仕事 を 辞める とき。 仕事を辞めるときに送るメールの文章│例文【退職マナー】

仕事を辞めたい人は知っておいて欲しい4つの理由と改善策【瓦版】|仕事相談室

仕事 を 辞める とき

仕事そのものが辛いのも退職理由として多くなっています。 立ちっぱなしや歩きっぱなしのため体に負担がかかる、残業が当たり前で家で過ごせる時間が少ない、など肉体的な辛さのほかにも、達成が難しいノルマが課されている、職場の上司からハラスメントを受けている、取引先に合わない人がいるなど精神的な辛さを感じる人も少なくありません。 自分の生活のためや、家族を養うために仕事が辛くても我慢して働き続ける真面目な人も少なくありませんが、体や心に負担がかかると重大な疾患を招いてしまう可能性も高くなります。 働けなくなると結局生活が立ち行かなくなったり、家族を養えなくなってしまうため、長い人生を考えて、辛い仕事よりも自分らしく働ける仕事を求めるために、退職を選ぶ人も多いです。 特に今の世帯はほとんどが核家族で、夫や妻、子供が入院や介護の必要な病気や怪我になった場合は頼れる先がないため、家族間で介護を完結させなければいけません。 そのため、共働きの世帯の場合は夫か妻どちらかが、家族の介護を優先させるために一時的に退職することがあります。 また、日本は少子高齢化が進み、現在では国民の30%以上が65歳以上を占める超高齢化社会に突入しています。 働き盛りの現役世代でも両親の介護が必要になることもあり、介護と仕事が両立できる職場を求めて退職する人も少なくありません。 今後も、家族の介護のための退職は増加が予想されています。 マタニティハラスメントは社会問題としても取り上げられていますが、妊娠中に不当な扱いを受けたり、産休育休を取得できなかったり女性自身に理由はなくても退職を余儀なくされることも。 さらに、待機児童の多い地域に住んでいるなどで保育園に入れず、育休取得後の子供の預け先が見つからないためやむを得ず退職する女性も少なくありません。 また、仕事を続けていても配偶者の転勤に伴う転居や、子供と多くの時間を持ちたいなどの理由で退職することも少なくありません。 学生時代の同級生や、同職種同年代の人が自分より良い待遇や年収を得ている場合も、より良い待遇や収入を目指しキャリアアップのための退職を決意するきっかけになります。 ほかにも、仕事を続けていて一定の評価が得られたので自信がついた時や、やりたかった仕事に関する資格が取得できた時、自分が入りたいと思っていた企業が求人を出しているのを見つけた時なども、今の企業を退職し、ほかの企業へチャレンジしたいという気持ちになりやすく、そのまま退職する人も多いです。 長期入院が必要な場合はもちろん、一時的な入院の後復帰しても、病気や怪我の内容によってはその後も通院やリハビリの必要があります。 通院やリハビリのための時間を確保するため、残業や出張の多い職種から自分の療養と両立できる職種への転職のため退職する場合もあります。 さらに、体力を使う仕事や夜勤もある仕事の場合は、病気や怪我の後遺症によって仕事を変えざるを得ないこともあります。 怪我や病気による退職は、ほかの理由による退職よりも突発的に起きることが多いので、退職の意志を伝えるのも急になってしまうことも多く、退職を伝える際にも様々な考慮をしなければいけません。 仕事を辞める理由の伝え方 上司に退職の話をする時には、お昼の休憩時間や勤務終了後などを選びましょう。 退職の話とはいえ、就業時間内に仕事以外のことをするのを良しとしない上司もいますし、そのタイミングのほうが人が少ないなどのメリットもあります。 また、営業職などで出張や外回りが多く、社内に不在がちな上司の場合は、あらかじめ電話やメールなどで上司のスケジュールを押さえておきましょう。 少しお話がございますので〇月〇日の〇時以降にお時間を頂きたく存じます。 ご都合はいかがでしょうか?」などと上司の都合を伺い、スケジュールを確保しましょう。 退職の意志を伝えたときの上司の反応の想定もしましょう 退職の意志や理由を伝えても、上司が受け入れてくれず流されてしまった時には、話す相手を変えるのが有効です。 総務部や人事部の人や、上司よりもさらに上の上司に退職の意志を伝えましょう。 もしもほかの人を含めて、退職する企業側で誰も話を聞いてくれる人がいない場合には、退職届を提出してしまいましょう。 退職を願い出る「退職願」と異なり、「退職届」には従業員側から一方的に退職を求める意味があります。 円満退職につながる退職理由で重要なこと&事例 在職中に転職活動を行っていて、すでに次の転職先を見つけていた場合、転職先が同業他社の場合も少なくありません。 その際には、同業他社への転職であることは上司へ伝えないようにしましょう。 同業他社への転職は、今の会社の情報を漏洩させたり、技術力がライバル会社へ流出したりする懸念があるため、上司も全力で引き留めを行う可能性が高いです。 もしも上司から具体的な転職先や社名を聞かれた時にも、「会社名はご容赦ください」「採用通知はいただきましたが、手続等が終わっておらず正式に決定したわけではないので、ここでは控えさせてください」など上手にはぐらかしましょう。 退職の仕方はわかったけど退職後のビジョンが決まってない方へ。

次の

仕事を辞める理由の伝え方とは。本音と建前を使い分けて円満退職をしよう

仕事 を 辞める とき

仕事を辞める本当の理由は 給料や待遇がよくない、人間関係が劣悪、社風が合っていないなど仕事を辞める理由を挙げるとキリがありません。 このように、仕事を辞めるときには、誰しも必ず「 仕事を辞める理由」を持っています。 今まで勤めていた会社を辞める理由は人それぞれですが、どのような理由で仕事を辞める人が多いのでしょうか。 なかなか知ることができない 退職経験者の本当の理由を確認していきましょう。 少し景気が上向いてきたとはいえ、それがなかなか給料に反映されない日本の現代社会。 大幅に 給料が上がらないのはしかたないところがあるのかもしれませんが、 昇給がなかったり、残業手当やボーナスがなかったり、はたまた給料の一部をカットされたりするのは納得がいきませんね。 また、 交通費がほとんど支給されなかったり、福利厚生がなかったり、営業のために自社製品を購入しなければならなかったりと、実質的に給料が減ることが「退職したい」という気持ちにつながってしまうことも多いようです。 完全に個人プレーで完結する仕事は多くありません。 大なり小なり、上司や先輩、同期や後輩といった同僚たちと力を合わせる必要があります。 しかし、 毎回異なる指示を出すため信用できない上司、雑用を押しつけてくる先輩、口を開けば悪口ばかりの同期、根気よく指導しても全く身についていない後輩。 こんな同僚たちに囲まれていては、ストレスもたまりますよね。 みんなそれぞれ違う人間なので、合う人、合わない人ももちろん出てきます。 自分を取り巻く人間関係がよくなければ、その環境から脱出するため に仕事を辞める 、という人も多いのです。 入社前に知ることができる仕事内容は、非常にざっくりしており、それほど詳細に告げられることはあまりありません。 そのため、自分が入社前にイメージしていた仕事内容と、会社から指示される仕事内容や、自分が実際に携わっている 仕事内容がかけ離れているという現象が起こることがあります。 「 基礎研究をやりたかったのに営業しかやらせてもらえない」「 お客さんと接する仕事をしたかったのに裏方ばかり」など、自分が思っていた仕事と実際にやっている仕事との間に大きなずれがあれば、やりがいも見つけにくく、仕事へのモチベーションを保てなくなってしまいます。 自分のやりたい仕事ができる職場を求めて、今の仕事を辞めるということにつながるのです。 今の仕事の会社や業界に安定性や将来性が見込めない場合も、仕事を辞めるきっかけになります。 安定性を求めているのに、いつ解雇されるかわからない仕事をしていれば、将来への不安で仕事にも影響が出てしまうでしょうし、将来確実に先細っていくと考えられる業界や会社では、長く勤めることができないかもしれないという不安もあるでしょう。 その不安を払拭するためにも、 今の仕事を辞めて安定性や将来性のある会社や業界に転職するというわけですね。 自分が絶対に正しいと思っている絶対君主さながらの上司、大事なことを自分で決められない優柔不断な上司、部下の手柄を横取りする横領上司、責任を部下になすりつける無責任上司、暴言が多いパワハラ上司。 残念なことに、あらゆる職場にはこのような困った上司がいます。 上手くつき合っていくのが社会人としてのたしなみかもしれませんが、我慢にも限界があります。 このような 困った上司から逃れ、尊敬できる上司のもとで仕事をするために、今の仕事を辞めるという人も多いのです。 また、社風が自分に合わないという場合も、その会社で仕事を続けるにはつらい状況です。 社風は社員みんなでつくっているので、自分だけで社風を変えるのはなかなか難しいですよね。 社風が合わないと、「自分の居場所はここではないのでは?」という疑念もわいてきます。 そして、仕事を辞める方向に気持ちが傾いていってしまうのです。 たとえば、 本当は転勤をあまりしたくないのに頻繁に転勤がある、郊外で勤務したかったのに都市部になってしまったなど、 勤務地の場所や勤務地が変わる頻度も、仕事を辞める理由につながります。 勤務地の問題は、マイホームの購入、育児や介護といったライフプランにも大いに影響するので、 自分が計画していたライフプランから大きく外れてしまう場合は、転職をして希望する土地で仕事をするという道に進むのも当然のことですね。 本当の理由別!退職理由の例 退職の旨を会社に伝える際には必ず聞かれる退職理由。 退職理由をはっきり言ってしまってもよいのですが、 あまりにもあけすけに言ってしまうと、よくない印象を持たれてしまいます。 辞めてしまう会社とはいえ、新しい職場で取引先としておつき合いがあるなど、悪い印象を持たれたままでは困ることが退職後に起こるかもしれません。 トラブルになるのを避けるためにも、 できる限りよい印象を持たれる退職理由を伝えたいものです。 ここでは、言わないほうがよい退職理由と、本当の理由を上手に隠して、カドを立てずに退職するためのタテマエの理由の例をご紹介します。 本当の退職理由をうまく言い換えて、よい印象を与える退職理由を伝えましょう。 困った上司や雑用を押しつけてくる先輩、口を開けば悪口ばかりの同期、根気よく指導しても全く身についていない後輩から逃れることが本当の退職理由である場合、 「人間関係が原因です」とははっきり言わないほうがよいでしょう。 では、このホンネを上手く言い換えるタテマエの退職理由の例にはどのようなものがあるのでしょうか。 たとえば、「 今の職場環境・待遇に不満があるわけではなく、ほかの職場や仕事を経験して、より一層自分を成長させるために辞めさせてほしい」とすると、退職理由としてはカドが立たなくなります。 「 異なる視点を持った上司や先輩の指導を仰ぎたい」と伝えるのもよいでしょう。 ただし、これだけでは「部署や勤務地を変えるので会社に残ってほしい」と言われてしまうおそれもあります。 「 今の会社から出て、新しい環境で新しいチャレンジをしたい」という前向きな気持ちをしっかり伝えることが重要です。 今の仕事では、精神的にも肉体的にもストレスを抱え続けることになるため転職したいという場合も、はっきりと伝えないほうがよいでしょう。 「仕事がキツくてしんどい」という退職理由は、非常にマイナスにとらえられてしまいます。 「仕事がキツイ」というホンネを上手く言い換えて伝えるには、「 目の前の仕事に追われている自分を反省し、自分の課題を克服して成長していきたい」などとするのがよいでしょう。 「 自分を見つめなおしたい」という気持ちをしっかり伝えれば、それほど悪い印象は持たれないはずです。 今の仕事の給料や待遇に満足できないため、 より高収入・高待遇が見込める会社に転職するという場合も、本当の理由を伝えないほうがよいでしょう。 給料や待遇がよくない職場で働きたくないのは当たり前のことなのですが、そのまま伝えてしまうとあまりよくない印象を与えてしまいます。 「 今の仕事に不満はないけれど、自分の能力を高めるためにも、転職や資格の取得、留学などといった新しいチャレンジをして新しい環境に身を置きたい」などといった理由にすれば、悪い印象をもたれずにすみます。 いずれにしても、本当の退職理由を言えないためにタテマエの退職理由を伝えることになるので、「嘘を言っているのでは」という感覚に陥る人もいるかもしれません。 ヘンな罪悪感を抱く必要はないのです。 ただし、思っていることとは少し違うことを伝えるというのは事実。 その際に起こりやすいのは、退職理由がブレることです。 退職理由が毎回少しずつ異なっていると思われてしまうと、余計に悪い印象を持たれることもあるので要注意です。 タテマエの退職理由を伝えるのであれば、 主張や考え方がブレないように気をつけましょう。 使える退職理由集 「人間関係」「仕事がキツイ」「給料・待遇」といった退職理由を上手く言い換えるタテマエの理由をご紹介しましたが、「将来性がないから」「社風が合わないから」などといった退職理由も伝えにくいと感じる人も多いと思います。 このように、本当の退職理由を言いにくい場合に使えるタテマエの退職理由はないのでしょうか。 オールマイティーに使えるタテマエの退職理由として「 経済的な理由」「 身体的な理由」「 家族のこと」などが挙げられます。 これらを退職の理由として全面に押し出すと、比較的スムーズに退職を納得してくれることが多いようです。 それでは、「経済的な理由」「身体的な理由」「家族のこと」といった退職理由について詳しく見ていきましょう。 これらの理由を退職理由として使うときに気をつけたいこともご紹介しますので、チェックしてみてくださいね。 特に家庭がある人が使いやすいのは、「 経済的な理由」です。 たとえば、「 子どもの留学費用を準備しなければならない」「 親の介護費用が必要」など、今の仕事の給料には問題がないけれど、一時的に大きなお金を稼がなくてはならない事情ができたと伝えるとよいでしょう。 会社もその人だけ給料を上げるわけにもいきませんから、引き留めることは難しいでしょう。 また、「 今の給料に不満はないのに、自分の経済的な環境のために申し訳ない」という姿勢で伝えれば、会社から悪い印象を持たれたり、責められたりすることを回避することができます。 仕事をする上で、精神的なストレスや肉体的なストレスは避けては通れません。 そのストレスが積み重なって、胃潰瘍になったり自律神経失調症になったりすることも珍しくありません。 仕事のし過ぎでストレスをため続けたために体調を崩すということは、誰にでも起こり得ることです。 病気を患っている人に無理をさせてしまって病状が悪化してしまえば、会社の責任にもなります。 「 体調が悪いので仕事を辞めて静養したい、静養できるところで仕事をしたい」と聞いて、退職しないよう説得する人はほとんどいないでしょう。 身体的な理由を退職理由に使う場合は、できれば「 長時間労働がたたって体を壊した」「 人間関係での精神的ストレスで心の病気になった」など、会社や同僚のせいにしないようにしたほうが無難です。 会社や同僚のせいであることをはっきり伝えてしまうと、悪印象を残してしまうことになります。 そして、「 家族のこと」を退職理由として伝えてもよいでしょう。 こちらも家庭がある人が使いやすい理由ですね。 「 子どもとの時間をもう少し長く取れるようにしたい」「自分が親の介護を担うことになった」「 配偶者が病気になったから支えたい」など、今の仕事を続けながら家族のサポートをするのは難しいということを伝えればOKです。 育児や介護、家族の入院などといったサポートは、会社に勤める個人だけではどうしようもない場合もありますし、会社としても完璧にサポートすることはできないでしょう。 そのため、会社はしつこく引き留めることはできないはずです。 理由はないけど仕事を辞める方法 「 こんな理由じゃ納得してもらえない…」「 何を言っても言いくるめられそう…」 そんな不安を抱えるあなたでも、今の仕事を辞められる方法があるんです。 今流行りの 退職代行サービスはご存知でしょうか? あなたの代わりに、あなたの会社と退職手続きを進めてくれるので、 理由を話さなくても退職することが可能なんです!• ・ 24時間LINE相談! 即日退職も可能• ・有給サポートで 実質負担額無料の場合有• ・3万円 全額返金保証で万が一の場合も安心.

次の

【例つき】仕事を辞めるときの理由

仕事 を 辞める とき

いま仕事が辛すぎて辞めるか迷っている人の中には、 本当に今が辞め時なのだろうか… あと1年だけ頑張ったほうがいいかも… と、仕事の辞め時が分からずに不安になり、無理をして踏みとどまってしまう人がいます。 実際に私もそうでした。 しかし、自分の気持ちを押し殺してとりあえず仕事を続けた結果、数年後にもまだ同じ問題に苦しめられているかもしれません。 なぜなら、会社には「辞めることでしか解決できない問題」が山ほどあるからです。 人間関係や仕事の悩みは、時間が解決してくれることはほぼありません。 ただ、このようなことを書いている私も、以前に「部下に差別をする最悪な上司」に悩まされて、無理をして続けてしまった結果、身体を壊したことがあります…。 「これ以上続けてもどうにもならない…」と思い転職を決心しましたが、職場を変えるだけであれほど辛かった悩みがきれいさっぱり消えてしまいました。 実際に私も上司に悩んで体調を壊す前には、朝目が覚めると「仕事に行きたくない…」と憂鬱な気分になっていました。 これが毎日のように続いたある日、 「通勤電車で吐き気がして座り込んでしまい、途中下車する」ということが何度もありました。 さらに、仕事中にストレスを感じると腕に「蕁麻疹(じんましん)」がでるようになりました…。 今思うと、身体が「これ以上、我慢していると大変なことになる」という危険信号のサインを発していたのだと思います。 幸いうつ病にはなりませんでしたが、この身体のサインを無視し続けていると精神的に病んでしまっていたと思います。 もし、うつ病になると1年経っても治らないこともありますし、長引けば会社を休職・退職することもありえます。 もし、毎朝のように「会社に行きたくない」という憂鬱な状態が続いていれば、それは仕事の辞め時のサインだと思ってください。 身体を壊してまで働かなければならない仕事なんてありません。 精神的に辛い時は「自分にはこの会社しかない…」と自信を喪失してしまいがちですが、世の中には本当にたくさんの会社があるので、辛い思いをしながら今の会社にしがみついている必要はありません。 「辛いなら、場所を変える」のも賢い選択のひとつです。 関連記事• 「人間関係が辛いという理由で辞めるの!? 」という人もいますが、会社員の一番の悩み事は『人間関係』で、多くの人は辛い人間関係が原因で退職しています。 なぜ人間関係が原因で辞めてしまう人が多いのかというと、この問題は「ほぼ解決できないから」です。 「あの人が嫌い」「アイツは無理…」といった心理は生理的なもので、簡単に変えることができません。 一度人間関係が悪くなると、修復は困難です。 このような職場の人間関係を解決する一番の方法は「人の異動」です。 チームや部署を変われば相手との接点がなくなって、人間関係の悩みは解消されます。 しかし、異動はその時の「部署の方針」や「人員状況」にもよるので、異動を申し出たからといってすぐに変われるわけではありません。 上司に相談したものの保留にされて、そのまま1年経っても何も変わらないということはよくある話です。 そのため、 いま人間関係で辛い思いをしていて「プライベートの時間もそのことが頭から離れない」という人は、「上司に異動を申し出る」のもひとつの手ですが、あまり期待しすぎずに、同時に次の職場探し始めるのがよいでしょう。 パワハラ上司の下についてしまうと、毎日のように「暴言」や「嫌がらせ」を受けて、仕事が手につかなくなり、そのうち会社に行くのが怖くなってしまいます…。 自宅にいる時でも上司の顔が頭をよぎり、心が休まる時間がありません。 そして、いつか精神的に追い詰められてしまい、心を病んでしまいます。 人事部に「パワハラ上司から離れたい」と相談することもできますが、そう簡単に上司を変えてもらうことはできないでしょう。 なぜなら、先ほど挙げた「人間関係」の問題の時と同じで、部署の人員のバランスやほかの社員の状況もあるので、「今すぐに上司を変える」というのは難しいものです。 いずれ「組織変更」や「ジョブローテーション」で上司から離れる機会があるかもしれませんが、それを待っていてはいつになるかわかりません。 もしかしたら、数年経ってもパワハラ上司から離れられないということも十分にありえます。 パワハラ上司の下で我慢して働いて、あなたの貴重な時間を無駄にしないでください。 「耐える=頑張る」ではありません。 頑張るなら、上司からのストレスがない職場で、存分に力を発揮しましょう。 関連記事• なぜなら、 いつも同じ仕事の繰り返しで物足りない日々を過ごしている人は『損』をしているからです。 同じ同世代の人はバリバリ働いて自分の能力や価値を高めている一方で、自分はその成長する機会を失っているのです。 同じ時間を過ごしていても、その経験の差は数年後には「天と地の差」になってしまいます。 もしあなたがこのまま成長が見込めないまま働き続けてしまったら、将来的に「年だけ食った会社のお荷物」扱いをされてしまいます。 また、年齢を重ねてから転職しようと思った時にも、経験値が少ないので「この年齢でこれだけしかできないのか…」と相手にもしてもらえないかもしれません。 成長できない環境に居続けることは、あなたの将来にフタをしてしまっていることと同じです。 「最近、成長できていないかも…」という気づきは次の職場へのステップアップを考える良いタイミングなので、なんとなく今の仕事を続けるのではなく、新しい職場に踏み出すことを考えてみましょう。 何が危険かというと、「取り残されて辞めづらい状況」になってしまうことです。 社員が次々に辞めていくと、その職場は当然「人手不足」になります。 社員が減れば新しい人を雇わなければいけませんが、会社側はこれを嫌います。 なぜなら、新たに求人募集することでお金がかかりますし、新しい人を育てるのにも時間がかかるからです。 そのため、 会社側は社員が1人、2人と退職していくと「これ以上、辞めさせるわけにはいかない!! 」と、強引な引き止めにあってしまいます。 そのため、人が辞めれば辞めるほど「残された人が辞めづらい状況」になってしまうのです。 私は以前、退職する時に「」があります。 毎日のように人を変えて引き止められてしまい、その期間は帰宅後も「どうやって引き止めから逃れればいいのか…」ということに頭が一杯になり、精神的にかなり消耗させられました…。 「最近、周りの社員が次々と辞めていくな…」と気づいたら、それは辞め時のサインです。 そのサインを見逃してしまうと、会社に取り残されてしまい、辞めようと思ってもしつこく引き止められて、辞めたくても辞められない状況になってしまうので注意してください。 関連記事• なぜなら、冒頭でも触れましたが、 会社には「辞めることでしか解決できない問題」がたくさんあるからです。 実際に私は「」ことがあります。 その当時は「今辞めてしまって本当にいいのか…」と悩みながら働いていましたが、そのうち通勤電車で何度も吐き気に襲われるようになったり、腕に蕁麻疹ができたりして、明らかに身体がおかしくなっていました。 「早く上司から離れなければ…」と思いましたが、当時の職場では「異動」や「ジョブローテーション」がほとんどなく、数年我慢したところでその上司から確実に離れられるチャンスはなかったので、仕事を辞める決心しました。 転職したら、それまで本当に辛くて辛くて仕方なかった悩みがきれいさっぱりと消えました。 今では、上司の嫌がらせで悩むことのない平穏な職場で働くことができています。 その経験から今仕事で辛い思いをしている人に伝えたいことは、「職場を変えるのが不安だからとりあえず続ける」という安易な選択をしないようにしてほしい、ということです。 変わらないことは楽ですが、それは「変わることで手に入るものを失っている」のと同じです。 あなたが望む職場を手に入れるチャンスを放棄しているも同然なのです。 職場の問題には「人間関係」や「仕事内容」「仕事量」など様々ですが、どれもすぐに解決するものではなく、あなたの力ではどうしようもないことが多いので、「今の職場を辞めたいなら辞めてもいい」と思います。 それが、最悪な状況を改善するために自分でできる解決策だからです。 「仕事の辞め時かも」と思ったら、転職の準備をしよう!! 以上が、『仕事の辞めどきがわかる6つのサイン:会社を辞める正しい時期の見極め方』でした。 よく仕事を辞められない人は「こんなことで辞めてもいいのかな…」と不安になる人がいますが、 私は「辞める」という選択肢が浮かんだ時があなたの仕事の辞め時だと思います。 たまに「今の仕事が嫌でも〇年は続けるべき」などと聞きますが、それは会社にとって都合のいい言葉でしかありません。 数年待ったところで根本的な問題が解決することは稀ですし、状況が変わらなかったところで誰も責任をとってくれません。 その場合「ただ嫌なことに耐えて時間を無駄にしただけ」になってしまいます。 そのため、「そろそろ辞めどきかも…」と思ったら、早めに転職の準備だけでもしておきましょう。 私は最悪な上司との人間関係で悩んでいた時から、『 』で求人情報をストックしていました。 そのおかげで「もう限界だ…辞めよう」と思った時にすぐ転職活動をスタートできたので、転職を決心してからかなり早いタイミングで辞めることができました。 これをするかしないかで、辞めるまでの期間が大きく変わると思います。 そのため、 「まだ転職まで考えていない」という人は、『使い方に慣れておく』『気になる求人だけチェックしておく』だけでも、「もう辞めたい…」と思った時にすぐに転職活動をスタートできます。 逆に、「辞めたい」と思ってから転職の準備を始めると、実際に辞めるまでにはかなりの時間がかかります。 「辞めたいのにまだ辞められない状態」になってしまい、この期間は仕事をするのがとても辛いので、ぜひ今から準備だけでもしておきましょう。 もちろんこれは『いざという時に備えた準備』なので、万が一「職場の状況が良くなった」場合は転職しなくてOKです。 『 』は無料で利用できるので、いまから登録しておいても損をすることはありません。 私は、以前の職場で働いていた時は、毎朝「また今日も上司に会うのか…憂鬱だ…」とネガティブな思いで一杯でしたが、今では「出社したらまずあれをやろう」「あの案件は午後にやろう」と仕事に対してポジティブに考えられるようになりました。 帰宅後や休日も、ONとOFFをしっかりと切り替えることができるようになり、プライベートの時間も充実するようになりました。 辞めないことで今あるものを失うことはないかもしれませんが、辞めることで手に入るものはたくさんあります。 何度も言いますが、「仕事の悩みは解決が難しい問題ばかり」です。 職場を変えることが自分でできる最も有効な解決策なので、ぜひ恐れずに前向きに働ける職場を手に入れてください。 「今の仕事が辛い」と悩んでいる人は、いつでも辞められる準備だけでもしておきましょう。

次の