吉田 茂 家 系図。 白洲次郎

白洲次郎

吉田 茂 家 系図

高知出身の有名人• 寺田寅彦• 牧野富太郎• 公文俊平• 有澤廣巳• 政治家• 吉田茂• 仮谷忠男(元建設大臣)• 朝青龍 (横綱、高校が高知の明徳義塾高校)• 朝赤龍 (高校が高知の明徳義塾高校)• 土佐の海• 芸能人• 広末涼子• 島崎和歌子• 絵本作家• やなせたかし• 全国的に見て珍しい名字• 高知によくある名前• 高知にない名前 1. 高知出身の有名人 寺田寅彦 高知で高校時代までを過ごした科学者&哲学者。 「天災は忘れた頃にやってくる」。 牧野富太郎 公文俊平 ネットワーク社会とかやっている人。 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター所長。 高知生まれ(1935年)。 有澤廣巳 ダグラス=アリサワの法則(夫が高収入だと妻は働かない、夫の収入が低いと妻は働くというもの)の有澤。 政治家 吉田茂 何度も内閣総理大臣をやった人。 【興味をもったきっかけ】 高知は龍馬ばかりだが、他にも高知を代表できる候補者がいるのではないかと考え、興味を持った一人です。 さらに、城西館に食事にいったとき、「城西館を吉田茂が定宿にしていた」と聞きました。 「なぜ高知の人なのに、定宿が必要なのか」、疑問に思ったからです。 結論としては、吉田茂は高知に住んでいた人ではないから、龍馬の対立候補になりにくいし、宿が必要であるのです。 高知とは縁が薄いのですね。 <高知とのつながり> 第一次内閣の時はなかったけど、憲法を作ったので総選挙をしなければならなかった。 そこで、東京生まれの吉田は急遽 高知全県区(現在は高知は高知3区まで)から出馬。 高知とのつながりは、実父は土佐自由党の志士、竹内綱(吉田は5男)が高知県宿毛市出身だったからか。 <高知短大との関係> 関連があるんです!竹内綱は実業家で、長男と一緒に永国寺の土地を私費を投じて購入し、高知工業を作った(と短大・女子大脇の石碑に書いてありました。 短大隣の竹内という名の不動産屋さんも関係者でしょうか(未確認)。 また、ほぼ地続きにあたる土佐女子高に吉田茂の石碑があるのもその縁(未確認)かもしれません。 <城西館との関係> 城西館という、高知の皇室御用達の宿があります。 吉田はそこを定宿としていたようですが、高知から出馬しているのに、もしかして高知県に家をもたなかったんでしょうか、、、。 今の「地元を大事にする」政治家が毎週末に地元に帰るのとはちょっと違ったんでしょうか。 城西館は1874年(明治7年?)創業。 最初は城の女中さん(城西館の談)ですが、この吉田茂との縁で皇室御用達旅館にまで発展したようです。 <<吉田茂の一生>> <吉田茂:幼少時代> 吉田は竹内綱を実父とするが、実業家吉田健三の養子である。 しかし養父は吉田茂11歳(10歳?)のとき死去。 莫大な財産を得て、自分に教育投資(でしょうね)。 学習院などにはいる。 <吉田茂:外務省時代(ここはどなたかのインターネットから拝借してます。 )> 吉田は東大を卒業し、明治39年外務省に入省。 牧野伸顕(この人も大臣かなんかだった人だよ)の長女と結婚。 昭和3年、田中義一内閣の外務次官をし、タカ派政策の担い手となるが軍部と対立。 戦時中は駐英大使などを歴任し、戦争の早期終結を画策。 <吉田茂:内閣総理大臣時代(ここはどなたかのインターネットから拝借してます。 )> 昭和21年日本自由党総裁となり第1次吉田内閣を組閣。 占領改革を推進し,新憲法を擁護する役割を演じ、保守体制を維持に努めた。 昭和23年から第2次〜第5次にわたる長期政権を維持し、戦後日本政治の基本路線を確立した。 昭和26年サンフランシスコ講和条約に調印。 昭和38年引退後も元老として影響力をもちつづけた。 葬儀は「国葬」で営まれ、戦後日本の最大の保守政治家といわれる。 (ここまで拝借)吉田学校などといわれる人たちを輩出。 <注> どなたかからインターネットで書いたものを拝借してます。 次のものも読んでみたいと思ってます。 ちなみに高知の書店で尋ねたのですが、いずれもないようです。 高知は龍馬本は多いのですが、吉田茂は全くない。 これも地元の人ではないから、ということでしょう。 ジョン・ダワー『吉田茂とその時代』上下 1981・1991 TBSブリタニカ・中公文庫 John W. そのほか『世界と日本』(番町書房)、『大磯随想』(雪華社)など。 評伝では猪木正道『評伝吉田茂』全4巻(読売新聞社)がいちばん詳しい。 を参考にして書いたものだそうです。 仮谷忠男 (故人) 三木内閣の建設大臣。 本四国架橋を実現させた人。 本四架橋の経緯などは 徳島新聞の特集にあり 高知短大とはゆかりもあり。 珍しい名字 入交(イリマジリ) 入交学生服、入交交通、入交建設などあり。 別役(ベッチャク) 寺田寅彦の母方は別役だった(県立文学館の家系図より)。 五百蔵(イオロイ) 公文(クモン) 塾が無ければ読めなかったかも。 書店におかれた小学生のドリルなどは、東京と違い、学研等よりもクモンが多い。 アンパンマンの作者のやなせたかしも高知出身。 田の内、土居、小松 3. 五島もあり。 ) 佐々木、鈴木、高橋(は少しあるか、、).

次の

政界の華麗なる一族!麻生家の家系図はロイヤルすごい — 選挙ドットコム

吉田 茂 家 系図

前回、連載初回にして吉田茂のお墓にフラれました。 しかし、その空っぽの吉田茂さんのお墓の横には重要な方が眠っていました。 その名は麻生太賀吉(たかきち)さん。 往時の麻生鉱業社長、麻生セメント社長。 九州電力会長にして衆議院議員。 麻生太郎副総理・金融担当大臣のお父さまです。 麻生太郎の家系図がロイヤルすごすぎる 麻生太賀吉さんは吉田茂の娘婿でもあります。 吉田茂の三女・和子さんが麻生太賀吉さんに嫁ぎ、ご夫妻に生まれた長男が麻生太郎副首相というわけです。 吉田茂も麻生太賀吉さんもカトリック。 義理の親子だからお墓が隣にあったわけですね~。 家系図にすると、こんな感じです。 て、天皇家です…! 麻生太郎副首相の妹・信子さんが寛仁親王妃殿下であらせられます。 実の妹が皇族で、姪も皇族(彬子女王・瑶子女王)とか…。 麻生太郎さん、マジでロイヤルすごいです…。 麻生太郎の家系図は歴史偉人的にもすごい 麻生さんのひいおじいさんは、明治・大正・昭和に渡って活躍した政治家の牧野伸顕です。 帰国後、外務省を始まりに政界に進出。 大臣を歴任しました。 牧野さんも青山墓地に眠っています。 伯爵閣下にふさわしい風格あるお墓です。 しかもとっても…巨大です。 その牧野伸顕の実父は、ななんと大久保利通なのです! 大久保利通は幕末、明治維新の偉人。 歴史ドラマに出てくる人。 教科書のあのヒゲの写真の人です~! 大久保利通といえば「富国強兵」をとなえて、近代日本の礎を築いた政治家ですよ? そんな偉人のやしゃごが麻生さんなのです…。 学校の試験で、自分のひいおじいさんが問題に出てくるってどんな気持ちなんでしょうか? 麻生太郎、マジで半端ないっす(泣) 首相のしゅうとは首相 ところで、麻生太郎さんの奥さま・千賀子さん。 千賀子さんのお父さまは、鈴木善幸 第70代内閣総理大臣なのです。 岳父が首相、自分も首相とは、麻生太郎…ヤバすごすぎる。 こんな人が「ゴルゴ13」を読み、「ローゼン閣下」と呼ばれているのかと思うと笑いも乾いてしまいそう。 タロサ、とんでもねえお人です。 ついでに、千賀子さんの実弟(=麻生太郎の義弟)は、小泉内閣で環境大臣を務めた、衆議院議員の鈴木俊一さんです。 麻生さんのはとこには、参議院議員の武見敬三さんがいます。 筆者は今回、吉田茂さんのお墓をまいらせてもらおうと思い立ち、日本の政治家の血筋での繋がりをかじりました。 …政界を支配する華麗なる一族たち。 その一端に触れたばかりであることを、新米墓マイラーであるわたしは、この時まだ知る由もなかったのです…! 中村クミカ:フリーライター(乙女座) 「好奇心を治す薬はない」を胸に、紙媒体からFMラジオ、映像、Webを興味と時の流れに身を任せて漂流中。 寄港先ジャンルは、歴史(日本史)・SF・占星術・UKアイドル・香港スター・ジャニーズ事務所・歌舞伎・クラッシック音楽など。 近年うっかりロシア・アヴァンギャルドに心惹かれ、中道右派の自分の中に共産趣味を新発見。 編集部より:この記事は、選挙ドットコム 2015年11月29日の記事『政界の華麗なる一族! 麻生太郎の家系図はロイヤルすごい(墓マイラー中村クミカ巡礼記.2)』を転載させていただきました(タイトル改稿)。 オリジナル原稿をお読みになりたい方はをご覧ください。 なお、アゴラでは寄稿者は原則実名制とさせていただいていますが、この連載は配信元が身元確認の上、契約している筆者であること等を考慮し、ペンネーム原稿を掲載しました。 ご了承ください。

次の

吉田茂の家系図に麻生太郎!こんなに豪華な血筋だった

吉田 茂 家 系図

白洲次郎の先祖は? はじめに 白洲次郎の先祖について、 書いてみます。 白洲次郎の先祖は 兵庫県三田市の 三田藩につかえる武士でした。 白洲次郎の 祖父の名前は、白洲退蔵。 白洲次郎の祖父は 幕末の 三田藩の家老として 要職を担い、 明治維新後も、 役人や実業家として 活動しました。 神戸女学院大学の 創立者の一人としても 知られています。 白洲次郎の父親、白洲文平は貿易商 そして 白洲次郎の 父親の名前は 白洲文平といいます。 白洲次郎の父親も 祖父と同じく 実業界で活躍。 貿易会社・白洲商店を経営し、 貿易を通じて、 大富豪となった人物です。 白洲次郎は こうした家系に生まれた、 お坊ちゃんだったのですね。 白洲次郎の実家の家系図 ではここで 白洲次郎の父親、 白洲文平を中心とする、 家系図を見ていきます。 白洲次郎の妻・白洲正子は、樺山資紀の孫 つぎに 白洲次郎の 結婚や妻について、 見ていきます。 白洲次郎の妻は、 作家の白洲正子 しらすまさこ です。 白洲正子の実家は、 鹿児島県出身の華族、 樺山資紀の家系です。 白洲正子は、 樺山資紀の孫 樺山愛輔の次女 にあたります。 白洲次郎と白洲正子の子供や家系図は? 白洲次郎と白洲正子の 家族について、 家系図を確認します。 白州次郎 明治35、白州文平二男 ケンブリッジ大学卒 日本水産取締役 終戦連絡中央局次長、経済安定本部次長、貿易庁長官 東北電力会長 妻・正子 大正2、伯爵樺山愛輔二女 女子学習院卒 作家 白州正子 長男・春正さん 昭和7 東宝東和社長 同妻・ルミ子さん フジテレビ社長・水野成夫氏二女 二男・兼正さん 昭和13 同妻・明子さん 批評家・小林秀雄長女 長女・桂子さん 昭和15 旧白州邸武相荘館長 牧山圭男さんと結婚 白洲次郎と妻の白洲正子には 子供が3人いました。 息子さんが2人で 娘さんが1人です。 白洲次郎の家系は、小林秀雄とも親戚に 白洲次郎の長男、 白洲春正さんは 東宝東和の社長で、 その妻は、 元フジテレビ社長の 水野成夫さんの次女に あたられます。 それから 白洲次郎の次男の、 白洲兼正さんの妻は、 文芸評論家の 小林秀雄さんの長女に、 あたる方ですので、 白洲次郎、白洲正子夫妻は、 小林秀雄さんとも 親戚関係にあるのですね。 白洲次郎、白洲正子夫妻の子孫、白洲信哉さん そして 白洲次郎の子孫について、 今度は孫の代を 見ていきましょう。 白洲次郎の子孫の方は、 白洲次郎関連の著作を 発表している方もいるので、 有名な方が多いですが、 白洲次郎の次男、 白洲兼正さんの長男である、 白洲信哉さんは、 雑誌などによく出ていらっしゃるので、 有名だと思われます。 白洲信哉さんは、 細川護熙元首相の公設秘書を されていた方で、 その後、 執筆活動を旺盛にされています。 白洲次郎の孫である、 白洲信哉さんから見ると、 父方の祖父は白洲次郎。 父方の祖母は白洲正子。 母方の祖父は小林秀雄。 ということになります。 というわけで、 白洲次郎の 「先祖や父親、兄弟姉妹は? 妻・白洲正子と子供と子孫は? 家族構成は? 小林秀雄と親戚で家系図は? 」 といった事柄についてお送りしました。 最近の投稿• アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 1,727• 129• 142• 971• 111• 144• 204• 87 メタ情報•

次の