育てるのは覚悟が要ります。 自由な時間やお金精神的なものすべて費やす覚悟が必要ですから。 確かに産んでしまえば 気力で持たせられる部分もありますが 育てていく上の責任だけは 考えすぎる位考えてもいいと思います。 私は 親に愛されてると思っていました。 でも 母は「育てるのにお金がかかったからお金を返せ」というような親でした。 でも 私は母に感謝しています。 こんな母に育てられて言われたことすべてが「ああならない」という私の教訓となっています。 子供が欲しかったのは確かにエゴかもしれません。 でも一生懸命育てることによって ただのエゴではなくなると信じています 私のエゴで産んだ二人の子がいるから 私は今ここに入れると思います。 あの子達の為だけに頑張ろうと思える 私の糧です ユーザーID: 0342873963• エゴというか…何というか… そもそも子どもがほしい…子どもを作る…子どもを生みたい!って、感情以前にどれも人間の本能というか、子孫を残しておきたいというところから来ているんじゃないかな? 生まれてくる子どもには「生まれて来たい!」という意志がないから、子どもを作る事はそれを子どもに強制しようとする親のエゴ、 ってことですか? そしたら人類として『血』を存続していく行為は、生まれてくる子達の意志を尊重しない限りダメって事? それが言いたいのかな? でもそんな風にして「生まれて来てしまった子ども達」は、そのエゴイスティックな親たちによって愛されて、大切に育てられていくんですよ。 私にしてみれば「あ、妊娠しちゃった!育てられないし、不幸になるだけだから…。 」と言って、未勝手なことをする人のほうがよっぽど悪で責任感がないと思います。 それこそエゴじゃない? 子どもがほしいから作ったけど、自分の一生をかけて守り抜いていく!という親の気持ちを理解せずに、それをエゴと呼ぶのは間違っていると思います。 父+母=半々の血を分けた子。 他人ではありません。 トピ主さんの考え浅いと思います。 ユーザーID: 7333085122• もちろんエゴです 再レスですが。 人類の絶滅OK、本能じゃ納得しない人達に。 人類が滅亡しても、地球には何の影響もない。 っていうか、地球にはその方が優しい。 だけど生まれたからには、幸せを感じる瞬間もある。 楽しいって思う瞬間もある。 一生100%幸せとかあり得ないし。 そんなもの、どこにも保証されてない。 「こんな時代に生んだら可哀想だから」って生まない人も 何言ってんだか、と私は思う。 人それぞれだけど。 未来がどうなるかなんて誰にも分からないのに。 勝手に悲観的になって、幸せになれるかも知れない子の人生を奪ってる。 その子が育つ未来を良くしようって努力もせずに。 …あのね、人類史上、未だかつて、 「この国のこの時代に生まれたら幸せ!」なんて時は数百年間もあるかないかだよ、世界中の国で。 歴史学んでみてよ。 生きる事に意味なんかない。 ただ時々幸せを感じられれば、人の役に立てれば、 生きてた甲斐があるってもんだよ。 絶滅していいと思う人は子供産まなきゃいい。 それも選択。 続きます。 ユーザーID: 3550081492• むしろ産まない人にエゴを感じる 続きです。 私も「私みたいに無能な人間は 自然淘汰されていなくなる運命なんだな」と思って 「消えてしまいたい」と思った事もある。 だけど、人類の歴史を色々学んでみるに。 新しい動きを作り出すのは、いつも虐げられた側。 傍流に甘んじてた人達こそが、画期的展開を生み出す。 それを知ってから、「私も生きててもいいかな」と思った。 今幸せな、メインストリームに居る人達だけが大切なんじゃないって 分かったから。 いつかこんな私でも、 こんな辛い世の中のお役に立てればいいな、と思って生きている。 まだ辛い時もあるけど。 今辛い真っ最中の人は本当に大変だと思う。 親のせいって場合はもっと気の毒に思う。 (本当に信じられないような毒親がいるようだから。 ) だけど、何か、小さな喜びや楽しみの瞬間を 感じられるようになってくれればと思うよ。 そしていつか、子供を産みたいと思えるようになってくれればと 祈っている。 でも本当、子供を作るも作らないも人それぞれだけど。 (って言っちゃ身も蓋もないが。 ) ユーザーID: 3550081492• エゴだよ 子供だって選ぶ権利あれば、幸せな一般的、せめて平均以上の家庭に生まれてきたいでしょうし・・・ 何も考えず本能のままセックスして、できちゃいましたとか、 子供作って結婚を勝ち得る手段にしたりとかもあるでしょう 本能的に子供が好きで欲しいって人も大半いるだろうし さほど望んでなくても、義家族・親からの毎日のプレッシャーで 子作りが義務のように有む人だっているでしょうね・・・ 何も考えず、子供生むことが自然なこと、幸せな家庭の象徴って思ってる人は、きっと幸せな子供時代を送ってきたのでしょう 自分は無理です。 自分自身が子供時代に戻りたいとすら思えないし、 子供を通して、学校や地域諸々に関わり持ちたくないです。 価値感はそれぞれだと思うし、私のような考えは異端で 模範解答ではないので、口に出してはいけない事だと思いますが 子供は親を選べない・・・それが現実です ユーザーID: 2018201798• エゴで産みました 子供が欲しいという欲求自体は、本能に基ずくエゴかもしれません。 が、しかし子供を育てるという大変さは、エゴだけではとてもなしえません。 それこそ、時間もお金も体力も気力も捧げ尽くして、自分の事なんて4の次5の次になります。 そうやって、大切に育てられて、世の中の役に立つように育てられた子供は、果たして不幸でしょうか? きっと生まれてきたことに感謝し、育ててくれた親に感謝するような子になっているはずです。 きちんと子育てしているような人まで、全てエゴだとは私は思いません。 虐待したり、自分の都合で子供を振り回すような親はエゴだと思います。 ユーザーID: 5727807800• 産むのはエゴかもしれない… 子供をもたないことには、理由が求められるのに、 産む人に理由を問う人はいない。 両方自由な選択なはずなのに、片一方は非難され、片一方は「おめでとう」と祝福される。 モヤモヤするのはよくある話です。 「本能だから」なんていわれても納得いかないですよね? 本能でトイレにいったり食事をしたりするけれど、子供をもちたいという気持ちはどっからもわきあがってこないし。 私は自分の自由が奪われるのが嫌で子供を放棄していましたが、夫や世間には「優しい妻」と思われたかったし、「不妊」と同情されたくなかったんです。 どうすれば自分の中の「生物として欠けているような劣等感」を感じず、世間にも容認されるか、「一言で済む理由」ばかり考えていました。 行き着いたのが「環境」 どなたかも書いてますが、地球のために一番いいのは人間をなくすこと。 だから私は、地球に優しいことをしているんだって。 出産した今となっては、アホな笑い話ですが。 昔の人は上手いこといいますよ。 「案ずるより産むが易し」って。 お母さんに聞いてみてください。 「考えすぎよ」ってきっと笑われます。 ユーザーID: 0507726623• 一生の課題として考え続けるのもいいんじゃないですか。 トピ主さんこんにちは、こういうことって考えるときりがないですね。 トピ主さんは身近な友人や不幸な生い立ちの人など一部の例ではなく命あるもの全てに対して子供を作ることの理由をエゴではないかと疑問に思っているのでしょうね。 よく人間のみがエゴのように思われがちですが人間だけでなく他の動植物も自分たちのことを優先で子孫を残そうとしています。 共存しているのは自分たちにもメリットがある場合のみです。 哺乳類が恐竜の絶滅を悲しんでいるということはありません。 でも子孫を残して結局どうなるの?と聞かれると誰も応えられませんね。 特に人間以外の動植物は生きている間に娯楽を楽しむこともありませんし生き続けること自体が大変な試練ですから。 それに最後は死ぬと言うことも全ての動植物の宿命ですから「それなら生きている意味がないじゃない、子孫にも生きるための試練を与えるだけ。 」と言われればそれまでです。 ただこんなことを考えられるのも人類が代々文明を進歩させたからですね。 パソコンで小町に投稿できるのも 矛盾を背負いながら一生の課題として考え続けるのもいいんじゃないですか? ユーザーID: 4042468325• 貴方の考え大好きです ずばり人間最大のエゴと言い切ってよいでしょう。 貴方の問いかけに反応して、開き直ったり、不必要な攻撃を仕掛けてくる人間が沢山いることに貴方は何を感じますか? それから、人間に生得的な「本能」と「欲求」をごっちゃにして使用している人も多いですから、言葉の使い方は要注意です。 一方、人間のエゴが文化、科学などを発達させてきたことも事実です。 ただ、人間以外の動物が子孫を残すのは自然の摂理だから人間が子孫を残すのも当たり前、とする言説は、人間と他動物との違いが沢山あるにも拘わらず、繁殖という事象だけに生物学の原理を適用しているようで、果たしてそれだけなのかと違和感を覚えます。 例えば、人間以外の動物は一般的に物を蓄えませんが、人間は物を蓄え富とし、争いの原因になったりするわけで、人間は生物の一般原則のみにしたがっているわけではないでしょう。 家や社会存続のため、他人も産むから、夫婦関係を持続させるため、子に己の夢を託す、など様々な社会的理由はエゴに違いありません。 「人間生まれないことが一番で、次にいい事は、生まれてすぐ死ぬことだ」といった哲人もいましたが。 ユーザーID: 7413260528• エゴでいい 私も同じようなこと考えてます。 本能だから仕方ない = 理性はどこに? 命は授かりもの = バースコントロールができるのに? エゴで何が悪い?、に対しては別個体にそのしわ寄せがいっても構わない、 と言い切れる姿勢が理解できません。 (それこそモンペ、犯罪者の言い分との線引きが分からない) 生まぬもエゴと言いますが、自分一人で完結する決断です。 ほっそり死んでいきます。 生むことは別の命にその決断を背負わせるものと考えてしまい、 背負わせていいのか悩んでしまいます。 ちなみに虐待はされていません。 生活も不便はしていません。 優等生ではありました。 頭でっかちで、どこか欠如しているのでは?とは感じます。 親の愛情は…うーん、この段階で既に「父」「母」になりたかったから 姉のために妹が欲しかったから私がいるんだろうな、と思っています。 ここが変わらない限り、子供を作るのはエゴである、という気持ちは 変わらないと思います。 ユーザーID: 5635190779• はい、エゴです あくまでも個人的な考えです。 愛する人との、文字通り「愛の結晶」が欲しいと思いました。 授かって、この世へ送り出した時には「無事に会えたね」 「よく会いに来てくれたね」って思いました。 だって「生む」っていう 言葉はおこがましいと思ったから。 命を送り出したのは、こちらのエゴです。 だから、その存在に精一杯愛して、 感謝して、一緒に毎日を積み重ねていけたらと考えています。 他の誰でもない、「私」があなたに会いたかったから、 この世へ会いにきてもらったんだ、と。 だから、ここへ来て良かった、パパとママの子でよかったと思ってもらえるように 頑張っているつもりです。 二人おりますが、彼らは私と夫の宝物であり、 人生を共に歩む大切なパートナーです。 子供を作るのは、トピ主さんの仰るように親のエゴですね。 でも、せっかく 会いに来てくれた我が子に、「勝手に存在させられた」と思われるのは哀しいから、 そう思われないように、これからも頑張りたいですね…と、ああ、あまり 答えになっていなくてごめんなさい(苦笑)。 ともかく、こういう風に考えている「親」もいるってことで…。 ユーザーID: 6099231084• わかります >親のエゴで勝手に >「存在させられている」 >のではないでしょうか? そのとおりだと思いますが? あなたは、存在させられたことが、 腹だたしいんですか? あなたは多分、自分の為に生きた経験が、 ないのでしょうね。 あなたは小さい頃から思春期さえもまだ、 親の言いなりに生きてたのでしょう。 でもね、二十代位にはいいかげん、 自分のエゴを実現して生きる経験を、 積み始めないと! 親から一方的に敷かれたレールを、 強制的に歩かされてきたんでしょ。 あなたがエゴを満たす為のしたたかさなど、 親は分け与えてくれないよ。 自らエゴを満たして、自分が親のおもちゃでないことを、 親に証明しに行くまで、親はあなたを利用するもの。 エゴの実現に習熟してきた子持ち友人に対し、 劣等意識が芽生えてきたんでしょう? 対等だったはずの友が、子どもを私物にする姿をさらし始めた。 であなたは、自分の幼少期に重ね合わせて、 被害者意識を刺激されちゃうんでしょ? 自分のエゴを親に譲り渡したままの子供時代など、 そろそろ終えたらどうですか。 エゴを叶えない人は、いつまでも、 人のエゴを叶えるだけの存在です。 ユーザーID: 2883981789• エゴでしょうねえ。 エゴかと言われれば確かにエゴ・・でも本能に限りなく近いものですが。 でも、「生まれてくる子供の意思は無関係」と仰いますが、まったくそんなことないですよ。。 妊娠したら分かるけど、命が宿った途端、体に意思が宿ります。 体の意思は、自分じゃ抑制できません。 つわりだって陣痛だって「宿った命の欲求」の一端だろうし。 通常、味わえないですよ、命と引き換えるくらいの、つらくて痛い長期戦。 「子供の人生をコントロールする」ということについては、恐らく親が自分の経験をベースにしているからだと思います。 それをふまえて、子供には平穏、そしてなるべく無事かつ楽な人生を歩んでほしいですもん。 だから経験のない子供側からみれば、余計な口を出すし、親ってうるさい。 「結婚しろ!」なんて最たるもんです(笑)トピ主さんも年齢がくれば見えてくるもの、結構あると思いますよ。 かくいう私は30代後半。 まだまだ見えていないものも多いですけどね。 ユーザーID: 4417730485• 人間も動物の一種にすぎない 頭でっかちな考え方 or 今の自分の人生を受け入れられていない のどちらかと思いました。 人間もほかの動物と一緒です。 がんばって産卵している鮭やたくさんの子猫を産む猫などなどと基本的には変わらないと思います。 ただ理屈で考え先のことをいろいろ考える能力があるので、いろんなものに意味や理屈をつけているだけだと思います。 親の立場で言うなら、産むもよし、産まぬもよしだと思いますが。 私も若いときのつらい時期はそういうこと考えていましたよ。 自分の意思で生まれてきたんじゃないって。 でも、逆になんでも自分の意思どおりってそちらのほうが不自然ですよ。 若いときは逆に根拠のない万能感とそれによる絶望感が強い気がします。 どちらにしろ広い宇宙のなかの生き物のひとつと思えば、なんでも意味や意義を探したがるほうが不自然だと思えるかと。 ユーザーID: 7188800651• 育て方がエゴ丸出しなのかも もりながさん、こんにちは。 ご友人のエゴっぷりに、辟易してしまってるのかな、と感じました。 長年の疑問・・・とあるので、ご自身のご両親にも、エゴイズムを感じてらっしゃるのかなとも。 自分の思う幸せ像が、子供にとってもそうだろうと思い込んでいる親御さんは多いと思います。 こうすれば幸せになれる、自分の言う通りにしていれば幸せになれる・・・と言う思い込みが、エゴイスティックな子育てに繋がってしまうような気がします。 子供が幸せと感じ受け取る器が、自分の器とは形が違うことに、気が付かないんです。 愚かな私たち親の、いびつな愛の形ですね・・・。 でも、親のほうも、親として成長過程なんです。 初めから、マリアさまのように海のように深い愛情で子供を包み込むことが出来るわけではありません。 子供にとって何が幸せかは子供が決める、そんなシンプルなことが理解出来るようになるまで、一体どれくらい涙を流すでしょうか。 自分の命よりも大切な子供にだからこそ、なかなかに難しい。 ユーザーID: 3786596257• その通り、100%親のエゴです(笑) わかりますよ、主さんの言ってる事。 自分の意思で生まれる人間なんて一人もいない。 その結果その子が「生まれて来るんじゃなかった」と思うか「生まれてきてよかった」と思うかはわからないんです。 だから子供を産んでいいのは「生まれてきてよかった、人生は素晴らしい」と思っている女性だけのはずなんです。 ・・・・・私はそう思えない女なのに、子供を産んでしまいました。 正直かわいそうなことをしたかも、と実は後悔しています。 本能、というより「死ぬのが怖いから」子供を作るのではないでしょうか?人間が不老不死であれば誰も子供を欲しいと思わないのでは、と考えたことがあります。 「死にたくないけど、いつかは死ななくてはならない。 ならば自分の血を受け継いだ人間を自分の代わりに残しておきたい」と無意識のうちに考えているのではないかと思うのです。 ユーザーID: 8709404255• 納得する答えは無いと思います。 子どもを欲しかったから、という本能的なものなんじゃないでしょうか。 トピ主さんが求めている明確な答えってないと思いますよ。 私は子どもを持つ予定の無い主婦です。 夫婦とも子どもを欲しい!と思えないんですよね。 どうしてなのか考えてみたんですが、はっきりわかりませんでした。 そんな私でも、ごく稀に「夫そっくりの男の子なら可愛いかも」とか思う瞬間があります。 本当に本能的にです。 でも、いろんな不安が倍以上思いつくのでそこでストップです。 私は、「何があっても子どもを幸せにする!」と思い切れない限りは子供を望まないと思います。 自分の性格上、その方がいいからです。 反面、当たり前よ!と子どもを産んでいる友人たちを尊敬します。 何か迷ったり悩んだりしてらっしゃるんですか? 結婚も妊娠も、考えすぎない方が上手くいくのかもしれません。 考えすぎる人って、生きていくのが面倒ですよ。 私は面倒です、自分が 笑 ユーザーID: 4360256276• 命と生きる、ということ どなたかもおっしゃっていましたが、人の意見をきけば、人それぞれの答えが返ってきて、さらに考え込むことになりそうな気がします。 私は宗教に属してはいませんが、神様の存在を信じています。 生まれてきたのも、今生きているのも、いつか死んでいくのも神様の意思なのだと感じています。 子供を作りたい(産みたい)と思っても、なかなかできない人はたくさんいます。 このことから、子供は(親がエゴで)作った、というよりも(神様から)授かった、というほうがしっくりくるような気がします。 あなたの生まれてきた背景、育ってきた環境、周囲の意見など、さまざまなことが影響して、いろいろ考えるようになったのでしょうか? 自分の中の葛藤に対する答えは、自分で見つけるしかないような気がします。 ユーザーID: 5008794111• 試練 自分の種族遺伝子を残すのはある意味動物的にエゴとも言えます。 しかし、授かりたくても授からない人もいたり、いまだに生命誕生にはわからないことも沢山あります。 人と人が愛しあった結果 そうでない場合もあるでしょうが 授かった命、全ての赤ちゃんは神様からの預り物だと私は考えています。 決して私は特定の宗教的に考えているのではなく、全ての人の心の中に漠然と存在するそれでいて良心のかたまりのような絶対的神…全ての赤ちゃん子供達がその方からの預りもので親やその他の大人は一生懸命育てますよね。 ある意味、子供をつくることは試練を与えられることでもあると考えます。 ユーザーID: 6607844818• エゴです 一児の母です。 私も子供を生むのはエゴだと思います。 生んでみて気づきました。 だから次を生むのを悩みます。 今の世の中は生きていくのは大変だと思うから…親のエゴで生んでよいものなのかと。 しかし、考えてても答えは出ない。 子供は愛しくてたまらない存在で生まれてきてくれたことに感謝してます。 責任も感じています。 この気持ちをずっと忘れないように子育てしといきたいです。 義理親が『子育て大変だろ?親に感謝しろ』と言ってくるのに腹がたちます。 勝手に生んだのはお前だろっ!! って、 おそらく、主さんと考え方は似ているのかもしれません。 そんな主さんも子供がいる人に考え方を押し付けるならば、それもエゴだと思います。 人間はエゴの塊ですね。 ユーザーID: 1912117217• 「エゴ」として、その程度の「エゴ」大したことではない。 トピ主です。 引き続きたくさんのレス、ありがとうございます。 質問に対する回答を追加します。 ・トピ主は生まれてこないほうが良かったと思っているのか? この質問に対してはイエスです。 生まれてこないほうがよかったと思っています。 ただ、今の生活は幸せです。 仕事をして自活し、信頼できる友人もいて、楽しめる趣味もあり、もちろんいいことばかりではありませんが、周囲の方に助けられながら日々幸せに暮らしています。 それでも生まれなかった方がいい、というのは自分の存在で周りを不幸にした自覚があるからですね。 私を存在させた張本人である親も含みます。 ですから母に対しては、「産まなければよかったのに」と思っています。 行ってみれば自業自得なのかもしれませんが。 ちなみに、両親とは数年前から絶縁しているためこれ以上親からの回答を得ることはできません。 お答えできない質問もありますが、どうかご容赦ください。 ユーザーID: 3820827119• 生物としての 「子供を作ること」がエゴだと言いきるのは難しいと思います。 子供を作る目的は・・・ ・自分が生きていた証として、自分の分身を残したい ・家庭内を明るくしたい、盛り上げて行きたい ・子供に老後の面倒をみてもらいたい ・日本社会、世界社会の発展・維持に貢献したい ・親に孫の顔を見せたい ・自分をこの世に産んで貰った恩を、今度は自分が産むことで返したい ・・・その他、色々な要素を含んでいると思います。 エゴの定義は、「自分の利益を考えて他人の利益を考えないこと」です。 100%自分の愛玩の対象としてだけの目的で子供を持つのはエゴかも知れませんが、 多少なりとも自分以外の人 夫、親、社会、そして生まれてくる子供自身 のために 子供を作ろうと思う部分があるのなら、エゴとは言い切れないと思います。 重要なことは、子供を作ることに対して親のエゴなのではないかと後ろめたさを感じるよりも、 産んだ子供をどう育てるかだと思います。 生まれた子供が、将来「幸せだな」と思える様な子育てをしたいですね。 ユーザーID: 6155878277• トピ本文とトピ主レスのみしか見ていませんが… 芥川龍之介の『河童』という作品に、生まれる予定の赤ちゃん河童にすでに河童界にいる大人たちが「おまえは生まれてきたいか?」と質問し、赤ちゃん河童が「いやだ」といえば生まれてこない・・・というくだりがあります。 トピ主様と同じような考え方の方は時々お会いしますが、そのたびに、人間も河童のようだったら納得するのかな・・・と思います。 山、川、道に転がる石、動物や植物。 世界に存在するありとあらゆるものは、自ら望んで生まれてはいません。 人間も所詮生き物、そこから逸脱することはできないでしょう。 理不尽といえば理不尽ですが、それが自然の掟だと思います。 私自身は持病もあるので以前はトピ主様に近い考えでしたが、あるとき太古の生物から自分まで命が繋がってきた事実が貴重に感じて以来、未来に命をつなげたくなり(エゴですね)、子どもをうみました。 ユーザーID: 4489839130• よくわかります 私は絶対子供欲しくなくていつも2重に避妊していましたが、どういうわけか出来てしまいました。 そのとき思ったのが、「この子、何が何でも生まれたかったのかなぁ」です。 子供を持つというか子孫を残す行為は、人間だけじゃなくて殆ど全ての生命の営みなので、人間の頭で理由を理解できるとは思えません。 (もっと大きな力のなせるワザ) 何でかわからないけれど子供が欲しいと思う方が本来は自然なのかも知れませんが、あまりにも身勝手な親を数多く見てきてきっとそう感じる様になったんだと思います。 でも多分子供を産む事がエゴではなくエゴな親が存在するだけだと思います。 エゴな親は本当に数多く存在します。 問題なのは、エゴな親にも子供に対する深い愛情があるので、なかなか自覚できない所です。 エゴな親が子供を欲しがるのは不快ですが、 あなたは、きっと子供を産んだらいいお母さんになりそうです。 考え過ぎという意見もあるかと思いますが、どれだけ考えても考え過ぎるという事はないと思います。 ユーザーID: 2796766051• 幸せ 他の方はどうだかわかりませんが、私にとっては、完全にエゴです。 ただもう、尊敬できる旦那と生涯かけて取り組める作業があったらどんなにか楽しかろうという気持ちだけです。 (ただ、社会的には意義のあることだと思います) だから、子供たちには感謝の気持ちしかありません。 私を母親にしてくれてありがとう。 こんなにも、頭と体と心を使う経験をさせてくれてありがとう…って。 「育ててやった」「年老いたら面倒をみろ」なんて考え方は信じられません。 旦那も同じ気持ちのようで、先日も子供たちの寝顔を見ながら「ああ… 生まれてから毎日、こんなにも楽しい思いばかりさせてもらって、僕たちはこの子たちにどんな恩返しができるんだろう」とつぶやいていました。 先行き不安な時代に、自分のエゴで産み落としてしまったからこそ、子供たちにはできうる限りの環境を与えてあげたいし、せめて親元にいる間は幸福感で満ち足りていてほしいと思います。 「いろいろあったけど良いことの方が多かった。 それなりに幸せな人生だった」と思いながら旅立つおじいちゃんおばあちゃんになってほしいと願っています。 ユーザーID: 9329581467• トピ主さんこのことについてはどう思いますか? トピ主の親御さんも先代の親のエゴによって誕生した人の子です。 トピ主に「親には恵まれなかった」と思われ、トピ主の中に親=加害者であり子=被害者という悲しい構図を植えつけるような人格に、トピ主親が望まなくともそのような人物に育てられたことに対し、どう思いますか? 同情しませんか? >仲のいい友人がそういう存在になろうとすることに嫌悪があるのでしょうね。 トピ主親と仲のいい友人は同一ではありませんよ。 エゴを認めさせたい「全ての『親』」も然り。 中には似たような親子展開になる人もいるかも知れませんが、絶対数は多くないでしょう。 トピ主親子の敵対するような空気感は多くの人々が目指すところではないですから。 独特です。 子を持つことに対し、親を反面教師にするという選択肢もありますが、どうでしょう。 自分の親と反対の事をすれば親としての資格が自分なりに持てるかもとは考えませんか? 無理に親になれということではないです。 親子で被害者加害者の関係って、トピ主さんは親御さんに謝罪してほしい・償ってほしい・気持ちをわかってほしい事がありながら、まだ叶わぬ状態にあるんですか?お気の毒です。 ユーザーID: 1151534001• 少しだけ分かります トピ主さんの気持ち、少しだけ分かります。 私も母親ですけど「産んで当然」「なぜ産まないのか」「子どもはさっさと産んで子育てを早く終えたい」みたいな発言をしている人がいると「エゴ」という言葉がぴったりの気がしてしまいます。 でも、なぜ産むのか・なぜ生きるのかという哲学的な話しになってしまうときちんとした答えは出せません。 私個人の考え方ですが、 親側は「私の意志で産んだのだ。 」と自覚し、「生まれてきてくれてありがとう。 」と思えるのが一番幸せだと思います。 そして、子ども側は「産んでくれてありがとう。 生まれてこれて幸せだ」と思えるのが幸せだと思います。 私は「基本、自分の人生は自分持ち」だと思っていてそれが一番自由で心地いい考え方です。 なので、自分自身のことは「自分の意思で生まれてきたのだ。 その意思ががあったから親が産んでくれたのだ。 」と考え、自分の子どものことは「自分の意思で産んだのだ。 生まれてきてくれてありがたい」と考えるのが一番心地いいです。 子どもがこの先どう考えるのかは子ども次第です。 ユーザーID: 5219152276• エゴだけど産むには覚悟がいる タイトルの通りです。 一人の人間を世の中に生み出すというのは、とてつもなく重いことですし、地球上にはもう十分すぎる人口がいるというのも事実でしょう。 それでも(誰かの子を育てるのではなく)自分たちの子、に拘るのはエゴと評されても仕方ないと思います。 私たち夫婦は、子は預かりものと思い育てているつもりですが、綺麗ごとを言うつもりもありません。 夫とは子どもをもつことを前提に結婚しましたが、彼が父親としてやっていけるのか確信できないまま4年経ち、結局足りないのは自分の覚悟だと気づき妊娠・出産しました。 (専業主婦と子どもを養うだけ稼ぐことはできても、日々の育児に参加しながら仕事をできる器用さはない人です) 双方とも「親孝行したいと思ってくれるなら自分の子に還してやってくれ」と言われて育ちましたので、現実になるまでは、自分にできる限りのことを子にはしてやりたいと思っていましたが、私は始める覚悟すらなかった訳です。 「好きで生まれてきたわけじゃない」となじられ、「ありがとう」と満面の笑みで言われ、何度一喜一憂したか。 子に幸せになって欲しいと心底願っています。 ユーザーID: 1972592841• どうかな? 子供が欲しい、という欲求がエゴであるとするならば、私はそのエゴのために4人を産み育てています。 ただ、そのエゴは自分の立場からであって「存在させられている」わけではありません。 子供は生まれた瞬間から自分の意思・生命力でオギャーと泣き肺呼吸を始めます。 そしてお腹が空けば泣き、眠たければ泣き、抱っこを求め・・・。 それらはすべて親のエゴで存在させられているから仕方なくではないですよね。 自分の意思で生きることを望むからです。 お腹が空いてミルクを求める赤ちゃんは、親が決めたとおりの時間で、量をのむわけではありません。 それも自分の意思。 体調が悪ければ飲まないし、もっと欲しがることもある。 勝手に「他人」の親が決めているわけではありません。 えらいとか言うのではなく、互いに補い合って存在していくもの、と私は思っています。 だから私は自分が子供を持つことを望み、その結果私のもとに4人の子供たちがやってきた・・・と思っています。 エゴという偏った見方ではなく、「親子」としての存在を認めることはできませんか? ご自分の体験などからそう思われているようですが、そんな一言で片付けてしまえる程簡単ではないです。 ユーザーID: 5410035938• 望めば必ず妊娠出産できるわけではない 行為をしたら必ず妊娠するわけではありません。 どんなに望んでいたって、妊娠できるとは限りません。 一回の性行為につき妊娠する確率は、妊娠しない確率よりもずっとずっと低いものだということを身を持って感じています。 子どもが思いのままに手に入れられるものなら、妊娠出産はエゴかもしれません。 でも少なくとも自然妊娠に関して言えば、人間の意思やエゴで生命を誕生させることはできません。 妊娠したって全てが無事に産まれてこられるわけではありません。 何らかの理由で産まれて来られない受精卵や胎児はたくさんあります。 ましてや、男女の出会いや結婚だって望めば必ずできるものではありませんよね。 妊娠出産は奇跡です。 コントロールできるものではありません。 ですから、私はそれはエゴの産物では決してあり得ないと思います。 ユーザーID: 9526445671• 難しいですね 私の場合は、よそ様のことは気になりませんでしたが、 両親、特に母親に対して同じ憤りを感じておりました。 >自分でもいい歳をしていまだにこんなことを、 私も、同じ気持ちです。 同じ20代後半ですが、特に結婚後数年してこのような気持ちになりました。

次の

子供を作るのはエゴではないですか?

にゃんこ大戦争 ねこくま

apple. youtube. 関連する記事• 2018. 26 どうぞよろしくお願いします。 ありがとうご […][…]• 2019. 26 アプリ名:脱獄ごっこ、デベロッパ:UUU […][…]• 2019. 2018. 19 モバイルレジェンドハック — […][…]• 2017. 05 In this video you wi […][…] コメント (44件)•

次の

子供を作るのはエゴではないですか?

にゃんこ大戦争 ねこくま

「光と波PART3」で紹介した筆者の愛読書、「偶然とは何か 北欧神話で読む現代数学理論全6章」(イーヴァル・エクランド著)には、確率論的リスクと無知のリスクを区別することが述べられている。 確率論的リスクとは、読んで字のごとく、ふつうの確率計算から求められるリスクであり、無知のリスクとはこれから起こることについての情報の欠如からくるリスクである。 実験によれば、人は無知のリスクより確率論的リスクのほうを抵抗なく受け入れるという。 「知らない悪魔より知っている悪魔のほうがまし」というわけだ。 中国各地で吹き荒れた反日デモというのは無知のリスクである。 デモはひとまず沈静化に向かっているようだ。 この背景は何であったのか、巷間、様々なことが言われている。 もちろん日本の外交能力の拙さに端を発したところは大いにあるが、共産党大会を控えた胡・指導部の事情(威信誇示と不満民衆のガス抜き)もあるだろう。 重慶のトップを解任された薄煕来支持の保守派が巻き返しを図って反日感情を最大限に利用しているという説も、まことしやかに喧伝されている。 習近平国家副主席の動静が2週間にわたって途絶えていたことや党大会のスケジュール発表が遅れていることも憶測を呼んでいる。 共産党内部の権力争いが熾烈になり、反日デモの抑制が効かなくなっている、いや意図的に国民の目を逸らす目的で当初はデモを放置した、云々と諸説語られるものの真相は藪の中だ。 この騒動を通じて明らかになった点がある。 それは、中国社会の歪みが臨界点を越えつつあり、ちょっとしたきっかけがあれば民衆を暴徒化させ略奪行為にまで走らせるというレベルにまで達しているということだ。 高成長の陰で、弱者や貧困層の置かれている苦境は以前から指摘されていたが、今回こういう形で問題が顕在化したことで彼らの不満の大きさや鬱屈したエネルギーの凄まじさを感じたのは当局だけではないだろう。 日本企業にとってもあらためて中国ビジネスのリスクを再認識する契機となったはずだ。 中国戦略の練り直しが必要になるだろう、という論調が散見される。 我々の関心は、今後の中国関連企業の業績にどのような影響があるかという点である。 デモは収束の方向で、閉鎖に追い込まれていた店舗や工場も再開に動いていると伝わる。 しかし、いくら店を開けたところで、いくら工場でモノを作ったところで、反日感情がこれほどまでに高まってしまった中国で日本製品は売れるのだろうか?デモは取り締まれても不買運動は取り締まれない。 アナリストのコメントは悲観的なものが多い。 「反日運動が生産に直接与える影響は限られるとしても、期待が高まりすぎた中国事業への見方を修正するきっかけになったのではないか」「中国事業は引き続き有望だが、供給体制の整備と需要の鈍化が重なればこれまでのような高い収益性を維持するとは考えにくい」などネガティブなコメントで溢れている。 が、それはある意味、当然の — というより穏当なコメントであろう。 このような事態を目の当たりにして「影響はありません」とは誰が言えたものか。 筆者も「影響がない」とまでは言わないが、筆者は業績に与える深刻な影響はないものと考える。 「ほら、始まったよ、広木の能天気ぶりが!」という声が聞こえてきそうだが、なぜ筆者は日本企業の業績に深刻な影響はないと考えるのかその理由を以下に述べる。 前段で、この騒動を通じて明らかになった点があるとして、中国社会の歪みを挙げたが、もうひとつ明らかになった点がある。 それは — 相反することだが — 中国社会の成熟である。 過激な行為や言論に対しては、同じ中国人からそれをたしなめる声があがったという。 複数のソースが伝えているから本当なのだろう。 <デモが暴徒化するにつれ、数日前からネット上では、中国でも日本でも、そうした行動をいさめる動きが自然発生的に湧き上がりましたね。 理性的に行動しようとか、暴力反対とか、同じ中国人として情けないだとか。 実際のところ8月26日に反日デモが起こった広東省東莞市では日本料理店を襲おうとしたデモ隊に対し、別の参加者から「理性的行動」を求める声が上がったほどだ。 > (9月13日「尖閣対立」本格化から1カ月 日中関係はどう変わったのか「冷静」から「緊張」局面へ 城山英巳・時事通信北京特派員) <シンセンの松下工場の、自社機械を壊す中国人社員に対して、中国ネットの非難が集まった。 「社員だろう?」、「嫌なら辞めればいいのでは」、「裏切り者」など。 > (9月18日 宋文州氏のツイート) <こうしたなか「愛国心は理性的、合法的に示せ」と理性的な行動を促す声が強まってきた。 中国版のツイッター)を閲覧して、代表的なツイートを探してもらった。 例えば、このようなものが実際にある。 発言者は何炅というバラエティ番組の司会者で、中国ではとても人気があるそうだ。 <「愛国」という言葉は非常に高尚です。 日本車を破壊したり、日本料理店で食い逃げしたり、外国人を理由なしで殴ったりする人が「愛国」という言葉を侮蔑しないでください。 「尖閣」は我々の島ですが、民族の尊厳も我々の手の中にあります。 > 前掲の城山英巳・時事通信北京特派員の記事にはこういう見方が紹介されている。 <長く対日交流に携わっている中国当局者も「日本に対して過激な発言が出ても、それにたしなめる理性的な発言が出る。 これがこれまでと違う所だ」と漏らした。 > 「これがこれまでと違うところだ」という言葉は注目に値する。 筆者もそう感じる。 だから、日本製の製品はこれからも中国で売れると思うのだ。 城山氏の記事からの引用を続けよう。 <「釣魚島は中国のもの、蒼井そら(中国で大人気の日本のアダルト女優)は世界のものだ」。 こういう赤い横断幕が各地の反日デモで登場して話題となったが、尖閣問題では譲らないが、日本のすべてが嫌いではない、「これはこれ。 あれはあれ」という中国の若者の割り切った対日感情が見て取れる。 「日本製ボイコットを叫ぶけれど、使っているカメラはキヤノン」というような感覚だろう。 > 暴徒化し略奪行為に走るのは、ごく一部の層である。 大部分を占める中間層の多くは冷静に生活している。 中国は豊かになったのだ。 もちろん豊かになっていないひとも大勢いて、それが今回の騒動の根底にある問題なのだが、個々人というより「中国マーケットの購買力」という点では確実に大きくなっている。 そして、その原動力は豊かな生活を送りたいという願いである。 日産の自動車に乗り、ユニ・チャームの高品質の生理用品を使い、キヤノンのカメラで写真を撮って、日本のアダルトビデオを観る生活を知ったら、もう後戻りはできない。 尖閣問題は譲らないが、「これはこれ。 あれはあれ」だ。 そもそも中国、あるいは中国人を語る際に「ダブルスタンダード」は常套句である。 何でも自分に都合よく考える。 「自分の権利は守る、人の権利は知ったこっちゃない」という発想が根底にあるからブランド品や著作物の海賊版が横行し、一つの契約なのに条項が違う契約書が複数存在したりするケースがザラにある。 自分の快適な生活のためなら「日本は嫌い、だけど日本の製品は使う」という割り切りなど簡単にしてしまうのではないか。 それが日本企業の製品の売り上げはそれほど落ち込まないと考える理由である。 コマツや日立建機の苦境はまだ続くかもしれない。 しかし、中国の「消費関連」銘柄はそれほど悲観的に捉える必要はないというのが筆者の考えである。 ちなみにユニ・チャームの製品を使う人は、アダルトビデオは観ないと思われるので、その点は修正しておく。 筆者の娘はこの秋、小学校を受験する。 いわゆる「お受験」というやつだが、これがなかなか大変だ。 今年の夏は大好きなプールも諦めて夏期講習に通う日々だった。 小学校受験は塾任せにできない。 合否の鍵を握るのは家庭学習だ。 よって筆者もかなりの時間を割いて娘の勉強をみたので、今では小学校受験の傾向と対策については、ちょっとしたエキスパートだと自負している。 頻出問題のひとつに「四方からの観察」というものがある。 例えばこの図のように、テーブルの真ん中に積み木が置かれていて、その周りをぴょんこちゃん(うさぎ)、にゃんこちゃん(ねこ)、くま君、おさる君の4人(4匹?)が囲んでいる。 「それぞれから積み木はどう見えますか?その絵を描きましょう」という問題である。 場所が違うと、見え方も違うということが理解できなければならない。 その場所に行かずに考えることができるかという、すなわち「想像力」の問題なのである。 尖閣諸島は日本の領土だ。 日本固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明らかである。 明々白々のその事実をあらためて国際社会にアピールするのに、果たして国が買い取るという行為は必要だったのか。 しかも、このタイミングで。 見る場所が違えば見え方が違う - 小学校受験の問題なら、そこまで理解すれば十分だが、大人の世界では落第である。 見る場所が違えば見え方が違うのは当たり前。 違う場所にいて、違う見え方、捉え方をする相手に、自分がどう見られているかを考えなくては大人の試験問題は不合格だ。 国益に絡む重大な問題に、その権限もない一地方自治体の首長がパフォーマンスを行う愚。 さらに国政が、それに煽られて、事態の修復を図るどころか火に油を注ぐ体たらく。 外交センスというというより、「想像力」の欠如だ。 政治家に問いたい。 「ぴょんこちゃんから積み木はどう見えますか?」その場に行かずに、考えなさい。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の