極楽 マッサージ リンパ とともに 流 され て。 楽天ブックス: 足ツボ魔法・リンパマッサージ

「流して、捨てる」深部リンパマッサでお腹ぺたんこ【日経ヘルス18年2月号】:日経doors

極楽 マッサージ リンパ とともに 流 され て

「代謝をアップし、お腹まわりをスッキリ保つためには、腹部を中心とする『深部リンパ管』にアプローチすることが重要」と話すのは、リンパのメカニズムに詳しい、ディープ・リンパセラピストの夜久(やく)ルミ子さん。 リンパ管は表皮や真皮など体の表面近くに存在する浅部(せんぶ)と、筋肉内に主に存在する深部の2層に大きく分かれている。 「浅部と深部のリンパ管の大きな違いは、流れの速さと老廃物の排出力。 浅部では毛細血管の血流を利用して老廃物を含むリンパ液を排出するが、深部では静脈に加え、動脈や筋肉もリンパ液の排出を助けるため、より大量のリンパ液を速く排出することができる。 その排出効果は浅部リンパ管だけにアプローチしたときの10倍以上に及ぶと考えられている」(夜久さん) まず深部リンパ節周囲の筋肉に強めの圧をかけて詰まった深部リンパ節を「開放」することで、深部リンパ管の働きが活性する。 次にリンパ節まで老廃物を「流して捨てる」。 この2ステップが深部リンパマッサージの基本だ。 強めの圧で滞った深部リンパ管の働きを高めることで、浅部と深部のリンパ管をつなぐ穿孔(せんこう)リンパ管が活性化。 体の表面近くを流れる浅部のリンパ液が、深部リンパ管に流れ込む。 リンパ液を吸引する力が大きい深部リンパ管の働きで、大量の老廃物が排出される。 「深部のリンパ液の流れは、筋肉の収縮弛緩や関節の曲げ伸ばし、呼吸の横隔膜運動によっても促される。 お腹まわりに圧をかけながら筋肉を動かしたり、深い呼吸とともに腹部を圧迫したりすることで深部リンパ管が活性され、水分や脂肪の排出スピードが高まる」(夜久さん) その後、わきの下とそけい部のリンパ節へ流すことで、老廃物や余分な脂肪をスムーズに「捨てる(排泄)」ことができ、むくみや脂肪太りの解消につながる。 老廃物は尿や汗とともに体外へ出るのでマッサージ後は水分補給を。 リンパ液の循環が非常に高まる。 免疫力が低下しているときに行うと体への負担が増すので控えて。 注意! こんなときは控えよう ・風邪をひいているとき ・発熱しているとき ・胃腸の調子が悪いとき ・月経中 ・妊娠中 ・その他体調不良のとき.

次の

バストアップに効く!胸のリンパマッサージの効果と具体的なやり方

極楽 マッサージ リンパ とともに 流 され て

リンパの流れを良くする方法|自分でできるマッサージ それでは早速、リンパの流れを良くするためのマッサージ方法をご紹介します。 リンパマッサージは、一般的に鎖骨リンパ節から順番に行っていくことがおすすめされています。 今回は、主要リンパ節である首から鎖骨にかけてのマッサージ、顔のマッサージ、足からお腹にかけての3つのマッサージについてまとめました。 2-1. リンパマッサージ前の下準備 リンパマッサージの前には、下準備をしっかりしておくことが大切です。 リンパマッサージに適した状態でマッサージを行いましょう。 お気に入りのオイルを使えば、気分良く行えそうですね。 せっかくマッサージしても、体内に水分が不足している状態だとリンパ液がめぐりづらくなると言われているためです。 体が冷えてしまうとリンパの流れが滞りやすくなると言われているので、上りなどの体が温まっている状態でマッサージを始めることをおすすめします。 2-2. 首~鎖骨のリンパマッサージの方法 首から鎖骨にかけてのリンパマッサージについてご説明します。 2-3. 顔のリンパマッサージの方法 ここでは顔のリンパマッサージについて説明します。 力は入れず、なでるように意識してマッサージしましょう。 では顔のリンパマッサージの手順についてご説明します。 2-4. 足~お腹のマッサージの方法 ここでは足からお腹にかけてのマッサージの方法について説明します。 リンパの流れを良くするために心掛けたい生活習慣 ここではリンパの流れを良くするために、心掛けたい生活習慣をご紹介します。 いつもの生活を少し振り返ってみてはいかがでしょうか? 3-1. 水分をしっかりとる 水分はお茶や清涼飲料ではなく、「水」をしっかり摂取することが大切だとされています。 マッサージによって流すリンパ液は、摂取した水分でできています。 体質などによって目安量は異なりますが、意識して水を飲むようにしましょう。 3-2. 適度な運動を心掛ける リンパの流れを良くするサポートとして、を習慣づけることがおすすめです。 なぜならリンパは血液とは違い、自動的に循環することはないと言われているからです。 運動と言っても、軽いウォーキングやストレッチで十分ですので、毎日体を動かす習慣をつけましょう。 3-3. 入浴する リンパの流れを良くするには、体を温めることが大切です。 入浴は体を温め、血行を良くするためにおすすめの手段です。 冬の間体がむくみやすいのは、冷えにより血行が悪くなることで、リンパの流れが滞り、リンパ液が循環しにくくなるからと言われています。 忙しくてなかなか湯船につかることができない人は、入浴時にシャワーをやさしく主要リンパ節にあてることで、体を温めても良いでしょう。 3-4. バランスのいい食事をとる リンパを滞らせない体を作るためには、普段の食事が大切です。 レシピを一工夫して、バランスよく食べ物を摂取していきましょう。 以下に、日常で不足しがちな食材と主な栄養素をご紹介します。

次の

極楽マッサージ~リンパと一緒に流されエッチはzipやrar以外でも無料で読める!

極楽 マッサージ リンパ とともに 流 され て

リンパの流れを良くする方法|自分でできるマッサージ それでは早速、リンパの流れを良くするためのマッサージ方法をご紹介します。 リンパマッサージは、一般的に鎖骨リンパ節から順番に行っていくことがおすすめされています。 今回は、主要リンパ節である首から鎖骨にかけてのマッサージ、顔のマッサージ、足からお腹にかけての3つのマッサージについてまとめました。 2-1. リンパマッサージ前の下準備 リンパマッサージの前には、下準備をしっかりしておくことが大切です。 リンパマッサージに適した状態でマッサージを行いましょう。 お気に入りのオイルを使えば、気分良く行えそうですね。 せっかくマッサージしても、体内に水分が不足している状態だとリンパ液がめぐりづらくなると言われているためです。 体が冷えてしまうとリンパの流れが滞りやすくなると言われているので、上りなどの体が温まっている状態でマッサージを始めることをおすすめします。 2-2. 首~鎖骨のリンパマッサージの方法 首から鎖骨にかけてのリンパマッサージについてご説明します。 2-3. 顔のリンパマッサージの方法 ここでは顔のリンパマッサージについて説明します。 力は入れず、なでるように意識してマッサージしましょう。 では顔のリンパマッサージの手順についてご説明します。 2-4. 足~お腹のマッサージの方法 ここでは足からお腹にかけてのマッサージの方法について説明します。 リンパの流れを良くするために心掛けたい生活習慣 ここではリンパの流れを良くするために、心掛けたい生活習慣をご紹介します。 いつもの生活を少し振り返ってみてはいかがでしょうか? 3-1. 水分をしっかりとる 水分はお茶や清涼飲料ではなく、「水」をしっかり摂取することが大切だとされています。 マッサージによって流すリンパ液は、摂取した水分でできています。 体質などによって目安量は異なりますが、意識して水を飲むようにしましょう。 3-2. 適度な運動を心掛ける リンパの流れを良くするサポートとして、を習慣づけることがおすすめです。 なぜならリンパは血液とは違い、自動的に循環することはないと言われているからです。 運動と言っても、軽いウォーキングやストレッチで十分ですので、毎日体を動かす習慣をつけましょう。 3-3. 入浴する リンパの流れを良くするには、体を温めることが大切です。 入浴は体を温め、血行を良くするためにおすすめの手段です。 冬の間体がむくみやすいのは、冷えにより血行が悪くなることで、リンパの流れが滞り、リンパ液が循環しにくくなるからと言われています。 忙しくてなかなか湯船につかることができない人は、入浴時にシャワーをやさしく主要リンパ節にあてることで、体を温めても良いでしょう。 3-4. バランスのいい食事をとる リンパを滞らせない体を作るためには、普段の食事が大切です。 レシピを一工夫して、バランスよく食べ物を摂取していきましょう。 以下に、日常で不足しがちな食材と主な栄養素をご紹介します。

次の