ビーガン 通販。 ローフード、スーパーフード、オーガニック食材の通販ショップ|LOHAS

【2020年大注目】ヴィーガン・ベジタリアン食品の通販サイト10選

ビーガン 通販

ベジタリアンはベジタブルが由来ではない? ベジタリアンのベジとはラテン語のvegetus(ベジェトゥス)が語源で、「健全な」「新鮮な」「活力のある」という意味です。 今から170年前の1847年に発足した英国ベジタリアン協会で初めて使われた言葉だそうです。 ベジタリアンの種類 ベジタリアンと一口にいっても沢山のタイプに分けられます。 ビーガン(植物性食品のみを食べる)• ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)• ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)• ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる) 上記の他にも多くのカテゴリーに分類されています。 アレルギーや病気など健康のため、自身の考え方、環境のため、宗教、スピリチュアルな理由など、 ベジタリアンになる背景は様々です。 ビーガンとは完全菜食主義者 ビーガンという言葉は、1944年イギリスでビーガン(ヴィーガン)協会(The Vegan Society)が設立された際に命名されたとされています。 ベジタリアンとは様々なタイプの菜食主義者の総称ですが、 ビーガンは卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のことです。 さらに、食だけに限定するのではなく、身の回りのものからできるだけ動物由来のものを避けることで動物の命を尊重する 「エシカル・ビーガン」の人たちもいます。 エシカル・ビーガンの人は、例えばレザーや毛皮などの動物性製品全般の使用を避けます。 精進料理はベジタリアン・ビーガン料理 精進料理とは、野菜類、穀類、海藻類、豆類、木の実、果実など生臭物(肉、魚介類)を使用しない精進物で作った料理のことです(諸説あります)。 精進という言葉は、仏の教えによって仏道修行に努めることを言います。 修行に専念するための食事は、現代では 素朴でシンプルな健康食として国内外から注目を浴びています。 また、約150年前の明治維新の頃までの日本の食事は、米飯に一汁一菜の粗食が基本であり、祝いの日には魚を食する。 ベジタリアンの食生活に近いものだったようです。 白砂糖を使わないビーガンも ベジタリアンやビーガンの中には 白砂糖の使用を避ける人がいます。 砂糖を精白・精製するために、「骨炭」という牛骨粉が使用されることがあるのが理由です。 代わりに、甘み付けには黒砂糖、メープルシロップ、甜菜糖などを使うことが多いようです。 ベジタリアンとビーガン ベジタリアンとビーガンは混同されがちですが、ベジタリアンは体の健康に、ビーガンは心の健康にウェイトを置いている、そんな印象を受けます。 そして、いきなりビーガンになる人よりも、ベジタリアンから徐々にビーガンになる人も多いようです。 どちらがいいとか、菜食主義者、非菜食主義者と区別をするのではなく、 お互いに尊重し理解し合いたいですね。 Vegewelでレストラン検索 Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。 食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。 日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!.

次の

ローフード、スーパーフード、オーガニック食材の通販ショップ|LOHAS

ビーガン 通販

活動家・文筆家。 1992年にインドで1頭の牛と出会ったことをきっかけに肉食をやめ、10年後にビーガンとなる。 動物の権利に関する著書にBleating Hearts: The Hidden World of Animal Suffering とStriking at the Roots: A Practical Guide to Animal Activism ともにChangemakers Booksより刊行 がある。 妻のローレン・オーネラスとともにカリフォルニア州に在住。 井上太一 いのうえ・たいち 翻訳家。 日本の動植物倫理・環境倫理を発展させるべく、関連する海外文献の紹介に従事。 国内外で講演活動、動物擁護団体への協力活動も行なう。 『菜食への疑問に答える13章』 新評論、2016年 、『動物実験の闇』 合同出版、2017年 、『動物の権利入門』 緑風出版、2018年 ほか、訳書多数。 「肉食をやめなければ、差別や戦争はなくならない」 という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 私はこれを聞いたとき、随分と飛躍した意見だと思いました。 しかし、本書を読めば、その真意が明確に理解できます。 食肉産業で行われている残虐非道な行為は、いわば「生命種の差別」によって社会的に容認されています。 すなわち、「牛、豚、鳥などの経済動物は人間の財産(つまりモノ)であり、所有者がどのように扱ってもよい。 」この古代から続く生命種差別の思想は、人間にも向けられるあらゆる差別構造とすべて共通している、というのが本書の眼目です。 畜産というと、家族的経営の牧歌的な雰囲気を思い起こす人が多いでしょうが、それはかなりマシな農家です。 実際には、生き物を「モノ」としてみなし地獄の苦しみを味わわせながら、太らせています。 フォアグラづくりの職人もドン引きするぐらいのことが、「普通」に行われているのです。 本書の重要な点は、ヴィーガンとは個人的な趣向ではない、という点です。 近代の食肉産業は多大な環境負荷、人権侵害をそのシステムに内包し、持続可能な産業ではないと論じています。 ヴィーガンとは個人の選択ではなく、人類の選択なのです。 とはいえ、私もヴィーガンではありません。 しかし、本書を読み、可能な限り食肉を減らそうと思いました。 おまけ:ヴィーガンか食肉者か、という分け方は社会的には意味がありません。 社会全体で肉の消費量を減らし、食肉産業を縮小することに意味があるのです。 (食肉産業だけで人類の出す温室効果ガスの約50%も排出しているのだ!)例えば週に一日を、菜食の日とするだけでも、進歩です。 「完成を目標にするのではなく、進歩を目標とする」本書の言葉です。 進歩を続ければ、いずれは到達できるはず。 マーク・ホーソーンの『ビーガンという生き方』 緑風出版 を読んだ。 しかしそれは薄っぺらな理解といえる。 本書はこうした誤解を丁寧に解き、ビーガンとは、動物搾取の産物を可能な限り一掃しようとする考え方で、具体的には、肉・乳・卵・蜂蜜などを避け、衣では絹・革・毛皮・羊毛などを避け、さらに動物実験を経た化粧品を避け、こうした動物搾取を推進する企業や研究に反対する社会運動であることを解説する。 -------------- 僕は自称ナチュラリストではあるが、エコロジストは嫌い。 人為的原因で地球温暖化が起こっており、その温暖化は人類全体にとって危険であるという考え方も取らない。 人為的理由以外の天文学的理由もあるかもしれないし、温暖化が人類社会にとって百%危険というわけでもあるまいから。 むしろ、太陽黒点活動の面から地球寒冷化の危機が迫っているかもしれない。 もちろん、フェミニズムもそんなに好きではない。 従って、エコとフェミニズムがくっついた「エコフェミニズム」など論外。 その「エコフェミニズム」の提唱やら父権制がどうのこうのと真剣に議論提唱しているのが本書の趣旨だ。 タンパク質を摂取するのに「肉食」である必要はないといった指摘もされているが、タンパク質摂取云々以前に、口あたりとして、僕は牛肉やラム肉料理は好きなほうなので、肉料理は無論のこと、魚肉もダメといった、こういう「ビーガン」的生き方をする気にはなれない。 鴨肉や焼きとりや鹿肉料理も好きだ。 食肉処理作業をする人たちは重労働で大変との指摘もあるが、ならば、ロボットによる解体作業を進展させるという手もあろう。 そういう風に極端な事例を挙げて、なんとしてでも肉食を止めるのがベターという指摘が多々なされている。 「もちろん私は食物連鎖の下位に位置するものを食べるのが地球に良いことは全面的に認めるが、環境保護論者を自認する人の炭素排出量が脱搾取派に比べてどれほどかなど、どうしたら分かるというのだろう。 例えば、肉を食べる環境保護論者だが、通勤には自転車を使い、水の携帯にはステンレスの水筒を使い、肉食は月に一度チーズバーガーを食べるだけという人と、厳格な菜食者だが移動にはガソリンを浪費するSUVを使い、年に何度も海外へ渡り、給水のために延々と使い捨てペットボトルを無駄にする人とを比べるとしたら、どちらの環境影響が少ないだろうか」 イヌイットなどが、「自給のために行なう狩猟や漁撈は明らかに娯楽を目的とはなしない」から肯定はしているようだ。 チベットもヤクを食べるのは仕方ない。 寒冷な高原では食べられる野菜などが育たないからと。 「すべての文化が脱搾取に移れたら理想的だが、当面は厳しい環境で生きる小さな共同体の人々を責めるよりも、動物を食べることに関し何の正当性も持たない99・9パーセントの人々を啓蒙する方がよいと考える」 まぁ、こういう視点を打ち出しているので、著者はそれなりに論理的な思考力のある人ではあろう。 僕もこの季節、外出する時には、使い回しのペットポトルを冷凍にしたものを持参。 それに少し水を注ぎ足して、徐々に溶けていくのをチビチビと飲んで喉のかわきを抑える。 そうすると、外出先の自動販売機やコンビニで購入しなくてすむ。 自動販売機を減らすのも大事なのかも? ハンバーガー一つをつくるには450ガロンの水が要るのに対し、オレンジ一つを育てるなら13ガロンの水で済む…といった事例も挙げているが、まぁ、ステンレスの水筒を作るのにどれだけのエネルギーがいるか等々議論しだすと、どっちがエコなのか分からなくなってくるのでは? 「大半の人は、自分が何を食べるかは個人の問題だと考えるが、他者を食べる行為は明らかに個人の領域を超える。 読みたい本を選ぶのは個人の選択である。 しかし動物を消費して畜産業を応援する決定はあらゆる者に影響する。 好きなものは何でも食べるという『権利』は、他者の生命が問題になったら留保される」といった結語に関しては、まぁ、そうは言ってもねぇ…という感慨しか浮かばない。 読書に譬えると、こういう著者の立場は、「エロ本は読むな。 人間を堕落させるものだ。 高尚な文学 野菜 のみ読め」と言っているようにも聞こえてくる。 「自分が何を食べるか」も「自分が何を読むか」も「個人の問題だと考える」のが普通だろう。 ことさら、他人にああせい、こうせいと強要されるのはゴメンと思うものだろう。 読書も食事も、いろんなものを吸収して咀嚼して「血」「知」となり「肉」となり、脳細胞や体力として活用されていくのではないかな。 こういう著者のような考え方を持つ人が、民間人ならいいけど、権力を持つ農林長官や環境大臣や首相などになったら、ちょっと怖いね。

次の

ビーガンスイーツ通販で日本の一位は?長谷川理恵のレシピも有名!

ビーガン 通販

ベジタリアンはベジタブルが由来ではない? ベジタリアンのベジとはラテン語のvegetus(ベジェトゥス)が語源で、「健全な」「新鮮な」「活力のある」という意味です。 今から170年前の1847年に発足した英国ベジタリアン協会で初めて使われた言葉だそうです。 ベジタリアンの種類 ベジタリアンと一口にいっても沢山のタイプに分けられます。 ビーガン(植物性食品のみを食べる)• ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)• ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)• ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる) 上記の他にも多くのカテゴリーに分類されています。 アレルギーや病気など健康のため、自身の考え方、環境のため、宗教、スピリチュアルな理由など、 ベジタリアンになる背景は様々です。 ビーガンとは完全菜食主義者 ビーガンという言葉は、1944年イギリスでビーガン(ヴィーガン)協会(The Vegan Society)が設立された際に命名されたとされています。 ベジタリアンとは様々なタイプの菜食主義者の総称ですが、 ビーガンは卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のことです。 さらに、食だけに限定するのではなく、身の回りのものからできるだけ動物由来のものを避けることで動物の命を尊重する 「エシカル・ビーガン」の人たちもいます。 エシカル・ビーガンの人は、例えばレザーや毛皮などの動物性製品全般の使用を避けます。 精進料理はベジタリアン・ビーガン料理 精進料理とは、野菜類、穀類、海藻類、豆類、木の実、果実など生臭物(肉、魚介類)を使用しない精進物で作った料理のことです(諸説あります)。 精進という言葉は、仏の教えによって仏道修行に努めることを言います。 修行に専念するための食事は、現代では 素朴でシンプルな健康食として国内外から注目を浴びています。 また、約150年前の明治維新の頃までの日本の食事は、米飯に一汁一菜の粗食が基本であり、祝いの日には魚を食する。 ベジタリアンの食生活に近いものだったようです。 白砂糖を使わないビーガンも ベジタリアンやビーガンの中には 白砂糖の使用を避ける人がいます。 砂糖を精白・精製するために、「骨炭」という牛骨粉が使用されることがあるのが理由です。 代わりに、甘み付けには黒砂糖、メープルシロップ、甜菜糖などを使うことが多いようです。 ベジタリアンとビーガン ベジタリアンとビーガンは混同されがちですが、ベジタリアンは体の健康に、ビーガンは心の健康にウェイトを置いている、そんな印象を受けます。 そして、いきなりビーガンになる人よりも、ベジタリアンから徐々にビーガンになる人も多いようです。 どちらがいいとか、菜食主義者、非菜食主義者と区別をするのではなく、 お互いに尊重し理解し合いたいですね。 Vegewelでレストラン検索 Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。 食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。 日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!.

次の