トリカブト 保険 金 殺人。 トリカブト殺人事件を大野曜吉が真相解明!犯人はなぜ沖縄県で犯行を?動機は?【世界の何だコレ】|kaznaoのエントピ

『トリカブト保険金殺人事件』神谷力の生い立ちとは?冤罪トリック?

トリカブト 保険 金 殺人

保険金詐取目的で母娘3人を殺害した事件として、唯一生き残った父・荒木虎美が・された。 荒木は一貫してを主張したものの、第一審・控訴審でが言い渡された。 荒木はして争ったが、(元年)1月に病死したためとなった。 別府湾三億円保険金殺人事件 、 別府三億円事件 、あるいは単に 3億円保険金殺人事件とも呼ばれる。 また、被疑者・被告人の名前から 荒木虎美事件と呼ばれることもある。 母子に高額な保険金が掛けられていたことで注目を浴び 、悪質な保険金殺人事件が増加するきっかけとなったとされる。 また、荒木は、逮捕前から数々の疑惑が新聞や週刊誌で報道される中、に出演するなどして潔白を主張して世間を賑わせた。 概要 [ ] 1974年11月17日午後10時頃、大分県別府市の第3埠頭で、時速40kmほどで走ってきたが海面に転落。 不動産経営者の男(当時47歳)は海面を泳いでいるところを救助されたが、彼の妻(当時41歳)、長女(当時12歳)、次女(当時10歳)はした。 死亡した3人には、月々の掛け金が十数万円 で死亡時の受取金額が計3億1000万円と、極めて高額の契約が結ばれていたことから、保険金殺人の疑惑が浮上。 父・荒木虎美はに家屋に保険金をかけて放火した保険金詐欺でで懲役8年(恩赦により6年)の有罪判決を受けて服役した過去があり、他にも恐喝罪(に内縁関係にあった女性を医師に頼んで堕胎させておきながら、その医師を医師法違反などで恐喝した)や傷害罪(服役後に不動産業を友人で共同経営したが、その友人の妻をめぐってトラブルを起こした)で度々服役していたため、「九州一のワル」と呼ばれていた。 また、死亡した3人の他に長男(当時15歳)にも保険がかけられていたが、荒木自身の死亡に関しては全く保険をかけていなかったことも発覚した。 荒木は妻とは3か月前に結婚したばかりで、保険金がかけられていた長女・次女・長男の3人は荒木との直接の血縁関係はなかった。 長男の証言からドライブを提案したのは荒木だったこと、長女がそれを断ろうとすると荒木が怒ったことが判明している。 長男も荒木からドライブに誘われたが、受験勉強を理由に断ったため難を逃れた。 荒木は「自分と妻が交互に運転していたが、妻の運転中に自分が助手席で目を瞑っていた際に、運転していた妻の大きな悲鳴が聞こえ、目を覚ました時には既に自分は海中にいて、割れたフロントガラスから夢中で抜け出した」と主張。 「妻の運転による事故である」として保険会社に保険金を請求したが、保険会社は「の交通事故証明がなければ支払えない」と拒否。 警察は「事故が作為的なものかどうか結論が出ていない」と交通事故証明交付を拒否した。 その頃から、保険金殺人の疑惑があるとしてマスコミが報道しての様相を見せていた。 普及後の日本において、警察が逮捕する前から保険金殺人疑惑をセンセーショナルに先行報道した最初の事件と言われている。 また、荒木は運転していたのは妻だと主張していたが、実際には彼自身が運転していたとの疑惑が浮上。 警察は逮捕前から取り調べ同然の事情聴取をした。 荒木は保険金殺人疑惑を報じるマスコミを巻き込んで、「死ぬかもしれない危険を冒してまで保険金殺人をするわけがない。 できるというのなら、お前もやってみろ」と保険金殺人を否定した上で、自分に保険金が入ることの正当性を主張した。 12月11日、荒木は制作のワイドショー番組『』 に生出演。 背景には死亡した3人の大きな写真が飾られたスタジオセットで、司会者の、ゲストの作家やを相手に身の潔白を主張するも、ゲストの発言に荒木は激怒し、席を蹴って退場した。 この番組生放送終了後の同日午後5時50分にテレビ局裏で荒木は容疑で逮捕された。 海中から引き上げた乗用車の調査や裁判での証人の証言から以下のことが明らかになった。 車の鑑定で妻の膝に付いた傷と助手席ダッシュボードの傷跡が一致。 車に付いている水抜き孔のゴム栓が全て取り外されていた。 運転席前のルームミラーが固定式のものから脱落式のものに取り替えられ、外れやすくなっていた。 車のダッシュボードに窓ガラスを割るために被告人が用意したとされる金ヅチが入っていた。 事件当夜、事件現場前の信号機で停まっていた日産サニーの運転席に被告人が座っていたとする鮮魚商の男性の証言。 鮮魚商の男性は男の車が事故があった第三埠頭方向への交差点を左折したと証言。 被告人はその交差点では左折せずさらに先の第二埠頭前の交差点を左折し第三埠頭方向へ走ったと主張してこれを否定。 しかし事故当時の海岸付近は工事が行われており被告人が走行したと主張する道路はにより封鎖されていたため、被告人が主張する順路での車の走行が不可能であったこと。 「をヒントに家族に保険金をかけて車ごと海に飛び込み、自分だけ助かる手法で保険金を手に入れること」を被告人から打ち明けられていたとする刑務所仲間の証言。 また、保険金がかけられながらも死を免れた被告人の長男は、証言台に立った際「あの男を死刑にして欲しい」「お前がやったんだ!」と発言した。 しかし、これらは重要な証拠ではあるが、決定的直接証拠とまでは言えなかった。 、は被告人に判決を言い渡す。 をするも、9月、は控訴を棄却し、死刑判決を維持。 、にてをしようとしたものの、被告人は癌に倒れ、の医療刑務所に移送。 上告中のに被告人はで死亡し、公訴棄却。 享年61。 状況証拠しかなかったが、被告人に一審・二審とも死刑の判決が出されたのは、保険金という金銭的動機が容易に予想されたことだけでなく、短気な性格だった被告人が裁判中に、被告人に不利な証言をした証人を罵倒するなどして、裁判官の心証を限りなく悪くしたためと言われている。 「事故」発生 [ ] 転落 [ ] 転落した車両の (49年)11月17日22時ころ 、の第3埠頭に白いが現れた。 当日は小雨が降ったり止んだりしており 、肌寒い夜であった。 周囲の街灯は消えて 薄暗かったが 、周辺は釣り場として知られ、その日も7人が夜釣りを楽しんでいた。 その釣り人らの目の前で、時速約40で走行してきた車は、そのままブレーキをかける様子もなく海に飛び込み 、瞬く間にに沈んでいった。 車が海に沈んで約5秒後、海面に一人の男が浮かび上がってきた。 男は、岸に向かって泳ぎながら「助けてください」と叫んだ。 釣り人らがなどを用いて男を引き上げると、男は「車内に家内と娘二人がいる」と訴えた。 22時10分ころに釣り人の一人がし、通報を受けたはただちにを現場に派遣するとともに 、との隊に出動を要請した。 要請を受けて別府市消防署は消防署員4人を現場に派遣したが、県警機動隊からは、「夜はアクアラング隊は出動しないことになっている」として、朝まで待つようにとの返答であった。 パトカーが現場に到着したときには、すでに男は救助されていた。 「現場に残る。 家内、子供を助けてくれ」などと言う男を救急車に乗せ 、病院に搬送して検査を受けさせたが、両手の甲にかすり傷を負ったほかは異常はなかった。 一方、アクアラング隊の来ない現場では、消防署員がからのついたロープを投入して転落した車に引っ掛けて引き上げようと試みていた。 しかし、海中の様子も分らず当てずっぽうで投入しても、そううまくはいかなかった。 見かねた見物人の一人が知り合いに連絡してを手配した。 23時5分ころ、到着したダイバーが潜水し、海中の車の様子を確認した。 車は、岸壁から約11離れた海面下8メートルの海底に、車首を岸壁側に向け、車輪を上にした上下さかさまの状態で沈んでいた。 フロントガラスは完全に割れており、運転席側の後部座席の天井に2〜3名が重なって沈んでいるのが確認された。 23時30分、警察が要請した民間のが現場に到着した。 ダイバーが車にロープをかけて引き上げようと試み、1度目はロープが切れて失敗したが、2度目で沈んでいた状態のまま引き上げることに成功した。 ダイバーが報告した通り、車中の後部座席からは、下から男の次女・長女・妻の順に折り重なっていた3人の遺体が収容された。 なお、助手席側の窓は全開、運転席側の窓は11. 5開いており、ヒールを履いた妻の右足が運転席側の窓の隙間から外に出ている状態であった。 父による説明 [ ] 「事故」当日の23時ころ、捜査一課強力犯係長が助けられた父・荒木虎美の収容先の病院を訪ねて、さらに23時50分には別府警察署への出頭を求めた。 同署での事情聴取は翌11月18日3時ころに終わり、荒木は一旦自宅に戻ったが、4時には再度出頭を求められて、捜査一課長も加わっての事情聴取が行われた。 これに対して、荒木は、職業は「業及び業」であると名乗り 、転落に至る経緯を以下のように説明した。 当日は日曜日だったので 、以前から、に夜景を見にドライブに行く予定を立てていた。 午前中に別件を済ませたあと 、12時ころに迎えに行くと、長女は友達の誕生日パーティーに呼ばれて不在だったが 、以前から立てていた予定だったので呼び戻させ「親の言うことが聞けんのなら出て行け」と叱ると 、長女も渋々同意し 、受験勉強のある長男をのぞいた家族4人で 13時過ぎに出発した。 行きは私が運転し 、途中の乗り場やに寄った後 、17時25分ころにを抜けてに着いた。 展望レストランで夕食を取り、18時20分ころに帰路についた。 帰りは妻が運転するといったが、市街地の運転は危ないので、内を回った後に関門トンネルで九州側に戻ったところで妻と運転を代わった。 妻は、シートを一番前まで出して、を締め、補助クッションを背中に当てていた。 大分市内に入るころに、妻が別府湾の夜景も見たいと言い出したので見に行くことにした。 次女は後部座席に座ったまま眠り、長女も次女の膝に頭を乗せて眠っていた。 私は、助手席でに頭を預けて目をつむっていたが、眠ってはいなかった。 二度ほど右に曲がったすぐ後に、「あー、海!」だったか「あー!」だけだったか妻の声がし、その直後に海に転落した衝撃で体が前に押し付けられた。 あわててドアを開けようと手探りで探したが見つけられず 、目の前のが割れていたので、そこから車外に脱出した。 捜査 [ ] 初動捜査 [ ] 「事故」発生直後に現場に駆け付けたは、目撃者から聞いた事故の状況や荒木の態度などに違和感を感じた。 車はスピードを出したままブレーキもかけずに海に飛び込んでおり、実際に現場にはスリップ痕もなかった。 荒木は妻が運転し自分は助手席にいたとやたらと強調し、また、妻子が車に残されているにしては荒木の態度は落ち着いていた。 そして、数千万円の保険がかけられているという話を荒木自身が口にした。 不審を抱いた警察は、別府署の捜査員、さらに県警本部から捜査1課、鑑識課を現場に派遣して調べにあたっていた。 「事故」の翌日の(49年)11月18日 、・違反被疑事件として 妻子3人の遺体がされた。 は3人ともであり 、以下の所見が得られた。 同日、は、同じく業務上過失致死の容疑でから許可を得て引き上げた車両の検証を行い 、以下のような状況が確認された。 は、窓枠の一部に破片が付着するほかは完全に破損している• には、灰皿の手前からフロントガラスの方向に、灰皿をまたいで約5の擦り傷があった• 助手席前、下方のグローブボックスの下側のふちが、2か所少しへこんでいた• 灰皿は外れており、車内に見当たらなかった• 運転席側の窓ガラスは11から12センチメートル開いており、助手席側の窓ガラスは全開で、ともに異常はなかった• は運転席にのみ取り付けられており、正常に作動した• 運転席下にはハイヒール片方と女物のセーター、助手席前には防水用懐中電灯と男物の靴片方があった• 助手席前のは閉まっており、中には柄の長さ36センチメートル、頭部14センチメートルのがあった 荒木に対しては、連日のようにが行われた。 これに対して荒木は、夜に雨の中を時速130から140で運転してきたため疲労が蓄積していたであろうこと、第3埠頭は照明も消えて海面と路面の区別がつきにくかったことなどから、妻の過失による事故であろうと供述した。 また、そうでないとすると、特に長男が荒木に反抗的で、妻は子どもと荒木の間で板挟みになっていたこと、荒木の女性関係に悩んでいたこと、病弱で外のがあってではないかと不安を抱いていたことなどから、絶望しを図ったのかもしれないとも述べた。 しかし、警察は、妻による業務上過失致死の容疑での捜査を続けつつ 、荒木によるの線での内偵捜査も進めていった。 これは、荒木に対する最初の事情聴取で多額の保険が掛けられていることが判明したことに加えて 、「九州一のワル」 「犯罪のプロ」 などと呼ばれていた荒木の経歴も理由であった。 被疑者 [ ] 荒木虎美は旧姓を山口といい 、(2年)3月9日 、(現)に生まれた。 実家は1. 7の田畑と山林を持つ 比較的裕福なであった。 後に妹が2人生まれ、3人兄妹の長男として育ち 、幼いころから秀才として知られていた。 (昭和18年)12月にを繰り上げ卒業するとに進み 、の整備士などをして終戦を迎えた。 山口自身は、となりに選ばれて 指宿基地から2度出撃したがエンジントラブルで果たせず 、終戦時はで一等飛行兵曹だったと語っている。 山口は(昭和22年)秋に隣村の娘と結婚し 、(昭和23年)に新制青山中学校のとなった。 生徒には人気があったが 、(昭和24年)2月 、妻とは別に交際していた村の娘をさせてしまい 、佐伯市内でもぐりでをしていたにさせた。 ところが、その際に娘が鍼灸師に強姦されたことを知ると 、駐在所の巡査になりすまして「医師法違反と堕胎罪を世間にばらす」と迫り 、この鍼灸師に堕胎費用として渡していた1500円のうちの800円を脅し取った。 この事件が発覚して逮捕され、代用教員の職を失った。 ただし、知人には、左翼運動でに近づいたためとして弾圧を受けたと話していた。 村では山口に同情する声があがり、減刑嘆願のも行われたものの 、同年末に1年2月、3年のを受けた。 その後、に移ってを営むもうまくいかず 、(昭和25年)2月にはで店がした。 山口は保険金として16万2500円を受け取った。 この火事は、山口によるとして処理されようとしていた。 しかし、火事の2週間前にがかけられていることなどに 別府区検察庁の副検事が疑問を抱き 、と保険金でされた。 山口は失火は認めたものの 放火と保険金詐欺については犯行を否認してまで争ったが 、火災発生時に山口が店にいたという目撃者が現れたことなどから 最終的に懲役8年の判決を受けて服役した。 この時も山口は、反権力活動に邁進していたのが権力側に目障りになったためでっち上げられたものと主張した。 なお、この裁判では、中に青山村のに忍び込んで用紙を盗み証書を偽造したとして逮捕され、放火事件と併合審理されている。 山口は発効の際のにより減刑されて 5年半で仮出所するとを始めた。 しかし、その後も(昭和41年)4月に・同行使事件(懲役1年6カ月、執行猶予5年) 、(昭和42年)7月には不動産業の共同経営者の妻とのトラブルに絡んで 、、事件(懲役3年6カ月)を起こして服役し 、(昭和47年)11月にを出所した。 さらに、(昭和48年)1月には未遂事件を起こし、転落事故当時は、懲役6カ月の判決を受けてしており 、保釈中の身であった。 山口は、最初の妻との間に2人 の子どもをもうけたが 、火災保険詐欺の裁判で不利な証言をしたことに激怒して (昭和35年)にしていた。 その後、離婚した妹の娘を「子連れでは再婚に差し支えるだろう」と養女としていた。 1972年(昭和47年)11月に宮崎刑務所を出所した山口は、別府市内で不動産として生計を立てた。 といっても、不動産業として県知事の認可を受けたものではなく 、不動産取引に口をはさんでは仲介料や手数料をせしめるものであった。 そのような中、山口はを受給しながら3人の子どもを育てると知り合い、約1年の交際を経て(昭和49年)8月1日に籍を入れた。 子どもたちへの配慮から 山口がの形で妻のに入って荒木姓を名乗り、あわせて、その連れ子3人ともを結んでいた。 荒木は、あらゆる裁判において起訴事実を否認し、最初の恐喝事件以外のすべての裁判で最高裁まで争っていた。 このため、九州の司法関係者の間では「九州一のワル」 「犯罪のプロ」 などの名で知られていた。 荒木虎美と言われてもピンとこなかった捜査員も、彼の顔を見、旧姓が山口と知って身構えた。 疑惑 [ ] こうした荒木の経歴に加えて、調べれば調べるほど荒木の周辺からはさまざまな疑惑が浮上した。 妻子に掛けられていた保険 保険会社 契約日 被保険者 災害死亡時の 受取保険金 受取人 保険料 9月2日 長男 長女 次女 3000万円 3000万円 3000万円 荒木の姪(養女)・長女・次女 荒木の姪・長男・次女 荒木の姪・長男・長女 月額51,540円 9月10日 長女 次女 3000万円 3000万円 荒木の姪・次女 荒木の姪・長女 月額21,000円 9月13日 妻 長女 次女 4000万円 2000万円 2000万円 荒木の姪・次女 荒木の姪・次女 荒木の姪・長女 月額29,756円 10月2日 妻 6000万円 荒木の姪・次女 月額31,220円 10月12日 妻の車 (搭乗者保険) 一人500万円 法定相続人 年額33,720円 安田火災海上 10月12日 長女 次女 1000万円 1000万円 荒木の姪 荒木の姪 年額16,000円 11月5日 妻の車 (搭乗者保険) 一人500万円 法定相続人 年額29,820円 多額の加入 荒木が事故当日ので数千万円の保険に入っていると話していた通り 、調べを進めると多数の保険に加入していることが判明した。 荒木は「事故」の前年(48年)の6月ころから複数の保険会社を自ら訪ねては保険の相談をしていた。 6月13日ころには搭乗者1名につき500万円・1事故につき最高2500万円のに加入したものの、これは翌月に「馬鹿らしいからやめた」と 保険料を払わなかったため失効した。 しかし、その後も11月ころまで複数の保険会社から保険に関する説明を受けている。 結婚直前の(昭和49年)7月ころから 再度保険会社を訪ねて妻子を保険に入れたいと相談するようになる。 そして、8月1日に結婚すると、9月2日から次々と大口の保険に加入していった。 保険会社からの保険内容の説明に対して、荒木は被保険者が死亡した場合に関する質問を繰り返した。 また、子どもが被保険者であるからと貯蓄型を薦めた保険会社もあったが、荒木は貯蓄型には目もくれず 、全て保障型ないしで契約した。 一方で、一家の大黒柱であるはずの荒木自身については 、「すでに他社で十分な保険に入っている」などとして加入していない。 保険会社の中には、に利用されるのではないかと訝しむ会社もあったといい 、実際、審査に時間がかかったことに荒木が抗議して申し込みを取り消したものもあった。 保険料の支払いは、月払い・半年払い・年払いと様々であったが、月あたりに平均すると13万円であった。 これは当時ののの2か月分に相当し 、荒木の収入に比してあまりに過大と思われた。 最終的にこの「事故」で3人が死亡したことにより支払われる予定の保険金は3億1000万円にのぼっていた。 「事故」が起きたのは、総額が3億円を超えることになった 最後の保険契約から12日後のことであった。 受取人は、契約上は荒木の姪が1億4000万円、長女が3500万円、次女が8500万円、長男が2000万円であったが 、妻・長女・次女が死亡した結果、である荒木が1億4600万円あまり、荒木の姪が1億4000万円、長男が2300万円あまりを受け取る計算となっていた。 結婚に至る経緯 荒木は、1972年(昭和47年)11月にを出所して内に借家を借りると 、翌1973年(昭和48年)6月ころから 、などを訪ねるようになった。 荒木は「子どもが大好きで、自分の子どもはもう大きくなったので、の子どもたちに父親の味を知らせてやりたい」 、「子どもは多ければ多いほど良い」などと言って適当な女性を紹介してくれるよう頼んでまわった。 結婚相談所からは1人の女性を紹介されたが相手から断られ、その後は紹介すること自体を断られた。 福祉事務所では荒木の本心を疑い、はなから取り合わなかった。 福祉事務所の分室で紹介された宅を訪れた際には、「子供がそんなに好きなら、の人と限定しないで、で色々と行事もあるので、そのような時に参加したらいいのではないですか」と言われたものの、荒木は「いや、未亡人の家庭でないと困る」と即答している。 その民生委員から自治委員を紹介され、7月ころに後に妻となる未亡人を紹介された。 彼女は同年5月に夫を亡くし、を受けながら3人の子どもを育てていた。 荒木は、彼女がを持っていると知ると急接近し 、9月には彼女らの住む借家から路地を挟んだ向かいのマンションに引っ越し 、ドライブに誘ったりプレゼントを贈るなどして歓心を買った。 そして、1974年(昭和49年)3月に 「私はかなりの不動産を持っている。 子供の養育費ぐらいなんとでもなる」などと言ってし 、8月1日に結婚した。 この時、二人を紹介した自治委員にのを依頼したが 、荒木のことを「アレ」と呼ぶなど毛嫌いしていた 長男が二人の結婚に反対していることを知っていた自治委員は断ったため 、荒木の妹夫婦を無断で保証人として婚姻届を提出している。 結婚生活 3か月半の結婚生活も奇異なものだった。 は行われず 、妻の親族へ挨拶に行ったのは11月3日になってからであった。 2人は結婚後も結婚前と同様に別居を続け 、荒木に用があるときに妻をマンションに呼びつける生活であった。 近所の住民も、妻の職場の同僚も、妻が結婚したことを知らず 、知っていたのは結婚によって生活保護を打ち切られたという情報を伝えられた自治委員くらいだった。 また、荒木も姪をはじめ自らの親族に結婚したことを知らせていなかった。 子どもたちは新しい父になつかず、荒木のことを「アイツ」「あの人」などと呼んでいた。 妻は生前「そのうち、お父さん、と絶対に呼ばせて見せる」と話していたが 、特に長男は荒木のことを「あれ」と呼び 反抗的な態度をとっていた。 荒木らは「事故」以前にもたびたび家族でドライブに出かけているが、長男は一度も参加していない。 一方、子ども好きと言っていた荒木も、子どもたちに対して父親らしく振る舞うでもなかった。 妻の親族にあいさつした際には、「何も財産のないところに養子に入ったのですから、誰も何も(文句は)言わんでしょう」と言って居丈高に振る舞い、妻の姉から長男を高校に行かせるのかと問われて「頭の悪い子を学校にやってもしょうがない。 大工か左官にした方がましじゃ。 」と答えている。 多数の愛人の存在 荒木は、後の裁判で明らかになっただけでも、妻のほかに3人の女性と同時進行で交際し、結婚後も関係を続けていた。 1人は出身の46歳の女性で、を経験した後に別府市内で小さな飲食店を切り盛りしていた。 荒木とは1973年(昭和48年)7月に知り合い 、秋には熊本の養母にも紹介している。 別の1人は結婚25年で3人の子を持つ45歳の人妻で、かつて別府市内でをしていた時に店の常連だった荒木と知り合い 、1973年(昭和48年)9月に再会してから深い関係となった。 1974年(昭和49年)4月には約20日間をかけて四国・九州をドライブ旅行している。 さらに、荒木に自宅を500万円で買い取ると言われて権利書を渡し、一銭も受け取っていないにもかかわらず言われるがままに領収書を書いている。 最後の1人はに住む38歳のの女性で 、戦争中に荒木が時代に下宿していた家の娘であった。 その当時はまだ小学生だったが 、1974年(昭和49年)4月に荒木が突然この下宿先を訪れて再会していた。 荒木は彼女が独身だと知ると猛アピールし 、ほどなく彼女が荒木のマンションを訪ねて夜をともに過ごすようになった。 荒木は、夏に指輪を贈ってプロポーズし 、「事故」の1か月前には彼女の職場の上司に会って結婚したい旨を伝えている。 この指宿の女性は、飲食店の女性の存在を知り「約束している女性がいるのなら同じ女性としてその人を不幸にしたない」と書き置きを残して去ったが、荒木は慌てて電話で「飲食店の女とは何でもない。 昔はいろんな女と同棲もしたが、そんなことはもう卒業したから、自分のことを信じてくれ」などと伝え 、週末には車を飛ばして指宿まで行って「ここで、貴女をあきらめると、自分は一生後悔することになると思って、千里の道を飛んできたんだ」などと言って信用させた。 荒木が結婚していたことを彼女が知ったのは、「事故」後の新聞報道によってであった。 荒木の妻は、結婚前、荒木のマンションに頻繁に女性が出入りするのを知って結婚をためらっていたが、荒木は「ああいう女とは、単なる遊びだ。 自分が本当に好きなのは、シロウトのあんただけ」などと弁解していた。 「事故」前後の言動 そのほか、「事故」前後には荒木の不自然な言動も多々見られた。 荒木は、「事故」直後に姪に病院まで着替えを持ってこさせているが、その際に別の車のに入っている封書をすぐに焼くように命じている。 この封書は荒木が事前に書いていたであったが、絶対に開けないよう強く命じられた姪は、指示通り開封せずに焼却した。 この遺書は、万が一計画が失敗して荒木が死んだときに、姪が保険金を受け取れるよう指示する内容が書かれていたのではないかと疑がわれた。 11月19日に執り行われた 母子3人のには、夫であり父である荒木は出席せず 、葬儀当日の会場に少しだけ顔を出しただけであった。 その際に妻の親戚から「あんた、わざと飛び込んだんじゃないのか」などと厳しい口調で問い詰められる場面があったが、荒木は涙一つ見せずに激しくやりあい、それを見ていた長男は「あいつはすかん」とそっぽを向いたという。 その後、残された長男は、荒木と顔を合わすこともなくの祖父母に引き取られた。 また、転落車には、運転席にだけシートベルトが後付けで取り付けられ 、車体の水抜き孔のゴム栓は取り外されていた。 これらから警察は、によるの疑いを抱き 、連日荒木の事情聴取を続けた。 も、高額の保険金や荒木の女性関係をこぞってとりあげた。 しかし、これらはばかりであり、「事故」が荒木の犯行であるとする直接的な物的証拠はなかった。 これに対して荒木は、テレビの取材や新聞・雑誌のインタビューにも積極的に応じて自らの潔白を主張した。 運転していたのは妻であり 、転落は単なる事故か、あるいは妻のであろうと繰り返し主張した。 数々の疑惑については、「保険は子供たちの将来ののために入った」 、「私が入らなかったのは保険が大嫌いだから」 、「だから私は受取人にもなっていない」 、「妻子と同居しなかったのは子供たちとの関係の悪化を避けるため」 、「葬式に出なかったのは、妻の身内から何時間も攻められたことから、私の身内と相談して出ないことにしたもので、この疑いが晴れたらするつもり」 などと説明した。 さらに、子連れの未亡人と結婚しようが多数の保険に加入しようが、それらは事故か殺人かという刑事問題とは次元の違う私生活の範疇であり 、警察やマスコミは3億1000万円の保険金を受け取ることに嫉妬しているだけだと主張した。 そして、「年収700万円の私にとっては月々13万円の掛け金は何と言うことはない」 と語ったあとには「まあ、やの給料じゃ無理だろうがね」と続け 、「私はたまたま助かっただけで、もしかしたら死んでいたかもしれないのに、計画的にこんなことができるわけがない」 と主張したあとには「できると思うなら、あんたらも飛び込んでみたらどうだ?」とニヤリと笑って付け加えた。 マスメディアは、荒木の雄弁に、また人もなげに語るさまを「荒木節」と呼んで面白がった。 逮捕 [ ] 当時の 事故から10日後の(49年)11月27日、荒木は交通課を訪れて、の請求に必要な事故証明書の交付を求めた。 警察は「事故が作為的なものか調査中で、まだ結論が出ていないので事故証明書は出せない」などとして交付を拒んだ。 荒木は、「事故証明書は事故があったかどうかを証明するもので作為的であったかどうかとは無関係だ」などと執拗に抗議したが、警察は頑なに拒否の姿勢を崩さなかった。 12月4日 、はすっかり有名人となっていた荒木を『』のスタジオに招いて出演させた。 荒木も、自分の無実と警察の横暴を訴える場としてこれに応じていた。 当日、荒木は「私は妻の運転する車に同乗して、危うく命を失いかけた被害者で、愛する妻子を一挙に失った哀れな夫、父親なんです」と訴え 、車から脱出した様子を身振り手振りで説明した。 テレビでの派手なパフォーマンスを終えて別府に戻った荒木のもとには多くの報道陣が集まり、荒木はそこでもとうとうと自らの主張を語った。 気をよくした荒木は 、9日に再度事故証明書の交付を求めて別府警察署を訪ねた。 しかし、警察署の対応は前回と変わらず、あっさりと拒否された。 警察は、この時点ですでに荒木の方針を固めていた。 12月4日にのに依頼して鑑定を実施し 、6日には鑑定書が届いていた。 牧角教授は、母娘3人の解剖所見と事故車の状況を検討し 、運転席にいればがあるため胸部に強いショックを受ける一方で前方の構造物に衝突する可能性はないとしたうえで 、「妻の右上腕部のは、右半身が先行する形でに衝突して出来たものといえる」 、「妻の右ひざ下と左ひざ内側の皮下出血はグローブボックスのへこみと一致する」などから 、事故時に妻は助手席におり、運転していたのは荒木であると鑑定した。 さらに同じ12月6日に、かつてで荒木と同房だった受刑者から、荒木がを計画していたという証言も得ていた。 この同房者によると、荒木は入所時や出所後にを引き合いに出して「あれは運転していた者が言いさえしなければ、交通事故の一種だ。 過失によるものか、計画的なものか、自殺かどうかもわからんから、罪に問われん。 」 、「イチかバチか、自分の身を掛けてしなければ、金儲けはできない」 、「車や人に保険をかけて、海に飛びこむのが確実な儲け方で、自分が助かれば保険金が入る」などと語っていたということであった。 12月9日夜 、別府警察署はこれらをもとに に荒木の逮捕状を請求。 翌10日付で発付を受けた。 当時の本社 12月11日、荒木は再度『3時のあなた』に出演した。 これは、荒木の方から出演を持ちかけたという。 荒木はこの日も自らの潔白を饒舌に語っていたが 、司会者のやゲストの・から 「事故」の目撃者の証言と荒木の説明の矛盾を質問されると 、「証言者が何人いようと、そんなのはみんなウソだ」 、「そんなに私の言うことが信じられないのなら、あなた、自分で水中に飛び込んで、実験してみるがいい!」 などと怒鳴り散らして席を立った。 荒木をはじめ番組出演者は知らなかったが 、当日ののには荒木の「逮捕状請求」を報じる記事が掲載された。 荒木は、スタジオから退出後もスタジオ裏で『』のなど の記者からを受けて自らの主張を強弁していたが 、その場で警察が逮捕に向けて動いていることを知らされると「予想していたことだ。 逮捕は警察の都合だ、の陰謀だ」と語った。 同日17時50分 、荒木は、フジテレビを出たところで の捜査員に容疑で逮捕され、翌12日に大分へ空路で護送された。 荒木は、護送中のインタビューに「まあ、これからの裁判を愉しみに見ていて下さい」と答え 、集まったやじ馬に向けては「こんな事故が、裁判になるものか。 おれはぜったいにシロだ!」などと叫んだ。 12月13日、別府警察署はに事件を送致した。 起訴 [ ] ・はしたものの、・は、公判を維持する上で荒木を犯人とする直接的な証拠が不足していると認識していた。 大分地検は、所属する8人ののうち 7人でこの事件を担当したことに加え 、からの応援を得て、大分地検はじまって以来最大級の布陣で慎重に捜査を進めた。 一方の荒木は、旧知の木村一八郎に弁護を依頼した。 木村弁護士は、(24年)の事件で荒木の弁護を担当したのに始まり、(昭和25年)の詐欺事件・(昭和48年)の恐喝未遂事件でも荒木の弁護にあたっていた。 木村弁護士のもとには荒木の弁護から手を引けという脅迫状が全国から数十通届いたが 、木村弁護士は、「本人の自供がないかぎり、公判で十分たたかえると確信している」 、「公判の段階で、警察が出してくるもろもろの証拠をつぶしてゆく自信はある」などと語り、荒木の弁護に自信を見せた。 荒木自身も、取り調べでは完全否認を貫き 、「物証がなくて、どうやって公判を維持できるのか」 などと高圧的な態度を崩さなかった。 荒木を担当した若手の検事は、「九州一のワル」などと呼ばれる荒木の取り調べに緊張し、神経性のになったという。 また、荒木は、自らの主張をまとめた長文の手記をに送り付けたりもした。 12月21日、警察は重要な目撃証言を得た。 目撃者は内に住む鮮魚商で、「事故」があった11月17日の22時ころに白いが事故現場に向けて走っているのを目撃しており 、運転していたのは50歳前後の大柄な男だったと証言した。 鮮魚商はこの2年前に子どもが事故にあっていたが、犯人は不明のままとなっていた。 このため警察に対して不信感を抱いており、この目撃情報を警察に話すことはなかった。 年末の繁忙期に何度も事情聴取されたら商売に影響するという思いもあった。 しかし、12月13日にあった 忘年会の席上でこの「事故」が話題に上り、荒木が「運転していたのは妻」と主張していることについて「あの夜、虎美が運転しているのを見た」と口を滑らしたことを警察が聞きつけ、熱心な説得を受けて聴取に応じた。 鮮魚商によれば、「当日の妻の実家から妻子を乗せて自宅に向かっている途中、の前の三差路からに入ったところで白色の日産・サニーと出会った。 途中、信号待ちの時に隣になったサニーの運転席を見ると、荒木とよく似た男が座っていた。 22時ころ、サニーは別府国際観光港に向かって左折していった。 」とのことであった。 転落実験が行われた瑞穂埠頭の 12月26日には、がで転落実験を行った。 4台の日産・サニーを準備し 、運転席または助手席にを乗せ、妻子の体重と同じ砂袋をそれぞれの乗車位置に乗せて、時速40で岸壁から転落させ、転落・沈没の様子を陸上と海上および海中から7台のなどで撮影して検証した。 3台のうちの2台には車内にもビデオカメラを設置した。 この実験によって、以下の結果が得られた。 着水から水没までは約15秒• 1号車・2号車の海中の様子はヘドロで確認できなかったが、3号車は着水後約45秒後でも海面に垂直になっており、約65秒後には天井を上にしたあおむけの状態になっていた• は着水の衝撃では割れず、やダミー人形の頭部が衝突したために割れたと思われる• 転落時、を締めてを強く握っていれば、運転者はほとんど受傷しない• 助手席に乗せたダミー人形の足に、妻の足に見られた傷と酷似した傷がついた こうした捜査を経て、年が明けた(昭和50年)1月2日、熊本地検は本人否認のまま 荒木をでに起訴した。 第一審 [ ] 私選弁護人の辞任 [ ] (50年)3月17日、で初が開かれた。 検察側の「を物色して(妻)と結婚し、その翌日から妻子に多額のをかけ、妻子をを装って殺害し、保険金を詐取しようと計画。 妻子三人をドライブに連れ出して自分の運転する車で海中に転落し、妻子をさせた」 とする起訴状の朗読に対して、荒木は「ヘタな作文の棒読みはやめろ!」と声を上げ 、続くでは「下司のかんぐりだ。 もはなはだしい。 」と全面的に否認した。 初公判後、検事正は「検察側としては、最大のポイントである荒木の運転による殺人の実行行為を立証して見せる。 裏付けとしては、と松倉豊治の鑑定書、横浜での転落実験データ、さらに目撃者の証言で組み立てていけると思っています。 」と自信を見せ、木村は「荒木はです」、「や一部のを使って世論を荒木が殺人犯のようにもっていこうとする。 こんなことは許されるべき事ではないんですよ。 」と語気を強めた。 しかし、4月16日に行われた第2回公判で、木村弁護士は、ほかの事件も多数抱えている中で これほどの大事件を一人では担いきれないと辞任の意向を示した。 当時木村弁護士は71歳。 弁護士や大分県副会長の浜田英敏弁護士などに声をかけて弁護団の結成を目指したが、資金不足から断念したという。 裁判所は急遽を選任することとなり、大分県弁護士会の推薦した7名の候補のうち2名が辞退するなど難航したものの 、山本草平・徳田靖之・小林達也の3弁護士を 5月27日に国選弁護人に選任した。 荒木は「(木村)先生がやってになるならあきらめる」が「国選弁護人は信用しない」と言い 、選任された弁護団に「法廷において出来ること(すなわちの認否や尋問など)は、自身でもってやるから、先生がたは何もしていただかなくて結構です。 そのかわり法廷で出来ないこと(すなわち身柄を拘束されている被告人に出来ないこと)のみをお願いします。 」と言い放った。 また、木村弁護士同様、国選弁護人のもとにも「なぜあんな悪党の見方をするのか」、「この先弁護を続けるなら、お前を殺すぞ」といった電話や脅迫状が届いた。 運転者に関する審理 [ ] 牧角鑑定・松倉鑑定 [ ] 検察側は当初、起訴状に沿って、犯罪全体の順を追った立証を行う方針であった。 しかし、弁護側は、公平で迅速な裁判をおこなうため実行行為に関する証人調べから行うべきと主張し、裁判所もこれに同意した。 裁判で主要な争点となったのは、「転落時に運転していたのは荒木か妻か」 、そして、「荒木が運転していたのを見たという鮮魚商や犯行計画を聞いたという元同房者の証言は信用できるか」であった。 「事故」現場での現場検証、東京へ出張してでの海中転落実験の鑑定書審理などを行った後 、(51年)6月21日の第12回公判からのに対する証人尋問が行われた。 牧角教授は鑑定書と尋問で、乗員の負傷の大部分は着水時の衝撃で生じるとし 、妻の下肢の傷と前荷物棚下縁部にあるへこみが一致することから 、妻は助手席に乗っていたと判断できると証言した。 しかし、弁護人から、鑑定書に「荷物棚の縁には新しい変形部が二カ所認められる」とある点について、なぜ荷物棚のへこみが新しいもので海中転落時にできたものと分かるのか問われると返答に窮し、その他の点でも証言は二転三転した。 牧角鑑定について、検察側は「死体の傷が、すべてを物語っており、目撃証言が加われば、荒木の犯行を疑う余地はない」と評価したが、弁護人は「乗車位置の鑑定は、の領域を超えたもの」、「写真鑑定だけで傷の新旧は論じられない」などと評した。 また、荒木は妻の両膝の傷は、のにある急な階段で転んだ時のもので、事故の前にできたものだと主張し 、牧角教授に対して「良心的な学者なら、こんな鑑定は、不可能とことわるべきだ」と批判した。 一方、7月19日の第14回公判で証言した教授の松倉豊治は 、「妻の下肢の傷は荷物棚にあたってできたものであり転落時に妻は助手席にいた」とする鑑定結果こそ牧角鑑定と同じであったが 、妻の傷は着水前に受傷したものと鑑定した。 すなわち、離岸直前にを左に切ったために生じたによる「前方向もしくは右前方向」の衝撃により生じたものであるとした。 しかし、松倉教授は、後の第44回公判になって、突如、着水時の衝撃により生じたものと自らの証言を覆したが、同公判で弁護人から転落実験の結果からは着水時の衝撃はそれほど大きくないと指摘されると 、車両が離岸する瞬間の減速衝撃によって受傷したとさらに証言を翻した。 そして、検察官から妻の傷が着水以後の衝撃で生じた場合はどうなるのかと問われると、「前提が変わるのであるから、もう一度検討をやり直さなければならない」と答えた。 目撃証言 [ ] (51年)9月13日の第16回公判と翌日の第17回公判には、「転落現場に向かうを見た。 運転していたのは男だった。 」などと証言していた鮮魚商が証人として出廷し 、運転していた男は荒木に「よく似ている。 九分九厘似ている。 間違いないと思う。 」と証言した。 鮮魚商は捜査段階では日産・サニーに注目した理由を「前を走っていたから」と話していたが 、公判では、の「車を運転していれば毎日無数の車とすれ違ったり並走するのに、その車の運転者に興味を持ったのはなぜか」との疑問に 、「友だちの車に似ていたから」と答えた。 弁護人はさらに、鮮魚商は、警察では「荒木に酷似した男だが、断定はできない」と述べ、検察では「確かに似た男だった」と言い、法廷では「間違いないと思う」と微妙に表現が変わっている点を問いただし 、荒木自身も被告人席から身を乗り出して横顔を見せつけながら「あなたが見たというのはこの私か」と迫った。 弁護側の執拗な追及に、かえって鮮魚商は「いや絶対にあんた本人だ。 あの夜のあんたの顔を忘れることはできない。 」と叫ぶように断定した。 荒木は、公判後の9月22日 、鮮魚商をとでにした。 鮮魚商は公判では迷惑がかかるからと友人の名前を明かさなかったが、検察は所有者と車両を特定して9月20日に写真撮影した。 その車両は、10002ドア44年型の日産・サニーだった(転落した車両は1000cc2ドア43年型)。 ただし、その写真を証拠申請したのは約2年半後の(昭和54年)3月19日で、光の反射により車両の色がはっきり分からないものであった。 なお、その車両は、(昭和52年)3月22日ににされており、色は青だった。 鮮魚商は、後の第58回公判にも呼ばれてその場で友人の名を明かしたが、弁護人は「ふつう人は、車を色でおぼえるが、所有する車種や年式を知りながら、色をまちがえるなどまったく不自然である」と指摘している。 法廷外の雑音 [ ] 裁判所長の反論文 [ ] (51年)9月、に一通の読者からの投書が掲載された。 それは、仮に荒木が助手席にいたとしても運転席の妻をはねのけてを操作することはできたはずだとして、「どうして捜査当局は荒木の運転席問題にとらわれすぎるのだろう。 荒木が助手席に座っていたとしても何もこの事件の解決にかかわりないと思う。 」と裁判の推移に疑問を呈するものであった。 これに対して、の西村法所長が、同じ大分合同新聞に意見を寄せた。 西村所長は、「荒木が運転席の妻をはねのけておいて、ハンドルを操作して犯行を実行したのかどうかということ自体が、犯行の具体的状況として、法廷で証拠により立証されなければならない」として「荒木が座席のどちらかに座っていてもどちらでもよいという問題ではない」と反論し、「いかに凶悪な事件を起こしたとして起訴された被告人であっても、法廷で証拠により有罪が立証されなければならないことはいうまでもなく、このような被告人でも、法廷のルールに従っている限り、法は平等に適用されなければならない」と説いた。 法廷で転落時に運転していたのが荒木か妻かが争われているさなかに、当該裁判所の所長の事件に関する意見が発出されたことは波紋を呼んだ。 大分地検の検事は裁判所の意図を訝しみ、世間でも荒木もありえるとのムードがにわかに広がった。 「カミカゼ実験」 [ ] 転落した車両の (51年)10月10日2時過ぎ、の第3埠頭に白いが現れた。 周辺は釣り場として知られ 、その日も釣り人が夜釣りを楽しんでいた。 その釣り人らの目の前で、時速約40で走行してきた車は、そのまま海に飛び込み、瞬く間にに沈んでいった。 車が海に沈んでまもなく、海面に一人の男が浮かび上がってきた。 釣り人の一人のを受けて駆け付けたの警察官に対して 、35歳の男は、「荒木の証言に疑問を持ったので実験した」とし、「計画的な場合はほぼ助かることがわかった。 裁判の証人に立ってもよい。 」と話した。 警察は、犯罪性はないとして、事情聴取だけで済ませた。 新聞や週刊誌はこの件を「カミカゼ実験」などと呼んで報道したが 、その内容は、その正義感を賞賛するものから 、「日本一のお節介」とするものまで賛否は分かれた。 荒木は弁護士からこの「実験」の話を聞かされたが、「売名行為」と歯牙にもかけなかった。 犯行計画・準備行為に関する審理 [ ] (52年)1月25日の第21回公判から2月21日の第23回公判にかけて、荒木から犯行計画を聞いたというでの荒木の同房者Tに対する尋問が行われた。 Tによれば、宮崎刑務所に服役中に荒木からの載ったを見せられ 、出所後の(昭和49年)7月18日に荒木の部屋を訪ねた際に同じ話をされたのに加えて、結婚し、保険をかけて、海に飛び込むという犯行計画を聞かされたという。 Tはその後も何度か荒木と会ったが 、9月3日にでされ、9月19日に。 その後も余罪で追起訴を受けつつ、(昭和50年)8月に2年6カ月のを受け、この公判時も服役中であった。 この証言に対しては、供述調書の作成された(昭和49年)12月22日はTが余罪を追及されていた時期にあたり、余罪を不問にすることとの取引でに迎合する供述をした可能性があり、証言の任意性に疑問があると指摘。 荒木自身も、TのこれまでのをあげてTは信用できない人物であるとし 、「法廷でうそを言うなよ!このチンコロ! 」 、「裁判長、こんな懲役太郎のいうことをまさか信用するんじゃないでしょうね」などとTを罵倒した。 Tも激昂して応じたため、法廷には怒号が飛び交った。 5月20日の第26回公判には、別の元同房者Sが出廷した。 Sも荒木から犯行計画を聞いたと2年前に検察官に対して供述していた。 供述によると、荒木は宮崎刑務所に服役中に「刑務所を出たら、一発勝負をかける。 小さなことで何度も刑務所に入れられるより、大きく儲けねばつまらん。 」などと語っており 、1974年(昭和49年)3月末か4月には荒木の部屋で具体的な保険金詐欺の計画を持ちかけられ、「読んだら焼き捨ててくれ」と計画のメモを渡されたが、Sは「そんなことに加勢出来ない」と断り連絡を絶ったという。 ところが、公判では供述を全面的に翻し、2年前に話した内容は「取調官に迎合して創作した」と証言した。 荒木はすかさず「『創作だ』と言ったんですね。 ありがとう、S君。 本当のことを言ってくれて……。 」と応じた。 (昭和53年)5月11日の第39回公判には、の元大分支社長が呼ばれた。 元支社長は、荒木の加入していたの加入状況・内容・金額などについて問われ、一家の中心とは言えない妻子に高額の保険を短期間に各社に分散して契約していること、保険金額は年収の5倍から災害死亡でも10倍程度が適当であること、この契約であれば資産数億円・年収数千万円以上の者がの準備として加入するのならば妥当だが被告人の経済力は低すぎることなどから、異常な契約といわざるをえないと証言した。 これに対して荒木が被告人として自ら反対尋問をおこなった。 荒木は、に「とハッキリきまったときは支払わないでよろしいが、わからないあいだ支払わないでよろしいという条項はない」などとして 、元支店長の証言は「何とかして、保険金の支払いを免れようとする工作の一つ」と主張した。 結審 [ ] (53年)6月9日、において出張尋問が行われ、母と妹を失った長男が証言に立った。 長男はに対して「この男をにしてほしい」と訴えた。 これを聞いた荒木は号泣し 、「君の誤解だ。 大人になったら、ゆっくり話し合おう。 君の妹たちを死なせた十字架は一生背負う。 」と語りかけた。 荒木が法廷で涙を見せたのはこの時だけである。 での審理は、(昭和54年)5月25日の第62回公判で証拠調べを終え、検察側は7月20日に行われた第63回公判ので死刑を求刑した。 荒木は「は強がりをやめ男らしく本件を取り下げなさい、税金のムダ遣いだ」と嘲笑した。 弁護側は9月17日の第64回公判で最終弁論を行い 、鮮魚商の証言は時間が経つほど具体的・断定的になっていることや 車の色の問題などから「調書の段階においても内容の真実性はうすく、公判で証言するに至っては、調書にすら記載されていないような重大なことを断定的に述べる等、全く信頼するに足りない」とし 、や松倉教授による「鑑定は科学的でない」などとしてを主張した。 荒木は翌9月18日の最終陳述で、改めて「事故」は妻の運転ミスであると主張し 、「検察の論告は、犯罪の立証とは次元のことなる私生活に対しをくわえた、前代未聞の珍論告である!」 、「本件は、検察官の無能さを、世間にしらせた点で、大きな功績がある!」 、「(元同房者Tは)正常な常識や判断力を全く有していない知恵足らずの男」で「嘘を吐く事をまるで日常茶飯事のごとく思っており、いささかの罪悪感も感じておらぬ」 などと約2時間にわたって・検察・証人らを批判した。 一審判決 [ ] (55年)3月28日、でが言い渡された。 永松昭次郎は判決理由で、争点となった事項について以下のように判断した。 運転者について 牧角鑑定 牧角鑑定は、妻の両膝の傷は前荷物棚の下縁部に衝突して生じたもので、荷物棚下縁部の凹みと一致しているととして妻は助手席にいたと鑑定していたが 、判決では、牧角鑑定では凹みの深さや幅を測定することなく激しく衝突したなどと判断しており 「信用性の高いものとは認めがたい」 、「下縁部右側の損傷が(妻)の右膝蓋骨下縁の下方部分との衝突によって生じたとする牧角鑑定の内容は信用できず、その他の点、特に結論において支持し得る部分も、考察の過程、方法において問題があると考えられ、全体として信用性に乏しいものといわざるを得ない」とした。 さらに、その他の点も含めて「の鑑定内容が、これほど信用性に乏しいものとなっていることの最も大きな根源は、(中略)予断を排し、誠実に証拠を取捨選択し、慎重にひとつひとつの事実認定を積み上げ、鑑定の限界を明確に意識しつつ、わかることとわからないことを明確にしながら、真実を究明していくという姿勢の欠如に求められるように思われる」と牧角の鑑定に臨む姿勢を批判した。 それでも、事実認定において参考となる点や正当な部分もあるとして 牧角鑑定の一部を採用した。 松倉鑑定 妻の傷は離岸直前に左にを切ったことによるによって着水前に生じたとする松倉鑑定については、「毎時四十で走る車両が左へ三〇度急転把した場合に右横方向へ動く加速力は約一以下であり」「身体の移動をこらえることすら十分可能な程のものであり」「日常普通に誰しもが経験上認識している」 、「松倉鑑定人は、第四四回公判に至って、突如車両が離岸する瞬間にはいわゆる減速衝撃が生じるとし、(妻)の両膝下の傷はこの衝撃によって生じたかの証言をするに至った」が「この減速衝撃なるものが余りにも仮空なものであることは論を待たない」などとして、「着水前の衝撃によって生じたとする結論と理由が、前記のとおり余りにも不合理なものである以上、その余の点を論ずるまでもなく、この一点において、松倉鑑定が採用に値しないとするの主張は、理由があるといわなければならない」として松倉鑑定の信用性を全面的に否定した。 目撃証言 「事故」の直前に荒木が運転しているのを見たとする鮮魚商の証言については、弁護人の「色の違う(友人)車ではないかと思う筈がない」との主張に対して「白っぽい本件車両を見て、これを(友人)車ではないか、ひいては(友人)が運転しているのではないかと思って見たという(鮮魚商)証言には、この点に関する限り、不自然な嫌いがある」とし、「この点は、当裁判所も(鮮魚商)証言を全面的には信用できないと考えているところである」として一定の理解を示しつつも、「しかし、知人の(友人)が本件車両と同型のを持っていたのは事実であるから、自動車の車種、型式などに興味を持っている(鮮魚商)が、問題のニッサンサニー車を特に関心を持って見たということは極く自然な成行きであって」「運転者の人相や服装も十分記憶に残り得るものと思料される」、捜査段階では「知人の名を出せばその知人にも迷惑がかかることになるのではないかということをおそれた」というのも「一応首肯できる説明であり、別段不自然と決めつける程のものではない」などとし、「この一事をもって、(鮮魚商)証言全体の信用性を損なう程のものではない」として鮮魚商の証言の信用性を認めた。 そして、「第三埠頭に居合わせた者が本件車両の転落時に接着した前後の時刻に本件車両以外の白っぽいニッサンサニー車を見かけた形跡が全くないことを考えると、(鮮魚商)が目撃したニッサンサニー車は本件車両であり、これを運転していたのはであったと優に認定することができる」、「本件車両が第三埠頭入口を左折してから転落するまでの間に運転者が交替するような事態が考えられない以上、転落時に本件車両を運転していたのは当然被告人であると推認することができる」とした。 そして、これらに加えて、の転落実験でのダミーと車内の傷や着水時の衝撃度なども含めれば、「転落時、妻は助手席に、被告は運転席にいたと考えるのが自然で妥当である」と判断した。 犯行計画・事前準備について 元同房者T証言 元同房者Tについては、荒木が法廷で「暴言を吐き面罵しながら、執拗に(T)を追及するに及んだため、(T)も、途中、『君のように人道的に恥じる人間に答える必要はない。 』と興奮した場面もあったが、ことさら被告人に憎悪や反撥の念を抱くこともなく、記憶の回復に努めながら概ね冷静に応えていたのであって、最後の第二五回公判で被告人に対する気持を聞かれたときにも、『恨みに思うことはない。 ただありのままあったことは述べることだと思って皆述べた。 』旨答えていた」として「十分信用することができる」とTの証言の信用性を認めた。 元同房者S証言 一方、公判の証言で供述調書の内容を翻した元同房者Sの証言については、「時期的にみれば、の取調に対する供述は、昭和五〇年二月一七日になされているのに対し、公判廷における供述は昭和五二年五月二〇日になされているので、検察官の取調に対して供述したときの方が、記憶がより鮮明な時期であったものと思われる」、「(S)は、被告人に恩義を感じていることはあっても恨みに思うわけは全くないのであるから、被告人に不利益な事実については、それが真実であっても供述することを避けようとこそすれ、ことさら虚偽の事実を創作してまで供述するとは到底思われない」などとして、「(S)証言はたやすくは信用することができず、むしろ(S)調書のほうに信用性ありということができる」と法廷での証言ではなく供述調書を採用した。 契約 また、保険契約の経緯も、一家の経済的な支柱である荒木自身は被保険者となっていないこと 、荒木自身の収入は極めて乏しいこと 、荒木の保険会社に対する質問は常に被保険者の死亡した場合に集中していたことなどから 、明らかに妻子の死亡保険金を手に入れるために契約したものと認定した。 事件前後の言動 さらに、を物色して妻と結婚し子どもらを養子にしたこと 、妻子らに合計三億一千万円という多額の保険に加入させたこと 、本件車両を購入してを取りつけにも加入したこと 、本件の直前にを書き直後には隠ぺいを画策するなど異常な言動をしていることなどの事実を犯行計画の準備と認定し 、荒木が「一獲千金を目論み」「着々とその準備を進め」たものであると断定した。 あわせて、車内にがあったことについても「運転席ドア等からの脱出が不可能となり、が割れない場合を考え、ハンマーで叩き割るべくこれを準備をすることは、十分あり得る」と論じた。 これらから、荒木が「を装って被保険者を殺害し巨額の保険金を騙取しようと企て、殺害対象にする者を物色するうち」妻を知ると接近して結婚し子どもたちを養子としたうえで、日産・サニーを購入するとともに総額3億1000万円の保険を契約したのち、「かねての殺害計画を実行すべく」第3埠頭の「岸壁から水深約八メートルの海中に突入させて」「同車もろとも海底に転落させ、よって直ちに右三名を溺死させて殺害した」と認定した。 そして、情状として「稀にみる計画的且つ大胆な犯行であり、社会的にも大きな衝撃を与えた重大兇悪事件」、「犯行動機も、(妻)らを殺害することによって一獲千金を目論もうとしたものであって、自己の欲望を遂げるためには人命をも顧みない被告人の態度は、余りにも非道」 、「被害者である(妻)母子には何の落ち度のあろうはずもなく、(中略)犯行計画の殺害対象として母子家庭を物色していた被告人の目にとまり、不運にも非業の死を余儀なくされたのである」、「殺害された(妻)らの悲痛、無念の情の程は筆舌に尽くし難いであろうし、また、その遺族の受けた衝撃と深い悲しみの心情は察するに余りあるものがある」 、「しかるに、被告人は、本件は(妻)が運転中の事故であると主張して徹頭徹尾否認し続け、反省悔悟の情は全く認められない」などから「被告人に対しては極刑をもって贖罪させるほかないとの結論に到達せざるを得なかった」として 、通りを言い渡した。 報道各紙は開廷前から死刑判決と荒木の激昂を予想し「被告人退廷により、被告人欠席のままの判決文朗読となった」などとする予定原稿を書いていたが 、予想に反して荒木は身じろぎすることもなく判決を聞いた。 荒木は、判決言い渡しを終えて退廷する裁判長の背中に向けて、ただ一言「裁判長、控訴申しあげます」とつぶやいた。 控訴審 [ ] 控訴趣意書と答弁書 [ ] 荒木は、一審を受けて即日した。 荒木は、控訴理由として、控訴申立書に「五五年三月二八日に於いての判決宣告を受けたが、右判決は全部不服であるから控訴の申立をする」と記した。 裁判がに移ったことで、新たに田中義信・小野山裕治・有馬毅の3がに選任された。 一審の膨大な記録に目を通し控訴趣意書をまとめるのに時間を要し、弁護団による控訴趣意書が提出されたのは一審判決の翌年(昭和56年)の1月31日付であった。 一審の裁判記録は、積み上げると高さ3におよび、3人の弁護人に渡すための複写費用に50万円を要したとされている。 5月21日13時30分、控訴審初が開かれ 、田中弁護士によって控訴趣意書が朗読された。 この中で弁護団は、事故時に荒木が運転していたとする一審の認定に強く反論し、改めてとの専門家による鑑定の実施を求めた。 そして、「原審は、証拠の取捨選択、証拠の価値判断を誤り、または証拠にもとづかない事実を認定しての判決を言い渡したものであるから、破棄さるべき」とし、「本件は、これを証明するに足る証拠は存在しない」として判決を求めた。 続いて、の同意との許可を得て、の控訴趣意書が弁護人によって代読された。 約200ページに及ぶ控訴趣意書の中で、荒木は「確実な証拠はないのに、の予断と偏見による悪意により、科学性も合理性もない、まったく感情的な判決である」、「故意に事実を歪曲してまで、無理ヤリ被告人をに落そうとする原審裁判官らのヤリ口は、決して公正たるべき裁判官の為すべき事ではなく、全く悪質としか言い様がない」、「原審裁判官らの頭の中でコネ上げただけの、下司の勘ぐり論を並べ立てただけのものであり、何らの確証も科学的根拠もない」などとして無罪を主張した。 そして、一審判決で触れられた相手としてのを物色したり結婚後も同居していなかったことなどについても、「私ども日本国民は、法に違反せず他人に迷惑を及ぼしさえしなければ、どのような夫婦生活や私生活をしようとも全く自由であり、それが人並みと異なっているから(あるいは裁判官のやと異なっているから)といって、『これは真面目な結婚ではなく、犯罪の準備行為である』と言うのは、あまりにもムチャクチャな、乱暴な認定である」などと主張した。 荒木はさらに、運転席にいて助かったとする一審判決と助手席にいて助かったという荒木の主張のどちらが真実であるかを明らかにするためとして、裁判所あてに『実験検証請求書』を提出。 事故車両と同一か同一に近い型式の車両の「運転席に原審裁判官ら三人のうち一人を乗車させ、に被告人を乗車させ」て、「事故」現場での海中転落実験の実施を求めた。 弁護側の控訴趣意書に対する検察側の答弁は、7月7日の第2回公判で行われた。 検察側は、弁護側の主張は判示の一面だけを取り上げて非難したり、一審判決の合理的な判断を一方的に非難しているだけであり、一審判決の事実認定を左右するものではないと主張した。 そして、母子家庭を物色して結婚したり、妻子を多額のに加入させたことについては弁護側にもほとんど主張や弁明がないことを挙げ、これらはそれだけで十分と推認するに足る事実であり、被告人にこれらについての主張や弁明がないということは、の計画や準備を認めたに等しいと述べた。 検察側の答弁が終わると、荒木は「ただ今の検察官答弁に対して、釈明を求めます!」と声を上げた。 手には、荒木自身が用意した求釈明書が握られていた。 に「控訴審では、被告人が直接意見を求めることを、認めないことになっている」とたしなめられたが、荒木は「誰のための裁判か」などと言い募ったため、裁判長は弁護人が代読することを認めた。 求釈明書は、母子家庭の未亡人と結婚したり妻子をに加入させたことについて「検察官は、被告人のこれらの行為が、わが国の法に照らして、違法といわれるのでしょうか」、「『合法』であるとするならば、検察官は、国民が合法行為をおこなえば、それが犯罪の証拠であり、殺人犯罪を計画したことになるといわれるのか」など、34ページにわたって検察側を問いただす内容であった。 弁護人は、初めて目にした求釈明書の朗読で何度か読み間違えたが、荒木は「ちがう、ちがう……」 「しっかり読んでくれなきゃ困る!」などと叱責した。 朗読が終わると、裁判長は「現段階で釈明の必要がないと思われる」と発言し、検察側も「答弁するつもりはありません」と一蹴した。 その後、控訴審の審理は、が実施した転落実験を撮影した映像の検証、で保管されている転落車両の出張検証、の現場検証などと進んでいった。 江守鑑定 [ ] 鑑定委嘱 [ ] (57年)2月8日、は、の教授に鑑定を依頼した。 鑑定事項は、「事故車両のが割れた原因及び時期」と、妻と事故車両の傷等から「転落時の妻の乗車位置の確定が可能か、可能であるとすればその乗車位置及び根拠」であった。 3月5日、荒木は「鑑定人の良心に訴え、公正な鑑定をしてもらう」ためとして江守教授に手紙を出した。 内容は、フロントガラスは海面激突と同時に割れたのであるから海面に激突した衝撃か車両に生じた歪みが原因と思われる、妻や車の傷は事故で生じたのか事故以前からあったのか不明でありこれらから妻の乗車位置の特定は不可能などと自らの主張を示したうえで 、「もし先生が、の歓心を買わんが為に迎合して、あいまいなインチキ鑑定などなさったばあいは、注視のにおいて追及せざるを得なくなります」として、「どうか先生には、真に科学的な公正な鑑定をしていただきたい」と求めるものであった。 これに対して福岡高裁第三刑事部は、3月8日付で八一条に掲げる理由(が逃亡し、又は、罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由)があるとして、荒木からの江守教授に対するを下した。 荒木は「公正な鑑定を要請し、不正な鑑定をおこなわないよう必要な措置を講ずるのは、被告人の当然の権利」だと異議を申し立てたが 、福岡高裁第一刑事部も、荒木の手紙は「被告人自身の見解を、科学的かつ公正なものとして、右鑑定人に、これに副う鑑定をするよう要請」し「意に副わない場合には」「その非良心的不正鑑定を厳しく糾明されるであろうことの予告をふくむ」ものであり「心理的威圧を加えるものであって、罪証の隠滅工作に相当する」として異議申し立てを却下した。 転落実験 [ ] 江守教授は、まず実物の10分の1の模型を用いた実験を繰り返した後 、(57年)9月2日から3日間をかけてで実車を用いた転落実験を行った。 江守教授は事故車両の左前部が大きく変形していることに注目し、これは岸壁から斜めに飛び出したことで「左車輪が、右車輪より先に、地面からの反力を失ったため」左にローリングして着水時の車両の傾きを生じたと考えた。 模型実験でこれを確認した江守教授は、実車での転落実験でも25度斜めに飛び出させた。 実車での転落実験には事故車両と同年代の車3台と男女のを用意し 、「事故」当日と同じになる時間を選んで1日1台ずつに運転させて転落させた。 男性のダミー人形は体重70、女性のダミーは体重50キログラムである。 実験の様子は、陸上に4台、車内に1台、水中に1台ので記録し 、万が一に備えて海中にダイバー5人 、陸上にを待機させた。 約700万円をかけ、やじ馬100人超が見守った 実験の結果は以下のようになった。 いずれの場合も離岸から着水まで約0. 6秒で着水時に衝撃が加わる時間は0. 5秒であり、着水時の衝撃は約4であった• 3号車の男性のダミー人形の頭部がを割ったが、1・2号車の女性のダミー人形はに衝突したもののフロントガラスには届かなかったため割れなかった• 運転席にいたスタントマンは、衝撃に備えて手と足をと床につけて突っ張っていたため全く負傷しなかった• 衝撃を予想していなかった場合には、後部の乗員によって背もたれが破壊されるため、運転席・助手席とも負傷なしではすまない• さらに、いずれの場合も助手席は着水時の衝撃で留め金が破壊されていることから、助手席の乗員が無傷ということはありえない• 沈没するまでの時間は、フロントガラスが割れるか割れないかで大きく変わるが 、いずれもスタントマンは車が海底に沈む前に脱出できた 実験後、江守教授は「予想どおりの結果が出た」と話した。 鑑定結果 [ ] 江守教授の鑑定書は、(57年)11月15日付で作成され、11月27日にに提出された。 江守教授は、着水時の衝撃自体ではは割れない とし、乗員の頭部がフロントガラスを割ったとすると15の衝撃を受けるため頭部または顔面にかなりの損傷を生じるとした。 しかし、荒木にも妻にもそのような負傷はなかったこと 、事故車両のに残された擦り傷と車内にあったの金具の丸い面の形状が一致し、この傷は運転席でハンマーを右手に持ち左後ろから右前に向かって振るとこのような傷ができることなどから、フロントガラスは「着水後、人為的にハンマーで割られたものと思われる」と鑑定した。 また、乗車位置については、運転席の乗員は事前に衝撃を予期していれば耐えられるがの乗員が無傷ということはありえない 、予期していない場合は離岸から着水までの0. 6秒でとっさに身構えるのは不可能などとし、助手席のダミー人形の膝についた傷やダッシュボードに生じた凹みなども含めて考えると、無傷の被告人が助手席にいたということはありえず、妻が「当該車両の助手席に乗車していた」と鑑定した。 この鑑定結果に対する江守教授への尋問は、(昭和58年)2月23日の第5回公判と 、5月17日から21日まで連続5日間の東京での出張尋問で行われた。 ここでも荒木はとして江守教授を尋問した。 荒木は、江守教授の行った転落実験について「私どもの車両は、7年も使用しており、あなたの実験車とは、フロントガラスの疲労度も風化度も破壊応力も、ぜんぜん異なっている」、「私どもの事故とは乗員もちがうし、車の速度や飛び込む角度も同一であったとはいえない」のであるから、「同一の条件を設定することができないのに、同一の結果など出るわけない」などと主張し 、フロントガラスが割れたのは「海面に突入した衝撃で割れたか、海上の浮遊物に当たったかもしれない」と疑問を呈した。 これに対して、江守教授は、着水時の衝撃は「陸上で時速15で壁に激突した程度」であるからフロントガラスが割れることはない 、前輪から着水するので海上の浮遊物は外側にはじかれフロントガラスには当たらないと反論した。 なお、割れたガラス片は、着水時の衝撃か海上の浮遊物に当たって割れたとすると車内に多く残る可能性が高く、内側から割った場合は多くは車外に散乱すると思われ 、事故車両ではフロントガラスの3分の1程度が車内に残存していた。 しかし、江守教授はガラス片の散乱状態や車内の残存量を確認していなかった。 江守教授はこの点は不備であったと認めたものの、鑑定結果には影響しないと述べた。 荒木は、江守鑑定は鑑定の重要性を認識していない「ずさんな鑑定」であると非難した。 なお、事故車両にはダッシュボードに上からはめ込む形式の灰皿があったが、引き上げられた時点で外れており、車内からは見つからなかった。 江守鑑定がハンマーによって形成されたとするダッシュボードの傷の中には、その穴の先についたものもあった。 灰皿が装着されていれば1センチメートル程度盛り上がるため、穴の先に連続して傷がつくことはない。 荒木からこのことを指摘された江守教授は、ダッシュボードの傷は複数あることからフロントガラスは一度では割れず何回かハンマーで叩いたとし、灰皿は1回目にハンマーによって叩き抜かれ、灰皿の穴を跨ぐ形の傷はその後の2回目・3回目でついたものと説明した。 それであれば灰皿が抜けた時点でフロントガラスはまだあったことになるが灰皿はどこに行ったのかと問いただされると、江守教授は不確定要素が多すぎて物理的には特定できないと答えた。 さらに、弁護人から、鑑定書に「したがって、被告人は運転を誤って転落したのではなく、予定のコースを走行して車両を故意に転落させたと考えなければならない」とある点について追及され、江守教授は「故意」かどうかは物理的な鑑定では証明できないと認め、この部分を撤回して謝罪した。 なお、この証人尋問後、「事故」当時に車外の海底から発見されていた 灰皿が証拠として提出されたが、この灰皿にはハンマーで叩いたような傷はついていなかった。 堀内鑑定 [ ] 江守教授への東京での出張尋問の最終日の(58年)5月21日、裁判所は新たにのに鑑定を委嘱した。 鑑定事項は、「表面の損傷は、押収してあるによって形成されたものか」、ハンマーによって形成されたならばハンマーをどの方向からどのようにして形成されたかなどであった。 鑑定書は、12月20日に提出された。 鑑定結果は「ダッシュボードの表面の損傷は、押収してあるハンマーによって形成されたものと推定する」であった。 ただし、江守鑑定と異なり、を叩いて割れなかった際に跳ね返ったハンマーのくぎ抜き部分で生じたものと鑑定した。 そして、江守鑑定がすべてハンマーにより形成されたとしたダッシュボードの傷のうちの一つは、ハンマーではなく着水時の衝撃に発生した歪みによりダッシュボードがV字型に変形したことによる溝であるとし、この歪みによって灰皿は飛び出したものと説明した。 堀内教授に対する証人尋問は、(昭和59年)1月9日の第8回公判から1月14日の第12回公判にかけて行われた。 は、の転落実験では灰皿は逸脱していないこと、堀内教授が灰皿の逸脱について何らの実験も行っていないことなどを指摘し、経験から推論したものに過ぎず、科警研の実験の方が信憑性があるのではないかとただした。 堀内教授は、科警研の実験の条件を十分承知していないため比較できないと答えたが 、から科警研の実験のように岸壁から垂直に離岸した場合と江守鑑定のように斜めに離岸した場合に違いが生じるか尋ねられると、斜めに離岸した場合はねじれが生じるため、科警研の場合は灰皿が逸脱せず、本件の場合は逸脱したとしてもおかしくないと答えた。 最終弁論 [ ] (59年)6月7日、第16回公判でによる最終弁論が行われ、弁護人は江守鑑定と堀内鑑定を厳しく批判した。 江守鑑定は、が人為的に割られたという予断をもって鑑定しているため、との傷に明らかな矛盾が生じているなどとし、「およそその道の専門家による鑑定とはいえない」と信用性を否定。 灰皿はハンマーの最初の一撃で叩きだされたとしているが、「その当時、灰皿が証拠として提出され、灰皿に打撃のキズがないことを知っていれば、灰皿の現状に合うように別の証言をしているのではないか」と江守のとしての姿勢に疑問を呈した。 堀内鑑定についても、の実験で灰皿が逸脱していないにもかかわらず、新たな転落実験で確認もせずに「着水の衝撃でダッシュボードがV字型にへこみ、その衝撃で灰皿が逸脱した」と鑑定しており、これも「を予断として、鑑定結果の裏付けの理屈は頭の中で観念的に考えたにすぎない」として信用性がない 両鑑定人とも、一審判決が厳しく批判した教授と同じく「予断を排し、誠実に証拠を取捨選択して、事実認定を積み上げ、鑑定の限界を認識して、わかること、わからないことを明確にしながら、事実の真相を究明するという姿勢に欠けていた」と批判し、両鑑定は全く信用性が無いと断じた。 そして、一審判決の事実認定の不備が控訴審での鑑定によって補完されたとは言えない以上、「」の原則に則ってを言い渡すべきと述べて最終弁論を終えた。 この公判でにおける控訴審は結審し 、判決は9月4日に言い渡されることとなった。 控訴審判決 [ ] (59年)9月4日、判決公判が開廷した。 山本茂裁判長は、判決理由の朗読から入り 、控訴審での争点について以下のとおり判示した。 運転者について 着水時の衝撃で、運転者は身構えていない限りハンドルが付近を、の乗員は荷物棚が両膝付近に衝突するが、妻のみぞおち付近は全く負傷しておらず、両膝付近に4か所の創傷が存在し、荷物棚には2か所の凹みがあるとことなどから、転落時には妻は助手席にいたと認定した。 一方、荒木は負傷らしい負傷もせず車内から脱出しており、着水時に運転者が転落を予期して両手足をハンドルと床に密着させて突っ張れば、後部座席の乗員による後ろからの衝撃も含めて耐えられるが 、無傷の荒木が助手席にいたことはありえないとする鑑定を合理的であるとして採用し 、荒木が運転していたものと認定した。 脱出方法 脱出方法については、事故車両内にが存在したこと 、についた傷は、を破壊するためにハンマーで叩いた際にハンマーの先端部等によってつけられたものと認められることなどから、荒木は「転落後、フロントガラスを、ハンマーで割ったうえ、車外に脱出したことが明らか」とした。 なお、灰皿については、着水時の衝撃でダッシュボードがV字型に陥没したようになったことで外れたものと認定した。 そして、結婚や養子縁組の状況、加入の状況等についても一審判決の認定を支持し 、結婚後も「家族団欒のひとときを過ごすことさえもなく」、複数の女性と交際を続け、わずか2カ月間で母娘に3億1千万円の保険を掛けたものと認めた。 これらから山本裁判長は、妻子3名を「車もろとも海底に転落させ、ただちに溺死させて殺害した事実を、是認するに十分である」と結論づけ、「本件公訴を棄却する」と判決主文を言い渡した。 この日も荒木は静かに判決を聞き、閉廷後は弁護人席に少し声をかけただけで退廷していった。 上告審 [ ] 荒木は、「自分が殺人行為をしたという事実は何一つ証明されていない」として 、ただちににした。 第一に係属され、はとなった。 しかし、法廷は開かれることはなかった。 入口 から約2年後、荒木はと診断された。 荒木は、(昭和62年)10月にからに移監され 、(昭和63年)1月25日にを受けたが、すでにやにもして手遅れの状態で、そのまま閉腹された。 弁護団はを最高裁に申し立てたが却下された。 荒木は「医療刑務所にいても病気が治る見込みはない」 、「今後のことについて九州にいる身内と十分に相談したい」と福岡への移監を求めたが、これも認められなかった。 手の施しようがなく死を待つだけとなった荒木は、同年秋に、地元大分のにあてて「別府三億円保険金事件の真相=保険に加入すると殺人犯にされる=」という手記を送った。 荒木は、掲載する場合は一字一句変更せず手記全文を掲載するよう求めたが、掲載したメディアはなかった。 荒木は12月27日ころから容体が悪化し 、(元年)1月13日15時33分 、癌性により八王子医療刑務所で死去した。 61歳だった。 1月30日 、最高裁第一小法廷は、別府3億円保険金殺人事件を被告人死亡によりとした。 その他 [ ] 作家のは、この事件に着想を得て小説『』を書き上げた。 ただし、舞台をからに移し、車で海に飛び込む主人公を女性に変えている。 この作品では、妻が保険金目当てに夫を殺害したとに書きたてられるが、裁判で夫による無理心中であったと認められる。 1982年(昭和57年)には 化もされている。 荒木は、映画の製作発表直後に清張に手紙を送り、「自分の事件でも運転していたのは妻で、まさに『疑惑』の内容そのものである」など訴えて清張の意見を求めた。 清張は、あくまで着想を得ただけで作品はオリジナルのであり、係争中の事件でもあるので意見は控えたいと返答した。 荒木の死の翌年の(2年)には、この事件を題材とした『たそがれに愛をこめて』と題するが制作され、10月2日に『』の「十周年記念企画」として放映された。 このドラマでは、荒木をモデルとする主人公・権藤三吉は、転落実験に立ち会っているさなかに心筋梗塞で倒れ、手術により一命をとりとめると突然を取り下げてを受け入れるという結末となっている。 主人公・権藤三吉は、が演じた。 担当は、「おそらく、荒木が生きていたら放送できなかったでしょう」と語っている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 当時の国家公務員の初任給の2倍に相当する。 これは(当時は・・の3局だった。 現在は・の2局クロスネット)でも同時ネットされていた。 山元泰生『ドキュメント&データ 保険金殺人』では子どもは3人とされている。 ほかに受取人の指定のない搭乗者傷害保険が3000万円。 鮮魚商が公判でこの証言をした後、ひき逃げ事件の犯人は検挙された。 うち1台は予備でリハーサルに用い 、実際の転落実験に用いたのは3台である。 2月28日には、恐喝・同未遂罪で追起訴されている。 刑務所の中で、「でたらめなやつ」 「嘘ばかりつくやつ」のことを「チンコロ」と呼ぶという。 の転落実験は岸壁から直角に飛び出させている。 江守教授は、科警研の転落実験でフロントガラスが割れているのは、車内の物体が衝突したためで、二次的なものとした。 出典 [ ]• 220. 10-11. , pp. 30-31. 221. , pp. 92-93. 88-89. , p. 219. , p. 232. 222. 181. , p. , p. , pp. 414-417. , p. 467. , pp. 467-468. 145. 236. 237. , p. 225. 225-226. 226. , p. 180. 227. , pp. 226-227. , pp. 29-30. 200. 224. 140. , p. 228. 229. , pp. 35-36. , pp. 200-201. 230. 237-238. , p. 238. , pp. 238-239. 240. 222. 165. 221. , p. , p. 304. 203. , pp. 56-57. , pp. 126-127. , p. 219. , p. 201. , pp. 39-40. , pp. 165-166. 217. 167. , p. 126. , p. 128. , pp. 74-75. 233. , pp. 15-16. , p. , pp. 22-23. , pp. 40-41. , p. 220. 24-25. , p. 110. , pp. 110-111. 218. , pp. 86-87. , pp. 73-74. , pp. 46-47. , p. 223. 111. , p. 166. , pp. 166-167. , p. 116. , pp. 29-30. , p. , p. , pp. 30-31. , pp. 31-32. , p. , p. 114. , p. , p. 115. 231. , p. 27-28. 158. 241. 243. , pp. 243-244. 244. , pp. 58-59. , p. , p. , p. , pp. 85-86. 186. , p. , p. 182. , pp. 241-242. , p. 181-182. , pp. 59-60. , pp. 38-39. , p. 161. , p. 242. 152. , p. , pp. 132-133. 147. , pp. 146-147. , pp. 242-243. , p. 71-73. , pp. 56-59. , p. , p. , p. , pp. 200-202. 124. , pp. 244-245. 245. , p. , p. 125. , p. 146. , p. 151. 246. , p. 176. 175. 177. 153. 178. , p. , p. 179. 180. , p. , pp. 87-93. , p. 144. , pp. 60-61. , pp. 86-87. , p. , p. , pp. 87-88. , p. 142. , p. , p. , p. , pp. 178-179. , p. 101. , p. , pp. 47-48. , p. , p. , p. 275. , p. , p. 123. 154. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. , p. 147. , p. , pp. 101-102. , pp. 108-109. , p. 130. , p. 133. , pp. 135-136. , p. 136. , p. 119. , p. 131. , p. 137. 139. , p. 208. , p. 138. , p. , p. , pp. 7-8. 8-9. , p. , p. , pp. 19-20. , pp. 19-21. , pp. 23-24. , pp. 105-106. , p. 105. , p. 37-38. , pp. 38-39. , p. , pp. 39-40. , pp. 125-126. 173. , p. 159. , p. 160. 161. , pp. 166-167. 196. 198. , pp. 199-200. 199. 200. , pp. 200-201. , pp. 214-215. 209. , p. 216. , p. 210. 213. 214. , p. 226. 222. , p. 230. 233. , pp. 272-273. 240. , pp. 241-242. , p. 242. 247. , p. 252. , p. 271. 272. 273. , p. 270. 274. 276. 277. , pp. 27-28. , p. , p. 278. , p. 参考文献 [ ] 判決文等 [ ] 第一審• 判決 (55年)3月28日 970号26-148頁。 控訴審• 判決 (昭和59年)9月4日 判例時報1131号28-61頁。 上告審• 第一小法廷決定 (元年)1月30日 集刑第251号189頁、、『殺人、恐喝未遂、恐喝』「いわゆる別府三億円保険金殺人事件の上告審結果(被告人死亡による公訴棄却)」。 書籍 [ ]• 『事件百景-陰の隣人としての犯罪者たち』、1979年。 『一・二審死刑、残る疑問-別府三億円保険金殺人事件』徳間書店、1985年。 、『犯罪の同時代史-何が始まっているのか』、1986年。 『生命保険犯罪』、1986年。 『ドキュメント&データ 保険金殺人』、1987年。 『別府三億円保険金殺人事件』徳間書店〈徳間文庫〉、1990年。 『戦慄の保険金犯罪50の事件簿-知らぬまに、あなたも被害者!? 』、1998年。 『松本清張 映像の世界-霧にかけた夢-』、2001年。 『不時着』、2004年。 『図説現代殺人事件史(増補改訂版)』〈ふくろうの本〉、2011年。 雑誌記事 [ ]• 「『九州一のワル』荒木虎美が『六人の情婦』を獲得した武器と手段」『』第19巻第51号、、1974年12月、 38-42頁、。 「容疑者・荒木虎美にみる"手口はあくどく、闘争はシブトク"」『』第6巻第51号、、1974年12月、 34-38頁。 「誌上再録 フジテレビ〝逮捕直前〟追及・激突インタビュー」『』第24巻第1号、、1975年1月、 158-162頁、。 「現地徹底取材推理ドキュメント 実録・三億円保険殺人」『週刊サンケイ』第24巻第1号、扶桑社、1975年1月、 163-169頁、。 大谷羊太郎「推理ドキュメント 実録三億円保険殺人」『週刊サンケイ』第24巻第2号、扶桑社、1975年1月、 179-186頁、。 大谷羊太郎「現地徹底取材推理ドキュメント 実録・三億円保険殺人」『週刊サンケイ』第24巻第3号、扶桑社、1975年1月、 42-49頁、。 「六法片手に『ワシは勝つ! 』荒木虎美の不敵な自信」『』第54巻第8号、、1975年2月、 132-133頁、。 「本誌独占41枚一挙掲載"三億円保険殺人"荒木虎美の獄中手記」『』第17巻第14号、、1975年4月、 38-45頁。 「3億円保険犯人 荒木虎美の獄中手記」『サンデー毎日』第54巻第15号、毎日新聞出版、1975年4月、 34-37頁、。 「弁護士に〝見捨てられた〟荒木虎美のいまの心境」『』第34巻第23号、、1975年5月、 146頁。 「カミカゼ実験証人が出ても楽観を許さない保険殺人『荒木虎美』裁判の風向き」『週刊新潮』第21巻第47号、新潮社、1976年11月、 46-50頁、。 「荒木虎美の法廷『バリ雑言』--"九州一のワル"の全語録」『』第22巻第16号、、1980年4月、 151-154頁。 「『荒木虎美』はクロ」『週刊新潮』第27巻第37号、新潮社、1982年9月、 24頁、。 「病死した荒木虎美」『週刊新潮』第34巻第4号、新潮社、1989年1月、 24頁、。 「獄中がん死・荒木虎美『最後の手紙』--3億1千万円保険金殺人、一、二審死刑、上告中」『週刊ポスト』第21巻第5号、小学館、1989年2月、 200-203頁。 「保険金殺人・荒木虎美の死と美談の意味」『』第23巻第3号、講談社、1989年3月、 84-85頁。 「ドラマで裁かれる『荒木虎美』の罪と罰」『週刊新潮』第35巻第37号、新潮社、1990年9月、 20頁、。 「シリーズ戦後史のナゾ 荒木虎美事件 別府の3億円保険金殺人 その1」『』第24巻第12号、アドバンス大分、1994年11月、 72-76頁。 「シリーズ戦後史のナゾ 荒木虎美事件 別府の3億円保険金殺人 その2」『アドバンス大分』第25巻第1号、アドバンス大分、1994年12月、 86-89頁。 「ワイドショーで『大暴れ』元祖保険金殺人『荒木虎美』」『週刊新潮』第51巻第7号、新潮社、2006年2月、 67頁、。 関連項目 [ ]• この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

トリカブト殺人、愛人の自白から動く 刑事に届いた手紙:朝日新聞デジタル

トリカブト 保険 金 殺人

今から約30年前、まるで本物の推理小説やサスペンスドラマのような殺人事件が起き、社会を騒がせた。 1986年5月20日、沖縄・石垣島のホテルにて一人の女性が死亡した。 女性は夫や友人と3人で旅行に来ていたRさん、死因は心筋梗塞とされたが、多量の発汗や悪寒、手足の麻痺等不自然な点も多かった。 5年後、Rさんの夫である神谷力が、勤めていた会社の横領容疑で逮捕された際に妻の変死に関わることが浮上してきたのだった。 Rさんは夫が受取人の生命保険に加入していたが、4社合わせて1億8千万と非常に高額な金額になっていた。 Rさんの死因に不明な点もあって保険会社側は支払いを保留にしていたのだが、これらを踏まえて警察は神谷力が保険金目当てに妻を毒殺したとみて再逮捕した。 だが、この時点では確たる証拠はなかった。 後の捜査で神谷が猛毒を持つことで知られるトリカブトを大量に購入していたことが判明。 また、変死したRさんについて精密検査を行ったところ、血液からトリカブトに含まれるアコニチン、フグ毒に含まれるメサコニチンも検出された。 そして、クサフグを購入していたことや生前神谷が利佐子さんに栄養剤のカプセルを飲ませていた事があきらかになった。 だが、これらはあくまで状況証拠であり、公判で神谷も疑惑を否定。 トリカブトは観賞用、フグは研究用で購入したもので、「トリカブトの毒は即効性で、自分と離れていた時に死亡したのだからアリバイがある」と主張。 事件は検察のでっち上げだとして、神谷は無実を訴える書籍も出版した。 だが、検死医はトリカブトの毒とフグ毒を混合することで毒の効力を送らせることができることを突き止めた。 その後論告求刑公判が行われ、2002年に最高裁で無期懲役が確定している。

次の

報道が警察を動かした 「トリカブト殺人事件」犯人の饒舌

トリカブト 保険 金 殺人

概要 [ ] 本庄市内で金融業()を営むが、自身の経営する・のに対して、常連客とのうえを3度実行させる。 第3の事件のが1999年7月に「自分も殺される」とに告発し、保険金殺人疑惑としてされる。 前年にが発生して1年足らずの状況であったため世間の注目は高く、主犯は疑惑発覚からまでの約8ヶ月間、自分の店を会場に記者1人に対して3000-6000円の入店料を徴収する有料のを203回実施。 およそ1000万円稼ぐという前代未聞の行動をした。 逮捕が近付くにつれて参加者が増え、1999年12月以降はほぼ連日何処かしらのや・で途切れなく取り上げられる事態が続いた。 会見の内容は自身の潔白を訴えることが多く、他には記者との雑談やカラオケ、キックボードで走り回ったり、特技の射撃を披露したり、時には毎日新聞の記者を殴打したこともあった。 状況証拠は限りなく黒に近かったが、は物証がなく当初難航する。 しかし最終的にホステス3人のをきっかけに、2000年3月に主犯とホステス3人を偽装結婚による容疑で逮捕。 その後やなどでした。 主犯はにでが確定 、現在はにされるも請求中である。 ホステス3人は既に有罪判決が確定しているが、ホステスの証言がに誘導されたとしてであると弁護団は主張している。 第1の事件 6月、元工員の45歳男性に対して、作戦や成人病作戦などと称して、長年にわたって多量のを飲酒させたり、となるよう仕向けたり、さらには、少量のを男性の好物のやに混ぜて一定期間継続的に摂取させ ていた。 しかし、一向に男性が弱らなかったため、以上のトリカブトが入ったを食べさせて殺害。 その後、で水死体で発見。 保険金3億円が偽装結婚相手のホステスに払われた。 第1の事件の殺人事件では、会社が主犯と3人に対し返還のを起こし、返還を命じる判決となる。 第2の事件 、元店員の61歳男性をとを大量に飲ませて殺害。 偽装結婚相手のホステスを受取人とする生命保険として保険金1億7000万円がかけられていた。 第3の事件 1999年、元塗装工の38歳男性が薬物中毒で重体。 偽装結婚相手のホステスを受取人とするとして9億円の保険金がかけられていたが体調不良を訴えた男性が病院に入院したことから未遂となり、マスコミに告発したことで保険金殺人が発覚する。 なお、風邪薬の主成分として使用されている4. 8gをと伴に服用し、急性で死亡した事例が1989年に報告されている。 関連書籍 [ ]• 『週刊新潮』第45巻第42号、新潮社、2000年11月2日、 57-58頁、 NAID 40001694442• 建脇保『虫けら以下 - 本庄保険金殺人事件の軌跡』太田出版、2001年。 武まゆみ『完全自白 愛の地獄』講談社、2002年。 高野隆、ほか『偽りの記憶 : 「本庄保険金殺人事件」の真相』現代人文社、2004年。 脚注 [ ] []• - 高野隆「『本庄事件』の集中審理-弁護人の経験と意見〔含 質疑応答〕」『刑事弁護』 36 (現代人文社)掲載。 - 第15回議事録 稲田刑事局総務課長の報告。 - 第11号、2008年4月25日の細川律夫議員の発言。 共同通信. 記事名に実名が使われているため、この箇所を伏字とした。 さいたま地方裁判所判決平成12年(わ)第529号、平成12年(わ)第636号、平成12年(わ)第748号、平成12年(わ)第941号、平成12年(わ)第1888号、平成12年(わ)第1968号• 清水 勝ほか「」『肝臓』Vol. 30 1989 No. 6 P 690-694 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の