自己 pr 面接 例文。 説得力が違う!面接の自己PRで人事の心を掴む5つの技術

「協調性」の自己PR例文(履歴書・職務経歴書)&面接でNGな協調性アピールは?|自己PRサンプル集

自己 pr 面接 例文

面接で自己PRを聞かれたらどうする? ポイントと注意点をチェック! 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 自己PRでは、「何を、どのように述べるのか」を意識することが大切です。 転職面接では、ほとんどの場合、自己PRを求められます。 志望動機と同じくらい重視される質問ですから、事前に対策を練っておくことが大切です。 ここでは、自己PRをする際にアピールすべきポイントや注意点を解説します。 自己PRでアピールすべき3つのポイント 転職面接は、企業とのお見合いのようなものです。 「自分が言いたいこと」だけを声高にアピールしても、良い結果を得ることはできません。 自分の実績を伝えるのが自己PRですが、相手が何を求めているのかを理解しておかなければ、一人よがりになってしまいます。 自己PRの内容を考える前に、まずは伝えるべき3つのポイントを整理しておきましょう。 企業の求める人物像と合致する点 自己PRは自分のアピールポイントや実績を伝える場ですが、これはあくまでも、「その企業にとって自分がいかに有用な人間であるか」をアピールするために行っていることを忘れないようにしましょう。 自己PRで伝えるべきなのは、自分の輝かしい実績ではなく、「企業から見て魅力的だと感じてもらえる実績」です。 どれだけ立派な実績があっても、企業が求める人材像とかけ離れた分野のエピソードしか語れないようであれば、魅力的な人材だと思ってもらうことはできません。 そのため、転職面接の自己PRで語る内容は、企業ごとに変える必要があるのです。 そのためには、応募先の企業の求人票を見返します。 「求める人材」という項目がないでしょうか。 企業の求人サイトや求人票には、どのような人材を求めているのか、具体的に書いてあることが珍しくありません。 「必須」「優遇」と、項目を分けてほしい人材を指定しているケースもあります。 さらに、企業の近年の事業展開や、経営方針、経営者インタビューなどをチェックすることで、より深く企業が求めている人材像や、今後どのような経営展開をしていきたいのかを知ることができます。 しかし、たとえ資格を保有していなくても、関連する業務に携わったことがあったり、学んだことがあったりした場合は、アピールポイントとなります。 また、経験したことがない仕事であっても、別の業務の実績が評価される可能性もあります。 このように、自己PRを述べる際は、自分の実績の中から企業が求めていると考えられるものをピックアップして伝えるようにしましょう。 アピールポイントの根拠となる具体的なエピソードと成果 仕事に限らず、誰かを説得する際には、その根拠を伝えるのが効果的です。 その際の根拠は、主観的なものや感情論ではなく、客観性がなければいけません。 これは転職面接における自己PRでも同様です。 「営業として顧客からの高い信頼を得ています」と言ったとしても、それが本当なのか嘘なのかを面接官が判断することはできません。 本人の思い込みで、実際には信頼を得られていないこともあるかもしれません。 そこで、「高い信頼を得ている」と主張できるだけの根拠を提示します。 この根拠とは、リピート率や売上のような「数字」であったり、顧客満足度の高さで表彰を受けたといった「他者からの評価」であったりします。 将来の展望 自己PRでは、入社した後でどのように働いていくつもりなのかにもふれるようにしてください。 企業の採用担当者が本当に知りたいのは、「入社した後、それを自社で活かして働くことができるかどうか」だからです。 いくら優れた実績があっても、その企業で役立てられないのであれば意味がありません。 「顧客のニーズを理解し、満足度を向上させてきた経験を活かし、業界顧客満足度ナンバー1の御社で、さらなるリピート率の向上と新規顧客獲得に邁進したいと考えております」というように、企業が求めている人材像を踏まえた上で、自分を採用するメリットについて伝えましょう。 自己PRをする際に注意したい4つのポイント 続いて、自己PRをするときに気を付けておきたい4つのポイントと、それらを踏まえた自己PR例をご紹介します。 結論を最初に話す 自己PRでは、結論を最初に述べましょう。 ここでいう結論とは、「PRポイント」のことです。 たとえば、「コミュニケーション能力が高い」のであれば、最初にそれを言います。 その後で、「根拠やエピソード」「得られた仕事上の実績」「転職後の活かし方」などと続けてください。 最初に結論を述べておけば、話の流れを理解した上でその後の説明を聞いてもらえます。 この段落でも、「自己PRでは、結論を最初に述べましょう」と、結論を初めに書いていますね。 相手に何かを説明する際に便利な方法ですから、ぜひ身に付けておきましょう。 仕事への活かし方を意識する 「コミュニケーション能力が高い」というのは、それだけでは単なる本人の特性でしかありません。 実際に、それをどのように仕事に活かしているのか、また、今後どう活かしていくつもりなのかが大切です。 また、「コミュニケーション能力が高く、誰とでも仲良くなれます」だけでは、仕事上の強みとはいえません。 コミュニケーション能力は、職種を問わず求められることが多いものですが、もう一歩進んで、自分自身がその能力をどう活かすつもりなのかについて考えておく必要があります。 さらに、その「活かし方」が、応募先の企業のニーズに合致したものでなければ選考を通過することはできません。 スキルの活かし方はひとつではありません。 応募先の企業でどのような活躍を求められているのか、併せて検討しておきましょう。 アピールポイントをしぼる 「コミュニケーション能力が高い」「問題解決能力に優れている」「チャレンジ精神が旺盛」など、アピールしたい能力がたくさんある方もいるでしょう。 しかし、いくつものアピールポイントを、短い自己PRの時間内に全て話そうとすると、全体の印象がぼやけてしまいます。 複数のアピールポイントについて述べるのではなく、相手先の企業がより強く求めていると考えられる能力と、それを表すエピソードにしぼって伝えるようにしてください。 書類の自己PR欄と内容を合わせる 自己PRは、履歴書や職務経歴書にも書く場合があります。 また、自己PRで述べた入社後の活かし方は、志望動機にも通じることです。 面接官は、手元に履歴書や職務経歴書を持っていますから、書類の内容と面接で話している内容に食い違いがないようにしなければいけません。 提出した履歴書や職務経歴書は必ず控えを取って、面接の前に内容を再確認しておきましょう。 自己PRの時間 自己PRの時間は、1分や3分など、時間を指定されてまとめるように指定されることがあります。 特に、1分と指定されるケースは多いため、あらかじめどの程度の分量で1分の自己PRになるのかを計っておく必要があります。 一般的には、1分で話せる言葉はおおよそ300文字程度だといわれています。 そのため、自己PRも、300~400文字程度でまとめるのがおすすめです。 実際の自己PR例を見て、分量について考えてみましょう。 <自己PR例> 私の強みは、向上心があり、そのための努力ができることです。 前職では個人向け営業をしておりましたが、1年目の成績は社員50名中40番目でした。 営業成績はお客様からどれだけ支持を得られているかの指針だと思っておりましたので、この結果には大きなショックを受けました。 同時に、お客様から支持される営業になりたいとあらためて感じ、必ず翌年は1番になると誓いました。 それから、お客様とより深くコミュニケーションをとるため、商品知識や政治経済、経営、テクノロジーなど、様々な分野の勉強を行いました。 さらに、上司や同僚とプレゼンの練習をしたり、優秀な営業からテクニックを学んだりと、営業面でのスキルアップにも努めました。 結果、翌年は営業成績トップを獲得。 以降は、連続して1位の成績を収めています。 この経験から、努力し結果が出ることでよりモチベーションが上がり、さらに努力ができるのだと学びました。 この強みを活かして、御社の営業の仕事に貢献したいと考えています。 この自己PRは、およそ400文字です。 実際に話してみて、自分がこの分量を何分で話せるのかを計ってみてください。 1分ぴったり、もしくは少し超える程度かと思います。 もし、1分を大幅に下回るようであれば、話す速度が早すぎると考えられます。 自分なりの自己PRを考えるとともに、実際に下書きを見ないで自分の言葉で話し直した場合に何分になるのか、練習をしておきましょう。 自己PRは面接におけるアピールタイム 自己PRは、面接において自分の魅力を面接官に自由に伝えることができる重要なアピールタイムです。 応募先の採用担当者にとって魅力的に映る内容を考えてから面接を受けるようにしましょう。 企業研究を十分に行うとともに、印象に残るキャッチーなフレーズを織り込むといったテクニックを使うとより効果的です。 あなたの長所を活かした自己PRを、キャリアアドバイザーが一緒に作成します!.

次の

集団面接の自己紹介の方法・内容の例文・時間|自己PR/転職

自己 pr 面接 例文

学生時代は部活の マネージャーとして部員サポートを頑張ってきた。 就活でもその経験を生かしたい。 どうやって 自己PRのネタとして使えばいいのだろうか? 当記事では上記のお悩みにお答えします。 部活のマネージャーは選手の管理を行うことで、選手が練習に集中し、試合などで最高のパフォーマンスを発揮できるようにサポートする役割。 自分たちが主役ではありませんが、 影で支える縁の下の力持ちです。 そこで培ったホスピタリティはビジネスの世界でも生かされます。 また、 ビジネスの世界では、マネジャーの仕事はプレイヤーの上位になることが多く、上司として社員が最大限に能力を発揮する環境を作り、成果を管理していく存在として重宝されます。 このようにマネージャーの経験は社会でも役立つ非常に貴重な経験ですが、 「マネージャーをやっていました」と言っただけで内定が出るはずもありません。 そもそも完全に無料なので、使わない手はない。 「え・・・絶対そっちの方がいいじゃん・・・!」って思った方は、あーだこーだ自分で考える前に、 まっさらの状態で就職エージェントに申し込んだ方が早いです。 ちなみに僕もエージェントで働く人間ですが、 下記に同業者の僕がオススメする就職エージェントを紹介していますので、よければご参考ください。 (自分の会社は紹介しません笑) そして、ここからは具体的に「マネージャー経験」をアピールする自己PRの作り方に入っていきます。 この3つの要素を組み込むと、過不足ない自己PRが出来上がります。 まずはマネージャーの経験から、何を強みとして企業にアピールするかを決めましょう。 そして、その強みが「生かされた」or「培われた」マネージャーにおけるエピソードは何か、その強みが企業にどうやって貢献できるかを整理することで自己PRが完成します。 この3つの要素を使った自己PRの正しい作り方については、下記に詳細をまとめていますので、自己PRのセオリーがよくわらかない!という方は是非ご一読ください! マネージャー経験から自己PRとしてアピールできる強みを紹介【例文付き】 それでは、具体的な自己PRの作り方に入っていきます。 」と言ってもそれは自己PRになりません。 【例文】 私の強みはホスピタリティーです。 強みが最も生かされたのは、野球部のマネージャーをやっていた時のことです。 私は、大好きな野球部の人たちのためになりたいと言う一心で、見返りを求めずに練習には毎回参加し、部室を整理したり、服を洗濯したりなど、あらゆる雑務をこなしてきました。 またどうやったら野球部の人たちの役に立てるだろうかと常に考え続け、野球部に人たちとコミュニケーションをとり、ニーズを拾い、ためになることは全て実現してきました。 私は御社の事務職を志望しておりますが、自分のホスピタリティーを生かし、社員の方が円滑に仕事を行えるように、痒いところまで手がとどく事務スタッフとして御社に貢献できるようになります。 どうぞ、よろしくお願いします。 目標達成力 チームの目標を達成させるのは何もプレイヤーが全てではありません。 マネージャーの立場から目標達成力をアピールすることも可能です。 【例文】 私の強みは野球部のマネージャーとして培った目標達成力です。 私が所属していた野球部では県大会優勝を大きな目標に掲げておりました。 私は、マネージャーとしてチームメンバーの癖や長所・短所を把握し、足りないところ、伸ばすべきところを整理し、大会までの時間から逆算して日々の練習メニューを作っていました。 当然試行錯誤しながらではありましたが、県大会に優勝することができました。 そんな私の、マネージャーとして目標を掲げゴールに向かってチームを動かす経験はビジネスでも生かされると思っています。 御社では営業職を志望しておりますが、私は目標達成力を生かし、常に目標から日々の行動を逆算し、アクションプランを立て、真面目に実行し続けることで目標を外さない営業として御社に貢献していきたいと思っております。 よろしくお願いします。 縁の下の力持ち マネージャーは自分が主役ではなくても、影の立役者として活躍するような立場です。 ビジネスでは相手の役に立ってなんぼですから、自分よりもお客様が主役。 常に縁の下の力持ちとして、お客様を支援するようなスタンスは全業種で求められるようなスタンスです。 スポットライトが自分に当たらなくても頑張り続けることができる能力は企業でも重宝されますよ。 【例文】 私の強みは、縁の下の力持ちなところです。 その強みが最も生かされたのは、野球部のマネージャーを勤めていた時のことです。 マネージャーという立場であったので、当然野球部の主役ではありませんでしたし、いくら頑張っても自分にスポットライトが当たることはありませんでしたが、私はチームの役に立ちたいという一心で、毎日練習に参加し、マネージャー業を行いました。 結果チームが勝った時の喜びを共有できることや、チームメンバーから時折もらえる感謝の言葉がやりがいで、6年間頑張ることができました。 私は社会人は「縁の下の力持ち」として誰かの役に立つというスタンスがとても大事だと考えております。 私は事務職を希望していますが、社員の皆様全員を主役だと見立て、みなさんが円滑にお仕事を行えるように、全力でサポートし、御社に貢献していければと考えております。 どうぞよろしくお願いします。 その他の強みをアピールする ここで紹介させていただいた「マネージャー経験」をネタとする自己PRの作り方はもちろんほんの一例にすぎません。 他にも、たくさんのマネージャーを取りまとめていた方は 「リーダーシップ」をアピールすることができるでしょうし、いろんな仕事を同時並行でこなしてきた方は 「マルチタスクの処理能力」をアピールできるかもしれません。 マネージャーだからといってプレイヤーに劣等感を感じる必要は一切ありません。 アピールする「強み」はひとつに絞りましょう!その方が印象が強まるし、謙虚な印象を与えることができます。 マネージャーをネタにした自己PRの作り方まとめ 今回は、 「部活のマネージャーとして 頑張ってきた経験」を生かして、自己PRを作る方法や作る時のコツ、気をつけるべきポイントについてお伝えしてきました。 「マネージャー」としての経験は、今回紹介したようにホスピタリティ、目標達成力、縁の下の力持ちだけでなく、その他様々な自己PRに変換することができる素晴らしい経験です。 ただし、たくさんアピールできるからと言って、なんでもかんでも自己PRに詰め込むのは良くありません。 正しく自己PRの型を守り、言いたいことは絞るということを忘れずに! あなたらしいアピールネタを決めたら、あとは自信を持って、アピールするようにしてください! ぜひとも第一志望の企業からの内定を合格を勝ち取ってください! 今回は以上です。

次の

経理・会計・財務経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

自己 pr 面接 例文

自己紹介の例文2 はじめまして。 大学では4年間サッカー部に所属しておりました。 インターカレッジの大会ではベスト16まで残りましたが、夕方遅くまで仲間同士で自主的に練習に励み結果を残せたと思います。 同時に、敗れた試合では対戦相手にまったく歯が立たず惨敗を喫しました。 このときの悔しさを忘れることができず、引退するまで練習に打ち込みました。 スポーツを通じて乗り越えてきた厳しい経験を生かして、御社でも活躍したいと思っております。 本日はよろしくお願いいたします。 学生時代に打ち込んだことを簡潔に述べており、コツコツと努力を積み重ねてきたこと、負けた悔しさをバネに成長できたことを簡潔に伝えることで、 後の自己PRにつなげることができます。 学生時代にサークルやアルバイトなど特段目立った活動をしていないという人は、「話ができるネタがない」と不安を感じるかもしれませんが、趣味や特技などを書いても問題ありません。 子どもの頃からの趣味がある=根気よく物事を継続することができる。 何か特技ある=人とは違う個性がある。 PCの画像編集ツールが使える=資料やプレゼン資料が制作できる。 といった具合に、プロフィールには書かれていないスキルや資質を面接官に伝えることができれば、好印象を与えることができるはずです。 自己紹介の注意点とは? 第一印象に影響を及ぼす自己紹介では、 身だしなみはもちろん、 話し方のマナーにも気をつける必要があります。 適切な敬語を使うことはもちろん、声は小さすぎず、大きすぎず、早口にならないようわかりやすい速度を心がけます。 伝える内容は、 1分程度にまとめる(文字数の目安で300文字程度)のが無難です。 ただし、場合によっては面接官の方から時間指定されることもあるので、さまざまな時間を想定し、どのような話をするのか、あらかじめ考えておくとよいでしょう。 自己紹介の内容を考える際、どうしても「自己PR」の文と混同してしまいがちですが、この2つの面接における役割は大きく異なるため、注意が必要です。 自己紹介は、会話に入る前のあいさつのようなもの。 先に挙げた自己紹介例でも、学生時代に力を入れていたことを話してはいますが、 簡潔な内容に留めています。 「自分はこんなことができる」「そのためにこのような努力をしてきた」と、ついそのまま自分の強みをアピールしたくなってしまいますが、それらは自己PRについて聞かれた段階で話すようにしましょう。 後に聞かれるであろう自己PRとうまくつながるように、 端的に触れておくことが大切です。 まとめ 面接でよい評価を得るためには第一印象が重要です。 自己紹介に絶対的な正解はありませんが、紹介した例文や解説の中から、自分に合ったアプローチ方法を選択し、魅力的な自己紹介を練り上げ、面接突破の糸口としてください。 (学生の窓口編集部).

次の