中島イシレリ 怪我。 中島イシレリがまっちゃん(松本人志)にソックリ!ハーフなの?結婚してる?

中島イシレリの結婚した妻や子供はいる?熱くなって出場停止の過去が!|暮らしのヒント

中島イシレリ 怪我

Contents• 先日特集コーナーで見ました。 2015年(平成27年)8月に日本に帰化しています。 地図上ではかなり小さく見えますね。 日本から見ると南西の位置します。 トンガ王国(トンガおうこく)、通称トンガは、南太平洋に浮かぶ約170の島群からなる国家で、イギリス連邦加盟国のひとつである。 オセアニアのうちポリネシアに属し、サモアの南、フィジーの東に位置し、首都のヌクアロファは最大の島トンガタプ島にある。 引用 wikipedia トンガは、 170 を超える南太平洋の島群からなるポリネシアの王国です。 島の多くは無人島になっているのでほとんどの島に ホワイトビーチや珊瑚礁、熱帯雨林が広がっていています。 ラグーンと石灰岩の断崖によって守られている主島のトンガタプ島には、トンガの首都ヌクアロファがあり、 ビーチリゾートがあり観光客も多いようです。 ラグビーのトンガ代表は1987年からラグビーワールドカップが始まって以来、プール戦での敗退が続き決勝トーナメントには進出できてませんでした。 『中島イシエリ』名前の由来 登録名は苗字を併記した中島ヴァカウタイシレリ。 その後2017-2018シーズンから登録名を 中島イシレリに変更しています。 中島イシエリ選手の苗字の日本名は妻の中島をとってつけられたようです こんなこと言うと失礼かもしれないんだけど、決して馬鹿にしたりするつもりはないんだけど、ラグビーの中島イシレリって人名前の響きが面白くて好き。 あとゲームやマンガに出てくるキャラクターみたいだし、お名前以外全く何も知らないんだけど、なんかこの人いたら勝てるわっていう安心感がある。 — ギンムク ginmukudori ラグビーの中島イシレリって人名前の響きが面白くて好き。 あとゲームやマンガに出てくるキャラクターみたいだし、お名前以外全く何も知らないんだけど、なんかこの人いたら勝てるわっていう安心感がある。

次の

中島イシレリの結婚した妻や子供は?出身国やプレースタイルも調査!|Fun Fun Sports!

中島イシレリ 怪我

Contents• 中島イシレリの結婚した妻や子供は? 中島イシレリ選手は2014年に日本人女性と結婚し、日本国籍を取得されていますので日本人なのです。 コベルコから日本代表を! ハンドオフでディフェンスをなぎ倒して突破するフィジカルの強さは凄い! 世界選抜戦リザーブ入りおめでとう~ 頑張れー! — A*chan Daiyou29651 そんな中島イシレリ選手には、息子さんが一人います。 名前は、 ロニー君。 現在2歳か、もうじき3歳になるかわいい盛りの息子さんです。 イシレリ選手のプレーは、パワーがあることで定評なのです。 でも少し熱くなりすぎることもあるようです。 試合中に熱くなりすぎたときは、奥さんと息子さんを思い出して、心を整えているそうですよ。 きっと、家に帰ると、優しい旦那様であり、優しいパパなのでしょうね。 中島イシレリ選手のプロフィールです。 トンガで15歳からラグビーを始めたそうです。 トンガの高校を卒業し、茨城県の流通経済大学に入学しています。 流経大やRKUと略されている大学で、ラグビー選手を多数送り出しているラグビー名門大学です。 独特の流線形の金色の模様が入ったジャージが目立つチームです。 大学卒業後は、NECグリーンロケッツに所属し、2015年から神戸製鋼でプレーしています。 この頃、140kg~150kgあった体重を、120kgまで落としています。 体重を落とせば、スタメンに入る道があると言われたことで、体を絞ったとのことです。 この奥様との結婚が、減量への励みになったのではと、勝手に想像してしまいました。 中島イシレリ選手の出身国や経歴は? トンガは、南太平洋の170あまりの島群からなる王国なので、ヴァイオラ出身と言われても、どのあたりかはピンときませんね。 トンガとは、トンガ語で「南」という意味なんだそうですよ。 イメージとして、キレイな海の南の島というのが浮かびますよね。 1980年頃から日本からカボチャが持ち込まれて、トンガ産のカボチャが日本に輸入されているそうです。 トンガでカボチャ、私の中では全く想像もつかなかった輸入品です。 12月頃から、主に西日本で売られているとのこと。 スーパーなどで探してみようかなと思いました。 そんなトンガは、ラグビーが盛んなことで有名です。 ラグビーワールドカップのほとんどに、トンガ代表が出場しています。 角界や、プロレスにもトンガ出身者がいるそうです。 トンガの人は、全体的に大柄なのだそうです。 男性の平均身長は177㎝、足のサイズも30㎝以上の人が多く、中島イシレリ選手も 足のサイズは32㎝あるそうです。 きっと、靴は特注品なのでしょうね。 日本の靴箱で収まるのでしょうか?そのあたりも気になります。 2015年8月に日本に 帰化しました。 旧名はイシレリ・ヴァカウタさんです。 奥様が「中島」さんなので、登録名も中島イシレリとしたそうです。 日本に来てからはトンガに帰る気はなく、ずっと日本人と結婚したいと思っていたそうです。 日本は住み心地がいいと思ってくれていたら、とても光栄ですよね。 力強いプレースタイルが凄い! 中島イシレリ選手のプレースタイルは、186㎝120kgの体を使った激しいコンタクトが特徴です。 力強い外国人からのアタックにも、そのパワーで押し返せる力強さがとても圧巻です。 その突破力で、ボールを前にも運べ、ディフェンスもこなせる、期待の選手なのです。 そんなイシレリ選手は、2017年に危険プレーで公式試合10試合出場停止の処分を受けてしまった事があります。 タックルがきれいに入ると相手選手を持ち上げてしまうこともあるのですが、その後落としてしまったそう。 その行為で 一発退場となっていたそうです。 その後、処分が正式に決まって出場停止となったそうです。 その後、改心し、復帰、先に書いた家族の姿を思い浮かべ、冷静になるよう努めたのでしょう。 2018年11月のチャレンジカップにおいて、日本代表初キャップを獲得しました。 これからキャップ数を伸ばし、今年のワールドカップでの活躍する姿が楽しみですね。 まとめ ラグビー日本代表の中島イシレリ選手についてまとめてみました。 ラグビーワールドカップの2次チケットも販売されています。 人気のあるゲームは、すでにチケット入手は困難な状況になっています。 日本はプールA、トンガはプールCなので、日本とトンガがプール戦で当たることはないようです。 本場のラグビーの試合を、その目で見て、その迫力を感じる、貴重な機会ですので、是非観戦したいなと思います。 一部競技場で、高圧ボルトの生産が追い付かず、工事の進行状況に遅れが出ているようで非常に心配です。 ワールドカップに間に合うよう祈るしかできなくてもどかしいですが、間に合うことを信じ、期待をしましょう!.

次の

トップアスリートと食のサポート契約を締結!ボディメイクフード「マッスルデリ」がラグビーワールドカップで活躍した「中島イシレリ」選手、日本ハンドボール界の至宝「宮崎大輔」選手など多数選手のサポート開始

中島イシレリ 怪我

すっかり日本に馴染んでますね^^ 日本語も流暢に話すことができます。 中島イシレリ選手の国籍や結婚した妻や子供は? 中島イシレリ選手は、 2014年4月に日本人女性と結婚しています。 同年8月には、 帰化して日本国籍を取得。 旧名「イシレリ・ヴァカウタ」から「中島・ヴァカウタ・イシレリ」になり、その後「中島イシレリ」に登録名を変更しています。 奥さんの中島の姓を受け継いだんだそう。 中島イシレリ選手は、日本に来てから日本人と結婚したいと思っていたんですって^^ 「トンガに戻る予定もないし、日本にはずっといるつもり。 」と日本への強い愛着を口にしています。 中島イシレリ選手と奥様の間には、お子さんが2人います。 2016年10月頃に誕生した、長男のロニー君です。 今は2歳から3歳になる位のかわいい盛りですね^^ そして、2019年5月には次男になる男の子が誕生しています! 2人の男の子も将来はラグビー選手になるんでしょうか。 奥様を愛する優しい夫、優しいパパであることが伺えますね。 スポンサーリンク 中島イシレリ 選手は出場停止の過去がある? 中島イシレリ選手は、186cm120kgの大きい体でぶつかるタックルなどのコンタクトプレーが注目の選手です。 そのパワーは、アタックしてきた相手を跳ね返してしまうほどの力強さです。 試合では熱くなり、度を越してしまうこともしばしばありました ^^; 2015年に試合中タックルをして、そのまま相手選手を持ち上げて、 そのあと落としてしまいます。 その危険プレーで退場となり、 公式試合の10試合出場停止の処分を受けた過去があるんです。 所属のウェイン・スミス総監督から、「熱くなったときには家族のことを思い出して。 」と声をかけられて改心したとのこと。 今でも熱くなったときには、 奥さんと息子ロニーくんの顔を思い浮かべて心を整えているそうです。 二度とラフプレーはしないで頑張って欲しいですね! 中島イシレリ選手の経歴は? 中島イシレリ選手は、トンガのヴァイオラ出身です。 15歳からラグビーを始めています。 地元のリアホナ高校に進学。 高校卒業後は、茨木県にあるラグビー名門校の流通経済大学に入学しています。 在学中は関東大学ラグビーリーグ戦で3回のタイトルを獲得している実力の持ち主です。 流通経済大学は ラグビー選手を多数輩出している大学で、日本代表の シオネ・テアウパ選手もその一人です。 流経大時代は体重が140~150kgもあったんだとか。 それもそのはず、晩ご飯を食べてから寝るまでに2回ぐらいご飯を食べていたんですって! いくら体格が物をいうラグビーでも、動けなくては話になりません。 その体重が原因で何度も怪我をしたそうです。 食生活を改めて、一晩で3度とっていた 食事を午後8時までに終わらせるように心がけたところ、120kgまで体が絞れたんだとか。 30kgのダイエットは並大抵の努力じゃ出来ないですよね。 こういう所にもアスリートとしてのプロ根性を感じます。 好調な神戸製鋼を支え、日本代表初選出も果たしたNO8中島イシレリは、大きなペットボトルが似合います。 いずれにせよ、素晴らしい肉体改造です。 2014年8月に、ジャパンラグビートップリーグの公式戦で初出場を果たしています。 そして 2015年、現在所属している神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入。 2018年11月には日本代表初キャップを獲得するなど、活躍の場を広げています。 今後の活躍に期待して、中島イシレリ選手を応援しましょう!.

次の