マンチェスターテリア。 トイ・マンチェスター・テリアの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの違い!判別方法はある?

マンチェスターテリア

トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの特徴 トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの違い、判別方法について触れる前にまずはそれぞれの犬種としての特徴を見てみましょう。 性格などの内面的な部分こそ違いはあるものの、見た目に関しては細かい特徴を把握していないと判別が難しいといえます。 トイマンチェスターテリアの簡単な特徴 トイマンチェスターテリアは別名「イングリッシュ・ブラック・アンド・タン・トイ・テリア」といわれ、その名の通り、イングランド原産の犬種です。 体高25~30cm、体重は2. 7~3. 6kgという超小型犬で、毛色はブラック&タンの一種のみ。 性格は基本的に温厚で家族に対してはよく懐く半面、臆病で知らない人に対しては距離を置くこともあります。 また、祖先が狩猟犬であったことから、現在でも狩猟本能により自分より小さなものを追いかけ回してしまうことも…。 甘えん坊なぶん寂しがり屋なので、長時間一人で留守番しているとイタズラなどの問題行動を起こしやすくなります。 関連記事: ミニチュアピンシャーの簡単な特徴 ミニチュアピンシャーはドイツ原産の犬種。 こちらも小型犬で体高は25~32㎝とトイマンチェスターとほぼ同じ、体重は4~5kgと若干重いのが特徴です。 毛色はトイマンチェスターテリアとそっくりなブラック&タン、そしてレッド、チョコレート&タンの3種類。 トイマンチェスターよりもさらに警戒心が強く、頑固で独立心の強い性格をしており、他の犬や人に対して攻撃的になることもあるようです。 しかし一度飼い主の事を認めると高い忠誠心を持ち、優秀な番犬としての一面も持っています。 関連記事: 関連記事: スポンサーリンク 判別方法、見分け方とは? 判別するのに苦労するのは ブラック&タンという毛色の場合。 ミニチュアピンシャーの場合、このブラック&タン以外にもいくつものカラーがあるのに対し、トイマンチェスターテリアはこの一色のみ。 ですので、それ以外の毛色の場合は基本的にミニチュアピンシャーということになります。 なお、同じブラック&タンでも見分けるポイントはいくつかあります。 一つずつ見ていきましょう。 頬の柄 同じ「ブラック&タン」という毛色のトイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーは、柄も非常によく似ていますが、よく見ると 頬の柄の入り方が違うのが分かります。 トイマンチェスターテリアの頬には 丸い円形の模様があるのに対し、ミニチュアピンシャーは 口元から頬まで柄がつながっています。 つまり頬に丸い模様が独立していればトイマンチェスターテリア、なければミニチュアピンシャーということになります。 ペンシルマークの有無 トイマンチェスターテリアには四肢のつま先にペンシルマークという黒い部分があります。 imgrum. ただし、稀にペンシルマークのあるミニチュアピンシャーもいるようなので、確実な見分け方とは言えません。 サムマークの有無 トイマンチェスターテリアの前肢の爪から少し胴体寄りの部分には サムマークという黒い模様があります。 これは別名、ダイヤモンドマークとも呼ばれ、トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーを判別する一つの材料になるとされていましたが、近年になって、ミニピンの中にも稀にこのサムマークがある個体が一定数、存在することが分かっています。 飼いやすいのはどっち? 一般的に、トイマンチェスターは賢く物覚えも良いので、躾がしやすく初心者向けだと言われています。 それに対してミニチュアピンシャーは攻撃的・やんちゃで扱いづらい性格をしており、どちらかと言えば上級者向け。 ただし、どちらにせよ個体差も大きいので、性格の荒いトイマンチェスターもいれば甘えん坊のミニチュアピンシャーもいます。 そして入手のしやすさ、という点ではミニチュアピンシャーの方が上です。 トイマンチェスターはまだまだマイナーな犬種なので、飼いたいと思ってもなかなかペットショップにもいなかったり、ブリーダーを見つけられなかったりすることが少なくありません。 まとめ トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの判別方法はいくつかありますが、最も見分けがつきやすいのは頬の柄になります。 判別方法は他にもいくつかありますが、例外というのが出てきます。 上で紹介した違い以外にも、「体重」「顔が違う」という見分け方もありますが、このあたりに関しては個体差もありますし見分けは難しいというのが正直なところです。 また、見た目こそ瓜二つなトイマンチェスターとミニチュアピンシャーですが、性格は全く違いますし、それぞれに魅力がある上、個体による性格差もあります。 何より両犬種の飼育方法の違いはほとんどないので、どちらを飼おうか迷っている方は「犬種」というくくりで選ぶよりも、実際に見て触れ合って、どの子にするか固体として決めるというのが一番ではないでしょうか。

次の

ペットショップCoo&RIKU

マンチェスターテリア

トイ・マンチェスター・テリア 英語名 Toy Manchester Terrier 原産国 イギリス サイズ 小型犬 グループ テリア トイ・マンチェスター・テリアの魅力 長くハンサムな顔立ちに、尖った三角耳、流線形のスマートな体型が印象的なトイ・マンチェスター・テリア。 ネズミを捕獲していたというルーツから、すばしっこくエネルギッシュで、愛玩犬の中でもとくに反応性がいいといわれています。 スラリとした長い四肢を駆使して自由かつ機敏に走り回るその姿は精悍そのもの。 シャープさと優雅さを併せもった犬として世界中の愛犬家から人気を集めている犬種です。 鋭い感覚ときびきびした動き、好奇心と探求心に富み活発な行動を好みます。 「テリア」と名のついている犬種ではありますが、負けず嫌いでけんかっ早いテリア気質は少なく、 温和な性格です。 愛情深く飼い主や家族と遊ぶことが大好きで、いつも側にいることを好むでしょう。 知らない人やほかの犬に対して警戒心が強い面もあり、有能な番犬にもなります。 大きさ テリアの中でも コンパクトで軽量な部類に入ります。 均整のとれたコンパクトな体格の持ち主で、背中のアーチがかかったラインが特徴的です。 子犬時代はマズルも短く丸みがありますが、成犬になるにつれて細長く引き締まった顔つきになります。 体高 体重 25~30㎝ 2. 7~3. 毛色の種類 光沢を帯びたスムースコートの毛色は、漆黒に濃い茶色のタン・マーキングがトレードマーク。 マズルは鼻先にまでタンがあり鼻と鼻骨部分は漆黒、両頬、両目の上、顎の下や喉元などにもマーキングがあります。 スカイ トイ・マンチェスター・テリア サラ トイ・マンチェスター・テリア Chloe トイ・マンチェスター・テリア 迎え入れ方、価格相場 愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。 例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。 またボール投げの相手をしたり、軽いドッグスポーツに挑戦したりと 犬と一緒に体を動かすことが好きな飼い主にも向いているといえます。 ひとり遊びも得意ですが、寂しがり屋な面もあるので、あまり長時間のお留守番は避けて飼い主さんや家族と多くの時間を過ごせるご家庭がベストです。 ポイント(2)肥満対策のために運動習慣を 子犬の頃の育て方によっては、飼い主さんに対して依存心が強くなってしまい、飼主さんと離れると神経質になったりすることがあります。 子犬のうちから一人の時間も安心して過ごせるように練習することが大切です。 また、ほかの犬と接することで社会性を育て、いろいろな環境や刺激などにも慣れさせるようにしましょう。 特別に激しい運動を必要とする犬種ではありませんが、 肥満対策など健康管理のためにも、1回20分~40時間程度の散歩を1日2回くらい行ってあげましょう。 ドッグランや広い庭などで、ロングリードで自由に走らせるのもおすすめです。 ただし、狩猟犬としての気質から小動物に反応しますので、気をつけて、愛犬から目を離さないようにしましょう。 ポイント(3)寒がりなので寒さ対策を トイ・マンチェスター・テリアは室内飼育が最適です。 短毛でかなりの寒がりなので、ケージ内に温かい毛布を入れてあげたり、 散歩の際は洋服を着せるなどして寒さ対策をしてあげて。 好奇心旺盛なので、入ってほしくない場所には、仕切りなどを設置して事故を予防しましょう。 とくに留守番させるときは、必ずサークル等に入れて思わぬ事故を防ぐようにして。 フローリングなどの滑りやすい床の上での生活は、脱臼など思わぬケガを招いたり、膝や関節などに負担をかけることも。 トイ・マンチェスター・テリアの行動スペースには 滑りにくい床を選び、カーペットやマットなどを敷いて足腰に負担がかからないようにしましょう。 大きな段差のない環境が理想的です。 ポイント(4)年齢と目的に合わせたフードを 主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。 一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。 フードのパッケージの裏に 総合栄養食と記載されているものを選んで。 犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。 「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」など、 年齢と目的に応じたフードを与えましょう。 手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。 しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。 ポイント(5)散歩後にタオルで拭いてケアを トイ・マンチェスター・テリアの被毛は スムースコートですので、お手入れは簡単です。 トリミングは必要ありませんが、皮膚の血行を促進するためにも定期的なブラッシングをしたり、散歩後は絞ったタオルで体を拭くなどのケアを行いましょう。 19世紀中頃の英国北西部の都市・マンチェスターを本拠地に、都市部の古い建物や近郊の荒地に住むネズミを探して仕留める犬として活躍した後、当時の庶民の娯楽であった「ネズミ早捕りレース」や「ドッグレース」などで人気を博しました。 長い年月をかけて、ウィペットやイタリアン・グレーハウンドなどの犬種と掛け合わせられ、より小型で俊敏、運動能力が高い現在の姿になったといわれています。 監修 認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了 犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。 参考 『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版).

次の

マンチェスター・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

マンチェスターテリア

マンチェスター・テリアの祖先は、イギリスにおいて何百年にも渡って存在したスムースコーテッド・ブラック・アンド・タン・テリアだと言われている。 ブラック・アンド・タン・テリアの特徴を持った犬は少なくとも16世紀には存在していた事が確認されている。 マンチェスター・テリアは、ネズミを追走して捕らえる猟犬として、ブラック・アンド・タン・テリアに、、などを交配して作出されたと考えられている。 マンチェスター・テリアの背から腰に向かい緩かにカーブした背は、などの犬種の影響によるもので、には珍しいものである。 被毛色が似ている為にの血が入っているという説もあるが疑わしい。 1800年代中期のイギリス・マンチェスター地方では、労働者階級の娯楽として「ネズミ殺し」と「ウサギ追い」のショーが盛んであった。 ネズミ殺しが得意であったが注目を集め、独立した犬種として扱われるようになる。 1860年頃にはこのが、繁殖の中心地となっていた地名にちなみマンチェスター・テリアと呼ばれるようになり人気犬種となった。 ビクトリア女王の時代には小型化が進み、体重が1. 1kgのものまで繁殖されていたが、極端な小型化による弊害が問題となり、現在のトイ種ほどのサイズに落ち着いた。 イギリスでが禁止された後、多くの繁殖家がこの犬種の繁殖を諦めたいきさつがあるが、一部の熱心な愛好家が血統を守ってきた。 マンチェスター・テリアはアメリカに渡ったが、当初ブラック・アンド・タン・テリアという名前で呼ばれていた。 1923年にアメリカでマンチェスター・テリア・クラブが設立され、マンチェスター・テリアと名称を改めて今日に至る。 では長い間、スタンダード種とトイ種間の交配は認めていたものの、2種を別犬種として扱っていた。 1959年になってトイ種はスタンダード種の小型亜種と位置付けられ、マンチェスター・テリアという1犬種になった。 スタンダード種とトイ種の違いは大きさと耳の形である スタンダード種は自然の立ち耳かした、又はであり、トイ種は生来のである。 マンチェスター・テリアはとは思えない華奢なボディと光沢のある被毛をもち、「紳士の」と位置付けられる。 猟欲は旺盛だが攻撃的ではなく、短毛である事によって他のテリアとは異なった人気を保ってきた。 4本の足のつま先には黒い線(ペンシルマーク)が入っており、上にはが見られる。 トイ種(トイ・マンチェスター・テリア)には多くの別名があり、イングリッシュ・トイ・テリア、ブラック・アンド・タン・トイ・テリア、ミニチュア・ブラック・アンド・タン・テリアなどの名称で呼ばれ、混乱もある。 イギリスでは、イングリッシュ・トイ・テリアという名前に統一されたようである。 トイ・マンチェスター・テリア.

次の