浅田 真央。 浅田真央サンクスツアー 〜浅田真央が全国に感謝を届けます〜

StraightlineStepSequence

浅田 真央

バンクーバー五輪銀メダリストでプロフィギュアスケーターの浅田真央が6月7日、自身のInstagramを更新し、上下白のパンツスタイルを披露した。 浅田は「佐藤製薬さんの撮影がありました。 素敵なお花もありがとうございました!」とコメントを入れ、花束を持った写真等を投稿している。 浅田といえば、最近はインスタにイラスト投稿を主に行っており、独特な花の絵を披露している。 選手生活を終えてからは、自分の気持ちが向くままに生活している様子だ。 「よくアスリートが引退後タレントのごとく、自己顕示欲に満ちたインスタ投稿をして、『勘違い』なんて言われることも少なくないですが、浅田さんの投稿はまったく嫌味がなく、今回も『かわいい』『キレイ』と絶賛の声が多いですね。 テレビのバラエティ出演も決して多くなくコンスタントで、マイペースに生活している印象。 すでに30歳手前ですが、今でも『真央ちゃん』という、少女の時の印象は消えないのはすごいです」(記者) 抜群の好感度にゆるぎなし、という浅田。 ただ、相変わらず「男性の影」は見えない。 「過去に一度、外国人のボーイフレンドとロマンス報道がありましたが、結局、彼氏とかではなく、その後も情報は出てきませんでした。 いまだに決定的な恋人の情報はありません。 姉の浅田舞さんは、ONE OK ROCKのTakaさんとの熱愛報道があり、後に破局。 以前はクラブで遊びまわっていた、なんて話が出るタイプなんですが、姉妹で全く正反対ですね。 世間でも、『そろそろそういう話があっても』と思う人が多いんですが、現状インスタなどを見ても、今の生活を満喫しているようで、当面、おめでたい情報はないかもしれませんね」(記者).

次の

「だって女の子ですから!」……浅田真央、彼氏がいた過去を衝撃告白

浅田 真央

恋人の存在を初告白した。 恋愛や結婚についてごちメンバーたちから次々と質問が飛んだが、これまで妹と一緒に、恋愛や結婚についてテレビで話すことがなかったという舞は、「初めてすぎてこの話を(事前に)アンケートしていいのかなって思いました」とかなりとまどい気味。 「彼氏を紹介してもらったことがあるか」という質問に、真央から「ちょこ、ちょこ、かな?」と答えられただけで「恥ずかしい〜!」と大照れの様子だった。 一方舞も、真央に彼氏を紹介してもらったことがあると返答。 そのため、ナインティナインの2人やNEWSの増田貴久、俳優の田中圭らゴチメンバーは、「おれの知ってる人?」「一般のお仕事の人ですか?」と真央の恋愛に興味津々。 「えへへへ」と意味深に笑った真央は、「ご想像におまかせします」と煙に巻いたが、彼氏ができたのは「引退してからです。 選手のときは全然できないですね…ひとつのことしかできないので」と競技者としての厳しさも覗かせた。 また、姉から「わりとロマンチックな感じが好きだったり、意外と可愛く悩んだりする」と恋愛中の様子を暴露された真央は「だって、女の子ですから」とニッコリする場面もあった。 プロポーズも「ほんとにシンプルな感じが良いですね」と夢をはせた。 その後、田中圭が寸劇で「一個提案が有るんだけどおれと、結婚してくれない?」とプロポーズの演技をしてみせると、「理想通りのパーフェクトなプロポーズ!」と大喜びしていた。 一方姉とは違って尽くす方ではないという真央。 さらに、現時点で結婚を申し込まれても「ちょっと待って」とやりたいことがまだあるゆえ断ると、今すぐの結婚願望は無いことを告白。 しかし「人生一回きりだと思うのでロマンチックに」とプロポーズそのものには夢はある様子。 増田が寸劇で「あの一番輝いてる星、とってくるから…」とプロポーズのシュチュエーションを仕立てると「結構GOODです」「かわいい」と満足そうな笑顔を見せていた。 (modelpress編集部) 情報:日本テレビ 【Not Sponsored 記事】 外部サイト.

次の

浅田真央サンクスツアー 〜浅田真央が全国に感謝を届けます〜

浅田 真央

「現役引退後に舞さんに彼氏を紹介したことがある、と話していました。 真央ちゃんが恋人の存在を明かすのは初めてのこと。 《これだけリンクで滑ることができないのははじめての経験ですから、ちゃんと滑れるようになるのか、とにかく不安というか心配です》(『GQ JAPAN』WEB版) コロナ禍中の自粛で練習できない不安をそう吐露していた浅田。 全国のスケートリンクを回るアイスショー「浅田真央サンクスツアー」も、3月以降の公演は延期に。 「真央さんは、現役時代から練習熱心なことで知られています。 気温30度を超す真夏日となった6月中旬。 都心から電車で1時間ほどのところにあるアイスリンクに、浅田の姿があった。 午前8時前ごろ。 アイスリンク前でタクシーから降りた浅田は、心がはやるのか、歩幅も大きく、力強い足取りで入口へ向かう。 また1台のタクシーがやってきて、1人の男性が降りてきた。 小柄だが、Tシャツの上からでも鍛え上げられたたくましい体だとわかるその男性は、リンクへと急ぐ。 翌日、男性は愛車で登場し、帰りは後部座席に浅田を乗せて最寄りの駅へ送っていった。 翌々日は、この日練習に参加していたサンクスツアーメンバーのスペイン人スケーター、エルネスト・マルティネス(21)もともに帰路へ。 「橋本誠也さんです。 サンクスツアーが'18年5月にスタートしたときからメンバーとして活躍するスケーターの一人で、真央さんより1歳年下の28歳ですよ」 そう教えてくれたのはフィギュア関係者。 「誠也さんは、幼いころからスケートをやっていて、大学卒業と同時にプロ活動をスタートさせています。 2人はもともと同じリンクで練習していた時期があり、サンクスツアーの前から知り合いだったそうです。 誠也さんはとても真面目な性格で、リハーサルでも手を抜いている姿を見たことがない、と真央さんも一目置いています」 昨年、サンクスツアーで訪れた岩手で、浅田も含めたメンバーでわんこそばを食べに行ったとき、橋本が111杯も食べたというエピソードも。 食べっぷりのいい男らしい人柄のようだ。 実は彼の父親、知る人ぞ知る人物だという。 現在は大手ゲーム会社スクウェア・エニックスの役員を務めるゲーム界の大物。 浅田のマネジメント会社に問い合わせると、「ツアーとして貸切時間を予約しているので、日々、関東近郊在住のスケジュールが合うスケーターが来て練習するシステムになっています」という回答だった。 別のフィギュア関係者はこう明かす。 こんな思いも口にしていた。 《まずは延期になった会場をすべて回るのが目の前にある目標です。 また、昨年テレビ番組で結婚観を聞かれ、こんな意味深発言を。 《私、けっこう用心深いので、なんかパッと会った人に『この人かな?』とは思わないんですよね。

次の