リクルート ライフ スタイル 評判。 リクルートでの中途採用面接で実際にあった不採用理由 ver1

リクルートライフスタイルの契約社員ってどうなの?口コミから知るべき企業評判と気になる給与・年収!【面接・志望動機例文あり】

リクルート ライフ スタイル 評判

また、ブランド力や安定性があるというイメージも強く、大手ならではの印象を強く持たれているといえるでしょう。 この記事では、リクルートライフスタイルの口コミから知るべき企業評判と契約社員の給与・年収をご紹介します。 難易度や志望動機の例文もご紹介しますので、志望している人は参考にしてください。 の評判は、「ホットペッパー」や「じゃらん」など、数多くのサービスを提供している企業です。 従業員は2,500人以上在籍しており、社員の年齢層が低く、風通しの良い職場として有名です。 また、派遣社員は、未経験での登用が多く、一から丁寧に業務を教えてもらえるので、仕事のノウハウをしっかりと学ぶことができる企業といえます。 契約社員からの入社評判は良い リクルートライフスタイルの派遣社員登用は、基礎から学べる新人教育の堅実性や、給与・待遇面から、評判の良い雇用形態です。 経営層と直に触れ合う機会も多く、社会人経験がない場合はとても勉強になる環境といえます。 また、仕事に慣れ始めると、業務の進行を任せられるようになるので、ターゲティングやプランニング、対外的な交渉スキルなど様々なスキルが身に付くでしょう。 契約社員の勤続年数は5年弱 リクルートの勤続年数とはどのくらいなのでしょうか。 する場合、契約社員ならば3年での退職となります。 3年で徹底したスキルを身につけ、契約社員卒業後は、各々進路を決めていくといった雇用形態になっているのです。 リクルートライフスタイルの口コミ 企業の情報を知る上で、口コミは需要な情報源となります。 以下では、リクルートライフスタイルを掘り下げていきましょう。 評判についての口コミは、このようになっています。 仕事の内容は正社員と変わらない リクルートライフスタイルの契約社員は、正社員と同じ仕事を任されます。 正社員と同じ仕事内容を進めていくことで、契約社員では得られにくい「責任感」経験できるのです。 また、正社員と契約社員との壁がなく、気軽に接することが出来る点も有用と言えるでしょう。 リクルートライフスタイル契約社員の給与・年収 リクルートライフスタイル契約社員の給与・年収は、他企業の契約社員の給与・年収に比べ、とても高額といえます。 まず給与ですが、営業系であれば月収28万円の場合もあり、平均的な年収は約400万円となっています。 一般的な契約社員の平均年収が約160万といわれているので、給与面においてとても良い待遇になっているのです。 退職金として100万円がもらえる リクルートライフスタイル契約社員は、契約終了後の更新がありません。 しかし、契約終了後に支援金として100万円が支給されるシステムがあります。 契約社員卒業後、この資金を使って、様々なキャリアに挑戦できるようになっている制度です。 今後自分の力でビジネスを展開していきたい人にとっては有用な制度となっています。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 リクルートライフスタイルで正社員になりたい場合は、どうしたらよいのでしょうか。 リクルートライフスタイルでは、1年に一度受験できる正社員登用制度を設けています。 限定的な制度となっており、全国十か所 北海道・東北・北陸・甲信越・南関東・北関東・東海・関西・中四国・九州 での登用になっています。 契約社員卒業後のキャリア・転職について リクルートライフスタイルで、契約社員を終えた後の進路を考えてみましょう。 リクルートライフスタイルの契約社員を卒業できれば、それがそのままスキルとなりますので、転職時の良いアピールポイントになるでしょう。 また、支援金を利用した企業も視野に入れてみましょう。 契約社員で得たノウハウを存分に活かせる進路といえます。 リクルートライフスタイル契約社員に採用される方法 リクルートライフスタイル契約社員に採用を視野に入れる際に、どんな人柄が求められているかが重要になります。 自分が持っている人柄が企業とマッチすれば、採用率が飛躍的に上昇するでしょう。 事前にリクルートライフスタイルが契約社員に求めている要素を知っておきましょう。 協調性や風土を大事にする人が求められている リクルートライフスタイルが契約社員に求めている要素のなかで、重要視されるのが協調性です。 リクルートライフスタイルは、チームでの業務が多く、一丸となって目標に向かっていかなければならない職業といえます。 周囲と協力して、結果を向上させることができる人柄は重宝されるのです。 また、社内の風土を大切にする人も重視しています。 チームや社内の輪を乱さず、会社の方針や空気に従える人が求められているのです。 リクルートライフスタイル契約社員になる難易度 リクルートライフスタイル契約社員になるための難易度は高めとなっています。 契約社員とは言え、待遇も良く、学べるノウハウも他企業の契約社員では学べないような貴重なものばかりですので、他企業が行っている正社員登用より厳しいともいわれているのです。 ブランド力が強いため 契約社員登用の高難易度化の理由として、企業のブランド力が強いからと言えます。 どの業界においても、リクルートライフスタイルの名は有名です。 したがって契約社員を終えた際の転職時に、「リクルートライフスタイルで3年働いた」という結果が欲しいが為に登用を狙う人もいるようです。 しかしリクルートライフスタイル側としては、そのような考えの契約社員はいらないと考え、採用外としています。 リクルートライフスタイルの契約社員になるには、この企業で働きたいという強い気持ちが大事です リクルートライフスタイル契約社員登用の倍率 リクルートライフスタイル契約社員に登用されるための志望動機を考えてみましょう。 志望動機は、企業に熱意をアピールするために必要な要素です。 対象企業の情報や属する業界に関する情報等を把握することなく書けるものではありません。 情報収集をしてから、情報を整理した上で書くことが望ましいといえます。 リクルートライフスタイルの契約社員になるための一歩なので、慎重に内容を構成していくとよいでしょう。 「起業家精神を大切にする」とは会社員と言う身分だけに甘んじることなく、事業を自ら起こして独り立ちできる資質と能力、そうした情熱を大切にすることだと考えています。 そうした企業文化のある御社なら、大企業に就職したことで満足してしまい、その立場に甘え、自分を高めてゆく気概が薄れてしまうといった心配もなく自分を高め続けることが出来ると考えたからです。 その点では御社の経営理念として、私が企業に求められる最も大切な使命と考えていた新しい価値の創造や一人一人が輝ける社会の実現を目指されており、その点に大変共鳴しましたので、ぜひとも御社の元で経営理念に基づいた社会貢献に尽力させて頂きたいと考え志望させて頂くに至りました。 」 リクルートライフスタイルの採用試験では、SPI試験が行われます。 問題が言語、非言語にわかれており、7段階で結果がわかります。 それを統合し、非言語4、言語3の7段階で評価されるのです。 SPI自体リクルートが作成したもので、当然結果が採用を大きく左右します。 リクルートライフスタイルの採用試験に受かるためには、どの程度の得点が必要なのでしょうか。 思考の速さを優先した選出が多い傾向にある リクルートライフスタイルの採用試験では、頭の良さより、直観力や、思考の速さが求められています。 つまり、判断力や適応力を試されるSPIでの高得点は、採用に繋がりやすいことを表しています。 SPIの要素が全てではありませんが、高得点を出すことによって良い結果を目指していきましょう。 リクルートライフスタイルの面接では、様々な質問が聞かれます。 質問を知っておくことで対策につなげましょう。 総勢40名ほどの人数がいたので、はじめは連絡網などの整備もできておらず、シフト変更などもうまく回っていませんでした。 そこでリーダーとして、情報共有のための専用HPの立ち上げや、シフト変更のルールの策定など体制の整備に乗り出しました。 私にも協力できることはないかと思い、リーダーに確認し、簡単なサポートをし始めました。 それとともに、授業の合間など短時間でできる仕事を集めて、ほかのメンバーにもできるだけ協力を仰ぎました。 その結果、アルバイトのメンバーから「あれなら手伝える」と自発的に申し出てくれる環境を作ることに成功しました。 さらに、部活の飲み会でも、4年生の私も後輩から手厳しい意見をたたきつけられた事がありました。 しかし、そのおかげで、部員同士の理解が深まり、真の協調性が育まれました。 私は、社員の協調性を尊重する貴社に、尊敬と憧憬の念を感じ、入社を強く希望しております。 リクルートライフスタイルの最終面接での注意点 リクルートライフスタイルの最終面接は、15分から30分と短いスパンで行われます。 ですが、ここで気を緩めると痛い目に合うのです。 リクルートライフスタイルの最終面接は他企業と違う点が見られます。 リクルートライフスタイルの最終面接での注意点について確認しておきましょう。 最終面接では厳しく判断されるので気を付ける リクルートライフスタイルの最終面接は、部長や役員クラスの社員を前にして行うことになります。 他企業の最終面接は意志の最終確認で終わるケースが多く、その時点ですでに採用が決定しているケースがほとんどと言えますが、リクルートライフスタイル派遣社員登用の最終面接では、そこでの受け答えが良くなかった場合、採用が見送られる場合が多々あります。 最終面接だからと言って油断せず、受け答えをきちんとしましょう。

次の

株式会社リクルートライフスタイルの評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (4336)

リクルート ライフ スタイル 評判

【総合評価】 まずは見積もりの依頼をした時の電話対応も良かったと思う。 見積もりに来た営業の方も、身なりなどきちんとされていて、好感が持てた記憶がある。 見積もり金額については他社もこれから同時にする予定と伝えると、ある程度の納得できる価格をすぐに出してもらえたので、手間が省けた。 定番のダンボール配布などもしていただき、ちょっとした要望も聞いてもらったが、一つだけ戸惑ったのは当日その要望が作業スタッフに伝わっておらず、一悶着あったこと。 ただ、現場スタッフの早い判断でやっていただいたのでそこは再評価したい。 おおむね作業進行も早く、過不足なく終わったので、依頼してよかったと感じた。 変なオプション営業も強く来ずによかった ネットやエアコン掃除など。 【接客対応】 価格をすぐに出してくれた 【引越し作業】 テキパキしていた 【サービス】 無難なものだった 【料金】 ちょっとした要望に応えてくれた 【総合評価】 ある程度限られた予算の中で無駄のないサービスに努めていただけたこともあり、満足度は十分であった。 運び出しの側から見ると遠方にもかかわらず、予定の時間より若干早くみえるという点の連絡もしていただき、スムーズに作業が終わりました。 【接客対応】 丁寧な対応をしていただいた。 見積もりは電話の為業者は来ず。 作業員の方は通常の動きやすい格好でみえたが、爽やかな印象。 【引越し作業】 梱包を事前に行っていたこともあり、スムーズに作業していただけた。 ハンガーボックスの貸出もしていただけた上、その中にさらに縦長で比較的コンパクトな傘立てとうも収納してもらい、無駄なくしていただけた。 別の福岡行きの便に混載ということもあり、時間はややかかったが、その旨を承知でリーズナブルにしていただいたので問題はない。 【サービス】 特別なオプションは使用していない為不明。 【料金】 福岡への戻り便かつ別件との混載になる点を承知の上で安くしていただけた。 【総合評価】 一切見積もりを依頼し、1番初めに来てくれた引越し業者だった。 見積もりの日程調整の電話が来たのが午前の8時30分で朝早すぎるのではと感じた。 夫と私、それぞれアパートで一人暮らしをしており、それぞれの所からマンションへの引越しだった。 10万くらいはかかると想定していたが、見積もりに来ていただき、5万程度でしていただるとのこと。 その日のうちに別会社の見積もりも依頼していたが、想定よりもかなり安かったため他の引越し業者の見積もりは断り、スタイル引越しに依頼した。 引越し当時も20〜30代の若い男性が5人程度で作業していただき、とてもスムーズに引越しが完了した。 若者のノリで楽しく作業をしており、こちらも楽しく引越しができた。 【接客対応】 若い人のノリで作業を楽しそうにしていた。 高齢の方は不快に感じる人もいるかもしれないが楽しく感じた。 【引越し作業】 若い人4〜5人で作業をしてくれ、あっという間に終わったため。 【サービス】 ダンボールも十分準備していただけた 【料金】 夫と私、それぞれ一人暮らしの場所からマンションへの引越しだったが、まとめて5万は安かったと思う 【総合評価】 初めて自分で見積もりから引越しを依頼するところまでしました。 分からない事がたくさんあり大変でしたが見積もりを電話でした時の対応は良かったです。 料金も期間中ということで普段より安くすみました。 荷物が少なかったこともありますが引越し作業はとてもスムーズで一瞬で終わりました。 【接客対応】 見積もりをした時の電話対応がよかった。 身だしなみも良かったです。 【引越し作業】 引越し業者の人は仕事が早くてスムーズでし すごく助かりました。 【サービス】 お掃除ロボットとウォーターサーバーも貰えたのが良かった! 【料金】 見積もりをした時に他の業者だと10万円と言われたが1番安く見積もってくれたのが引越しをお願いした業者だったから。 この前テレビで1人の引越しにかかる料金が3万円と言っていたのでもう少し安く交渉ができたのかなと思った。 【総合評価】 はじめは大手の見積もりをもらって最後に地場の引越し業者を見てみようと訪問見積もりに来ていただいたが、営業の方の印象も大手より良くて、プランもシンプルであったため、わかりやすく、大手には負けたくないという気持ちが伝わってきて、最終的に決定しました。 契約後そのままダンボールをたくさん持って来ていただいたのも作業にすぐ取り掛かることができたので、高評価です。 時間も細かい時間刻みで指定できたので、朝の無駄な時間がなく気持ちの良いスタートが切れました。 当日、作業の方の威勢がよく、最初は圧倒されましたが思っていた以上の素早さで搬出・搬入していただいたので、引越し先でゆっくりと荷解きが当日できたこともとても助かりました。 搬入の際も事細かく場所を指定できたので、あとからダンボール等を移動せずに済みました。 知り合いにもぜひ進めたいです。 【接客対応】 すべて満足です 【引越し作業】 当日の作業される方々が素早くて良い意味で圧倒されました 【サービス】 特典はなかったがそのぶんシンプルなプランで満足です。 主人の携帯に1番に連絡があったのがスタイルさんで、電話口の対応がとても感じが良く、即決でお願いすることに決めました。 その後、1度見積もりに来て頂き、日時などもすんなりと決まり、クーラーの買い出しの予定があるかを聞かれました。 引越し業者さんからクーラーの事を聞かれるのは取り付けサービスだろうと思っていると、スタイルさん経由で注文するとクーラー本体と取り付けと引越しをまとめてお安くできるとのことで、チラシを見せて頂いて気に入った機種があったのでそちらも合わせてお願いしました。 担当の方もとても軽快で明るい方で好印象でした。 その日のうちにダンボールを置いていってくださり、追加が必要であればいつでも連絡ください!と言ってくださいました。 最後に荷造り頑張ってくださいね!と言って頂いたのが印象的でした。 引越し当日も搬出、搬入合わせて3時間程で終わり、重い荷物やたくさんのダンボールを運ぶ際も皆さんとても、明るく声掛けしあっていらっしゃり、とても気持ちよく引越し出来ました。 今回は家を購入したので、もう引越しの機会はないかもしれませんが、家族が引っ越す時などはスタイルさんをおすすめしたいと思いました。 【接客対応】 リーダーの方を筆頭にコミュニケーションがとれていました。 【引越し作業】 皆さんにこやかでテキパキと作業して下さって、イベント感があって楽しかったです。 【サービス】 エアコンの購入と取り付けをセットで引越し料金が安くなると案内して下さった。 【料金】 エアコン購入と合わせてお安くしていただけて助かりました。 【総合評価】 業者を決めるにあたり、インターネットの見積もりサイトを利用した。 複数の業者から返答がきたが、この業者だけが、少量の荷物を格安で長距離運搬してくれる業者だった。 ある業者は倍以上の金額を出し、別の業者は荷物が少なすぎるため、見積もりも出せないという返答だった。 メールでのやり取りも順調で、すぐに返答がきたので安心した。 引っ越し当日も、ほぼ時間通りに到着し、あっという間に運んでいき、荷物の扱いもプロなので非常に丁寧で、安心して任せることができたのもこの引っ越し業者を選んで良かったと思わせる点だった。 長距離引っ越しかつ少量の荷物という悪い条件だったにも関わらず、これほど安く済ませられたのは幸運だった。 次の引っ越しの機会がある時も、この業者に見積もりを出して見たいと思うほど信頼感を持つことができた。 【接客対応】 メールでのやり取りでしたが、返信も的確に、早かったため。 実際に来た業者の方もプロっぽさを感じられたので。 【引越し作業】 引っ越し業者は予定通りの時間に来て、作業は迅速かつ丁寧だったので、とても満足しています。 【サービス】 特典サービスを利用していないため分からない 【料金】 どこの業者よりも安く、希望通りの時間に来れるよう手配してくださった。 【総合評価】 スタイル引っ越しセンターさんは、引っ越し予約、見積もりの時点で大変丁寧に対応して頂きました。 こちらの会社を選んだ決め手は何よりもコストパフォーマンスの良さです。 遠距離移動にも関わらず比較的安い価格で対応して頂きました。 (多くの他社は10万以上、こちらは8万ほど)。 引っ越し搬出日から搬入日まで、さほど日数もかからず助かりました。 搬出、搬入スタッフはそれぞれ2人ずつでしたが、少ない人数で大変手際良く作業を進めて頂きました。 電話での対応スタッフも大変気さくで話しやすい方で好印象でした。 引っ越し後の荷解きで出た大量のダンボールは、搬入後数日経過していましたが、こちらの都合に合わせて回収して頂くなど、利用者に寄り添ったサービスだと思います。 【接客対応】 丁寧でした 【引越し作業】 手早かった 【サービス】 ダンボールの件 【料金】 低価格だった 【総合評価】 見積もりをいくつかの引越し業者に出してもらったが大手の業者は3万円以上かかるところがとても多かったです。 そんななかで20000円を切った額を提示されとても驚きました。 値段が安いのでサービスに不安を感じましたが、対応してくれたスタッフの言葉遣いや接客態度も丁寧で好印象でした。 冷蔵庫やテレビ、洗濯機など大きな電化製品などは丁寧に梱包し、運んでくださっていました。 当初依頼していた荷物を全部積んだ後にまだトラックに余裕があるということで、依頼なども積んでいただきました。 運ぶ際もきびきびと元気よく運んでいて、ありがたかったです。 引越し先に着いた後も、傷がつかないよう壁などに念入りに緩衝材を貼ってくれ細心の注意を払ってくれているようでした。 2階に置くものはちゃんと2階まで運んでくださり大変助かりました。 最後まで丁寧な対応で好印象でした。 また機会があればお願いしようと思います。 【接客対応】 言葉遣いも丁寧だった 【引越し作業】 対応が迅速で丁寧だった 【サービス】 特に利用していないから 【料金】 他のところに比べてだいぶ安くしてくれた 【総合評価】 まず見積もり依頼から引っ越しの予定までにあまり時間が無かったが、その中で電話で状況を伝え、ある程度の情報を元に見積もりを出してもらえた事が良かった。 引っ越し当日は若干梱包が甘いものなどを修正してもらい、速やかに引っ越し作業は完了した。 出入り口のドアの取り外しや郵便受けの取り外しなど、狭い所をどうやって運ぶかなど、引っ越し作業のコツなど会話をしながら行っていたが、決してざつというわけではなく、こちら側に対する配慮を感じたので良かったと思う。 妻が業者の方に対しておやつと飲み物を差し入れたが、若い担当の方が「これ美味しいですね!」と嬉しそうに食べてくれた事がまた印象に残っている。 1日に何件も捌く側としては単なる作業の一つになりがちだと思うが、そんな中にきちんとコミュニケーションを取る事が出来ているので、安心して次回の引っ越しの時にも利用したいと思える業者だった。 【接客対応】 二度目の利用ということもあって元々印象は悪くなかったので問題点は感じなかった。 作業の中で日常会話のようなコミュニケーションが取れることも良かったと思う。 【引越し作業】 業者の担当が挨拶、言葉遣い、靴の脱ぎ方などキッチリされていて、作業もスムーズに行われていたのでしっかりとした印象を受けた。 【サービス】 段ボール回収以外の利用はしていない。 【料金】 他の業者との見積もりを比較しても安かったので満足。 北海道・東北• 北海道(札幌市)|• 青森県|• 秋田県|• 山形県|• 岩手県|• 宮城県(仙台市)|• 福島県 関東• (・・)|• ()|• ()|• 栃木県|• 茨城県|• 群馬県 北陸・甲信越• 新潟県(新潟市)|• 山梨県|• 長野県|• 石川県|• 富山県|• 福井県 中部• 愛知県(名古屋市)|• 岐阜県|• 静岡県(静岡市・浜松市)|• 三重県 関西• 大阪府(大阪市・堺市)|• 兵庫県(神戸市)|• 京都府(京都市)|• 滋賀県|• 奈良県|• 和歌山県 中国• 岡山県(岡山市)|• 広島県(広島市)|• 鳥取県|• 島根県|• 山口県 四国• 香川県|• 徳島県|• 愛媛県|• 高知県 九州・沖縄• (・)|• 長崎県|• 熊本県(熊本市)|• 大分県|• 宮崎県|• 鹿児島県|• 沖縄県.

次の

スタイル引越センターの口コミ・評判・引っ越し費用相場・特典割引【SUUMO】

リクルート ライフ スタイル 評判

回答者 4. 3 社員のモチベーションを上げるのが上手いとかんじました。 キックオフやその他のキャンペーンやイベントなど、ワクワクさせることを仕掛けるのが内外両方できてます。 営業はやはり最初は飛び込みがメインで、新規開拓を一件できてからがスタートというイメージでしたが、慣れていけば効率的に開拓できるようになります。 毎月、支店内でもMVPがあり、表彰されるとモチベーションもあがります。 メンバーが若く、泥臭い部分もあり、辞めてしまうメンバーも複数いましたので、きちんと入社まえに自分にできるのか、確認することをおすすめします。 給与面については、日系的な部分があり、達成している人としていない人の差があまり無いように感じました。 また全国転勤型の社員はやはりエリア関係なく数年ごとに転勤があるみたいです。 いまはどうかわかりませんが、研修が定期的にあり、定期的に会社負担で東京にいけるのも魅力的でした。 サービスのシステムの開発にもかなりお金をかけている印象でした。 営業利益を次のイノベーションにかけており、そのスタイルはとても良いと思います。 世の中の動きを新しく作っていく姿勢はとても面白くら中にいる人間も次の仕掛けにワクワクしていたと思います。 回答者 4. 0 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 550万円 30万円 1万円 160万円 15万円 給与制度: 担当エリアにのより大きく異なる。 地方の方が採用が厳しいようだが、相変わらず給与基準が低い、契約社員雇用からのスタートなのが理由。 せめて給与をあげれば良いのにと常々感じている。 正社員、チームリーダー、マネージャーにならないと給料は安い。 基本的には中途入社が多く、契約社員スタートなので正社員を目指すところから始まる。 最近は正社員を積極採用し始めたので正社員になるのは簡単。 マネージャーは枠が少なく中々なれない。 評価制度: 2020年より正社員のハードルが大きく下がり、一定の評価を受けていれば誰でもなれるようになった。 正社員は月の給料は変わらないが賞与が大きくアップしている。 チームリーダーまでは業績重視なので営業として業績を残していればなれる。 表彰やマネージャーの評価が大事。 チームリーダーからは個人の業績とチームの業績が半分で賞与に関わる。 細かく賞与についての基準は決められているが、他の組織との平均を取られるので少し不明瞭な部分はあるが基本的には分かりやすい。 500万円〜600万円がこの役職の給与になる。 昇進の評価制度も他社に比べると分かりやすい実力主義なのでこのステージでは上司に必要以上に媚びる必要は無いので良い。 回答者 3. 8 ワーキングマザーについてです。 昔は妊娠・出産したら相当な覚悟がないと働くことができないような業務内容や体制であったが、近年は精度そのものの整備やフォロー体制が進み、育児休暇後に戻ってくる割合が格段に上がっていると思います。 そこに行きつくまでにはいろいろと会ったと思いますが、継続は力なりということで、完全にワーキングマザーがいることは当たり前化、風土化ところまで近年で一気に進んだように思います。 リモートワークも進んでおり、必ずしも出社しなくても業務を進行できる状態になってきたことも大きいとは思います。 また、独身や若手であっても男女の差別はなく、女性でもどんどん仕事を任せられる、雰囲気は昔からずっと続いていると思います。 回答者 4. 3 元々は、長く働いて結果を出すという文化があった。 深夜まで毎日の残業は当たり前だった。 それを、みんなで一緒にやり遂げるという楽しさもあったが、合わない人は、精神的にもきつい面があったはず。 しかし、最近では働き方改革を積極的に、残業ゼロや有給促進を図っている。 実際、私も毎年20日間の有給休暇があるが、100%消化している。 さらに、正社員の場合は、下記の休暇制度もある。 1] 3年に一度、有給で1ヶ月リフレッシュしたりステップアップするためのSTEP休暇という制度 2] 2年間休業して、ステップアップに利用できる休暇制度 3]男性の育休。 育休をまとまって取るのではなく、生後13ヶ月まで、日付バラバラに20日間の有給で取れる。 妻にとって、旦那が突然やすみを取れるのは、とても貴重。 しかしながら働き方は変革されてきたが、以前から変わらないのは、いかに周りの信頼を得られているか。

次の