プラレール 連結 修理。 プラレールの補修

桜見櫓(おうみやぐら): プラレール修理: 壊れた坂道レール

プラレール 連結 修理

INDEX• 不動プラレール-あさま• L特急あさま• 1987年?(THAILAND製)• 定価:不明• 2スピードタイプ• 単2電池1本使用 販売年は「プラレール 超図鑑」を参照 購入時の状態• 屋根への落書き• 軽いシール・ボディ塗装の劣化• 連結部分・ゴムタイヤの劣化 パッケージには『動きません』の注意書き。 さらには中間車の屋根には、黄色マジックのようなもので色が塗られている。 落書きは状態により落とすのが難しい。 電池を入れて確認したがやはり動かなかった。 モーターが動く気配が無いので、接触が悪いかモーターが壊れている様子。 修理作業 修理はメーカで受付けています。 メーカ修理は有償となることがありますが、壊れる事や怪我することはありません。 修理はメーカーに依頼することを強くお勧めします。 この記事はモーター交換をメインとしています。 連結器の交換はこちらの記事もご参照ください。 使用した道具• デジタルカメラ• ドライバー• ピンセット• 半田ごてセット• 交換モーター• 交換ギヤ(8歯) モーターBOXの取り外し モーターBOXを見ていても原因はわからないのでとりあえず分解。 まずはモーターボックスの取り外しから。 モーターBOXとシャーシは、ネジで止まっているのでネジを外して取り外す。 取り外したネジはなくさないように、ケースに置いておくと紛失防止になる。 モーターBOXの開封 モーターボックスの開封は気を使うところ。 昔のタイプはボンドで接着されている事が少ないので比較的簡単に開けることができる。 ネジは、モーターBOXの右側に1本止められている。 モーターBOXはツメでも止められているので、ネジをとってもすぐ開くことは無い。 折れていることも考えられるので、ネジを取ったら慎重に作業を進める。 勢いよく開けてしまうと、収まっているギヤが飛び出したりギヤの位置がわからなくなってしまう。 ゆっくりと開けていく。 開封後はすぐに写真を撮ることをお勧めする。 モーターの交換 モーターとつながっている金属プレートの取り外しには、はんだごてを使用する。 火傷などには十分注意が必要。 不動の原因がわからないので、今回はモーターを交換した。 ギヤの交換 モーターについているギアが割れていたので違うギアに交換。 モーター部分のギヤは、8歯が使われている事が多い。 四輪駆動の小さな車で使われているものを使う事ができるので、比較的入手は簡単。 ただ、金属で出来ているギヤは、他のギヤを破損する恐れがあるので使用しないほうが良い。 追記 前回交換時には四輪駆動のギヤを使用したが、記事作成後にギヤが手に入ったので交換を行なった。 ギヤのセット ギヤの交換が終わったら、ギヤをセットしていく。 ギヤが足りなかったり場所を間違えると動かなくなる。 おもりとバネは特に忘れやすいので注意が必要。 モーターBOXを閉める モーターBOXを閉めるのは意外と手間がかかる。 バネが飛び出てきたり、ギヤの軸がずれていてしっかりとBOXのツメがかみ合わないとか。 ピンセットを使いながら、ゆっくり少しずつ移動させてセットしていく。 最後のネジも忘れずに。 修理終了 無事にBOXも組立て修理作業は完了。 電池を入れて、動作確認するこの瞬間はとても緊張する。 今回は、無事に動くようになった。 ただ、他のギヤで割れているところがあるようで走行音はとてもうるさい。 部品が手に入ったら、この部分も交換することにする。 ギヤの交換 追記 こっちの部品も手に入り交換を行なった。 割れていたギヤは全部で3箇所。 そのうち一つは、写真を見て気がついた。 特に走行に支障は無い為、現状割れたまま。 スイッチONのままで遊ぶとよく割れるギヤ。 電池走行時の音がうるさくなる原因の一つ。 この場所のギヤが割れているのは初めて見た。 残りは中間車両の屋根の落書き落とし。 無事になんとか取れた作業方法は、 で.

次の

修理のご案内|お客様相談室|タカラトミー

プラレール 連結 修理

INDEX• 新幹線N700A 似たような車両ではN700系新幹線も同じ。 作業手順 まずは電池交換の要領で車体の電池カバーを取り外す。 次に、ノーズ部分と電池BOX内のネジを取り外していく。 このときゴムタイヤ右側のネジは外さない。 ネジを取り終えたら、軽くシャーシを引っ張りボディーを取り外す。 このタイプは、電池BOXからモーターBOXまで線でつながっている可能性がるので断線しないように注意。 また、ノーズ部分におもりが乗っていて、ボディー取り外しと同時に落ちる事がある。 このおもりは、写真の通りに戻せば問題ないのであせる必要は全く無い。 シャーシから取り終えたら、次はゴムタイヤの右側の ネジをゆるめる。 外してしまうとモーターBOXが落ちてしまい断線させてしまう事もあるので、軽く連結器が取れる程度にとどめる事。 連結器交換が終わったら、下の写真のようにノーズ先端部分におもりをセットする。 セットしたら、シャーシに戻して分解の逆の順にネジを締めていく。 ゴムタイヤ右側のネジも忘れずに閉める事。 全てのネジを締めたらN700Aの連結部品交換は終了。 E5系はやぶさ(旧動力) 旧動力のはやぶさの連結部品交換は、ノーズ部分のネジが2本から1本に少なくなりおもりがなくなった程度で、N700A新幹線の連結部品交換とさほど変わりは無い。 電池を交換する要領で車体の電池カバーを取り外す。 ノーズ部分の1本と電池BOX内のネジ1本をそれぞれ外しでボディーを取り外す。 取り外したら連結部品が取れる程度に、ゴムタイヤ横のネジをゆるめて連結部品を交換する。 E5系はやぶさも線があるので断線させないように注意が必要。 交換が終わったら、シャーシとボディを取り付けてネジで止めていく。 銀座線(ライト付) この銀座線は、今回の4種類の中で一番断線の可能性がある車両。 シャーシとボディーの取り外しの際は、特に注意が必要。 まずは、同じように車来の電池カバーを外し電池BOX内のネジを取り外す。 力の加減が大事! 全ての車両が同じかわからないが、試した車両はシャーシとボディーがボンドで止められていた形跡があった。 力いっぱい引っ張ってしまうとライトに繋がる線が確実に断線してしまう。 また、この車両は三角ネジを使わなければ連結部品を取り外す事ができない。 連結部品を交換したら、ゆっくりと元に戻して作業は終了。 E5系はやぶさ(新動力) 新動力タイプは• E6系こまち• E7系かがやき• 笛コン超電導リニアL0系 など、モーターBOXが電池の下にあるタイプで、連結部品とゴムタイヤの交換はとても簡単。 シャーシからボディを取り外して、ゴムタイヤ側のネジ2本を取り外す。 ネジ2本を取り外すと、連結部品と車軸部分のカバーを取り外す事ができるので連結部品を交換する。 戻すときにはタイヤの上下に気をつけてセットしてネジを締める。 カバーの取り外しには注意! 銀座線以外は、比較的簡単に連結部品の交換は行う事ができる。 ただ、なかには配線させているもの(ライト付は必ず)もあるので、断線だけには十分注意する事。 今回行なった4種類には1つの共通点がある。 全て連結部品側のシャーシに凸が付いており、ボディーの凹にはめられている。 取り外しする場合には、無理な力を入れてシャーシやボディーを破損しないように注意が必要。 簡単な連結器の交換やモーターの交換はこちらの記事を・・・ ただし、交換は事故や怪我につながります。 メーカー修理をお勧め致します。

次の

修理のご案内|お客様相談室|タカラトミー

プラレール 連結 修理

プラレール修理工場|リペラ リペラ プラレールの修理工場 ご訪問者数 本日 昨日 アクセス回数 本日 昨日 壊れた玩具は新しく買い換えれば良いというものではありません。 壊れたプラレールを修理しています。 玩具のひとつひとつにはご家族の思い出が沢山詰まっています。 ご兄弟で玩具を引き継ぎ、長く楽しく遊んで頂けるよう微力ながらお手伝いをさせて頂きます。 修理して大切にすることで子供たちに物を大切にする気持ちが少しでも育ってくれれば嬉しいです。 当店では新幹線、通勤電車、特急列車、トーマスシリーズ、ハイパーガーディアンシリーズなど 多様な玩具の修理を行っています。 現在発売中の商品から非売品まで幅広く対応します。 車両の蓋や台車、ギアボックス内のギアの破損など、パーツの交換が必須なケースも 多く発生します。 当店ではリサイクルショップの利点を生かして膨大なパーツの在庫から 最適なものを選んで交換します。 【最近の故障の傾向】 最も頻発する故障として、電車の走行スピードが遅くなることです。 その影響で坂道を上れなくなったり、走りが不安定になってしまうこともあり、最終的にはスイッチを入れてもうんともすんとも動かなくなってしまいます。 この原因はモーターの故障によるものです。 モーターはプラスチックのケースに覆われて守られているように見えますが、隙間から細かいゴミやチリが入り込み、モーター内部が劣化し、破壊されてしまいます。 その場合モーター内をきちんとメンテナンスをすれば、機能は復活し、またスピード溢れる走行が戻ってきます。 モーターボックスと台車は通常金属部品でつながっていましたが、導線でつなぐ配線タイプの車両が増えてきたので、それが切れてしまう断線不良も急増しています。 また配線タイプは三角ネジを採用し、車体の密閉率が高くなっていますが、逆にゴミやチリが循環せずに車体内に溜まりやすくモーターの不調が増えた印象です。 以下はプラレールに使用しているモーターボックスです。 色々な種類がありますね。 【修理代金】 修理の代金は、各車両の修理代と返却の時の送料の合計金額となります。 お客様から当店への送料は元払いでお願いしております。 修理代金の合計が3000円以上 税別 の場合、送料は無料となります。 品名 料金 1台 故障モード プラレール (トーマスシリーズ) 600円 税別 動かない、遅い、坂道を登らない、断線等 プラレール (ハイパーガーディアンシリーズ) 700円 税別 動かない、遅い、坂道を登らない、断線等 プラレール (トーマス、ハイパー以外) 500円 税別 動かない、遅い、坂道を登らない、断線等 プラレール (サウンドシリーズ) 900円 税別 音が鳴らない、音が途切れる、動かない、断線等 パーツ交換 (プラレール) 100円 税別 1回まで4個。 以降4個毎に加算。 連結パーツ、ゴムタイヤ、ピニオンギア、車軸、車輪、モーター関連部品など。 パーツ製作 (プラレール) 200円 税別 代替品がない場合にパーツを自作して対応致します。 プラレール以外の玩具 別途ご相談 どきどきマウンテン、 にぎやかドライブ等 【ご返送方法】 修理完了済みの車両は以下のいずれかの梱包形態でご返却となります。 送料はお客様のご負担となります。 以下の送料は運送会社(郵便局。 ヤマト運輸)から抜粋した価格で、当店から関東近県への送料を記載しております。 したがいまして関東近県以外の方の送料は以下とは異なる場合がございますので、お客様のご負担金額も同様に変動します。 お手数ですが運送会社のホームページで事前にご確認を頂けますようお願い致します。

次の