錦戸 亮 タバコ。 錦戸亮の関ジャニ脱退の本当の理由は?女癖や素行の悪さによる不祥事というネットの噂も

錦戸亮の映像使用禁止を民放に通達!? 赤西仁との“謀反者”コラボにジャニーズ事務所が焦りまくり|日刊サイゾー

錦戸 亮 タバコ

(「羊の木」…西洋に伝わる伝説の植物) 〝その種子やがて芽吹き タタールの子羊となる 羊にして植物 その血 蜜のように甘く その肉 魚のように柔らかく 狼のみ それを貪(むさぼ)る 『東タタール旅行記』より〟 (「羊」=「善良な一般市民」、「狼」=「殺人犯」を暗喩している) 富山県、魚深市(注:架空の町)。 魚深市は、日本海に面したさびれた港町でした。 地方都市としては、これから過疎化がますます進んでいくものと思われます。 国家では、大きな問題を抱えていました。 高齢化が進む日本の社会では、犯罪者を養う刑務所にかかる、莫大な費用がばかになりません。 そこで国家は、テストケースを示しました。 仮釈放問題です。 地方都市を身元引受人になってもらい、自治体が住居と仕事を提供して、「最低10年間はそこで暮らすこと」を条件に、犯罪者を仮釈放させるというものです。 これは『地方都市移住による更生および社会復帰促進計画』と呼ばれ、極秘事項でした。 ごく一部の者しか知らないものです。 魚深市役所に勤務する若い職員・月末一(つきすえ はじめ)は、上司の課長・神崎良作から市に新規の6名が転入することを聞かされます。 月末はその新規の6名の担当を任されました。 6名の住所も勤め先も決まっているから、案内しろと言われます。 魚深市に転入者がやってくるのは、珍しいことでした。 月末は6名を迎えに行きます。 最初にやってきたのは、福元宏喜という若い男性でした。 陰気な感じの男性で、月末は車で福元を連れて行きつつ、「いいところですよ。 人もいいですし、魚もうまいです」と話しかけますが、福元は「魚、苦手なんです、すいません」と答えるので、月末はそれ以上話を膨らませることができませんでした。 食堂に連れていくと、福元はがつがつと丼をかきこみます。 福元は理髪店勤務になりました。 次に来たのは、太田理江子という若い女性です。 理江子は食堂のパフェを食べて、うっとりしました。 その後、自分の服のにおいをかぎます。 月末が聞くと、「服がカビくさい。 ずっと保管してて」と言いました。 カビくさい服を着てきたということに、月末は違和感を覚えます。 理江子は、老人介護施設の職員になりました。 3人目は栗本清美という女性です。 清美はとにかく口が重く、月末が引っ越しの手伝いをするのですが、終始無言でした。 清美は清掃員になります。 4人目は大野克美という、老人の男性でした。 大野を迎えに行った際、その場所が刑務所であることに月末は驚きます。 月末が大野を乗せて車を走らせていると、蔵田という組員が背後からパッシングをし、話しかけてきました。 それを、大野が帰します。 大野の件で違和感が膨れ上がった月末は、上司の神崎に問い合わせました。 そこで初めて、魚深市が身元引受人として、減刑された犯罪者を受け入れることを知ります。 神崎は月末に、「市長からの直轄案件だ(ほかに知る者はいない、他言無用という意味)」と告げました。 6人が前科者だということを、警察も知らされていないと聞き、月末は不安になります。 事情が呑み込めると、なんとなく彼らの挙動が変わっているのも理解できます。 刑務所から出てきたばかりなので、みんな甘いものに飢えているのです。 理江子が「保管してた」と洋服の匂いを嗅いでいたのは、刑務所から出てきたばかりだったからでした。 5人目は杉山勝志という、中年男性でした。 杉山はソフトクリームを食べながら、月末に「タバコ買ってきて」と用足しを頼みますが、月末は「ご自分で」とはねつけます。 杉山は月末の反応を楽しみながら、自分で買いに行きました。 杉山は船員になります。 受刑者の応対に疲れてきていたところだったので、6人目の宮腰一郎が「いいところですね。 魚もうまいんでしょ」と気さくに話しかけてきたことに、月末は驚きます。 メンバーのなかでは、いちばんまっとうな感じでした。 刺し身定食をおいしそうに食べながら、宮腰は自分の刑について話します。 街で因縁をつけられてケンカになり、揉み合ったところ、相手が死んでしまったそうです。 宮腰は正当防衛を主張したのですが、過剰防衛で有罪になったと言いました。 (先にネタバレ。 宮腰の証言には一部、偽りがある) 宮腰は、宅配業者になります。 ・福元宏喜…理髪店勤務。 ・太田理江子…老人介護施設勤務。 ・栗本清美…清掃員。 ・大野克美…クリーニング屋勤務。 ・杉山勝志…船員、漁業関係。 ・宮腰一郎…宅配業務。 上司の神崎からは、「互いがなるべく接触しないよう注意してくれ」と言われますが、小さな町のことですので、月末にはどうすることもできません。 同じ課には田代翔太という若い男性職員がおり、田代がいろいろ興味を持って調べ、月末に教えてくれます。 その頃。 月末は偶然、高校時代の同級生であり、当時ほのかに思いを寄せていた女性・石田文(あや)が市役所に来たのを見て声をかけます。 文は千葉の総合病院の事務員をして、結婚もしたという噂がありましたが、本人に聞くと独身でした。 このたび千葉の病院を辞めて実家に戻り、魚深市民になるため、住民票の移動の手つづきでやってきていました。 どうやら既婚医師と不倫した末に、病院を辞めたようです。 月末は文と高校時代にバンドをしていたので、誘いました。 もう1人のバンドのメンバー、須藤勇雄にも声をかけます。 文がギター、月末がベース、須藤がドラムでした。 須藤はすでに6歳の子持ちです。 久しぶりに3人で、廃墟となった場所で演奏してみます。

次の

錦戸亮[関ジャニ∞] X 健くん

錦戸 亮 タバコ

4を公開した。 このチャンネルは新型コロナウィルスの影響で人々が外出自粛を求められるなか、赤西と錦戸が始めた新しいかたちのエンターテイメントコンテンツ。 2人はそれぞれ自宅でテレビ電話を使用し、普段聞くことはできないジャニーズ時代の関係やプライベートの話を披露している。 「『NO GOOD TV』もほとんど赤西さんが考えたプロジェクトだと聞いています。 赤西さんはジャニーズを退社した後、現在の錦戸さんのようにかなり苦労していましたよ。 どこからもオファーがないんですから。 ただ、その空白の時間でスキルを身につけて、今や曲作りやプロデュースなどを行えるようになりました。 錦戸さんは赤西さんにおんぶに抱っこで仕事をされているようで、ジャニーズ時代のファンたちは離れていっています。 錦戸さんのYouTubeチャンネル登録者数は18万人。 この数字を見れば一目瞭然ですよね」(音楽業界関係者) 『NO GOOD TV』Vol. 4では赤西と親交のある山田孝之と小栗旬も登場。 「錦戸には芸能界に友達がほぼいない。 遊ぶとしてもジャニーズ時代の仲間ばかり。 年下の俳優に対してすごい傲慢な態度を取るときがあって、それをその俳優さんが他の人に話して、良くない評判がどんどん広がっていったんです。 先輩とか尊敬している俳優に対してはペコペコするので、人によって結構態度変えるタイプですね」(テレビ局関係者) そんな錦戸の今後について、業界関係者はいう。 「錦戸は松田龍平と共演した映画『羊の木』で、自分が主演なのはジャニーズにいるからで、松田にすべて持っていかれたと感じたようで、そうしたこともジャニーズを退所した理由としてはあるようです。 さらに同世代の山田孝之が『全裸監督』に主演し、演技が高い評価を得たことも影響している。 錦戸はもともと超人見知りで、スタッフとも喋らないし、映画などの長い撮影期間中でもまったく会話をしない共演者もいる。 こういう人はフリーには向いていない。 特に準備もせずに事務所を飛び出してしまったため、今では後悔しているという声も聞こえてきます。 今後の活動は絶望的のようにみえます」 錦戸には、まずは人脈づくりが必要なのかもしれない。 (文=編集部).

次の

仕事がない…錦戸亮、芸能活動が絶望的 ジャニーズ独立失敗、評判の悪さがアダに

錦戸 亮 タバコ

錦戸亮インスタグラムより 2019年9月にジャニーズ事務所を退所してフリーの身となった錦戸亮。 独立後、ソロアーティストとして音楽活動をしている錦戸だが、その姿を地上波のテレビで見る機会はほぼない。 「錦戸は、ソロになってから開設したツイッターアカウントがすでに80万人を超え、インスタグラムは100万人のフォロワーを獲得する人気です。 また、初のソロライブツアーのDVDとブルーレイの販売も控えており、すでに予約だけでかなりの販売数に上っています。 楽曲制作はもちろん、グッズ販売や著作管理なども全て自分の会社で行っているので、この新型コロナ騒動のなかでも、今年だけで数億円の売上を見込んでいるようですよ」 錦戸の好調の裏には、かねてから夜遊び仲間だった赤西仁の力添えもあるようだ。 錦戸と赤西は共同プロジェクト「N/A」を立ち上げ、4月9日には公式YouTubeチャンネル「NO GOOD TV」で動画の配信をスタート。 こうしたコラボ活動も人気に拍車をかけている。 「赤西は2014年に独立してから悠々自適な音楽活動をしていますが、すでにコンサートツアーも成功させ、KAT-TUN在籍時の10倍近くは稼いでいるとか。 かつては大手の音楽レーベルとの契約もしていましたが、現在は自身の会社で楽曲の原盤権の管理から、グッズ制作、DVD販売などの著作管理も行えるようにしています。 そのノウハウを親友の錦戸にも伝授しているようで、音楽関係者の間でも大きな話題となっています」(前出の音楽業界関係者) ファンとしては、独立をしても活躍している錦戸に誇りを感じるところだろうが、古巣のジャニーズ事務所はその活動を苦々しく思っているという。 なぜそこまで、ジャニーズ事務所は錦戸を排除しようとするのだろうか? 「赤西、錦戸のように一定の人気を得たタレントは、固定ファンのおかげで、独立しても活躍できることが証明されてしまったからです。 これまでジャニーズは、事務所としこりを残す形でグループ脱退や退所をした場合は、この業界で生き残れないという不文律をタレントたちに植え込んできました。 だからこそ、今年3月いっぱいで退所した中居正広も、SMAP解散後の数年間は事務所にしがみついていましたし、独立した今も業務提携のような形を取っているんです。 ただ、それをブッ壊したのが赤西でした。 赤西が退所後に自分の好きな音楽で活躍する姿を見て、憧れを抱くタレントは多かった。 さらに錦戸まで成功したとあっては、追随して退所者が増えるのではないかと事務所は危惧しているのです。 そのため、錦戸の過去を抹殺することで、タレントに事務所の力を再認識させようとしているのでしょう」(前出の民放関係者) 謀反者である赤西と錦戸が合流したことも、事務所としては面白くないようだ。 「赤西は事務所を退所するときに大揉めに揉めていて、事務所サイドが親しい週刊誌記者に赤西のネガティブな情報をリークしていたほど。 この二人が手を組むことは、ジャニーズ事務所が最も恐れていたこと。 それが現実になった今、とにかく錦戸がテレビや雑誌で取り上げられることのないように圧力をかけているんです」(同) 当の錦戸、赤西はそんなジャニーズ事務所の圧力もどこ吹く風で、自由気ままに活動を続けているように見える。 ジャニーズからは次なる退所者の噂も絶えないが、最後に笑うのは造反したタレントたちなのかもしれない。

次の