終身保険 女性。 女性保険

女性保険

終身保険 女性

女性保険とは、様々な医療保険・がん保険の種類の中で、女性特有の病気・がんに特に手厚く保障があるのが女性保険です。 女性特有の病気・がんの場合は上乗せで保障を受けることができるため、妊娠や出産、子宮や卵巣にかかわる病気など女性ならではのリスクが心配な方にお勧めです。 乳がんは40代から、子宮筋腫も30代からリスクが高まりますので、早めの準備が安心でしょう。 終身タイプは将来に備えることができ安心です。 加入当初の保険料を抑えた定期タイプは、一定期間、充実した保障を得るために、上手に活用することができます。 また、一定期間ごとにボーナスがもらえる商品や、女性の健康上の不安に答える相談窓口がある商品などもあり、女性のライフスタイルに合わせた保険になっています。 通常の医療保険のなかでも、女性疾病特約を付け加えることで、女性特有の病気を手厚く保障してくれる商品もあります。 お好きな方法でプロに相談• 外出しなくてもおうちで安心して相談いただけます。 ご自宅や職場の近くなどご希望の場所で相談いただけます。 子宮筋腫など女性が心配な病気等による入院を重点保障するだけでなく、入院時の一時金を1入院につき10万円(医療用入院一時金特約)、退院後の通院保障を1日につき10,000円(医療用通院特約)、3年ごとに15万円のボーナス(生存給付金)が受けとれます。 お好きな方法でプロに相談• 外出しなくてもおうちで安心して相談いただけます。 ご自宅や職場の近くなどご希望の場所で相談いただけます。 6 2,158円 20~70歳 終身 終身 5,000円 60日 1,095日 入院中:5万円・外来:2. 5万円 なし なし なし なし 口座振替・クレカ お手頃な保険料で入院・手術に備えられるエコノミーコースと、がんや先進医療の保障もついたおすすめコースの2つがある女性専用の終身型医療保険です。 保険料は一生上がりません。 入院給付金・女性入院給付金は、日帰り入院でも5日分受け取れます!短期入院に手厚いのが特徴です。 手術給付金は入院を伴う場合は入院給付金日額の10倍、入院を伴わない場合は入院給付金日額の5倍です。 5万円 <手術給付金・放射線治療給付金> ・骨髄等の採取術は、責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に行われた手術につき、保険期間を通じて1回を限度としてお支払いします。 ・放射線治療給付金は、60日間に1回を給付限度とします。 ・乳房再建給付金の支払限度は1乳房につき1回となります。 ・乳房再建給付金は、責任開始日からその日を含めて90日を経過する日以前(責任開始期前も含みます。 )に悪性新生物に罹患したときは、給付金のお支払いはしません。 また、その後新たに悪性新生物と診断確定されても、給付金のお支払いはしません。 ・先進医療とは、公的医療保険制度に定められる評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院等で行われるものに限ります。 )をいいます。 ただし、療養を受けた時点に公的医療保険制度の給付対象になっていた場合等は、先進医療とはいいません。 ・自動更新が可能です。 更新後の保険料は更新日現在の被保険者の年齢および保険料率によって計算します。 したがって更新後保険料は更新前保険料と異なります。 (通信販売の場合、死亡保険金をお支払いしないタイプ(死亡保険金の給付倍率を0と指定)のみ取り扱います。 詳細につきましては「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。 女性入院給付金も同様です。 同一の日に複数回手術を受けた場合は、いずれか1回の手術についてのみ手術給付金をお支払いします。 商品の詳細につきましては、「ご契約のしおり」と「約款」を必ずご確認下さい。 被保険者が既に引受保険会社で所定の先進医療関係の保障にご加入の場合には、付加できません。 先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。 そのため、対象となる先進医療は変動します。 医療用新先進医療特約による給付は、先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所において行われるものに限ります。 詳細につきましては、「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。 5万円をお支払します。 一部の手術については60日間に1回のお支払いを限度とします。 手術の種類により、責任開始期より1年間、または保険期間を通じてお支払いの対象にならない場合があります。 詳細は約款をご確認ください。 なお、先進医療の種類や医療機関は随時見直され、療養を受けた日に先進医療に該当するものが給付の対象となります。 また、先進医療給付金の支払対象となる療養を受けたときに先進医療一時金をお支払いします。 先進医療に関する特約は、現在ご加入の他のご契約も含めて複数のご契約に付加することはできません。 女性特定疾病の詳細は約款をご確認ください。 当募集代理店(生命保険募集人)は、お客様と引受保険会社の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。 したがいまして、保険契約は、お客様からの保険契約のお申込みに対して引受保険会社が承諾したときに有効に成立します。 当募集代理店および当募集代理店の特定関係法人の役職員の方は、当募集代理店でお申込みいただくことはできません。 以下の理由で、当社が推奨している商品になります。 当社の株主またはそのグループ会社である保険会社の商品• 当社子会社である再保険会社Advance Create Reinsurance Incorporatedと広告代理店 株式会社保険市場との間で再保険取引または広告取引のある保険会社の商品• 顧客の利便性、並びに保険募集品質の向上を目的として、当社のACP(注1)とAPI(注2)連携を前提としたシステム連携を行っている保険会社の商品• 当社のみが専門的に取り扱える保険商品• 申込件数およびWebサイトでの資料請求件数が上位である保険商品 注1:共通プラットフォームシステム(名称:Advance Create Cloud Platform)の略称 注2:Application Programming Interfaceの略称 広告主のPRを目的に掲載している商品になります。

次の

終身年金の保険料は男性の方が安い?

終身保険 女性

ポイント1. 年齢別に女性に必要な保障を知ろう! 女性保険の選び方で最初に考えるべきことは、女性保険の内容ではなく、ご自身に必要な保障を理解することです。 ご自身に必要な保障の優先順位を知ることで、実際にどのような女性保険が自分に適しているのかを判断することが出来るようになります。 ご自身に必要な保障を判断するうえで参考となるように、年齢別に分けて必要な保障を整理しましたので、ぜひ参考にしてください。 20代女性に必要な保障をシュミレーション【独身・既婚別】 20代女性に必要な保障を独身・既婚別に検討していきましょう。 20代女性独身の場合 25歳女性のAさんは会社員で一人暮らしの独身女性です。 社会人3年目となり生活に余裕が出てきた反面、病気やケガで入院したときなどの費用が気になって女性保険の検討を始めました。 Aさんにとって必要な保障や気をつける点をまとめると以下の通りとなります。 ・社会人数年目のため保険料負担はできる限り抑える(貯蓄のある保障は不要) ・通常の病気・ケガの入院・手術の保障は最低限揃える ・余裕があれば女性特有の入院保障や三大疾病を加える 20代女性既婚の場合 28歳女性のBさんは結婚2年目で夫と暮らしている主婦です。 そろそろ子供が欲しいねと夫婦で話していることもあり、妊娠・出産も見据えて女性保険を選ぼうと考えています。 Bさんにとって必要な保障や注意点は以下の通りとなるでしょう。 ・妊娠前に女性保険の検討・加入を済ませておく ・妊娠・出産での病気などに手厚い保障を選んでおく ・入院保障だけではなく通院保障も追加しておく 30代女性に必要な保障をシュミレーション【独身・既婚別】 30代女性に必要な保障を独身・既婚別に確認していきましょう。 30代女性独身の場合 34歳女性のCさんは民間企業に勤務、独身で両親と一緒に暮らしています。 仕事が結構ハードなこともあり年に数回体調を崩すこともあることから、自身の健康も気になり、万が一に備えて女性保険に加入しようかと考え始めています。 Cさんが必要な保障を選ぶ際のポイントをまとめると以下の通りです。 ・女性特有の病気で上乗せされる保障をしっかりとつけておく ・がんや三大疾病や保障も検討する ・貯蓄をする余裕があれば生存給付を追加する 30代女性既婚の場合 37歳女性のDさんは出産を二度経験して2児の母です。 結婚前に加入した医療保険が女性特有の病気などの上乗せ保障がないことから、今回女性保険への切り替えを検討しています。 Dさんが女性保険を検討する際に注意していただきたいのは以下の観点です。 ・女性特有の病気で上乗せされる保障を充実させる ・自身が入院や通院する場合の育児にかかる費用も考慮して保障額を決める ・基本的には生存給付などの貯蓄は求めない 40代女性に必要な保障をシュミレーション【独身・既婚別】 40代の女性にとってどのような保障が必要となるでしょうか。 独身・既婚別にモデルケースで確認していきましょう。 40代女性独身の場合 40歳女性のEさんは、公的機関に務めており、現在独身で母親との二人暮らしです。 仲の良い知り合いが乳がんになったと聞いて、自身も女性保険に加入しておこうかしらと考え始めたところです。 Eさんの状況からすると女性保険の検討に際して気をつけたいのは以下の点です。 ・がん保険や女性特有のがん保障に手厚い保障を選ぶ ・自分に万が一の事があった場合の死亡保障も追加で検討する ・余裕があれば先進医療や通院保障などの追加も検討する 40代女性既婚の場合 45歳女性のFさんは、専業主婦で夫と子供1人の家族で暮らしています。 20年ほど前に知り合いから勧められたがん保険に加入していますが、最近ではがん以外の病気も気がかりで、追加で女性保険に加入することを検討中です。 Fさんが追加で女性保険を検討する際の留意点を整理しました。 ・がん保険には加入済みなので、広く病気やケガを保障する医療保険で選ぶ ・女性特有の病気で手厚くなる保障をつける ・保険料負担を考慮して一生涯保障か10年更新かを選ぶ 50代以上の女性に必要な保障をシュミレーション【独身・既婚別】 50代以上の女性に必要な保障を独身・既婚別に検討していきましょう。 50代以上の独身女性の場合 51歳女性のGさんは、離婚歴があり子供はいなく現在一人暮らしで、会計事務所のパートナー(公認会計士)として精力的に働いています。 両親も他界し、姉夫婦が同じ市内に住んでいますが、自分が面倒をみるべき人はいないため、自分自身の病気や怪我の場合に備えた女性保険に加入しようと考えています。 Gさんが考慮するべき加入のポイントは以下の通りです。 ・一生涯保障される終身の保険期間を選ぶ ・女性特有の病気だけではなく、がんまたは三大疾病の保障も加えておく ・先進医療や介護の保障なども出来れば加えておく 50代以上の既婚女性の場合 63歳女性のHさんは定年退職した夫と二人暮らしです。 相応の貯蓄があるため生活に困ることはありませんが、60歳のときに胃潰瘍になって治療をしたことがあり、完治はしましたが、今後病気やケガで入院した場合の費用などを心配しています。 Hさんが女性保険を考えるうえで考慮すべき事項は以下の通りとなるでしょう。 ・胃潰瘍の病歴があり、通常の女性保険に加入できないか、条件がつく可能性あり ・女性特有の手厚い保障よりもがんや三大疾病の保障を優先しても良い ・介護の保障も検討範囲に入れておく ポイント2. 女性保険の種類を知ろう! 女性保険とひとくちにいっても、様々な種類に分かれています。 女性保険の種類の特徴(メリット・デメリット)を知ることで、自分が希望するタイプに適した女性保険の種類を選ぶことが出来るようになります。 貯蓄型の女性保険3つのメリットとデメリット 貯蓄型の女性保険のメリットは以下の通りです。 ・保険料が掛け捨てにならない ・途中で解約しても返戻金がある ・保険の保障とともに貯蓄もできる 貯蓄型の女性保険のデメリットは以下の通りです。 ・保険料が割高になる ・途中で解約したときの返戻の割合が低い場合がある ・満期や生存給付のタイミングまで給付がない 掛け捨て型の女性保険3つのメリットとデメリット 掛け捨て型の女性保険のメリットは以下の通りです。 ・保険料が割安である ・保障を多く設定しやすい ・他の女性保険に切り替えやすい 掛け捨て型の女性保険のデメリットは以下の通りです。 ・解約したときの返戻金や満期の給付金はない ・更新タイプの場合、更新後の保険料の上がり幅が大きい ・終身タイプの場合、保険料を一生涯払い続けなければならない 死亡保障型の女性保険3つのメリットとデメリット 死亡保障型の女性保険のメリットは以下の通りです。 ・万が一の死亡時に備えることができる ・死亡保障に医療保障をセットしたタイプも多い ・解約した時に返戻金があるタイプも多い デメリット ・満期金として受け取れる金額はない ・死亡保障金額の最低額が大きいと必要以上の保障に加入することになる ・医療の保障に制限があり不十分になってしまうことがある 解約返戻金は必要?目的に合わせて自分に合った女性保険を選ぼう 解約返戻金とは、女性保険を途中で解約した場合に、加入者に返礼されるお金のことです。 解約返戻金があるということは、その女性保険にはある程度の貯蓄性がある、ということになります。 したがって解約返戻金があるということは、掛け捨てではないということになります。 掛け捨てはもったいないという考え方から解約返戻金がある女性保険を選ぶ方がいらっしゃいますが、保険料が割高になるので注意が必要です。 保障内容や年齢によっても異なりますが、解約返戻金のある女性保険は毎月の保険料が1万円を超えるものも珍しくありません。 そうした毎月の保険料を10年、20年以上も支払うことになる、という点をふまえて判断をするようにしてください。 ポイント3. 女性保険の保障内容を比較!女性保険の選び方8つのチェックポイント 女性保険の保障内容について、様々な観点から確認をしていきましょう。 女性保険の選び方として、これから紹介する8つのチェックポイントを押さえておくことで、具体的な女性保険の保障内容をご自身で比較・検討できるようになります。 入院給付金の日額を選ぶ 入院給付金の日額とは、入院した場合に一日につきいくらの給付金が貰えるか、ということです。 女性保険が医療保険であれば、病気やケガで入院した場合に、一日いくら貰えるかが入院給付金の日額、ということになります。 日額ですが、保険料の負担や必要な保障の観点から、概ね3,000円から5,000円の範囲で設定される方が多いと思います。 また日額の設定は、1,000円単位でする女性保険が大半を占めています。 入院給付金が支払われる条件を比較する どのような場合に入院給付金が支払われるのかを確認しておくことも重要です。 まず最初に入院の理由です。 医療保険の女性保険であれば、病気やケガで治療するための入院であることがまず条件となります。 がん保険の女性保険であれば、がんに罹患して入院することが条件です。 次に入院の日数です。 日帰り入院で1日目の入院から支払われる女性保険が多くなりましたが、5日以上の入院で1日目から支払われるという条件がある女性保険もありますので注意してください。 また一つの入院での入院日数限度という条件(制限)もあります。 最近は1入院60日限度が多くなりましたが、120日限度や180日限度といった女性保険もあります。 女性特有の病気の保障範囲を比較する 女性保険ならではの特長として、女性特有の病気の場合に保障が手厚いということが挙げられます。 具体的には入院給付金が倍額になるといったものです。 この手厚い保障となる女性特有の病気の範囲について、女性保険ごとに確認をしておくことが必要です。 確認する観点は2つあります。 ひとつめは女性特有(女性に多い)の部位の病気がどこまで範囲に含まれているかの確認です。 具体的には子宮や乳房といった部位で病気になった場合の保障が手厚かいどうかを確認しましょう。 ふたつめは、甲状腺障害などの、女性がかかりやすい病気がどこまで保障の範囲にふくまれているかです。 死亡保障がついているか比較する 死亡保障とはその名の通り、自身が万が一亡くなった場合に遺族に死亡保険金が支払われるという保障です。 通常の女性保険では、入院や手術の保障がメインとなるため、死亡保障は無いか、あっても25万円程度の金額であることがほとんどです。 このため、女性保険で死亡保障で数百万円程度を準備したいという場合には死亡保障をオプションで付加することが可能な女性保険を検討されるとよいでしょう。 三大疾病の保障内容を比較する 女性保険においてメイン保障となりつつあるのが、この三大疾病の保障です。 三大疾病とは、がん(悪性新生物)・心筋梗塞(心疾患)、脳卒中のことで、特にがんの保障を目的として加入される方が増えています。 こうしたニーズの高まりに対応して、女性保険においても三大疾病の保障が基本保障として揃っていることが多くなりました。 ただし、三大疾病の保障といっても大きく分けて2種類あります。 ひとつめが、三大疾病で入院・手術した場合の入院給付金と手術給付金です。 ふたつめが、三大疾病なった場合の一時金です。 女性保険ではひとつめの三大疾病で入院・手術した場合の保障が多くなっていますので、入院・手術の保障金額を確認するようにしていください。 先進医療の保障内容を比較する 先進医療とは、高度先進医療のことで高い治療効果が期待できる治療方法です。 ただし公的医療保険の適用外となっているため、医療費全額を自己負担しなければならず、治療によっては数十万円から百万円を超える費用となるものも存在します。 この自己負担となってしまう先進医療の医療費を保障するのが先進医療の保障です。 そして先進医療の保障内容は「先進医療の技術料」という実費を補填するという内容で、最大2,000万円が支払限度となっていることが多いです。 これに加えて先進医療を受けた場合に一時金として25万円を支払うというような付加的な保障が用意された女性保険もあります。 妊婦さんは妊娠中に加入できるかどうかをチェックしよう 妊娠中の女性は女性保険に加入できるのでしょうか。 結論から言うと、加入出来ないケースが多く、加入できたとしても妊娠・出産に関わる保障が除外される条件がついての加入になってしまうことが多いです。 これはやはり妊娠・出産に関する病気などで給付金の支払いが多く、そうした病気の不安のある方ばかりが集まりやすくなってしまうと、そうでない方との公平性に問題がおきてしまうからです。 こうしたことから考えると、やはり女性保険は妊娠前に加入されておくことが望ましいと言えるのです。 必要な保障内容を考えて無理のない保険料を設定しよう 女性保険を検討していると、よく陥りがちなのが、この保障もほしい、あの保障もつけておきたいとどんどん保障が多くなっていくことです。 もちろん保障が多いほうが安心ですが、保障が多くなった分、保険料も高くなっていきます。 1回や2回の支払いではなく、少なくとも10年や20年を支払い続けていくのが保険料です。 保障が必要だとしても、しっかりと継続して支払い続けることが出来る保険料の範囲で加入をすることが重要です。 おすすめ女性保険ランキング それでは実際に女性保険を検討していただくための具体的な例として、いくつかの女性保険を紹介していきましょう。 どれも人気のある女性保険ですが、それぞれの女性保険には特長があります。 そうした特長なども踏まえていただきながら、ご自身の女性保険を選ぶ際の参考にしてください。 メディカルKit NEO女性プラン|東京海上日動あんしん生命 東京海上日動あんしん生命のメディカルKit NEO女性プランを紹介します。 まずは具体例を挙げますので保障内容を確認してください。 プラン名 充実プランZタイプ 契約年齢・性別 35歳女性 保険期間 終身(ただし先進医療のみ10年更新) 保険料払込期間 終身(ただし先進医療のみ10年更新) 月払保険料 2,922円 入院 1日につき5,000円 (1入院180日限度、ただし三大疾病の場合は無制限) 女性疾病入院 がん入院 上記入院に上乗せして1日につき5,000円 乳房再建手術 乳房再建給付金 一時金100万円 手術 放射線治療 入院中の手術または骨髄等の採取術1回につき5万円 上記以外(外来)の手術1回につき2. 5万円 放射線治療1回につき5万円 通院 1日につき3,000円 先進医療 先進医療にかかわる技術料(支払限度額 通算2,000万円) その他 特定疾病保険料払込免除特則 (三大疾病になった場合に、その後の保険料払込が免除) メディカルKit NEO女性プランの特徴ですが、女性疾病での上乗せ保障の他に、乳がんで乳房を切除し乳房再建手術を受けた時に一時金(このプランの場合100万円)が受け取れることです。 また、三大疾病の給付金はないのですが、三大疾病になった場合には、以後の保険料の払込をすることなく保障を続けることができます。 こちらも具体的な例を挙げますので保障内容をご覧ください。 プラン名 通信販売タイプ・プラン3 契約年齢・性別 35歳女性 保険期間 15年(更新で最長90歳) 保険料払込期間 15年(更新で最長90歳) 月払保険料 5,022円 入院 1日につき5,000円(1入院60日限度) 女性疾病入院 上記入院に上乗せして1日につき5,000円(1入院180日限度) 入院一時金 1入院につき10万円(1入院1回限度) 手術 放射線治療 内容につき2. 5万円・5万円・10万円・20万円 通院 退院後の通院1日につき3,000円(30日限度) 先進医療 先進医療にかかわる技術料(支払限度額 通算2,000万円) 死亡 300万円 高度障害 500万円 生存給付 3年ごとに生存しているとき7. 5万円 フェミニーヌは総合的な女性保険といえる保障内容となっているのが特徴です。 女性保険の基本保障といえる女性疾病での上乗せ保障があり、がんになった場合も上乗せとなっています。 加えて死亡や高度障害の場合にまとまった一時金が支払われるとともに、3年ごとに生存給付が受け取れる内容です。 ただし終身期間が主流の女性保険において、保険期間は15年の更新タイプで最長90歳までとなっていますのでご注意ください。 具体的な契約例を掲載しましたので確認していきましょう。 プラン名 日額5,000円・保障充実コース・FBプラン 契約年齢・性別 35歳女性 保険期間 終身(ただし先進医療のみ10年更新) 保険料払込期間 終身(ただし先進医療のみ10年更新) 月払保険料 3,546円 入院 短期入院 1日につき5,000円(1入院60日限度) 1回の入院日数が10日以内の場合 一律5万円 女性疾病入院 上記入院に上乗せして1日につき5,000円 手術 放射線治療 【入院中の手術】 1回10万円 【外来手術】 1回2. 5万円 【放射線治療】 1回10万円 【骨髄ドナー】 1回のみ5万円 先進医療 先進医療にかかわる技術料(支払限度額 通算2,000万円) 上記に加えて一時金5万円 通院 退院後通院した場合 1日につき3,000円 七大疾病延長入院 入院限度日数後も七大疾病で入院した場合1日につき5,000円 生存給付 継続10日以上入院がなく生存していた場合 5年ごとに5万円 Flexi Sは死亡・高度障害の保障はないものの、短期入院、通院、そして七大疾病での延長入院が保障されていることです。 七大疾病とは、ガン(悪性新生物・上皮内新生物)・糖尿病・心疾患・高血圧性疾患・脳血管疾患・肝疾患・腎疾患のことで、この治療で入院した場合には支払限度無制限で保障されているのも特徴です。 また連続入院10日間の支払いがなければ5年ごとに5万円の生存給付もあります。 こちらも具体的な保障内容をご覧ください。 プラン名 入院安心レディプラン 契約年齢・性別 35歳女性 保険期間 終身 保険料払込期間 終身 月払保険料 2,275円 入院 1日につき5,000円(1入院60日限度) 女性疾病入院 上記入院に上乗せして1日につき5,000円 手術 放射線治療 【入院中の手術】1回につき5万円 【外来の手術】1回につき2. 5万円 【放射線治療】1回につき5万円 【骨髄移植術】1回につき5万円 女性特定手術 【女性特定手術】1回につき15万円上乗せ 【乳房再建術】1回につき50万円上乗せ 先進医療 先進医療にかかわる技術料(支払限度額 通算2,000万円) 上記に加えて一時金5万円 メディフィットAの最大の特徴は、先進医療の保障が10年更新ではなく終身であることです。 10年更新の場合は更新後の保険料が上がる可能性があるのですが、終身はずっと変わらない保険料なので安心です。 また女性特有の病気での入院の上乗せだけではなく、乳房・子宮・卵巣の摘出術などの女性特有の手術に対しても上乗せ保障で備えることができるのも特徴です。 まず具体的なプラン内容を確認しましょう。 プラン名 基本プラン 契約年齢・性別 35歳女性 保険期間 終身 保険料払込期間 終身 月払保険料 1,972円 入院 1日につき5,000円(1入院60日限度) 女性疾病入院 上記入院に上乗せして1日につき5,000円 手術 放射線治療 【入院中】10万円 【外来】2. 5万円 先進医療 先進医療にかかわる技術料(支払限度額 通算2,000万円) 上記に加えて上記給付金の10%相当額 新CURE Lady(キュア・レディ)の特徴ですが、保険料のお手頃感です。 上記の具体例は、シンプルな保障内容ですが、女性疾病入院での上乗せ保障がしっかりと揃っているので、保険料の負担を出来る限り抑えたいという方は是非検討してみてください。 また先進医療の保障ですが技術料相当額だけではなく、プラスして10%の上乗せ保障もついてますので、ここもチェックポイントとなります。 また、保険種類や保障の特徴、生命保険としての仕組みを理解することも重要です。 実際の女性保険の商品をいくつか紹介しましたので、ぜひ女性保険の選び方の参考にしていただければと思います。

次の

終身医療[女性プラン]保険のシミュレーション

終身保険 女性

・更新日: 2019年2月2日 ・公開日:2017年10月6日 このページでは、一生続く死亡保障を確保できる「終身保険」をランキングでご紹介します。 ランキング作成にあたっては、保障内容はもちろん、保険料や返戻率の違いを考慮しました。 保険料・解約返戻率について 保険料は、性別ごとに30歳、40歳、50歳の保険料を掲載しています。 保険料を計算するにあたっては、比較しやすくなるように 保険料を60歳までに払い終える場合で計算しました。 ただし、一部「終身払い」しか選べない終身保険もあるため、そちらについては終身払いで計算しています。 (なお、その旨は表内の【保険料算出条件】にも記載しています。 ) 解約返戻率について 終身保険では、保険を解約した際に返還される 「解約返戻率」も選ぶ際のポイントになります。 表内では保険料を払い終えた直後の解約返戻率を、保険料の下に 書きで記載しています。 (一部の年齢しか確認できていないものは、確認できたもののみ記載しています。 ) ランキング表でのチェックポイント! 終身保険のタイプ 終身保険には「普通終身型」や「低解約返戻金型」等の種類があります。 具体的な違いは、でご紹介していますが、各終身保険がどんなタイプであるのかをランキング表ではアイコンでご紹介しています。 特約の三大疾病保険料免除 終身保険の一部には、「がん」等を対象とした「三大疾病保険料払込免除特約」があります。 こちらは有料の特約ですが、大きな病気の場合にそれ以降の保険料の支払いが必要なくなる重要な保障です。 そのため、終身保険加入時にはぜひ付けておきたい保障です。 そこで、表内では三大疾病保険料払込免除特約の有無を記載しました。 なお、コメント欄右下の 「三大疾病保険料免除」 にマウスを載せて をタップしていただくと保障内容の詳細が表示されます。 【メリット】 メリットは、解約返戻率の良さと、保険料の安さ。 RISEは、多くの終身保険の解約返戻率が下がる中、 いまだに高返戻率をキープしている貴重な終身保険。 今回は死亡保険金額500万円で算出したが、1,000万円以上になるとさらに返戻率がアップする。 また、死亡保障のみを見てみても保険料が抜群に安く、割安に死亡保障を確保するのにも最適。 【デメリット】 デメリットは途中解約での元本割れ、インフレに対応できないこと。 保険料払込期間中は解約返戻率が常に元本割れしているため、 保険料を払い終えるまでに解約すると損をしてしまう。 また、上乗せの利息が固定されているため、インフレ時の金利上昇には対応できない。 【総評】 保険料が安く、また解約返戻率も高いため、死亡保障への備えと貯蓄性の両方を兼ね備えることができる。 インフレに対応できないというデメリットはあるが、将来インフレになるかどうかは分からず、またインフレ対応型の「積立利率変動型」や「外貨建て」にすると、また別のリスクが生じるため、そちらが良いとは言い難い。 全体のバランス的に、 当サイトとして最もおすすめできる終身保険。 【メリット】 メリットは、特約の保険料免除が優れているという点。 【デメリット】 デメリットは、解約時の元本割れリスクと、インフレ対応ができないという点。 保険料払込期間中の返戻率を抑えているため、保険料を払い終わる前に解約すると元本割れしてしまう。 また、上乗せ利息が固定されているため、インフレ時の金利上昇には対応できない。 【総評】 以前は高返戻率の終身保険だったが、2017年4月の標準利率の引き下げにより返戻率が低下してしまった。 現状では、さらに安く高返戻率のものがあるため、もし 「三大疾病保険料払込免除」を重視したい場合には検討してみても良いだろう。 【メリット】 メリットは、三大疾病を対象とした払込免除の内容が良いこと。 ひまわり生命の「一生のお守り」と同様に、がん等の三大疾病で保険料が免除されると 一生分の保険料が払い込まれた扱いになる。 そのため、その時点で解約することでまとまった資金を得ることができる。 【デメリット】 デメリットは、貯蓄率が低いこととインフレ対応ができない点。 低解約返戻金型ではあるが、保険料を払い終えた後でも解約返戻金が保険料以下の設定のため貯蓄性は無いに等しい。 また、金利が固定されており、なおかつ無配当型であるため将来インフレになった場合への対応はできない。 ただ、その場合でも保険料払込直後には元本割れしてしまうため貯蓄性は期待できない。 あくまで、死亡保障のみを目的にする場合には検討してみても良いだろう。 【メリット】 メリットは女性の保険料の安さと、死亡保険金額が増える可能性があること。 30歳時点の女性の保険料については他のどの終身保険よりも安くなっている。 また、この保険は死亡保険金額が増減する「変額終身保険」だが、 死亡保険金には最低保障があるため、保険料が増えることはあっても減ることが無いというメリットがある。 【デメリット】 最大のデメリットは、解約返戻金が増減すること。 デメリットというよりは難しい点となるが、解約返戻金は「最低保証」がないため、万一運用成績が悪い場合には解約返戻金が大きく減額されてしまう。 もちろん、反対に増えることもあるが、どちらになるかを予測するのは難しい。 【総評】 バリアブルライフと言えば以前はどの終身保険よりも保険料が安かったが、何度かの値上げを経て最安ではなくなってしまった。 死亡保険金額が増える可能性がある点に魅力を感じれば検討してみても良いが、あくまで 解約返戻金が大きく減る可能性があるということは頭に入れておく必要がある。 【メリット】 メリットは、利率変動型のためインフレ対応が可能なこと。 数少ない金利変動型のため、インフレ時の金利上昇局面で上乗せ金利が増え、 解約返戻金や死亡保障額の増額が期待できる。 また、金利には0. 【デメリット】 デメリットは、基本の解約返戻率が低いこと。 最低保証利率の0. (年齢によっては超えずに元本割れする。 )また、利率固定型のものと比べてみても保険料が高め。 【総評】 積立利率変動型の中では最もおすすめだが、利率が固定されているものの方が保険料が安く解約返戻率も高いため、あえてこちらを選ぶ必要はなさそう。 なお、タバコを吸わなかったり、血圧値が基準内だったりすると、 最大で保険料の1. 【メリット】 メリットは、普通終身型なのに保険料が安いこと。 通常、終身保険では「低解約返戻金型」のものが保険料が安くなるが、この保険は「普通終身型」なのに、その辺の 低解約返戻金型よりも保険料が安くなっている。 【デメリット】 デメリットは、保険料払込免除が一切ないこと。 この保険には、三大疾病を対象とした保険料払込免除に加えて、「所定の身体障害状態」を対象とした保険料払込免除も付いていない。 そのため、万一の場合でも保険料を支払い続ける必要がある。 【総評】 最近では珍しい、保険料払込期間中の解約返戻率が高い「普通終身型」の終身保険。 ただ、保険料払込終了直後でも基本的に解約返戻金が元本割れしてしまうため貯蓄性はほぼ無いといえる。 また、保険料は安いのは良いが、その分保険料払込免除が一切ついていないのは保障の面で不安が残る。 【メリット】 メリットは、要介護状態への保障と、三大疾病保険料免除の良さ。 この保険では、最初から「要介護」状態を対象とした保険金給付が付いており、例えば65歳以上で公的介護保険の「要介護2」と認定された場合に死亡保険金と同じ金額の保険金を受け取ることができる。 また、「一生のお守り」等と同様に、がん等の三大疾病と認定された時点で保険料が免除となり、なおかつ、一生分の保険料がはリアこまれた扱いになるという特徴がある。 これは、 一気に解約返戻金が増額となる大きなメリット。 【デメリット】 デメリットは、貯蓄率が低いこととインフレ対応ができない点。 【総評】 この保険は、死亡保障以外に「要介護状態」にも備えられる点が大きな特徴となっている。 そのため、 民間介護保険の保障も兼ねているといえる。 ただし、貯蓄性はなく、また保障が手厚い分保険料も高めなため、あくまで介護への保障が必要かどうかが加入の検討材料になるだろう。 【メリット】 残念ながら特にメリットは見当たらない。 一見保険料は安く見えるが、保険料の払い込みが 「終身払い」となっていることが理由であるため注意。 【デメリット】 デメリットは、加入中に解約すると必ず元本割れを起こす点。 この保険は「低解約返戻金型」であるため、保険料払込期間中の解約返戻率が低く抑えられている。 しかし、 保険料の払い込み方法として「終身払い」しか選べないため、加入している限りずっと解約返戻率は抑制されており、解約すれば必ず元本割れを起こしてしまう。 【総評】 保険料の払い込みが終身払いしか選べないため、貯蓄性は無く、あくまで死亡保障のみが選ぶ理由となる。 しかし、終身払いで同じ死亡保障額を確保するのであれば、オリックス生命の「RISE」等の方が保険料が安くなるため、現状ではこの保険を選ぶ理由は特にないだろう。 【メリット】 メリットは、保険料払込後に保障を移行できる点。 WAYSでは、保険料を払い終える頃に、死亡保障から 「医療保障」「介護保障」「年金支払い」の3つへと保障内容を移行することができる。 (移行しないこともできる。 )保障を移行できる終身保険が増えてはいるが、医療保障に移行できるのは少ないため選択肢としてあるのはメリットだといえる。 【デメリット】 デメリットは、三大疾病を対象とした保険料払込免除がなく、インフレ対応もできないこと。 WAYSでは、がん等を対象とした三大疾病保険料払込免除特約が存在しない。 そのため、重い病気の際でも保険料の支配を続けなければいけないというデメリットがある。 【総評】 以前は、高返戻率の保険として有名だったが、現在では返戻率が低下してしまっており、保険料も安くはないため魅力が無くなってしまっている。 現状ではあえてこの保険を選ぶ必要性はないだろう。 【メリット】 メリットは、定期死亡保障関係の特約が多いこと。 メインの終身死亡保障の他に、 就業不能保険や収入保障保険に相当する定期死亡保障が多くそろっている。 そのため、1つの保険だけでさまざまな死亡リスクに備えることができる。 【デメリット】 デメリットは、三大疾病が対象の保険料払込免除がなく、インフレ対応もできないこと。 この保険には、がんや脳卒中などを対象とした保険料払込免除特約が存在しない。 そのため、大きな病気になった場合でも保険料の支払いを継続しなければいけない。 付ける付けないは別にして、選択肢として存在しないのはデメリットだといえる。 ただ、それ以外に特に大きなメリットが無いため、今の状態ではあえてこの保険を選ぶ必要性は感じられないのが残念。 【メリット】 メリットは、積立利率変動型でありインフレ対応が可能なこと。 支払った保険料に上乗せされる利率が変動するため、インフレ時の金利上昇にも対応することができる。 ただし、 金利見直しのタイミングが10年スパンとなるため、短期間での金利変動には対応できない。 【デメリット】 デメリットは、保険料が高く、解約返戻率も低いこと。 この保険は保険料が安くなる「低解約返戻金型」であるはずなのに、保険料がかなり高くなっている。 同じ死亡保障額を確保する点で考えれば、他の保険よりも高いのはデメリットとなる。 【総評】 インフレに対応できる数少ない「積立利率変動型」だが、いかんせん保険料が高すぎる。 そのため残念ながら、金利変動というメリットを優先してまで選びたいとは言えない。 【メリット】 メリットは、病歴がある方でも入りやすいプランがあること。 この保険には、通常の終身保険である「基本プラン」と、 告知項目が1つしかない「簡単プラン」がある。 簡単プランでは、過去にがんになった経験や、過去5年以内の大きな病歴が無ければ加入できるため、病歴がある方にとって選択肢の1つとなりえる。 【デメリット】 デメリットは、保険料払込免除が一切ない点。 この保険には、所定の身体障害状態が対象のものに加え、がん等の三大疾病を対象とした保険料払込免除が存在しない。 付けるかどうかは別としても、選択肢として存在しないのはデメリットだといえる。 【総評】 残念ながら、この保険には保障内容上でメリットらしいメリットが見当たらない。 「簡単プラン」がある点は他の終身保険より良いが、簡単プランも保険料払込期間中は保障内容に制限がつく。 そのため、検討するとしても、どうしても他の終身保険に加入できない場合に限った方が良いだろう。 【メリット】 残念ながら、終身保険としてのメリットは特に無い。 【デメリット】 最大のデメリットは、支払う保険料の総額が死亡保障額を上回る点。 例えば、30歳の男性なら 500万円の保障を得るために511万円を支払わないといけない。 死亡保険金額以上に保険料を払うのであれば、貯金しておいた方が良いです。 この、死亡保険金額を保険料が上回るというのは他の終身保険では見られない致命的なデメリット。 【総評】 デメリットで挙げた点以外にも、この保険は「保険料払込免除」が一切なかったり、インフレに対応できなかったりと、保障内容としてはかなり厳しい点が多い。 「郵便局」という安心感はあるかもしれないが、それでも死亡保障を求めるのであれば加入はおすすめしない。 ここからは、終身保険を検討する際に知っておいてほしいポイントをご紹介します。 終身保険には「死亡保障」の他に 「お金が貯まる」という機能もあります。 それゆえに、その機能を活かして複数の使い方ができます。 また、お金の貯まり方にもさまざまな方法のものがあります。 どういったタイプのものがあるのかを知っておけば、実際に選ぶ際にも違いが分かりやすくなります。 そこで、終身保険を選ぶ際のポイントを簡単にご説明します。 (以下の項目名をクリックしていただくと該当部分まで移動します。 ポイント1万一に備える?お金を貯める?終身保険は何に使う? ポイントの1つ目は、終身保険をどんな目的で使うのかということです。 終身保険は、死亡保険ではありますが、貯蓄もできる保険です。 そのため、加入する目的として主にこのようなものがあります。 お葬式代としての死亡保障の確保• 老後資金の積み立て• 学資保険の代わりとして• 相続税対策として どの目的で加入するかにより、設定すべき保険金額が変わって来ます。 お墓代やお葬式代として加入するのであれば 200~400万円程度が必要です。 これは、死亡保障として死亡保険金額に設定して準備します。 また、学資保険の代わりとして加入するのであれば 250万円(国立)~500万円(私立理系)程度が必要です。 これは、子供が高校3年生の時点で終身保険を解約したときの「解約返戻金」が、この金額になるように加入します。 ポイント2解約返戻金の積立方法に注意! ポイントの2つ目は、解約返戻金の積立方法についてです。 これは、 「老後資金」や「学資保険代わり」等の、貯蓄目的で加入する場合に特に重要になります。 解約返戻金とは、終身保険を解約した際に加入者に返還されるお金です。 この解約返戻金は、主に加入者が保険料を支払っている間の積み立てられ方によって3つの種類があります。 普通終身型• 低解約返戻金型• 変額終身型 1.普通終身型 普通終身型は、保険料を払い込んでいる間の解約返戻率が普通水準のプランです。 保険料払込み途中で解約しても解約返戻金があまり減らない代わりに、 保険料が高めになります。 ただし、低金利の影響で以前に比べると返戻率は低下し、取り扱う保険会社も減りました。 基本は「低解約返戻金型」がおすすめ これら3つのタイプですが、基本的には 「低解約返戻金型」をおすすめします。 低解約返戻金型は数多くの終身保険で取り入れられているため選択肢が多く、保険料がかなり安いものもあります。 途中解約のリスクさえクリアできれば、お得に保障を得ながらお金を積み立てられます。 なお、死亡保障の確保のみを考えれば「変額終身」も悪くはありません。 ただ、解約返戻金の元本割れリスクが高く、また選び方もやや他の終身保険よりも難しいです。 ポイント3終身保険は対面加入のものがほとんど ポイントの3つ目は、加入する際の方法についてです。 「医療保険」や「がん保険」では、インターネットや郵送などの通販申し込みができるものが増えています。 しかし、終身保険ではそのほとんどが 「対面加入」となっています。 その理由は、1回あたりの保障額が高額になりがちなのと、貯蓄性の説明などを行う必要があるためです。 実際に、終身保険は自分だけで選んで申し込むにはやや難易度が高い保険だといえます。 終身保険の加入前には次のような点をしっかりと検討する必要があります。 加入目的• 目的に合ったタイプ• 必要な死亡保障額• 解約返戻率の推移 こうした点を解決できるのが「対面加入」なのですが、中でもおすすめなのは、複数の終身保険を扱える 保険の専門家であるFPへの相談です。 保険の専門家に話を聞くと最適なものを教えてもらえる 生命保険のことを相談できる保険の専門家には、保険ショップ等のFP ファイナンシャル・プランナー)さんがいます。 私自身、初めて保険加入を行った際にはFPさんに相談して保険に入りました。 相談すると、FPさんは相談者の目的などを聞き、それに沿った 最適なプランや保障額を複数の生命保険会社の終身保険の中から選んでくれます。 相談は無料で、相談したら保険に入らないといけないというものでもないので、終身保険検討時には頼もしい存在です。 実際に私も複数のFPさんに話を聞き、最終的には という保険相談サービスで保険に入りました。 終身保険は、一度加入したら途中で解約するのが難しく、長い間付き合うことになる保険です。 ぜひ、加入前には専門家の力を借りながらしっかりと検討してみてください。 そうすることで、加入後にも安心できる終身保険に出会えるはずです。

次の